寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

ナンバーズ4【エッチ体験談】

2018/01/12 00:33


くだらない夢の話です。私は44才、妻は42才、子供が3人の家族です。昨年の11月22日の金曜日の早朝、とても不思議な変態っぽい夢でうなされて目が覚めました。
「どうしたの? 凄くうなされてたけど怖い夢でも見たの?」
妻がそう聞いてきました。あまりに変で恥ずかしい夢だったので少し躊躇しましたが、妻の顔を見てたら笑えてきて話しました。ここからは夢の話です。
私は少し遅い時間に帰宅しました。
翌日は土曜日で休みでしたので、仕事を仕上げるために少し遅くなったのでした。
※夢の中なのにそんなところはリアルでした。(笑)リビングに入ると子供たちはいませんでした。
しかし見知らぬ若い男たちが3人ソファーに座っていました。
見知らぬ男たち・・・
でも何処かで出会ったことがあるのか覚えがあるような気もしました。「ご主人、お帰りなさい。」
「お疲れ様です。」
「すみません、お先にご馳走になっています。」
ビールを飲みながら男たちは挨拶してきました。「いえいえ、まあゆっくりしてってください。」
間の抜けた挨拶をしながら
「妻は何処かに行ったの?」
姿の見えない妻が気になり男たちに聞くと「奥さんはお風呂ですよ。」
そういえば風呂場の方から音がしていました。「ご主人、一緒に飲みませんか。」
「あ、ありがとう。」
彼らに勧められて一緒にビールを飲んでると
「あら、あなた帰ってたの?」
妻が風呂から上がってリビングに入ってきたのだが、その格好に少しドキッとしたというのか驚いた。薄い生地の白の丈の少し長いタンクトップ姿だった。
驚いたのはこの時季には着ない部屋着ってことではなく、見知らぬ? 男たち3人も客人がいるのにそんな格好で入って来たからだった。
そのタンクトップは夏場には妻も実際に着ているのだが、下にショートパンツを穿いている。
いくら丈が少し長いといっても下着が隠れる程度だから太腿は露わで動くと下着がチラチラ見える。普通ならそこで妻を別室に引っ張って行って怒るところだが、そこは夢の中だったからなのか驚くのは驚いたのだが何も注意もせず、ただ茫然と成り行きを見ているだけでした。薄い生地に白ですから乳首も透けて見えていますし、ポチッと二つ出てるのもわかります。
もちろん下着も淡いピンクだとわかるぐらいです。若い男たちのビールを酌しながら妻は話をしていますが、内容はわかりませんというか覚えていません。
今度は妻がビールを注いでもらって飲んでいました。最初はソファーに座った3人の若い男たちと対面して私と妻が座っていたのですが、いつの間にか3人並んだうちの真ん中の男の膝の上に移動していました。
気付くと男たちは妻の胸や太腿を大胆に触っていました。
「もうエッチねぇ、こんなおばさんの身体なんか触っても勃起しないでしょう?」
妻は触られながらそう言っていましたが顔は気持ち良さ気そうでした。「じゃあ勃起させてよ奥さん。」
男たちはもっと大胆になっていき妻のタンクトップを脱がせて直接乳房を揉みだしました。
そしてパンティーの中にも手を差し入れてマ〇コ辺りで動いていました。いつの間にか男たちも真っ裸になっていて立派なチン〇がそそり立っていたのです。
2人の男のチン〇も私の租チンより遥かに大きくて立派でしたが、もう1人のはビックリするほど大きなチン〇でした。
「おっきぃ~~~!」
妻はそう言いながら大きなチン〇を舐めだしたのです。私はカーペットの上に座ったまま、その様子を眺めているだけでした。「奥さん、おっぱい垂れてみっともないねぇ。」
「お腹の肉も弛んで妊娠線だらけで醜いぞ。」
「でかい尻やなぁ。」
男たちは妻の身体について暴言を吐くのですが
「いや恥ずかしい。」
そう言いながら妻は大きく脚を拡げて彼らがマ〇コに触りやすくしているのです。
彼らの指が目の前で妻のマ〇コに挿し込まれていきました。
指が3本、4本、5本と入っていきます。「奥さんのマ〇コ、ガバガバでユルユル、締りが無いっすよ。」
「ああ・・酷いわ・・」
そんなことまで言われて何故、妻はやめないんだ?「あひっ!」
妻が一瞬ビクッとしました。
今度は妻のお尻の穴に指が2本挿し込まれていました。
前後の穴は男たちの指で掻き回され妻は悶えていました。「さあ行くか!」
その声に妻はカーペットの上に仰向けで寝ました。「ご主人、この角度なら奥さんのマ〇コに挿入されるとこが見えますか?」
挿入直前で男が聞いてきました。
「あ、はい見えます。」
思わず返事してしまいました。ズブズブズブ・・・
妻のマ〇コに男の大きなチン〇が挿入され、やがて激しいピストン運動に変わっていきました。
「あひっあひっ・・きもちょええ~♪」
2人目も交代して果てました。
妻のマ〇コから白く泡立った液体が流れ出ていました。「さあ俺やな。」
あのとてつもなく大きなチン〇の持ち主がゆっくり妻のマ〇コに挿入しました。「お、お、おっきい!お腹の奥が突き上げられてるぅ~!」
妻は首を振りながら叫びました。
激しく突き上げる巨チン男と、その男の腕に爪を立てるように必死に掴んで喘いでいる妻。
