寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

★ドタバタだったプロダクション撮影会

2018/01/11 11:43


 社員16人という編集プロダクションに2年ほどいた。社員は男女半々で、ほとんどが20〜30代。その編プロはご当地のタウン誌やフリーペーパーを作っていた。俺(当時24)は編集なんてそれまで未経験だったけど、写真の専門学校を出ていたので、その腕を買われて入社した。

 入社半年くらいで広告を掲載してくれる。クライアントへの取材や撮影なんかも任されるようになった。9カ月くらい経ったある日、副編集長(森高千里似のお姉さん系、社内唯一の東京六大学出身、当時28)からリニューアルしたエステサロンの写真を撮ってくるように頼まれた。

 さっそくアポ取りの電話を入れると、サロンの担当者が「誰かモデルを連れてきてほしい」という。普通の編プロなら、モデルもカメラマンも外注にするんだけど、うちの会社ではクオリティ重視の写真でなければ俺が、モデルにしても社内調達か編集部員の知り合いにノーギャラで頼むのが普通だった。

 副編に相談すると「わかったよ。誰かに指示しておくから」というので、俺はその件はそのまま忘れていた。1週間後の取材前日になって、俺は副編に「明日のモデル誰ですか?」と確認を取った。

 ところが、副編はすっかり忘れていたようで「やばーい!」「どうしよう…」とかなりテンパっていた。社内の女性陣は取材・入稿期間の真っただ中で、ほとんど外出。中にいるスタッフもモデルなんてしているヒマはない。

 サロンは副編のコネクションで取れた広告だったので、結局、普段は絶対にそんなことをしない副編がモデルとして同行することになった。行きの車の中で、副編は「今の職になってからデスク業務ばかりだったから、仕事で外へ出るなんてひさびさだなぁ。しかもモデルなんて新人のころ以来だよ♪」

 と、なぜか上機嫌だった。いつもはパンツ姿なのに、その日は珍しく膝が見えるスカート姿。俺はあえて助手席の美脚に視線を向けないように気を遣いながら、前日から気になっていたことを聞いてみた。

「エステってどんなエステなんですか?」「フェイスエステが中心だよ。なに、変な期待してんの。ばーかw」職場ではテキパキと仕事をこなし、みんなに頼りにされる反面、仕事中はあまり笑わない副編がいたずらっぽく笑ったので、それをきっかけに会話が弾んだ。

 副編の見た目からは想像できなかったけど、副編も最近になってカメラの勉強を始めたらしく、カメラ談義でも盛り上がった。副編はプライベートな話をしないタイプなので、俺は副編を一人占めしたような錯覚にかられた。

 20分ほどでエステ店に着いたが、店の担当者との打ち合わせで大きな問題が発覚した。その店では新装キャンペーンとして、全身オイルエステコース5000円を打ち出したいので、その写真を撮ってほしいという。

 選択肢は2つ。副編がそのままモデルになるか、後日あらためて別のモデルを連れてくるか。ただ、締め切りを考えると、答えは1つしかなかった。副編もかなり悩んだ末に「誌面では絶対に顔がわからない写真を使うこと」

「撮影直前までヒロ(俺)は部屋の外で待機していること」「他の社員に漏らさない(仕上がり写真を見せない)こと」の3つを必ず守るようにと俺に何度も念押しして、モデルになることを決意した。通常、エステや温泉なんかの撮影ではモデルは水着を着用するんだけど、こんな事態になるとは思ってもいなかったので、副編は水着の準備をしていなかった。

 俺は思わぬ幸運に興奮を抑えながら、部屋の外で声がかかるのを待った。「いいよー!」吹っ切れたような副編の声が向こうから聞こえたので、俺はドアノブを回した。が、施術台の上にはオレンジのバスタオルを横に何枚も重ねた副編がうつぶせになっていて、肌は膝下と二の腕から先しか見えなかった。

 それでも、その下の副編の細くて白い裸体を想像すると、俺は勃起しそうになった。「早く撮って撮って!」耳を真っ赤にした副編の声に促され、俺は夢中で何枚か撮った。撮り続けたが、どうもしっくりこない。バスタオルがすごく不自然に写るうえに、タオルのシワも気になる…。

