寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

黒百合(1)

2018/01/12 17:17


今から10年以上の前、当時25歳であった。大学を卒業して、一生懸命仕事をして毎日が充実していた。
当時、私には付き合っていた女性(仮に真紀と呼ぶ)はいたが、真紀の方は私に熱心だったが、私はそれほど熱心ではなかった。
真紀はスレンダー美人系で気だても良かったが、あまりにもレベルが高いため、かえって私が少し引いてしまっていた。
真紀にとってみれば、私はド真ん中のストライクだったらしいが、
私としては心の奥底で波長が合わなかった。
真紀の器量が良すぎるため、会えば楽しいが、反面、長続きしないんじゃないかと思い、
不安な気持ちになることが多かった。
そのような状況で、ある取引先に華原朋美に良く似た29歳の可愛い妖艶な人妻がいた。
まさに円熟と言った言葉がふさわしく、フェロモン満開といった感じであった。
仮にその女性を理恵と呼ぶ。
理恵は会社では顔に似合わず非常にクールに対応していたため、
周囲からは冷たい人と思われていたようだ。
しかし、私は理恵の笑いのつぼを押さえていたらしく、いつも打ち解けた感じで
ガードを下げた状態で対応をしてくれた。
私は、知合いの中では理恵と一番話が合うし、理恵は人妻であるが好きだった。
人妻を奪うとか、エッチをしたいという目的ではなく、単に好きだったので、もっとしゃべりたいという欲求から飲みに誘うと、『こんなオバサン誘っても価値ないよ。』と言われた。
でも理恵はニコニコしていたので、「仕事の話しはしないから。」と少し押したら
少し考えて『それじゃいいわよ。来週の木曜日ね。』と
簡単にOKしてくれた。
約束の日。
この日の出来事はよく覚えている。
食事の席で、理恵は、いきなり、夫の愚痴を言い始めた。
結婚してから5年になるが、全然かまってくれない。
理恵の夫は、女は結婚したら家に居るものだという古い考えの持ち主で、結婚当初は理恵は家事ばかりして、暇になったら家でファミコンをして、つまらない生活をしていた。
理恵は子供が欲しかったが、夫が欲しがらなかったため、子作りはしなかった。
今の職場で働き出すと、それが夫の気に触ったみたいで、だんだん疎遠になった。
『今では、家にいてもほとんど会話がないし、全然触ってくれないし…..。』と言い出すと、大粒の涙を流し始めた。
理恵がとても愛おしくなって、本当に好きになってしまった。
理恵をなんとか楽にさせたいという気持ちから、気分を落ち着かせようといい、私と理恵は店を出た。
10月は夜も早く当たりは真っ暗。
左に理恵、右に私と、二人は肌と肌が触れ合う程の近さで並んで歩いていた。
二人の距離が近い。
歩いている間は私も理恵も何も会話をしなかったが、二人の距離感が暗黙の合意だった。
落ち着いたところで話そうと言って、ラブホの入り口で左に方向を変えようとした。
理恵は強く手を握ってきたので、そのままラブホに入った。
部屋に入って、理恵の上着を取ってあげると、
『そんなこと今までされたことないよ。』と寂しげに言われた。
ベッドに並んで座ると、ずーと夫の愚痴を言い続けた。
『私、母子家庭なの。母の具合が悪くなり、母は仕事を辞めざるを得なかった。』
『母の家計を助けるため、自分が仕事して実家の家計を手伝うしかなかった。』
『夫はそのことが気に食わず、次第に疎遠になっていった。』
20分ほど愚痴を言って、すっきりしたのか、急に静かに黙った。
肩を引き寄せると、キスしてと言わんばかりに顔を寄せてきたので
軽く口を合わせるつもりでキスをした。
予想に反して、理恵は舌を入れてきて、リードしてくれた。
とても濃いディープキスをして、めくるめくような思いをした。
ああ、こんなにも人妻のキスはすばらしいものなのかと思った。
後で知ったのだが、理恵の舌は、舌が鼻に届くほど長かった。
私の口の中で、理恵の長い舌が私の舌と絡み合う。
なんとも言えない至福の時だった。
口を離して、顔の表情を見ると、とても可愛らしく、色っぽく、いやらしかった。
「いいの?」と聞くと、一呼吸おいて、『うん。もう限界だから。』と言った。
