寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

処女マンコの締め付けが半端なかった件wwwwwwwwwwww

2018/01/11 12:02


40代。

精力には自信があったので、

好みの女性には慎重に優しく、アタックした。

妻や理紗さんの他に、

いつも4人の女友達と代わる代わるに深く付き合っていた。

最初は永くて太いペニスに驚いて、

ある程度緊張していたが、

1度すんなり結合した後は安心するのか、

余程気持ちが良かったのか、2回目のデートからは、

私の怒張した逸物を観ると、

どの女性も眼を輝かせて積極的に求めてくるようになった。

2人は同年代の人妻で、相手の都合に合わせて、日中に情を交わしていた。

1人は20代前半のOLで、

もう1人は32歳の、いわゆるお局さん。
私は水商売の女性には手を出さなかったし、金で女性を買った事もなかったが、会えないときは電話して気持ちを伝えていた。

彼女たちの誕生日や、時々デートの合間に気の効いた、好みの衣服やブランド品の時計や、バッグ等をプレゼントした。

彼女たちの喜び様は、そのあとのセックスでも激しく淫らに燃えて、私を喜ばせた。

この頃は抜かずの2発をお見舞いすると、どの女性も完全にイキ放しになって、女体を征服できた。

キープしているセフレとは別に、性欲の趣くまま時々摘み喰いをした。

しかし、「私、美人よ」とうぬぼれている女性や大柄な女性、巨乳やウェストのない太っちょの女性、未成年の女性は敬遠した。

処女の女子大生を相手にしたのは、相手に望まれての情交だった。

私の勃起した巨根を見て驚いていたが、丁寧に体を愛撫してやり、乳首とクリトリスを丹念に刺激すると、次第に感じ出して、身をくねらせて悶えだした。

正常位で、初めは濡れそぼっている膣口に亀頭だけを当てて、様子を見た。

「いいか?」

「ええ、良いわぁ、お願い!優しくしてえ」

逃げないように肩を抑えこんて、グイッとペニスを押し込んだ。

「ウ、グ、グゥ」

眼を閉じて身体をのけぞらせ、避けるように構えてる。

膣の奥深くまで貫いて征服した。

もう観念したのか、私の思うままに身を任せている。

ピストン開始。

「アァ~、イイ~、イイィ」

最初の性交でもうエクスタシ~を味わっていた。

ブル、ブルと腰を震わせて、快感に耐えていた。



「ダメエェ、もう、許してぇ~。

私、イクゥ~」

「じゃあ、射精するよ~、イイねぇ?」

「ええ、お願い!!」

溜まっていた精液を、初めて男を受け入れた彼女の蜜壺に存分に放射した。

処女を最初の性交でイカセタのは、初めての経験だった。

50代になっても、私の精力も性欲も若い年代の男性に劣らず、旺盛だった。

毎日、妻か或いは親しい女性を抱いて、懇ろに何回もイカセテやった。

抜かずの2発も、連射出来た。

女体を優しく愛しみ、降参するまで愛しみ、エクスタシーの境地に導き、最後は失神するまでよがらせて楽しんだ。

1回の性交で、4,5回はイカセテから、おもむろに結合した。

女性が感極って叫び出し、オマンコの筋肉だけでなく、身体中を痙攣させてオルガズムを迎える頃、一気に深々と挿入するのだ。

女はのけぞって快感を訴える。

もう絶対妊娠する心配はないので、オマンコの奥深くに男のエキスをたっぷり注ぐ。

どの女性も歓喜の声を上げて喜ぶ。

射精した後、まだ勃起しているペニスを舐め廻す女性もいれば、「もっと、欲しい~」とおねだりする淫乱な女性もいる。

そんな時は、ご要望に応じて再挑戦するのはいうまでもない。

特に、理紗さんとお局さんは性欲が強く、飽きることなく、貪慾に私のペニスを欲しがり、愛撫を求めて歓ばせてくれた。

人妻の由梨さんは、日頃旦那と疎遠な故か、おしとやかな外見に似合わず、決して自分からは求めないが、Hな話題や淫語を好み、由梨さんの性器や性感帯をなで回し、「やあ、今日はもうすっごく濡れてるぞ~。

