寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

★ドタバタだったプロダクション撮影会

2018/01/11 11:43


 社員16人という編集プロダクションに2年ほどいた。社員は男女半々で、ほとんどが20〜30代。その編プロはご当地のタウン誌やフリーペーパーを作っていた。俺(当時24)は編集なんてそれまで未経験だったけど、写真の専門学校を出ていたので、その腕を買われて入社した。

 入社半年くらいで広告を掲載してくれる。クライアントへの取材や撮影なんかも任されるようになった。9カ月くらい経ったある日、副編集長(森高千里似のお姉さん系、社内唯一の東京六大学出身、当時28)からリニューアルしたエステサロンの写真を撮ってくるように頼まれた。

 さっそくアポ取りの電話を入れると、サロンの担当者が「誰かモデルを連れてきてほしい」という。普通の編プロなら、モデルもカメラマンも外注にするんだけど、うちの会社ではクオリティ重視の写真でなければ俺が、モデルにしても社内調達か編集部員の知り合いにノーギャラで頼むのが普通だった。

 副編に相談すると「わかったよ。誰かに指示しておくから」というので、俺はその件はそのまま忘れていた。1週間後の取材前日になって、俺は副編に「明日のモデル誰ですか?」と確認を取った。

 ところが、副編はすっかり忘れていたようで「やばーい!」「どうしよう…」とかなりテンパっていた。社内の女性陣は取材・入稿期間の真っただ中で、ほとんど外出。中にいるスタッフもモデルなんてしているヒマはない。

 サロンは副編のコネクションで取れた広告だったので、結局、普段は絶対にそんなことをしない副編がモデルとして同行することになった。行きの車の中で、副編は「今の職になってからデスク業務ばかりだったから、仕事で外へ出るなんてひさびさだなぁ。しかもモデルなんて新人のころ以来だよ♪」

 と、なぜか上機嫌だった。いつもはパンツ姿なのに、その日は珍しく膝が見えるスカート姿。俺はあえて助手席の美脚に視線を向けないように気を遣いながら、前日から気になっていたことを聞いてみた。

「エステってどんなエステなんですか?」「フェイスエステが中心だよ。なに、変な期待してんの。ばーかw」職場ではテキパキと仕事をこなし、みんなに頼りにされる反面、仕事中はあまり笑わない副編がいたずらっぽく笑ったので、それをきっかけに会話が弾んだ。

 副編の見た目からは想像できなかったけど、副編も最近になってカメラの勉強を始めたらしく、カメラ談義でも盛り上がった。副編はプライベートな話をしないタイプなので、俺は副編を一人占めしたような錯覚にかられた。

 20分ほどでエステ店に着いたが、店の担当者との打ち合わせで大きな問題が発覚した。その店では新装キャンペーンとして、全身オイルエステコース5000円を打ち出したいので、その写真を撮ってほしいという。

 選択肢は2つ。副編がそのままモデルになるか、後日あらためて別のモデルを連れてくるか。ただ、締め切りを考えると、答えは1つしかなかった。副編もかなり悩んだ末に「誌面では絶対に顔がわからない写真を使うこと」

「撮影直前までヒロ(俺)は部屋の外で待機していること」「他の社員に漏らさない(仕上がり写真を見せない)こと」の3つを必ず守るようにと俺に何度も念押しして、モデルになることを決意した。通常、エステや温泉なんかの撮影ではモデルは水着を着用するんだけど、こんな事態になるとは思ってもいなかったので、副編は水着の準備をしていなかった。

 俺は思わぬ幸運に興奮を抑えながら、部屋の外で声がかかるのを待った。「いいよー!」吹っ切れたような副編の声が向こうから聞こえたので、俺はドアノブを回した。が、施術台の上にはオレンジのバスタオルを横に何枚も重ねた副編がうつぶせになっていて、肌は膝下と二の腕から先しか見えなかった。

 それでも、その下の副編の細くて白い裸体を想像すると、俺は勃起しそうになった。「早く撮って撮って!」耳を真っ赤にした副編の声に促され、俺は夢中で何枚か撮った。撮り続けたが、どうもしっくりこない。バスタオルがすごく不自然に写るうえに、タオルのシワも気になる…。