『シャワーを浴びさせて。』と言ってきたが、「今のままの理恵が欲しい。」と言った。
『分かったわ。』と理恵は私に身を委ねてきた。
理恵の服を一枚一枚丁寧に脱がせた。
バストが露わになった。
胸は豊満。
服を着た状態でも、胸が大きいなと思っていたが、脱がせてみると想像以上であった。
たわわな巨大葡萄が2つぶら下がっているような感覚であった。
キスしながらしばらく理恵の胸を堪能した。
豊かで張りが最高であった。
わしずかみすると、手を弾くほどの弾力であった。
手を更に下腹部の方へ動かし、秘部に到達した。
理恵とキスしながら、パンティー越しに秘部を手で愛撫すると、
愛液が溢れ出ていた。
恋人の真紀でも、こんなには濡れない。
「人妻って、こんなに濡れるものなのか。」と思いながら、更に指先でクリちゃんの根元を刺激すると
キスしている舌の絡みが激しくなった。
キスで反応を確かめながら、工夫して秘部を触っていくと、
『もう、イク。』と言った。
少し早すぎやしないかと思い、「いつもこんなに早くイクの?」と聞くと、『いつもはイカナイ。今日はいつもと違う。』と途切れ途切れに言った。
クリちゃんを下から上に弾くように触ると、理恵は全身硬直させ、数度ビクンビクンしたあと、ぐったりした。
『旦那とのSEXでは、全然逝かなかったのに。なんで今日は簡単に逝ってしまったのかな。』と理恵は言った。
白いシーツの上にフェロモン満開な理恵が四肢を横たえている。
”おマンコをみたい”と思った。
パンティーをはぎ取り、理恵のおマンコを観察した。
陰毛は少なめで、逆三角形に生えていた。
黒ずんだ大陰唇は大きく盛り上がり、特に左側は引き延ばされた跡があった。
大陰唇を開いて、中を確かめた。
クリちゃんは半分皮を被っていた。皮をむいたら、ピンク色に光り輝く大豆程度のクリトリスが露わになった。
小陰唇は整っており、上品な感じであった。
全体的に使いこまれているが、形は整ったおマンコであった。
「いつも左手でオナニーしていたの?」と聞くと『なんで分かるの?』と理恵は聞き返した。
左側の大陰唇が延びていることを指摘すると、『誰もかまってくれないから、自分でするしかなかった。』と理恵はいった。
”なめたい”と思ったが、かつては夫の精子が注ぎ込まれたおマンコである。
かなり気が引けたが、この体制で舐めない訳にはいかない。
「なめていい?」と聞くと、コクリとうなづいた。
理恵のおマンコを舐めると、理恵はしゃべり始めた。
『旦那は、こんなことはしてくれない。』
『舐めてもらうのは、2人目よ。久しぶり。すごい。』
大陰唇と小陰唇の間に舌を這わし、誰に舐めてもらったか聞くと
『だんなの会社の専務よ。前は専務と不倫していたの。よく専務室で舐められていたの。』
『専務はすごくSEXが上手かった。専務に旦那を紹介され結婚したの。』
理恵をこんなにほったらかしにして、理恵の悲しませておいて、理恵の旦那はなんて野郎だと思っていたが、実は、理恵の旦那は専務にお古を上手く押し付けられて結婚したようであり、理恵の旦那に少し同情した。
『今まで付き合った男性のうち、専務だけが私をイカせようとしていたわ。他の男は自分がイクだけ。』
何人ぐらいとSEXしたのと聞くと、『あなたで10人目よ。』
理恵は少しだけビッチと思った。
聞いてもいないのに『中学2年のとき、体育館の倉庫で、先生と初めてしたわ。無理矢理だったので、痛かった。』と言った。
こんなにいい女だが、少し早すぎないかと思い、嫉妬心から裏切られたという思いからか、理恵を苛めてやろうと思った。
理恵のウィークポイントを集中攻撃した。
クリちゃんを逆八の字に弾くように舐めると、理恵の体が大きく揺れ始め、
『また逝っちゃう、イッちゃう、凄い、スゴイ。』と言って、軽く逝ってしまった。
理恵の肌にうっすらと汗をかき、顔は上気していた。
整った白いシーツの上で、理恵はぐったりとしていた。
眼と眼が合わさると、『次は私の番ね。』と言って、上気した体を起こし、
頭を私の股間に埋めた。
理恵はチンポの横から口に含み、充分横を舐めた後、縦にポジションをかえた。
カリ溝に舌を這わせ、舐めまわすといった感じであった。