「普段もこんな感じでエステをやるんですか?」「いいえ、バスタオルは多めになっていますw」いきさつを知っているエステティシャンが苦笑いした。「背中ダメですか?」副編もその道のプロなので、このままだといい上がりにならないとわかっていたみたいだった。

「うーん、この状態で何とか許してもらえない?」「でも、写真として不自然でしょw」エステティシャンも、「本当に肌がお綺麗ですから、自信を持って写してもらったらいかがですか?」とナイスなフォロー&後押しをしてくれ、副編もついに

「わかったよ。けど、本当に、ほんとーーうに誰かに言っちゃダメだからね!」と言って上半身のタオルを外すことを了承したが、俺はここで再び部屋を追い出された。布団のようにかけられたバスタオルの下に、またバスタオルで身体をぐるぐる巻きにしていたらしいw

 再度、呼ばれて部屋に入ると上半身をあらわにした副編がうつぶせになっていた。お尻が見えるのを警戒してか、足首から腰の上あたりまではバスタオルで隠されていたが、オイルでテカテカに光る背中が丸見えになっていた。ほくろやシミが一つもない、真っ白な副編の肌。程よい肩胛骨の張りが美しい。

 胸から腹にかけては見事なくびれが形成されていた。ただ「気をつけ」の状態で寝ていたため、推定Cカップくらいの横乳や脇の下は見ることができなかった。勃起しているのを悟られないよう、俺は中腰のまま撮影を続けた。

 副編はガードを意識しすぎて「気をつけ」の状態で身体を硬直させている。「そんな固くならないでくださいよw(固さが)写真にも出ちゃいますよ?」「うるさいw 彼氏でもない男に身体を見せたことなんてないんだから!」

 こんな会話をしているうちに、副編の腕の力も徐々に抜け、角度によっては圧力でつぶされそうにはみ出している横パイ(推定Cカップ)もわずかに見えるようになった。俺は後でこっそりオカズにするため、気づかれないように横パイのアップの写真も何枚か撮り(後でバレたけど、続いて下半身のエステ写真

(首下から太ももの真ん中あたりまでバスタオルで鉄壁ガード)も撮影した。「次は仰向けになるんですけど、どうしましょうか?」エステティシャンがおもむろに切り出した。副編は「えーっ、それはさすがにムリ。本当にムリだから!!」

 と騒いだ。副編はロングヘアーで頭にタオルを巻いていたから「うつぶせだと団子状のタオルが目立って写真写りが悪い」と言って説得したが、さすがに抵抗が激しかった。結局これ以上の撮影はあきらめて、俺は部屋を出た。だが、この後に奇跡が待っていた。

 部屋の外でカメラの画像を確認していると、エステティシャンがいきなりドアを開けたのだ。「キャッ、ごめんなさい!」誰に謝ったのかわからないが、エステティシャンはすぐにドアを閉めた。本当に一瞬だったけど、施術台から身体を起こしていたヌードモデルのような副編の裸体を拝んだ。

 目があった瞬間、副編はバスタオルを胸にあて、身体をかがめた。けど、叫んだりはしなかった。頭に焼き付いている小ぶりの美乳、薄い色素の乳首。写真には撮れなかったけど、今でも最高のおかずになっている。

 とりあえず店の駐車場で俺は副編が出てくるのをドキドキしながら待った。ついさっきの出来事が夢のように感じられた。かなり長い(30分くらい?)して、副編が店から出てきた。「あー、恥ずかしかったーwよし、帰ろう♪」行きの車の中と同じようなテンションだったので、俺は少しホッとした。

「デザイナーには使う写真しか渡しちゃダメだからね」「必ず私に写真を選ばせてよ」と副編は何度も繰り返した。やや必死な感じの様子にちょっと萌えたが、副編は裸を見た件については何もふれようとしなかった。

 さっきまで裸体を拝めてあんなに興奮していたのに、俺は心の中で芽生えた罪悪感がだんだん大きくなっていくのを感じていた。そのせいもあって「はい」「わかりました」などと生返事をしていたのだと思う。うまく言葉がつげず、車中は何となく重い雰囲気になってしまった。

