寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

結婚式でベロベロに酔っ払った子を送り・・・

2018/01/12 14:02


私は、いけない女なのかもしれません。

短大を卒業したばかりの、OL1年生です。

一般事務をしていて、悪戦苦闘しています。

就職した初めての夏、私は新しい恋をしているのです。

彼氏は一応います。

短大時代からお付き合いしている、3つ年上の彼がいます。

「いずれは結婚しようね」と、

軽い話はしています。でも・・・・・。

盆を過ぎた8月後半のその日から、事は始まったのです。

私の会社に出入りしている業者さんの中に、

その人が来るようになったからです。

担当交代ということで、

その人が来社するようになりました。

その人とは・・・、

私の高校時代からの親友の美紀のお父さん(勝彦さん)なのです。今年44歳になった営業課長さんです。

美紀からは仕事先は聞いていましたが、取引している会社と思いもよりませんでした。

会議室にお茶を持って行き、その時初めて知り、お互いにびっくりしたのを覚えています。

ほんのしばらく話をして、その時は終わりました。

その後、何度か来社する勝彦さんは、「一度、ご飯でもどう?」と、誘ってくれたのです。

「もちろん、美紀には内緒でさ」と、念を押す勝彦さん。

なぜか私は、胸がドキドキしました。

高校時代にはよく美紀の家まで遊びに行ったものです。

おじさま、としてカッコいいな、とは思っていました。自分の父親にはないものを持っている気がしたからです。

週末の金曜日、正式に勝彦さんから食事のお誘いを受けました。彼との約束もあったのですが・・・・、うまくキャンセルしたのです。

しっとりと落ち着いた居酒屋に誘われました。お酒の弱い私ですが、ビールをジョッキで頼みました。世間話や美紀の事など、時間はすぐにたちました。

私はタバコを吸う女性ですが、勝彦さんの前ではどうしても吸えませんので我慢していました。

「美紀がタバコを吸い始めたんだよ」と、勝彦さん。。。

「ともみちゃんは吸うのかな?」

「吸います。いけない女です・・・・」勝彦さんは笑って、

「気にしなくていいよ。吸ったらいいのに」  

少しもじもじしていた私は、

「お言葉に甘えまして」かばんからメンソールのタバコを出し、1本いただきました。

「似合うよ。うん。かわいいね」と、勝彦さん。

私はすでにほろ酔い気分でした。それに気づき、勝彦さんは、私を支え、お店を後にしました。タクシーで家の近くまで送ってもらいました。

「ところで彼氏はいるの?」

頷く私。少し落胆したような様子の勝彦さん。。。その夜は、携帯番号とメールの交換をして、お別れしました。

その後、私は彼とのデートもあり、時間が作れませんでしたが、ある日、勝彦さんから相談を受けたのです。美紀の事との事でした。ウイークディの夜、喫茶店でお会いしました。

