寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

セックスレスだった人妻

2018/01/10 22:47


私の勤めている会社にパートの事務員としてやって来たのが優子さんでした。
明るい性格ですぐに会社の雰囲気にも溶け込み、机を並べて仕事をする私とも気が合いプライベートな話題も会話するのに時間はかかりませんでした。
話をしていて驚いたことに優子さんは私の3歳上の姉と中学の時の同級生だと判り、一層親しくなっていきました。
優子さんは28歳で結婚して4年経つそうでしたが子供はいないとのことでした。
ある日「久しぶりにあなたのお姉さんに会いたい」と言うので姉に伝え、その後二人で連絡を取り合っていたみたいで「今度飲みに行くのよ」と話してくれました。
楽しみで待ちきれない感じで嬉しそうな笑顔が少女のように可愛らしく思われました。
ところがです。
姉と優子さんの約束の日のお昼に姉からドタキャンの連絡が入ったそうで少し沈んでいる様子でした。
姉に怒りを覚え私が謝ると「いいの、お互い家庭があるし仕方ないわ」と言ってくれました。
「時間空いちゃった…」
と優子さんは呟きました。
「あのー、俺で良かったら付き合うけど…」
優子さんは少しの間考えて「そうね、たまにはいいわよね」とOKしてくれました。
仕事が終わり私たちは居酒屋へ行きました。
ビールで乾杯した後優子さんはワインを飲み、仕事の事から学生時代の事、そして家庭の事を話してくれました。
「旦那さんてどんな感じの人?」
「んー、ごくごく普通の男」
「まだラブラブなんでしょう?」
「もうそんな事ないわよ。何で?」
「だって優子さんって綺麗だから、そうなのかなと思って」
「やだぁ、全くぅ。からかわないで」
優子さんはワインで赤くなっていた顔を一層赤くし少し照れていました。
「嘘じゃないよ!」
「ありがとう。お世辞でも嬉しいわ。でもね、本当はあまり上手くいってないのよ」
そう言うと優子さんは寂しげな顔をし俯いてしまいました。
私もどう話していいか黙っていました。
「あっ、ごめんごめん。暗くなっちゃうね。もう一度乾杯しよう」
私たちはまたグラスをあわせて乾杯し飲み続けました。
世間話をしながら盛り上がり大笑いしてグラスを空け…「久しぶりだなあ、こんな楽しいお酒」と言ってくれた優子さんも2時間位経つと酔いが回ったらしくろれつが回らなくなってきました。
も結構飲んで頭がふらふらしてきました。
そろそろ帰ろうと会計を済まし店を出ました。
優子さんは足元がフラフラで並んで歩いてると頻繁に私の体にぶつかって来ました。
「優子さん」
「…」
「ゆーこねーさ?ん」
「なぁ、何?」
「酔い過ぎ!」
「アハハハッ、君だってちゃんと歩けてな?いぞお」
完全に出来上がっていました。
そんな事を言い合いながら歩き気がつけばラブホテルの前にいました。
私も酔った勢いで「このままだと危ないからさ、少し休んで行こうよ」と言ってみました。
「ええっ?ここで?」
「酔い覚まさないと…」
「マズイよ」
「このままじゃ帰れないって」
「だめだよ、マズイよ」
こんな押し問答を暫らくしていました。
通行人の視線が気になります。
「大丈夫だからさぁ。ホント休むだけだし」
「…絶対だよ。ぜーったいだからね」
私はその言葉を待って優子さんの手を引っ張りホテルに入りました。
部屋に入ると「あ?、もうー」と少し怒ってるように言いながら優子さんは風呂にお湯を入れに向いました。
戻ってきた優子さんに「風呂入るの?」と聞くと「せっかくだから。全く、もう」とまだご機嫌斜めのようでした。