「…さっきのこと、気にしてるの?」副編が俺の顔をのぞき込んだ。「それは、まあ…」「ふーん、意外とストイックっていうかピュアじゃんw」「Mさん(副編)は気にしていないんですか?」「彼氏でもない男に裸を見られて気にしない女子なんていると思う?」

「す、すみません…」「いいよー、気にしなくて。ヒロがドアを開けたわけじゃないんだしw」なぜか俺が励まされてしまい、気持ちのなかではますます気まずくなった。「なんで、胸見られたうえに、凹まれちゃうかなー?w イヤだった?」「いや、とんでもない!全然そういうことじゃなくて…」

「ふーん、なんだかわかんないけど、反省してくれてるってことでいいのかな?」「はい。本当にごめんなさい」「じゃあ…」副編は笑いながら続けた。「私の写真モデルになってくれる?」「へっ?」俺は間の抜けた返事をした。

「ヌードになってほしいの。お互いに裸を見たことは秘密ってことで。ダメ?」俺が動揺していると「ヘンな意味じゃないし、誘っているとかじゃないからwあくまでマジメに。来るときにカメラの話したでしょ?風景ばかりじゃなくて、ヌードも撮ってみたいなーと思って」と副編は言った。

 さすがにヌードは抵抗があったが、答えに詰まっていると「私の裸を一方的に見て、『ごめんなさい』の一言で終わりなんだ?」などと突っ込まれ、仕方なくOKすることにした。帰りの車内で初めて副編と携帯のメアドを交換…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
弄ばれる彼女の痴態に興奮を抑えきれないんだが【エロ体験談】
2017/06/22 22:10
2017/06/22 22:10
彼女はベッドの上で大きく足を開き、オナニーさせられている。左手でクリを捏ね、右手の中指をマンコに入れてグルグルとかき回している。

男達は彼女の股間を見ながら「すげー、マンコ」「これが噂のマンコ便器ちゃんですかー」などと笑っている。「俺,少し扱いてみるからよ」と言い、一人の男が彼女の顔の前でチンチンを扱きだした。