由梨のクリトリス、ピンク色に勃起してるぞ~」などと言うだけで、身悶えして「ァ、ア、いやあ~感ずるウ~!ほしいわあ~」

1回目の性交が終わって一緒にお風呂に入り、上がってきて私が、再度、再再度、求めると、決して断らずに嬉々として「また、するのウ?」と言いながらも、ジュクジュクした身体を開く。

私の愛撫に応じて、正常位、騎乗位、後向位と、何度も体位を変えて睦み合い、オマンコがヒリヒりするまでペニスをオマンと摺り合わせて、朝10時から夕方まで性交を重ねるのが、常だった。

残り惜しそうに身支度して帰る彼女を駅迄送り、再会を約すと「うれしいわァ、また、よろしくね」

由梨さんとデートした時、彼女からセックスレスで悩んでいる友達の話があったので、「1度お会いして、相談に乗ってもいいよ」と。

軽く返事をしたところ、「そお、じゃあ今度一緒に連れてくるから、いい?」

「ああいいいけど、どうして、欲しいの?」

「そうねえ私の前で愛の手ほどき、してみる?」

「えっ、そんなあ~」

「いいわよ、私も一緒に愛してくれればいいじゃあない」

そんな会話があって手筈通りにあらわれた女性は、由梨さんと同年代の人妻だった。

「私、柴田香苗です」

自己紹介されたが、ほっそりした小柄な美人だった。

初めは恥ずかしそうに俯いていたが、ホテルの部屋に入り私と由梨が、愛の交歓を始めると顔を、上気させてもつれ合う二人をうらやましそうに見入っている。

由梨さんの下着を脱がせて、性器の愛撫をはじめた。

由梨さんの歓声に興奮したらしく、体を揺らせて我慢していた。

やがて私が、ヌードになった時に私の怒張したペニスには驚異の声で、「由梨さんからは聞いてたけど、信じられなかったの私。

本当にご立派ねえ。

びっくりだわ!」

「貴女もいらっしゃいよ」

由梨さんの誘いに、もじもじしていたが、彼女もヌードになって、私のペニスに触り頬ズリしてくれた。

愛撫だけで2回、由梨さんをイカセテから由梨さんを後向位で犯しながら、股を広く拡げた香苗さんのオマンコを愛撫した。

肌色の小陰唇。

陰毛もポヤポヤと薄く、つつましく包皮に包まれた小さなクリトリス、あまり使い込んでいないオマンコだった。

もう、ソコは、濡れ濡れで膣口を、パクパクと収縮させている。

由梨さんをイカセテから、射精した。

直ちに香苗さんの性器を徹底的に愛撫した。

「アァダメェ、こんなに感ずるの~始めてぇ~。

由梨さん、許してぇ~私、イクイクイク、イグウ~」

首を左右に振り、取り乱してヨガル香苗さん!