冷蔵庫のビールを差し出すと一気にごくごくと飲み干し大きく息をつきました。ソファーに座って他愛もない話をしていると少し落ち着いたようでした。
「あっ、お風呂…」と優子さんが見に行くので私も後を追いました。
お湯が溢れていました。
「私先にはいるから」
「一緒に入っちゃう?」
「ダメダメ、無理。さあ、早く出てってよ」
仕方なく部屋に戻りましたが暫らくすると浴槽から湯が溢れる音が聞こえると、私はもう反射的に服を脱いで全裸になっていました。
そしてバスルームの戸を開けました。
一瞬ポカンとした優子さんは次の瞬間「キャー、ちょっとお、ダメェ!」と悲鳴を上げて背中をこちらに向けました。
軽く湯で体を流しバスタブに入ろうとすると、優子さんは大きくため息をついて「マズイんだけどなあ」と言いながら体をずらし背後をあけてくれました。
バスタブに浸かると後ろから抱きかかえる格好になりました。
「あー何やってるんだろう私」
と呟いていました。
肩から背中、くびれた腰、張りのあるお尻と割れ目、もう私のペニスは完全に勃起していました。
「いい湯だね」等と言いながら偶然を装って時々ペニスでお尻をツンツンしました。
「アァ?ン、ちょっとぉ、何か当たるんですけど」
優子さんはそれまでと違って甘い声を出すと私の方に寄り掛かって来ました。私の手は自然とお腹の辺りに伸び抱くような格好になりました。
優子さんは上半身をねじり私の方を向きました。
たまらずにそのムチッとした唇にキスしました。
暫らく唇の感触を堪能していると優子さんから舌を差し入れて私の舌と絡め合わせてきました。
私もそれに応えながら両手で形のよい乳房を優しく揉み、指で硬くなった乳首を愛撫しました。
更に左手は乳房のままで右手を徐々に下へ下ろしヘアを掻き分けてクリを撫でました。
優子さんの体がピクッと反応し重なり合う唇の端から「はぁ」と吐息が漏れました。
正面を向かせようとすると口を離し「ち、ちょっと待って」と私の手を掴み「先に体洗おうよ、お願い」とバスタブから出てしまいました。
そして自分で体を洗うと部屋に戻って行きました。
私も後を追うように体を洗って部屋に行きベッドに並んで腰掛けました。
「あー、こうなるとは思ってなかったのになぁ」
と言う優子さんの肩を抱き寄せてキスをし、体を倒しました。
着ていたガウンを脱がし自分も脱いで舌を強く吸いながら乳房を包むように揉みました。
乳首を軽く噛み舌で転がすと「ああん」と喘ぎが始まりました。下半身に手を這わせクリやビラビラを撫でくり回しているとそれまで閉じていた足が開いていき、腰を淫らに動かせ自ら浮き上がらせて催促してるかのようです。
顔を埋めて溢れる愛液をすくいクリに擦り付けながら剥き出しにして舌で舐め上げました。
「いやぁー、キャー」と叫び腰が大きく跳ね上がりました。
構わず腰を押さえながら暫らく舐め続けました。
喘ぎながら「ねえ、もう駄目…お願い、来て…」と言われ私ももう我慢できずペニスを一気に奥まで突き入れました。
「ああああっ!」
優子さんは息を飲み顔をしかめましたが私は構わずに最初からバンバン腰を奥まで打ちつけました。
一際甲高い声を上げた優子さんがぐったりと動きを止めたので、私はまだイッて無かったのですが体を離すと横に寝ました。
乳房を軽く撫でているとやがて優子さんは意識が戻ったようで私に抱きつき「良かったわ」と耳元で囁きました。
「あの…」
「なあに?」
「実は俺まだなんだけど…」
「えっ?」
優子さんは上半身を起こし私の下半身に目をやりました。
相変わらずいきり立ったペニスを見て「嘘?やだ、ごめんね。私だけ」と言うとペニスを優しく握り上下に動かしながらキスしてきました。