彼女は「ああ、、ああぁっん」と少し声を荒げた。「あはは、ほら、○○ちゃんの好きなチンチンだ」男が彼女の唇の前でチンチンを扱く。

彼女は一瞬、私を見た。「うぅん、、、」彼女はオナニーする手を止めない。

目の前のチンチンから時々顔を背ける。「○○ちゃん、口を開けなよ」と言う…
童貞の巨根君![中編]
2017/04/21 16:49
2017/04/21 16:49
先日の続きですが、童貞の巨根の滝沢君に舐められて2回連続でイカされてしまいました。 私はちょっと悔しくなって、滝沢君の顔の上に股がって舐めさせていたので、そのまま回転して69の形になって、私も攻め始めました。 滝沢君のは全然口に入らないので、亀頭を舐めながら、唾液を垂らして両手でシゴいていました。 するとそれまで何回も寸止めしていたので・・・。 「もう無理です、お願いします、一回出していいですか、お願いします」 滝沢君は弱々しくお願いしてくるので、可愛くなってしまい・・・。 「じゃあイイよ!思いっきり出して!」 そう言って更に激しくシゴきました。 そしてすぐに滝沢君は、「あああ…
【妹との告白体験談】 今年20歳になった俺の妹。
2016/08/01 11:33
2016/08/01 11:33
今年20歳になった俺の妹。 その日の深夜、妹がベロベロに酔っ払った状態で家に帰ってきた。千鳥足をしながら自分の部屋に戻るなり、周りの家族の事などをお構いなしに大声を上げながらワンワン泣き出し始めた。その日は最近になって交際を始めた彼氏とのデートだったはず。 妹のその様子から俺が見たところ、どうやらまた失恋したらしい。これで俺が知ってるだけで5人目。長く続いたのを俺は見た事がない。俺の部屋は妹の隣だから当然のようにその泣き声は俺の耳にも届いた。あんまり泣き続けてるので妹の事が心配になった俺は妹の部屋を覗いてみればベットの上で突っ伏したままで相変わらず泣いていた。妹の事が心配になった俺が妹に「…
むかし
2015/10/28 05:01
2015/10/28 05:01
私がC3の時のこと。当時、水泳部だった私に昨年と同じく新入部員が入って後輩ができた。昨年の後輩たちと比べるのが勿体ないぐらいのJC1の後輩、あや(仮名)ができた。水泳部の春はランニング、陸上でのトレーニングのため、なかなかおがむ機会は無いのだが、その子は年ごろにも関わらず隙だらけで目の保養に困らなかった。あとから分かったことだったが、箱入り一人娘だったようだ。母親がキャリアらしくほとんど国内にいないせいか引っ込み思案で、あまりおしゃれなほうではなく、口数も少なく、いくらか人見知りで、女の子としての身だしなみに結構隙があった。 体育は苦手だが、水泳は得意、勉強はかなりできるほうで、理科が唯一苦手…
【レイプ・痴漢】【レイプ体験談】義姉【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/03/16 18:13
2017/03/16 18:13
俺の結婚は失敗だった。熱烈な恋愛を経て結ばれたはずなのに。時間が経つにしたがってそれは間違いだったと気がついた。手を握った時もファーストキスも恥らいながらのものだった。しかし、どれだけ経っても成熟したセックスにはならなかった。部屋を暗くしこちらが一方的に愛撫するだけ。いや、クンニすら嫌がった。ましてやフェラチオなぞしてくれるはずも無い。完全にマグロ女状態だった。味気ない寝室。そんな状態にピリオドを打つ原因となったのは澄子さんの存在だ。この人は妻の姉でたまたま近所に住んでいる。バツ1の32歳。一人暮らし。新婚当初からよく我が家に遊びに来ていた。独り身の気軽さからか夕食を共にしたり泊まって行った…
童貞卒業は従姉の朱美ちゃんと
2017/01/09 20:19
2017/01/09 20:19
10年前の事です。 当時、高2だった俺は童貞でした。 従姉の朱美ちゃんは3つ上で19歳だったと思います。 小さい頃から仲が良かったのですが、暫く会ってなかったです。 朱美ちゃんちの法事で久しぶりに会いました。 朱美ちゃんは可愛い系でしたが、背は150も無いチビで、胸は巨乳でした。 夏休みが終わり、東京に戻ってから朱美ちゃんと会いました。 (朱美ちゃんは短大で東京に一人暮らし) 朱美ちゃんは、今風でヤリコンとか大好きだったらしい。 初体験は13歳で50人以上経験があるらしい。 13歳といえば、最後にあった時くらいだった。 俺が童貞だと知るとヤラセテくれる事になった。 ただ…
下半身のケアまでする看護婦さん
2017/01/09 11:19
2017/01/09 11:19
工事の関係で地方に行った時、ちょっとヘマをしちまって入院することになっちまった。 その入院先で出会った20代半ばくらいの吉田真由子似の看護婦なんだけど、回診の時からちょっと様子が変だった。 なんか色目を使ってるような、興奮してるような、そんな目をしてオレのことを見たりして。 2人きりの時には、やたらと体に触ってきたり、体を密着させてきたりして、オレに気があるんじゃないかって思うくらいだった。 右手の骨折だけだったので、自分でトイレに行けるのに、わざわざ尿瓶を持ってきて「トイレは大丈夫?」なんて言いながら、アソコを触ろうとしてきたりもしたし。 そんな風にされ続けたらこっちもガマンできな…
【巨乳な妹は女子高生】おっぱい触ると怒るのにフェラしてくれる
2016/06/20 16:00
2016/06/20 16:00
僕と妹の部屋は別々にあるのですが、同じテレビ番組やDVDを観賞する時や、または英語の予習を手伝ったり数学等を教えたりするので僕の部屋で一緒に過ごす事が多いです。 昨日も僕の部屋でテレビを見ながら数学を教えていました。 長方形のコタツに、テレビを正面に僕が右に妹が左に座りました。 ちょっと薄めのピンクのジャージを着た妹が一所懸命に数学の問題に取り組んでいる時に、ついつい妹の胸の膨らみを見てしまいます。 というのは、妹のバストはGカップだからです。 すぐに胸を見ている事が妹に気付かれてしまいました。 妹「お兄ちゃん、いつもの事だけどいやらしいなぁ」 (ちょっと呆れ気味) 僕「ごめ…
イケメン男子学生が、Dカップのデカパイ女教師とプライベートSEX
2016/02/07 00:28
2016/02/07 00:28
○学生の時、
俺はそこそこイケメンで女教師とHした


