寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

★ドタバタだったプロダクション撮影会

2018/01/11 11:43


 社員16人という編集プロダクションに2年ほどいた。社員は男女半々で、ほとんどが20〜30代。その編プロはご当地のタウン誌やフリーペーパーを作っていた。俺(当時24)は編集なんてそれまで未経験だったけど、写真の専門学校を出ていたので、その腕を買われて入社した。

 入社半年くらいで広告を掲載してくれる。クライアントへの取材や撮影なんかも任されるようになった。9カ月くらい経ったある日、副編集長(森高千里似のお姉さん系、社内唯一の東京六大学出身、当時28)からリニューアルしたエステサロンの写真を撮ってくるように頼まれた。

 さっそくアポ取りの電話を入れると、サロンの担当者が「誰かモデルを連れてきてほしい」という。普通の編プロなら、モデルもカメラマンも外注にするんだけど、うちの会社ではクオリティ重視の写真でなければ俺が、モデルにしても社内調達か編集部員の知り合いにノーギャラで頼むのが普通だった。

 副編に相談すると「わかったよ。誰かに指示しておくから」というので、俺はその件はそのまま忘れていた。1週間後の取材前日になって、俺は副編に「明日のモデル誰ですか?」と確認を取った。

 ところが、副編はすっかり忘れていたようで「やばーい!」「どうしよう…」とかなりテンパっていた。社内の女性陣は取材・入稿期間の真っただ中で、ほとんど外出。中にいるスタッフもモデルなんてしているヒマはない。

 サロンは副編のコネクションで取れた広告だったので、結局、普段は絶対にそんなことをしない副編がモデルとして同行することになった。行きの車の中で、副編は「今の職になってからデスク業務ばかりだったから、仕事で外へ出るなんてひさびさだなぁ。しかもモデルなんて新人のころ以来だよ♪」

 と、なぜか上機嫌だった。いつもはパンツ姿なのに、その日は珍しく膝が見えるスカート姿。俺はあえて助手席の美脚に視線を向けないように気を遣いながら、前日から気になっていたことを聞いてみた。

「エステってどんなエステなんですか?」「フェイスエステが中心だよ。なに、変な期待してんの。ばーかw」職場ではテキパキと仕事をこなし、みんなに頼りにされる反面、仕事中はあまり笑わない副編がいたずらっぽく笑ったので、それをきっかけに会話が弾んだ。

 副編の見た目からは想像できなかったけど、副編も最近になってカメラの勉強を始めたらしく、カメラ談義でも盛り上がった。副編はプライベートな話をしないタイプなので、俺は副編を一人占めしたような錯覚にかられた。

 20分ほどでエステ店に着いたが、店の担当者との打ち合わせで大きな問題が発覚した。その店では新装キャンペーンとして、全身オイルエステコース5000円を打ち出したいので、その写真を撮ってほしいという。

 選択肢は2つ。副編がそのままモデルになるか、後日あらためて別のモデルを連れてくるか。ただ、締め切りを考えると、答えは1つしかなかった。副編もかなり悩んだ末に「誌面では絶対に顔がわからない写真を使うこと」

「撮影直前までヒロ(俺)は部屋の外で待機していること」「他の社員に漏らさない(仕上がり写真を見せない)こと」の3つを必ず守るようにと俺に何度も念押しして、モデルになることを決意した。通常、エステや温泉なんかの撮影ではモデルは水着を着用するんだけど、こんな事態になるとは思ってもいなかったので、副編は水着の準備をしていなかった。

 俺は思わぬ幸運に興奮を抑えながら、部屋の外で声がかかるのを待った。「いいよー!」吹っ切れたような副編の声が向こうから聞こえたので、俺はドアノブを回した。が、施術台の上にはオレンジのバスタオルを横に何枚も重ねた副編がうつぶせになっていて、肌は膝下と二の腕から先しか見えなかった。

 それでも、その下の副編の細くて白い裸体を想像すると、俺は勃起しそうになった。「早く撮って撮って!」耳を真っ赤にした副編の声に促され、俺は夢中で何枚か撮った。撮り続けたが、どうもしっくりこない。バスタオルがすごく不自然に写るうえに、タオルのシワも気になる…。

