寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

同僚を自宅に連れてきて飲んではいけない理由

2018/01/11 12:05


先日、久しぶりに同僚と飲み、そのまま勢いで自宅に同僚も連れて帰った。
妻はいきなりの来客に驚いた様子だったが、嫌がるそぶりも見せずに応対した。
早速飲み直しとなったが、いかんせん出張の疲れのせいか、1時間ほどで私がダウンしてしまった。



ふと目を覚ますと、ベッドの上だった。どうやら妻と同僚が運んでくれたらしい。しかし、隣を見るとまだ妻の姿はない。まだリビングで飲んでいるのだろうか?

私は何の疑いもなく、のそのそと起き上がり、リビングに下りていく。
階段の途中で、妻の驚いたような怯える声がした。
「いやぁー あー え、えぇー だ・ ああっ・・だめっ・・ひいぃっ」
明らかに嬌声とわかる。
私はとっさに身をかがめて様子を伺った。まさか? 同僚が妻を犯しているのだろうか?

私は、鼓動が早くなる。何故かわたしは、ゆっくりと物音を立てないようにしてリビングのそばまで進んだ。

耳を澄ませて中を伺った。ぴちゃぴちゃという水音と妻の喘ぎ
時々ぎしっとソファのきしむ音が聞こえる。

我が家であるにもかかわらず、ドキドキしながら、僅かに開いたドアの隙間からリビングの中を覗いた。

妻は押さえ込まれていた。ソファに座る形で、同僚に脚を大きく広げられてあえいでいた。

ベ ージュのスカートが捲り上げられ、すでにブルーのパンティは既に片足から外れて、もう一方の膝に引っかかっているだけだった。

私は興奮した。 何と、その瞬間私のあそこは勃起していた。

ブラウスのボタンはほとんどが外されており、ずり下げられたブラから露出した乳房を下から同僚の手がもみしだいている。

同僚のもう一方の手は妻の膝裏のあたりを掴み高く上げ、ちょうど股間に潜りこむ格好で妻の秘部を舐めているようだった。

恐怖からか、もはや、妻は声も出さず、恥ずかしいからだろうか、両手で顔を覆っている。

それでも乳首を摘まれたり激しく秘部をすする音がする度に「いやぁー ひ・ひっー」と小さくも抵抗の声を上げて首を振っている。

私は動けなかった、しかも、この状況に信じられないほど興奮していた。自分の妻が同僚によって犯されようとしているのにであるる。

妻の肉体は敏感なほうだ。色白でややぽっちゃり感が出始めてはあったが、まだまだ十分に男心をそそるだけのものは十分に持っていると思う。結婚当初はうぶで、しかも、元々真面目な方ではあったが、最近は徐々に女性の喜びを感じ始め、私の愛撫でも十分に反応した。最近はいつも顔をピンク色に恥ずかしそうに染めながらも、たっぷりと愛液を溢れさせてくれていた。

さらに運の悪いことに、私の仕事の残業のため、妻はこの3週間のあいだセックスを味わっていなかったのである。

知的で普段は冷静で間違ったことのない妻であったが、スイッチが入り、感じ始めるとどちらかと言えば性欲が強く出始める妻にとってここしばらくの禁欲期間は辛長かったといえる。

この同僚は社内でもイケ面の部類に入る男である。

仕事も出来るし信頼も厚い! たぶん妻の好みの部類に入るタイプの男である。体も私より大きくがっしりタイプである。

そんな男の手にかかれば、いくら生真面目な妻といえども、もしかしたら・・・

親友でもある同僚も、妻のあのきめの細かい、白い魅力的な太ももを直に目にしたらきっとその興奮を抑えることは出来ないだろう・・

遂に、同僚は顔を上げ、硬くしこった乳首に吸い付いた。彼にしがみつくような状態であった妻はぴくっと身体を震わせ、そして体をのけぞらせた。

いつの間にか同僚の手は妻の股間に忍び込み、秘部に達しているようであった。

しばらくすると、小さくもくちゃくちゃとかき回す音が響いた。
妻の肉体はびくびくと痙攣し、指の動きにあわせるように腰が微妙に上下したように感じた。

そして、次の瞬間
「ああっ、いやっー  だ・だめっ・・ あ・あぁー」と妻が声を漏らしたのである。私は驚いた。

「い・いいんだよ奥さん、声を出しても」「いいだろう。僕がイカせてあげるから・・いつか美しい奥さんとやってみたかったんだ そらー」
「いやぁー」「あぁー そ・そこ! だ・だめっ・・」「変なのぉ、あ・あぁー変なのぉ」 「い・いつもと違うの・・ わぁー あ・あぁー・・」

