寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

営業所の佐藤さん(1)

2018/01/12 03:18


当時、俺は入社2年目、相手は3つ先輩の営業事務。当時勤めてた会社は関東に幾つか拠点があり、
その中でも「○○営業所の佐藤さん(仮名)」と言えば誰でも名前を知ってるくらい綺麗な人だった。
割りと上品ぽい雰囲気で、目立つような派手さはないが、話し掛けると後輩にも笑顔で優しく接してくれた。
俺は当時学生の彼女がいたが、飲み会とかで誰が好みか議論になると
「おれは断然佐藤さんがいい!」
「じゃあアタックしろよ、絶対無理だから」
「えー、そうかなー」とか言って楽しんでた感じ。恋愛感情には至らなかった。
その話は本人にも伝わったけど、実際は彼氏いたし、まぁ俺もたまに話してホンワカした気持ちになる程度だった。
所謂『高嶺の花』という感じ。
そして、俺が2年目の終わりの3月に、佐藤さんは寿退社することになり、その送別会での事だった。
佐藤さんの彼氏は、会った人に言わせると俺に似ているらしかった。
酔った勢いもあって
「佐藤さん、もしもっと早く知り合ってたら、自分が佐藤さんと付き合ってたかもしれませんよね!」
そしたら「そうだね」なんて言うものだから社交辞令とはわかりつつも、送別会では最後まで
「あ~、もっと早く知り合ってれば~」
ばっかり言って、まわりから「何勘違いしてんだ。馬鹿じゃない」とかいじられながら、雰囲気としては楽しくお開きとなった。
スタートが遅くて、店を出た時は電車はなかった。
当時は今ほど飲酒運転が騒がれてなかったこともあり、帰る方向が同じ同士で何台かのクルマに別れて帰ることになった。
俺は飲んだ勢いもあり、
「佐藤さんは自分が送ってきますよ!」とみんなに宣言。方向は全然違ったけど。佐藤さんは意外とあっさり「じゃあお願いね」
回りの奴らは「最後だからな。まぁ事故だけ気を付けろよ」とか「おまえもしつこいねー。佐藤さん実は迷惑なんじゃねーの?」とか言ってた。
とりあえずクルマ発進。
内容は覚えてないが、取り留めのない話をしてたと思う。途中でコンビニに寄った。
「酔いざましで、冷たいもの買ってきますよ」
「あ、あたし」
二人してコンビニへ。肩を並べて買い物してると、(佐藤さんと、こんなデートみたいな事したかったなぁ)っていう思いが沸いてきた。
クルマに戻り、また走らせてる最中に、ちょっと迷ったけどダメだったら酒のせいにしようと覚悟して
「佐藤さん、結婚する前に一回デートして下さいよー」
当然のように答えは「えー、ダメだよ。明日から早速忙しいしね」
「ちょっとだけでイイっすから。でもヤバイですかね、やっぱり」
「うん。それより彼女とうまくやりなよ」
「うーん…、そうですかぁー」
この辺は、飲み会の延長で軽い感じ。雰囲気が変わったのは次の会話からかな。
「なんか、佐藤さんと二人だけの思い出が欲しいなぁー、なんて」
「思い出?私と?そうだねー、最後だしね」
この時点で、なんかありそうな雰囲気が出てきた。と、俺は思ってた。でも、どうしたら良いかわからず、その後は二人とも無言。
一気に緊張して、心臓はバクバク状態。何を話していいかわからなかった。
でも、佐藤さんの実家があるマンションはだんだん近づいてくる。
助手席の佐藤さんも何も喋らず、時々俺の顔を見て様子を伺ってる。ヤバイ!もうすぐ着いちゃうよ。
仕方ないから「あのー…、ちょっと止めていいですか?」多分声は震えてたと思う。
うまい具合にクルマ通りの少ない道の路肩に止めた。とりあえず残ってた飲み物を飲んだり、溜め息ついたりしてたけど、
次の展開がわからない。
すると佐藤さん「どうしたのぉー?(笑)」
俺の顔を覗き込む。
「え?…いや、お、思い出をですね…」
「?思い出?」
「はい」また無言。
「えー?ほんとにー?で、どうするの?」
もう、勇気を振り絞って言った。
「ダメならダメでいいんですけど…。えーと、キ、キスさせて下さい。」明らかにひきつった笑いを浮かべながら。
「あはっ、キス?うーん、いいよ。」
なんとオッケー!「ほんとにいいんですか?ほんとに?」
「うん。でもちょっとだけだよ」ニコッと笑いながら体を俺の方に向き直す。俺も助手席の方を向く。
佐藤さんはまっすぐ目を見てくれるんだけど、俺は照れ臭さと緊張で目を見たりそらしたり。
「やだー、どうしたの?」笑いながら俺の肩をたたく。
「えーっとぉ、じゃあ」とか言って佐藤さんの肩あたりに手を添える。
「手、震えてるよ」
「すいません。。。」
少し体を寄せると佐藤さんが目を閉じた。そのまま唇をそっと合わせる。
緊張で何が何だかわからなかったけど、そのままジッとしてるとだんだん落ち着いてきた。

