寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

一晩で3人に

2018/01/12 03:56


18歳で就職し、19歳で1人暮らしを始めました。
親には秘密(ばれていたと思いますが)でしたが、初体験した2歳年上の彼が週1~2回泊まりに来ていました。
彼が泊まった番は朝までHしていましたが、イクっていう感覚を覚えた事は1度もなく、彼が疲れ果てて眠るその真横で、それまで経験のなかったオナニーをする事が常になりました。
彼はHがあまり上手ではなかったかもしれませんが、私は心から彼を愛し、言われるがままに全てを受け入れ、ナマフェラもし、彼の精子も飲みましたし、お尻の穴への挿入も許しました。
でも、ナマだけは絶対に拒み続けていました。
 仕事は主に毎日午前・午後と2回来社される取引先の方の対応を一手に引き受けています。と言うより、それしかさせて貰っていませんでした。
取引先の方が帰られて1時間もすれば暇を持て余す毎日で、元々お喋り好きな私は取引先の方が来社されると30分近くは世間話ばかりする毎日です。
取引先の方は10人位のオジサマが日替わりで来社され、その内7人とは会社の上司・同僚以上に親しくなっていたのです。
暮れに20歳になる誕生日は週末に重なるので彼のお泊りを期待していましたが、出張で来れないと断られ、その事をウッカリ取引先の方に話してしまったのです。
翌日、誕生日にお誕生会をオジサマ達がひらいてくれる事を告げられ、断れなくなったのでした。
出席してくださった方は50歳代が1人、60歳代が2人の3人でした。
みんな私の両親より年上。
それに私より年上のお子様がいらっしゃる方々でした。
 私はお酒にとても弱く、トイレも近くなり易い体質でしたので、乾杯から20分刻みでトイレに行く羽目になりましたが、1時間を過ぎた頃にはスッカリ千鳥足で、最年長のAさん(64歳)がトイレに連れて行ってくれました。
男女入口が別々でしたが、Aさんは個室まで付いて来て、2人で入ったのです。
完全に酔った私は彼に何度も放尿・脱糞を見せた事もあったので違和感なくジーンズとショーツを降ろし、オシッコを始めてしまいました。
そのころAさんは黒々とした半立ちのペニスを取り出すと私の口の中へ入れて、私の頭を押さえてきたのです。
ペニスは瞬く間にカチカチになり、私を立ち上がらせ、左足を持ち上げるとオシッコで汚れたままの所にネジ入れてきました。
初めてナマで入れられてしまいました。
何度か突き上げられて、結構気持ちが良くなり、腰が動きかけた頃、初めて自分の置かれた状況を理解しました。
一生彼にしか許さないと決めていたのに・・・それから抵抗を始めましたが、もう遅すぎでした。
手で撥ね付け様としましたが、逆に唇を奪われ、舌を絡められるとそのテクニックに力まで奪われて、どれ位されて居たのかも判らない程されるがままでした。
最後は便器に出して終わってくれました。
Aさんと2人で席に戻りましたが、経過した時間が時間だけに、すっかりバレバレだったと思います。
Bさん(62歳)は私とAさんに対し、交互にからかう様な質問をしてきました。
俯くだけの私も真ん前でAさんは「あいは思った通りオッパイがデカかった。でも、年の割には垂れ過ぎだし、乳首が真っ黒すぎだよ。中出しは拒まれたけど、ガバガバで、あんまり締りは良くなかったな。」と、完全に暴露されまくり、その内にまたもトイレへ千鳥足で…今度は1人で向かいましたが、背後からBさんが付いて来ていました。
個室の内開きのドアを閉め様とした時、必死の形相のBさんが入り込んで、ドアにロックをされました。
AさんとはHしてしまいましたが、あれは不可抗力で、求めたHじゃなかったのに、Bさんは勘違いをして私がだれとでもHする娘だと思っている様でした。
必死で拒み続けましたが酔ったか弱い女の子では太刀打ちできません。
知り合い相手だけに声も出せずにいました。
Bさんは私の右の脇の下から腕を入れると、私を抱きしめながら私の左手首を掴み、完全に自由を奪われたままベルトを外され、ショーツが露わになるまでジーンズを降ろされ、耳やうなじに愛撫されながら、ショーツ越しにクリを刺激されました。
嫌で嫌で仕方がないのに、クリへの刺激に合わせる様に腰が動き出し、暫くするとショーツごとジーンズを床まで降ろされ、右足だけ靴事脱がされると、回れ右させられると便座に両手を着かされ、お尻を突き出さされ、既に濡れていたオマンコを舐められ、舌まで入れられました。
ブラウスの裾から両手を入れられるとブラをずらし、敏感な乳首を弄られ、力が完全に抜けた私は便座に額を押し付けていました。
 後はBさんが勝手に背後から突いてくるだけです。
嫌だけど、とっても大きいペニスで、子宮まで突き上げられる様な感覚を初めて味わい、何度もイカされました。
これがイクって言うものだと初めて知りました。
流石にBさんとのHでは疲れ切ってしまい。
お誕生会はお開きになりました。
Cさん(54歳)は車で来ていたので、終始お茶を飲み続け、AさんとBさんと共に私も送っていただく事に。
車に乗るとすぐに寝てしまい、Aさん・Bさんが車を降りた事さえ知りませんでした。
以前にCさんに大まかな私の住まいを話していたのだと思います。
Cさんに揺り起こされた所はアパートのすぐ傍でした。