「おっ、おっ、おっ、お・・・」男が果てたように尻肉が硬直し、ピクンピクンと動いていますが、妻は失神したようで動きません。
「あれっ?奥さん・・おしっこ漏らしてるぞ。」
「うわーマジっすか?」
確かに妻のお尻周辺はベチャベチャに濡れています。
あまりの気持ち良さに失神して失禁してしまったようでした。彼らは妻を起こすと今度は巨チン男が仰向けに寝て妻がその大きなチン〇の上に跨りました。
妻がその男に跨り挿入されたまま男の乳首を舐めていました。
別の男がその妻の尻肉を両手で掴み尻肉を拡げてチン〇の先をお尻の穴に添えました。
男の腰が前に移動していくと、チン〇の先が妻の尻穴に埋もれていくのが見えました。
「ふん!」
男が力を入れると大きなチン〇が妻の尻穴に完全に吸い込まれるように入ったのです。確かに私も妻の尻穴には指を入れて掻き回していますが、指も2本だけですし、妻の尻穴は処女のはず。
それがあの大きなチン〇がスムーズに挿入されるなんて・・・
しかも妻は私には指だけしか許してくれていない、チン〇挿入はダメって言ってたのに。妻の尻穴は二人目の男にも犯されました。
呆然と見てた私に二人目の男が聞いてきたのです。
「ご主人、ご主人もアナル入れます?」「えっ、あ、あ、いいのですか?」
「いいですよ、もうかなり緩くなってますがね。」
「ありがとうございます、それでは・・・」
なんでそう答えたのか、他人に犯された妻の尻穴を他人に勧められて、お礼まで言ってしまった。初めての妻の尻穴、少し感動だった。
しかし確かに緩いというかスムーズに挿入できてしまった。「お尻の穴も緩いですが、マ〇コはもうご主人さんには使い物にならないほどガバガバですよ。」
下に寝ている巨チンの男がニタッと笑いながら話しかけにきた。
あまり逝ったって気はしなかったが、とにかく妻の腸内に射精した。
巨チンの男は妻を立たせて背後から尻穴に挿入してソファーに座った。「ご主人さん、記念写真撮ってよ。」
そう言ってデジカメを渡された。
2人の男が巨チン男の両脇に座り妻の乳房を遊ぶかのように揉んだ。
妻はその二人のチン〇を持ち、巨チン男は妻の両太ももを拡げるように持ち上げた。
あの大きな巨チンが妻の尻穴に根元まで挿入されてるのが見えた。
妻のマ〇コはパックリと割れて泡立った白っぽい精液が流れ出ていた。
それを私が
「はい、ポーズ!」
とデジカメで撮影していた。「このチン〇、どれだけあるのかしら?」
妻は電話台にある引き出しから定規を出してきて計った。「え~長さは20cm・・・ 直径が・・・52mmかな?」
他の2人も18cm前後ありましたが、20cmは形も良くて一際大きく見えました。
「22cmはあると思ってたけどなぁ。」
巨チン男はそう言って笑ってました。「あなたも計ってみる?」
突然、妻にそう言われたのですが
「計るまでもないよ私のは租チンだから・・」
小さな声で言うと妻も男たちも大笑いでした。口惜しくて情けなくて歯ぎしりしながら、その後も巨チン男に跨り別の男に尻穴を犯され、もう一人の男のチン〇を咥えた妻たちをデジカメで撮り続けてました。
あまりに口惜しくて目覚めた時に涙が溢れていたのです。涙はごまかしましたが、その話を妻にしました。
もちろんあまり詳細な話はしていません。「しかし20cmで52mmのチン〇は美味しかったかい?」
少し腹も立っていたので意地悪く妻にそう言うと
「ば~~~か!!」
と怒られましたが
「それだけハッキリ数字を覚えてるならナンバーズでも買ってみたら?」
そう言われて昼休みにナンバーズ4を買ってみました。
もちろん数字は『2052』でセットにしました。
ストレートにしようかとも思ったのですが、セットの方が確率が広がると思ったからです。そして翌朝の土曜日、ナンバーズのことなんか全く忘れて朝刊を読んでました。
何気に目を通してるとナンバーズ当選欄がありました。「えっ!お、おい!」
「どうしたのよ。」
「おまえに言われて買ったナンバーズ・・・」
「当たったの?」
「当たったよ。」
「ええっ!うっそー!」妻もビックリでした。
ただ、ナンバーズ4なのとセットボックスだったので当選金は『507,100円』でした。
それでも臨時ボーナスには十分なったので妻と飛んで喜びました。今はロトをコツコツ買っています。
もしも数百万、数千万の高額が当たったら妻はお尻の穴を自由にしていいと言い出しました。
億単位の高額だと妻の身体を…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
部長の年下の奥さんに誘惑されてやってしまった
2016/10/18 15:00
2016/10/18 15:00
俺はこの会社に入社してこの4月でもう10年目を迎えた。社内で鳴かず、飛ばずで32歳。同期は出世して主任とか、係長とか、もちろん結婚して家族ができているやつらがいっぱい。結婚式に呼ばれるばかりで、回収できるのはいつのことやら、、、。
そして、今いる部署にはもう5年もいる。2~3年で部署が変わり、そのたびに役職が上がっていくことが多い中、5年も一緒の部署にいる俺はというと、、、。