「奥さん、そ・そんなにいいのかい!・・よし! そ・そらっ」同僚の手が一際激しく動く。
妻は全身をのけぞらせて「ひぃ・いいぃっからー」という、悲鳴にも似た歓喜の声を上げた。

予想もしなかった展開に、私の興奮も極地に達していた。

そして驚きの瞬間が遂にきた!

同僚が、激しい手の動きを止めた時、妻が突然「いやぁ~ん」「あぁ~ん も・もっとぉー」と、腰を激しく揺らせさせながら叫んだのであった。それは強烈に衝撃的な光景だった。

私とのセックスでは見せないほどの興奮の形相であったのである。自分の妻が他の男の指技によって見たことのない程の絶頂を極めさせられようとしているのである。

それは私にとって大変な屈辱と同時に経験したことのない強烈な興奮でもあった。

私のペニスはこの時パジャマの中で驚くほど固くいきり立っていたのだ。

妻の身体がゆっくりとソファに崩れ落ちた。

荒い息をしているようで呼吸の度に胸が上下している。

すると、なんと同僚が、かちゃかちゃとベルトを外しはじめた。
私は、何故かその展開を目にしながらも動けなかった。いや、動いてはいけないようなものを感じ取っていた。

同僚はゆっくりと身体を持ち上げて、「いいかい」と顔を覗いた!すると驚いたことに妻が小さく「うん」とうなずいたではないか!

妻は甘えるような仕草で、彼の首に手を回沿うとしている。
同僚は薄笑いを浮かべながら、妻の股間に狙いをつけているようだった。

妻は視線を下に向けている。

今まさに自分の貞操を奪おうとしている夫以外のペニスに視線がくぎ付けのようだ。私は見て驚いた。そう、ものすごく大きかったのである。ショックであった。

同僚は妻の間にゆっくりと腰を静めていった。「あ・あぁー」「は・あぁー」となんともいえない魅惑的な声を漏らした。

同僚がゆっくりと2,3度腰を動かすと、妻は「い・いっー、ひあ・あぁー」と声を上げ首を激しく左右に振った。
と同時に、同僚が右手でクリトリスを擦ったのだろうか、瞬間ぶるぶるっと身を震わせて激しくしがみついた。

そして、ついに同僚が低い声で「入れるぞ」と言った。
妻は、「ぁ・あぁー」と彼の首にしがみついた。
さっきよりもやや深い角度で同僚は腰を妻の中にゆっくりと沈めていく。そして妻の首がのけぞる。
「わぁー・ はっ・ああっ・・ああー」妻の口から次々と歓喜の喘ぎ声が溢れ出た。

妻の膣がきついのだろうか? 同僚は何度か浅い抽送を繰り返しながら妻の耳元で余裕ありげに囁いた。

「おまんこは少しキツイのかなぁ!、旦那と比べてどぉ?」
「えぇー、 う・うん ・・い・いぃーわぁー  ああー」
「いいのかい?」「う・うん とってもいぃーの、あぁー お、大きいわぁ・・裂けちゃいそうよ  あ・あぁー・・」

同僚の眼を見る余裕もない形相で腰を震わせながら妻は答えたのである。 ショックだった。

明らかにもはや状況はレイプではなく、完全な恋人同士のそれであった。

妻は自分から腰を動かしてより深い挿入を促しているような動きを始めた。
やがて同僚が大きく腰を振りはじめたとき、大きく目を見開ききった妻は、気が違ったかの異様な形相で悲鳴とも聞き取れる大きな声と共に激しく全身を震わせ、そして首をがくんを折った。
オーガズムに達しているようで、時折ピクン、ピクンと身を振るわせた。

