寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

痴漢体験:痴漢のテクって…

2018/01/12 15:12


東京から実家のある静岡まで夜行バスで帰りました。
バスの運賃も2000円かからずに、1時間半ぐらいで静岡まで着いちゃうんです。
だから実家に帰るときは、けっこう利用するんです。
私は新宿を夜の8時半ぐらい発のバスに私は乗り込みました。
予約の時点で窓側の座席を取れたわりには、いつもよりは混んでいました。
隣の座席の人は40歳過ぎの中年のおじさんでした。
私はだいたいいつもこのバスの中では寝ちゃってます。
今回もシートを後ろに倒して、出発とともにすでに寝る体勢は整いました。
あとはバスの揺れがだんだん眠気を誘ってきます。
走り出して10分ぐらいしたでしょうか?ちょうどウトウトしかけたところで、何か私の膝のあたりを撫でられてる感触で薄目を開けて見たんです。するとビックリ!隣のおじさんが私の膝に手を伸ばして、何食わぬ顔をして撫でてたんです。
私はビックリしたんだけど、とっさに手を払ったり、文句言ったり出来ずに、ただただ体が硬直しちゃってそのまま寝た振りしちゃったんです。
心の中では今すぐ文句言おうと思ったんだけど、自分を無理に納得させて、これ以上触ってきたら怒って文句言おうと自分に言い聞かせました。
でも、おじさんは何食わぬ顔をして、膝から徐々に太ももの方に手が上がってきたんです。
手が太ももの方まで上がってきた瞬間、私はおじさんを睨みつけました。
おじさんもそれに気が付いたようで、手の動きが止まったんです。
でも手は私の太ももに置いたままで、退けようとしません。
と思ったら、すぐにまた手が動き出して太ももの内側を撫でてきたんです。
その手はさっきよりもさらに内側に上の方へと侵入してきました。
私はピタッと脚を閉じ、その手の侵入を妨げました。
それでもおじさんの手は太ももの内側を指先で軽く引っ掻くように撫でてくるんです。
私は小声で、「やめて下さい!」その手を払いよけながら言いました。
そしたらおじさんは私に寄りかかってきて、私の耳元で、「ネエちゃん、そんなこと言ったってアソコは正直だからなぁ?」なんて言うんです。
私は怒って、「あなた、頭がおかしいんじゃないの!」と言ってやりました。
「ネエちゃん、そんなに怒っちゃってるけど、アソコの中はうっすら濡れてるのがオレにはわかるんだよ?」おじさんはニヤッとしながら言ってきました。
「ほんとあなたはおかしいです。運転手に言って警察に突き出しますよ!」「ほ?っ、ネエちゃんすごいね?。でもね、ネエちゃんのアソコは絶対濡れてるよ?」「濡れてるはずないじゃないですか!バカじゃないの!」「ネエちゃん、あんた感じやすいだろ?。脚触っただけでわかるんだよ?」「ハァ?そんなことどうでもいいから、とにかくすぐに手をどかして下さい!」このやり取りの間もおじさんは、ずっ?と私の太ももを触っていたんです。
「ネエちゃん、ももの肌がさっきよりも暖かくなって、しっとりしてるぞ?。こういうときはアソコも確実に濡れてるんだよ?」「濡れてるはずないでしょ!ほんと頭おかしいんじゃないの!」「じゃあネエちゃん、確かめてみるかい?」「だから濡れてるはずないでしょ!何度言わせるの!」「じゃあ、賭けるかい?オレは自信があるんだよぉ?」「そんな賭けするはずないでしょ!」「賭けられないってことは、やっぱりネエちゃん濡れてるんじゃないかぁ?」「濡れてません!」「じゃあ、賭けてみるかい?」「濡れてなかったら、あなたは私に対してどう責任とってくれるんですか?」「ほんとに濡れてなかったら、オレはなんでもネエちゃんの言うこと聞くよ!」「じゃあ、警察み突き出すか、慰謝料もらいますよ!いいんですね?」「あぁ、ネエちゃんいいとも!その代り、オレが勝ったら到着まで好きにさせてもらうぞぉ」「わかりました」それにしても何でこんな賭けになっちゃったたのか・・・ひょんなことから、理不尽な賭けに乗ってしまった私。
仕方がないので、自分でスカートの中に手を入れてパンティーの上から自分で触ってみました。
正直なんとなくしっとりしちゃってるけど、それは脚を閉じてれば仕方ないこと。
濡れていません。
私はこの痴漢おじさんに、「やっぱり濡れてませんよ!」と勝ち誇ったように告げた。
「ネエちゃん、そりゃ自分で触ったんじゃダメだよ?」と、今まで触っていた太ももから一気にアソコに向って手が伸びてきたんです。
「どれ、オレが触って確認しなきゃ」「ちょっと、やめて下さい!」「やっぱり濡れてるんだ?」「違います!!」「じゃあ、オレに触らせてもいいんじゃないの」「何で触らせなきゃならないんですか?!」「だって賭けたんだよ。別にほんとに濡れてなきゃ、ちょっとぐらい触らせてもいいんじゃないの」「・・・わかりました!じゃあ、ちょっとだけですよ!」私はスカートをちょっと捲くって触らす決心をした。