「普段もこんな感じでエステをやるんですか?」「いいえ、バスタオルは多めになっていますw」いきさつを知っているエステティシャンが苦笑いした。「背中ダメですか?」副編もその道のプロなので、このままだといい上がりにならないとわかっていたみたいだった。

「うーん、この状態で何とか許してもらえない?」「でも、写真として不自然でしょw」エステティシャンも、「本当に肌がお綺麗ですから、自信を持って写してもらったらいかがですか?」とナイスなフォロー&後押しをしてくれ、副編もついに

「わかったよ。けど、本当に、ほんとーーうに誰かに言っちゃダメだからね!」と言って上半身のタオルを外すことを了承したが、俺はここで再び部屋を追い出された。布団のようにかけられたバスタオルの下に、またバスタオルで身体をぐるぐる巻きにしていたらしいw

 再度、呼ばれて部屋に入ると上半身をあらわにした副編がうつぶせになっていた。お尻が見えるのを警戒してか、足首から腰の上あたりまではバスタオルで隠されていたが、オイルでテカテカに光る背中が丸見えになっていた。ほくろやシミが一つもない、真っ白な副編の肌。程よい肩胛骨の張りが美しい。

 胸から腹にかけては見事なくびれが形成されていた。ただ「気をつけ」の状態で寝ていたため、推定Cカップくらいの横乳や脇の下は見ることができなかった。勃起しているのを悟られないよう、俺は中腰のまま撮影を続けた。

 副編はガードを意識しすぎて「気をつけ」の状態で身体を硬直させている。「そんな固くならないでくださいよw(固さが)写真にも出ちゃいますよ?」「うるさいw 彼氏でもない男に身体を見せたことなんてないんだから!」

 こんな会話をしているうちに、副編の腕の力も徐々に抜け、角度によっては圧力でつぶされそうにはみ出している横パイ(推定Cカップ)もわずかに見えるようになった。俺は後でこっそりオカズにするため、気づかれないように横パイのアップの写真も何枚か撮り(後でバレたけど、続いて下半身のエステ写真

(首下から太ももの真ん中あたりまでバスタオルで鉄壁ガード)も撮影した。「次は仰向けになるんですけど、どうしましょうか?」エステティシャンがおもむろに切り出した。副編は「えーっ、それはさすがにムリ。本当にムリだから!!」

 と騒いだ。副編はロングヘアーで頭にタオルを巻いていたから「うつぶせだと団子状のタオルが目立って写真写りが悪い」と言って説得したが、さすがに抵抗が激しかった。結局これ以上の撮影はあきらめて、俺は部屋を出た。だが、この後に奇跡が待っていた。

 部屋の外でカメラの画像を確認していると、エステティシャンがいきなりドアを開けたのだ。「キャッ、ごめんなさい!」誰に謝ったのかわからないが、エステティシャンはすぐにドアを閉めた。本当に一瞬だったけど、施術台から身体を起こしていたヌードモデルのような副編の裸体を拝んだ。

 目があった瞬間、副編はバスタオルを胸にあて、身体をかがめた。けど、叫んだりはしなかった。頭に焼き付いている小ぶりの美乳、薄い色素の乳首。写真には撮れなかったけど、今でも最高のおかずになっている。

 とりあえず店の駐車場で俺は副編が出てくるのをドキドキしながら待った。ついさっきの出来事が夢のように感じられた。かなり長い(30分くらい?)して、副編が店から出てきた。「あー、恥ずかしかったーwよし、帰ろう♪」行きの車の中と同じようなテンションだったので、俺は少しホッとした。

「デザイナーには使う写真しか渡しちゃダメだからね」「必ず私に写真を選ばせてよ」と副編は何度も繰り返した。やや必死な感じの様子にちょっと萌えたが、副編は裸を見た件については何もふれようとしなかった。

