寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

湯治先で知り合った夫婦と仲良くなった結果妻を取り違えてしまった

2018/01/11 22:01



志願して出場したわけではないので完治するまで長期休暇を貰える事になったのは良いことだった。
だけど、今って骨がようやく、くっつきはじめる位で間接が固まっちゃうから、すぐにリハビリさせられるらしい。
それが痛いの何の最初の頃は絶叫した。



ようやく何とか間接が動くようになったら、かみさんがご褒美にって東北の某温泉で湯治することになったのである。
温泉といっても旅館ではなく、いや旅館なのだが湯治施設というか木造の宿舎みたいなのが旅館の横に建っていて長期療養者はそこで自炊して暮らすというそういったもの。
まあ閉山まえギリギリという事もあって他に泊まってる人も居なくて寂しいこと寂しいこと。
だってまだヨチヨチ歩きで自由に外散歩する事もできないし。本読んでてもすぐ飽きちゃうし。もう限界!帰る!ってなったときに長澤さんという夫婦がやってきた。
 
それが奇遇な事に俺と全く同じ社員野球で足を骨折して療養に来たというんだから笑った。
歳も俺と旦那さんと歳一こしか違わなくて、何か運命を感じますねえとか言って、それからは、かみさんを山の麓まで車で酒買いに行かせて毎晩宴会騒ぎ。誰も居ないんだから気楽なもん。

最後の方、もう殆ど全快になった頃なんて年甲斐もなく肝試しって、いっておいちょかぶ負けた方が真っ暗な中外の自販機までジュースを買ってくるとかいうアホなこともした。
ああ、何か修学旅行来たみたいだね、とか言いながら遅まきながら青春を謳歌したわけだ。

でもでも楽しい時というのは一瞬で終わってしまうもので、あれよあれよという間に宿泊最終日になってしまってみんな朝、今日で終わりだねってシュンとしちゃって、よし!今日はとことん飲むぞ!って言ってかみさんにいつもにも増して酒を買ってこさせた。

しかし、暖房の効きがうちらの部屋の方が良いんでいつもはうちらの部屋で飲んでたんだけど、その日に限ってなぜか暖房が殆ど効かなくて、結局長澤さんの部屋で飲むことになった。もう寂しさ紛らわす為に夜更けまでめくらめっぽう飲んでて、いい加減小便行きたくなってトイレ行った。

そして戻ってきたら部屋が真っ暗になってて、足下に布団の感触があって、あもう就寝時間かって、俺も酔っぱらってて立ってるのしんどくなってたからバタン!と布団に横たわった。暖房効きが悪いなぁ・・・とか、思いながら天井を見てると手に人肌の感触があった。

だから、あ、かみさんだと思っておもわずギュッとその手を握りしめた。かみさんも握り替えしてきて、そしたら沸々と性欲が沸き上がってきて、思わずかみさんの布団に転がり込んだ。寂しさもあったと思う。かみさん何も言わずにじっとしている。

なので、俺はそのままかみさんの上にのしかかるとキスをしながらパジャマのボタンを外して胸元に手を差し込んだ。普段だと、アン!の一言ぐらいあるのだがまぁ長澤夫妻に聞かれてはまずいと思ってるのだろうとそのまま乳房にむしゃぶりついた。

とりあえず上半身を裸にすると俺も裸になって、きつく抱き合いながらお互いの肌の暖かさを確かめ合い寂しさを分かち合った。その間もかみさんは「んっ」というくぐもった声とハァハァという吐息しか漏らさず、今日はずいぶんと辛抱強いんだなと思いながら、いよいよかみさんの一番大事な部分に指を差し込んでいった。

ハァン、とようやくかすれたような声を出したが差し込む俺の腕をきつく両足で挟みながらそれ以上の声は漏らさない。でもあそこはネットリと湿り気を帯びてて、臨戦態勢は整っているご様子。俺もたいがい酔ってたから前戯するのもしんどくてパジャマの下も降ろして、そのままかみさんの両足の間に体を滑り込ましていった。

結婚2年目、そろそろ子供が欲しいねと言ってた矢先の骨折だったから、今日こそは溜まりに溜まった子種をかみさんの中にぶちまけてやろうと思った次第。ヌヌヌという湿った肉に包まれていく感触。とっても久しぶりで、俺はまるで童貞君のようにひと擦りで射精しちゃいそうになった。

