寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

人妻のみゆきさん(2)

2018/01/11 16:11


「じゃ今度俺の手料理をたらふく食べさせてあげるよ」
「え?私の手料理じゃなくっていいのー?」
「ええっ!?作ってくれるの?」
「何が食べたいの?」
「なんでもイイっ!」
会いたいだなんて一言も言ってないけど、さも当然のように俺たちは会うことになりました。
一緒に美味しいものを作ろうという目的でしたが、俺にとってはみゆきさんと会うのが目的みたいなもんでした。
翌日、例のスーパーとは全く逆方向、しかも少し遠目のスーパーで俺達は待ち合わせをしました。
もちろん平日でしたので、みゆきさんはお子さんが幼稚園から帰ってくるまでには帰宅しなくてはいけません。
午前中に一緒に材料を買い物してお昼ご飯を作って食べるという計画でした。
まさか既婚女性のお家に、旦那が留守中にお邪魔するなんて大胆なことができるわけなかったので、もちろん場所は俺のアパートでした。
待ち合わせ場所に現れたみゆきさんは、ちょっぴり変装気味に帽子を深くかぶっていました。
「知ってる人に見つかったらと思うと…ドキドキするぅー」
まるで子供みたいにスリルを楽しんでいるみたいに見えました。
ニンジンやたまねぎ、食材を次々にみゆきさんが買い物カゴに入れていきます。
そしてカゴを持ってるのは俺。ただそんな単純なことが嬉しかったりしました。
メニューは俺がリクエストしたハヤシライス。
なんとなくハヤシライスな気分だったのです。
買い物を終え、俺のポンコツ中古車の助手席にみゆきさんを乗せアパートに向かうことにしました。みゆきさんはチャリンコで来てたので、念には念を入れて近くの駅の自転車置き場に隠していきました。
木は森に隠せです。
こうして、初めて出会ってから二ヶ月あまりで、個人的に会うところまで漕ぎ着けました。
俺の部屋で料理まで作っていただくのですから、そりゃあもう緊張しました。
~料理中の出来事は省略~
まるで旦那様のように俺はテーブルに座ってればいいだけでした。
専業主婦というだけあってテキパキと支度が整っていきます。
イイ匂いが漂い始め、俺の目の前に昼食とは思えないほどの豪勢な料理が並びました。
「張り切りすぎちゃったっ。 えへへ♪ さぁ食べよっ!」
そう言いながら、みゆきさんがエプロンを外しました。
そして、テーブルを挟んですぐ目の前にみゆきさんのおっぱいが…。
美味しい食事とその向こうにおっぱい、なんて素敵な昼食だったのか。
一生忘れられそうにありません。
毎日こんな料理を食べている旦那さんが本当にうらやましかった。
料理は本当に美味しかったんですよね。
みゆきさんが俺のために作ってくれたってだけで美味しく感じたのかもしれませんが。
「普通にレストランとかで注文して、コレ出てきても遜色ないかも。」
「ほんと?嬉しいー。んじゃぁねぇ…880円になります♪」
その時、俺は賭けにでたんです。
頭の中で誰かが(体で払うと言えよっ!さぁ今だ!言えっ!)って叫んだ気がしたんです。
「体で払…」
「ふぁ~あ。いつもこの時間お昼寝してるから眠くなっちゃった…」
俺の大勝負のセリフを打ち消すようにみゆきさんはアクビをしました。
両腕をもちあげ伸びをするような大きな仕草で、本当に大きなオッパイだと再認識しました。
一体何がその中に入っているのですか?って感じでした。
「ん?なんか言った?」
「いや、別に何も…」
俺は賭けに敗れました。
しかも、あまりにもおっぱいジロジロみてるってみゆきさんに気付かれたような気がして、あわてて目を逸らしました。
「後片付け俺がやるから休んでていいよ。ほんとに美味しかったです。」
俺は食器を流しに運び洗い始めました。
そんなの私がやるから!ってみゆきさんに言われましたが、休んでてもらうことにしました。
「なんなら昼寝しててもいいよ」
なんて言いましたが、非常に下心丸出しの助平親父みたいな印象だったかもしれません。
