寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

もう母親にも妻にも戻れそうもない 1/2

2018/01/11 14:32


私の名前は奈津子、42才の主婦です。きっかけや理由はどうであれ、娘の恋人を奪ってしまった酷い母親です。10才年上の主人は関西に単身赴任中で、今は20才の一人娘と東京近郊にある海の近くの町に住んでいます。娘の名前は真奈美。都内にある女子大の2年生で、村上君と言う同じ高校を卒業した22才の彼氏が居ました。外見だけで言えば、とても爽やかな感じの一流大学に通っている男の子で、正直に言えば、もしも私が若くて独身だったらこんな彼氏が欲しいと思うような子です。真奈美には知られていませんが、今年の4月、私は真奈美の留守中に訪ねてきた村上君に犯されてしまい、それ以来泥沼のような不倫関係から抜け出せなくなっています。その日の朝、真奈美はサークルの春合宿に3泊4日の予定で出かけて行きました。掃除と洗濯を済ませて、ありあわせの昼食をとった後だったので、ちょうどお昼の1時を過ぎた頃に村上君は訪ねてきました。私が不審に思ったのは、村上君は真奈美の彼氏なんだからこの日から合宿で居ないことくらい知っているはず、それなのに家に来たことです。私は玄関先でそのことを聞いてみましたが、「合宿があることは聞いていたけど、就職のことなどで忙しかったからすっかり忘れていた」と言いました。村上君は普段からとても律儀で真面目な子だったので、私もうっかり信じてしまいました。そして、「せっかく来たのだからお茶でも」と言って、私一人しかいない家の中に招き入れてしまったんです。村上君を居間のソファーに案内し、私がお茶の支度をしている時に悪夢は始まりました。私は村上君に背を向けてお茶やお菓子を用意していたので、彼が背後から近付いて来ていた事に全く気付きませんでした。ティーカップとお皿をお盆の上に置いた瞬間、村上君に後から羽交い絞めにされたんです。私はパニックになり何が起こったのかしばらくの間理解できませんでした。そしてそれに気付いた時、私は居間の隣にある和室に置いてあった干してベランダから取り込んだばかりの布団の上で村上君に組み敷かれていました。
「お母さん、布団を出しておくなんて用意がいいじゃないですか」村上君はいつもとは違い、とても惨忍な顔つきでニヤニヤ笑いながら私を真上から見下ろして言いました。「なっ・・何をする気なの!?・・乱暴なことは止めて・・」「乱暴なこと?お母さんさえ素直になってくれれば乱暴なんかしませんよ」「素直に?・・・どういう意味ですか!?・・バカなことは止めて!」「どういう意味も何も、真奈美の代わりにヤラせてくれりゃそれで良いんですよ」「真奈美の代わりって・・まさかあの子とこんなことを?」「もちろんセックスしてますよ。お母さんだって20才の頃は処女じゃなかったでしょう?」「セックスしてますって・・そんなっ!・・それに私は・・」「心配しなくても大丈夫ですよ。真奈美はセックス下手だから他に相手が居ない時だけです」「あの子が下手って!?・・なんてひどいことを言うの!・・ひとでなしっ!・・早く離してっ!」「ひとでなしはひどいなぁ、お母さん。どっちにしろ、ひとでなしの俺にヤラレちゃうんですよ・・逆らって痛い思いをしながらヤラれるのか?それとも俺の言うことを大人しく聞いて気持ちよくヤラれるのか?どっちが良いんですか?」「そんなこと・・私には夫がいるし・・それにあなたよりも20才も年上なんですよ!バカな真似は止めてください!」「年なんか関係ないんですよ、お母さんは俺好みのイイ女だしね・・・」そう言うと私の着ている物を脱がそうとし始めました。私は必死に抵抗しましたが若い男性の腕力に勝てるはずもなく、あっと言う間に着ていたものを剥ぎ取られて、ブラジャーとパンティーだけにされてしまいました。村上君は私の上に馬乗りになったまま、ニヤニヤしながら着ている物を脱ぎ始めました。そしてトランクス一枚になると、私の手を掴んで股間を触らせました。私の手には熱を帯びながら硬く大きくなったものの感触が伝わってきました。