身体全体で快感を訴える。

頃合いを見て射精した。

「どう、よかった?」

由梨さんの質問にこっくりとうなずいて、「とっても素敵でした」と、答える香苗さんでした。

由梨さんと香苗さんとの3Pの3回目。

大いに楽しんだ後、由梨さんは香苗さんに、「幹夫さんて本当に素敵でしょう?。

女の急所を心得てるんだからぁ。

私、幹夫さんを独り占めにしたいけど、ままならないのよねぇ。

良かったら私に遠慮しないで、雅夫さんと2人だけで会っても良いわよ」

「えっ、イイの?貴女に悪いわ」

「いやあ気にしないで、ただし、黙って秘密にしないで私には事後報告だけは、キチンとして頂戴ね」

ああ、これで、理紗さんだけでなく、香苗さんとも1対1でデート出来ると、思うと、内心うれしかった。

香苗さんから聞いた「携帯」にテルすると、約束の時間にリザーブしたホテルの部屋にあらわれた。

香苗さんは瀟洒な衣装で、恥ずかしそうに上着を脱いで椅子に座った。

「やあ、最初にお会いした時よりもとてもきれいになったし、ふっくらとして雰囲気も明るくなったみたいですね」

「まあ~っ、そんなあ、そうだとしたら私を喜ばせて戴いた幹夫さんのおかげですわ」

「今日はもっともっとよくしてあげるよ。

私のエキスで肌もすべすべになるといいね」

「うれしいわ、期待してますわ」

そう言って、私を見詰める眼はうるんでいた。

それとなく尋ねると、「由梨さんとは高校時代からの友達で、わたし26歳で結婚したの、でも妊娠したこともなく、4年前にご主人に、先立たれてからは、寂しい毎日でオナニーだけで性欲を紛らわせようとしても無理よねえ。

主人以外の男性は知らないし、主人のセックスは1月に1回だけしか抱いてくれないのよ。

でもそれが普通かと思っていたのよ。

それで由梨さんにそれとなく相談したんです。

彼女驚いてたの。

健康な女性は、素敵な男性に愛されるべきだって、彼女、云うのよ。

そんなわけで、彼女にすすめられるまま、あなたに会う決心したんです。

でも、本当によかったわ。

幹夫さんに会って、私、セックスの歓びを初めて知ったの。

これからもよろしくお願いします」と頭を下げて、恥ずかしそうに告白した。

「じゃあお互い、大人のお付き合いで楽しみましょうか」

ゆっくりと、体を引き寄せて、デイープキッス。

胸をまさぐりブラジャーを外してCカップの乳房を撫で廻し、乳首をかわるがわる吸ってあげた。

「アア、イイ、イイ、イイ~イイ~」

体をそらせて乳首を勃起させている。

内股から上に手を伸ばすと、秘所はもう濡れてヌルヌル。

下着を全部脱いであげて、M字開脚。

クリトリスに触った。

ピクピクと反応した。

「いや~ん、恥ずかしい」甘い声で訴える香苗さん。

かまわず舌で、クリトリスを攻める。

透明な愛液がオマンコの奥から流れ出てきた。

ウェストのくびれた柳腰を震わせて、快感を楽しんでる様子。

やがて半狂乱になって、体を痙攣させ始めた。

「ダメェ、もう、…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
寝取られに興奮・・・・
2017/11/23 15:31
2017/11/23 15:31
2人の子持ちで47歳になる妻の話です。 妻が、ある日突然、夜のバイトをしたいと言い出しました。 話を聞いてみると、週末限定でスナックで勤めてみたいとの事でした。 週末だけなら、まぁ取り合えず行ってみたら?と軽い気持ちでOKしました。 結婚前は、証券会社に勤める普通のOLで、夜の仕事とは全く縁遠かったのですが、持ち前の明るさで、面接もクリアし、早速勤め出しました。 勤めてみると、非常に楽しいようで、毎週末を楽しみにしていました。 客層は悪くなく、サラリーマンや自営業者が多いとの事で、私も安心していました。 3ヶ月くらいたった頃、「どう?相変わらず楽しい?」と聞くと、妻は、「むちゃくちゃ楽しい!!…
【人妻体験談】妻と教え子
2016/02/09 17:22
2016/02/09 17:22
私38歳自営業 妻33歳結婚7年目子どもなしの夫婦です。 私は親が経営する居酒屋の手伝いをして一応「専務」という肩書きを貰っています。 仕事は夕方前に家を出て、家に戻るのは深夜になります。 妻は元教師で結婚してからは小学生相手に夕方から夜にかけて個人授業の塾を自宅で開いています。 生徒は5年生が2人、6年生が3人の5人だけです。  ある日夕食の時に妻が「K君が親にデジカメを買ってもらったのでモデルになって欲して言うの、どうしよう・・・」と相談してきました。 K君は5年生で可愛い感じの子です。 「例えばテストをして80点以上だったらワンポーズ、85点でツーポーズとかにすれば頑張って勉強す…
お互い離れられない肉体関係【SEX体験】
2017/12/06 09:28
2017/12/06 09:28
先日取引先の方から飲み会に誘われた。飲み会は取引先の男性3人と女性4人と俺の計8人。居酒屋→カラオケとお決まりで終わった。帰ろうしてると人妻30歳事務員裕美さんがもう
女子大生デリヘル嬢にガチ惚れされて生本番wwwwwwwwwww
2018/04/03 00:00
2018/04/03 00:00
某有名地区にあるソープに遊びに行った。