黒百合1  2  3







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
どうするべきか
2017/10/13 21:19
2017/10/13 21:19
僕は21才の学生です。 流大学で資格も無く、就職活動もお先真っ暗な時に就職セミナーの出口でケバい感じの女に声をかけられた。 「あなた、就職活動中私はこういうもの」と名刺を渡してきた。名刺は不動産賃貸業の名刺で代表取締役となっていた。 彼女は「大企業ではないけれど、従業員は100名ほどの会社よ。そこの社長をしてるのよ。安心して」と笑った。 「はぁ」と固まっている僕に「うちの仕事は人間相手なの。ぶっちゃけて言うと、半分以上容姿が関係あるのよね。うちの営業マンに君をスカウトしょうなかぁて思って。今は不況で仕事なんかないわ。話だけでも聞いてみない」と彼女は僕を誘い、僕は藁をも掴 む気持ちで彼女について…
塾のロリっ子が、お小遣いくれるなら抜いてあげると言ってきて
2017/08/17 17:00
2017/08/17 17:00
4年前だが、塾講師のバイトをしている時に生徒にフェラ抜きされた。
スペックは以下
俺:大学2年 170/80 彼女いない暦=年齢 ややオタ 
相手:中学3年 150くらい 色白 セミロング黒髪 真面目系 
 大場はるかにちょい似てると最近思ったので名前は「はるか」としとく。

