寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

黒百合(1)

2018/01/12 17:17


今から10年以上の前、当時25歳であった。大学を卒業して、一生懸命仕事をして毎日が充実していた。
当時、私には付き合っていた女性(仮に真紀と呼ぶ)はいたが、真紀の方は私に熱心だったが、私はそれほど熱心ではなかった。
真紀はスレンダー美人系で気だても良かったが、あまりにもレベルが高いため、かえって私が少し引いてしまっていた。
真紀にとってみれば、私はド真ん中のストライクだったらしいが、
私としては心の奥底で波長が合わなかった。
真紀の器量が良すぎるため、会えば楽しいが、反面、長続きしないんじゃないかと思い、
不安な気持ちになることが多かった。
そのような状況で、ある取引先に華原朋美に良く似た29歳の可愛い妖艶な人妻がいた。
まさに円熟と言った言葉がふさわしく、フェロモン満開といった感じであった。
仮にその女性を理恵と呼ぶ。
理恵は会社では顔に似合わず非常にクールに対応していたため、
周囲からは冷たい人と思われていたようだ。
しかし、私は理恵の笑いのつぼを押さえていたらしく、いつも打ち解けた感じで
ガードを下げた状態で対応をしてくれた。
私は、知合いの中では理恵と一番話が合うし、理恵は人妻であるが好きだった。
人妻を奪うとか、エッチをしたいという目的ではなく、単に好きだったので、もっとしゃべりたいという欲求から飲みに誘うと、『こんなオバサン誘っても価値ないよ。』と言われた。
でも理恵はニコニコしていたので、「仕事の話しはしないから。」と少し押したら
少し考えて『それじゃいいわよ。来週の木曜日ね。』と
簡単にOKしてくれた。
約束の日。
この日の出来事はよく覚えている。
食事の席で、理恵は、いきなり、夫の愚痴を言い始めた。
結婚してから5年になるが、全然かまってくれない。
理恵の夫は、女は結婚したら家に居るものだという古い考えの持ち主で、結婚当初は理恵は家事ばかりして、暇になったら家でファミコンをして、つまらない生活をしていた。
理恵は子供が欲しかったが、夫が欲しがらなかったため、子作りはしなかった。
今の職場で働き出すと、それが夫の気に触ったみたいで、だんだん疎遠になった。
『今では、家にいてもほとんど会話がないし、全然触ってくれないし…..。』と言い出すと、大粒の涙を流し始めた。
理恵がとても愛おしくなって、本当に好きになってしまった。
理恵をなんとか楽にさせたいという気持ちから、気分を落ち着かせようといい、私と理恵は店を出た。
10月は夜も早く当たりは真っ暗。
左に理恵、右に私と、二人は肌と肌が触れ合う程の近さで並んで歩いていた。
二人の距離が近い。
歩いている間は私も理恵も何も会話をしなかったが、二人の距離感が暗黙の合意だった。
落ち着いたところで話そうと言って、ラブホの入り口で左に方向を変えようとした。
理恵は強く手を握ってきたので、そのままラブホに入った。
部屋に入って、理恵の上着を取ってあげると、
『そんなこと今までされたことないよ。』と寂しげに言われた。
ベッドに並んで座ると、ずーと夫の愚痴を言い続けた。
『私、母子家庭なの。母の具合が悪くなり、母は仕事を辞めざるを得なかった。』
『母の家計を助けるため、自分が仕事して実家の家計を手伝うしかなかった。』
『夫はそのことが気に食わず、次第に疎遠になっていった。』
20分ほど愚痴を言って、すっきりしたのか、急に静かに黙った。
肩を引き寄せると、キスしてと言わんばかりに顔を寄せてきたので
軽く口を合わせるつもりでキスをした。
予想に反して、理恵は舌を入れてきて、リードしてくれた。
とても濃いディープキスをして、めくるめくような思いをした。
ああ、こんなにも人妻のキスはすばらしいものなのかと思った。
後で知ったのだが、理恵の舌は、舌が鼻に届くほど長かった。
私の口の中で、理恵の長い舌が私の舌と絡み合う。
なんとも言えない至福の時だった。
口を離して、顔の表情を見ると、とても可愛らしく、色っぽく、いやらしかった。
「いいの?」と聞くと、一呼吸おいて、『うん。もう限界だから。』と言った。