間髪いれずに
「皿洗ったら、すぐ送っていくからそれまで休んでて」
って言い直しました。
みゆきさんはしばらくぼけ?っとしていましたが、部屋の中を歩き回り、ウロウロし始めました。
やがて俺の隣にやってくると、
「ねぇねぇ、880円分を体で払うとどのくらいだろう?」
って顔を覗き込んできました。
胸の谷間が思いっきり見えてました。
聞こえてないと思っていた俺のセリフはちゃんと聞こえていたみたいでした。
もしかすると、あえて聞こえなかったフリをされて、距離をとられたのかとも思っていたので、みゆきさんのほうからその話題に触れてきてくれて嬉しかったしビックリしました。
けれど俺はなにも答えられませんでした。
ふと目に入った胸の谷間に釘付けです。
ワザと見せ付けて挑発してるとか、そういうわけではなかったのですが、その無防備さがときに暴力的なほどにエッチなのです。
「○○君、風俗とかいったことあるの?アレって50分8000円とかじゃない?ということは880円だと約5分だなぁ…」
「は、はぁ…。」
俺は風俗行ったことなかったので空返事でしたが、割り算して約5分だということは頭の中で計算してました。(笑)
そして、最後の一枚の皿を洗い終わりました。
「じゃぁ、5分間キスしてもらおうかなぁ‥」
イットケイットケイットケーーーーーーーーーーきすイットケーーーーーー!
俺はもう無我夢中でみゆきさんの柔らかな唇を吸いまくりました。
おっぱいに手を伸ばそうか迷いましたが、手はビショ濡れだったので思いとどまりました。
軽くみゆきさんの腰に回し、支える程度にしておきました。
みゆきさんは俺の首に腕を回し、少し背伸びするようにしてしがみついていました。
正確に5分間だったのかどうかはわかりませんが、非常に長いあいだ舌を絡ませていたような気がします。
一度離れては見つめ合い、見つめ合っては再び唇を重ね、そんなことを何度か繰り返したときに、みゆきさんの携帯が鳴りました。
お互い音の鳴るほうに目を向けましたが、
「大丈夫、目覚ましのアラームなの。お昼寝してる時間だからさw」
そう言ってみゆきさんは微笑みました。
抱き合っていた二人は、何事もなかったかのように帰る準備をし始めました。
「じゃ、送ってくよ」
俺がこのセリフを言ってしまえば、俺達2人はまた元通りの生活に戻っていったことでしょう。
昼食をともにし、ちょっとした遊び心でディープキスしただけの仲。
暇を持て余していた主婦と、年上の女性に憧れを抱いた俺の、ちょっぴり大胆な冒険。
非常識であり、モラルに反することではありますが、だからこそ燃えてしまう二人だったのかもしれません。
なによりも、二人で秘密を共有するということがたまらなく萌えでした。
「やっぱし、ハヤシライスセットで3500円だったかも!」
自分でもなかなか洒落たセリフだと思いながら、俺はみゆきさんを押し倒しました。
思いっきりみゆきさんを抱きしめていました。
「あははは、セットだったのぉ?それにしたって3500円は高いなぁー。」
そっと顔を近付け、唇が触れるか触れないかの微妙な距離で、
「だってHセットだもん…」
と俺は囁きました。
もしOKならば、みゆきさんの方から唇を重ねてくるのではないかと期待しながら…。
俺の思惑は見事にはずれ、みゆきさんは
「どうせ私は3500円の女ですよ…」
と、顔を背けました。
その仕草の可愛らしいこと、俺は思わず耳元で
「好き…」
と口走り、さらに強くみゆきさんを抱きしめました。
そして首すじに軽くくちびるを押し当てながら、みゆきさんのおっぱいへと片手を伸ばしました。
服の上からではありません、もう最初から服の下へと侵入したんです。
生で触ろうと思って…。
「コラコラコラ、5分間のキスセットでは満腹にならなかったの?」
俺の手を押さえつけながらみゆきさんは身をよじっていました。
「うん、追加注文でデザートをお願いしたいんですけど…」
そう言いながら俺の手はみゆきさんのおっぱいに到達しました。

