寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

同僚を自宅に連れてきて飲んではいけない理由

2018/01/11 12:05


先日、久しぶりに同僚と飲み、そのまま勢いで自宅に同僚も連れて帰った。
妻はいきなりの来客に驚いた様子だったが、嫌がるそぶりも見せずに応対した。
早速飲み直しとなったが、いかんせん出張の疲れのせいか、1時間ほどで私がダウンしてしまった。



ふと目を覚ますと、ベッドの上だった。どうやら妻と同僚が運んでくれたらしい。しかし、隣を見るとまだ妻の姿はない。まだリビングで飲んでいるのだろうか?

私は何の疑いもなく、のそのそと起き上がり、リビングに下りていく。
階段の途中で、妻の驚いたような怯える声がした。
「いやぁー あー え、えぇー だ・ ああっ・・だめっ・・ひいぃっ」
明らかに嬌声とわかる。
私はとっさに身をかがめて様子を伺った。まさか? 同僚が妻を犯しているのだろうか?

私は、鼓動が早くなる。何故かわたしは、ゆっくりと物音を立てないようにしてリビングのそばまで進んだ。

耳を澄ませて中を伺った。ぴちゃぴちゃという水音と妻の喘ぎ
時々ぎしっとソファのきしむ音が聞こえる。

我が家であるにもかかわらず、ドキドキしながら、僅かに開いたドアの隙間からリビングの中を覗いた。

妻は押さえ込まれていた。ソファに座る形で、同僚に脚を大きく広げられてあえいでいた。

ベ ージュのスカートが捲り上げられ、すでにブルーのパンティは既に片足から外れて、もう一方の膝に引っかかっているだけだった。

私は興奮した。 何と、その瞬間私のあそこは勃起していた。

ブラウスのボタンはほとんどが外されており、ずり下げられたブラから露出した乳房を下から同僚の手がもみしだいている。

同僚のもう一方の手は妻の膝裏のあたりを掴み高く上げ、ちょうど股間に潜りこむ格好で妻の秘部を舐めているようだった。

恐怖からか、もはや、妻は声も出さず、恥ずかしいからだろうか、両手で顔を覆っている。

それでも乳首を摘まれたり激しく秘部をすする音がする度に「いやぁー ひ・ひっー」と小さくも抵抗の声を上げて首を振っている。

私は動けなかった、しかも、この状況に信じられないほど興奮していた。自分の妻が同僚によって犯されようとしているのにであるる。

妻の肉体は敏感なほうだ。色白でややぽっちゃり感が出始めてはあったが、まだまだ十分に男心をそそるだけのものは十分に持っていると思う。結婚当初はうぶで、しかも、元々真面目な方ではあったが、最近は徐々に女性の喜びを感じ始め、私の愛撫でも十分に反応した。最近はいつも顔をピンク色に恥ずかしそうに染めながらも、たっぷりと愛液を溢れさせてくれていた。

さらに運の悪いことに、私の仕事の残業のため、妻はこの3週間のあいだセックスを味わっていなかったのである。

知的で普段は冷静で間違ったことのない妻であったが、スイッチが入り、感じ始めるとどちらかと言えば性欲が強く出始める妻にとってここしばらくの禁欲期間は辛長かったといえる。

この同僚は社内でもイケ面の部類に入る男である。

仕事も出来るし信頼も厚い! たぶん妻の好みの部類に入るタイプの男である。体も私より大きくがっしりタイプである。

そんな男の手にかかれば、いくら生真面目な妻といえども、もしかしたら・・・

親友でもある同僚も、妻のあのきめの細かい、白い魅力的な太ももを直に目にしたらきっとその興奮を抑えることは出来ないだろう・・

遂に、同僚は顔を上げ、硬くしこった乳首に吸い付いた。彼にしがみつくような状態であった妻はぴくっと身体を震わせ、そして体をのけぞらせた。

いつの間にか同僚の手は妻の股間に忍び込み、秘部に達しているようであった。

しばらくすると、小さくもくちゃくちゃとかき回す音が響いた。
妻の肉体はびくびくと痙攣し、指の動きにあわせるように腰が微妙に上下したように感じた。

そして、次の瞬間
「ああっ、いやっー  だ・だめっ・・ あ・あぁー」と妻が声を漏らしたのである。私は驚いた。

「い・いいんだよ奥さん、声を出しても」「いいだろう。僕がイカせてあげるから・・いつか美しい奥さんとやってみたかったんだ そらー」
「いやぁー」「あぁー そ・そこ! だ・だめっ・・」「変なのぉ、あ・あぁー変なのぉ」 「い・いつもと違うの・・ わぁー あ・あぁー・・」