「じゃあ、お言葉に甘えて失礼!」痴漢おじさんはそう言うと、太ももの内側からスカートの中にゆっくり手を忍ばせてきた。
私はドキドキしながら、脚をちょっと開いておじさんの手を受け入れました。
おじさんは手はゆっくりと太ももの内側を触りながら、私のパンティーの縁に辿り着きました。
その手は意地悪くパンティーの縁に沿って、徐々にアソコに近づいてきたんです。
くすぐったいような変な感じで、私は思わず、「早く触って確かめちゃって下さい!」と言ってしまいました。
「ネエちゃん、そう焦るなよ!」おじさんは私を諌めるように言ってきました。
私は仕方なく黙って、おじさんが確かめるまで我慢するしかないと思いました。
おじさんの指はとうとうアソコに触れてきました。
それはちょうどクリトリスのあたりで、そこをゆっくり回してきたんです。
おじさんの太い指がクリトリスにコリコリと擦れて、私は思わずビクッってしてしまったんです。
でも、この行為はどうみても確認のために触っているとういより、指による愛撫です。
だから私は、「これって確認じゃないでしょう!?」と言って少しだけ身を引こうとしました。
「ネエちゃん、そうイライラするもんじゃないよ!あくまでも確認で触ってるんだから・・・」そう言って、おじさんはクリトリスを集中的に指で擦ってくるんです。
それも下着の上からクリトリスの皮を捲るように下から擦り上げてくるんです。
とうとうおじさんの指があそこに触れてきました。
「あぁ・・・」あそこの陰唇を拡げ、入口付近を太い指で弄るんです。
「何だ、ネエちゃんかなり濡れてるじゃないか!ビチョビチョだぞ!」「・・・・・」私は正直言って、クリトリスを触られたときに濡れてるのが自分でもわかっていました。
そして、今ではあんなに強く閉じていた脚がおじさんの触りやすいように開いちゃってるんです。
「じゃあ、もうすぐ静岡だけど、それまで約束通り好きなようにさせてもらうぞ!」もうダメでした。
私は体の力は抜けてしまい、火照ってて、おじさんの指の動きに敏感に反応しちゃうんです。
「あぁ・・・あんっ・・・」もはやおじさんは私の体を好きなように弄り始めました。
すると、おじさんは急かすように、私にパンティーを脱ぐように命令してきたので、素直に私は膝のところまでパンティーを下ろして、脚をかなり広げました。
おそらく私が窓側の座席でなかったら、他の乗客に見られてたかもしれません。
おじさんは私を抱きかかえるように腕をまわしてきました。
そして、指がゆっくりあそこに入ってきました。
「あぁ?ん、んんっ」おじさんの指が奥のほうまで入ってくるのがわかるんです。
「はぁぁぁ?ん」もう私は自分からおじさんに身を委ねて、素直に感じていました。
車内では高速を降りて、あと30分くらいで静岡駅に到着するアナウンスが流れました。
おじさんはそのアナウンスを聞いたからなのかわかりませんが、とうとう私のあそこに指をさらに1本追加して、2本入れてきました。
2本の指でも私はかなりきつかったのに、おじさんの指は太かったので、あそこはいっぱいでした。
「あぁ?ん、いやぁ」そしておじさんは、中でじゃんけんのチョキのように指を広げて回りの襞を刺激してくるんです。
「ここだろ!」とおじさんはGスポットを指で押してきました。
「あぁぁ?ん、ダメッ・・・」そこからおじさんは猛烈に指の出し入れをしてきました。
おそらく私がもうイキそうなのがわかったのでしょう。
気が付くと上着のボタンもいつの間にか外され、片方の乳房がブラジャーから露になってました。
さっきまで私抱きかかえるように回していた片方の手も今はその乳房の乳首をコリコリ摘んでいました。
さらにおじさんは指を鉤型にして、あそこに指を入れるたびにGスポットに当たるようにするんです。
その出し入れで、私はもう何回か軽くイッてました。
もう私は体には芯がなくぐったりおじさんにもたれていました。
「はぁ、はぁ、あぁ、あぁ」おじさんはさらに指の出し入れを早めました。
「ダメ、ダメ、ダメ、お願い・・・ダメ、イクッ、イクッ、イク?ッ」その瞬間、生温かい愛液が滴り落ちるのを感じました。
潮です。
私、恥かしいけど潮を吹いちゃいました。
「ネエちゃん、すげぇ?な!」私は呼吸が乱れ、自分のアソコがヒクヒクしてるのがわかりました。
そして、おじさんがゆっくり指抜くのがわかりました。
そのとき、私は自分でも信じられない言葉を呟きました。
「本物が欲しい・・・」 「痴漢・レイプ」カテゴリの最新記事 愛液乳首痴漢 「痴漢・レイプ」カテゴリの最新記事 太もも脚パンティバス痴漢愛液乳首車内唇下着