 さっきまで裸体を拝めてあんなに興奮していたのに、俺は心の中で芽生えた罪悪感がだんだん大きくなっていくのを感じていた。そのせいもあって「はい」「わかりました」などと生返事をしていたのだと思う。うまく言葉がつげず、車中は何となく重い雰囲気になってしまった。

「…さっきのこと、気にしてるの?」副編が俺の顔をのぞき込んだ。「それは、まあ…」「ふーん、意外とストイックっていうかピュアじゃんw」「Mさん(副編)は気にしていないんですか?」「彼氏でもない男に裸を見られて気にしない女子なんていると思う?」

「す、すみません…」「いいよー、気にしなくて。ヒロがドアを開けたわけじゃないんだしw」なぜか俺が励まされてしまい、気持ちのなかではますます気まずくなった。「なんで、胸見られたうえに、凹まれちゃうかなー?w イヤだった?」「いや、とんでもない!全然そういうことじゃなくて…」

「ふーん、なんだかわかんないけど、反省してくれてるってことでいいのかな?」「はい。本当にごめんなさい」「じゃあ…」副編は笑いながら続けた。「私の写真モデルになってくれる?」「へっ?」俺は間の抜けた返事をした。

「ヌードになってほしいの。お互いに裸を見たことは秘密ってことで。ダメ?」俺が動揺していると「ヘンな意味じゃないし、誘っているとかじゃないからwあくまでマジメに。来るときにカメラの話したでしょ?風景ばかりじゃなくて、ヌードも撮ってみたいなーと思って」と副編は言った。