人妻のみゆきさん1  2  3  4  5  6  7  8  9  10







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【妹】妹の性癖が。特殊です。 【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/07/22 23:52
2017/07/22 23:52
カテゴリー:妹の性癖が。特殊です。 1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/27(火)19:31:25.87ID:ADHgNgEY0 性癖にどうのこうのって言うつもりは無かったんだが。 一つ証拠を見つけてしまうと芋づる式にどんどん出てきたんだ。まぁ、暇な奴いたらちょっと聞いてくれ。5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/11/27(火)19:35:45.86ID:ADHgNgEY0 話は三日前に戻るんだが。 俺はちゃんと許可を取り、妹の部屋に乙一の小説を取りに行った。 なんつうか、乙一はまってさ。まぁそんなことはどうでもいい。正直、お前…
花火大会で混雑する河原でSな彼女に手コキでイカされた体験談
2017/04/12 13:10
2017/04/12 13:10
学生の頃、下宿先の近くで花火大会があり、彼女と出掛けました。

下宿に彼女が迎えに来てくれ、そこから一緒に行きました。

暑い日で、僕はジョギパンにTシャツでした。

花火は近くの河原の道路から、周りは凄い人出で、幸い二人並んで見ることが出来ましたものの、殆ど通勤電車の中のような状態でした。

その時、ふと股間に感触があったのに気づきました。

僕がはいていたのはタオル地のすその広いジョギパンで、今のもののようなインナーが付いてなく、下はブリーフでした。

ジョギパンの上からではなく、下のブリーフの上から直に手のような感触があったのです。

ふと下を見ると、彼女の手がジョギパンの隙間から入り込…
純情で世間知らずな人妻の思い込みにつけ込んで…【人妻体験談】
2016/09/29 20:10
2016/09/29 20:10
人妻 菜穂子(自称40歳)とは出会い系サイトで知りあった。
ご主人の上着のポケットに、スナックの女の名刺が入っていただけで、浮気者扱いしてしまうほど純情で世間知らずの女だった。


菜穂子は旦那が浮気したと思い込み、ひどく落ち込んでいた。救いの言葉が欲しくて出会い系に登録したようだ。

俺(45歳)は、そんな菜穂子に更に追い討ちをかけた。

「その女の名刺を持つてるってことは、お店に何度も通い、Hをしまくってるね。
それに、そういう女とHするような男は、それ以外にもいろいろと遊びまくってるね」と。

そんな菜穂子と会う約束をするのはたやすいものだった。

渋谷で待ち合わせをし、居酒屋で飲み、ラ…
【羞恥】タイツフェチの僕がバレエ教室で射精した話
2017/04/30 10:00
2017/04/30 10:00
タイツフェチの聡と申します。子供の頃からタイツが大好きで、12歳の時にタイツの中に射精して以来、タイツは僕に快楽をもたらしてくれる淫靡なアイテムとなりました。 黒タイツを履いた女性が好物ですが、白いバレエタイツにレオタード姿のバレリーナも大好きで、バレエレッスンしながら先生や練習生とセックスする妄想を膨らませていました。 そんな僕にまたとないチャンスがやってきました。隣町にバレエ教室がオープンして『生徒募集中』というチラシを目にしたのです。先生は元タカラヅカの方で、僕好みの美人です。レオタード姿で微笑んでいる先生の写真を見ただけで、三回もオナニーしてしまいました。 電話…
【人妻との体験】寝ている俺のすぐ横で後輩と妻がセックスしていた
2017/05/15 00:24
2017/05/15 00:24
寝ている俺のすぐ横で後輩と妻がセックスしていたエッチ体験談。 今から15年以上前だったか、当時バブルの絶頂期で大学卒業を控えた俺はいくつかの企業に面接に行った。 当時は今の就職難など嘘のように俺のような2流大でも引く手あまただった。 本命は某大手企業だったのだが、何せ一応受けた中小企業の接待攻勢がすさまじく当時まだ純情だった俺はあえなく陥落してしまった。 犯された清純派アナウンサー 御厨あおい入ったのは中くらいの印刷会社。 細かい仕事や職人技術に憧れていた俺は儲けを度外視して面倒な仕事ばかり選んでは毎日深夜まで仕事をしたが、同僚達は殆ど仕事を丸投げして中間マージンをとるだけでボロ儲け俺…
【寝取られ体験談】妻がAVに
2015/11/14 20:36
2015/11/14 20:36
2010/05/24 01:51┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者 八代美香…36歳。A型。身長160センチ B84、W60、H87  妻の性格は一言で言えば、おっとり型  いつも優しく微笑んでいる事から“モナリ ザ”というあだ名を子供達から付けられている。  趣味はガーデニングとフラワーアレンジメント 特技は、ピアノと書道、そして昔取った 杵づかで意外にもママさんバレーのレギュラー選手である。  これが私、八代一明(39)の妻、美香のプロフィールです。  夫婦仲は普通でしたが、最近、妻が私…
パチンコ屋で20代の子持ちのギャルママをナンパ【人妻・ギャル】
2017/09/20 23:00
2017/09/20 23:00
滅多にパチンコしないんだけど、たまに無性にやりたくなる。 そんである日そのパチンコ無性にやりたくなる日に パチンコ屋に行ってやってみたら大勝ちした。 軍資金2~3万用意してたんだけど、 1万も使わずに7~8万の勝ち。 ワーイ!って感じで浮かれていると 隣に座っていたヤンキー系の茶髪女が おめでとう~って感じで話しかけてきた。 俺も気分良く受け答えしてたら 何か仲良くなっちゃって、 俺勝ったから晩御飯に約肉でも奢ろうか?って 流れになった。 そのヤンキー女は25歳くらいで 小池栄子に似た感じで気が強そうな顔って 想像すればわかりやすいかもw そん時のヤンキー女はホットパンツにチュ…
姉ちゃんと野外セックスの現場を目撃した結果www
2018/02/18 16:02
2018/02/18 16:02
俺が中3で、姉ちゃんが高2のとき。

