寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

もう母親にも妻にも戻れそうもない 2/2

2018/01/11 16:14


私は行こうか行くまいか考えましたが、昨日聞かされた携帯に録音された『あのときの声』のことを思い出して、言うことを聞くしかないと思い、村上君に言われた通り綺麗にお化粧をして、よそ行きの服装に着替えて出かけました。9時半過ぎに駅前に着くと、ロータリーの一番端に村上君の車が停まっていました。村上君の家は相当裕福な家庭らしく、彼の愛車はかなり高価なスポーツタイプの外車です。窓をノックすると助手席に乗るように指で合図する村上君。私は周りの目を気にしながら恐る恐る乗り込みました。「昨日のことが忘れられなくてさぁ」村上君は運転席から私の顔を覗き込むように言いました。「えっ?・・わ・・忘れられないって・・そんなこと・・」私は緊張で口の中がカラカラになり、上手く喋ることができませんでした。村上君はそんなことを気にせずに車を出しました。私は窓からの景色をぼんやりと見ながら、いったいどこに連れて行かれるのか?行き先を案じるしかありませんでした。出発してから1時間ほど走ったところで広い国道から脇道にそれると、そこはラブホテル以外何もないような場所でした。「さて・・どこにする?お母さんの好きなところでいいぜ」「えっ!?・・私の好きなって・・そんな・・わかりません・・・」「わかんねえ?じゃぁ俺が選んでやるよ」「待ってください・・私はそんなつもりで来たんじゃ・・」「はぁ?じゃぁどんなつもりで来たんだよ。あんただってセックスしたくて来たんだろう?」「そ・・そんな・・ち・・違います!」「へへへ、そんなに恥ずかしがることねえだろう、あ、ここ良さそうじゃん・・」村上君は嬉しそうに言うと、西洋のお城のような形の妙に豪華なホテルに車を入れました。ホテルに入ると、誰もいない薄暗いフロントにある色々なお部屋の写真が付いている大きなパネルの前に連れて行かれました。
村上君は私の肩を抱き寄せながら「早い時間だから良い部屋が全部空いてるじゃん・・どこでも好きな部屋を選べよ」と言います。「そんな・・私・・こんなところ・・」「いいから選べよ・・その部屋であんたは俺に抱かれるんだから・・」「・・・」私は仕方なく、最上階のすごく豪華なお部屋を選びましたが、別にそのお部屋が良かったわけではなく、ただ何となく選んだだけだったんです。でも村上君は私をからかうように、「お母さんもやっぱり女だね。どうせやるならきれいなお部屋でお姫様みたいに抱かれたいってか?」「そんなっ!・・そんな言い方はやめてください・・」「冗談だよ、そんな怒るなって」村上君はニヤニヤしながら体を密着させて私をエレベータに引き入れました。狭いエレベータの中で、村上君は私を抱きしめるようにしながら耳の辺りに唇を這わしたり胸やお尻を触ったりしてきました。1階から6階まで行くわずか数十秒間が凄く長く感じるほどしつこく触られると、何だか体がぞくぞくしてしまい、驚いたことに自分でも判るくらいアソコが濡れてきてしまいました。エレベーターを降りて私を先にお部屋に入れ、ドアに鍵を掛けると、村上君が背後から抱き締めてきました。そしてお部屋の玄関でまだ靴も脱がないうちから私のスカートの中に手を入れて股間を触り始めました。「嫌・・待って・・」私は濡れているのを知られたくなくて村上君の手を抑えようとしましたが、強引にパンティーの中に手を入れてアソコを触ってきました。「ほらほら・・何もしてないのにもうビショビショじゃないか」「嫌・・言わないで・・」すぐにシャワーを浴びようと思っていたのに、まさか部屋に入っていきなりこんな風にされるなんて考えてもいませんでした。お部屋に入ると、村上君はすぐの私を押し倒そうとしましたが、シャワーを浴びさせて欲しいとお願いすると「シャワーか・・案外可愛いこと言うじゃん。時間はたっぷりあるから良いよ」と言って離してくれました。ところが私がシャワーを浴びていると村上君も入ってきて、私が使っていたスポンジを取り上げました。そして自分の手にボディーシャンプーをたっぷり付けると、それを私の体に塗りこむような感じで洗い始めました。「嫌っ!・・恥ずかしいから止めてください・・」私は懇願しましたが「良いじゃねえか」そう言って私の乳房や下半身にシャンプーの付いた手を滑らせました。そして「今日はここも綺麗にしておこうか・・」そう言って私のお尻の穴に指を入れるようにしました。私は初めてのことだったので心臓が止まるくらい驚きました。「そ・・そんなところ・・絶対に嫌です・・」「心配すなって、ここに入れようなんて考えてねえよ」「で・・でも・・」「良いから言うこと聞けよ」そう言って私の体中を洗いました。私が浴室から出ようとすると村上君が「俺の体も綺麗に洗ってくれよ」と言って呼び止めるので、私がスポンジを取ろうとすると「そんなの使わないで体を使うんだよ」と言います。私が村上君の言うことがどういうことなのか理解できずにいると、浴室の壁に立掛けてあったベッドくらいの大きさのマットを床に倒すように敷いて、そこに熱いお湯をかけたあとにローションを撒きました。村上君はその上に仰向けになると、私に向かって「体中にボディシャンプーとローションを塗りたくって俺の体の上を這いまわれ」と言い出しました。「えっ!・・そ・・そんなこと・・できません・・」「できませんじゃねえよ、やるんだよ」まるで恫喝するように言う村上君が怖くて、仕方なく言う通りにしてみました。「やりゃあできるじゃねえか、お母さんはソープで働けるぜ。熟女専門店ていうのがあるらしいからな」「ソ・・ソープだなんて・・そんな酷いこと言わないで・・」「今度はアソコに石鹸たっぷりつけて、陰毛で俺の体をこすれ」「!・・・」私は村上君のあまりの言葉に返す言葉もありませんでしたが、逆らうことが出来ずに言われた通りのことをしました。村上君はとても上機嫌でした。それはそうでしょう、お風呂で私にあんなに恥ずかしいことをたくさんさせたんですから、不機嫌なわけがありません。よくわかりませんが、村上君の言う通りにソープ嬢の真似までさせられて、私はもう完璧に壊れてしまいました。