『シャワーを浴びさせて。』と言ってきたが、「今のままの理恵が欲しい。」と言った。
『分かったわ。』と理恵は私に身を委ねてきた。
理恵の服を一枚一枚丁寧に脱がせた。
バストが露わになった。
胸は豊満。
服を着た状態でも、胸が大きいなと思っていたが、脱がせてみると想像以上であった。
たわわな巨大葡萄が2つぶら下がっているような感覚であった。
キスしながらしばらく理恵の胸を堪能した。
豊かで張りが最高であった。
わしずかみすると、手を弾くほどの弾力であった。
手を更に下腹部の方へ動かし、秘部に到達した。
理恵とキスしながら、パンティー越しに秘部を手で愛撫すると、
愛液が溢れ出ていた。
恋人の真紀でも、こんなには濡れない。
「人妻って、こんなに濡れるものなのか。」と思いながら、更に指先でクリちゃんの根元を刺激すると
キスしている舌の絡みが激しくなった。
キスで反応を確かめながら、工夫して秘部を触っていくと、
『もう、イク。』と言った。
少し早すぎやしないかと思い、「いつもこんなに早くイクの?」と聞くと、『いつもはイカナイ。今日はいつもと違う。』と途切れ途切れに言った。
クリちゃんを下から上に弾くように触ると、理恵は全身硬直させ、数度ビクンビクンしたあと、ぐったりした。
『旦那とのSEXでは、全然逝かなかったのに。なんで今日は簡単に逝ってしまったのかな。』と理恵は言った。
白いシーツの上にフェロモン満開な理恵が四肢を横たえている。
”おマンコをみたい”と思った。
パンティーをはぎ取り、理恵のおマンコを観察した。
陰毛は少なめで、逆三角形に生えていた。
黒ずんだ大陰唇は大きく盛り上がり、特に左側は引き延ばされた跡があった。
大陰唇を開いて、中を確かめた。
クリちゃんは半分皮を被っていた。皮をむいたら、ピンク色に光り輝く大豆程度のクリトリスが露わになった。
小陰唇は整っており、上品な感じであった。
全体的に使いこまれているが、形は整ったおマンコであった。
「いつも左手でオナニーしていたの?」と聞くと『なんで分かるの?』と理恵は聞き返した。
左側の大陰唇が延びていることを指摘すると、『誰もかまってくれないから、自分でするしかなかった。』と理恵はいった。
”なめたい”と思ったが、かつては夫の精子が注ぎ込まれたおマンコである。
かなり気が引けたが、この体制で舐めない訳にはいかない。
「なめていい?」と聞くと、コクリとうなづいた。
理恵のおマンコを舐めると、理恵はしゃべり始めた。
『旦那は、こんなことはしてくれない。』
『舐めてもらうのは、2人目よ。久しぶり。すごい。』
大陰唇と小陰唇の間に舌を這わし、誰に舐めてもらったか聞くと
『だんなの会社の専務よ。前は専務と不倫していたの。よく専務室で舐められていたの。』
『専務はすごくSEXが上手かった。専務に旦那を紹介され結婚したの。』
理恵をこんなにほったらかしにして、理恵の悲しませておいて、理恵の旦那はなんて野郎だと思っていたが、実は、理恵の旦那は専務にお古を上手く押し付けられて結婚したようであり、理恵の旦那に少し同情した。
『今まで付き合った男性のうち、専務だけが私をイカせようとしていたわ。他の男は自分がイクだけ。』
何人ぐらいとSEXしたのと聞くと、『あなたで10人目よ。』
理恵は少しだけビッチと思った。
聞いてもいないのに『中学2年のとき、体育館の倉庫で、先生と初めてしたわ。無理矢理だったので、痛かった。』と言った。
こんなにいい女だが、少し早すぎないかと思い、嫉妬心から裏切られたという思いからか、理恵を苛めてやろうと思った。
理恵のウィークポイントを集中攻撃した。
クリちゃんを逆八の字に弾くように舐めると、理恵の体が大きく揺れ始め、
『また逝っちゃう、イッちゃう、凄い、スゴイ。』と言って、軽く逝ってしまった。
理恵の肌にうっすらと汗をかき、顔は上気していた。
整った白いシーツの上で、理恵はぐったりとしていた。
眼と眼が合わさると、『次は私の番ね。』と言って、上気した体を起こし、
頭を私の股間に埋めた。
理恵はチンポの横から口に含み、充分横を舐めた後、縦にポジションをかえた。
カリ溝に舌を這わせ、舐めまわすといった感じであった。