いやぁ改めてオマンコとやら、よう出来とる。とりあえず一番奥までズヌヌヌウと入って子宮口でコツンと亀の頭が、そこで行き止まりですよ!と制止されるまで挿入し、そんで改めてかみさんと唇を重ね合った。レロレロと舌で咥内を掻き回しながらグリグリとチンポで中を掻き回す。

上と下とで掻き回す。かみさんの膣を掻き回す。レロレロレロレロ、グリグリグリグリと粘膜同士が擦れて最高に気持ちいい。出すときは、とにかく子宮の入り口に亀の頭を潰れんばかりに押し付けて溜め込んだ俺の子種を一滴残さずかみさんの子宮の中に注ぎ込むんだ。そんな気持ちで一杯だった。

俺はかみさんの両足を抱え上げると痛い位に亀の頭を子宮の入り口に押し付けた。アアン!・・・とさすがにかみさん歓喜の声を漏らし体を仰け反らせた。弓のように体をしならせると真っ暗の中でもかすかに乳房の盛り上がりがそれと確認できる。かみさんも受け入れ体制万全だ。

あたかも「あなた全部私の中に出してね♪」と言っているかのような姿勢だった。出さいでか!ドビュ~!ビュウ!ビュビュウ!ドックン!ドックン!ドックン!ドックン!と一気に俺の尿道から熱い迸りが、かみさんの子宮へと注ぎ込まれて、いっさいの逆流は許さない。

一分の隙間もないようミッチミチにハメ込んで精液を肉道に残さず直に子宮へと流し込んでいった。「ああぅぅ・・・」俺のおびただしい射精を感じた、かみさんはブルブル身を震わせながら俺にしがみつき、衝撃に声を漏らしながら耐えている。俺もかみさんをきつく抱きしめる。唇を重ねる。

俺達夫婦はこれ以上不可能という程に一つになった。やがて全ての精液を注ぎ終わっても俺はチンポを抜こうとしなかった。逆に妻のくびれた腰を抱え尻を少し高くして、子宮口辺りのわずかな隙間にも残っているであろう精液ですらも残したくなかったからである。

その時、何で自分がそれ程にまでに種を妻の子宮に注ぎ込むことに執着したのか分からなかった。とにかく本能にも似て俺はそうしなければならない衝動に駆られていたのだ。結局、俺は妻の額にキスをしたり首筋を愛撫したりしながら30分以上ハメ続けていたと思う。

もっとそうしていたい気持ちは山々だったが、かみさんもいい加減重いだろうという配慮から俺は名残を惜しみながらも、かみさんの中からチンポを引き抜いた。フゥ・・・・とお互いに大きな溜め息。あまりのハモリっぷりに思わずお互い噴き出した。

気づけばあんなに飲んだにもかかわらず酔いもすっかり覚めていた。暖房が効かず寒かったのもある。漠然と漆黒の天井を見る。田舎の夜は多少の光は全て吸い込んでしまうようで、本当の意味でも真っ暗闇だった。まるで出口のないトンネルの前に立っているかのように天井はいっさいの光の侵入も許さなかった。

年甲斐もなく怖くなった俺は人肌を感じたくて、かみさんの手をとり強く握った。かみさんも強く握り返してきた。「とうとう今日で終わりね」と、その声を聞いた瞬間。俺はとっさにかみさんの居る方の闇を見た。ん?あれ?・・・・何かが違うような、決定的に何かが食い違っているような・・・。

あれれれ?と俺は立ち上がり電気のスイッチのある方向へ手探りで歩いた。まさか!まさか!まさか!急激に心臓の鼓動が早くなる。「あなたどうしたの?」そう彼女が言ったその時だ。俺は電気のスイッチを見つけそれを押した。

急に部屋が明るくなり、俺は眩しくて何度か目をしばたたせた。相手を確認し、俺は息を飲んだ。「キャァ!」小さく悲鳴をあげる長澤さんの奥さん。そう、何をどう間違ったのか俺達は互いの伴侶とまぐわっていると勘違いしていたのである。

