寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

痴漢体験:痴漢のテクって…

2018/01/12 15:12


東京から実家のある静岡まで夜行バスで帰りました。
バスの運賃も2000円かからずに、1時間半ぐらいで静岡まで着いちゃうんです。
だから実家に帰るときは、けっこう利用するんです。
私は新宿を夜の8時半ぐらい発のバスに私は乗り込みました。
予約の時点で窓側の座席を取れたわりには、いつもよりは混んでいました。
隣の座席の人は40歳過ぎの中年のおじさんでした。
私はだいたいいつもこのバスの中では寝ちゃってます。
今回もシートを後ろに倒して、出発とともにすでに寝る体勢は整いました。
あとはバスの揺れがだんだん眠気を誘ってきます。
走り出して10分ぐらいしたでしょうか?ちょうどウトウトしかけたところで、何か私の膝のあたりを撫でられてる感触で薄目を開けて見たんです。するとビックリ!隣のおじさんが私の膝に手を伸ばして、何食わぬ顔をして撫でてたんです。
私はビックリしたんだけど、とっさに手を払ったり、文句言ったり出来ずに、ただただ体が硬直しちゃってそのまま寝た振りしちゃったんです。
心の中では今すぐ文句言おうと思ったんだけど、自分を無理に納得させて、これ以上触ってきたら怒って文句言おうと自分に言い聞かせました。
でも、おじさんは何食わぬ顔をして、膝から徐々に太ももの方に手が上がってきたんです。
手が太ももの方まで上がってきた瞬間、私はおじさんを睨みつけました。
おじさんもそれに気が付いたようで、手の動きが止まったんです。
でも手は私の太ももに置いたままで、退けようとしません。
と思ったら、すぐにまた手が動き出して太ももの内側を撫でてきたんです。
その手はさっきよりもさらに内側に上の方へと侵入してきました。
私はピタッと脚を閉じ、その手の侵入を妨げました。
それでもおじさんの手は太ももの内側を指先で軽く引っ掻くように撫でてくるんです。
私は小声で、「やめて下さい!」その手を払いよけながら言いました。
そしたらおじさんは私に寄りかかってきて、私の耳元で、「ネエちゃん、そんなこと言ったってアソコは正直だからなぁ?」なんて言うんです。
私は怒って、「あなた、頭がおかしいんじゃないの!」と言ってやりました。
「ネエちゃん、そんなに怒っちゃってるけど、アソコの中はうっすら濡れてるのがオレにはわかるんだよ?」おじさんはニヤッとしながら言ってきました。
「ほんとあなたはおかしいです。運転手に言って警察に突き出しますよ!」「ほ?っ、ネエちゃんすごいね?。でもね、ネエちゃんのアソコは絶対濡れてるよ?」「濡れてるはずないじゃないですか!バカじゃないの!」「ネエちゃん、あんた感じやすいだろ?。脚触っただけでわかるんだよ?」「ハァ?そんなことどうでもいいから、とにかくすぐに手をどかして下さい!」このやり取りの間もおじさんは、ずっ?と私の太ももを触っていたんです。
「ネエちゃん、ももの肌がさっきよりも暖かくなって、しっとりしてるぞ?。こういうときはアソコも確実に濡れてるんだよ?」「濡れてるはずないでしょ!ほんと頭おかしいんじゃないの!」「じゃあネエちゃん、確かめてみるかい?」「だから濡れてるはずないでしょ!何度言わせるの!」「じゃあ、賭けるかい?オレは自信があるんだよぉ?」「そんな賭けするはずないでしょ!」「賭けられないってことは、やっぱりネエちゃん濡れてるんじゃないかぁ?」「濡れてません!」「じゃあ、賭けてみるかい?」「濡れてなかったら、あなたは私に対してどう責任とってくれるんですか?」「ほんとに濡れてなかったら、オレはなんでもネエちゃんの言うこと聞くよ!」「じゃあ、警察み突き出すか、慰謝料もらいますよ!いいんですね?」「あぁ、ネエちゃんいいとも!その代り、オレが勝ったら到着まで好きにさせてもらうぞぉ」「わかりました」それにしても何でこんな賭けになっちゃったたのか・・・ひょんなことから、理不尽な賭けに乗ってしまった私。
仕方がないので、自分でスカートの中に手を入れてパンティーの上から自分で触ってみました。
正直なんとなくしっとりしちゃってるけど、それは脚を閉じてれば仕方ないこと。
濡れていません。
私はこの痴漢おじさんに、「やっぱり濡れてませんよ!」と勝ち誇ったように告げた。
「ネエちゃん、そりゃ自分で触ったんじゃダメだよ?」と、今まで触っていた太ももから一気にアソコに向って手が伸びてきたんです。
「どれ、オレが触って確認しなきゃ」「ちょっと、やめて下さい!」「やっぱり濡れてるんだ?」「違います!!」「じゃあ、オレに触らせてもいいんじゃないの」「何で触らせなきゃならないんですか?!」「だって賭けたんだよ。別にほんとに濡れてなきゃ、ちょっとぐらい触らせてもいいんじゃないの」「・・・わかりました!じゃあ、ちょっとだけですよ!」私はスカートをちょっと捲くって触らす決心をした。