黒百合1  2  3







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【ピザの配達先でのエッチ体験】女子大生2人が家呑みしてる
2016/08/29 22:00
2016/08/29 22:00
クリスマスイブの夜の出来事。 漏れは一ヶ月ほど前に彼女と別れたので、寂しさを紛らわせるためにその日はバイトを入れた。 ちなみにバイトはピザの配達。当日は予想通りに超忙しい。 そんで予想以上にサムイ! しかも配達さきはほとんどパーチーしてるカポーのアパートだったので、心もサムイサムイ。 バイト初めて3時間ほどたった。 「○○君、配達お願いー」 やれやれまたか、と思いながら出発。 場所はピザ屋からバイクで5,6分ほどにあるアパート。 (あー、またカポーかなぁ・・)と思いながベルを鳴らす。 「ハーイ」 「○○ピザです、お届けに参りました」 「あははぁぁーー」 なんだ酔っ…
兄と妹 3連発
2017/08/07 02:28
2017/08/07 02:28
その1 わたしと兄が、関係を持ったのは2年前の事。まだ中学校にあがったばかりのわたし は、中学校の理科の教師をしている当時28歳の兄にいろいろ教えてもらいました。 わたしが生まれてすぐに母が他界し、兄と、父と、わたしの3人で生活していました。 けれど、父も、5年前に亡くなり、今は兄と2人で生活しています。 ある夜、部屋で勉強をしていると、兄が入ってきて、突然わたしを抱きしめたのです。 「どうしたの?お兄ちゃん」と聞くと、「お前の事が好きだ。でも、兄妹でそんな関係 になっちゃダメって事は分かってる。でも、お前の事が忘れられない。」と言い、わたし をベッドの上に押し倒したのです。 許されない恋…
17歳の美少女との激安カーセックス
2017/02/22 08:09
2017/02/22 08:09
前回の話 599 :ミンハイ:2005/11/12(土) 17:26:01 お久しぶりです。再度お目汚しにお付き合いを…  Ⅱー① 正月にニューハーフと3P体験した半年後、7月末頃の話です。 すっかり心の傷も癒えた(バカだから忘れた?)私は前回同様 ビデオを借りて帰途につきました。 今回は普段とは違い一本手前の道を通りました。 そこは結婚式場があり着飾った美女を見ることが時々あるので 私のお気に入りコースだったのです。 残念ながら平日夕方頃だったので振り袖やドレスの女性はいませんでした。 少し気落ちした私でし…
【近親相姦】【放送事故】 まゆゆ 下痢でウンコする様子がテレビで放送 → 批判殺到wwwwwww
2017/01/08 11:42
2017/01/08 11:42
脱アイドルサイボーグ!渡辺麻友がうんこに駆け込んだ!?「情熱大陸」に“神回”の声 AKB48の渡辺麻友に密着したドキュメンタリー番組「情熱大陸」(TBS系)が14日に放送され、“神回”だったとネット 上が騒然となっている。(略) AKBファンの間では「アイドルサイボーグ」の異名を持つまゆゆだが、番組ではファンが知らない「人間・渡辺麻友」が 随所に見られた。「普段は気丈に振る舞って弱音を見せませんが、平均睡眠時間は3時間で、メイク中に居眠りしてしまう場面やスケジュー ルの合間を使って点滴を打つ場面も盛り込まれ、時折、疲れた表情を見せていました。総選挙の舞台に上がる直前には『 怖い……』と漏らすな…
主人には何もなかったような顔で抱かれました・・・
2017/07/12 20:01
2017/07/12 20:01
土木関係の仕事で部長をしてる私は下請け会社の経営不振のせいで発注したモノが届かなくなり大きなミスをしました。
山奥で行われる大きな仕事で私は現地に責任を取り 行くことになりました。
主人にも話すと無理しないでと言われ家を出ました。
作業は遅れ急いで別な会社に発注をしてましたが一人では厳しく3日が過ぎたころ専務(社長の息子 27歳)が手伝いできてくれました。
仕事のできる専務のおかげで10日後には間に合うようになりました。
山奥の男ばかりの現場で私に取引先の会社の方は小さなプレハブを貸してくれそこで仕事と寝泊りをしてました。
昼間は専務も私のプレハブで仕事をしてましたが3週間目くらいから…
カラオケに行ったら、彼にアナルを貫かれた
2016/07/06 09:00
2016/07/06 09:00
こないだ彼と初めてカラオケに行った。
駅の近くの大きなカラオケボックスで、迷路の様な廊下を通りやっと一つの部屋に通された。大きなテーブルとソファー、カラオケの機械があるだけ。まるで密室(チョーヤバ!!)って思った。スナックやマックは時々行くけど、カラオケって始めて!(遅れてる?)。