常に多くの方が無断駐車に利用している空き地にCさんは車を止めると、1人では歩けない程に酔い潰れた私を抱きかかえ、アパートの階段を一緒に上がってくれました。
うろ覚えでしたが、覚えていたのはそこまででした。
 何とも言えない快感に意識が戻ると見慣れたロフトの天井が見えました。
本当に何とも言えないとしか言い様のない気持ちの良さは私の中で何かが動いている物があったからなのです。
しかもお尻の中に。
何とか頭を起こすと全裸になったCさんが、全裸の私の腰を抑えてお尻でHしていました。
「チョットCさん、何してるんですか。止めて下さい」と声を出した途端、お尻が締め付けたのだと思います、Cさんはお尻の中に射精しました。
枕元の目覚ましは既に午前2時。
お店を出たのが10時頃だったはずでした。
「あいちゃん気が付いた?」何とも間抜けな声をかけると、お尻から萎んだペニスを抜き、私に覆いかぶさると乳首を愛撫し始めました。
「Cさん何をしてるの?止めて下さい」敏感な乳首でしたから、声も途切れがちでしたが、酔いが醒めておらず呂律も回っていないのも判りましたが、何とか言い切りました。
「あいは乳首が敏感って本当なんだね。仰け反り出したよ。2回ともマグロだったからつまらなかったよ」いつの間にか呼び捨てになっていた。
「2回?」「そう。2回したけど、気付かずに寝ていたね」どこか自慢気である。
「1回目はどこに出したの?」不安が脳裏をよぎりました。
「オマンコに決まってるじゃないか!」「ゴッ、ゴムは?」もう脳裡は不安だらけです。
「そんな物持っているか。あいは持ってるか?」ショックでその後の会話も上の空です。
右手をオマンコに導かれると、妙なヌル付きがありました。
その臭いを嗅ぐと間違いなく精子の独特な臭いです。
抗議しようにも言葉が見当たらずにいると、愛撫を再開され、敏感な乳首は私を仰け反らせ、卑猥な声を出させ、更にオマンコを濡らしました。
Cさんは私を抱き起すと、それ程大きくもないペニスを口に押し付けます。
ウンチ臭く、拒んだのでしたが、鼻を摘ままれると息が出来なくなり、苦しくて口が緩んだ瞬間に無理やり臭いペニスを入れられました。
頭を押さえつけられ、無理やりフェラをさせられました。
出来るだけ舌を触れない様にしましたが、膨らむに連れて舐めざるを得ません。
「確り舐めないとオマンコに糞が付くぞ」もう1回Hするのが前提の様に脅してきます。
既に汚い物を舐めてしまった事もあるし、私も知らず知らずの内にもう1回Hする事が当然の様な錯覚がありました。
半分ヤケになって奉仕したのでした。
口の中でカチカチになったところで取り出しましたが、こんなに小さなペニスは初めてでした。
私を寝かせ、両脚を開くと固くなったペニスでオマンコを擦ります。
「Cさん止めて下さい。私には彼氏がいます。許して下さい」最後の無駄なあがきでした。
「もう3回目だぜ!AさんBさんともしたんだろ。彼氏がいるって言っても糞の付いたチンポを舐めたクセしやがって」少し怒気を感じました。
「でも…ゴムだけは着けて下さい」「持ってないって言っただろう。あいは持っているのか?」私は枕元の小箱を指さし、「この中にあります」と、言い切らない内にCさんは入れてきました。
「本当に止めて下さい。抜いて下さい」本心から嘆願し、首を振りました。
例えペニスが小さくても、嫌々受け入れても気持ちが良くなり、Cさんが動くリズムに合わせて濡れて卑猥な音が大きくなりました。
遂に、Cさんの下腹部がクリに擦れた瞬間、出してはいけない声を出してしまいました。
「あい、気持ち良いだろう?我慢してないでもっと声を出せよ!」私は激しく首を振りましたが、再びCさんの下腹部にクリが擦れた途端、激しく卑猥な声を発してしまいました。
理性が吹き飛んだ瞬間でした。
 私はうつ伏せにされ、後ろからもされました。
「ケツの穴が丸見えだぜ。さっきAさんが言ってたけど、オマンコもケツの穴も全部真っ黒じゃないか。何人と遊んでいればそこまで真っ黒になるんだ?うちの母ちゃんの方がピンクだぜ!」ショックな言い草でしたが、オマンコとお尻の穴は見た事もなかったので別ですが、乳首が黒いのは事実でしたので、反論できませんでしたが、この日まで彼氏しか受け入れた事がなかったのも事実でした。
再び仰向けにされたのですが…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【痴漢・レイプ】嫁の妹と関係している所を見られ、義母を犯すハメになった
2018/06/29 21:26
2018/06/29 21:26
俺は35歳。 15歳も年下の妻とデキ婚になったせいで、8つ年上の義母を持つ羽目になった。 妻が高校生の時に父親が病気で他界し、それ以来母親と2つ下の妹との3人暮らしだったという。 幸いにも父親が入っていた保険などのおかげで、生活の不自由はなく暮らしていた。 元々俺に結婚願望はなく、蓄えもあまりなかったので籍だけ入れ、女ばかりのその家に転がり込んで妻とその家族との生活が始まった。 結婚願望がなかったとはいえ、好きでもない女と寝たわけではない。 むしろ、15も年下の小娘が俺とそういう関係になるとは思ってもいなかったので、愚息が中に入った時、あまりの興奮と快感で暴発してしまい、それが見事に当たって…
ずっと好きだった同級生の絵梨との体験談
2015/07/29 22:10
2015/07/29 22:10