しかも俺の上司である部長ともかれこれ、3年の付き合いで、4月から4年目、実はこの部長がまた厄介で、社内でも超細かくて、重箱の隅を突くタイプ。

必然的に残業も多く、夜もろくに遊べないので…
【不倫】学生時代から憧れていたピアノの先生と
2015/12/13 06:00
2015/12/13 06:00
時々歳をとらないおばさんって居ますよね?例えば自分が高校生の時におばさんだった人が、社会人のいい歳になってから会っても当時と遜色ない様に思えるおばさん。 交際し始めてやがて半年となるおばさんがまさにそんな女性でして、彼女は美智子さんといって、今56歳の人妻です。今では『チコ』と呼んでますが、僕の11歳年上です。もともと年上趣味ではありませんでしたが、彼女は特別です。何故なら彼女は若々しく、とても年上には見えないからです。 彼女はピアノの先生です。僕は同級生と結婚しましたが、チコは妻の先生でした。週一回、土曜日のレッスンに挨拶できるのがとても楽しみで、わざとレッスンの時間…
私のレイプ体験
2017/08/31 08:19
2017/08/31 08:19
あれは中学年の夏休みが終わった時でした。 学校帰りに時々話すくらいの違うクラスの○○君に声を掛けられました。 それで話しがあると言われ普段でも人はほとんどいない地元の神社に連れて行かれました。 回りは木が鬱蒼とあり人目など全くありません。 ○○君、話って何 何の疑いもなく、そしてちょっぴり期待もあったのですが、○○君はおまえのことずっと好きだったと言われ、えっと言った直後キスされました。 私はキスなんて初めてで口を付けるだけだと思っていたら口を開け舌を入れてきたんです。 私はどうしていいかわからずただされるがままで受け身でした。 私も当事は純情だったのですね。 その後草むらに寝かされ制服のスカ…
お姉さんの部屋で色んなエロ経験を
2018/08/12 22:44
2018/08/12 22:44
 仕事のチームで打ち上げをしたときだ。俺はまだ二十歳で、あとは30代の男性三人と女性一人。全員お酒大好きでそうとう飲んだ。有紀子さんは年下好きなのかやたらお世話してくれる。まだあまり経験のなかった私は彼女の部屋で続きをと誘われ、うわっAVみたいと思いながら部屋へ。