話していると、それはあくまでも口実で、私に会いたかったとの事です。

勝彦さんの笑顔を見ていると怒る気にもなれず、また世間話をしました。

その後、「公園を少し歩いてデートしてみないか、彼氏に悪いなあ?」と勝彦さん。私は喜んでお供しました。

勝彦さんは、私に社会の事や励ましの言葉を、いろいろと話してくれました。

私はつい嬉しくなり、勝彦さんの腕に自分の腕をまわしていたのです。

「いいのか?彼氏に悪いなあ」と、また勝彦さん。私は首を振りました。

腕を絡め、夜の公園をゆっくりと散歩しました。少し暗い所にベンチがあり、私たちは座りました。

「ともみちゃんが娘だったら、俺嬉しいのになあ」

勝彦さんの言葉に、私はごまかしながらも寄り添い、腕をさらに絡めていったのです。

勝彦さんは、そっと私の肩を抱き寄せてくれました。大きな胸板の中に、私は体を預けました。

抱きしめてくれる勝彦さん。とても安心したのを覚えています。

「ともみちゃん」

勝彦さんの声に、私は埋めていた顔を上げました。勝彦さんは少し笑顔で、

「キスしていいかな?」

私は頷き、目を閉じました。勝彦さんの唇がそっと重なってきました。

抱きしめながら勝彦さんは、私の唇を吸ってきました。

それに自然と応える私。

勝彦さんの舌が私の唇を割って口の中に入ってきました。

すごく安心できる優しいキスは、勝彦さんに全てを委ね、私の唇は力を失って行きました。

なんて気持ちいいキスなんだろう。。。。。舌と舌が絡み合い、勝彦さんがいとおしく感じました。

唇を離し、「ごめんね・・・」と、勝彦さん。首を振る私。勝彦さんの腕の中に、おさまる私。

「また会ってくれるかな?」  

頷く私。

その日も、タクシーで自宅近くまで送ってくれました。その間、ずっと手を繋ぎ、指を絡めていました。

その後は、お互いに自由な時間がとれず、夜の公園だけのデートだけでした。

その都度、勝彦さんは私に熱いくちづけを繰り返してくれました。

9月半ばになり、勝彦さんからデートのお誘いがありました。週末に、ドライブでもしないかと。。。。

その日は、彼と会う予定でしたが、彼には何とかうまく理由をつけて断りました。

重い生理が始まったから外出できないと。

生理が始まったのは本当でしたが、勝彦さんと会えないまでもありませんでした。

待ち合わせの場所で落ち合い、かなり離れた高原をドライブしました。

軽くお弁当も作り、勝彦さんと一緒にお昼にしました。勝彦さんはすごく喜んでくれ、私も嬉しかったです。

途中何度も車を止め、腕を組み歩きました。

長い階段では、私の手を引いて歩いてくれました。そして、人影ない所で、何度も熱いくちづけ。。。。

帰りのドライブウエイの駐車場の空いている一番奥に車を止め、後部座席に移り、ジュースを飲みました。

1本だけ買い、勝彦さんは私に口移しでジュ-スを飲ませてくれました。

おいしかった。。。。

彼ともしたことがない事が、勝彦さんとは自然とできている自分に少し驚いている私。

「好きだよ」と、勝彦さん。私は言葉が出ませんでした。

「彼には悪いけど、好きになったみたいだよ。。。」

そして、私を抱き寄せてくれたのです。熱いキスを受け、それに応えてしまう私。

勝彦さんの手が、私の胸にそっと触れてきました。少し拒んで見せる私。

優しくブラウスの上からなでまわす勝彦さん。

「だめっ・・・」

一瞬、勝彦さんの手が止まる。

「今日はだめ・・・・」

「そっか・・・。ごめんね。彼氏に悪いよね」  

強く首を振る私。

今日が生理であることをそれとなしに、勝彦さんに告げる私。

勝彦さんは納得してくれ、私の髪をなでてくれました。

「私の事が、本当に好き??」

「好きだよ」

「ありがとう・・・・・」と言い、私はそっと手を勝彦さんの股間へと伸ばしていました。

「ともみ・・・・」 

その頃には、私の事を勝彦さんは呼び捨てで呼んでくれるようになっていました。

「いいのか?」  

頷く私。

ゆっくり撫で回していると、勝彦さんのものが大きくなっていくのが分かりました。

勝彦さんの吐息が少し荒くなっていました。勝彦さんは自分でスラックスのジパ-を降ろし、トランクスの中から大きくなったものを取り出しました。

勝彦さんのものを指先に取り、顔を埋めていきました。