そんなのってアリか。思わず目を疑った。夢かとも思った。夢であってくれとも思った。「どうして・・・」俺はそう言うのが精一杯だった。長澤さんの奥さんは「あれ?ここ・・・あれ?」部屋番号を確認し、自分が間違った部屋に来てる事に初めて気づいたようだ。

どうも奥さんもトイレに行ってそのまま部屋を間違ってしまったらしい。酔っぱらって眠くなったので自分の部屋で寝ようと思ったそうだ。いや、実のところ俺自身も勘違いをしていて、いつものように自分の部屋で飲んでいるように思いこんでしまっていたのだ。

長澤さんの奥さんは全裸のまま毛布を抱きしめ身じろぎもせず俺を見つめている。シンとした静寂が訪れた。「ってことは旦那さんはあっちの部屋だよね」とやっとの事で言葉を吐き出すと。「あ、そうだ、どうしてるのかしら」と言って奥さんは身を起こし散乱しているパジャマと下着を探している。

俺は慌てて窓の方向へ向いた。すると窓に奥さんの裸体が映し出されて慌てて俺は目を伏せた。「すいません、もういいです」と背後から声が聞こえて俺は目を上げた。そして恐る恐る長澤さんの部屋へ向かうさなか、まさかかみさんが同じように抱かれていたらと思うと猛烈に緊張し心臓が高鳴った。

しかしまだ煌々と明かりが漏れていた。「まだ飲んでるのかしら?」奥さんがいつもと同じような口調で話すので、ようやく少し俺の緊張も解れた。よかった、と安堵した。お互いの勘違いと信じてくれたようだ。いや、本当に勘違いなのだが、それでもやはり女性としてはなかなか許せるものではないだろう。

「まさか、もう寝てるでしょ」「電気もつけっぱなしで?」と言いつつ部屋を覗き込むと俺の予想通り二人大の字で爆睡していた。ビールやウィスキーの空き瓶が散乱する中で飲みながら潰れてしまったのだろう。そっとお互いがお互いの伴侶に毛布をかけてやり、奥さんが電気を消そうとしたので俺は慌てて止めた。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【オナニー】変態オナニーをするためにパイパンにしました
2016/02/22 09:00
2016/02/22 09:00
はじめまして、美沙紀です。私は今日、とても変態的なオナニーをしてしまいました。 普段は至ってノーマルなオナニーをしています。 ネットのエッチなページを見たりしながら、気分が乗ってくると服を着たままパンティーの中に右手を入れ、オマンコのお汁をクリトリスに擦り付けながら絶頂に達するといった程度です。こんな私がなぜ変態的なオナニーをしてしまったかというと・・・。 私はミニスカートや胸の大きく開いた洋服を着ることが大好きで、街を歩いていると胸や太ももに男性、特に同じ年代や年上の男性の視線を感じることがよくあります。そのことに私はなぜか快感を覚えるのです。 今日も胸の谷間が見えそう…
彼氏がいるのに、酔うと誰とでもやってしまう私
2015/09/04 13:09
2015/09/04 13:09
私(仮称:ユミ)は32歳の独身で普段は大手製造業の会社で秘書の仕事をしています。
身長は165㎝でロングの黒髪、胸はFカップで、周りからはよく
「エロそう」
とか、
「かなり遊んでそう」
などと言われます。(実際、否定は出来ませんが…)




もちろん、自分でもその自覚はあり、基本的にその場を楽しみたい性格なので、飲み会の席では、必ずと言ってよいほど、特に酔った年上男性にキスをされたり、胸やお尻を揉まれたりします。最近では20代前半の若者にも初めての飲み会でお尻に手を回されましたが… (恐らく、常に露出の多い服を着ていて、場を盛り上げるために、基本何でも受け入れてしまうのが原…
美人の20歳の女の子と最高な中出し体験 [アダルトH体験]
2015/11/09 08:20
2015/11/09 08:20
去年、サイトで拾った20歳の女の子とラブホでお泊り。
女の子は着くなり寝てしまった。

