寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

人妻のみゆきさん(6)

2018/01/11 21:15


俺は優しくみゆきさんのアソコを撫で始めました。
上目遣いにみゆきさんが俺を見上げ、何かを言おうとしましたが、俺はみゆきさんに唇を重ね何も言わせませんでした。
そして、俺は再びみゆきさんの中に指を侵入させたのです。
最初は適度に力を込めて脚を閉じようとしていたみゆきさんでしたが、しばらくすると俺に身を預けるようにして寄りかかり、やがて脚も大胆に開きました。
隠そうとしていた腕からも力が抜け、ダラリと垂れ下がりました。
俺はここぞとばかりに、みゆきさんが隠そうとしていた部分に目を向けました。
白い肌と対照的な陰毛が特定の人にしか見せてはいけない秘密の部分を覆い隠しています。
けれど、みゆきさんのそれは生えている意味があるんだろうかと思えるくらい薄く、俺の指の侵入を許してしまっている部分がほとんど丸見えです。
周囲の肌の色とは違って、そこだけ薄桃色に濡れて光っていました。
「ヤなのっ。ヤダヤダ。ダメェ。」
見せまいと、みゆきさんは再び手で隠そうとしましたが、俺はその腕をパシッと受け止め、
「見ちゃおうっと♪」
とワザとらしく覗き込むフリをしました。
そして、指をの動きをちょっとだけ速めたのです。
最初に口にした「ダメェ」はきっと指入れちゃダメってことだったと思います。
次に口にした「ダメェ」はおそらくは、見ちゃダメってこと?なんだと思いました。
明らかに「ダメェ」の種類が変わっていたように思えたのです。
(オマンコいじっちゃダメ→いじられちゃってる→受け入れちゃってる→そんな自分が恥ずかしい→
 見ちゃいやんダメ)
みゆきさんのこんな心の動きを自分勝手に想像して、俺はものすごく興奮しました。
(イかせてあげたい!俺もイかせてもらったんだから今度は俺がみゆきさんを…。みゆきさんもそれを望んでる?)
またもや自分勝手な想像で、俺はものすごく興奮しました。
「…っちゃう…」
みゆきさんは蚊のなくような声で意思表示をし始めました。
俺はちゃんと聞こえていましたが、みゆきさんの口元に耳を寄せ絶対に聞き逃すまいと構えました。それと同時に、
「みゆきさんの声聞かせて、もっといっぱい聞かせて‥」
って優しく囁きました。
「‥イっちゃうよぉ…ぁん‥んっ!」
わずかながらみゆきさんの声が大きくなったような気がしました。
俺に聞こえるようにちょっとだけ大胆になってくれたのだとしたら、嬉しいことですね。
みゆきさんは小刻みに体を震わせ、俺の二の腕をギューっと強く握りしめながらやがて張り詰めるような表情になったかと思うと静かになりました。
足先が極端に内股になってモジモジしていたのが可愛かったです。
そして、パチリと目をあけ俺と視線が合うと、逃げるようにして俺の腕の中からすり抜けました。
わずかの間、考え込むような視線をぼぉっと宙に漂わせていましたが、蛇口をひねると、シャワー口から最初に出てきた冷たい水を
「えいっ!」
っと俺に向かってブッ掛けました。
確かに冷たかったけど、火照った体には心地よかったです。
そのあと二人で軽く体を流して、すっかりぬるくなった浴槽にもう一度浸かりました。
洗い場でつい今さっきまでしていた行為についてはお互いに触れませんでした。
けれどもお風呂から出たあと、ふたりとも裸のままでロフトに転がり込み、俺はもう一度みゆきさんのオマンコに触れることを許されました。
夜が白み始め、朝日が部屋に少し差し始める頃には、シックスナインまでいっていましたが俺は我慢しきれずにまたもやみゆきさんの口の中で果ててしまいました。
もしかすると、みゆきさんは挿入までいかないように口でイかせることを選択したのかもしれないなぁと、今になって思います。
これが3回目の射精です。
すっかり日が昇ってしまい、俺たちの限られた時間はどんどん少なくなっていきました。
寝る間も惜しいってことで、俺たちはデートをしようということになり、ドライブに出かけました。
気分的には、(俺たちが平和に暮らせるような、誰も知らない土地に行ってしまいたい)って感じで出かけました。
