寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

泉美

2018/01/10 22:28


もう10年も前の話になりますがいいですか?

簡単に当時の俺の状況を説明します。
俺=一浪後に大学に入学し大学4年生の教育実習生。
  あるスポーツでインカレ入賞成績あり。
  東北地方のある県の母校で教育実習を行う。

記憶を手繰りながらになるので結構かかるかもしれません。

実際に教育実習に行ったことのある人なら分かると思いますが、教育実習生はモテます。
でも大学では「絶対に女子生徒には手を出さないように。君たちがモテるのは一時の気の迷いからなんだから」と教育されます。
俺も勿論、電話番号(当時は携帯を持ってなかったのでアパートの)なんかを何人かの女子生徒にしつこく聞かれていましたがきっぱり断っていました。

俺は、当時人気のお笑い芸人に似ているということで、
生徒の間ではその芸人の名前で呼ばれていた。
ここでは仮にヒロシとします。
俺も嫌な気もしなかったし、中学生相手に怒るのも・・・
というのもあって、好きなように呼ばせてました。

短い教育実習の期間の中でも生徒の悩み、とりわけ恋愛についてはよく相談を受けました。
ある日、キャラ的には梨花みたいな2年の女子が、昼休みに教育実習生室にやってきました。
「なぁなぁ、ヒロシ?!!やばい!今度、彼氏と3回目のデートなんだけど、手とか繋いでいいと思う?」
みたいな話をしてきました。
内心「可愛いことで悩んでるなぁ」と微笑みつつ「う?ん、難しい問題だなぁ」
と、先生ぶってみます。そして以下。
梨花「でしょ?でしょ?まだ絶対早いと思うんだよねぇ!あぁ、3年の泉美先輩はもう経験済ませてるのに、私は手も握れないよぉ?」
俺「は?泉美先輩ってバスケの?」
田舎な俺の地元では一緒に下校するだけで大騒ぎだったので、正直、かなり驚いた。
それにその泉美という娘はバスケ部のキャプテンでショートヘアでボーイッシュな感じ。
女の子っぽいというより男の子っぽくて、男女隔てなく人気のある娘だったから余計に驚いたのもある。
正直、俺の興味は梨花のデートよりも泉美の話にいってしまう。

梨花の相談に乗るふりをしながら、少しずつ3年の泉美のことを聞いてみる。
どうやら泉美の彼氏は1学年上。彼女が1年の時から付き合ってるとのこと。
その彼は地元でも有名な不良で、学校の先生のみならず、生徒の間でも優等生の泉美とその彼氏が付き合ってることを不思議がるようなカップルらしい。
初体験は2年生の夏。花火大会の夜に橋の下だったらしい。
恥ずかしい話、この時、かなり興奮したのを覚えている。
「絶対に言わないでね!この話知ってるの、バスケの後輩では私だけなんだから。」
梨花が強く言うので「聞いてない。聞いてない。今の話とか、俺、全然聞いてないから」
と、興味を持ってるの悟られないように、梨花を半ば強制的に教育実習室から追い出した。

なんだか、それから泉美のクラスの授業を担当する時は、彼女の顔を直視できなかった。
しかし、残念というか当然というか、実習期間で何も起こせるわけもなく、泉美もあくまでも俺の一生徒として、俺の教育実習は終わっていった。
しかし最終日の下校時間、教育実習生室から出ようとすると、数名の女子生徒が待っている。
「ヒロシ先生ぇ?!電話番号教えてください。」
当然、大学での評価などもある俺は「ゴメン。先生、大学のアパートに電話おいてないんだ」
と、適当にあしらう。
「じゃあさ、ヒトミちゃん(もう一人の教育実習生。英語科)の電話番号はぁ?」
「彼女は俺の同級生じゃないしなぁ(俺、一浪のため)。ま、今度教えていいか、聞いておくよ」
「え?!!だって明日からもう学校こないじゃん、ヒロシ先生もヒトミちゃんも。ヒトミちゃんかヒロシ先生のどちらか教えるまで、ここ通しませぇ?ん」
そうして俺は同性だからいいだろうと、もう一人の実習生の番号を教えて、逃げるように学校を去った。
ちなみに、その場に泉美はいなかった。

そして大学に戻って2?3日後、電話が鳴った。
梨花「へへ?!先生のスーパーアイドル、梨花でぇす!!」
俺「え?????なんで俺の番号知ってるの?」
梨花「ヒトミ先生に教えてもらった。どうしても勉強で分からないとこがあるから、ヒロシに聞きたいって」
「こらぁ?。嘘をつくな。ってか、電話するなって。ま、生徒から慕われるのはうれしいけど。とにかく、もう絶対に誰にも教えるなよ。また冬休みくらいには学校に顔出すから」
「え?だめなの?もう皆に教えちゃった」
「・・・・・・・まじ?」
それから毎日のように色々な生徒から電話が入るようになった。
勿論、男子生徒もかなりの数いたし、割合としては男子の方が多いくらいだった。