 さすがにヌードは抵抗があったが、答えに詰まっていると「私の裸を一方的に見て、『ごめんなさい』の一言で終わりなんだ?」などと突っ込まれ、仕方なくOKすることにした。帰りの車内で初めて副編と携帯のメアドを交換…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
敬子を略奪された男〔2〕
2016/04/08 09:01
2016/04/08 09:01
 女は身体が馴染んでしまうと不倫であっても、誘われると拒否できなくなる。 女は、常に受身なのだ。その身体が男のペニスで満足させられ、アナルも開発さ れると逆らえなくなっていた。 ペニスが私よりも太く長い男の味を知った敬子は、メールが来ると下着を取り、 ノープラ、ノーパンで近くのコンピニまで行き、男の車に乗り込む。子供が学校に 行って、10時頃に男の車に乗り込み、フェラをさせられ、精液を飲み干していた。 それから男のマンションに行き、浣腸されて直腸を綺麗にしてからオイルを塗られ 前後の穴に、5センチを越えるペニスを差し込まれる。 その快感と淫靡さに身体が馴染んでしまっていた。何度失神してもその甘…
人妻講師との秘密の大人ピアノレッスン体験談
2015/10/16 23:30
2015/10/16 23:30
人妻講師との秘密の大人ピアノレッスン体験談 僕は、今年40歳を迎えた。 仕事も順調、家庭も平穏、ごく普通に妻子ありのビジネスマンだ。 でも、なにか新しい刺激が欲しくて、今年から、都内大手の楽器店で講座がもたれている「初めてのピアノ大人のレッスン」に通い始めた。 建前は、新しい趣味、刺激を得る事だったが、本音は、清純そうに見える女性ピアノ講師に出会えればいい、と思っていた。 僕の想像では、ピアノ講師というのは、20代の独身女性が殆どかと思ってレッスンに通おうと思っていたのだが…、初めてのレッスンの時、ドアを開けて入って来たのは、結婚指輪をはめた30代半ばの人妻のピアノ講師だった。 年齢が少し…
変なエッチなメンズサロン2
2017/10/07 09:19
2017/10/07 09:19
1と形を替えます 僕は歳の理容師をしています。最近男性客より女性客 の方が沢山きます。サロンは夜の8時まで営業 夜7時に白のワイシャツに赤色の超ミニタイトースカート をはいて黒いストッキングに白のハイヒールをはいて 背が高く髪が背中まで伸びて、長脚で超セクシーな美人 な歳位の女性客が来店 僕ー「いっらしぃませ」 女性客ー「いま大丈夫ですか、髪をやってもらいたいのですが」 僕ー「大丈夫ですよ、待ち時間なしですぐできますよ」 女性客ー「じゃあお願いします。」 僕ー「わかりました。こちらの椅子へどうぞ」 女性客ー「はい」 女性客は椅子に座る 僕ー「とういたしましょうか」 女性客ー「短くショートでお願…
【レイプ】バニーガールでオナニーしてたら盗撮された
2016/12/26 02:00
2016/12/26 02:00
私は、ある飲食店でバニーガールのコスチュームを着て仕事をしています。そこの更衣室が、そのお店の社員の手で何ヶ月もの間盗撮されていました・・。私はそんなことも知らずに、着替えの時に鏡を見ながら色々と体のチェックをしてたんです。 ある日、ロッカーの中に私の着替えシーンが何ヶ月分もぎっしり詰まったDVDが入っていて、初めて盗撮されていたんだって知りました。かなり動転しました。盗撮されてたんだって知り、ショックと怒りで警察に届けようかどうしようか悩みました。でも届けたりしたら、このDVDは没収されて警察の人たちに全て見られるんだって思ったら、絶対に出来ないって思いました。 こん…
【出会い系】挿入時の量感が期待通りでのけ反る【体験談】
2016/05/20 03:00
2016/05/20 03:00
某出会い系、関西某府、女、38(32に詐称)、162/52、既婚子有 高岡早紀似Aカップ相手 42歳 既婚子有 介護士 関西某県 182cm事前写メ確認せず既婚レス同士で仲良くしよう、とメールで猛烈アタックされる。共通の趣味で盛り上がり、他の男に落とされたくないとほだされ、3週間で落ちる。ほぼヤる前提で約束。待ち合わせの駅にナイスな輸入車で現れたのはブサ目の照英(以下照英)。平日にファミレスでランチから。シャイだが、ドアを全て開けてエスコートしてもらい上機嫌に。張り切ってLHにイン。しばし酒を飲み続つつご歓談。腕と肩の筋肉を眺めていたら触りたくてモヤモヤしてきたので指から弄りにかかる。自然にキ…
巨乳な女子大生に思いっきり顔射した時のこと
2015/12/26 22:00
2015/12/26 22:00
学生の頃のエッチな話。結構仲のいい女友達がいて、他の友達数人と一緒によく遊びに行ったりしてた。 その日も5人くらい(女は一人だけ)でボウリングとかで遊んだ後、酒飲みたくなった俺は、みんなに自分の家に来ないかと提案。 あまり乗り気じゃないとか、仕事の都合とかで、男三人には断られた。そして解散。 今日は独り酒かな、と思いながら帰ろうとすると、女が追いかけてきて、「付き合うよ」と。 で、俺の部屋(一人暮らし)で酒飲みながら他愛も無い話をした。 考えてみたら、彼女は友達数人と一緒に来たことはあっても、俺の部屋で二人っきりという状況は初めてだった。 それに気づいても、その時は特別変な感情には…
【近親相姦体験告白】 母昇天
2016/08/15 19:51
2016/08/15 19:51
一か月ぶりの実家、親父は「何の様だ」的な反応だけ、それ以上は無関心の様だ。母の方が少し戸惑っているのが判った。 「今日、泊って行くから・・」そう俺が言っても、特別に言われる事も無く、自分の部屋に早々と引き籠った。夜キッチンにビールを取りに行くと、母がいた。俺の姿を見て、慌てて出ようとするところで、「久しぶりにやらせてよ・・」 母の背中に向けて言った。 母が立ち止まると、振り向いて、首を振った。「ヤメテ・・馬鹿云わないで・・」 母の反応は想定内の事だ。「待ってるからね・・適当に飲ませちゃえば平気だろう・・」 親父を酔っぱらわせれば・・、簡単には目を覚まさない事は判っている事だ。 母は何も応…
13も年下の大学生を筆おろししてしまった【エッチ体験談】
2018/02/15 16:10
2018/02/15 16:10
どうやら筆おろししてしまったらしい・・・・・・
相手、13も年下なのに(私35、相手22)orz