しばらくすると、まだ同僚は物足りないのか、妻の上半身からブラウスを剥ぎ取り始めた。そして、腕を回してブラジャーのホックも外した。

白い豊満な、私だけの妻の乳房が露になる。
ピンクの乳首は硬くしこっているように見える。それを同僚の無骨な指が摘み、弄ぶ。
いつのまにか再び挿入されたらしく、同僚がリズミカルなピストン運動を続けた。妻の笑っているかのような顔でその動きを全身で受け止めていた。なんとも言えない、普段とは違う深く感じ入った感のあるなまめかしいあえぎ声はとどまる事を知らないかのようであった。
部屋には濡れた粘膜の擦れ合うぬちゃぬちゃという音が響いていた。私はその光景を、まるで映画のシーンでも見るかのような感覚でその光景を見つめていた。

妻が何度目かの絶頂に達すると、
同僚は妻の身体をゆっくりとひっくり返すようにして、今度はバックから妻の腰を両手で支えながら撃ち込み始めた。

時折、後ろから乳房をわしづかみにし、髪の毛を引っ張る酔うなような行為も見せた。しかし、妻は全く抵抗することもなく、その快感に酔いしれているようであった。時折激しく、そして力強く打ち込まれ続けた。私には到底真似できないサディスティックな責めのように感じた。

しかし、なにより驚いたのはそういう一連の行為を妻が喜んで受け入れたように見えたことだった。とにかく妻の表情は、ピンクに染まった顔が、時に笑っているように、そして時に眉間にしわを寄せるように、そして喘いでいるのである。私は、妻が別の世界でも行ったのではないかと、小さな恐怖におびえたほどである。

とにかく普段の妻はよい人間である。
頭もよく真面目な良妻である。決して嫌いではないが、今日まではそのようなアブノーマル的行為には全く興味を示さなかったのである。

ところが今日の目の前の妻は違っていた。同僚の指が妻のアナルに差し込まれたのに妻は抵抗せず狂ったように腰を振るわせた…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【姉との告白体験談】 弟「毎朝姉がフェラで起こしてくる……」
2016/05/23 20:13
2016/05/23 20:13
2013/04/05 20:36┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/03(水) 18:09:03.09 ID:DlapXtqsO 弟「もうちんこが限界だ」 弟「明日こそは一人で起きないと……」 4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/03 18:09:48 ID:/S6dGBEf0 バスケ選手生命掛けて続けろ 6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/03(水)&…
【体験談】幼なじみがムチムチのグラマーになり、しかもかなりのエッチになっていた
2016/05/29 20:30
2016/05/29 20:30