「普段もこんな感じでエステをやるんですか?」「いいえ、バスタオルは多めになっていますw」いきさつを知っているエステティシャンが苦笑いした。「背中ダメですか?」副編もその道のプロなので、このままだといい上がりにならないとわかっていたみたいだった。

「うーん、この状態で何とか許してもらえない?」「でも、写真として不自然でしょw」エステティシャンも、「本当に肌がお綺麗ですから、自信を持って写してもらったらいかがですか?」とナイスなフォロー&後押しをしてくれ、副編もついに

「わかったよ。けど、本当に、ほんとーーうに誰かに言っちゃダメだからね!」と言って上半身のタオルを外すことを了承したが、俺はここで再び部屋を追い出された。布団のようにかけられたバスタオルの下に、またバスタオルで身体をぐるぐる巻きにしていたらしいw

 再度、呼ばれて部屋に入ると上半身をあらわにした副編がうつぶせになっていた。お尻が見えるのを警戒してか、足首から腰の上あたりまではバスタオルで隠されていたが、オイルでテカテカに光る背中が丸見えになっていた。ほくろやシミが一つもない、真っ白な副編の肌。程よい肩胛骨の張りが美しい。

 胸から腹にかけては見事なくびれが形成されていた。ただ「気をつけ」の状態で寝ていたため、推定Cカップくらいの横乳や脇の下は見ることができなかった。勃起しているのを悟られないよう、俺は中腰のまま撮影を続けた。

 副編はガードを意識しすぎて「気をつけ」の状態で身体を硬直させている。「そんな固くならないでくださいよw(固さが)写真にも出ちゃいますよ?」「うるさいw 彼氏でもない男に身体を見せたことなんてないんだから!」

 こんな会話をしているうちに、副編の腕の力も徐々に抜け、角度によっては圧力でつぶされそうにはみ出している横パイ(推定Cカップ)もわずかに見えるようになった。俺は後でこっそりオカズにするため、気づかれないように横パイのアップの写真も何枚か撮り(後でバレたけど、続いて下半身のエステ写真

(首下から太ももの真ん中あたりまでバスタオルで鉄壁ガード)も撮影した。「次は仰向けになるんですけど、どうしましょうか?」エステティシャンがおもむろに切り出した。副編は「えーっ、それはさすがにムリ。本当にムリだから!!」

 と騒いだ。副編はロングヘアーで頭にタオルを巻いていたから「うつぶせだと団子状のタオルが目立って写真写りが悪い」と言って説得したが、さすがに抵抗が激しかった。結局これ以上の撮影はあきらめて、俺は部屋を出た。だが、この後に奇跡が待っていた。

 部屋の外でカメラの画像を確認していると、エステティシャンがいきなりドアを開けたのだ。「キャッ、ごめんなさい!」誰に謝ったのかわからないが、エステティシャンはすぐにドアを閉めた。本当に一瞬だったけど、施術台から身体を起こしていたヌードモデルのような副編の裸体を拝んだ。

 目があった瞬間、副編はバスタオルを胸にあて、身体をかがめた。けど、叫んだりはしなかった。頭に焼き付いている小ぶりの美乳、薄い色素の乳首。写真には撮れなかったけど、今でも最高のおかずになっている。

 とりあえず店の駐車場で俺は副編が出てくるのをドキドキしながら待った。ついさっきの出来事が夢のように感じられた。かなり長い(30分くらい?)して、副編が店から出てきた。「あー、恥ずかしかったーwよし、帰ろう♪」行きの車の中と同じようなテンションだったので、俺は少しホッとした。

「デザイナーには使う写真しか渡しちゃダメだからね」「必ず私に写真を選ばせてよ」と副編は何度も繰り返した。やや必死な感じの様子にちょっと萌えたが、副編は裸を見た件については何もふれようとしなかった。