その恐ろしさに慌てて手を引っ込めると、村上君は私の顔を覗き込んでニヤニヤしながらこう言いました。「久しぶりの感触でしょう?これで少しは気が変わったんじゃないんですか?」私はあまりの恐ろしさに声も出せずに首を横に振るしかありませんでした。「まぁ良いですよ、嫌だとかなんだとか言ったって女なんてちょっと弄ればすぐにその気になるんだから」村上君はそう言ってわたしの背中に手を回しました。「あっ!いやっ!・・」ブラジャーのホックが外されました。私は慌てて胸を両腕で隠しましたが、村上君に力ずくで腕を剥がされてブラジャーを取られてしまいました。それでも必死に隠そうとする私の手を何度も払い除けると、「想像していた通り、イヤラシイ体つきだぜ・・とても40過ぎの体には見えないですねぇ・・」そんなことを言いながら、汗ばんだ大きな手で私の乳房を撫で回したり揉んだりし始めました。最初のうちはただ恐ろしくて何も感じませんでしたが、村上君に乳房を揉まれ乳首を弄ばれたりしているうちに、自分でも信じられないことですが、それがとても感じるようになって来ました。でも、そんな素振りを見せてしまえば村上君を増長させるだけだと思って、私は声を出さないように唇を噛みながら必死に耐えました。しかし、そんなことはすぐに見破られてしまいました。「結構感じてるみたいじゃないですか。無理せずに素直に声を出してくださいよ」と、私の気持ちを見透かしたように言いました。「ほら・・乳首だってこんなにコリコリになってきましたよ」と、乳首をイヤラシイ指使いで責めるように刺激し続けられると、悔しくて悲しくてたまらないはずなのに、自分でも信じられないような淫らな声を上げてしまいました。村上君は、してやったりという顔をしながら私の乳首に吸い付きました。そしてわざと私の顔を見ながらチュウチュウと大きな音を立てて吸ったり、舌先で転がすように舐め回したり、時々歯を立てて優しく噛んだりしました。主人が単身赴任中と言うことで、ただでさえ欲求不満気味の体にこんなことをされたら敵いません。私は自分の意思とは反対に、胸を突き上げるようにして村上君の愛撫を求めてしまいました。村上君はそれを待っていたかのように、更に激しく執拗に私の体を責め始めました。「ずいぶんイヤラシイ顔をするんだね・・ひょっとして真奈美よりもお母さんのほうがスキモノなんじゃないの?」「えっ!?・・・」まさか私がそんな表情をしているとは・・・。それ以上に自分の娘と比較されながら犯されるなんて、これは悪夢以外の何ものでもありません。村上君はそんな言葉を吐きながら、胸だけでなく、首筋やうなじにまで舌や唇を這わせてきました。私は心では強い恐怖と屈辱を感じながら、体はその逆・・・。村上君に刺激を与えられた体からは自然と力が抜けていきました。「真奈美よりもお母さんのほうが全然良いね・・・こうなったらお母さんに乗り換えちゃおうかな」私の耳元に口を寄せてイヤラシイ口調で言うと、そのまま唇を重ねてくる村上君。私はそれを拒むことさえ出来なくなっていました。村上君の舌が入ってきて、私の口の中を舐め回すように動き回り、唾液を啜られたかと思えば彼の唾液を飲まされ、そして舌を絡めとられてしまうと、私は抵抗することを完全に諦めてしまいました。すると村上君は私が諦めた事を感じ取ったのか、唇や舌を弄ぶようなキスをしながら手を私の下半身に伸ばしてきました。村上君は私のパンティーの中に手を入れると、迷うことなくアソコに指先を滑り込ませてきました。そして指を動かすと、私のアソコは聞くに堪えない淫らな音がするほど濡れていました。「あれっ?・・・すげえ濡れてるなぁ・・」村上君は私のアソコを指で弄りながら呟きました。言葉遣いもいつの間にか私よりも優位に立ったように変わっています。そして私のお汁がたっぷり付いた人差指と中指を私の目の前に翳して「ほら、糸を引くほど濡れ濡れだぜ」と言って、指をチョキチョキさせて指の間に糸を引かせて見せました。無理矢理犯されているにも関わらず、こんなに感じてしまっていることに、私は酷い絶望感と羞恥心に苛まれました。村上君はそんな私の胸の内を見透かしたようにニヤニヤ笑いながら、私のお汁でヌルヌルに濡れ光る指を口に含んで、味わうようにしゃぶって見せました。