やせすぎずスタイル良くて、Bカップだけど肌もおっぱいもきれい。
顔は沢尻っぽいけどいい子だった。

その子はバスローブに着替えて寝てたんだけど、
布団の中で見てみると紐解けて上下の下着丸出し。

淡いピンクと黒レースの、お姉ギャルの子がよくつけているような
艶のある下着だった。

カワイイ女が無抵抗でエロい下着を剥き出しにして寝ている。
当然手を出さない訳がない。

まずはブラの上から胸を揉んだ。起きない。
ブラの中に手を入れてみる。全然起きない。


背中に手を回してブラのホックを取って乳首にしゃぶり付…
嫁には絶対に言えない秘密
2017/08/11 00:33
2017/08/11 00:33
結婚して5年目になる私には、
嫁には絶対に言えない秘密があります。

それは嫁のお姉さん(35歳)と1年ほど前から、
不倫関係にあることです。

もちろん彼女も結婚していますが、
嫁と違って色気のある彼女には以前から、
心を魅かれてはいたんです。

それで嫁がいないときに、
嫁のお姉さんが旅行に行ったお土産を持ってきてくれてたんです。

その時に、私と彼女は深い関係になりました。 セックスの時もあまり積極的にならない嫁と違って、
お姉さんはとても積極的で、
男を責めるテクニックが違いました。

特にフェラの気持ちよさはたまらず、初めての時は、
そのまま彼女の口の中に暴発して…
【近親相姦】閑散期なのに過労で倒れる同僚wwww【体験談】
2017/01/16 17:57
2017/01/16 17:57
262:可愛い奥様2008/08/04(月) 12:14:22 ID:D7LpXegl0 同僚で鬱で半年休職して、半年前に復職した人がいる。 復職以来、17時半の定時にあがっているし、締切りの タイトな仕事は免除されている。 それでも最近医者に「これ以上のストレスはよくない」と 言われたとか。 はっきり言って、この時期は1年の中でもチョー暇な 時期で、その人もたいした仕事は持っていないはず。いったいどんなストレスがあるっていうんだよ! と言いたいくらいだが、もちろんそんなことは言えない。 鬱って傍から見たらよくなっているのかどうかも わかんないから、なんだかもやもやする。263: 可愛い奥様 …
僕の彼女は重度な妄想を患ったフェラマニア[後編]
2017/05/23 16:49
2017/05/23 16:49
「ちょっと待って!なんで!?」 結局部屋に入ったものの、もう本当に訳がわからず、なぜあの真面目なアコちゃんがこんな事をするのか、本気で心配になってきました。 「理由は言わなきゃいけませんか?」 なぜか半泣きのアコちゃん。 泣きたいのはコッチなのだが・・・。 「や、だっていきなりこれじゃ訳わからないよ!」 「・・・話したら・・・話しても・・軽蔑しませんか?」 「いや、話してくれないと・・・」 「話したら、だって・・・きっと軽蔑されます・・・」 正直しばらくこのループだった。 理由を聞かないと何がなんだかわからないパニックな童貞と、なぜか理由もわからずエッチしようと迫る女の子の…
【近親相姦】憧れの叔母と、叔母に瓜二つな従妹[第3話]
2017/05/20 14:00
2017/05/20 14:00
ボクはボーッとした頭で叔母ちゃんの話を聞いた。ボクが幼い頃からの言動やこの間の葬儀の時のボクの視線を総合して考えて、ボクの叔母ちゃんへの想いが今も続いていることを女の勘で感じ取っていたという。 だから葬儀が終わったら、ボクが叔母ちゃんのところへ来ると確信していたらしい。実際、アズサからの連絡が無ければ、ボクはきっと叔母ちゃんを訪ねて行っていたのではないかと思う。ところがいつまで経っても叔母ちゃんのところにボクが現れる気配はなく、叔母ちゃんはアズサの話から何が起こったのかを知る事となったらしい。 「叔母ちゃんのこと、今でも好きでしょう?」 そう言われてボクは咄嗟に否定できな…
兄のイタズラがきっかけでオナニーに目覚めた
2017/02/13 07:01
2017/02/13 07:01
48 えっちな18禁さん 2012/05/01(火) 00:42:07.51 ID:teM2tSGc0 小4のとき、兄がよく座ってる私の背中に股間をすりつけてきてた 初めは何変なことしてんの?って思ってたんだけど、 だんだんとそれが勃起したちんちんを擦り付けてるって知ったときは 鳥肌が立った それから、うちは脱衣所の中にトイレがあるんだけど、 あたしがお風呂に入ろうとするときを狙って わざとらしく兄がトイレに入ってきて着替えとか覗いてた 49 えっちな18禁さん 2012/05/01(火) 00:51:21.88 ID:teM2tSGc0 親には言ったんだけど、日頃の行いってやつなのかな ち…
【母】堕とされた母Ⅲ (寝取られ体験談)【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/11/13 18:47
2017/11/13 18:47
前編:堕とされた母Ⅱ (寝取られ体験談) 堕とされた母 Ⅲ -21- 「今日は、一段と激しいじゃない、佐知子さん」 肉根の切っ先で、臀肌をなぞりながら、達也が言った。 「あぁん、だってぇ…」 熱く硬い感触に気もそぞろなようすで、佐知子は答える。 「だって、昨日は一度も…」 抱えられた臀を微妙に蠢かせる。這いまわる達也の先端を、待ち望む場所に誘いこもうとする意志を見せて。 「ああ、そういや、そうだったね」 中心へと誘おうとする巨臀の動きをいなして、達也はあくまでも臀丘の表面だけをなぞる。ぬめ白い肌に、極太の筆で字を書くように。 「でも、たった一日だよ? 一日空いた…
年上の女性に電車内で手コキ射精させられた高校時代の体験談
2015/10/09 23:00
2015/10/09 23:00
年上の女性に電車内で手コキ射精させられた高校時代の体験談 痴漢をしたことがある人、されたことがある人はいっぱいいると思います。 僕は痴漢をされたことがあります。 痴漢したことがある人に聞きたいのですが、何が楽しいのでしょうか? 人の身体を許可無く触ることに興奮するのでしょうか? 痴漢されている人を見て楽しんでいるのでしょうか? 人をイカせたという支配感を味わいたいのでしょうか? 異性の身体に興味があるだけなのでしょうか? 嫌がる人を見ることに興奮するのでしょうか? 痴漢された人のことを考えたことがあるのでしょうか? 僕は高校1年生になって電車通学となりました。 それは社会では通勤ラッシュ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】元バレーボール選手の高身長な人妻を立ちバックで犯すのは最高すぎて10年以上W不倫している