 さっきまで裸体を拝めてあんなに興奮していたのに、俺は心の中で芽生えた罪悪感がだんだん大きくなっていくのを感じていた。そのせいもあって「はい」「わかりました」などと生返事をしていたのだと思う。うまく言葉がつげず、車中は何となく重い雰囲気になってしまった。

「…さっきのこと、気にしてるの?」副編が俺の顔をのぞき込んだ。「それは、まあ…」「ふーん、意外とストイックっていうかピュアじゃんw」「Mさん(副編)は気にしていないんですか?」「彼氏でもない男に裸を見られて気にしない女子なんていると思う?」

「す、すみません…」「いいよー、気にしなくて。ヒロがドアを開けたわけじゃないんだしw」なぜか俺が励まされてしまい、気持ちのなかではますます気まずくなった。「なんで、胸見られたうえに、凹まれちゃうかなー?w イヤだった?」「いや、とんでもない!全然そういうことじゃなくて…」

「ふーん、なんだかわかんないけど、反省してくれてるってことでいいのかな?」「はい。本当にごめんなさい」「じゃあ…」副編は笑いながら続けた。「私の写真モデルになってくれる?」「へっ?」俺は間の抜けた返事をした。

「ヌードになってほしいの。お互いに裸を見たことは秘密ってことで。ダメ?」俺が動揺していると「ヘンな意味じゃないし、誘っているとかじゃないからwあくまでマジメに。来るときにカメラの話したでしょ?風景ばかりじゃなくて、ヌードも撮ってみたいなーと思って」と副編は言った。

 さすがにヌードは抵抗があったが、答えに詰まっていると「私の裸を一方的に見て、『ごめんなさい』の一言で終わりなんだ?」などと突っ込まれ、仕方なくOKすることにした。帰りの車内で初めて副編と携帯のメアドを交換…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
30歳のOLとエプロン姿のエッチな体験談
2015/11/16 22:07
2015/11/16 22:07
2年前の話。僕(当時24)はクリーニング屋の受付のバイトしていました。 そこは国道のロードサイドに位置するチェーン店だったので、若い女の子も多く、女子はエプロンではなくOLのような制服でした。 (男はポロシャツにエプロンだったんですが・・) そこに新人としてやってきたのは、30歳のOL。 顔はまあ普通。体は胸が大きく(Cカップかそれ以上に思えた。これが後に 驚かされることになる)、 くびれがはっきりと見てとれるほど。いわゆるナイスバディの持ち主。そしてなにより色っぽい!動作といいしゃべり方といい、ロングヘアーも相まって、色気の塊のような人でした。 言い忘れましたが、その人は昼間O…
【近親相姦】可愛い妹を女として見始めた俺の狂気[第6話(終)]
2017/10/28 02:00
2017/10/28 02:00
・・・麻美への気持ちの変化が全ての始まりでした。・・・思い返すと、女として見始めたときから、俺の中に黒い欲望が巣くっていた気がします。 麻美が俺の部屋に涼みに入ってきたとき・・・。あれがスタートでしょう。麻美とのことが始まってなかったら、瞳ちゃんとも始まってなかったでしょう。 瞳ちゃんにデパートでの試着室でのことを目撃されなければ・・・。ついさっきまでは、それを悩んでいた俺がいました。でも、今は違います。救ってくれたのは瞳ちゃんでした。 「女として見てしまったのが、たまたま麻美だった」 それを言われたときに心が軽くなった気がしたんです。瞳ちゃんには本当に感謝です。 ・・・…
高校卒業後のお別れの前に中出し
2016/02/15 08:09
2016/02/15 08:09
554 :水谷 修 (仮名):03/04/01 01:41 美奈はクラス、いや学年の中でも特別だった。 京人形のような雰囲気にもかかわらず、目は黒目がちの二重。小さ目の口は形がよく、 ニッコリ笑うと口角があがって綺麗な弧を描いた。 色白で透けるような肌。 頭も文系の中では10番以内に入っていたし、運動神経もよかった。 胸はけっこうあって身は細く、ヒップがキュッとあがってウェストのくびれもばっちり。 大人っぽい子でクラスのまとめ役でもあった。決してしきりたがりってわけではなく、 自然と皆が美奈の言うことや提案に納得してまとまるような…
【熟女体験談】震災の日に誰もが憧れる美熟女社員を自宅に招き、勝手に中出し孕ませレイプ
2018/06/10 00:02
2018/06/10 00:02
2018/06/10 (Sun) 大震災の日