「じゃあ、お言葉に甘えて失礼!」痴漢おじさんはそう言うと、太ももの内側からスカートの中にゆっくり手を忍ばせてきた。
私はドキドキしながら、脚をちょっと開いておじさんの手を受け入れました。
おじさんは手はゆっくりと太ももの内側を触りながら、私のパンティーの縁に辿り着きました。
その手は意地悪くパンティーの縁に沿って、徐々にアソコに近づいてきたんです。
くすぐったいような変な感じで、私は思わず、「早く触って確かめちゃって下さい!」と言ってしまいました。
「ネエちゃん、そう焦るなよ!」おじさんは私を諌めるように言ってきました。
私は仕方なく黙って、おじさんが確かめるまで我慢するしかないと思いました。
おじさんの指はとうとうアソコに触れてきました。
それはちょうどクリトリスのあたりで、そこをゆっくり回してきたんです。
おじさんの太い指がクリトリスにコリコリと擦れて、私は思わずビクッってしてしまったんです。
でも、この行為はどうみても確認のために触っているとういより、指による愛撫です。
だから私は、「これって確認じゃないでしょう!?」と言って少しだけ身を引こうとしました。
「ネエちゃん、そうイライラするもんじゃないよ!あくまでも確認で触ってるんだから・・・」そう言って、おじさんはクリトリスを集中的に指で擦ってくるんです。
それも下着の上からクリトリスの皮を捲るように下から擦り上げてくるんです。
とうとうおじさんの指があそこに触れてきました。
「あぁ・・・」あそこの陰唇を拡げ、入口付近を太い指で弄るんです。
「何だ、ネエちゃんかなり濡れてるじゃないか!ビチョビチョだぞ!」「・・・・・」私は正直言って、クリトリスを触られたときに濡れてるのが自分でもわかっていました。
そして、今ではあんなに強く閉じていた脚がおじさんの触りやすいように開いちゃってるんです。
「じゃあ、もうすぐ静岡だけど、それまで約束通り好きなようにさせてもらうぞ!」もうダメでした。
私は体の力は抜けてしまい、火照ってて、おじさんの指の動きに敏感に反応しちゃうんです。
「あぁ・・・あんっ・・・」もはやおじさんは私の体を好きなように弄り始めました。
すると、おじさんは急かすように、私にパンティーを脱ぐように命令してきたので、素直に私は膝のところまでパンティーを下ろして、脚をかなり広げました。
おそらく私が窓側の座席でなかったら、他の乗客に見られてたかもしれません。
おじさんは私を抱きかかえるように腕をまわしてきました。
そして、指がゆっくりあそこに入ってきました。
「あぁ?ん、んんっ」おじさんの指が奥のほうまで入ってくるのがわかるんです。
「はぁぁぁ?ん」もう私は自分からおじさんに身を委ねて、素直に感じていました。
車内では高速を降りて、あと30分くらいで静岡駅に到着するアナウンスが流れました。
おじさんはそのアナウンスを聞いたからなのかわかりませんが、とうとう私のあそこに指をさらに1本追加して、2本入れてきました。
2本の指でも私はかなりきつかったのに、おじさんの指は太かったので、あそこはいっぱいでした。
「あぁ?ん、いやぁ」そしておじさんは、中でじゃんけんのチョキのように指を広げて回りの襞を刺激してくるんです。
「ここだろ!」とおじさんはGスポットを指で押してきました。
「あぁぁ?ん、ダメッ・・・」そこからおじさんは猛烈に指の出し入れをしてきました。
おそらく私がもうイキそうなのがわかったのでしょう。
気が付くと上着のボタンもいつの間にか外され、片方の乳房がブラジャーから露になってました。
さっきまで私抱きかかえるように回していた片方の手も今はその乳房の乳首をコリコリ摘んでいました。
さらにおじさんは指を鉤型にして、あそこに指を入れるたびにGスポットに当たるようにするんです。
その出し入れで、私はもう何回か軽くイッてました。
もう私は体には芯がなくぐったりおじさんにもたれていました。
「はぁ、はぁ、あぁ、あぁ」おじさんはさらに指の出し入れを早めました。
「ダメ、ダメ、ダメ、お願い・・・ダメ、イクッ、イクッ、イク?ッ」その瞬間、生温かい愛液が滴り落ちるのを感じました。
潮です。
私、恥かしいけど潮を吹いちゃいました。
「ネエちゃん、すげぇ?な!」私は呼吸が乱れ、自分のアソコがヒクヒクしてるのがわかりました。
そして、おじさんがゆっくり指抜くのがわかりました。
そのとき、私は自分でも信じられない言葉を呟きました。
「本物が欲しい・・・」 「痴漢・レイプ」カテゴリの最新記事 愛液乳首痴漢 「痴漢・レイプ」カテゴリの最新記事 太もも脚パンティバス痴漢愛液乳首車内唇下着