40代の人とは思えない大きさに少し驚きながらも、唇の中に勝彦さんのものをゆっくり含んでいきました。

いとおしい人のものを可愛がる様に、ゆっくりと愛してあげました。

「ううっ。上手だよ・・・」

やがて勝彦さんは我慢できなくなりつつあり、

「イッていい??」

頷く私。

「うっ」

私の喉元に、勝彦さんの熱いエキスが放たれました。全部出し切ると、私は全て吸い取ってあげました。

ゴクッ・・・・。勝彦さんのエキスを、私は飲んであげました。。。。

「飲んだの・」

頷く私。。。。

彼にも飲んであげたことのない男性のエキスを、私はその時初めて自然と飲んであげられました。。。。

その後日、私たちは、初めて結ばれました。。。。

勝彦さんの用意したシティホテルで。。。。。

もうこれ以上イヤ、やめて・・・・、という位、私の全身を愛してくれた勝彦さん。。。。

耳の中に舌を忍ばせ、指先から、足の指1本1本、指の間まで、愛してくれました。

乳首をスッーと吸われ軽く登りつめ、優しく時間をかけて大切な私のあそこを舐め回して、敏感になっているクリトリスをチュッと吸い上げてくれました。

勝彦さんの指であそこをゆっくりV字に広げられて膣の奥まで見られた時は、恥ずかしく少し泣きそうになりました。。。。

そして、勝彦さんは舌を長く伸ばし、膣の奥まで挿入してきました。

「あっ、イヤッ・・・・・」背中をのげぞりつつも、イッてしまった私。。。

目の前が真っ白になり、体の力が急に抜けていきました。

いとおしい人に私の全てを捧げているんだと思い、嬉しくもありました。。。

そして、勝彦さんは私の中に太く長いものを挿入してきました。

すぐに、またイッてしまった私。。。

その日は安全日だったので、「中に出していいよ」と、勝彦さんに言いました。

勝彦さんは、フィニシュを迎え、私の子宮奥にエキスを放ちました。

彼にさえさせた事の無いスキン無しの生の中出しを、勝彦さんから受けました。

私はなぜか嬉しくなり、ポロッと涙しました。。。。

私と勝彦さのとの間で、こうして秘密が生まれました。。。。

彼よりも勝彦さんの方がドキドキするし、いつも気になっています。

こうして…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
知らない男と妻が不倫するより・・・
2018/01/28 06:01
2018/01/28 06:01
私は43歳で最近性欲も減退し勃起力も弱くなり中折れもする様になり女盛りの妻35歳は少々不満気味でした・・・
子供一人12歳がいます妻が子供を産んでからは3ヶ月の間に1回有るか無いかぐらいしかSEXしていませんでした
私が自分から妻を誘うような事もしませんでした、妻からも私を求める事は今まで一度も有りません妻は処女でしたし
不倫していなければ私のチンポだけしか知らないはずです。
私は妻を本当に愛してます、しかし最近は妻を満足させてやれない自分に腹が立つのと、一体妻は他の男に抱かれると
どんな声を上げるんだろうかとか私とのマンネリSEXに飽きてこのままでは不倫もしかねないし、既に不倫してい…
睡眠薬レイプ3P
2017/05/11 15:01
2017/05/11 15:01
工場の仕事を終え、帰宅する駅の階段を下りた雄二は、いつもの様に「モンブラン」 と書かれた喫茶店に入った。 そこに勤める玲子と、その彼女を目当てに入る客たちを見るためだ。 大学生の玲子は、肩まである栗毛色がかった髪を横にピンで留め、愛くるしい笑顔を 振りまいている。 その美しさは、モデルになれるほど際立っていた。最近のテレビに出てくるタレント などより美しい。 他の客との会話から、実家は静岡で、東京の大学に通うためアパートに一人住まいを していることが分かった。 一時間ほど店にいた雄二は、アパートに帰ると風呂の用意をして銭湯へ行った。 帰りにラーメン屋でビールを飲み食事をし、アパートへ…
家族旅行で乗った船の上で他人の肉棒に犯されたいけない人妻【エッチな話告白】
2016/02/02 08:03
2016/02/02 08:03
34歳の子持ちの主婦です。
去年の夏、伊豆七島のある島へ家族で遊びに行った時のことです。
はじめて船旅で良くわからずに、とりあえず手頃な価格だった
2等の乗船券を買ったのですが、まるっきり雑魚寝でした。