料金はめちゃくちゃ高いけど、

半額のデリでハズレを引くよりはいい。

店に入ると空いてる女の子を選ぶんだけど、

あんまりタイプはいなかったが「この子は19歳で巨乳ですよ」

と優里ちゃんを勧めてきたのでその子にした。

部屋に入り、タバコを吸ってたら現れた子は、

小柄な少し肉付きいい娘で、少し新垣結衣に似てるかな?

だけど作り笑い感満載で、プレーを開始。

確かに張りがある巨乳で、シャワーで洗ってもらいヌルヌルにして、

体を擦り付けてくれた。

巨乳で挟んでパイズリして貰い、バイブで彼女に反撃。

「やん!いゃん!」

と声をあげて直ぐ…
★女は理解しがたい生き物ですね~
2015/12/11 22:09
2015/12/11 22:09
 背が高く、綺麗で清楚な人妻と半ば無理やり関係を持ちました。その後も嫌がる彼女と関係を続けていましたが、可哀想になって会うのを控えました。するとある日彼女から泣きながら電話をしてきたのです。

 久しぶりあった彼女は表情がまったく違っていました。妖艶な雰囲気でホテルに入ると自分から膝まづき、私の肉棒を丹念に嘗め回しました。そして「めちゃくちゃに犯してください」と言いながらスーツ姿でお尻をこちらに向けてクネクネと腰を振りました。
 私は彼女の変化に戸惑いながらもスカートめくり、パンストとパンティを下ろして熱いものを彼女に突き入れました。すると大声を出してそれだけで彼女はガクガクといってしまい…
突然の雨に濡れ兄と…
2016/01/06 23:01
2016/01/06 23:01
これからお話しする事は去年の2月頃の事でした。 私は当時某私立高校に通う二年生でした。 通学には自転車を使用し片道約40分の道のりです。 その日は朝から快晴、雲一つ無い澄み渡った青空が眩しかったのを覚えています。 そんな空を見て誰が雨を予想するでしょうか? お昼を過ぎた頃から雲が出始めて、帰宅時間の頃には今にも雨が降り出しそうな真っ黒な雲が空一面に立ち込めていました。 私は降られる前に帰ろうと急いで家路につきましたが、家から後ほんのちょっと…500メートル程手前の所でポツリポツリと降りだし、その雨は次第に雨粒が大きくなり、それでも少しでも早く濡れない様に家に帰ろうと必死に自転車を走らせている私…
一児の母親とW不倫して中出しを続けています
2017/01/15 19:00
2017/01/15 19:00
私は既婚で、今は年下の彼女とW不倫になってます。
彼女は25歳で1児の母親です。年下の女性と余り付き合ったことがなく、不安でしたが、彼女は年上の男性にしか興味がなく、私に対してすごく親近感を持ってくれていました。(ダンナは私よりかなり年上です)
出逢いは某サイトでした。


実際に逢うようになるとは思っていませんでしたが、気がつくと私は彼女を好きになり、逢いたいと思う様になりました。
メールや電話で話すうち、思い立って彼女に会いに行きました。
名前は祥子とします。
隣の県まで車で行きました。
2時間下道で・・・初めて逢った時、普通に楽しく過ごせました。
そのうちどち…
お母さんの目の前で
2015/11/15 08:00
2015/11/15 08:00
皮膚が弱い体質の僕は、小さい頃からアトピー皮膚炎や湿疹などに悩まされ、皮膚科によく通院していました。 そんな僕も中1になり、皮膚炎になることもなくなり快適な生活を送っていたのですが、ある朝起きると下腹部に湿疹ができており、寝ながら無意識に掻いたのか、赤く炎症をおこしていました。 その湿疹はものすごく痒くて、日を追う毎に患部は広がり、太もものつけねから、お腹の下辺りまでが赤くなり、おちんちんも例外なく発疹ができていました。 あまりの痒さに、血が出るくらいまで掻きむしってしまうのですが、出来た場所が恥ずかしく、病院にも行けず、親にも黙っていました。 発病から5日経った夜のことです。 お…
近親相姦、義弟に惹かれて今では私から求めて・・・
2016/10/05 23:00
2016/10/05 23:00
 