「奥さん、そ・そんなにいいのかい!・・よし! そ・そらっ」同僚の手が一際激しく動く。
妻は全身をのけぞらせて「ひぃ・いいぃっからー」という、悲鳴にも似た歓喜の声を上げた。

予想もしなかった展開に、私の興奮も極地に達していた。

そして驚きの瞬間が遂にきた!

同僚が、激しい手の動きを止めた時、妻が突然「いやぁ~ん」「あぁ~ん も・もっとぉー」と、腰を激しく揺らせさせながら叫んだのであった。それは強烈に衝撃的な光景だった。

私とのセックスでは見せないほどの興奮の形相であったのである。自分の妻が他の男の指技によって見たことのない程の絶頂を極めさせられようとしているのである。

それは私にとって大変な屈辱と同時に経験したことのない強烈な興奮でもあった。

私のペニスはこの時パジャマの中で驚くほど固くいきり立っていたのだ。

妻の身体がゆっくりとソファに崩れ落ちた。

荒い息をしているようで呼吸の度に胸が上下している。

すると、なんと同僚が、かちゃかちゃとベルトを外しはじめた。
私は、何故かその展開を目にしながらも動けなかった。いや、動いてはいけないようなものを感じ取っていた。

同僚はゆっくりと身体を持ち上げて、「いいかい」と顔を覗いた!すると驚いたことに妻が小さく「うん」とうなずいたではないか!

妻は甘えるような仕草で、彼の首に手を回沿うとしている。
同僚は薄笑いを浮かべながら、妻の股間に狙いをつけているようだった。

妻は視線を下に向けている。

今まさに自分の貞操を奪おうとしている夫以外のペニスに視線がくぎ付けのようだ。私は見て驚いた。そう、ものすごく大きかったのである。ショックであった。

同僚は妻の間にゆっくりと腰を静めていった。「あ・あぁー」「は・あぁー」となんともいえない魅惑的な声を漏らした。

同僚がゆっくりと2,3度腰を動かすと、妻は「い・いっー、ひあ・あぁー」と声を上げ首を激しく左右に振った。
と同時に、同僚が右手でクリトリスを擦ったのだろうか、瞬間ぶるぶるっと身を震わせて激しくしがみついた。

そして、ついに同僚が低い声で「入れるぞ」と言った。
妻は、「ぁ・あぁー」と彼の首にしがみついた。
さっきよりもやや深い角度で同僚は腰を妻の中にゆっくりと沈めていく。そして妻の首がのけぞる。
「わぁー・ はっ・ああっ・・ああー」妻の口から次々と歓喜の喘ぎ声が溢れ出た。

妻の膣がきついのだろうか? 同僚は何度か浅い抽送を繰り返しながら妻の耳元で余裕ありげに囁いた。

「おまんこは少しキツイのかなぁ!、旦那と比べてどぉ?」
「えぇー、 う・うん ・・い・いぃーわぁー  ああー」
「いいのかい?」「う・うん とってもいぃーの、あぁー お、大きいわぁ・・裂けちゃいそうよ  あ・あぁー・・」

同僚の眼を見る余裕もない形相で腰を震わせながら妻は答えたのである。 ショックだった。

明らかにもはや状況はレイプではなく、完全な恋人同士のそれであった。

妻は自分から腰を動かしてより深い挿入を促しているような動きを始めた。
やがて同僚が大きく腰を振りはじめたとき、大きく目を見開ききった妻は、気が違ったかの異様な形相で悲鳴とも聞き取れる大きな声と共に激しく全身を震わせ、そして首をがくんを折った。
オーガズムに達しているようで、時折ピクン、ピクンと身を振るわせた。

