寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

同僚を自宅に連れてきて飲んではいけない理由

2018/01/11 12:05


先日、久しぶりに同僚と飲み、そのまま勢いで自宅に同僚も連れて帰った。
妻はいきなりの来客に驚いた様子だったが、嫌がるそぶりも見せずに応対した。
早速飲み直しとなったが、いかんせん出張の疲れのせいか、1時間ほどで私がダウンしてしまった。



ふと目を覚ますと、ベッドの上だった。どうやら妻と同僚が運んでくれたらしい。しかし、隣を見るとまだ妻の姿はない。まだリビングで飲んでいるのだろうか?

私は何の疑いもなく、のそのそと起き上がり、リビングに下りていく。
階段の途中で、妻の驚いたような怯える声がした。
「いやぁー あー え、えぇー だ・ ああっ・・だめっ・・ひいぃっ」
明らかに嬌声とわかる。
私はとっさに身をかがめて様子を伺った。まさか? 同僚が妻を犯しているのだろうか?

私は、鼓動が早くなる。何故かわたしは、ゆっくりと物音を立てないようにしてリビングのそばまで進んだ。

耳を澄ませて中を伺った。ぴちゃぴちゃという水音と妻の喘ぎ
時々ぎしっとソファのきしむ音が聞こえる。

我が家であるにもかかわらず、ドキドキしながら、僅かに開いたドアの隙間からリビングの中を覗いた。

妻は押さえ込まれていた。ソファに座る形で、同僚に脚を大きく広げられてあえいでいた。

ベ ージュのスカートが捲り上げられ、すでにブルーのパンティは既に片足から外れて、もう一方の膝に引っかかっているだけだった。

私は興奮した。 何と、その瞬間私のあそこは勃起していた。

ブラウスのボタンはほとんどが外されており、ずり下げられたブラから露出した乳房を下から同僚の手がもみしだいている。

同僚のもう一方の手は妻の膝裏のあたりを掴み高く上げ、ちょうど股間に潜りこむ格好で妻の秘部を舐めているようだった。

恐怖からか、もはや、妻は声も出さず、恥ずかしいからだろうか、両手で顔を覆っている。

それでも乳首を摘まれたり激しく秘部をすする音がする度に「いやぁー ひ・ひっー」と小さくも抵抗の声を上げて首を振っている。

私は動けなかった、しかも、この状況に信じられないほど興奮していた。自分の妻が同僚によって犯されようとしているのにであるる。

妻の肉体は敏感なほうだ。色白でややぽっちゃり感が出始めてはあったが、まだまだ十分に男心をそそるだけのものは十分に持っていると思う。結婚当初はうぶで、しかも、元々真面目な方ではあったが、最近は徐々に女性の喜びを感じ始め、私の愛撫でも十分に反応した。最近はいつも顔をピンク色に恥ずかしそうに染めながらも、たっぷりと愛液を溢れさせてくれていた。

さらに運の悪いことに、私の仕事の残業のため、妻はこの3週間のあいだセックスを味わっていなかったのである。

知的で普段は冷静で間違ったことのない妻であったが、スイッチが入り、感じ始めるとどちらかと言えば性欲が強く出始める妻にとってここしばらくの禁欲期間は辛長かったといえる。

この同僚は社内でもイケ面の部類に入る男である。

仕事も出来るし信頼も厚い! たぶん妻の好みの部類に入るタイプの男である。体も私より大きくがっしりタイプである。

そんな男の手にかかれば、いくら生真面目な妻といえども、もしかしたら・・・

親友でもある同僚も、妻のあのきめの細かい、白い魅力的な太ももを直に目にしたらきっとその興奮を抑えることは出来ないだろう・・

遂に、同僚は顔を上げ、硬くしこった乳首に吸い付いた。彼にしがみつくような状態であった妻はぴくっと身体を震わせ、そして体をのけぞらせた。

いつの間にか同僚の手は妻の股間に忍び込み、秘部に達しているようであった。

しばらくすると、小さくもくちゃくちゃとかき回す音が響いた。
妻の肉体はびくびくと痙攣し、指の動きにあわせるように腰が微妙に上下したように感じた。

そして、次の瞬間
「ああっ、いやっー  だ・だめっ・・ あ・あぁー」と妻が声を漏らしたのである。私は驚いた。

「い・いいんだよ奥さん、声を出しても」「いいだろう。僕がイカせてあげるから・・いつか美しい奥さんとやってみたかったんだ そらー」
「いやぁー」「あぁー そ・そこ! だ・だめっ・・」「変なのぉ、あ・あぁー変なのぉ」 「い・いつもと違うの・・ わぁー あ・あぁー・・」