そして絡めていた舌を胸からお腹へと移動させていきました。
ペニスまで到着すると口に含み裏スジから袋を何度か往復してまた亀頭を含み、ぴちゃぴちゃと音をたてて吸い上げました。
舌がくびれを這う度に猛烈な快感に襲われました。
「気持ちいい?」優子さんが聞いてきます。
「良すぎて出ちゃいそうだよ」
「いいよ、出しても」
優子さんは再びフェラを始め顔を上下に動かし手でもしごきました。
段々そのスピードが増し私の限界も訪れたのです。思い切り口の中に放出して果てました。
少し間を置いて一緒に浴室に行き汗を流しました。
向かい合って座ると石鹸を泡立てて優子さんの体を洗い始めました。
そっと肌を滑らすだけで体がピクンと反応します。
乳房は洗っているというより愛撫している感じに揉んだり撫でたり乳首を指で弾いたり…体をくねらせながら「はぁっ」「ああん」と声が漏れました。
更に内腿の辺りからゆっくり手を進めヘアを泡立てながら微妙なタッチで中心を撫でると、体全体をびくつかせながら私にもたれかかってきました。
「次は私があらってあげる」
自分で泡を洗い流してからスポンジを泡立て背中、肩、胸と洗ってくれました。
そして最後のペニスは直接手で優しく洗ってくれます。
泡のぬめりと巧みな動きでまた勃起していました。
「はあ」気持ち良くて声が出ました。「気持ちいいの?」「出ちゃうかも」優子さんはくすっと笑い手を離して私を立ち上がらせるとシャワーで綺麗に流し私に抱きついてきました。
そして優子さんのお尻に手を回して撫でながら唇を貪るよう激しく舌を吸いました。
左手はそのままで右手を前に持っていきクリを愛撫しました。
「駄目っ」と私の手を押さえますが構わずにこねくり回しながら、ビラビラを開いて指を奥まで入れてかき回しました。
「あっ、あっ」
喘ぐ優子さんを眺めながら指を少し曲げて出し入れしました。
優子さんは立っていられないようで私にもたれかかり「ベッドで…ね、お願い」と訴えました。
ベッドに横たわると優子さんはペニスを丹念に舐め回してから上に乗ってきました。
そしてペニスを手に位置を定めるとゆっくり腰を下ろしました。
奥まですっぽり納まると前後に動きだし盛んに喘ぎ声をあげます。私もぷるぷる揺れる乳房を揉みまくり下から腰を突き上げました。
優子さんの声が段々大きくなりました。
座位に移行し体を…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【近親相姦体験告白】6年ぶりの母
2016/03/26 11:21
2016/03/26 11:21
6年ぶりにお母ちゃんを抱いた。 俺にとってお母ちゃんは初体験の相手であって、またお母ちゃん以外とおめこしたことがない。 初めてお母ちゃんとおめこしたのは俺がまだ中学校1年生のときだった。 俺ん家は母子家庭で俺は父親の判らない子だった。 最近聞いたことだが、お母ちゃんはまだ俺が小さいころは風俗で稼いだ金で俺を養ってたらしい。 俺の物心がつくころには水商売の仕事に変わって、俺もそれしか覚えていない。 そんなに貧乏だったとは思っていなっかたが、中学校に上がる前に木造文化から綺麗な2LDKのマンションに引っ越した。 そのころから家に妻子持ちのやくざが入り浸るようになった。 きっと家…
★中年同士のスワップは最高
2016/09/16 16:41
2016/09/16 16:41
 大学時代の友達とその奥さん、私と妻の4人で温泉旅行に行きました。私と友達は39歳、友達の奥さんは37歳、私の妻は36歳です。それぞれ顔見知りで、時々家によんだりよばれたり、気のおけない友達づきあいをしていました。