私の家は大通りに面していて
外を見ると帰宅困難者が
大勢歩いているのが見えた

そんな状況の中
近くのコンビニに買い出しにいくと
品切れは目ぼしいものは
何も売っていない

仕方なく家に帰ろうとすると
ふいに

「Oさん!」

と声をかけられた

そこには
取引先の営業担当の
Kさんが立っていた

彼女の会社が
私の家の近くなのは知っていたのですが
さすがに家の目の前の
コンビニで会うとは思わなかった

Kさんは
とてもスタイルが良くて
清楚な感じの美熟女社員

そして結婚して
子供もいる人妻OLが
一度この美熟女OLと
オマンコ…
【人妻体験談】マッサージしてくれた義姉と真夏の昼下がりの近親相姦
2018/05/19 22:02
2018/05/19 22:02
母子相姦ならぬ義姉相姦をしてしまいました 真夏の昼下がりの情事で官能小説のようなシチュエーションでした お盆になると墓参りで妻の実家に帰省し 夏の暑い陽が照りつける中を義姉の夫の墓参に車を走らせた 義姉の夫は、ガンに侵されて他界し義姉は五十路ながら未亡人になり一人暮らし 家は、山間にぽつんと建つ一軒家で隣家とは百メートルは離れていて誰にも災いされない静かな環境にある 妻は昼食を済ませて車で買い物に出かけた 田舎の広い家には五十路になる未亡人な義姉と二人だけの密室に 私は六畳の居間に寝転がっていたが腰が痛く、つい 「腰が痛い」 と声を漏らした すると近くにいた義姉が 「マッサージしてあげようか…
妻の浮気告白
2017/12/31 05:11
2017/12/31 05:11
私の妻は45歳です。おとなしくて癒し系の顔、若い頃は、よくモテたが、しゃべり下手と引っ込み思案で、私と出会うまでは、処女でした。押しに弱く、断り切れない性格。 妻が32歳の時に、パート先の係長(吉田)がよく気にかけてくれて、話し相手になってくれ、早番の時などは、帰りに公園でおしゃべりするようになりました。ある日公園で、手を握られ「キスしてもいい?」と聞かれ妻は逃げてきました。普段から会社の事、吉田の事聞かされてたから、そんな事があったと告白され、私は怒るより、何とも言えない興奮と嫉妬でドキドキしました。その頃私は、若い彼女がいて、彼女のあとに、義理で抱いてましたが、その夜は、異常に興奮して…
寝取り男にオナホをプレゼントされるという屈辱に
2017/12/10 00:04
2017/12/10 00:04
私は共働きのサラリーマンです。
妻は勤務先の送歓迎会だと称してしょっちゅう帰宅が深夜になりました。

私の勤務している会社も残業が多く、すれ違い夫婦になって数ヶ月。
毎週のように送歓迎会があるはずもなく、また、そんな状態ですから夜も拒まれるようになりました。

さらに妻の態度は冷たくなる一方です。


妻が浮気しているのではないかと思い始めてからと云うもの、最初はいたたまれないほど悩み続けました。


夜私が先に帰宅している夜を待つのは辛く、それでいて、妻が他の男に抱かれているのではないかと思うと興奮してしまうのです。


そんな時にインターネットでは寝取られマゾでにぎわっているの…
パチンコ店員同士の寝取り、寝取られ体験談
2016/06/04 23:10
2016/06/04 23:10

パチンコ店で店員をしてます。
同僚の琴帆とは付き合っていて、この前良からぬウワサを同僚のS先輩(女性)から聞いた。

このS先輩とT先輩(男性)は付き合っているんですが、T先輩と琴帆がシフトで遅番に入ると、閉店後、他の店員が帰ると言っても帰らず、仲良く話していて「まだ二人で話していくわ、お疲れ様」とその後があやしいそうなんです。