ええっと。高校の時、俺は同級生の絵梨がすんごい好きでした。
絵梨とは1年2年と同じクラス。よく喋ったなあ。

絵梨は彼氏つくらないし、俺たちまさか両想い?なんて痛い妄想いだいてました。
それくらいとても仲が良かったけど、告白とかのアクションは起こせなかった。
無理しなくても絵梨との毎日は楽しいし、下手に告白なんかしてふられたら鬱だ。
俺は不確かなことに挑戦するより、のほほんと現状に満足する性格。

そんなぬるま湯につかっていた俺、3年になってとうとう絵梨とは別々のクラスになってしまった。
それでも廊下とかで会えば、立ち話をして盛り上がった。
クラス離れても二人の関係は、良く…
【電車での痴女体験談】JD風俗嬢が電車内で若い男に手コキしてみた
2016/02/12 09:00
2016/02/12 09:00
風俗でアルバイトをしている女子大生です。 お店では、一応手コキ、ゴムフェラまでですけど、チップさえもらえば口内射精・ゴックンもOKです。 指名トップ3に入っています。    この間、初めて痴女をしてしまいました。 電車はS京線です。 S京線は男の痴漢が多いことでも有名な線です。  朝夕のラッシュ時はとても人が多くて、ドアが閉まらないくらいになります。 私もしゅっちゅう痴漢に遭っています。  もっとも私もふだん黒レザーのぴちぴちのホットパンツにロングブーツ、ラメ入りストッキングといった格好で、殿方達を挑発してるせいもあるんでしょうけど。  その日はお店が早番だったので、朝、満…
女の告白、若い清掃員に襲われて処女が・・・
2016/06/05 21:00
2016/06/05 21:00
 