舌を入れて、もっと激しくしたい。でも、なかなか勇気が出ない。肩をつかんでた手に力を入れ、グッと抱き寄せる。
すると、佐藤さんは唇を離し、軽く俺の胸を押して距離をとった。マズかったかな、と不安になる俺。
佐藤さんは、俺の両手を握り、下を向いたまま。何も言えないでいると、佐藤さんが顔を上げて俺の目を見る。
俺は多少落ち着いてたけど、衝動的にもう一度キスをした。
またそのままでいると、佐藤さんは俺の手を離し、首のあたりにまわしてきた。俺の顔を支えるようにし、次の瞬間舌で俺の唇を軽く舐める。
俺もそれに答えるように舌を動かす。
ディープキスと言うよりも、互いの舌先の感触を確かめる感じ。
興奮してきた俺は手を佐藤さんの背中から少しづつ下へ。脇腹あたりをブラウスの生地をさするように撫でていると、
その手をよけるように体をわずかに動かす。
強い抵抗ではなかったので、手を腰骨にあてがいゆっくり動かす。

「ん、」と言う声がふさいだ口から何度か漏れる。
そうこうしてると、唇を離し、「もう終わりにしよ?」
俺はえっ?て思いながら仕方なく「あ、はい。すいません・・・」
性的な興奮もあったけど、同時にいとおしさも込み上げてきて、もう会えないかと思うとマジでつらくて泣きそうになった。
多分、涙目になってたであろう俺の顔を見ながら佐藤さんは、困ったような慌てたような感じで
「ごめんね。でもこれ以上はいけないでしょ?わかるよね?」
「わかります。でも‥‥」
「でも?」
沈黙する佐藤さん
「気持ちはうれしいけど、私もう結婚しちゃうから、これ以上は何も起きないよ。」そんなこと改めて言われるとますます悲しくなった。
「もー、どうしたの?しっかりしなよ!」
「はい」
見兼ねたのか佐藤さんは「まだ何かあるの?」
「……あの、ほんっとに何もしませんから……朝まで一緒にいてください」佐藤さんはしばらく黙ってたけど「ほんとに何もしないよね。約束だよ」
ちょっと困った様子だけどオッケーしてくれた。ほっとした俺は、笑いながら「ありがとうございます!」

純粋にうれしくて、何もなくてもまぁいいや、と思った。そして適当にクルマを走らせ、最初に見つけたラブホへ。
そこは部屋がコテージみたいに独立してて、空きランプの部屋に勝手に入るとお金を精算するまでドアが開かないタイプ。
駐車場から部屋までのわずかな距離の間、佐藤さんはなぜか俺の腕につかまって寄り添ってきた。

営業所の佐藤さん1  2  3







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
露出のS(9)
2017/05/27 03:04
2017/05/27 03:04
その日は一晩よく寝付けず、うっすらと明るくなる窓を見つめる。完全に寝不足。 まぁ今日は金曜日。日一日耐えれば明日お休み。と、寝るのをあきらめてシャワーを浴びる。 朝ごはんを食べていると、父が珍しく笑顔。両親は今夜から夫婦で旅行に行くとのこと。 なんだか会社から賞を貰ったんだって。じゃぁ今夜はバカ兄貴と二人っきりか。 兄貴のことは別に嫌いじゃない。前も両親が実家に法事に逝ったときに二人で留守番したとき、格闘ゲームで一晩徹夜するくらいの。その程度の仲良し。 ただその兄貴は友達と麻雀の約束をしていたらしい。両親からきつく二人で留守番するように言われて、20も過ぎてるのに口を尖らせてふて腐れ…
かなりヘタレな内容ですが、いちおう寝取られです
2015/10/17 22:11
2015/10/17 22:11
かなりヘタレな内容ですが、いちおう寝取られです。
今年の3月から4月にかけての話です。