しばらくすると、まだ同僚は物足りないのか、妻の上半身からブラウスを剥ぎ取り始めた。そして、腕を回してブラジャーのホックも外した。

白い豊満な、私だけの妻の乳房が露になる。
ピンクの乳首は硬くしこっているように見える。それを同僚の無骨な指が摘み、弄ぶ。
いつのまにか再び挿入されたらしく、同僚がリズミカルなピストン運動を続けた。妻の笑っているかのような顔でその動きを全身で受け止めていた。なんとも言えない、普段とは違う深く感じ入った感のあるなまめかしいあえぎ声はとどまる事を知らないかのようであった。
部屋には濡れた粘膜の擦れ合うぬちゃぬちゃという音が響いていた。私はその光景を、まるで映画のシーンでも見るかのような感覚でその光景を見つめていた。

妻が何度目かの絶頂に達すると、
同僚は妻の身体をゆっくりとひっくり返すようにして、今度はバックから妻の腰を両手で支えながら撃ち込み始めた。

時折、後ろから乳房をわしづかみにし、髪の毛を引っ張る酔うなような行為も見せた。しかし、妻は全く抵抗することもなく、その快感に酔いしれているようであった。時折激しく、そして力強く打ち込まれ続けた。私には到底真似できないサディスティックな責めのように感じた。

しかし、なにより驚いたのはそういう一連の行為を妻が喜んで受け入れたように見えたことだった。とにかく妻の表情は、ピンクに染まった顔が、時に笑っているように、そして時に眉間にしわを寄せるように、そして喘いでいるのである。私は、妻が別の世界でも行ったのではないかと、小さな恐怖におびえたほどである。

とにかく普段の妻はよい人間である。
頭もよく真面目な良妻である。決して嫌いではないが、今日まではそのようなアブノーマル的行為には全く興味を示さなかったのである。

ところが今日の目の前の妻は違っていた。同僚の指が妻のアナルに差し込まれたのに妻は抵抗せず狂ったように腰を振るわせた…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
親友の可愛らしい嫁に襲いかかったら、相性バッチリだった
2017/12/08 23:46
2017/12/08 23:46
妻と結婚して6年になりますが、共働きのため、まだ子供はいません。

それどころか、仕事が出来る妻は、海外出張に出たのです。

私はというと、ひとり淋しく過ごすことになってしまいました。

1~2ヶ月くらい経ったある日、親友のYから電話があり、夕食をご馳走になったのです。

Yも結婚しており、25歳のかわいい嫁の愛さんがいます。

自分を不憫に思った愛さんは、たまに私を食事に誘ってくれました。
そんなのが何回か続いた時、Yに急用ができ、愛さんと2人きりになってしまいました。

少し話しはしたのですが、すぐに無言になって、気まずい雰囲気になったので、そろそろ失礼しよう…
初めて好きになったひろ君との思い出
2018/07/10 00:04
2018/07/10 00:04
小3の時、同じクラスのひろ君を好きになった。 毎日学校でひろ君を見ると何だかドキドキしちゃってた。 ひろ君はそんな風に思ってる事等知らないから普通に一緒に帰ったり、家で遊んだりしていた。その日はひろ君の家で男の子3人、女の子2人で遊んでいたけど私以外の子たちが塾の時間になって 帰ってしまいひろ君と私なって床に置いたパズルをしている時、体育座りをしていたので丸見えの パンツを見られてるのに気が付いて「何見てるの変態」「だってお前が見せてるんだから」なんて 言ってるうちにお母さんに呼ばれたのでそれで終わって帰りました。2、3日して一緒に帰った時、「今日一緒に遊ぼうまたパズルしようよ」ってひろ君に言…
誤解
2017/10/17 17:19
2017/10/17 17:19
セクハラ… なのですが、 正確に言うと職場の女性の先輩からのイヤガラセです。 直接は話していないのですが向こうの言い分では 『私が その女性の先輩の付き合っていた彼氏を横取りしたから』…らしいのですが、 真相は交際を申し込まれはしましたが、私は断っています。 それでも勘違いを重ねて彼女は報復として 私の有らぬ噂を流しました。 “彼だけでは物足りない私が愛用のバイブで毎晩自分のことを慰めている”と。 でもそれも間違いです‥ まず 私には現在(欲しいのですが)彼氏はいません。 そして 私が愛用しているのはバイブではなくローターです。 …恥ずかしくて弁解も出来ません
【熟女体験談】引っ越してきた新妻とエレベーターで一緒になり、部屋に誘われた
2016/07/31 12:02
2016/07/31 12:02
2016/07/31 (Sun) まだ厨房の頃の話。