お風呂から出てベッドに行くと、村上君が私に向かって言いました。「昨日は俺が感じさせたやったんだから、今日はお母さんが俺を楽しませる番だぜ」「私の番って・・いったい何をしろって言うんですか?・・」すると・・・。「人間の口って言うのは物を食うだけのためじゃなくて人を喜ばせるためにも使えるんだよ。その唇と舌を使って俺を満足させろ。お母さんだって旦那にはしてやってるんだろう?」と命令調で言いました。そして・・・。「旦那にする時よりも、もっとたっぷり時間をかけて中年女らしく厭らしくやるんだぞ」と言って、仰向けに寝転びました。私はもう逆らうことなど出来なくなっていましたが、始める前に村上君にお願いをしました。先ずは村上君に『お母さん』と呼ばれることがたまらなく屈辱的なので、何でも良いから他の呼び方で読んで欲しいと言うこと。二つ目は、私と関係を続けるつもりなんだろうから、娘の真奈美とは別れて欲しいと言うことです。そして真奈美の名前は口にしないで欲しいことも付け加えました。そして三つ目は、ちゃんと避妊して欲しいということです。私だってまだまだ「女」、生理もあるし子供が産める体ですから、間違って村上君の子供を妊娠してしまったら大変です。村上君は私の話を聞いて、「お母さんが嫌なら『奈津子』と名前で呼んでやる」と言いました。20才も年下の男の子に呼び捨てにされることは屈辱ですが、『お母さん』よりは気が楽なのでそう呼んでもらうことにしました。しかし、真奈美のことについては・・・。「それは奈津子次第だな」避妊は「大丈夫だよ、真奈美や他の女とだってナマでやってるけど一度も妊娠させり病気をもらったりしたことは無いから」と言って、明確な返事はくれませんでした。それでも私が「避妊だけはちゃんとしてくれなければ嫌だ」と言うと・・・。「そんなに心配ならピルでも飲んだら良いじゃないか」そしてイライラしたような声で「ウダウダ言ってないで早くやってくれよ」と私に催促しました。私は村上君が望む通りのことをしました。主人とも交わした事のないような、激しく濃密なディープキスを私の方から村上君に何度もしました。村上君の体中に舌と唇を這わして舐めたりキスしたりもしました。「そこをもっとしろ」と言われればその通りにしました。名前を呼び捨てにされて命令されるがままに村上君の体中を愛撫しました。私も知らず知らずのうちに激しく興奮してしまい、私が一方的に愛撫していると言うのにアソコからお汁が滴るほど溢れ出してきました。こんなことは初めてでしたが、溢れ出したお汁が太腿の内側に垂れてくるくらい濡れていました。「シックスナインしようぜ。奈津子も舐めて欲しいんだろう?」私はその言葉に一瞬凍りつきました。それは、まだ何もされていないのにお汁が滴るほど濡れているところを見られてしまうのがたまらなく恥ずかしかったからです。でも村上君は待ってくれません。「何してるんだよ、早く舐めさせろよ」私は村上君のペニスをお口に含んだまま彼の顔の上を跨ぐような姿勢をとりました。「あれっ!?何にもしないうちから汁が溢れてるじゃん」案の定、村上君は私のアソコを見ると大きな声で言いました。そして厭らしい音を立てながら舐めたり吸い付いたりし始めました。「あぁぁ・・・」それは待ち焦がれていた瞬間だったのかもしれません。私は下から込み上げて来るような快感に負けてしまい、淫らな声を上げながら村上君に身を任せました。村上君に舌と唇でクリトリスを責められたり、指で中を掻き回されたりしているうちに、彼…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【近親相姦体験告白】高校生の妹
2017/11/30 12:22
2017/11/30 12:22
俺も大学二年で童貞。妹が二人いるんだが、高2の妹は高校の時に文化祭のミスコンで選ばれたりしたほど圧倒的にかわいい。 その妹が以前俺のアパートに二泊ほど泊まりにきたとき、夜風呂から下着姿で出てきて、童貞の俺に見せつけるようにソファーに座って脚を組んで『お兄ちゃんは童貞だから女の子の下着姿なんかなかなか見れないでしょ!記念によく見ておきなさい。』と言われた。 妹はかなりスタイルがよく美乳で脚が綺麗で、俺は妹の下着姿なんか見てないふりをしながら、実は、女性の生の下着姿を見たのは初めてでかなり刺激的だったので勃起していた。 僕は脚フェチなので妹の下着姿で脚を組んでいるのを見てかなり興奮したが…
【近親相姦】彼両親に挨拶にいったら「アレルギー?それ好き嫌いでしょ」と言われたから食ってやった【
2017/03/09 12:11
2017/03/09 12:11
今までにあった最大の修羅場 £47 awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1340680684/23: 名無しさん@HOME 2012/06/26 19:32:20結構昔の話。 私は甲殻類・貝類アレルギー。学生時代から付き合ってた彼と結婚することになり、相手の実家に挨拶に行った。 家族だけでなく、親戚一同でお出迎えして頂き、歓迎ムードでの宴会。 彼の実家は海辺の町で、出てきたお料理は豪華な海の幸。 彼にも彼親にも、アレルギーってことは伝えてあったんだけど、 「せっかくだから食べられるものだけ頂こう」と思ってた。25: 名無しさん@HOME 2012/06/26 …
ド淫乱の母と乱交パーティなんて…
2015/08/12 06:00
2015/08/12 06:00
変態なんですよ…。もうホントに、どうしようもないくらい…。
アレを『淫乱』って言うんですよ…。とにかくチンポが好きなんです。チンポがあれば、誰でもイイみたいで、チンポの代わりを着けてたら、女の人でもイイんですよ。
…僕の母、なんですけどね。
僕26歳、母48歳、父53歳。僕、もうすぐ結婚して、婿養子に入って、変態家族から完全分離・独立するはずだったんですよ…。
それなのに父が事故で入院しちゃって…。それだけなら、別にどうってコト無いんですけどね。ベッドでグルグル巻きの父が言ったんです…。
「………お前、母さんと、乱交パーティーに出てくれ。」
 