「奥さん、そ・そんなにいいのかい!・・よし! そ・そらっ」同僚の手が一際激しく動く。
妻は全身をのけぞらせて「ひぃ・いいぃっからー」という、悲鳴にも似た歓喜の声を上げた。

予想もしなかった展開に、私の興奮も極地に達していた。

そして驚きの瞬間が遂にきた!

同僚が、激しい手の動きを止めた時、妻が突然「いやぁ~ん」「あぁ~ん も・もっとぉー」と、腰を激しく揺らせさせながら叫んだのであった。それは強烈に衝撃的な光景だった。

私とのセックスでは見せないほどの興奮の形相であったのである。自分の妻が他の男の指技によって見たことのない程の絶頂を極めさせられようとしているのである。

それは私にとって大変な屈辱と同時に経験したことのない強烈な興奮でもあった。

私のペニスはこの時パジャマの中で驚くほど固くいきり立っていたのだ。

妻の身体がゆっくりとソファに崩れ落ちた。

荒い息をしているようで呼吸の度に胸が上下している。

すると、なんと同僚が、かちゃかちゃとベルトを外しはじめた。
私は、何故かその展開を目にしながらも動けなかった。いや、動いてはいけないようなものを感じ取っていた。

同僚はゆっくりと身体を持ち上げて、「いいかい」と顔を覗いた!すると驚いたことに妻が小さく「うん」とうなずいたではないか!

妻は甘えるような仕草で、彼の首に手を回沿うとしている。
同僚は薄笑いを浮かべながら、妻の股間に狙いをつけているようだった。

妻は視線を下に向けている。

今まさに自分の貞操を奪おうとしている夫以外のペニスに視線がくぎ付けのようだ。私は見て驚いた。そう、ものすごく大きかったのである。ショックであった。

同僚は妻の間にゆっくりと腰を静めていった。「あ・あぁー」「は・あぁー」となんともいえない魅惑的な声を漏らした。

同僚がゆっくりと2,3度腰を動かすと、妻は「い・いっー、ひあ・あぁー」と声を上げ首を激しく左右に振った。
と同時に、同僚が右手でクリトリスを擦ったのだろうか、瞬間ぶるぶるっと身を震わせて激しくしがみついた。

そして、ついに同僚が低い声で「入れるぞ」と言った。
妻は、「ぁ・あぁー」と彼の首にしがみついた。
さっきよりもやや深い角度で同僚は腰を妻の中にゆっくりと沈めていく。そして妻の首がのけぞる。
「わぁー・ はっ・ああっ・・ああー」妻の口から次々と歓喜の喘ぎ声が溢れ出た。

妻の膣がきついのだろうか? 同僚は何度か浅い抽送を繰り返しながら妻の耳元で余裕ありげに囁いた。

「おまんこは少しキツイのかなぁ!、旦那と比べてどぉ?」
「えぇー、 う・うん ・・い・いぃーわぁー  ああー」
「いいのかい?」「う・うん とってもいぃーの、あぁー お、大きいわぁ・・裂けちゃいそうよ  あ・あぁー・・」

同僚の眼を見る余裕もない形相で腰を震わせながら妻は答えたのである。 ショックだった。

明らかにもはや状況はレイプではなく、完全な恋人同士のそれであった。

妻は自分から腰を動かしてより深い挿入を促しているような動きを始めた。
やがて同僚が大きく腰を振りはじめたとき、大きく目を見開ききった妻は、気が違ったかの異様な形相で悲鳴とも聞き取れる大きな声と共に激しく全身を震わせ、そして首をがくんを折った。
オーガズムに達しているようで、時折ピクン、ピクンと身を振るわせた。