S先輩と僕が休みの日に、S先輩が閉店後(お掃除部隊が帰ったあと)、休憩室を覗いて抱き合うところまで見たんですが、途中で見ていられなくなり、泣いて帰ったそうなんです。

それを聞いて僕は、ふたりがそのあと何をしていたかと思うと悶々としていろんなことを想像してしまい…
〇メセクにハマった女達③【エッチ体験談】
2016/01/01 08:54
2016/01/01 08:54
前回タイトルを間違えてしまいましたね・・・。〇法ハーブにハマった女達だったのですが・・・ まあ〇法ハーブはずい分後になりますし、〇メセクには変わりないので・・・。 N子は愛液の多い女でした。 私の経験上、N子のような体型の女は愛液が濃い目で少ない・・・なのですが・・・。粘度の低い愛液で量も多い・・・。 恥ずかしさで顔を隠そうとするN子の両手を掴み、後頭部に抑え込みます。 私は相変わらずカリでクリを擦りながら、N子に目を空けるように言いました。ゆっくりと薄目を開けるN子・・・。 薄暗い中で開いた視線は虚ろながら、すでに堪らない状態まで来ているのが見て取れま…
寝取られて得た幸せ 1【エッチ体験談】
2017/12/19 22:10
2017/12/19 22:10
もう4年くらい前になるだろうか・・・。
俺には彼女がいた。
名前は楓(仮名)としておきます。

一つ年下で、清楚で、明るく、顔も可愛く、自慢の彼女だった。
大学のサークルで知り合い、一目惚れと言ってもいいかもしれない。
そんなわけで、かなりモテていた。

1年くらいの間で結構仲良くなり、駄目もとで告白したところ、「私も前から好きだった」と言われ、天にも昇る気分だった。
2日に1回は会ってデートをした。

初めてエッチをした時も最高に幸せで、一生かけてこいつを守ろうなんて思っていた。
その反面、心配の気持ちも尽きなかった。
やはりモテていたし、こいつを狙ってるやつなんて腐る程いた。

そんな不…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・元ヤンキーだった彼女

・【痴漢・レイプ】最終・室内プールで妻が

・オナネタにしていた知り合いの巨乳彼女とエロエロセックス・・

・お姫様抱っこ協会  ←  検索

・セフレの家で3Pした時の体験談wwwwwwwwwww

・姉の旦那さんがステキな人だったので、許しちゃいました

・エッチしたくなって友達に言ったらエッチする事になりました

・【痴漢・レイプ】妻が職場の後輩に・・

・物で判断する夫婦

・人妻と不倫SEX中、危険日だからと言われてよけいに興奮して・・・

・童貞卒業させてくれた人妻が今ではセフレ【出会い系体験談】

・【痴漢・レイプ】妹の気持ちを受けとめて

・【人妻体験談】万引き主婦がスーツの男に脅され、無理やり膣が裂ける程レイプされた

・年下との不倫

・コンビニでパンチラしている少女二人をナンパしたったwww

・人妻ですが、夫の弟に抱かれた快感が忘れられません

・■知り合いの優しそうな男が豹変

・彼氏に飛行機の中でイカされたから、ゴックンしてあげました

・お酒を飲むとやりたくてやりたくて…【エロ体験談】

・【近親相姦】高3のとき中学生の弟にお尻の穴を舐められた[後編]

・【痴漢・レイプ】終・室内プールで妻が

・保険勧誘員としたエッチの思い出

・【痴漢・レイプ】夜。

・見られたらヤバイよっ・・・

・忘れ物を取りにオフィスに戻ったら、課長の太いのが私の中にズブリと・・・

・オフパコしまくれるようになったけど質問ある?

・【痴漢・レイプ】プールにて3

・入院中、看護婦さんに夜這いされて中出ししてしまった

・【痴漢・レイプ】農家の嫁

・【人妻体験談】テニススクールの生徒である人妻にSEXレッスンをしてもらった童貞男子高校生