「ねえ、なおくん、海行こうよ」

俺がテレビ見てたら、姉ちゃんそう言ってきた。

「え?俺と?」

「うん。今日友達予定があって、誰も遊んでくれる人がいないんだもん。一人で行くのもなんだし」

「うん、いいよ、わかった」

俺は海に行く支度をした。

俺は海の近くに住んでいて、

自転車で5分の場所に、海水浴場があった。

きれいだけどそんなに人は多くない、

穴場的な砂浜だった。

俺と姉ちゃんは自転車で海に行った。

シーズン中だったから、

穴場の浴場でもそこそこ込んでいた。

海の家に荷物を預けると…
みんなで雑魚寝してる横で大学の先輩と中出しSEX【エロ体験】
2016/10/01 10:21
2016/10/01 10:21
半年くらいまえ大学の男の先輩二人と、

自分と女友達で2対2で朝まで飲んだ時お持ち帰りされた。

けっこう酔っ払ってて、

朝お店が閉まる時間になって、

みんな自分ちまで帰るのがめんどくさくて

女友達の家に行くことになった。


友達の家について、

女友達はベッド、ひとりの先輩はソファ、

私ともう一人の先輩は床に雑魚寝してた。

その先輩は私の膝で膝枕して寝はじめたから、

私は初め寝転べなかったんだけど

どうしても眠たくなっておかまいなしに寝転んでやった。

先輩の足側のほうに寝転んだから、

先輩の頭があたしのお腹あたり、

あたしの頭が先輩のお腹あたりにくる体制になった。

【母親との告白体験談】母娘とセックス
2016/02/28 05:28
2016/02/28 05:28
友達の妹(既婚者)をおいしくいただきました。 その娘もいただきました。 母子はあそこやあれも似ていると思います。 母娘の類似点は以下のとおりです。 1)あえぎ声(声質のみ:調子は異なる)2)アソコのにおい3)発毛状態4)乳頭の形5)耳垢のにおい6)足のつめの形母親から。 私より4つ年下で、子供の頃から人なつっこくかわいかったです。 今では3人の子供の母親で(長女がJC3)歯科技工士をしています。 実家に帰ったとき、彼女にあって、車に乗せて街の中心部まで送っていきました。 帰りも乗せてあげたのですが、結果的に、乗せてもらったのです。 子供の頃の話をしていると「○○くん、こど…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【乱交】2年ぶりに再会したセフレの家でウハウハの3P

・メンヘラ糞ビッチに惚れたら地獄が待っていた話

・【熟女体験談】セフレの淫乱痴女でドスケベなおばさんと残業中に会社でガチイキ絶頂SEX

・ネットで遠距離女をやった

・旦那と彼から人妻を奪い調教する 5

・【近親相姦】離婚して戻ってきた娘と生で毎日・・・。

・寝取った人妻の耳元でダンナの名前を囁きながらハメハメ

・新社会人ってセックスするの簡単すぎw 4

・さっき手コキ風俗に行った話をはじめようと思う

・彼女は少し呼吸を荒くしながらだまって言うとおりに・・・

・会社の誰もいない給湯室はエロ室

・男性の生殖器への魅力

・ 車をぶつけたおかげで、美人の人妻と初体験できました

・【熟女体験談】脇毛フェチが脇毛風俗嬢を見つけ出し、脇毛パーティを行う変態

・女が楽しむ電車内の痴漢遊び

・【羞恥】ボート訓練で目撃したクラスメイトたちの小さな膨らみ

・専務のアレを1時間近く舐めていた

・新社会人ってセックスするの簡単すぎw 3

・新社会人ってセックスするの簡単すぎw 2

・旦那と彼から人妻を奪い調教する 4

・大雪のおかげで好きだった兄と結ばれました

・お互いのプライベートに干渉しない不倫

・【浮気】その名器に死角はなかった

・【人妻体験談】喫茶店で超ミニスカ制服で接客することになった主婦がお客さんのエッチな視線に晒されることに・・・

・新社会人ってセックスするの簡単すぎw 1

・旦那LOVEの人妻を落すテクニック

・【Hな体験】ずぶ濡れになった女子高生と車で雨宿り

・養子に出した息子が養子先を乗っ取り

・先輩女子のリクルートスーツに欲情した俺は・・・

・巨根を一度入れてしまえば女はもうお終いです・・・