「美味い!・・お母さんのほうが真奈美よりも良い味してるぜ」(こんなことまで娘と比べるなんて・・・。)私は死んでしまいたいほど恥ずかしくて悔しくて涙すら出ませんでした。もう呆然とするしかない私・・・。とうとうパンティーまでも脱がされてしまい、村上君の目の前にすべてを曝してしまいました。「毛の生え方・・・親子でそっくりじゃん」村上君は嬉しそうに言いながら、私の脚をぐいっと広げさせました。私はすべてを諦め、目を瞑って時が流れるのを遣り過ごそうとしましたが、彼が私の股間を覗き込みながら言った言葉を聞いて現実に引き戻されました。「やっぱり親子だねえ、毛の生え方だけじゃなくて色や形までそっくりじゃねえか。この穴から真奈美が生まれてきたんだろう?」そして・・・。「でも濡れ加減はお母さんのほうが凄いね。真奈美はこんなに濡れねえし・・」そこまで言われると、さすがに我慢できなくなり、「お願いだから・・もうこれ以上あの子のことは言わないで」と言ってみましたが、「良いじゃねえか、真奈美のほうが良いとは言ってねえだろう」と取り合ってもくれません。村上君は広げた脚を閉じることが出来ないように押さえつけると、イヤラシイ指使いで私のアソコを弄り始めました。あんなに真面目そうな子だったのにすごく手馴れていて、女性が感じてしまうポイントを…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
お互いでかい物を持つ、好きモノ同士の夫婦
2017/02/22 06:49
2017/02/22 06:49
妻はでかいちんぽが好きである。 私はでかい乳が好きである。 お互いでかい物を持つ、好きモノ同士で結婚をした。 結婚して15年経つが、未だに妻は私のでかいちんぽを貪る。 私も負けじと巨乳を揉み、舐め回し、乳首を引っ張りながらいじめている。 ほぼ毎日やっている。 毎日精子を妻に飲ませ、最後には中出しもする。 妻は毎日ちんぽをでかくする。 そして毎日しゃぶって精子をごっくんして、まんこにはめて最後はいくのだ。 私はそんな妻が大好きである。 妻も私が大好きと言っている。 妻は「私、あなたのちんぽでなきゃ感じないし、いけないのよね」と。 実に嬉しい事を言うものだ。 「あなたのち…
ママ友の情報共有の早さに恐怖
2015/11/08 17:30
2015/11/08 17:30
俺は夜の仕事が多い。妻も働いていて、幼稚園の子供の行事やお迎えは俺の仕事になる事が多い。 そして、そこで人妻達と会う機会も多いと思う。ある日、友達と飲みに行っていて、偶然隣の席に子供の母親達がいた。 向こうは4人で来ていて、結構飲んでいたみたいで、すぐに同席するように言われてしまった。 他の3人も同じ幼稚園の子供がいるみたいで、そう言われてみれば顔を見た事があるなと思っていた。 向こうは俺の事を知っていた。 男親が迎えに来たり、行事に出たりするのは目立つらしい。 その中で、Y子が俺にやたらとくっついてきたり、話に割り込んできていた。 今思うと俺を見る目も誘うような、色っぽい目をしていた。母…
【SM・調教】M女と聞いてたのに実際は責め好きの女王様だった
2018/02/04 14:00
2018/02/04 14:00
2ヶ月ぐらい前。SMパートナー探し専門掲示板で、やっとこぎつけた女性と会うことになった。当初、彼女はM女だと言っていたが、実際は責めるの大好き女王様だった・・・。 待ち合わせ当日。軽く2人で食事をすませる。 女「今日はゆっくり時間ある?」 俺「うん!」 女「じゃ、一緒に面白いことしようね!」 そう言われ、速攻でホテルへ。なにやら女は大き目のバックを肩に下げてチェックイン。そして別々にシャワーを浴び、少しゆっくりしていると、女がバックに手を伸ばした。何をするのかと思っていると、俺は女のなすがままに全裸で尻をついた状態で後ろ手に縛られた。 (えっ・・・俺が縛られてるし・・・…
半中出ししても気付かない泥酔した女との体験談
2017/01/21 06:55
2017/01/21 06:55
昨日、同じマンションの友達Hのところに彼女とその友達が来ました。

