寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

痴漢体験:痴漢のテクって…

2018/01/12 15:12


東京から実家のある静岡まで夜行バスで帰りました。
バスの運賃も2000円かからずに、1時間半ぐらいで静岡まで着いちゃうんです。
だから実家に帰るときは、けっこう利用するんです。
私は新宿を夜の8時半ぐらい発のバスに私は乗り込みました。
予約の時点で窓側の座席を取れたわりには、いつもよりは混んでいました。
隣の座席の人は40歳過ぎの中年のおじさんでした。
私はだいたいいつもこのバスの中では寝ちゃってます。
今回もシートを後ろに倒して、出発とともにすでに寝る体勢は整いました。
あとはバスの揺れがだんだん眠気を誘ってきます。
走り出して10分ぐらいしたでしょうか?ちょうどウトウトしかけたところで、何か私の膝のあたりを撫でられてる感触で薄目を開けて見たんです。するとビックリ!隣のおじさんが私の膝に手を伸ばして、何食わぬ顔をして撫でてたんです。
私はビックリしたんだけど、とっさに手を払ったり、文句言ったり出来ずに、ただただ体が硬直しちゃってそのまま寝た振りしちゃったんです。
心の中では今すぐ文句言おうと思ったんだけど、自分を無理に納得させて、これ以上触ってきたら怒って文句言おうと自分に言い聞かせました。
でも、おじさんは何食わぬ顔をして、膝から徐々に太ももの方に手が上がってきたんです。
手が太ももの方まで上がってきた瞬間、私はおじさんを睨みつけました。
おじさんもそれに気が付いたようで、手の動きが止まったんです。
でも手は私の太ももに置いたままで、退けようとしません。
と思ったら、すぐにまた手が動き出して太ももの内側を撫でてきたんです。
その手はさっきよりもさらに内側に上の方へと侵入してきました。
私はピタッと脚を閉じ、その手の侵入を妨げました。
それでもおじさんの手は太ももの内側を指先で軽く引っ掻くように撫でてくるんです。
私は小声で、「やめて下さい!」その手を払いよけながら言いました。
そしたらおじさんは私に寄りかかってきて、私の耳元で、「ネエちゃん、そんなこと言ったってアソコは正直だからなぁ?」なんて言うんです。
私は怒って、「あなた、頭がおかしいんじゃないの!」と言ってやりました。
「ネエちゃん、そんなに怒っちゃってるけど、アソコの中はうっすら濡れてるのがオレにはわかるんだよ?」おじさんはニヤッとしながら言ってきました。
「ほんとあなたはおかしいです。運転手に言って警察に突き出しますよ!」「ほ?っ、ネエちゃんすごいね?。でもね、ネエちゃんのアソコは絶対濡れてるよ?」「濡れてるはずないじゃないですか!バカじゃないの!」「ネエちゃん、あんた感じやすいだろ?。脚触っただけでわかるんだよ?」「ハァ?そんなことどうでもいいから、とにかくすぐに手をどかして下さい!」このやり取りの間もおじさんは、ずっ?と私の太ももを触っていたんです。
「ネエちゃん、ももの肌がさっきよりも暖かくなって、しっとりしてるぞ?。こういうときはアソコも確実に濡れてるんだよ?」「濡れてるはずないでしょ!ほんと頭おかしいんじゃないの!」「じゃあネエちゃん、確かめてみるかい?」「だから濡れてるはずないでしょ!何度言わせるの!」「じゃあ、賭けるかい?オレは自信があるんだよぉ?」「そんな賭けするはずないでしょ!」「賭けられないってことは、やっぱりネエちゃん濡れてるんじゃないかぁ?」「濡れてません!」「じゃあ、賭けてみるかい?」「濡れてなかったら、あなたは私に対してどう責任とってくれるんですか?」「ほんとに濡れてなかったら、オレはなんでもネエちゃんの言うこと聞くよ!」「じゃあ、警察み突き出すか、慰謝料もらいますよ!いいんですね?」「あぁ、ネエちゃんいいとも!その代り、オレが勝ったら到着まで好きにさせてもらうぞぉ」「わかりました」それにしても何でこんな賭けになっちゃったたのか・・・ひょんなことから、理不尽な賭けに乗ってしまった私。
仕方がないので、自分でスカートの中に手を入れてパンティーの上から自分で触ってみました。
正直なんとなくしっとりしちゃってるけど、それは脚を閉じてれば仕方ないこと。
濡れていません。
私はこの痴漢おじさんに、「やっぱり濡れてませんよ!」と勝ち誇ったように告げた。
「ネエちゃん、そりゃ自分で触ったんじゃダメだよ?」と、今まで触っていた太ももから一気にアソコに向って手が伸びてきたんです。
「どれ、オレが触って確認しなきゃ」「ちょっと、やめて下さい!」「やっぱり濡れてるんだ?」「違います!!」「じゃあ、オレに触らせてもいいんじゃないの」「何で触らせなきゃならないんですか?!」「だって賭けたんだよ。別にほんとに濡れてなきゃ、ちょっとぐらい触らせてもいいんじゃないの」「・・・わかりました!じゃあ、ちょっとだけですよ!」私はスカートをちょっと捲くって触らす決心をした。