人1人が横になるのに丁度くらいの広さに区切りの線のような物が
引かれてるだけで、そこに毛布を借りてきて、広い部屋に皆が横に
なって寝るんです。


私も、パパ・娘・私と川の字で横になりました。
寝相が悪い私は、パパに寝ぼけて転がるなよ?などと
言われながら横になりました。

はしゃいでた娘がまずねむりについて、その寝息を聞いていた
パパが軽くいびきをかきはじめたあたりで、私もねむりにつき…
【体験談】女友達の家でオナニーを見せるためにテコキしてもらえることになった
2016/07/13 21:30
2016/07/13 21:30

青春時代に
女友達の家にお呼ばれして手コキしてもらったエロバナです!

処女の友達2人に射精の実物を見せるってことで、最初はオナニーを要求されたが得るものがないので断った。

そうすると立場的に「そうですか、ならば止めましょう」と言うわけにはいかなくなった女友達が手でならいいよと譲歩。



友達2人もクラスメイトなので相当恥ずかしかったが、童貞の俺は手コキの誘惑に逆らうことは出来なかった。



3人は普通に服を着ていたが、さっきまで見ていたらしいAVがおかず代わりに再生されることになった。



トラ…
【近親相姦体験告白】息子の友達に 4
2015/12/12 21:28
2015/12/12 21:28
 鹿島君はさらに激しくピストン運動を始めて、ピシャッ!ピシャッ!と腰を打ち付ける音が響きました。私のおしりがクッションになって、腰を弾ませながら、鹿島君は激しくペニスを深くオマンコに突き刺してきます。子宮をおちんちんの先で何度も叩かれて、「あぁ!・・・ああ!・・・んん!・・」 と大きな喘ぎ声が勝手にでていました。頭が真っ白になる気分でした。「ああ!・・・はぁああ!・・・はぁああ!」「おばさん。気持ちいいの?・・・」 私は喘ぎながら朦朧とした意識の中で絶対に言いたくないと思いました。すると、鹿島君は急に腰を動かすのをやめてしまいました。急に荒波のような快感から引き離されてしまい、私はどうした…
28歳年下の若くて綺麗な妻を寝取らせた話
2016/10/24 14:02
2016/10/24 14:02
恥ずかしい話ですが、妻と私は28歳年が離れています。

(妻27歳、私55歳)

自慢ではありませんが、妻は社内でも1・2を争う位、

美人で抜群のスタイルの持ち主でした。

資材部で私が部長、彼女が事務と言った関係だったんです。

初めは、美人女性が配属されたなぁ・・・

程度にしか思って居ませんでしたし、付き合うなんて

考えた事もありません。

(親子位の年の差ですから)

当時私は、妻と離婚しバツイチで、

再婚など出来る筈もないと思っていました。

彼女・・・仕事は真面目、でもミスが多く先輩から怒られる毎日。

まぁ天然キャラ?って感じですかね。

彼女を見ていると守ってあげたくな…
ついにアナルに彼のものがプヌッと【人妻不倫体験談】
2018/03/17 23:10
2018/03/17 23:10
久しぶりに連絡がありました。毎日、顔だけは合わせますが、誘ってもらえませんでした。