しばらくすると、まだ同僚は物足りないのか、妻の上半身からブラウスを剥ぎ取り始めた。そして、腕を回してブラジャーのホックも外した。

白い豊満な、私だけの妻の乳房が露になる。
ピンクの乳首は硬くしこっているように見える。それを同僚の無骨な指が摘み、弄ぶ。
いつのまにか再び挿入されたらしく、同僚がリズミカルなピストン運動を続けた。妻の笑っているかのような顔でその動きを全身で受け止めていた。なんとも言えない、普段とは違う深く感じ入った感のあるなまめかしいあえぎ声はとどまる事を知らないかのようであった。
部屋には濡れた粘膜の擦れ合うぬちゃぬちゃという音が響いていた。私はその光景を、まるで映画のシーンでも見るかのような感覚でその光景を見つめていた。

妻が何度目かの絶頂に達すると、
同僚は妻の身体をゆっくりとひっくり返すようにして、今度はバックから妻の腰を両手で支えながら撃ち込み始めた。

時折、後ろから乳房をわしづかみにし、髪の毛を引っ張る酔うなような行為も見せた。しかし、妻は全く抵抗することもなく、その快感に酔いしれているようであった。時折激しく、そして力強く打ち込まれ続けた。私には到底真似できないサディスティックな責めのように感じた。

しかし、なにより驚いたのはそういう一連の行為を妻が喜んで受け入れたように見えたことだった。とにかく妻の表情は、ピンクに染まった顔が、時に笑っているように、そして時に眉間にしわを寄せるように、そして喘いでいるのである。私は、妻が別の世界でも行ったのではないかと、小さな恐怖におびえたほどである。

とにかく普段の妻はよい人間である。
頭もよく真面目な良妻である。決して嫌いではないが、今日まではそのようなアブノーマル的行為には全く興味を示さなかったのである。

ところが今日の目の前の妻は違っていた。同僚の指が妻のアナルに差し込まれたのに妻は抵抗せず狂ったように腰を振るわせた…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
弟と一緒にお風呂に入ってたらおっぱい触りたいと言ってきた
2017/01/14 08:16
2017/01/14 08:16
私が高校2年、弟が中◯1年の時。

両親は共働きで、父は単身赴任、母は深夜遅くまで家を空ける事が多く、ほとんど二人暮らしの様な状態でそれが6年近く続いてた。

ある日、私がお風呂に入ろうとしたら弟が

「一緒にお風呂に入りたい!」

と言ってきた。

弟とは約半年位前まで入っていた事もあって私は

「いいよ…久しぶりに入ろうか」

と承諾しました。 弟が服を脱いで入った後で、直ぐに私も服を脱ぎ入りました。

久しぶりの弟とのお風呂に、少し恥ずかしい気持ちもありましたが、小さい頃から入っていたので結構平然としていたと思います。

私が弟の背中を流していると、

弟「ねぇ…姉ち…
体調不良で意識朦朧としている新人を看病している最中に犯した
2017/08/16 17:49
2017/08/16 17:49
名無しさんからの投稿?-仕事で営業回りをしていて、俺ともう1人最近入った新卒の女の子の営業の子と外回りをしている時に、急に体調が悪くなった時の話です。 出社した時から気分は悪そうやったけど、外回りしているとますます体調が悪くなってきて、顔も真っ赤でどうやら高熱があったみたい。 とりあえず会社に連絡をして帰らせる事になったが、フラフラでとても1人で電車に乗って帰れる状態ではなかったので、その日は俺も仕事もそんなに立て込んでなかったからそのままアパートまで社用車で送っていく事になった。 他に女性社員がいればよかったが、営業所へ戻るより一刻も早く家に返した方がいいと判断したし、今日は女性社員は休みで…
合コンで仲良くなった女子大生を焦らしまくって前戯でイかす僕のエッチ体験
2016/01/24 16:02
2016/01/24 16:02
合コンで女子大生と仲良くなった。