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
営業に行った家のギャルママにハマっていった
2017/06/25 00:44
2017/06/25 00:44
きっかけはインテリア関係の営業をしていた
オレのお客さんになる予定の人だった。


ネットでの見積もり申し込みを受けて訪問した際に、Rが出てきました。


Rの容姿は明るい髪色の155 42の小柄細身
顔は愛内里菜?ぽい水商売風な人でした。


結局は他社に見積もり負けか何かで商談は終了。

そこからはRのやや馴れ馴れしい口調での世間話
「彼女いそうだねー」とか。


当時 成績が欲しかったので、まあ上手く対応しつつ再度の検討を要求。

OKが出て次の日に訪問するも、Rが旦那さんと相談した結果やはりダメとの事。


Rが気を遣ったのか急に隣に座って「ごめんね」と。

なんか目が合って…
夜這いしてきた義弟のテクにメロメロ
2016/06/16 06:00
2016/06/16 06:00
去年28歳で私は結婚した。
見合い結婚だった主人は、クンニやフェラチオといったオーラルセックスを好まなかった。
いたって淡白なセックスは、気持ちよさなんてなくて、ただの子作りのための運動という感じだった。だから、主人の弟の豊に挿入されるまで、私は女としての悦びを知らなかった。


線の細いインテリの主人とは対照的な豊は、筋肉質でたくましいカラダと強引さを持っていて、私は抵抗らしい抵抗ができなかったのだ。
ある昼下がり、大学が休講になったからと、主人の留守中に豊がやってきたとき、私はなんの疑問も持たずに、家にあげてしまった。

廊下から居間に案内する私を後ろから抱きし…
展示場で説明するインストラクターの巨乳が俺の横顔にぽよんとw
2017/09/09 21:10
2017/09/09 21:10
とある機械を入れる必要があり、何社かの機械を展示してるとこに行った。
まず出てきたのは受付のおばちゃん。
そこで書類に記入。
で、待っていると20代半ばくらいの巨乳おねーちゃんが。
どうやら説明はインストラクターであるおねーちゃんが行うらしい。