「じゃあ、お言葉に甘えて失礼!」痴漢おじさんはそう言うと、太ももの内側からスカートの中にゆっくり手を忍ばせてきた。
私はドキドキしながら、脚をちょっと開いておじさんの手を受け入れました。
おじさんは手はゆっくりと太ももの内側を触りながら、私のパンティーの縁に辿り着きました。
その手は意地悪くパンティーの縁に沿って、徐々にアソコに近づいてきたんです。
くすぐったいような変な感じで、私は思わず、「早く触って確かめちゃって下さい!」と言ってしまいました。
「ネエちゃん、そう焦るなよ!」おじさんは私を諌めるように言ってきました。
私は仕方なく黙って、おじさんが確かめるまで我慢するしかないと思いました。
おじさんの指はとうとうアソコに触れてきました。
それはちょうどクリトリスのあたりで、そこをゆっくり回してきたんです。
おじさんの太い指がクリトリスにコリコリと擦れて、私は思わずビクッってしてしまったんです。
でも、この行為はどうみても確認のために触っているとういより、指による愛撫です。
だから私は、「これって確認じゃないでしょう!?」と言って少しだけ身を引こうとしました。
「ネエちゃん、そうイライラするもんじゃないよ!あくまでも確認で触ってるんだから・・・」そう言って、おじさんはクリトリスを集中的に指で擦ってくるんです。
それも下着の上からクリトリスの皮を捲るように下から擦り上げてくるんです。
とうとうおじさんの指があそこに触れてきました。
「あぁ・・・」あそこの陰唇を拡げ、入口付近を太い指で弄るんです。
「何だ、ネエちゃんかなり濡れてるじゃないか!ビチョビチョだぞ!」「・・・・・」私は正直言って、クリトリスを触られたときに濡れてるのが自分でもわかっていました。
そして、今ではあんなに強く閉じていた脚がおじさんの触りやすいように開いちゃってるんです。
「じゃあ、もうすぐ静岡だけど、それまで約束通り好きなようにさせてもらうぞ!」もうダメでした。
私は体の力は抜けてしまい、火照ってて、おじさんの指の動きに敏感に反応しちゃうんです。
「あぁ・・・あんっ・・・」もはやおじさんは私の体を好きなように弄り始めました。
すると、おじさんは急かすように、私にパンティーを脱ぐように命令してきたので、素直に私は膝のところまでパンティーを下ろして、脚をかなり広げました。
おそらく私が窓側の座席でなかったら、他の乗客に見られてたかもしれません。
おじさんは私を抱きかかえるように腕をまわしてきました。
そして、指がゆっくりあそこに入ってきました。
「あぁ?ん、んんっ」おじさんの指が奥のほうまで入ってくるのがわかるんです。
「はぁぁぁ?ん」もう私は自分からおじさんに身を委ねて、素直に感じていました。
車内では高速を降りて、あと30分くらいで静岡駅に到着するアナウンスが流れました。
おじさんはそのアナウンスを聞いたからなのかわかりませんが、とうとう私のあそこに指をさらに1本追加して、2本入れてきました。
2本の指でも私はかなりきつかったのに、おじさんの指は太かったので、あそこはいっぱいでした。
「あぁ?ん、いやぁ」そしておじさんは、中でじゃんけんのチョキのように指を広げて回りの襞を刺激してくるんです。
「ここだろ!」とおじさんはGスポットを指で押してきました。
「あぁぁ?ん、ダメッ・・・」そこからおじさんは猛烈に指の出し入れをしてきました。
おそらく私がもうイキそうなのがわかったのでしょう。
気が付くと上着のボタンもいつの間にか外され、片方の乳房がブラジャーから露になってました。
さっきまで私抱きかかえるように回していた片方の手も今はその乳房の乳首をコリコリ摘んでいました。
さらにおじさんは指を鉤型にして、あそこに指を入れるたびにGスポットに当たるようにするんです。
その出し入れで、私はもう何回か軽くイッてました。
もう私は体には芯がなくぐったりおじさんにもたれていました。
「はぁ、はぁ、あぁ、あぁ」おじさんはさらに指の出し入れを早めました。
「ダメ、ダメ、ダメ、お願い・・・ダメ、イクッ、イクッ、イク?ッ」その瞬間、生温かい愛液が滴り落ちるのを感じました。
潮です。
私、恥かしいけど潮を吹いちゃいました。
「ネエちゃん、すげぇ?な!」私は呼吸が乱れ、自分のアソコがヒクヒクしてるのがわかりました。
そして、おじさんがゆっくり指抜くのがわかりました。
そのとき、私は自分でも信じられない言葉を呟きました。
「本物が欲しい・・・」 「痴漢・レイプ」カテゴリの最新記事 愛液乳首痴漢 「痴漢・レイプ」カテゴリの最新記事 太もも脚パンティバス痴漢愛液乳首車内唇下着