夜飲み会になりみんな良い気分。

Hは遠距離恋愛中だったので、彼女の友達けいこ(22歳、スレンダーで顔はもろ僕好み)が気を利かせて僕の部屋で寝ることとなりました(ちなみに2人で旅行中でした)

酔っていた僕とけいこは部屋に帰ると布団にはいりました。

1つしかないのでその辺で寝るといったら一緒に寝ようということになったのでした。

まだ夜は寒く体を密着させあっているとお互いむらむらしてきてセックスに突入してしまいました(当然か・・・)

話を聞いていると1週間前に生理が終わったばかりとのことで危険日。

べろべろに酔…
女子集団のお仕置き?小学生編?
2017/02/07 03:05
2017/02/07 03:05
舞台は小学校6年○組の教室。 日頃から女子のスカートめくりをしている男子を放課後呼び出す。 そして被害にあった女子を含めたクラスの女子十数名が その男子を取り囲み教室を占拠する。 「××君、スカートをめくられた女子がどれだけ恥ずかしい思いをしたと思ってるの。 今から××君にも、その恥ず かしい思いを身を持って味わってもらうから覚悟してね。 それー! こいつに仕返しだー」 と言うリーダー女子の合図で女子全員が男子に襲い掛かる。 「やめろー、やめてくれー」 と言う男子の叫びも空しく衣服が次々と剥ぎ取られ、あっと言う間に白ブリーフ一枚の情けない格好にされる。 女子達の黄色い 歓声の中、ブリーフを手で…
無精子症の友人に頼まれて、友人の妻と子作りSEXで無事ご懐妊
2016/06/01 12:07
2016/06/01 12:07
何処にでもいる平凡な会社勤めの男が私である。
結婚し、子供にも恵まれなにふじゅうなく暮らしている。
基本的に、残業などはしないで軽く飲んでから帰る毎日を過ごしていた。
あの日、中学以来の親友、山本から連絡が入る迄は