ありえないでしょ…
時の過ぎ行くままに
2017/10/14 21:31
2017/10/14 21:31
約20年くらい前の話。 嫁と離婚してから半年後、嫁の実家の近所の女の子(よしみ)9歳が遊びに来た。 とりたて可愛い子ではなかったが華奢な感じの子。 私は夜の仕事をしていてその日は休日、平日でも自宅でゴロゴロできる身分だった。 お昼前に自宅に帰る途中でよしみを見つけ、声をかけたら後で遊びに行くってその場はバイバイ。小一時間してよしみがやってきた。小銭を渡しお菓子を買いに行った。 戻って来るタイミングでお風呂の準備。 私は帰宅するといつもシャワーかお風呂に入るのが習慣だった。よしみに一緒に入るか?って言うと、気持ちいい位の声でうんって返事。 私が先に入りよしみのガラス越しに裸になって行くのが見えた…
馬鹿兄妹 アディオス (ジャンル未設定)
2015/11/03 21:30
2015/11/03 21:30
馬鹿兄妹 そろそろ終劇 (ジャンル未設定)の続き http://www.seilogs.com/archives/1043963655.html おもちゃにされたようなSEXの後で、吹っ切れたのかいつものテンションで 談笑し始めた妹。 「なんで、お前最初逃げてた訳?」 「だって、あたしから誘ったの初めてじゃん。やる気アリアリだと思われたらやだし」 「いやいやいやいやw もう思ってるちゅーの」 「てか、いつもやる気ありすぎだぜ、お前」 「ホント、こんなに身体も性格もいい女っていないよ」 性格じゃなくて性癖だろって思ったけども、妹はこんな事言…
池袋の初風俗で出会った娘が好きになってしまい…1【風俗体験談】
2016/09/07 21:10
2016/09/07 21:10
就職して3年ぐらいの少し余裕が出来た頃、先輩に誘われて初風俗デビューした。