同じ並びに新婚夫婦が引っ越してきた。

年は大体20代後半といったところで、
子供はまだなし。

厨房になりたてのおれは激しく女を意識し始めた頃で、
当時はやったダンクとかボムとかの雑誌を見てはオナニーに興ずる毎日を
おくっていた頃・・・(年がばれるなぁ・・・)
その人妻は今で言うと酒井真紀風な顔立ちで明るく活動的な感じでした。


いわゆる健康的なおとなの女性といった感じで、その人妻とエレベーターで
会い挨拶するだけで、興奮しておかずにしていた。


あるとき学校帰りのエレベーターでその人妻と偶然会った。


人妻はベージュのコー…
クリスマスに告白してセックスしたら中折れしちゃったwwwwwwwwwww
2016/06/02 14:02
2016/06/02 14:02
去年のクリスマス、俺は友達の男女5人と近くの居酒屋で飲み会をしていた。

その中の有希という子に俺は惚れていた。

有希は少し顔が幼いけど、すごく真面目で優しくて、

頭も良い子で、でも何故か彼氏はいなかった。

だから、俺はずっと有希に想いを寄せていた。

多分、自分では手が届かないと思いながらも。

その日も特に何もなく飲み会は終わってしまって、

俺と有希はみんなの介抱をしていた。

俺と有希はみんなより酒が強く、

この介抱もまたいつもと同じで、

俺は水をもらってきてやったり、背中をさすったりしていた。

それが一段落すると、集めておいた会費を払っておく。

そこまでがいつもの仕事…
先生とセフレになっちゃった
2017/04/22 15:19
2017/04/22 15:19
高2の時の先生とセックスしました。 女子校で、生徒のパンチラを見てもどうも思わない、枯れた30歳のF先生。 F先生は先生の中では若めで、面白いのでまあ人気があって、友達とよくその先生をからかっていたのですが、いつも軽くあしらわれていました。 でもある日、「先生、初体験いつ?」と聞くと柄にもなく照れて・・・。 「ばか学校でそんなこと聞くな」 「じゃあどこなら聞いていいの?」 「からかってんじゃねえ」 顔真っ赤にしてどっか行ってしまいました。 その姿に萌えちゃって、先生にさりげなーくアピールし始めました。 ちょうど個人面談の時期で、二人っきりになれるチャンス。 思い切って好きか…
裏切り者8
2017/08/12 13:19
2017/08/12 13:19
ココで彼女について少し。 東京の大学を卒業し、一般職事務職アドミとして入社し、この支店へ 勤務。彼女の同期で一般職は誰も居ない。まさに縁故入社で本社採用で地元 赴任という感じ。但し、我々営業部所属として、事務能力と資料作成などは 高い評価を得て居る。頭は悪くない。 普段の彼女は営業部の中でも特別可愛いとか綺麗とかではないが、愛嬌があ り、営業部の中では「花」として活躍もしている一人。 育ちの良さからか性格も温厚で素直な性格、仕事に対する姿勢も他の女性よ りは高い評価ある。会社のイベント飲み会パーティーにも付き合い良 く上司からのうけもかなり良い。同性からの見た彼女は「お金持ちの我儘お 嬢様」「…
【姉】幼なじみの姉妹 由美と亜美【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/04/10 20:34
2017/04/10 20:34
幼稚園から高校までずっと同じ学校の同級生だった女の子が居た。一応仮名で由美としておく。家がごく近所で、親同士も大変仲が良く、幼稚園から低学年の頃は、よく家族ぐるみで一緒に出掛けてた。 由美はなかなかの美人、しかもバレエ、ピアノ、書道、(3年ほどだが)水泳、(水泳やめた後)公文と習い事も山盛り。 勉強もスポーツも出来ると言う、マンガに出てきそうな優等生。スラッとしたスタイルで、クラスの男連中の中では一番人気だった。 で、2つ下に妹が居て、名前が亜美(仮名)。彼女も由美と同じように習い事をして、勉強スポーツ両刀。 ただ、由美と違うのは、美人には程遠い容姿と、大柄で(同級生の中では)ゴツ…