 ベッドに押し倒されると、全身を舐めまくってくる、とくに尻の穴を丹念になめまわすと、指を入れてきた。こんなことしたことないでしょー、ほら感じちゃうよねー。上に乗ってきた、あのゴムは。今日大丈夫だから。
急にムラムラして、46歳の熟女人妻を呼び出した
2016/07/12 18:00
2016/07/12 18:00
昨日46歳熟女人妻との事を思いだし「やりたくなって」今日連絡してあっちゃいました。
もう彼女は、家庭も落ち着き子供も独立しているため暇が多いので昨日投稿を終えてから、携帯で連絡を取り今日夕方に合う約束を取り付け、しっかりとあってして来ちゃいました。
今日は用事があると会社を5時ピンで切り上げ待ち合わせ場所にまっしぐら、5時30分には会って即効でホテルにいきました。




もう頭の中では、昨日からオマンコ点検を考え一日何度もチンポをたたせながら仕事が終わるのを待ちました。
いつも会って最初にするのはオマンコ点検なのです。
パンツを下げ上着は着たままベッドに押し倒し開脚させてオマン…
妻の体験
2016/03/25 10:05
2016/03/25 10:05
妻「彼氏との中出しSEXが終わった後にね…不倫相手の彼氏が言うのね… 俺とのSEXしてるの見てた後輩達にしっかりオマンコ拡げてオネダリしなさいって…今からワタシね…彼氏のお願いで彼の後輩君達3人の肉便器に成るの…だからワタシ大股開いて自分でアソコ思いっきりグパァって拡げてね…若い男の子達に彼氏の精液が溜まってるオマンコの中身を見せながら言うのね… 結婚してるオバサンだけど貴方達の先輩と不倫してるの…主人以外の…不倫相手の彼氏の夫よりも全然逞しい生のおちんちん挿れられてオマンコ掻き混ぜられてグチャ・グチャにされたの… 子宮口ズンズン突かれて何回も逝かされてね… 子宮に一杯精液注ぎこまれて、種付け…
巨根の借金取りにFカップの妻の身体を差し出した
2017/09/08 21:31
2017/09/08 21:31
巨根の借金取りにFカップの妻の身体を差し出した こんにちは、サラリーマンをしている37才既婚の男です。 自分で言うのも淋しいですが、僕はあまり出世に向かないタイプの人間です。 この年になっても未だに役職も無いまま過ごして来ました。 結婚はしたものの、給料が少ないので共働きで頑張っています。 妻は32才で、「真由実」と言って、特に目立つような美人ではありません。 妻の実家は一般的な家庭ですが、両親が厳しくて、付合っている当時の門限は10時でした。 そのせいか真由実は、すごく地味な女になったみたいです。 でも、顔だけ見ればかなりの美人だと思います。 体も肉付きが良くて、ムッチリしています。 …
黒ずんだデカ乳輪の垂れオッパイが最高の嫁友[後編]
2017/03/27 14:19
2017/03/27 14:19
おととい仕事から帰ったら、尚美さんが来てて嫁とウチ飲みしてた。 嫁と尚美さんはガンガン飲んで既に出来上がってて・・・。 嫁「お帰り。ご飯置いてるから自分で温めて食べて」 尚美「お邪魔してます」 疲れて帰ってきたのにご飯くらいちゃんとしてくれても・・・まぁ仕方ないか、とか思いつつ自分で温めて食べた。 その間も嫁と尚美さんはリビングで楽しそうだった。 ご飯食べてるとリビングから、「だから男は」とか「わかるー!」「何もわかってないよねー」「謝れって感じだよね」とか聞こえてきて、何の話してんだよとか思ってたら・・・。 嫁「ご飯食べたら尚美さん送って行って」 あれからもいつもではないが、…
【人妻・不倫体験談】妻の母親
2017/05/01 13:27
2017/05/01 13:27
僕がまだ結婚する前つきあっていた彼女(現在は妻となったが)の母親の話です。 僕が大学生4年の時、彼女と本気で恋愛し結婚を前提につきあっていた。 彼女とほぼ毎日エッチを繰り返しお互いの体無しでは生きていけないくらい愛してました。 今でもそれは変わらないです。 彼女の母親に結婚の許しをもらおうと自宅を訪ねた時のことです。 彼女の母親から「結婚には賛成だけど、ひとつだけ条件があるの」と言われた。 「何でしょうか?」と問いただすと「女の幸せを娘にちゃんと与えてね。お願いね。」と。 僕は何を言っているのか正直判らなかった。 けげんそうな顔をしていた僕を見て母親はさらにこう続けた。「女の幸せは、夜の営…
吹奏楽の部室でフルートパートの子の処女をもらった初H体験談
2016/09/23 00:21
2016/09/23 00:21
高2の時の話。