・真面目な童貞くんを誘惑して密着するHなオフィスレディwww

・【熟女体験談】青姦でパコパコHしたい変態フェチおばさんに逆レイプされるかのように激しく責められ露出SEXしている

・種が少ない事がわかった俺を振った女をセフレにしました

・【不倫】嫁の友達と流れでしたセックスが気持ちよすぎて困ってる

・同じ部活のやつと

・爆乳可愛い女の子との最高の4日間の思い出

・隣の奧さんにおっぱい講義をされて

・妻はマゾで、ご主人様がいた…【寝取られ体験談】

・妹と色々なプレーのエッチしています

・スケベな熟女をゲットできる意外な場所【熟女体験談】

・昔の団地妻たち

・会ったその日に中出し5発させてくれた20歳の美人OL【出会い系体験談】

・仕事から帰ってきた早漏包茎のパパ

・巨乳女子大生をカフェナンパしたら、感度が良いHな女子学生でしたwww

・■おじさん達の視線が凄いんです

・義理の妹と下ネタから

・飛行機の中、主人の隣で他の男性の指でアクメに達しトイレで・・

・【人妻体験談】思春期で反抗期の息子が母親に耳かきをしてもらって興奮し、そのまま近親相姦筆下ろし

・元ヤリマンの上司の奥さんを回した

・■犯されたのに女の弱さを露呈

・女子高生レイプ

・月1回だけ激しくセックスする人妻セフレ【出会い系体験談】

・旅行先にて

・【Hな体験】掲示板で仲良くなった巨乳処女と映画デート

・飲み屋で助けてもらったお姉様方に廻されて虜になった私

・ご近所さんと続き

・女性の派手な下着に目覚めて…【人妻体験談】

・憧れの上司と一緒の残業なら楽しくエッチもできるし最高なんです

・【Hな体験】同級生2人とやっちゃった[第6話(終):番外編]