 最初は俺が大学1年のときに塾で出会った。
当時は多少かわいいと思ってたがまだまだガキっぽくて欲情しないタイプ。
それが中学3年になって一変。
スカートが短くなり胸ははだけて、顔が突然色っぽく見えるようになった。
脳内でかわいい子ランキングをつけてたが、高校生を入れてもこの子がダントツ1位。…
隣の人妻との奇妙な関係
2018/04/03 21:01
2018/04/03 21:01
俺はバーテンダーをしてる26才の男です。 俺の住んでるマンションの隣には夫婦が住んでいて、子供はいないようです。 隣の奥さんの顔は見た事ないけど、声の感じと旦那の見た目からして若いと思います。 たまに休みの日に家にいると隣からヤってる声が聞こえる時もあります。 俺の出勤時間は夕方5時からだから昼間は寝てます。 そしてこの前の平日、俺は3時ぐらいに起きると真っ裸のままベランダに出ました。 最近熱くなってきたから、夏はいつもこんな感じです。 寝る時はいっつも裸だから、朝立ちしたビンビンのままベランダに出るのが最高っす。 ベランダの向こうは川だから、一目を気にする必要ありません。 俺は勃起し…
2年付き合った彼女が浮気をしてた改
2017/05/05 10:04
2017/05/05 10:04
付き合って2年経つが、彼女が浮気をしていた。 俺は26歳のリーマンで、173cm65kgの本当に普通な感じの男だ。顔もブサメンでもなくイケメンでもないという、本当に中途半端な感じ。 彼女の香織は24歳の役所勤めで、160cmで体重は教えてもらってないが、痩せ型だ。 黒いセミロングの髪とめがねが似合う文学少女っぽい感じの雰囲気で、そこまでの超絶美少女ではないが成海璃子に似ているとたまに言われる。 俺が役所に書類を取りに行った時に、もろにタイプの彼女に一目惚れして、時間を掛けて仲良くなった。 そして付き合いだして2年、仕事も順調で、そろそろ結婚が見えてきたかなと言う矢先だった。 お互いがお…
名のあるお嬢様とのH体験 (恋人との体験談)
2016/01/15 01:00
2016/01/15 01:00
今、ちまたで話題の有名人のAとは、彼女が学習院大学の1年生の時に知り合った。それも2回目のデートでA様の処女を頂けるとは。  最初は大学のサークル仲間同士の合コンだった。  僕とAは意気投合し翌週の日曜日に渋谷でデート。その時は手を繋ぎながらの散歩程度だったが、2回目のデートの時に奥手で大人しいAを強引に渋谷の円山町のラブホテルへ連れ込んだ。  俺は当時、早稲田の4年生で女経験も豊富だった。  彼女はお金持ちのお嬢様らしく気品と素朴さと真面目さが有った。  彼女は顔を赤く染めながらも抵抗せずにホテルの部屋までついて来た。  私、こういうとこ…
彼氏持ちの女友達が寝ているところを襲った結果www
2017/05/02 00:27
2017/05/02 00:27
俺も2年ぐらい前あるなぁ…
夜中の2時だか3時にいきなり女友達から電話来たんだ。
そん時俺は風呂上がりで電話出たのを覚えてる。
電話の内容は女の子2人で飲んでたらしく予算オーバーした為に帰りのタクシー代も無くなってしまったんだと。
2人の全財産は2000円ぐらいしか持って無くてどう考えてもタクシーでは帰れない状況だったみたい。
そう遠く無いから行ってやる事にしたんだ。
待ち合わせ場所に着くと2人はテンションが高く「本当にごめんねぇ~ありがとう♪」とか普通に感謝された。
2人を車に乗せて○沙とB美を送る事に。
距離的に送る順はB美が最初だった。
2人は後ろに乗ってた。
B美…
本社のお局さまと…【エロ体験談】
2016/09/23 00:30
2016/09/23 00:30
もっと長文で投稿したいのですが、長文にするとスマホが重くなってしまうので、毎回分けて投稿しています。


で、海に純子姉さんと来た。
海って言っても田舎の小さな漁港ね、こじんまりしたいい感じのところ。

「ゆうき、座ろうよ♪ あっ!ごめんね、何か飲む?」

「じゃあ 冷たいコーヒーでいいよ」

姉さんは自販機にコーヒーを買いに行った、歩いてる後ろ姿なんて20代に見えた、ホント大袈裟じゃなくて。

「はい!これでいい?」

「ありがとう いただきます♪」

二人で漁港の少し高い堤防に座った。

「何かこんなの久しぶり、夜のドライブ、海なんて♪ 若い頃みたい」

「そうだね俺も久しぶりだな、女と…
【熟女体験談】実姉と近親相姦し、子供も出産して幸せな夫婦生活を営んでいるんだが・・・
2018/04/21 18:02
2018/04/21 18:02
2018/04/21 (Sat) 嘘だと思われそうですが
実話でして、