正直俺はモテなかったし、女の経験だって1人しかいなかった。
そんなレベルで行くとハマるぞ!とよく言われてたから、自ら行こうとはしなかった。

金曜だったかな、飲んでる時に「風俗行くか!」となり、そのまま連行された。

初めての風俗だからそれはもう究極に緊張してた。
池袋の細長いビルで、ケバケバしい外観の入り口を今でも思い出します。
週末だったから店は混雑してて、選べる女の子は3人しかいなかった。

ぶっちゃけ俺はどの子でも良いかなって思いだったのに、先輩が「この子はどのくらい待つ?」「じゃこの子は?」と選び出してた。…
★年配パート人妻に精子発射
2018/01/01 14:52
2018/01/01 14:52
 私は45才既婚でただいま単身赴任。彼女は同じ職場のパートさんで53才人妻。仕事は日曜と隔週木曜がお休み、月に1度位彼女は私の部屋にやって来る。彼女とは初めは仕事の上での付き合いしかなかったが下ネタも十分に通じるちょっと小太りの年より若く見える女性。

 だんだんとプライベートの話もするようになった時、ご主人の浮気の相談を受けた。単身赴任の私も浮気をしているのかと思ったのかいろいろと相談された。そのとき、私は浮気はしていなかったがそれなりの受け答えはしていた。