けっこう遠出して、最終的には海辺の公園に辿り着きました。
ものすごいイイ天気で、抜けるような青空が空一面に広がっていましたが、俺たちは会話も少なく悲壮感漂う2人組でした。
周りで見てる人がいたら、身投げ心中を心配されたかもしれません。
帰りは夕方になり、寝不足の俺たちはスタミナをつけようとかそんなわけのわからぬ理由で焼肉屋に来ていました。
考えてみると人妻を連れて外食だなんて大胆なことをしていたもんだと思います。
「ねぇねぇ、焼肉一緒に食べてる男女は肉体関係をすでに結んでいる確率が高いんだってさ」
みゆきさんが肉を頬張りながらこんなことを言ってきました。
俺もその話は何かの本で読んだことがありました。
心理学的な根拠があるとかそんな話でしたが、詳しくは覚えてなかったので適当に相槌を打っておきました。
「当たってるかなぁ?」
みゆきさんは面白がっていました。
「さぁどうだろうね」
俺は肉に夢中でした。
「半分当たってるね」
みゆきさんはそう言うと
「タン塩2人前!」
と追加していました。
「このあいだ帰るとき泣いたでしょ?」
俺は突っ込んでみました。
「泣き真似だもん。」
みゆきさんは白々しい嘘をつきましたが、俺が
「今日も泣いちゃう?」
って聞くと寂しそうな表情を浮かべました。
「今日は泣かない、明日泣く。」
みゆきさんはフンって感じで御飯を口に放り込みました。
最初は何のことかわからなかったけど、ようやく気付いて俺はニヤリとしました。
それは、(今日も泊まっちゃおうかなぁ)というみゆきさんからのメッセージだったのです。
つまり、今日は離れ離れにならないから寂しくない、明日別れちゃうから寂しくて泣いちゃうかもという意味だったわけです。
旦那さんの帰りはその翌日の夜でした。
『あさってまで独身』というみゆきさんの言葉を思い出しました。
「うん、そうしよう!明日泣け!」
俺は遅れ気味の返事を返し、みゆきさんは(やっと意味が通じたか)って感じの表情を浮かべました。
そして辺りのお客さんの視線を気にしながら、
「エッチなことしないでね」って笑いました。
「わかんないよー。なんてたって焼肉を一緒に食べてしまっている男女だからねぇ」
2人にしかわからないような謎の会話で俺たちは楽しんでいました。
とても幸せでした。
アパートに帰り着いたのは、すっかり日も落ちた頃でした。
みゆきさんは俺の部屋に入る前に何件かどこかに電話をしていました。
どこにかけているのかは一目瞭然でしたがあえて触れませんでした。
とにかく眠かったということもあるのですが、みゆきさんには守るべき家庭や生活があるのだという事を決して忘れちゃいけないんだと強く認識していたからです。
余計なことは考えないことにしよう、一緒に過ごせる今を大事にしようと思いました。
焼肉屋で「エッチなことしないで」と言われたのを素直に守ったわけではないのですが、俺たちはその夜別々にお風呂に入り、軽くキスをする以外は何もしませんでした。
一緒の布団に入り、お互いの存在を確認しあうように、ただひたすら抱き合って寝ました。
みゆきさんがいなくならないように、俺は必死にしがみついていたように思います。
翌朝目を覚ますと、まだ7時前だというのに部屋の中はかなり蒸し暑くなっていました。
窓を開け放っているにも関らずです。
貧乏学生だったので、エアコンなど滅多につけないのですが、
みゆきさんが居る間くらいつけてもいいだろうと思い、立ち上がりエアコンをつけました。
すると、まだ眠ってるだろうと思われたみゆきさんが
「どこ行くのっ?」
って俺の腕をつかみました。
「エアコンつけようかと思って…。」
そして、こんな言葉を付け足しました。
「…どこにも行かないよ…。」
みゆきさんは満足そうに微笑みました。
窓を閉めきりエアコンをつけてから、俺は再び布団へと戻りました。
そして2人は抱き合いました。
お互いに口にはしませんでしたが、もう、すぐそこまで別れの時が迫っていることは明白でした。
唇を重ね、舌を絡ませあい、貪るようにして吸い合っていました。
それから俺は、まるでみゆきさんの心臓の音でも確かめるかのように、その大きなおっぱいに顔を埋め、きつく抱きつきました。