実は私は実姉と結婚し、
夫婦生活を営んでいるんです

もちろん戸籍上は
姉と弟で、夫婦でありませんが
子供もいるんです

自分でも世間的には
受け入れてもらえない内容だとわかっているので
ネタだとおもって読んでください

現在は俺は、妻である実姉
子供1人の3人で生活しているんです

私が26歳で姉が30歳

アパート暮らしで、
多分他の部屋の住民には
夫婦と思われています

よく近親婚だと
障害者が生まれるって言いますが
ウチの子はきわめて健康です

何故、姉と近親相姦し、
そして夫婦になった経緯をお話します

【M男】転校生 【痴女】
2015/11/04 17:55
2015/11/04 17:55
「行ってきます…」 小学生の太郎は誰もいない家に向かってそう言うと学校へ歩き始めた。 桜が舞散る都会の町並みを歩きながら、 太郎は新しい学校でうまくやっていけるか不安でいっぱいだった。 なにせ、その小学校で六 年生の男子は太郎だけだと言うのだ… 太郎はずっと田舎の山奥に暮らしていた。 太郎の通っていた学校は太郎を含め三人しかいなかったのだが 二人いた六年生が卒業して、今年から太郎一人になってしまう事にともなって小学校が閉校してしまったのだ。 太郎の両親は農家なので引っ越す事は出来ないが、 なんとか太郎に小学校に通わせようと都会のマンションに太郎を住ませて学校に通わせる事にした。 しかし、そ…
出会い系で知り合った清楚な人妻が凄かった【体験談】
2015/12/10 23:10
2015/12/10 23:10

先日の話、ある出会い系サイトを通じて、29歳人妻ミコと知り合った。
色白でスリム、大人しそうな雰囲気で、話をすると旦那さんの家柄、稼ぎも良いよう。

何とかアポを取り、軽く飯を食って、ホテルに誘うと、「浮気は初めて」とか言いながら付いてくる。

白い○ッチのワンピースに、○ィトンのバックに、○ェラガモのシューズ。
観察すると子供一人居るとは思えない程、キレイなスタイルを維持してる。
エステなんかに、旦那の稼ぎを注ぎ込んでるようですね。


さてさて、まずは抱き寄せてキスするだけで腰砕け。
乳首を強く吸うだけで、もう立ってられない。
アソコに指を入れたら、もうグチョグチョ。
…これはホントの…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【痴漢・レイプ】ケンカした彼女を半ば無理やり

・(新)続続・全裸イナバウアー 3

・【愕然】52歳の女と性欲に負けてヤってしまった結果wwwwwwwwwwwww

・■人妻の需要は捨てた物じゃないですね

・真昼間から近所の奥さんとヘアの濃さ比べ

・【Hな体験】アロマエステのお姉さんと店外デート

・お酒が入ると大胆になる私の告白

・セックス中の上下関係

・【寝取られ】彼女のDQNな元カレから送られてきたハメ撮り写真

・【痴漢・レイプ】職場仲間の人妻を・・・その1

・【痴漢・レイプ】昔男にレイプされた時の話

・パンツ

・クンニ好きの男友達にちょっとだけ舐めさせてって言われて

・痴漢専用車

・【熟女体験談】夫が病気で入院した時に義父に恋をして濃厚なSEXをする不貞主婦

・彼女の裸

・昔おじさんに女装メス調教されていた私と、それを知った上で結婚した妻

・初対面の爆乳ちゃんと避妊もせずに・・・

・【人妻体験談】夫とも倦怠期気味な人妻が彼女ができた男友達と不倫SEXして鬼イキ

・拾った女子高生7

・とてつもなく可愛くてフェラ上手な24歳

・【Hな体験】人妻ボディービルダーとバイト仲間の女子大生[後編]

・【痴漢・レイプ】夫には言えない私の秘密

・JKの露出14

・初めての3Pは女友達とその友達とでした

・嫁が妊娠中だから仕方なく超スローセクロスしたら結果wwwwwww

・■うちの人SEX終わるのが早くて

・欲求不満の人妻がデカチン男に焦らされ失神寸前

・【痴漢・レイプ】彼氏のこと犯したった その3

・私っておかしいですか?