私も、「いけない事」だと、分かっていますので、誘って欲しいような、誘われない方が良いような、複雑な気持ちです。


土曜日のお昼過ぎに会うことになり、待ち合わせ場所に少し早く着くと、珍しく彼の方が先に来ていました。

高速に乗って、少し離れた町のイタリアンレストランへ行き、その後、やはりホテルに車を入れました。


昼間なのに駐車場は、ほぼ一杯で部屋のパネルも3つぐらいしか付いていません。

部屋には、大きなテレビとベッドしかありません。

「シャワーをしてきます」と言うと、「一緒にはいろ」と彼も裸になります…
28歳の人妻と【エッチ体験談】
2016/02/11 18:43
2016/02/11 18:43
5:名無しくんID:poDF64Rd3立ったからとりあえず書いてく8:名無しくんID:poDF64Rd328歳の人妻との体験 俺24歳 フツメン しいて言えば鼻が高いぐらい 会社員 人妻 28歳 2人の子持ち 小柄 Bカップ 三船美佳似 出会い系で知り合った28歳の人妻(三船)と仲良くなり会うことになった 出会い系で会うなんて基本は下心いっぱいなわけだが 会って自分の部屋(一人暮らし)に一緒に行って部屋に入った瞬間からギュッって抱きしめたら 「早いw」と軽くあしらわれた 焦ってはいかぬとり…
南国で現地ガイドに可愛い女の子を紹介してもらって
2017/07/08 22:19
2017/07/08 22:19
私が、海外旅行をした時の体験をお話しします。 飛行場からホテルまで送ってくれた現地のガイドが、「可愛い子を紹介する」と言い出した。 (さっそく来たな)と思った。 ガイドの稼ぎより観光客相手の紹介料の方が、桁違いにいいのは知っている。 ホイホイ飛びつくと足下を見られて吹っかけられるので、関心の無いようなフリをして連絡だけは取れるようにしておいた。 ホテルに着いて、バスに入ってまずは汗を落とした。 それから久しぶりの異国の匂いというか空気の違いを感じ、大好きな旅に出たことを改めて実感した。 ホテルの周りをぶらつき、市場でバナナやマンゴを買って、当地で食べる果物のおいしさを再確認。 …
1年前にセックスした女から子ども産まれたからDNA検査して欲しいって連絡あったんだが
2018/06/27 11:45
2018/06/27 11:45
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・飲み会でお持ち帰りしたら僚の彼女って打ち明けられ仰天した話1

・40歳のヌード

・【熟女体験談】同級生の家に性奴隷家政婦として働いていた母に目隠しして近親相姦SEXをした息子

・大塚愛似のかなり可愛い女友達

・超美人のOLを鬼のように口説いて中出しさせてもらった

・男のオモチャの様に扱われた日々

・【Hな体験】防音の放送室に呼び出されて[前編]

・酒を利用して寝取った

・【SM・調教】女子校育ちの処女を俺好みに育成

・【男×男】玉無しニューハーフに開かれた禁断の世界

・嫁を寝取っていたのは俺だった?終り

・【熟女体験談】隣のデカチンな黒人と4p乱交していた寝取られ妻

・嫁を寝取っていたのは俺だった?終

・フィギャアスケート部員で男は俺一人

・【人妻体験談】インポになった夫のせいで、痴漢レイプされた相手に再度レイプを望む欲求不満な妻

・凌辱犯罪被害者の貧乳恥辱ロリ女と結婚した経緯

・ウブな女の子から大人の女に

・【Hな体験】やることなすことすべてがエロい人、みーつけた!

・軽いエロ遊びをSNSに書き込みしてみた

・思い出のお姉さん

・【人妻体験談】変態で下品なプレイを妄想し、実現させたくなるムッツリスケベな専業主婦

・【熟女体験談】超爆乳のホルスタイン熟女のナンパに成功し、パイズリやおっぱいビンタなど色んな超爆乳プレイを楽しんだ

・親友の息子と愛し合う日々

・□妻からの昇進のお祝いは、元カレとのセックスでした3(転載禁止)

・職場の先輩 大学時代

・36歳の巨乳処女OL(再修正版)

・会社の会議室はラブホ替わり

・【不倫】初めての不倫セックスで初めての潮吹き

・【人妻体験談】同居している息子の嫁のパンチラや乳首チラに我慢出来ずに禁断の寝取りをしてしまった父

・【熟女体験談】年下社員と下品な淫語を叫びながら本能のままにSEXをするパート主婦