展示場はパソコンやら機械やらがたくさん置いてあり、放熱で暑いくらい。
で、おねーちゃんは冬なのに超薄着。
それも狙ってか胸の谷間が強調された服。

機械の画面の前に座らされ説明開始。
やはりおっぱいが気になる。

いくつか説明受けて、「◯◯な感じのは無いんですか?」と聞くと、ある機械に案内される。
で、「こうこういう操作はどうしたらいいんですか?」と…
旦那と結婚する前からセフレがいますが、カーセックスで中出しされました
2017/07/18 17:35
2017/07/18 17:35
私は38歳の専業主婦です。
ダンナは2歳年上で子供はいません。
夫婦2人で暮らしています。

ダンナと結婚して6年になるのですが、実はダンナと結婚する前からセフレがいます。
セフレの彼は10年来の男友達で、こちらも3年前に結婚しています。

彼の奥さんも私の友達です。
ですがセフレとしての関係もやめられず、月に1度会ってセックスしています。
関係をやめられない理由は、身体の相性がいいことと、お互いの配偶者にはできないことができるからです。

私のダンナは早漏で、セックスしてもいつも3分ほどしか持ちません。
その上、愛撫もすごく下手で、ダンナとのセックスでは満足できないんです。
逆に…
交換留学中に体験したとてもエッチなアメリカ人の友達との思い出
2018/02/11 12:10
2018/02/11 12:10
今日は大学時代、交換留学中の思い出。 留学してた頃、あたしは寮に住んでいた。一応一人一部屋なんだけど、実際は二人二部屋で、部屋と部屋の間のドアがなくてカーテンで仕切ってあるだけだった。


隣に住んでたのはアメリカ人のアンナちゃんっていう子だった。
超勤勉で(めっちゃ成績よかった)、いつも静かに勉強してる人。適当な性格のあたしもつられて勉強するようになったくらい。結構気もあったりして、一緒に旅行いったり男の話したりした。


アンナは肉付きがいい感じの子だったけど、胸も尻も超張っててあたしでもドキドキしちゃうような子で、いつもちょっとうらやましかった(部屋だとあたしも彼女もパンツだけとか全裸と…
隣に越してきた黒人男性にヤラれてた妻【SEX体験】
2015/12/11 08:57
2015/12/11 08:57

妻と結婚して、このマンションを購入したのは2年程前の事。

築15年のちょっと古びたマンションが激安で販売され、両親のバックアップもあり即決しました。

結婚1年目の事です。

(いつかは一戸建てが目標です)

私31歳・妻29歳。

そんな暮らしも1年を過ぎようとした、ある日の事、お隣さんが引っ越して来たんです。

近所には次々と新しいマンションが建ち、古びたこのマンションは空き家が目立ち、淋しく思っている矢先の話で、"良い人だと良いねぇ"って妻と話していました。

翌日、私はゴミを出す為、エレベーター前に立っていると、背後に途轍もない威圧感を感じ、ふと振り向いてみると驚きました。

身…
妻が童貞大学生のデカチンでイキまくりですw【寝取られ体験談】
2016/06/19 15:10
2016/06/19 15:10

妻は22歳で胸は小さめですが、スタイルはかなり良いと思います。
妻は処女でしたので、まだ僕のチンポしか知りません。

顔もキレイ系で今でもよくナンパされます。
性に対して消極的なので年上の男性に淫らにしてもらおうと思ったのですが、妻がリードして童貞を奪う所も見てみたく童貞君を募集しました。