小学校の同級生で幼馴染に
千明という女の子がいる

少しぽっちゃり太めだが
活発でかわいい子だった。



俺は中学から別の学校へ行ったのだが中三の時に偶然再会したら
胸が巨大化していてそれ以来の気になる存在だった。



高一の時付き合う事になったものの何もしないまますぐに破局、
高三で再会し流れでキスだけしたという微妙な関係だった。



幾年がすぎ22、3の頃、夏に同窓会があった。



久しぶりの千明はとにかく
胸と尻が巨大でグラマーに発育し、
セックスアピールの固まりだった。





身長は165…
【不倫】イケメンにナンパされて、気がついたらホテルで全裸
2017/09/16 06:00
2017/09/16 06:00
2年前の21歳の夏の出来事です。結婚して2年目の夏、同窓会への出席も兼ねて、郷里に私一人で帰りました。同窓会に出席して、お昼からビールとか飲んでて、久しぶりってこともあり、はしゃぎすぎてました。お開きで2次会がカラオケ。カラオケでもビール飲んでました。 夕方4時頃にお開きになり、みんなと別れ、実家に帰る途中にナンパに会ったのです。ふらふら状態でした。 「彼女~何の帰り?可愛いね~~」「ロングヘアー似合ってるし素敵だね」「ちょっと止まって、話しようよ」 ナンパしてきた男を見ると、イケメンだったから立ち止りました。 「彼女~酔っ払ってる?」 自分自身、呂律が回ってませんでし…
【盗撮・覗き】義父に知らされた義母の真実
2016/05/19 18:00
2016/05/19 18:00
2年前、私は妻と結婚した。妻とは10歳も年が離れていたが(私33歳、妻23歳)、しっかり者の妻の提案で、妻の実家に一緒に住むことになったんです。世に言うマスオさんですね。 妻の実家には両親(義父47歳、義母41歳)が住んでおり、大学生の弟はアパートで暮らしていたので2階は全て使えたし、何より家事は全て義母がしてくれたので、妻にしても楽だったんだと思う。それと私達にはまだ子供がいません。それも妻が30歳までお金を貯めて、家を建てた後に子供を・・・そう考えていたからでした。 妻の両親との生活は凄く快適なものでした。特に義母は優しく気が利く女性で、年も妻よりも義母の方が近かっ…
女友達に筆おろししてもらったけど、女が怖くなった話
2017/01/08 15:32
2017/01/08 15:32
6年前、バイト先で同時に入った女の子がいたんだ

当時俺は21歳でその子も同い年
色白貧乳好きな俺は一目惚れした
仕事を同時に覚えてくので直ぐに仲良くなった
正直ブサメンだが、コミュ力はあったほうだと思う

童貞だった俺はどうにかしたい一心だった
 
  童顔でなんとなく処女っぽいな、と勝手に思っていた
しかし、その子には彼氏がいる事実を聞かされた
こんな顔しやがって…とその日はベッドで妄想にふけた

半年間、仕事場の達とも仲良くなった

彼氏がいると知らされる前はちょっとアピールしたりして、
少し恥ずかしい気持ちになったりした。淡い恋心。

そんななか、会社人の計画で俺…
露出癖 3
2016/03/22 12:01
2016/03/22 12:01
ミチを初めてここへ連れて来たのは彼女が10歳の時だった。 大冒険だった。 二人だけできたのだから。 やはり夏だった。列車に乗り窓の外を見ているとミチが囁いた。 「短くないかな?」 しきりにスカートの裾を気にしている。 もうすぐ降りるのだ。 スカートが短いのは上の方で穿いてるからだ。 下着は着て無い。 僕も。駅には祖母が来ていた。 この人は何時も着物だ。 駅前の店で昼を食べさせて貰い買い物して帰った。 荷物を部屋に置くと早速泳ぎに行く。 フルチンだ。 ミチも素っ裸で着いて来る。夕方帰り風呂に入る。 二人一緒だ。 僕は薄毛が生えていた。 そいつを剃る。 ミチはツルツルだった。 この風呂は母屋と離れ…
【人妻体験談】嫁が出産帰省中に愛妻家の俺が性欲に負けて隣人妻とエッチしちゃうなんて… 長編
2017/05/11 08:37
2017/05/11 08:37
登場人物俺、31歳サラリーマン 基本は嫁スキー結婚5年目うっすらジャパネットの社長似。 嫁、31歳専業主婦 現在2人目妊娠中ガチで北野きい。 俺の友達からはきいちゃんと呼ばれている。 子、3歳隣奥、26歳専業主婦 元Eカップ柳原可奈子を大分細くした感じだが可愛い。 旦那 25歳肉体自慢の某公務員的な何か。 背は低いがパワフル顔は阪神の鳥谷を安田団長に寄らせた感じ。 隣子、もうすぐ2歳俺は基本嫁スキーだが、性欲は結構あるほうだと思う。 嫁がどちらかというと淡白な方で回数は少ない上に、現在第2子妊娠中のため、もっぱら自家発電で済ましている。 金曜の晩に嫁と子供を実家に送り届けてから深夜に家…
ラブレターをくれた処女の後輩と
2017/04/16 22:49
2017/04/16 22:49
高2の6月頃、私がいつも降りる駅のプラットホームで待っている子がいました。 同じ学校の制服・・・。 よく見ると当時私が入っていた陸上部の後輩でした。 (なんだあいつ、次の駅で降りるヤツがなんでここに・・・) そう思っていると、私に向かって歩いてきました。 「先輩、読んでください」 渡されたのは、いかにも“高1の女の子が書いた手紙”という感じのする花柄の封筒でした。 それまで女の子からプレゼントを貰うとか、手紙を貰うとかいうのは一度もなかったので、この時は結構嬉しかったのです。 家に帰るとさっそく封筒を開けました。 なんと、ラブレター! 手紙の最後に「敬子より」と書いてありま…
【H体験談】母が寝た後、気づかれないように兄姉に夜這いした
2016/10/01 01:07
2016/10/01 01:07
母が寝た深夜、
私は兄嫁の部屋に夜這いする為刺入う