軽食やコーラや甘いカクテルなんかを食べたり飲んだりしてる内に少し酔って来ちゃって、彼が「まゆみー、一緒に歌おうよ」つーので、浜あゆやミスチルを歌った。

 彼の腕が私の肩を抱くように回され、その内くびの間から手がブラの中に入りおっぱいをもみ始めた。

 私はもう酔っ払ってしまって、少…
裏の家に住んでいる知美の変な癖
2017/01/15 06:19
2017/01/15 06:19
僕の初体験は中1でした。 相手は裏の家に住んでいる女の子の知美でした。 知美は、背はそんなに高くはないけれど、胸はCカップぐらいあって超かわいくて、ちょっと目のいやらしい感じの子でした。 あと知美には変な癖があって、家に帰ってくるといつもブラジャーを脱いで窓から僕の家をのぞく癖(?)でした。 なので僕は知美よりも早く家に帰り、窓から知美の着替える様子を見ながらオナニーしていました。 ある日、部活が早く終わり家に帰ると誰も居なかったので、いつものように知美の家をのぞいているとまた裸の知美がでてきました。 (これはチャンス!!!) 急いでズボンを下ろしてオナニーしようとすると、なんと…
見ず知らずの男に不倫される心配するよりは・・・
2015/11/30 20:01
2015/11/30 20:01
スペック
俺26歳 どうt・・・ フリーター
嫁22歳 ちびむっちり体系 専業主婦
弟24歳 リア充 会社員 優秀

弟は高卒で今の会社に入って今は大卒とは比べ物にならないほど
使えるらしい 給料もそれなりに貰っている。
元々嫁さんに働かせないために今の給料をもらえるまでがんばって
たらしい。