20歳の横浜在住の女の子で、

少し派手な感じのする生意気なJDだった。

でも美人でスタイルも抜群で

その生意気な感じが凄く似合っているような女性だった。

その後何度かメールや

電話のやり取りを一ヶ月くらいした。

その位になると、

ちょっとエロな話なんかもするようになり、

イッた事が無いという彼女に。

「俺ならイカせられる」

と言ったら

「本当にイケるの?」

「必ず前戯でイカせる。イケなかったら挿入は無し」

と言う挑戦的なメールを貰い、

デートすることになった。

ホテルに入り、シャワーを浴び、

ベッド…
OLさん達が、非常にエロい(>_<)
2016/07/31 17:14
2016/07/31 17:14
制服フェチの俺には(>_<)どうしても気になって仕方ない(>_<) OLさん達の制服姿が(>_<) スタイル抜群の安定感を醸し出しているその姿がたまらない…(>_<) ちょっと、ピチピチ系の制服姿にやたら敏感になってしまう。 この暑い夏だからこそ
凄い酔っててタクシー運転手さん相手に寝たふりして・・
2018/05/09 01:30
2018/05/09 01:30
つい最近の出来事です。

友達数人とお酒を飲んだ帰りのこと。


家の方向が同じ子とタクシーに乗ったんだけど、その子凄い酔ってて運転手さんに


『酔った子が寝ちゃったら触ったりするか』

とか、色々変な質問ばかりしてたんです。



その子が先に降りて、その後運転手さんに

『あの子凄い酔ってて……すみません』て謝ったんです。


でも寝たらどうするのかは気になってたんですよね。

運転手さんもチョイワルオヤジって感じでカッコ良かったし。



助手席の後ろで膝を運転席の方に向けて、少しだけ脚を開いて寝たふりをしたんです。
【不倫エッチ体験談】同僚とのW不倫をする俺物語(後編)
2016/07/07 16:00
2016/07/07 16:00
上唇を舐める。 歯をなぞるように舐める。 深いところで舌を絡ませる。 Tさんの腕は、時に強く、時に弱く、俺の体を締め付けた。 T「ちょっと、立ってるのがツラくなってきた…」 俺はTさんの腰に手を回し、会議室のテーブルに彼女を乗せた。 ここはちょっと明るすぎるかな、と躊躇したのもつかの間、Tさんは俺を引き寄せて自らテーブル上に倒れこんだ。 深いキスを続ける。 時々軽くついばむように唇を合わせたりする。 それを続けながら、耳から首に、肩から鎖骨に、脇から腰に指を這わせる。 Tさんの口から漏れる声が、断続的に会議室に響いた。 Tさんの両腕は俺の背中をまさぐっている。 1、2…
人妻の浮気、ホームパーティーで妻が目の前でやられてる
2017/10/29 21:00
2017/10/29 21:00
 
私、38歳 会社経営妻、42歳 専業主婦(M子)結婚15年目。
本題です。妻の浮気相手は34歳独身者。きっかけはご近所の仲良しさん達とのホームパーティー。たまには旦那連中も呼ぼうとなったらしく急遽参加。3組の夫婦と、主催夫妻(場所提供夫妻)の友人単独男性2人と単独女性1人。
単独男性Aとは以前より面識は有ったらしく、パーティーではAと妻は良く話していました。直感的に怪しさを感じたもののその場は和やかに。

会も進み皆、大いに酔う中で比較的お酒は強い私は一人冷静。大きなロングソファーに4人で腰掛けている妻とAと他夫妻。Aの手が妻の腰にさり気なく周っており、判らぬように小さく小さく…
女子社員3人に次々搾り取られ…気持いいけどちょっと恐怖の課長さん
2016/06/01 15:00
2016/06/01 15:00
タクシーの中、忘年会の帰途についていた。
時間は夜の10時過ぎ、普段はタクシーなど使わずに電車で帰る時間だ。
忘年会とはいえ、歩けないほど飲んだ訳ではない。むしろあまり飲めないのでほぼしらふだ。自分の左側を見ると、女性が寄りかかってぐったりとしている。
ふと30分位前の事を思い出した…。