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
サークルの合宿中に抜け出してH!
2015/10/09 03:21
2015/10/09 03:21
大学時代のサークルの夏合宿での思い出話。大学時代、私はサークル内で後輩のえり(仮名)と付き合っていました。私が4年で、えりが1年でした。えりと私は付き合って3か月ほど。はっきり言ってHが楽しくてしょうがない時期でした。当然、夜に合宿所を抜け出して会う約束になってました。もちろんHするためです。夜になって飲み会がはじまり、しばらくした後、えりにメールし、合宿所から別々に出て、少し離れた場所で待ち合わせ。海が近くに会ったので、海まで行く事にしました。海まで行くと外灯もなく、真っ暗。正直、お互いの顔も見えないほどの暗さ。砂浜の半分くらいまで歩いた所で、えりにキス。そのまま舌と入れな…
花見で酔いつぶれた人妻達を公園内で犯しまくる
2017/10/04 21:00
2017/10/04 21:00
 
何年か前の話だが近くに緑地公園があり、たまに運動しに行ったりジョギングコースに利用している。
花見の季節になるとBBQの良い匂いに堪らなくなる。
夜になるとライトアップして花見する人達もいるが、そんなグループの女性が酔っぱらいフラフラと歩いていたのを見ていた。
その女性は、グループから離れて人気の無いベンチに倒れ込むように横になっていた。
近寄って見ているとグッタリとしていて、心配になったので女性の肩を揺すって大丈夫ですか?と声を掛けたが女性は無反応だった。
かなり飲んだのか、酒に弱いのか。
心配もあったが、女性が俺好みの和風美人的な感じの人だった。
ベンチに横になっている女性…
【義家族との体験】従妹へのいたづら 3  ○近親相姦体験告白○
2016/01/06 07:35
2016/01/06 07:35
叔父の次女、E美に手を出したのは、彼女が工荷の夏のこと。 久々に連泊して遊びに行ったときであった。 結論から先に言えば、長女の時のように悪戯では終わらず、悪戯の最中にE美にバレてしまい、事の成り行きで最後まで行ってしまった。 一線を越えてしまい、冷や汗ものだったが、スポーツで鍛えられた17歳の瑞々しい身体は、大変美味しかった。 初日の昼間、何年ぶりかに叔父の家族と共に川遊びをした。 このとき、従妹三姉妹は全員思い思いの水着を着ていたが、E美の水着姿は抜群に良かった。 服の上からは分からなかったが、バランスよく出るとこは出て、くびれるところはくびれていた。 背もけっこう高い…
「世界、浮気発見♪」
2017/06/23 10:28
2017/06/23 10:28
ちょっと語ってもよかですか 先日壮絶な修羅場の後に彼女と別れました 自分はモテない方で25歳になってその彼女で2人目でした 彼女は自分のバイト先の後輩で20歳になったばかりの女子大生です 接客のときの元気のよさに惹かれて自分から告白し付き合うことになりました 彼女は友達も多く、男女問わず明るく接するコでした そういうところが好きになったのですが、 いざ付き合うとなると男友達が多いというのは不安の種でしかありません 以前から寝取られ話なんかを読んでは悶々としてたので どこか覚悟してたというかそういうときになったら自分はどうするんだろう なんてことは考えてたんですけどね まさか本当にそう…
RQ☆コンパニオンとの体験談
2016/10/05 20:04
2016/10/05 20:04
最新記事fullrss.net続きを読む
後輩女に「包茎?」って言葉責めされながら逝かされたエッチな体験談【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/12/11 06:18