兄嫁はすでにセクシーな透け透けベビードールで私を待ってます。




私30歳、兄嫁34歳、兄36歳です。




兄の赴任が海外に決まった時、
兄が女二人だから家に暫く入って欲しいと頼まれました。



といっても週に2日ほどでいいということでした。




私の自宅から会社は電車で1時間半はかかるので、
マンションが近く、自宅と交互に行き来することになりました。
義姉はおとなしい感じで、母にも私のも大変優しくしてくれます。




ある日の休日、母は町会の日帰り温泉、
兄嫁は子供を連れて友人とランチに行くことになり…
【近親相姦体験告白】息子の友達に (1)
2015/12/27 08:35
2015/12/27 08:35
私がこれからお話することは、約十四年前の出来事です。その頃の私は四十歳で、息子が十四歳でした。息子の祐次には、同級生の悪友が一人いました。その悪友の名前は鹿島というのですが、その子は祐次の小学生からの友達ではありましたが、大将と子分みたいな関係だったようです。そんな関係も中学生になる頃には、鹿島君が私立の中学に入り、祐次が県立の中学で剣道部に入ると同時に疎遠になっていっていたようです。でも一年くらいして、その鹿島君は私立で問題を起こしたらしく、県立の中学に転校してきました。それから、また二人は以前のような友人関係になりました。 そして、ある日、遊びにきた鹿島君に祐次が勉強を理由に断ったこと…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・真面目な童貞くんを誘惑して密着するHなオフィスレディwww

・【熟女体験談】青姦でパコパコHしたい変態フェチおばさんに逆レイプされるかのように激しく責められ露出SEXしている

・種が少ない事がわかった俺を振った女をセフレにしました

・【不倫】嫁の友達と流れでしたセックスが気持ちよすぎて困ってる

・同じ部活のやつと

・爆乳可愛い女の子との最高の4日間の思い出

・隣の奧さんにおっぱい講義をされて

・妻はマゾで、ご主人様がいた…【寝取られ体験談】

・異常性癖

・妹と色々なプレーのエッチしています

・スケベな熟女をゲットできる意外な場所【熟女体験談】

・昔の団地妻たち

・会ったその日に中出し5発させてくれた20歳の美人OL【出会い系体験談】

・仕事から帰ってきた早漏包茎のパパ

・■おじさん達の視線が凄いんです

・【SM・調教】身長差35センチ、凸凹夫婦のセックス事情

・義理の妹と下ネタから

・飛行機の中、主人の隣で他の男性の指でアクメに達しトイレで・・

・ヤリマンな血筋!同級生のおばさんもチンコを欲しがる件www

・【熟女体験談】会社が不渡り出して倒産するまで美熟女な社長の奥さんを従業員の肉便器としてお仕置きレイプしまくった

・やさぐれヤンママデリヘル嬢に性感マッサージを試してみた

・銭湯2

・月1回だけ激しくセックスする人妻セフレ【出会い系体験談】

・旅行先にて

・【Hな体験】掲示板で仲良くなった巨乳処女と映画デート

・銭湯

・飲み屋で助けてもらったお姉様方に廻されて虜になった私

・女性の派手な下着に目覚めて…【人妻体験談】

・憧れの上司と一緒の残業なら楽しくエッチもできるし最高なんです

・【Hな体験】同級生2人とやっちゃった[第6話(終):番外編]