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
アユとの10年
2018/06/05 21:01
2018/06/05 21:01
先日、妻であるアユと付き合い始めから数えて10年目に突入した。 その記念に思い出を語ることにする。 付き合い始める前、当時私は働き盛りで、金は有るが特定の女性を決めずに毎日自由に遊ぶ、 つまる所、少し表現は古いが独身貴族を満喫している気楽な身分だった。 だから女友達のアユと遊ぶ時は、アユが欲しいといえば何でも買ってあげていた。 今思うとそれが当時のカレとの関係を余計に悪くしていたのかもしれないが、 アユのカレもまたパチンコでスっては私に生活費を借りており、 その流れでか、文句は特に言われなかったように思う。 「友くん!」 その日も玄関のドアをあけると元気に抱きついてくるアユ。 「またカレと…
バイブH 結婚前のカップルH体験最高のセックス
2015/12/12 23:00
2015/12/12 23:00



数日前のエッチがすごく良かったので、書かせてください。
私は23才、彼氏は31才で、来年結婚する事になってます。
しばらくエッチしてなかった私は、欲求不満が原因なのか不眠症気味でした。オナニーも、なんだか満足出来ず、彼にローターを買ってきてとお願いしていました。
彼の仕事が終わり、家にやってきました。彼は、茶色の紙袋を私に手渡し、「開けてみな」と言いました。私は、中身がローターだって分かってるし、なんだか恥ずかしくて。
「あとで一人で遊ぶからいいよ~こっちに置いておく」と言いました。
彼は、「はぁ?俺が今から、遊ぶのに。とにかく開けろ。」と言いました。私は、ローターにしては、ズッシリ…
【逆レイプ】Sな私の強制連続射精【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2016/10/15 16:18
2016/10/15 16:18
私の彼はどうやらMみたいで、私もSなので強制射精させてます(´∀`)初めて彼としたときはまだ彼がMだってこと知らなくて、普通にやってたんですけど、2回戦目が終わったあたりから何か彼の様子が普通(Mじゃない人??)とは違ってきて、やけに私に責めさせるんです。んで、私が「もしかして犯って欲しいの?」って聞いたら彼は「実は俺Mなんだ、ごめん」って言うんです。私はSですからもちろんOK!って感じになって、その時から射精責めをする事にしました。私とする時はかならず事前に一週間くらい溜めさせておいて、やるときとなったらもう本気です。初めはゆっくり1時間くらい立ったモノには触らないで彼を焦らしていって、そ…
【久しぶりのエッチ】元カレにパンティー触られて
2015/09/25 22:00
2015/09/25 22:00
私は今高1なんですが中学卒業と同時に別れた彼がいて、その彼は私とは全然位置的にもちがう高校に行ってて顔を合わせる機会はほとんどありませんでした。 今年の夏休みに、「久しぶり会いたい」ってメールが来て次の日の夜、たまたま親がいなかったので私の家にきました。 彼はつきあってた時と変わらない感じで、20分くらい高校の話をしていたらなんかエッチな話になっていっちゃって、彼が「俺らまだやってなかったよな」って言ってきたので「・・うん」って答えました。 するといきなり後から抱きついてきて(その時、彼は私の後にいた)私の胸をやさしく愛撫してきました。 びっくりして「えっ!」っていったら彼がパンツの上…