【痴漢体験談】夫は知らない私の裏の身体
2015/11/12 20:28
2015/11/12 20:28
私は5歳になる息子の母。(28歳、千代)夫と結婚して6年目を迎えます。出会いは合コンでした。夫は、とても地味で大人しく合コンなんてとても似合わない感じの人でした。もちろん、友人達に騙される様に来たんだと直ぐに分かりました。私も夫の事は言えない位大人しく、よく”YES”マンと言われ様に断れない性格でした。その日も友人に誘われ、嫌だったんですが断れず・・・。夫を見て直ぐに、自分と似た人だと分かりました。ただ一つ違うのは、私は好まれる顔立ちと男モテする体つきだった事です。イヤイヤ参加している合コンも、気づくと男の人が周りに大勢いるんです。特に面白い話をする訳でもないのに、男の人が近づいて来て話かけ…
うしろエッチ
2015/12/18 12:05
2015/12/18 12:05
会社に出入りしている派遣の40代のおばさんと仲良くなり 『 私は、Hの経験がない・Sex出来ない 』というのを ベッドに行けば何とかなると思いホテルに誘った。ムスコの先っぽを唾液で濡らしたぐらいじゃ入って行かず 風呂場のソープを塗り挿入しようとしても、何うしてもダメ。 彼女も痛さをこらえて頑張ってくれてるけど入って行かない。 手で開いて覗いて見ると、 膣の入り口の所に色の違う処女膜らしきものが有り 真ん中には小さな穴があいてるが、固くて指も入らない。どうしても入らないので、中に入れるのは諦めて、 押し付けただけで射精しようとしたら、彼女が「そこじゃダメ」  挿入しなくても、もし精液が入ったら困…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・仲悪かった弟に犯されかけたんだけど

・貧乳に悩む妹の相談中に発情して近親相姦したったwwwwwwwwwww

・高校時代 四

・中出しをせがんできた32歳のバツイチ

・【乱交】修学旅行中にギャルな同級生とサルのようにやりまくった

・あまり抵抗しなかった女

・複数の男性に連続で中出しされるのが大好きな変態女です

・酔った勢いで処女の後輩に抱きつき弄りまくった結果wwwwwwwwwwww

・体験談:家族写真が飾られてる所でレイプされた [衝撃]

・【人妻体験談】試着室で水着に着替えていたら、床上手なおじさんにレイプされた巨乳主婦

・【熟女体験談】色白おっぱいの素人人妻が夫の目の前で公認中出しSEX

・井上和香似なキャバ嬢のくびれ腰を掴んで中出し

・駅ホームの待合室で露出してたらフェラさせられた

・【悲報】淫行でパクられたけど質問ある?

・エロい若妻(o^^o)

・母がヤクザに調教された

・妻が教え子に犯された 2

・元カノから、ハガキが届いて吃驚した

・同僚を眠らせ車の中で犯した

・仲のいいセフレ2

・同級生を奴隷にした話 2

・寝取られ体験談/OB4人に彼女がレイプされた 続編

・ヌルンヌルンに濡らして感じてくれた26歳の美人妻

・【不倫】農作業の小屋で知った床上手な義父の指使い

・クラブでナンパしたビッチな巨乳女子大生

・高校時代 二

・処女だった元高校生バイトに何度も中出し

・犯されると勘違いした母を本当に犯した

・初体験談withポニーテール

・犯されて虜になった不倫体験 2