2017/12/11 06:18
で、俺が風邪で寝込んでいるとき、夕方くらいだったかな、玄関の呼び鈴がなった。 ヨタヨタしながらベッドを出て玄関を開けると、M美がそこに立っていた。 俺「おー、どしたん?」M美「二日ガッコに来てなかったみたいだからちょっと心配になって。N(俺のこと)さん、風邪大丈夫?」と心配そうな顔で言ってきた。 俺「ああ、さんきゅ。大丈夫だと思うけど、まだしんどいねん。」俺は熱のため、頭がボーっとしていた。 M美「ごはんちゃんと食べてる?」M美はいつも俺には半分(以上?)タメ口だった。 俺「あー、うーん、あんま食ってないかな、、」M美「やっぱり、、。じゃー、わたしお粥か何かつくりますね。」俺「え、いいよ…
奪われたセフレを取り返した
2017/05/30 11:16
2017/05/30 11:16
80 :えっちな18禁さん:2009/01/27(火) 16:56:50 仕事を始めて間もない頃、会社でヒ○コという♀といい仲になった。 ヒ○コは同じ年で、同じ課で、何となく話すようになり 仕事が終わってから食事へ行ったりした。 ある飲み会の後、ふたりで飲みに行こう、とこっそり決めて その夜はそのままホtルでお泊り… 知り合って2ヶ月も経っていなかった。 しかし、俺にはその時、社外に彼女がいて 何となく本命じゃないという匂いを漂わせるようにした。 ヒ○コもそれがわかっていたのか、それ以上にはならない関係だった。 81 :えっちな18禁さん:2009/01/…
「体育倉庫で☆」
2017/07/09 13:28
2017/07/09 13:28
1 飛行機・非常階段で彼氏Kとの体験談を書いた綾です☆ 感想もらえて嬉しかったりしたので、彼とのことをまた書きますね(^^ その日うちの学校(アメリカの小人数制の日本人学校)では 体育祭の準備ということで、一日中かかってみんなで体育用具などを 校庭に出したり、飾り付けをしたりしていました。 夕方になって、小学生は家に帰ったのですが、まだ準備が終わらないので 中学生は7時まで作業を延長し、残ることに。 その時中3の私達も昼間は健全に、体操着(女子はブルマ、男子はジャージ履いてたかな)を着て体育祭の作業をしていたのですが 夕方の1時間の休憩に入り、少し2人で話したいねということで 体育館の…
我々には勝てませんね。
2017/11/25 06:19
2017/11/25 06:19
乱用濫用については医療系以外では我々でしょう。 不動産屋はアパートの仲介だけでなく各種のトラブルに対処しております。 たとえば、風呂の排水が調子悪い、ヒューズを替えて欲しい、水道のパッキン、 などなど。 ほとんどのトラブルが平日に発生するので仕事があるから勝手にカギを開けて 修理してください、というのがほとんど。 女性の一人暮らしはすごいですね。ブラ、パンツ、ストッキング、脱ぎっぱなし。 風呂の排水、陰毛たまり放題。いやー、すげー、たまらねー。 住所、生年月日、顔、スタイル、全て知ってるだけに、いやはや・・・。 そうか、このボディはこのブラでちょうどなのか・・・。 本人が居たら居たですごいんで…
ロケットおっぱいのエロすぎる人妻に中出し
2015/11/10 06:00
2015/11/10 06:00
仕事の関係で1年前からロス郊外にきてます。
ついこないだ知り合いの女の人が遊びにきてやってしまったことなんですけど。
その人とは、日本にいるとき行きつけの飲み屋で知り合いました。
ねこ目で結構エロそうな目つき、そしてロケットのような形のいいバストが印象的でした。
私より3つ上で37歳、既婚で2児の母です。上の子はもう中学1年です。