書くことで楽になりたいという思いで書く。

まず自分の基本スペックから話す。
都内の大学、理系の学部3年(3月の時点では2年)。




顔は、えなりかずきをもう少しシャキッとした感じを想像してもらえばいいが、要するに見るからに真面目なキャラで通っている(´・ω・`)

出会いもなく、これまで付き合ったことなし。

オタ趣味とかはないが、最近はオンラインゲームを少しやっていた。

彼女とはそのゲームで出会った。
ぐいぐい引っ張ってく性格で、最初ネカマかと思った。
ゲームの中で僕は、彼女に振…
バイト先の女子にリードされて中出し
2016/09/05 08:09
2016/09/05 08:09
667 :えっちな18禁さん:2008/11/20(木) 19:18:49バイト仲間でやたらとオレになついてくる女子高生がいたんだけと。 一人暮らしのオレのアパートによく遊びに来ていた。なんかオレに気があるのは 解っていたんだけど、何度見てもブスだから変な気は起こさないようにしていたんだよね。  669 :えっちな18禁さん:2008/11/20(木) 19:34:16 だけどね!勝手に毎日の様に遊びに来てはオレを挑発するんだよ。 わざとノーブラで来たり、下ネタ話したりする娘で、勝手に風呂まで借りていく。 ついオレが「もしかして誘ってる?」…
弟がデリヘル嬢を妊娠させたらしい【エロ体験】
2016/06/23 08:53
2016/06/23 08:53
スペック

弟、大学生、20歳。

あたしは近くにアパート借りて住んでるので実家は父、私、弟、祖母の三人暮らし。

うちは家庭の事情で母は昔からいないので、婆ちゃんと私、父、弟で生活していた。

婆ちゃんっ子&シスコンのため、弟はかなりの甘ったれに育ってしまった。


でもなんだかんだで三流大学に入学し、それなりにキャンパスライフを楽しんでいるらしく、私は私で独立して彼氏と半同棲しているため、たまに連絡とるくらいの関係になっていた。

弟が2か月ほど前の夜中、突然訪ねてきた。

弟:上がっていい?

私:どうした?急に。

弟:いや別に大した事じゃないんだけど。

とりあえず、部屋にいれて話…
男友達とちょっぴりHな関係に【エロ体験談】
2017/03/22 07:32
2017/03/22 07:32
彼女に振られたと付き合いが長い男友達から電話が来た。

それで、一人でやけ酒飲むのも寂しいから
一緒に付き合ってくれって。

失恋の慰めに女を呼ぶのもどうかと思ったけど、
店で飲むらしいからOKしました。

居酒屋に行っても自分はアルコールが弱いので
ほとんど飲まずシラフでした。

男友達は当然ながら飲みまくり
酔ってました。


一人で返すのも心配なので、
彼の部屋まで送ったけど、
とりあえず警戒してバッグを肩にかけたまま立ってました。

彼がソファーにでも寝転んだら帰るつもりだったけど、
居間の入り口で立ち話を始めました。

話してるうちに「彼女を一度も抱かずに終わった」とか言い出しまし…
【痴漢・レイプ】拘束目隠しでグショグショ【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2016/10/25 09:43
2016/10/25 09:43
先日僕の誕生日ということで、平日ではありましたがホテルを予約し、彼女と変態チックな夜を謳歌してきました。その日はホテルに到着する前からレイプ願望というか、彼女を目茶苦茶にしたいという思いと妄想が膨らみ、まだ彼女に会ってもいないのに股間はいきり立って鼻息も荒くなっており、(彼女の仕事の終了時間の関係で)先に1人でチェックインした僕はオナニーをしなければ気が変になりそうでした。実際そのオナニーでは目茶苦茶な量のザーメンを出してしまい、少し後悔しました・・。ちなみにその時は思いつきで、彼女に対して使うために持ってきたピンクローターを裏筋(カリの裏)にあて、そのローターとチンポを手のひらに包み込んで…
■旅行先で大胆になった人妻の告白
2018/04/14 22:33
2018/04/14 22:33
 32歳の主婦です。実は、沖縄の離島に行っていました。そこでの体験です。私たち夫婦はダイビングという共通の趣味があるので、年に一度は潜りに行くのですが、今回お願いしたショップは少人数制で、その日は私たち夫婦と高校生みたいな男の子の3人だけでした。

 その子は、見た感じは17,8歳。ひょろっと細いのですが、良く潜っているのか髪の毛は海焼けしている感じで、色も黒く、身体も締まっていました。彼は、同じダイバーでもうちの亭主の様なブヨブヨ君とは大違いでした。