帰り道にダ駄目元で女教師に

「T先生のこと抱きたい、ホテルに寄っていいですか?」
と聞くと以外にも
「私も抱いて欲しい」
との返事だった。

それから適当なホテルに入り部屋に入ると抱き合い唇を重ねた。
ブラウスの上から胸を触ると以外に大きい、Dカップはありそうなデカパイ
ブラウスのボタンを開け、プラをずらすとやはり大きい、数年は男に触られたことが無いであろう歳のわりにキレイな色の乳首だった。
乳首に夢中でしゃぶりつきパンティを剥ぎ取りマンコにもしゃぶりついた。
T先生も私のズボンを下ろし、チンポにしゃぶりついてきた。
そのうちT…
中出しセックス中毒になった旦那とはセックスレスの人妻
2017/06/24 19:21
2017/06/24 19:21
俺の彼女は37歳の2人の女の子の母親で主婦です。出会い系サイトで知り合いました。
俺とセックスするまでは何年も旦那とはセックスレスだったそうで、俺とホテルに泊まる時は彼女の悪友が一緒に飲んでると嘘をついてるそうです。

俺は彼女の体が何年も使ってないなんてもったいないと思いました。小柄な体だけど大きいおっぱいにむしゃぶりついちゃいました。
彼女は最初は感情を抑えていましたが俺に惚れてしまったらしく何でもオッケーになってきました。 最初はゴムを着けて欲しいと言っていましたが、キスしてる間にあそこに指を入れると、ぐちょぐちょに濡れて我慢できないと言うので、ゴムも着けずにキスしな…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・2ヶ月ほど前の事です。

・【裏山】JD2の彼氏持ち女友達とエッチしたらwwwwwwwwwwww

・20歳年下の彼と出会って女の悦びを知ってから…【人妻体験談】

・❤叔父とのセックスには充実しています

・【浮気】小悪魔な元カノに翻弄されて人生初の中出し[前編]

・お姉ちゃんがシテあげるね

・ブルセラショップで下着を売っていた私と、キモいおっさんの話

・山岳スキー部合宿の思い出

・妻を寝取らせることにしたら【人妻・寝取られ体験談】

・【近親相姦体験告白】母にペニバンで犯してもらった

・【人妻体験談】短小マザコン大学生がアブノーマルな母と近親相姦

・外国人とのSEXは強烈でスポーツ並に汗だくになる件www

・【熟女体験談】大学を卒業しても童貞だった俺は新米社員の時に営業先の超熟女社員に逆ナンパされて筆下ろしされた

・【驚愕】今日出会い系の女と初対面でセoクスしたが、やっぱり女ってクズだなぁ・・・・

・❤義兄と2人での留守番はドキドキ

・30代人妻^ ^

・人生最高エッチで最悪な体験談

・ナンパ師な俺が高齢処女のバージンを喪失させたったwww

・大人のブルマっていやらしいねw【体験談】

・職場でするのが大好きなOLさん

・【浮気】社長とその息子とちょっとだけ親子丼

・“脳イキ”できる美人な奥様を“腹部責め”で攻略

・真面目なレギュラー達は、練習後に不真面目に乱交してました

・大学の吹奏楽部で浮気しまくり

・今日妻が上司とセックスするはず・・・

・同僚が、、、、、、

・先輩にいかされた妻に ”興奮”

・変態淫乱大学生になっちゃった私のエッチ体験

・温泉で妻がやってくれました

・そんなのつらいよ