【レイプ・痴漢】海岸で人妻レイプ【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/06/13 13:23
2017/06/13 13:23
それは、会社が夏休みで静岡県の某海水浴場に三人で行ったときのこと。 昼間は海岸でゴロゴロして、女の子に声をかけたりして過ごしていた三人だったが、 夕食後、やっぱりレイプツアーに出かけることにした。 こういうときは凄いもので、夕食でもビールは一滴も飲まない。 若い男が三人でお酒を飲まないものだから、民宿のおばちゃんたちも変な連中だと思ったかもしれない。 民宿からいつものワゴンで出かけたはいいが、海水浴場の夜はそれなりに人通りが多い。しかも女の子はカップルかグループ。一人で歩いている女なんていないことに気がついた。 海岸でチュッチュしているカップルを襲うか、という話しもでたが、さすがにそれはやめ…
【痴漢・レイプ】会社の先輩に・・・【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/01/12 02:13
2017/01/12 02:13
463名前:会社の先輩に・・・1投稿日:03/01/1020:37ID:0aCvqDLF去年の今頃の話。 当時付き合ってた彼女と別れたばかりでオレは落ち込んでいた。そんなオレを見て気を使ってくれたのかいつも何かとオレを世話してくれる先輩のolが家に友達を呼んでパーティをやるから来ないかと誘われた。その先輩は綺麗で優しくて仕事のできる社内で人気がある先輩だった。もちろん悪い気はしなかった、むしろその気遣いが嬉しかったのでオレは誘われるままにパーティに行くことにした。パーティには先輩の友達という3人の女性が来ていた。464名前:会社の先輩に・・・2投稿日:03/01/1020:38ID:0…
バイト先の憧れの人妻と1つにつながったエッチ体験談
2016/02/05 18:18
2016/02/05 18:18
バイト先のバイト仲間の加奈さんと、色々あって深い仲になった。


加奈さんは人妻と言うこともあり、期間限定での恋人と言うことになった。




その期間中は、最高に楽しい時間で、心が通い合って愛し合っていたと思う。




約束の期間が過ぎて、加奈さんの旦那が出張から帰ってきて、恋人同士の時間は終わった、、、





俺は、それでもあきらめきれずに、いつか加奈さんを俺のモノにしたいという気持ちを胸に秘めたまま、以前のバイト仲間と言う関係に戻っていた。






濃厚な時間を過ごした後だったので、割り切れずに悲しい思いがあったのだが、加奈さんはすっかりと、何事もなかったように以前の…
【エッチ体験談】妻の妊娠中職場に入ってきた処女のOLと不倫関係になっています
2016/09/05 22:09
2016/09/05 22:09
妻の妊娠中に結婚して以来初めての不倫をしてしまった。