朋子と漫画喫茶
2017/08/21 01:28
2017/08/21 01:28
【レス抽出】 対象スレ:職場であったエチーな体験談Part8 キーワード:R1y3OjLY0 たしか9月頃のはなし。 7時くらいに一人寂しく家に帰っていたんだが、朋子先輩(26)と駅で偶然一緒になった。 俺は一人暮らしでほとんど外食かコンビニ弁当ばっかり食ってたから、 思い切って食事に誘ったらOKがもらえた。 俺の職場には200人くらい女が働いているんだが、ベスト3に入るくらいの美人。 その日は台風がきててちょうどピークが食事の時間とかぶってたからかもしれない。 2時間くらいお好み焼きを食って、駅に向かったら朋子さんの乗るはずの電車が止まってた。 外はちょっと肌寒かったから、ファミレスで時間…
愛内里菜恋人とのエッチ
2017/10/20 02:28
2017/10/20 02:28
夏休みも佳境にさしかかったある日… いつものように、自分の家の部屋から漏れの部屋にドタドタ 入ってきた里菜ネエ。 里菜ネエ「元気??」 漏れ「元気じゃない。夏休みがもう終わると思うと憂鬱だ」 里菜ネエ「まだ若いんだから、たった一年の夏休みなんて、大したことないやん? それより、今日は渡すものあって来たんよ」 漏れ「何?」 見ると里菜ネエが、小さな包みを漏れに差し出してきた。 漏れ「えっ?何?」 小さな包みを受け取り開けると、中に小さな輪が入ってた。 取り出してみると、シルバーリングが入ってた。 漏れ「えっ?シルバーアクセじゃん!漏れ、こういうの好きなんだよな」 里菜ネエ「あんた、もう…
【人妻・不倫体験談】友達の叔母さんが・・・2
2017/04/04 03:59
2017/04/04 03:59
 先輩の1人が携帯で誰かを呼びだしたようで、叔母さんの耳元で何かを言ったみたいだが俺には聞こえなかった。  すると、叔母さんは「それだけは・・ダメよ」と言うのが聞こえた。 それから10分ぐらいしてもう一人の叔母さんが  現われた。 そのまま奥にいって2人の先輩がまたその人にも同じように媚薬で犯しだした。 5分したら立ちバックのまま  現われた。 俺は自分の目を疑った。 2人目の叔母さんは2軒隣のK叔母さんだった。 2人の叔母さんが目を合わせた瞬間に  叔母さん達は青ざめたが、それを楽しむかのように先輩たちは嫌がる奥さん達に媚薬を使ってあh楽しみはじめた。  そして、10分後に…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・しかもナマ・・・

・年上新入社員の麻美

・ロリコン

・男2女1で酒の勢いで3Pした

・痴漢じゃないです~

・【熟女体験談】物凄くエロくて素敵な淑女のアヘ顔があまりにもエロ過ぎて中出し射精

・ツーショットで卒業間近のJKと

・【人妻体験談】ヤリマンビッチで馬鹿な母乳幼妻と出会い系で知り合い中出しフィニッシュ

・小料理屋の女将と関わったアレコレな話

・【レイプ】学校一の美少女を眠らせて縛って

・OLが股を開き気味に脚を投げ出して寝てた

・某サイトに割り切りで募集をした体験談

・遠距離の彼女と会いに行く前の晩に巨乳の先輩と

・射精で暴れるおちんちんを口に収めておくのが大変・・・

・【人妻体験談】ハミケツTバックの人妻を公衆トイレに拉致って中出しレイプ

・【熟女体験談】レントゲン撮影の時にビキニパンツに興奮して逆痴漢してきた熟女ナース

・自分でも知らなかったスケベな私の体

・【SM・調教】終わらない絶頂地獄

・人妻の男あさりが止められません

・飲み会でお持ち帰りしたら僚の彼女って打ち明けられ仰天した話1

・40歳のヌード

・【熟女体験談】同級生の家に性奴隷家政婦として働いていた母に目隠しして近親相姦SEXをした息子

・大塚愛似のかなり可愛い女友達

・超美人のOLを鬼のように口説いて中出しさせてもらった

・男のオモチャの様に扱われた日々

・【Hな体験】防音の放送室に呼び出されて[前編]

・酒を利用して寝取った

・【SM・調教】女子校育ちの処女を俺好みに育成

・泥酔女の話しを一つ

・【男×男】玉無しニューハーフに開かれた禁断の世界