「あっ、俺。今日の夜会えないか?相談が有るんだ。」
「大丈夫だよ。6時には会社出るから7時に駅前の○○でいいか?」
「いや、佐知子も一緒だし、人に聴かれたく無い事だから吉祥寺の○○○に来てくれないか?個室予約しておく。」
「ああ、分かった。6時40分には吉祥寺に着くから行くわ。」
「悪いな。奥さんには佐知子から連絡させとくわ。明日休みなんだろ?」
「土曜だか…
【レイプ体験談】堕ちた礼子 1
2015/11/26 09:54
2015/11/26 09:54
私は31歳の中学教師です。 私は、同僚の〇〇礼子(25歳 T162B84 W59 H85ちなみにこれは、彼女いわくです)にとても憧れていました。 彼女は同僚、生徒からもとても人気がありました。それもそのはず、一流モデル並みの美形、スタイルもよく、そのうえ性格も明るくて、とてもやさしい女性でした。 どうも彼氏とは1年程前に別れたようで、今は(今から半年程前)同僚の二枚目男性教師Kと、仲が良いと言う噂がありました。これから告白することは、今から半年程前のことです。私は容姿もたいしたことなく冴えない男です。それなりに今まで何人かの女性とは御付き合いしてきました。ただ飽き易い性格のため、いつも別れて…
妻にセフレを…
2018/01/28 19:29
2018/01/28 19:29
2008/03/10 20:29┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:Yさん?私(31才)と妻(33才)は結婚四年目の夫婦です。 子供が欲しかったのですけど、妻が不妊症のなので諦めました。 そのため二人暮らしなのですが、私は仕事で出張が多く(一ヶ月の半分以上)家を空けている間は妻は独りぼっち。 そんな妻にある夜のSEXの最中、私は冗談半分にこんな提案をしてみました…「お前さぁ?いつも独りで寂しいって言ってるだろ、俺の居ない間に抱いてくれる男欲しくない?」妻はちょっと驚いた感じでなかなか答えなかったのですが、そのことを想像したらしくアソコがかなり濡れていました。 数日後、出張から帰ってきた…
【義家族との体験】 従姉妹のお姉さん
2016/06/27 17:25
2016/06/27 17:25
小学校の高学年の頃、従姉妹のお姉さん(みかちゃん)が、うちに下宿していた。高校を卒業し、看護学校に通うため、地方から出て来ていたんだ。家はさして広い方でもなく、みかちゃんに部屋を提供するため、僕の机を縁側の隅っこに置き、縁側全体を僕の部屋として使うことになった。みかちゃんは、僕に申し訳ないと、すごく恐縮してた。もっとも僕は、姉と共同の二人部屋よりも、その場所を結構気に入っていたんだが。みかちゃんは、当時、真面目でおとなしい少年だった僕をかわいがってくれた。 友達と出かける時なんかも「小さなボディガード」と言って、あちこち連れていってくれた。今思えば、みかちゃんは幼児体型のロリ顔で、けっこう…
思い切っての告白
2016/01/06 17:05
2016/01/06 17:05
去年の事。3週間程寸止めオナニーを繰り返し楽しんでいました。そして朝から出かけ昼には用事も済みどうしようかと思いブラブラしていたところ 高校生の女の子と仲良くなることになりご飯を食べ、ホテルに行く事になりました。私が女の子のことを厭らしい目で見ていたのがバレていたんでしょう。たしかにムラムラが限界でした。 キスをしただけでおちんちんはビンビンでした。一緒にお風呂に入っているときもカチカチですぐにも出てしまうんじゃないかというほどでした。私は思い切って、自分が変態だということと性癖を聞いてもらいました。オナニーを見られたい、と。女の子はいいよといい私の前にすわります。ドキドキしながら目の前でおち…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【痴漢・レイプ】ケンカした彼女を半ば無理やり

・(新)続続・全裸イナバウアー 3

・【愕然】52歳の女と性欲に負けてヤってしまった結果wwwwwwwwwwwww

・テニス最高

・真昼間から近所の奥さんとヘアの濃さ比べ

・【Hな体験】アロマエステのお姉さんと店外デート

・お酒が入ると大胆になる私の告白

・【痴漢・レイプ】爆乳人妻生保レディーを犯してしまいました・・・

・【寝取られ】彼女のDQNな元カレから送られてきたハメ撮り写真

・【痴漢・レイプ】夜行バスで痴漢してみた人妻と・・・

・旦那に仕込まれてる所為か・・・

・【痴漢・レイプ】職場仲間の人妻を・・・その1

・パンツ

・【Hな体験】鉄仮面と呼ばれていた女先輩が見せたいやらしい顔

・【痴漢・レイプ】やらせてくれる姉 -きっかけ編-

・クンニ好きの男友達にちょっとだけ舐めさせてって言われて

・痴漢専用車

・【痴漢・レイプ】山菜採りで起きた・・・

・彼女の裸

・■エロの中出しが好きな主婦です

・昔おじさんに女装メス調教されていた私と、それを知った上で結婚した妻

・初対面の爆乳ちゃんと避妊もせずに・・・

・とてつもなく可愛くてフェラ上手な24歳

・【Hな体験】人妻ボディービルダーとバイト仲間の女子大生[後編]

・JKの露出14

・嫁が妊娠中だから仕方なく超スローセクロスしたら結果wwwwwww

・■うちの人SEX終わるのが早くて

・欲求不満の人妻がデカチン男に焦らされ失神寸前

・【痴漢・レイプ】彼氏のこと犯したった その3

・私っておかしいですか?