人妻のみゆきさん1  2  3  4  5  6  7  8  9  10






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【痴漢・レイプ】腐女子な彼女に俺の処女奪われたんだが【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2016/10/24 08:16
2016/10/24 08:16
とりあえずスペック俺男25フツメン彼女女21腐女子かわいい元々俺S、彼女がMある日の事後、カミングアウトされた薄々感じてはいたが、彼女はバイだった彼女「ごめん、実は彼女いるんだよね」俺「知ってた」彼女「マジかwwなんでよwまぁいいや、それでさ、わたし女の子とするときってSなんだよね」俺「?!」彼女「いやだから、責めるのが好きなの」俺「…で??」彼女「ケツよこせ」俺「!?」と、プレイ時に使ってる手錠やら何やらで俺の全身拘束し始める彼女俺「いやいや、冗談でしょ?」彼女「………」目が怖いよ、彼女さん(;´Д`)俺「おーい」まだ冗談だと思ってる俺はこの時はちょっとドキドキ彼女「前から俺のこと責めたい…
【痴漢・レイプ】輪姦された妻
2018/06/02 22:16
2018/06/02 22:16
私41歳、妻38歳。東京近郊の住宅街に住んでいる。 小学校6年と2年の子供がいる。 11月の土曜日、子供達だけ大阪の妻の両親の家に帰して、 週末は、私たち夫婦二人だけになった。 妻は子供達の世話と同時に、町内会の役員や学校の世話役などを 積極的にこなす社交的なタイプである。 普段は子供達で騒々しい我が家も怖いほど静かだった。 日曜日の夕方、近くの寿司屋に二人で出かけ、子供がいない開放感も手伝って お酒も進み、色白でかわいい妻の顔もピンクに染まり、二人ともほろ酔い気分で帰ってきた。 寝床に着いたのが12時をまわっていた。   夜中、寝室に何か異常な気配を感じ、ふと眼をさました。すると知ら…
長距離トラックの運転手と恋仲になって
2017/05/28 00:44
2017/05/28 00:44
私が初めて彼に会ったのは、ある運送会社の事務所でパートで働いていた時のことです。
事務所の受付で、向かい合わせに立った彼は背が高く体格が良い人で、私は見上げてしまいました。
私を見つめるサングラスは、一瞬“怖いおじさん”を連想させます。
私が怖がっていると思ったのか、彼はすぐにサングラスを外してくれました。
目元が涼しげで穏やかな印象です。

「やあ、可愛い姉ちゃんやね。俺、ここ初めてやねん、これから定期的に来るからよろしくな!」

最初に受けた印象とは違って、少し甲高い声と軽い感じの話し方で、親しみ易そうに思えました。
「まあ!お上手ですね、何も出ませんから、おばさんで…
ヤンキー女とヘタレ男
2017/06/02 09:01
2017/06/02 09:01
もう卒業したので告白します。 中学2年の頃からいじめにあってました。 うちの学校は女ヤンキーが多くて なぜか僕が目を付けられ卒業するまでいじめられてました。 いじめと言ってもパシリや一発芸、見張り役などで たまにボコられるぐらいでしたが・・・ でも3年になると服を脱がされ大笑いされたり オナニーを命令された(もちろんそんな事できません) 土曜日の放課後でした。 5人に呼び出され便所に行くと、タバコを吸うので 見張り役をやれと言われ、その後また服を脱がされギャーギャー騒いでた。 「チンポたたせろ」とか言われたけど抵抗してた。 するとリーダー格の女が「○○、たたせてみせてよ」って 他の女に言う…
あまり抵抗しなかった女
2018/08/20 13:44
2018/08/20 13:44
一応、印象に残っているものを書いてしまってはいるのだけど、もう少し思い出しては メモに記していました。 そのなかで、以前、ちょっと書いた、あまり抵抗しなかった女の話が、 一応、記憶をたどってまとまったので報告したいと思います。    631 名前: 713 [sage] 投稿日: 2010/05/12(水) 23:28:03 ID:aAjtVqXZ0その子はとても華奢な子でもしかすると10代だったのかもしれません。 不思議なことに拉致したときからあまり抵抗せず、言うなりという感じでした。 観念したり開き直ったりしているのではなく、良く見ると細かく震えていて 恐怖で身体の自由がきかないと言…
【Hな体験】身長もオッパイも小学生くらいのOLと
2016/01/27 09:00
2016/01/27 09:00
世の中がバレンタインデーに浮かれてやがることに反発しつつ、独り身の寂しさを出会い系サイトで誤魔化そうとしていた。性欲は人一倍あるんだよ。そしたらおんなじような女が居て、即マンに性交、いや成功。聞きたい? 昨日は出社前からムラムラしてて、朝からオナニー。出社しても、女子社員を見るとムラムラきてしまう。こいつら、今夜は彼氏とヤリまくるんだろうなーとか思って。 俺のスペック。32歳、ぽっちゃり系、独身、去年まで彼女居た。オタ臭は自覚している。 会社のトイレでも1発抜いて、手にちょっと精子つけたまま給湯室へ行き、社内で一番可愛い子のマグカップの飲み口に塗りつけた。俺の日課だ。 …
美和子物語 小学館の英会話教室
2016/08/27 22:01
2016/08/27 22:01
美和子物語 小学館の英会話教室 大阪での研修会・・・ 東京から夫の暴力に耐えかねて岡山の実家に戻ってきました。 暫くしてから、お友達の紹介で、小学館の子供英会話教室へアルバイトで勤務する事になりました。 小学館では定期的に講師の人達の研修と交流会が開かれていました。その年は大阪での開催でした。 午後、13時から会議が始まって夕方まで続きました。 17時頃に会議が終了して、夕食会が有りました。少しばかりのアルコールを飲んだと思います。 やがて、即興で英語劇が開催されることになりました。 何時も英会話を教えていますから抵抗が有りませんでした。美和子の役回りは忘れましたが、名古屋から来ていた田中さん…
男に騒ぐと殺すぞと脅され
2018/10/04 23:15
2018/10/04 23:15
 44歳のバツイチです。小さな工業製品を作っている工場で、検品の仕事をしながら、独身者向けの市営住宅で一人暮らしをしています。市営住宅は山を切り開いて作られた造成地にある団地です。