 彼女は私のタイプの女性で、前から気になってはいたが身持ちが堅そうだったのでそんな素振りは見せないでいた。ある平日のお休みの日、…
【犯され】プールで教え子に犯された
2016/02/12 16:17
2016/02/12 16:17
生徒の女の子のYさんから個別指導を頼まれた俺は、 軽い雑談を交わしながら彼女に指導をしていた。 俺はプールサイドに両手をかけて上半身を水面から出し、 腰から下を水中に沈めた体勢で、水中にいるYさんを見下ろして談笑していた。 「センセー、彼女いるの?」と聞かれたので 「去年別れた」と答えると 「へー、かっこいいのにー」と言われて俺もまんざらではなかった。 調子に乗った俺にYさんは 「じゃあセンセー、オナニーしてるの?」とニヤニヤしながら聞いてきた。 俺は苦笑いしながら「ああ。男はみんなやってるよ。」と答えた。 するとYさんは興味津々に 「えー、ほんと!?どうやってやるのか…
人妻は巨根が好き【人妻体験談】
2017/01/24 00:30
2017/01/24 00:30
人妻というものは実際相当なもので、大半は変態な人が多いと思います。
私は現在、1人の人妻を交際しています。

そもそも、私の精力が絶倫過ぎて妻が私を満足させてくれないからです。
毎晩、私が妻を抱いていても、射精するまでに妻は相当回数逝ってしまう為、私は射精することなく妻がダウンしてしまうから、私の方が欲求不満となってしまったのです。

そんな事が耐え切れず、私は人妻と知り合うサイトへ。
しばらくして30台の人妻と知り合いました。

人妻は巨乳で私好みです。顔は普通ですが、おっぱい星人の私にとっては最高の人となりました。

現在、その人妻とSEXで楽しんでることを告白したいと思います。

人妻は…
言葉責めで本気汁を垂らす超々爆乳でマゾな彼女
2016/06/27 00:13
2016/06/27 00:13
今まで色々アルバイトをやったが

その中で一番思い出に残っているのがファミリーレストラン。

将来結婚しようと思える彼女と出会った場所です。

俺は、接客じゃなくて、

ファミスレスの厨房で調理の仕事だったんだけど、

あるときぽっちゃりした感じの

女の子がバイトで入ってきた。

地味だけど不細工ではなくて、

ちょっとボーっとした感じで見るからに大人しそう。

太ってるとわ言えないけど

お腹とか顔とか全体的にふっくらしてて

癒やし系な感じの女の子だった。

最初は別になんとも思ってなかったけど

仕事教えたりバイト終わりとか話をするたびに、

ユニフォームを押し上げる

ボリュ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・(新)続続・全裸イナバウアー 3

・【愕然】52歳の女と性欲に負けてヤってしまった結果wwwwwwwwwwwww

・テニス最高

・■人妻の需要は捨てた物じゃないですね

・真昼間から近所の奥さんとヘアの濃さ比べ

・【Hな体験】アロマエステのお姉さんと店外デート

・【痴漢・レイプ】地下3階で・・・

・お酒が入ると大胆になる私の告白

・【痴漢・レイプ】爆乳人妻生保レディーを犯してしまいました・・・

・【寝取られ】彼女のDQNな元カレから送られてきたハメ撮り写真

・【痴漢・レイプ】夜行バスで痴漢してみた人妻と・・・

・旦那に仕込まれてる所為か・・・

・【痴漢・レイプ】職場仲間の人妻を・・・その1

・【痴漢・レイプ】昔男にレイプされた時の話

・パンツ

・【Hな体験】鉄仮面と呼ばれていた女先輩が見せたいやらしい顔

・クンニ好きの男友達にちょっとだけ舐めさせてって言われて

・【熟女体験談】夫が病気で入院した時に義父に恋をして濃厚なSEXをする不貞主婦

・■エロの中出しが好きな主婦です

・初対面の爆乳ちゃんと避妊もせずに・・・

・【人妻体験談】夫とも倦怠期気味な人妻が彼女ができた男友達と不倫SEXして鬼イキ

・拾った女子高生7

・とてつもなく可愛くてフェラ上手な24歳

・ママチャリ乗ったムッチリ巨乳若妻ナンパしたら簡単にやらせてくれた

・【Hな体験】人妻ボディービルダーとバイト仲間の女子大生[後編]

・【痴漢・レイプ】夫には言えない私の秘密

・初めての3Pは女友達とその友達とでした

・■うちの人SEX終わるのが早くて

・【痴漢・レイプ】彼氏のこと犯したった その3

・私っておかしいですか?