  私は、26歳で結婚2年目の主婦で、子供はおりません。私は学生の時、バイト先の妻子ある上司に体を奪われ、そのまま半年ばかりお付き合いをした経験がありました。4歳年上の主人と結婚しましたが、当初から主人は夫婦生活には淡白で、前戯も短く、行為もすぐ終わってしまいます。4歳年下のが大学を卒業して実家に戻ってきて、嫁ぎ先の両親と私たちの5人家族になりました。両親とも公務員で、教員の主人が出かけると私とだけになり、私はスポーツで鍛えたの体を眺める度になんとなく体にうずきを覚えてました。ある日の午後、一人でお茶をしている際、話の中でが「兄貴はまじめで、姉さんのほかに…
男女一組で柔軟体操
2016/09/11 07:05
2016/09/11 07:05
小学校時代の体験談です。体育のとき、男女一組になり、柔軟体操をやっていました。 校庭に座り込み、男の子と足のウラをくっつけてお互いの手を握り、交互に体を引っぱったり倒したりするあれです。 するとだんだんと私たちの足が広がっていき、大また開きになっていました。それでもまだ交互にギッタンバッコンしていると、ふと、私の目に飛び込んできたものがあったんです。 男の子の短パンの裾から、おちんちんが見えてるんです。私はこっそりと男の子に「おちんちん見えてる」と言いました。 男の子は「えっ」と驚いて、慌ててパンツにそれをしまいこみました。 私は笑ってしまって柔軟体操どころじゃなくなってしまっていました。 男…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・真面目な童貞くんを誘惑して密着するHなオフィスレディwww

・【不倫】嫁の友達と流れでしたセックスが気持ちよすぎて困ってる

・同じ部活のやつと

・爆乳可愛い女の子との最高の4日間の思い出

・隣の奧さんにおっぱい講義をされて

・妻はマゾで、ご主人様がいた…【寝取られ体験談】

・妹と色々なプレーのエッチしています

・スケベな熟女をゲットできる意外な場所【熟女体験談】

・昔の団地妻たち

・会ったその日に中出し5発させてくれた20歳の美人OL【出会い系体験談】

・仕事から帰ってきた早漏包茎のパパ

・■おじさん達の視線が凄いんです

・飛行機の中、主人の隣で他の男性の指でアクメに達しトイレで・・

・【人妻体験談】思春期で反抗期の息子が母親に耳かきをしてもらって興奮し、そのまま近親相姦筆下ろし

・ヤリマンな血筋!同級生のおばさんもチンコを欲しがる件www

・【熟女体験談】会社が不渡り出して倒産するまで美熟女な社長の奥さんを従業員の肉便器としてお仕置きレイプしまくった

・やさぐれヤンママデリヘル嬢に性感マッサージを試してみた

・銭湯2

・■犯されたのに女の弱さを露呈

・女子高生レイプ

・美白のハーフ美人お姉さんの処女喪失SEXwwwwwwwww

・月1回だけ激しくセックスする人妻セフレ【出会い系体験談】

・【Hな体験】掲示板で仲良くなった巨乳処女と映画デート

・ 僕を誘ってきた四十路の人妻は、何度も痙攣しながら僕を締めつけた

・銭湯

・飲み屋で助けてもらったお姉様方に廻されて虜になった私

・ご近所さんと続き

・女性の派手な下着に目覚めて…【人妻体験談】

・憧れの上司と一緒の残業なら楽しくエッチもできるし最高なんです

・【Hな体験】同級生2人とやっちゃった[第6話(終):番外編]