相手は大学生。
出張で近くまで行ったので、軽く食事でも、ってことでお誘い。

終電ないんで、「家で飲んで語りましょう」ってことで彼のアパートへ。

夜明け近くまで、飲んで話して、そのまま私はこたつで寝てた(爆)。



うとうとしてたら、左手だけなんかあったかい・・・・・・。
どうやらそのコの唇や頬の感触らしい。あったかいというより熱い。

目を開けたら、そのコは手をとったままじっと私の顔を見てた。

その表情がやたら可愛かったので、思わず抱き寄せて撫でなでしてしまう。

「女…
❤飲み過ぎて酔いつぶれた私
2017/05/28 19:25
2017/05/28 19:25
 覚えてないのです。終電での事です。大学のサークルの飲み会で飲み過ぎた私は、フラフラになって何とか駅のホームまでは辿り着いたんですが、ベンチに座ったら眠り込んでしまったんです。

 次に気がついた時は、誰かに肩を揺らされてました。「ねーちゃん、これが終電だよ。乗るんじゃないの?」終電の時間まで寝込んでしまったようです。「の、乗ります」そう言ったつもりでしたが、言葉にはなっていませんでした。

 しかし、理解はしてくれたらしく「じゃほら、立てるか?」と脇を抱えられるようにして立たされました。
電車に乗るまでは気付かなかったんですが、脇に回された手が私の乳房に当たっていて、反応のない私をいいこ…
オレ様キャラな先輩のドSなセックス
2017/05/14 07:19
2017/05/14 07:19
Sの先輩の話。 3年でかなり“俺様”なやつがいた。 自分で点取らないと気が済まないようなやつ。 はやく俺にパス出せよキャラ。 いっつもコーラばっかり飲んでたので、心の中で『炭酸』と呼んでいた。 以降、炭酸と表記する。 部活が終わって制服に着替え、帰ろうとしたときだった。 炭酸「マネージャー、きて」 部室から声が聞こえた。 (おいおい用事あるなら先言えよ、帰る気まんまんだぞこっちは) そんな気持ちを抑えて部室に入った。 「どうしました?」 見ると炭酸がマットの上でうつ伏せに寝ていた。 炭酸はこっちも見ず、「マッサージして」とだけ言うとゲームをやりだした。 プレイヤーの…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】出会い系で知り合った素人人妻はすでに他の男と不倫しているのに若い男とセックスをしたがっていた

・【熟女体験談】泥酔したブスおばさんを介抱するフリしてマンコキ痴漢

・私達夫婦のセックス

・【オナニー】妹の下手くそな手コキで発射しちゃいました

・驚愕!人間の女と交尾する海亀 2

・【熟女体験談】厚化粧の口うるさい義母にキレて中出しレイプ

・2年付き合った彼女が浮気をしてた完

・つづきのつづき

・【人妻体験談】世話焼き女房のように尽くしてくれる母とドライブに出かけて屋外露出

・俺氏・・・遂に卒業に成功

・【浮気】お嬢様な先輩の彼女のシャワーシーンに興奮して

・チエちゃんのハードな人生

・デリヘルにハマって貯金がやばいことになった

・後輩とえっち

・嫁から衝撃カミングアウトがあった・・・

・人助けしておいしい思いをした体験です

・主人があまりSEXしてくれないので

・【人妻体験談】妻が妊婦になってからSEXを控えクリを愛撫して失禁絶頂させる夫

・【熟女体験談】単身赴任中にセックスレスな近所のおばさんを寝取りSEX

・【オナニー】パパとオナニーの見せっこ

・妹とずっと一緒 (妹の成人式)

・【Hな体験】修学旅行で乗った飛行機の機内で彼氏に初フェラ

・【熟女体験談】近親相姦をするようになって30年の母と息子のSEX

・俺の彼女はカウガール?

・彼氏の浮気に彼氏の後輩に報復浮気

・結婚相手に妻を選んだ理由

・【露出】女装ビキニでナイトプールに侵入

・奥さんも覚悟したのか、欲しくなったのか・・・

・【レイプ】甲子園の常連校だった野球部の横暴

・浴室での排泄行為