弟は処女厨だったけど今の嫁と結婚すれば 毎日退屈せずにすみそうだ
とかそんな理由で結婚、嫁に退屈させないためにゲームもたくさん買って
あげたりもしてた 俗にいう嫁ニートだけど弟いわく、
共働きで嫁の職場の寝取られるのが怖いので
それだけは絶対に嫌だというわけでニートにさせてる。
でも暇だっ…
【Hな体験】ポルノ映画を観に行ったらオナニーを手伝わされた
2017/08/26 18:00
2017/08/26 18:00
50過ぎのおばさんの話なんて興味ないと思いますけど、みなさんの投稿を読んでいて、ふと書いてみる気になりました。若い頃の思い出ですけど、お付き合い下さい。 私が若かった頃は、今みたいにエッチな映像や画像が世間に氾濫してはいませんでした。今ではヘアヌードなんて当たり前ですが、それはありませんでしたし、もちろんネットもありませんでした。 ですからから当時の若い男性にとっては、ポルノ映画が一番の解消の場だったと思います。私が20を過ぎた頃、付き合っていた人と時々ポルノ映画に行きました。見た後で彼とエッチしたんですけど(照)。それはそれとして^^ 私も何回かポルノ映画を観るうちに、…
【姉】姉「ダメだよ。私たち姉弟だよ?」【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/08/10 17:32
2017/08/10 17:32
弟「すいません。俺、姉友先輩とは付き合えません」 姉友「・・・そうだよね。分かってた」 弟が頭を上げた時、姉の友人は弟に背中を向けていた。 屋上からは近くを流れる川と五月の新緑に覆われた山々が望める。 夕暮れ時の逆光で姉友の表情は分からない。 グラウンドを走るサッカー部の掛け声が響く。 姉友「弟くん来てくれてありがとう。ちょっと一人にさせてね」 振り返らないまま姉友は言った。 弟は会釈をしてそこを去った。姉友は最後まで弟の方を振り返らなかった。 姉友「というわけでフラれてしまいました」 姉「・・・そう」 親友の笑顔は寂しさを滲ませるが、どこかしら清々さを感じさせ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・見せしめのペニス苛めでドッピュンな思いで

・【近親相姦】弟のオナニーを覗きながら自分でしてました

・ブラジャー、レギンス、パンスト、ブルマ

・セックスライフ及びセクロスライフとの戦い

・学歴の無い俺には一つだけ自慢がある

・中学時代からクソビッチだったけど全部無かったことにして

・海岸の岩場にある秘密の場所で、妹と秘密のアレをした

・【人妻体験談】夫が海外出張で欲求不満になった人妻が投稿に連絡し、妄想でしながらオナニー

・【熟女体験談】大きすぎるペニスを持つ小学生が友達の母のオナニーを見てしまい、そのままSEX

・【浮気】中学生の従妹を目覚めさせてしまったわけだが

・再会した母と夫婦として暮らす俺

・ネットの投稿掲示板にエロポーズ姿の私が

・お義父さんと私4-1「来客中に、うしろから」

・【人妻体験談】掲示板で知り合った人妻が子供が生まれてから久しぶりのセックスで濃いエッチをした

・最高のオナニー

・有名子役タレント”U”の放送事故並のエロガキ振り

・【Hな体験】友達の姉貴の口に精液をぶちまけた

・【近親相姦】セーラー服の妹と唇を重ね、2人で腰を動かした

・外人の彼女ができたとか羨ましい!!

・性生活が有料で離婚したら粘着うざー

・【熟女体験談】厚化粧なスナックのママとお店のボックス席でセックス

・モモとノンタン

・【人妻体験談】大親友の幼馴染に妻のオマンコを生で見せて、SEXまでさせてあげた

・男は女とヤル事で頭の中がいっぱい

・【浮気】美人で清楚な社長秘書はいい感じのM女だった

・妻と兄の情事は・・・

・酔ったマヤはエロい

・輪姦される事で体に性の快感が

・【人妻体験談】サービスとばかりにパンチラする天然な妻のおかげで後輩に慕われるようになった夫

・【熟女体験談】服従のポーズをして洗濯ばさみを使ってオナニーをする変態おばさん