巷では妊娠中は不倫しやすくなると言われているが、



まさか自分までそうなると思ってもみなかった。




今まで何人かの彼女と付き合った事あるが、



自分は浮気もしたことがないタイプだったのに・・・



妻とは夜の生活が出来ない訳で、



まだ若い俺にとってはこの上なく辛い毎日。




それに妻がいるのでなかなか一人で処理なんてことも出来なかった。




風俗という手もあるのだが、田舎なもので風俗も遠くまでいかないとない。




そんな時、会社に由紀という新入社員が入ってきた。





由紀は同期の友達…
熟女ナースから積極的にエロ介護を受け、性欲処理してくれた
2016/07/05 11:06
2016/07/05 11:06
両手を骨折し入院してた時に
熟女ナースから性サービスをうけた
両手が使えないことで、不自由なことがたくさんあった。
ご飯も、うん…も、オナニーも、全て1人では出来ない。
小の時は看護士に息子を持たれ、尿瓶に入れられる。
たまに半勃ちの時もあったが看護士はそれには触れない。

若いだけあって毎日してたオナニーが出来ないのが苦痛であり、誰も居なくなった病室で彼女にフェラや立ちバックで抜かしてもらっていた
しかし彼女が仕事で1週間来れない時、美味しい思いに遭遇した。

担当していた看護士は4人。夜勤や休みなどもあり、だいたい4人が面倒を見てくれた。

美保さん…34歳人妻Dカップスタイル抜…
デリヘル3PでWフェラと中出しを堪能
2017/08/03 11:19
2017/08/03 11:19
デリヘルで溜まってたモノを思いっきり出してきました。 風俗での3P体験というものをしてみたくて、とあるデリヘルで女の子を2人お願いしてみました。 ちょうど3Pが出来る子がいるとのことで、ホテルの一室に入りました。 やってきたのはSちゃんとAちゃん。 2人とも人妻(30代近く?)ぐらいの感じでしたが、スタイルはまずまずといったところ。 ベッドに座り、自分の両側に2人を座らせました。 2人ともかなりエッチで、痴女に攻められているようでした。 「うわ、もう硬くなってる・・・」 Sちゃんがズボンの上からペニスを撫で、しごき始めました。 「どれどれ~?」 Aちゃんもペニスをぎゅっと掴…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・大雪のおかげで好きだった兄と結ばれました

・お互いのプライベートに干渉しない不倫

・【浮気】その名器に死角はなかった

・【人妻体験談】喫茶店で超ミニスカ制服で接客することになった主婦がお客さんのエッチな視線に晒されることに・・・

・【熟女体験談】可愛がってくれたデブなおばさん事務員が逆レイプするように激しく上下運動してきた筆下ろし体験

・旦那LOVEの人妻を落すテクニック

・【Hな体験】ずぶ濡れになった女子高生と車で雨宿り

・養子に出した息子が養子先を乗っ取り

・先輩女子のリクルートスーツに欲情した俺は・・・

・巨根を一度入れてしまえば女はもうお終いです・・・

・【初体験】初体験からずっと続いている従妹との関係

・【不倫】夫とセックスして初めて元カレの大きさを知った私

・【熟女体験談】垂れ乳爆乳な義母と公衆トイレで青姦SEXしていたら男がやってきたので、義母を犯してもらった

・妹のパンツを見た友人

・ウブなイケメン君を攻略しました

・ショートパンツを見ると

・【人妻体験談】悪魔の義弟がレイプするように罠を張ったら・・・

・後輩の奧さんに欲情して生挿入してしまったが・・・

・内定を餌に父親より年上の一流企業の部長に中出しされた

・【SM・調教】年上のOLを釣りに誘ってハメ撮り調教[後編]

・彼女の友達にいたずら

・彼氏とのSEXは相性が良くてエロエロ三昧

・妻が他の男性とセックスをする場面を・・・

・#結婚を考えてる彼女をトルコ人に抱かせてみたら

・人妻の先輩に誘惑されて種付けしました

・OLのメンズエステのバイト体験談

・【人妻体験談】人妻デリヘル嬢の面接に行ったら、店長にレイプされた

・【熟女体験談】魔女っ子ヒロインのコスプレをした妻に逆レイプされた

・【SM・調教】年上のOLを釣りに誘ってハメ撮り調教[前編]

・カラオケに行って、後輩の奧さんとキメセクした