吹奏楽部だった俺は、楽器庫の戸締り担当だった。

つまり、部員全員が楽器を片付け終わるまで

俺は音楽室に残ってなければならなかった。

実際は遅くまで練習しているやつに

鍵を託して帰っちゃったことはあるけど。

ある日、いつものようにみんなが楽器を片付けるのを待つ。

この日は早く帰りたいなと思いながら待っていたが、

いつものように片付けが遅い部員がいるわけで。 それが美奈(仮名)だった。

いつも元気なキャラの美奈は、練習にも熱心。

うちの学校は、上手い学校とは言えなかったが、彼女は

『上の大会に出たい』と練習に力を入れていた。

みんなが練習…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・飲み会でお持ち帰りしたら僚の彼女って打ち明けられ仰天した話1

・40歳のヌード

・【Hな体験】防音の放送室に呼び出されて[後編]

・【人妻体験談】息子の同級生に調教されて雌犬奴隷になった下品な母

・大塚愛似のかなり可愛い女友達

・男のオモチャの様に扱われた日々

・36歳の巨乳処女OL(再々修正版)

・【Hな体験】防音の放送室に呼び出されて[前編]

・【SM・調教】女子校育ちの処女を俺好みに育成

・泥酔女の話しを一つ

・【男×男】玉無しニューハーフに開かれた禁断の世界

・嫁を寝取っていたのは俺だった?終り

・完熟?女子中学生と…

・【熟女体験談】隣のデカチンな黒人と4p乱交していた寝取られ妻

・嫁を寝取っていたのは俺だった?終

・フィギャアスケート部員で男は俺一人

・【人妻体験談】インポになった夫のせいで、痴漢レイプされた相手に再度レイプを望む欲求不満な妻

・凌辱犯罪被害者の貧乳恥辱ロリ女と結婚した経緯

・ウブな女の子から大人の女に

・オヤジの愛人とデキて孕ませた子供は・・・

・思い出のお姉さん

・【人妻体験談】変態で下品なプレイを妄想し、実現させたくなるムッツリスケベな専業主婦

・【不倫】とろけるようなキスが私の貞操観念を狂わせた

・□妻からの昇進のお祝いは、元カレとのセックスでした3(転載禁止)

・職場の先輩 大学時代

・会社の会議室はラブホ替わり

・【不倫】初めての不倫セックスで初めての潮吹き

・【人妻体験談】同居している息子の嫁のパンチラや乳首チラに我慢出来ずに禁断の寝取りをしてしまった父

・【熟女体験談】年下社員と下品な淫語を叫びながら本能のままにSEXをするパート主婦

・もはや涙すら出ない