「課長!舞ちゃんがちょっと…同じ方向ですよね?」
舞ちゃんは先月から同じ課で働いている19歳の派遣で来た女の子だ
飲みすぎたのかフラフラしている。
話し掛けてきた同僚の高橋は酔っ払いを押し付けて自分は二次会のカラオケに行きたそうだった。
「あ〜わかった。わかった。ち…
弱みにつけこんで、大学のゼミの助手とSEXしたけど後味悪くて後悔したエッチ体験談
2015/12/19 16:02
2015/12/19 16:02
大学のゼミのとき、美沙子さんというかなり美人の助手さんがいました。

すごくテキパキとした方で指導からなにから

教授に任されているようなところもあり男子学生の憧れ的な存在でした。

実際には研究については妥協を許さない厳しい面のある人で、

そのために深夜に及ぶこともあり、

憧れであり煙たくもありというような存在だったかもしれません。

お酒もけっこういける口で、研究帰りに、

お馴染みになっているスナックというかカフェというかに

学生と寄って飲んでいくことも少なくありませんでした。

僕は研究で遅くなることが多かったことから、

大学の近くに部屋を借りたのですが部屋から

その溜り場…
離婚した人妻をセフレにしちまった
2015/11/27 06:00
2015/11/27 06:00
明菜が離婚した。夫が求めてきた時に「キモいから触らないで」と言ったのが引き金になったようだ。夫は妻の不貞を疑ったようだが明菜は「あなたに触れられるだけで鳥肌が立つ。別れてくれ」で押し通したようだ。
夫は初めは裁判でという思いもあったようだが世間体と自己のプライドを守るために泣く泣く判を捺したらしい。そこまで明菜をのめり込ませた責任は私にある。


離婚したことを電話で報告してきた明菜を呼び出し、彼女の体を味わいながら今後のことを相談した。
私は明菜とは結婚できないことを告げ、愛人として迎える用意はあることを告げた。
明菜も結婚には拘ってないようだったが、完全な愛人…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・3.11の日にSEXしたせいで2年後の昨日えらい目にあった話する

・【近親相姦】リア充な姉と童貞中学生の俺[第1話]

・友達の嫁のキョウコちゃんと、ヘルス嬢の天使マミさん

・初恋の子の娘で童貞卒業して、その後初恋の子と結婚した話

・先輩の彼女が突然フェラしてきて筆下ろしまでしてもらった

・【人妻体験談】息子の体育祭でレイプされた妻は肛門まで犯された

・夫の横でセクハラされるなんて

・【Hな体験】お化け屋敷の待機中に巨乳娘とこっそりエッチ

・ずっと好きだった君へ最後のラブレター(※)

・友達の爆乳彼女寝とって童貞卒業したった

・PTAの地区大会のお泊まりでマッサージ師2人に犯された人妻を目撃

・そしてまた次の日も義弟が求めるまま、セックスしてしまいました・・・

・人妻のブラをずらして綺麗な乳首を

・陸上部のJK.

・【人妻体験談】近所の不良少年たちに二度も無理やりレイプされた

・【熟女体験談】韓国からの留学生に妻を寝取らせた後、妻に魂まで抜けるほどの長く大量な射精をした

・【近親相姦】男って飲んであげると喜ぶよね!

・愛した女性は学友の母

・夫婦の旅行先で起こった出来事の話

・女装した状態でJK助けたら懐かれてしまった

・電車の中で刃物で脅され・・・高2の悲しい初体験

・人妻とのSEXを叶えたくて

・【女×女】自分のことを男だと思っているレズな女子中学生

・【人妻体験談】性感マッサージにヨガる箱入り娘だった貞淑な妻

・イキたくてイキたくてお願いしました

・【Hな体験】とある掲示板で見つけたSM好きのヤリマンビッチ

・メル友の麻衣子

・【Hな体験】濃霧が教えてくれた野外エッチの醍醐味

・好きな人が変態だった。これ以上の変態があるなら知りたい

・博多の久美子