私がアメリカにいるあいだに、アメリカに行ってみたいということで、時間を作って来るとのことでした。
日本に居るときはこんな女と一発できたらいいなぁ、なんて思ってましたが、飲み屋で知り合って、しかも知り合いの友人ということもあり、手を出す…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・❤結婚していますが貞操観念の無い私

・事の始まり 2

・引きこもりになった妹にSEX治療をして社会復帰させる俺www

・実は淫乱エロビッチだった同期のOL

・病院で入院生活中 オバサンと。

・ソープで自分をいじめていたヤンキー女を指名した体験談

・美脚でミニスカが似合う女友達に一気に挿入wwww

・オナニーが大好きな処女の女子大生のお腹に大量の液体をぶちまけました

・❤こんなことされるのは久しぶりでしたわ

・【不倫】母親ほどの年齢のおばさんは意外と可愛かった

・【驚愕】高校生だけど、親戚のおばさん(40)とエッチしてしまった結果wwwwwwwww

・優しくてマッサージが上手な同僚の男性【熟女体験談】

・ナンパした田舎娘たちの中にまさかの…【乱交・処女】

・赤ちゃんのいる人妻

・【熟女体験談】祖母は若々しく白い肌がきれいな高齢熟女なナイスボディで祖母相姦することになるとは夢にも思わなかったが、老婆でも余裕でイケると初めてわかった

・フェラ嫌いなのに中出し希望の美乳ちゃん

・大学時代の女友達(既婚)と飲みに行った結果【人妻体験談】

・炊き出しボランティア(1)

・ビッチな大学生だけど質問ある?

・★社長の奥さんに欲情して

・えり、俺はもう、すべてを見ているよ

・変態主婦の私は毎日、息子と主人に愛されてます

・世間知らずな田舎の若妻

・イケメン大学生の勃起を見たら自制心を失って【人妻体験談】

・【近親相姦体験談】温泉で弟が

・【不倫】尻軽OLのお掃除フェラ

・大人のセックスを教えてくれたバイト先のお姉さん

・露天風呂でオナニーしてたら肉体労働者たちが入ってきて

・中高の同級生とホテルのロビーで再会し、お酒の勢いでハメまくったw

・【不倫】スナックの人妻美人ママと一度限りの店内エッチ