  私の職場は訪問販売の事務所です。私はそこで事務員をしています。従業員は10数名いるのですが(全員男性)9時を過ぎると全員出掛けてしまい事務所には私一人になってしまいます。私の会社は建物のメンテナンス(掃除)を業者に頼んでいるんです。2か月に1度なのですが、いつも決まった会社の清掃員の方が5~6人来られます。夏のある日、いつものように清掃員が来ました。いつもは40代から60代のおじさんばかりなのですが、その時は何故かとても若い人が1人混じっていました。その時は遠目に見ただけだったのですが、身長は180センチ以上、とても筋肉質でガッチリとした感じでした。顔…
【妹との告白体験談】人生初ちんこ part1  ~近親相姦体験~
2016/01/10 08:33
2016/01/10 08:33
めずらしく憂鬱そうな顔をした妹が、リビングでぼーっと天井を見ていた。 妹は19歳、介護系の専門学校に今年から通い始めている。 どちらかいえば、考えるより行動が先の妹が、考え込んでいるなんてかなり奇妙だ。 「どうかした?」後ろから、ちょっと声をかけてみる。 「あっ、兄ちゃん・・・・。」妹は困ったなぁ、って顔をしていたけど、悲しげとかじゃない表情。 どうやら失恋したとか、そんな風ではない。 安心して、相談に乗ってあげられそうだ。 妹はちょっと一息あけて、こう言った。 「あしたさぁ、ちんこ触んなきゃいけないんだよ・・・。」「はぁ?なんだそれ?」ちんこって、あーた。「明日、介護…
【近親相姦体験告白】妹と毎日Hな事してた
2015/11/21 23:19
2015/11/21 23:19
俺には1歳年下(妹は早生まれだったので実質2歳近く離れていた)の妹がいた。俺とは仲が良くおままごととかして遊んでいた。いつごろからはじめたのかはっきり覚えていないんだけど、Hな遊びもやっていた。妹はやせっぽちで、手足のひょろひょろと長い女の子だった。それでもオマンコはぷっくりしていて、俺の好きな形だった。俺はスケベなガキだったので、近所のほとんどの女の子のオマンコを見たことがあったが、妹のオマンコが一番綺麗だと思っていた。妹は、俺がすることには何の疑問も持たずに言うことを聞くので、いろんなことをやらせた。最初は、同じ部屋で寝ていたので同じ布団に入り、キスの真似事をしていた。そのうち俺は妹の…
★妻を口説いて3Pとレズを体験しました
2015/08/22 10:50
2015/08/22 10:50
 自分にはこんな願望がありまして、妻に相談したのです。「お前と、もう一人の女性を呼んで3Pがしたい!」「そんな女性が簡単に現れるはずがないでしょう!」こんな事を言われて相手にもしてくれないのです。若い頃に、職場の女性二人との3Pは経験があるが、妻との3Pの経験は無いのです。

 まぁ~、妻に嫉妬させたいとか、妻がどんな顔をするかが見たかったのです。自分達夫婦は4P、SW、相互鑑賞、いろんな遊びは経験していたのだ。そんな時に妻に「掲示板に募集の書き込みしていいか?」聞くと「いいよ!どうぞ!」との返事でした。書き込みをして一月程、諦め掛けていた頃に返事が来たのでした。
 妻に返事が来たぞ!と言…
叔母との撮影会
2018/03/15 01:14
2018/03/15 01:14
私は今年芸大を卒業してカメラマンになる為アシスタントをしています。 叔母の和子は今年37歳かなりの巨乳で色気がある自慢の叔母です。 街を歩いていると男性の視線がいつも叔母の胸に集まります。 昔から私は叔母のことが好きでよく家にことあることに叔母の家に遊びに行っていました。 私が芸大に入りカメラマンになる夢を叔母に話した時「そうか、きよ君はカメラマンになりたいんだ、どういう写真を撮っているの?」と和子が聞いてきました。 俺が「授業では風景画とかだけど俺は人物画像撮りたいんだ。」と答えると「え?、女性のヌードでも撮りたいのじゃないの」と言われ俺はその時頭の中で叔母のヌードを想像していたのでドキ…
【熟女体験談】風俗のお客さんに家まで突き止められて…
2015/10/15 00:02
2015/10/15 00:02
2015/10/15 (Thu) 26歳の人妻です。