相手はすぐに見つかりました。K君(19歳)大学生です。
三人でホテルに入り皆緊張していたので酒を呑みながらAV観たり世間話しをして場をもたせました。

先に僕と妻がシャワーを浴びに行くと、妻はずっと緊張しているみたいで黙ったままでした。
僕と妻は先にシャワーを済ませ、次にK君にシャワーを浴びてもらい…
【人妻体験談】主人とのセックスは結婚前から淡白で物足りないと思っていました
2016/02/21 18:02
2016/02/21 18:02
主人とのセックスは結婚前から淡白で物足りないと思っていました。ただ私も30才目前だったし、20代で結婚したかったので、迷いはしましたがセックスだけがすべてじゃないと思って結婚しました。 でも案の定、結婚して新婚というのに月に1回程度しかなく、日々欲求不満が溜まって行きました。それでもすぐに子宝に恵まれ、長男が生まれると、その後はほとんどセックスレス状態になってしまいました。 まだ30才前半でセックスを楽しみたいと思っていましたが、主人にはもう期待できないことはわかっていました。それで主人と結婚する前に付き合っていた元彼に連絡してみようと思いついたんです。 ただ結婚するときに携帯電話から元彼の…
H体験談/美人巨乳姉妹と
2018/02/19 17:24
2018/02/19 17:24
先週の金曜日の話。 仕事を終え身支度を整えてると総務課のHちゃんがトコトコとやってきてH「あのぉ~・・・先輩、ちょっといいですか?」俺「ん?なに?」話を聞いたら悩み相談だった。 もちろんひとつ返事でOKをし、会社の近くの居酒屋に行こうとするといい雰囲気のお店を知ってるとのこと。 早速、案内してもらい行くことにした。 店に入ると間接照明でいい感じ。 しかもカップル席がほとんどを占めていて周りから見えないようになっていた。 とりあえずビールで乾杯し、話を聞くことに・・・。 ところが世間話で一向に切り出さない。 焦れて俺「ところで、相談ってなに?」H「実は・・・(モジモジ)」俺「ん?」H「助けて…
寝取られて言い訳をする不倫下衆野郎に私は言った!「おまんこやったら1回も100回も罪は罪だ!」
2015/11/04 16:59
2015/11/04 16:59

寝取られて言い訳をするその人に私は言った!1回も100回も罪は罪だよ!と【イメージ画像1】


めて投稿します。
去年の秋に起こった事件を書きたいと思います。
(実話の為にハードな内容ではありません。)私、山本順(仮名)29歳と、妻、由里子29歳は、結婚2年半の夫婦です。

じメーカー勤務の同期…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】セックスレスで悩む息子と近親相姦をし、夫婦のように生活する母親

・【近親相姦】弟のオナニーを覗きながら自分でしてました

・学歴の無い俺には一つだけ自慢がある

・こんな事あるの?

・彼女のおっぱいを見られて

・台所から声が聞こえてきて、何だろうと思い見ると・・・

・海岸の岩場にある秘密の場所で、妹と秘密のアレをした

・【人妻体験談】夫が海外出張で欲求不満になった人妻が投稿に連絡し、妄想でしながらオナニー

・【浮気】中学生の従妹を目覚めさせてしまったわけだが

・再会した母と夫婦として暮らす俺

・お義父さんと私4-1「来客中に、うしろから」

・【レイプ】高校生の時、母と一緒に犯されました

・【熟女体験談】Iカップで超爆乳おばさんと出会い系で会って、OKをもらって中出し射精

・最高のオナニー

・妻の養鶏所のおじさん達とのHなふれあい

・有名子役タレント”U”の放送事故並のエロガキ振り

・【Hな体験】友達の姉貴の口に精液をぶちまけた

・【近親相姦】セーラー服の妹と唇を重ね、2人で腰を動かした

・外人の彼女ができたとか羨ましい!!

・綺麗な人妻の顔が快感に歪む

・【不倫】初めての浮気は幼稚園のパパ友でした

・性生活が有料で離婚したら粘着うざー

・【熟女体験談】厚化粧なスナックのママとお店のボックス席でセックス

・モモとノンタン

・【人妻体験談】大親友の幼馴染に妻のオマンコを生で見せて、SEXまでさせてあげた

・男は女とヤル事で頭の中がいっぱい

・【浮気】美人で清楚な社長秘書はいい感じのM女だった

・俺には7歳離れた妹が居る

・輪姦される事で体に性の快感が

・【熟女体験談】服従のポーズをして洗濯ばさみを使ってオナニーをする変態おばさん