 駅と駅の中間にあって、山の中腹なのでどちらの駅からも歩くと25分位かかります。片方の駅からはバスが出ているのでほとんどの住民はバスを使うのですが・・私が働いている工場はもう一方の駅寄りにあって、
30代のドMな美人女医を調教!痙攣しながら大量のザーメンを飲み干しましたwww
2017/03/22 18:02
2017/03/22 18:02
出張を終えて、

私はシャワーを浴び朝一の電車に乗り、

新幹線に乗り継いで、慌ただしく用事の為に戻る為に、

ホテルをチエックアウトしてから新幹線に乗り込んだ。

その横の窓側の席には、スリムな女性が座っていた。

私の席と勘違いした彼女が、

疲れ席を立ったり慌てていたのだが、

席は正しく隣合わせだった。

それを切っ掛けに軽い話が始まり、

彼女から今日は仕事で徹夜だとの話題から、

理由は言えなかったが私も徹夜だと話が進み、

彼女の徹夜の仕事を聞くと、大学病院に努める勤務医であった。

30代の既婚で、数ヶ所の病院を回ると。

偶然に降りる駅も同じで、

お互いの行動範囲が重な…
【姉】彼女よりも気持ちよかった 【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/07/02 07:57
2017/07/02 07:57
1:名無しさん@おーぷん:2014/05/12(月)23:36:17ID:DOBJHNP3T 彼女よりも気持ちよかった 姉弟だど体の相性いいってマジなんだな2:名無しさん@おーぷん:2014/05/12(月)23:36:57ID:wMudlAMWh 腹筋しにきたのに3:名無しさん@おーぷん:2014/05/12(月)23:37:06ID:uoVnKEkZQ kwsk早く早く4:名無しさん@おーぷん:2014/05/12(月)23:37:37ID:r0gSLtVR4 スペック5:名無しさん@おーぷん:2014/05/12(月)23:38:30ID:TCIa2lANL 腹筋じゃねーのかよ6:名…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・温泉旅行先で会社の同僚に妻が大サービス

・ 寝取られ動画サイトに影響されて、嫁を単独男性宅へ

・【人妻体験談】出会い系で知り合った子持ちママをイカせたら、中出しの許可が出た

・妻に淫らな体験をさせ興奮する私。

・【不倫】工事服の男の巨大なシンボルに私の目は釘付けになった

・下着好きな俺が若い子の脱ぎたて下着を撮影した話をする。

・無防備な妻 改 4

・もう私もとっくに我慢の限界を超えていた。この年になっても下半身は元気・・・

・【人妻体験談】約束を破られたことに怒り、友達に乳首を見せて嫉妬させてくる妻

・【熟女体験談】母が寝た深夜、セクシーランジェリーで待つ兄嫁と母に気づかれないように正常位SEX

・【レイプ】宅配便を装った男にレイプされました

・大きいのが好き

・女だけど出会い系のアプリでヤリ捨てした話

・もうすぐ

・手取り足取り教えてくれる出会い系の人妻

・【Hな体験】奇跡のアラフォーヌードモデル

・【人妻体験談】セックスレスな友人の奥さんに誘惑され、ヨガる奥さんに高速ピストンで中出し

・【熟女体験談】若い頃はかなりの遊び人で調教もしていたヤリチン夫が妻の姉を口説かないか心配

・マンションの2階から人妻の手招き誘い

・【初体験】キスもしないで別れた元カノに卒業式の後で告白して

・授乳期のギャルママにこっそり中出し

・「芸能人に会える」と声をかけられ着いて行ったらレイプされた

・【初体験】ストリップ小屋でオバチャンと生板ショー

・【不倫】6年続いたセフレを切った話

・自分の彼女が自分以外の人にされたHな話

・【熟女体験談】エッチ話にも寛容な人妻に激しいバキュームでフェラをされ、思いっきり中出し

・※意地っ張りな俺は、嫁が昔のバイト仲間と会うのを許してしまった(転載禁止)

・【人妻体験談】夫に内緒で元メル友相手に心も身体も捧げ、性奴隷となっている

・【乱交】知らない男達に物のように扱われる歪んだ興奮

・ローラ父、20年前から日本で犯罪