 旅行は1泊2日で、友達の車に同乗し秘湯という噂の温泉宿へ宿泊しました。食事も済ませ、再度温泉に入り、さあ寝ようかという時になり布団に入ろうとしたらなんと友達夫婦のセックスの時の声が聞こえてきました。奥さんは、清楚で細身の守ってあげたくなるタイプの美人です。
 それが、あんなみだらな声をあげてよがっているなんて・・私のペニスは固く勃起し妻の浴衣の胸元をはだけさせると、妻のオッ…
★看護師さんのお陰で病院生活も
2016/05/09 14:28
2016/05/09 14:28
 この前、俺は病院で20代くらいの看護師とHした。2週間も入院して、回復してくると性欲が出てきて、それでザーメンもかなり溜まってたから、久々のSEXはマジで気持ちよかった。 俺は先月のラグビーの試合で右腕を骨折して病院に運ばれ、全治2週間と診断されて入院した。

 俺は4人部屋に入ったんだけど、爺さんが1人入っていただけだった。すぐに担当の看護師が俺のベッドに来てくれたんだけど、その看護師がかなりの美人で、しかも巨乳だったので俺は少し緊張した。始めのうちは緊張してて何もできなかったんだてど、しばらくすると話をするようになった。
 それでも、あまりSEXとかは考えたりはしなかった。友達が見舞…
2人に犯された
2017/10/08 11:19
2017/10/08 11:19
つい最近犯されました。酔っていたのもあり、 抵抗できませんでした。とあるサイトで、 飲みに行ったんですが、終電がなくなり、 サイトで会った人Aの家で飲みなおす事になりました チューハイ1缶飲み干したら、眠くなってしまい、 気がついたら、Aと、Aの友人に犯されてしまいました お酒入るとHになっちゃうのですが。もうアソコも濡れていて、Aに、おちんちんをあそこに入れられてる状態で Aの友人Bには、アナルを舌でなめられて、ぐちょぐちょにあそこが濡れてました。あたしが起きたのに気がついて、Aに、りおちゃんのあそこ濡れてるし、きついから 精子でちゃいそうだよって言われて、激しくピストンされ、声出すの我慢し…
ギャル男好きの女って駄目ですね!脳みそ腐ってますわw 1
2017/11/24 23:10
2017/11/24 23:10
大学時代から付き合っている彼女

大学も卒業し、社会人となってもお付き合いして、
結婚も考えていました。

そんな彼女と温泉旅行に行き
とんでもない目にあったんです。

彼女は「美咲」といって、
いつも皆の中心にいる明るい女の子でした。

美咲は大学でも人気があって、
遊んでるわけでは無いんですけど彼氏が途切れる事なくいて、
経験が豊富でモテる女性でした

美咲はエロい格好が好きで、ただでさえ巨乳なのに、さらに谷間を露出するような格好をいつもしていたので、周りにはイケメンがいつもいて、美咲の彼氏はいつもガングロの細マッチョのイケメンでした。

一方僕は、ギャル男みたいなファッションは好きではな…
送別会
2017/11/01 17:49
2017/11/01 17:49
この前先の送別会がありました私は18時までだったのでそれから行くことにしましたの人が20人くらぃきててみんな最初から飲みまくってかなり酔ってしまってる人がいて,勧められた私も杯飲んで頭がしてきて酔ってきましたあっという間に時間は過ぎ時前で店を出ました次は二次会…でも私は気持ちが悪くて帰ることに女の先輩が先まで送ってくれましたとゆうのも先まで原チャできてたから…車から降り先輩は帰ってしまいました雨が激しく降ってきて原チャでは帰れないくらい降ってきて,とりあえず先で雨宿りをすることに…先は夜中の時までしてるので開いていましたでも休憩室の明かりがついていて恐る恐るを開けると時で上がったばかりの君が……
【近親相姦】ダチョウ倶楽部的なノリ【体験談】
2017/03/07 18:29
2017/03/07 18:29
吉野屋での出来事 僕が牛丼を食べてたらDQNなカップルが入ってきた 彼氏「大盛り、ツユダク、ネギヌキで〜」 店員「は?ネギ抜き?ですか?」 彼氏「あたりまえじゃ〜ん、ネギまずいっしょ」 店員は渋々といった感じで牛丼のネギを丁寧に箸で取り除いてた 彼氏は渡された牛丼を食いながら、店内に響き渡る大声で 「まだネギ入ってるよ〜、サイアク〜」とほざいてた 店内は一気に不愉快な空気に包まれたその時 店の奥側にいた作業員風の3人組が席を立ち、帰りがけに彼氏に声を掛けた 作業員A「だまって食え!」 作業員B「ネギ食わねーからバカなんだ!」 作業員C「ネギにあやまれ!」 3人は一言づつ声を掛けて店外へ去ってい…
❤熟女でも痴・に会うんですね
2017/09/08 19:53
2017/09/08 19:53
 最近、私は痴・に会いました。47歳になり、世に言うおばちゃんです。子供も自立し、今は夫と2人で暮らしていました。暇になった私は長年の専業主婦を卒業!働きに出る事にしたんです。