なつみといいます。


私の身に今起きていることを誰かに話したくて。

でも、とても他人には話せないんです。


その胸の支えを少しでも降ろしたくて・・・

私が結婚したのは、5年前。

21歳の時です。


高校を卒業して就職した会社で知り合った主人と1年後に結婚。

今に至ります。

事の起こりは2年前。

主人が体調を崩して病院へ行った時から始まりました。


医師の診断は、とても難しい病気(病名は明かせませんが)で、長期の入院が必要、とのことでした。


直ぐに入院したことで病状は落ち着きましたが、生活は大変でした…
超絶美人に誘われて調子に乗ってたらとんでもない変態女だった件
2017/01/06 10:02
2017/01/06 10:02
大手半導体関連の会社に勤める全然モテナイサラリーマン。

容姿は、身長160センチ足らず、体重は80キロオーバー。

髪の毛は薄くなり、

ウエッティなんて言われ方もされたことあります。

おまけに体毛が異常に太く、濃く、全身毛むくじゃらです。

まあ俗にいうチビ、デブ、ハゲです。

これからするお話は、6年ほど前の話です。

当時、私の部署にある女性が配属されました。

名前を佳子。

年齢は25歳。容姿端麗。

有名人に例えると北川景子によく似ている・・・

というより瓜二つ。

知らない人は振り返って二度見するレベル。

名前も漢字こそ違いますが、偶然同じ「けいこ」。

「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】インポになった夫のせいで、痴漢レイプされた相手に再度レイプを望む欲求不満な妻

・ウブな女の子から大人の女に

・【Hな体験】やることなすことすべてがエロい人、みーつけた!

・ロリコンな幼馴染との奇妙な関係

・軽いエロ遊びをSNSに書き込みしてみた

・思い出のお姉さん

・【熟女体験談】超爆乳のホルスタイン熟女のナンパに成功し、パイズリやおっぱいビンタなど色んな超爆乳プレイを楽しんだ

・【不倫】とろけるようなキスが私の貞操観念を狂わせた

・親友の息子と愛し合う日々

・□妻からの昇進のお祝いは、元カレとのセックスでした3(転載禁止)

・職場の先輩 大学時代

・会社の会議室はラブホ替わり

・【不倫】初めての不倫セックスで初めての潮吹き

・【熟女体験談】年下社員と下品な淫語を叫びながら本能のままにSEXをするパート主婦

・もはや涙すら出ない

・会社の人妻と夜の職場で不倫エッチ

・脚フェチに対応してくれるエロい人妻

・【不倫】息子の担任教師とお漏らしセックス

・【浮気】娘の彼氏と自分の家のベッドで

・Hカップの麻衣

・姉に女装教育を受け、初体験の相手も姉。今も続く姉との毎日。

・【Hな体験】巨乳な友達が海の中でシコシコしてくれた

・【熟女体験談】短いスカートを履く母に欲情する息子が近親相姦を決行したら、息子よりも母が近親相姦にドハマリした

・【人妻体験談】夫婦喧嘩で家出をした人妻が居酒屋でナンパされ中出し乱交不倫

・【乱交】処女の妹をレズ調教している元カノと姉妹丼

・何か変です母からの成人祝い

・大好きな彼女

・姉の性 ~隣の部屋のあえぎ声~

・夫の俺の目の前で、感じまいと努力する貞淑な愛妻が可愛かった・・・

・屈辱の診察(6)