 毎日家でボ~っとする日々に嫌気がさしたからです。以前、友人から誘われていた仕事があったので、電話を掛けてみると、即OK。ちょっとしたセールスみたいですが、バイト感覚でいいからと言われ気楽に働く事にしました。

 電車で3駅、駅近くの会社で社長は感じが良く、社員は皆女性です。数日間は見習いと言う事で、先輩社員(30歳)と一緒に外回りです。彼女は、とても親切に教えてくれました。

 そして「遠藤さん(私)、スーツだ…
ナンパ男の家に行ったら撮られながら仲間に輪姦された
2017/05/18 07:49
2017/05/18 07:49
3年くらい前の事です。 その当時、彼と別れたばかりだった私は、ナンパで和成と知り合いました。 早く元彼の事を忘れたくて、和成と遊ぶようになりました。 ある日、和成から、「うちに遊びに来ない?」と言われて、初めて和成の家に遊びに行ったんです。 それが間違いでした。 和成の家に行くと、そこは人が住んでいるとは思えないような家具もない部屋・・・。 絨毯とマットレスが敷いてあるだけでした。 そしてその部屋には和成だけでなく、他に4人の男がいました。 その時に騙されたと思いました。 私は男たちに押さえつけられ、服を脱がされました。 脱がされていく様子をビデオに収められ、顔も写されまし…
部活のキャプテンと激しく求め合った
2016/02/08 20:12
2016/02/08 20:12
845 :ジジ ◆GGIGvEj2R6 :03/02/24 15:02高校時代、私はサッカー部のマネージャーをしていました。夏休みはもちろん 合宿があり、男だらけの部員のなかで女はマネ3人だけでした。  846 :ジジ ◆GGIGvEj2R6 :03/02/24 15:16 場所は苗場で、宿に着くとさっそく練習がありマネも着替えてグラウンドに行きました。 遅くまで練習や、試合があり、帰ってきたらマネは何杯もの洗濯や練習の時に 出す水のボトルやコップの洗い物で大急がしでした。  848 :ジジ ◆GGIGvEj2R6 :03/02/24 15:23ごはんを食べ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・勘違いで俺を不審者扱いした人妻が、お詫びに一発やらせてくれた

・1年ぶりに会った不倫相手が新鮮に見え、一晩中射精しまくった

・キワドイ所を揉まれて・・大当たり

・【衝撃】S●X大好きなヤリ●ンビッチだけど質問ある?

・新婦の友達に復讐をしてきた

・スイミングスクールでバイト中、女コーチの超ハイレグをめくって生挿入

・【寝取られ】伯父に調教されていた母と妻

・サークル仲間で旅行にいったが、宴会のあと乱交になってしまった

・【朗報】ワイ、初めて女子大生とワンナイトする

・初めての不倫セックスで勢い余って危険日に中出しされた人妻

・【痴漢・レイプ】性欲に負けた時

・【人妻体験談】会社の昼休みに倉庫でバレないようにSEXする性欲の強い変態夫婦

・【熟女体験談】優しくてSEXも教えてくれる俺の理想のお婆ちゃん

・矢田亜希子似の女の子を家に連れ込んでエッチ

・肌の綺麗なタイ人のダンサーと・・

・楽器屋でセフレ作った件wwww

・歴代S●Xした素人女で一番変態だったやつ

・【痴女との体験談】学生の頃付き合ってた年下のセーラー服が変態だった。

・保育園の先生とエッチしたらとてもエロかった

・【不倫】好きだった同期を泥酔している旦那の隣で寝取った

・【痴漢・レイプ】26歳新妻あや

・駅前で泥酔していた女の子をラブホに連れ込みました

・綺麗な女教師をナンパして

・ぴちゃぴちゃという音をたてながら無造作に・・・

・会社の人妻に口に出すと言って射精の瞬間強引に挿入したった

・【レイプ】「強引な人が好き」って、違う意味だったのに・・・。

・【痴漢・レイプ】輪姦学校

・実母に嫌がらせされて・・・

・【痴漢・レイプ】元カノに仕返しいじわるレイプ

・【レイプ】泥酔した彼氏持ちの元同級生をラブホに連れ込んで