それでも、1ヶ月経ち、2ヶ月経ち、電話の件数も次第に減っていき、週に2?3回かかってこれば良いくらいになっていった。
そのうち最低1回は梨花からの電話だった。
そうするうちに、俺の大学の卒業論文が書き終わる頃には1月に2?3回の電話しか来なくなっていた。
そして3月。俺は自分の大学卒業と時期を同じくして、中学校を卒業する教育実習先に卒業を祝う電報を打った。
さすがにその卒業式の日は電話が鳴り止むことはなかったけど、それでもそれだけのものだった。
俺はといえば、地元の中小企業に就職が決まり、アパートを引き払う準備をしていた。
そして、地元に戻る1週間前。もうそろそろ電話も契約解除しないといけないと思っていた頃に、その電話が鳴った。
「もしもし、ヒロシ先生ですか?おひさしぶりです。○○泉美です」
なぜだか一瞬、心臓が止まる思いがした。

それまで一回も、卒業式の日ですら電話してこなかった泉美が今、受話器の向こうにいる。
泉美「突然、すいません。今度、こっちに帰ってくるのいつですか?実は先生に相談があって」
俺「え?電話じゃまずいの?会うのはちょっと・・・」
泉美「電話より会って話がしたいんです。なんでダメなんですか?」
俺「いや、ほら。やっぱ生徒でしょ?プライベートってのは色々とあるから」
なんとか、やんわり断ろうとする。
泉美「でも、もう卒業しましたよ?いいじゃないですか、友達としてってことで」
俺「でもなぁ。ってか、何について相談なの?」
泉美「彼氏のことで色々相談したくて。知ってますよね?私の彼氏のこと。」
俺「え?あんまり聞いたことは・・・・」
泉美「ウソだぁ。梨花が先生に話したって言ってました」
俺「あ、そうだったっけ?(どこまでもおしゃべりな梨花。殺す!!!)」
そんなやり取りで、俺は実家に帰る次の日に、泉美と直接会う約束を取り付けさせられてしまった。

当日、車など持っていない俺は親父の農作業用の軽トラで彼女との待ち合わせ場所に向かった。
泉美「すいません。呼び出しちゃって。でもどうしてもヒロシ先生に相談したくて」
俺「別に大丈夫だよ。どう?ここで話し聞いてもいいかな?」
待ち合わせたのは近所の公園。
泉美「え?でも誰か同級生とか、特に先輩に見つかるの嫌だから、どっか行きたいです」
俺「別にいいけど。じゃ、車乗ろうか?」
そうして、俺は車をだした。
俺「ファミレスなんかは?」
泉美「う?ん。先輩のたまり場だし。(ごめん。俺の地元にはファミレスは1つしかなかった)」
俺「え?、でも人気のないとこで車停めて2人でいるのとか、見られたら何言われるか分からないし。」
泉美「・・・・先生の家は?」
・・・・やばい、この娘はいつも俺をドキッとさせる。

俺は断り続けたものの、「じゃあ、私の家にします?」「先生の家に行ったら襲うから入れられないんですか?」と、言葉巧みに俺を説得し、ほどなく落城。
家に上げて、飲み物を上げて、すこし雑談があった後、俺からその相談話を切り出した。
俺「で?相談って?彼のことって言ってたけど」
泉美「う?ん。っていうか、3ヶ月前からもう彼氏じゃないんです」
俺「じゃあ、何を相談したいの?」

泉美「別れても1ヶ月間隔くらいで電話があって「遊ぼう」って。で、行くと、エッチみたいになっちゃう。辛うじて私の都合でエッチはしてないけど」
俺「私の都合?」
泉美「もぅ!!言わせないで下さい。生理です!!」
俺「あ、そうか。ゴメンゴメン。じゃ、エッチしてないんじゃん」
泉美「でも、「じゃあ、口でやって」って言われて。
それが1カ月おきに2回あって、その度に夜電話あって「ゴメン。あんなことするつもりじゃなかったんだけど、つい。もう絶対しないから、友達でいような」って言うんです。私って、何なんですか?また、そろそろ1ヶ月経つから、なんだか心配で」
俺「俺的には、もう会わないことを薦めるよ。男女の関係って「別れました。じゃ、友達になろうね」なんて、なかなか出来ないから」
泉美「そっかぁ。やっぱりそうなのか。でも・・・・」
俺「でも何?まだ好きなの?」
泉美「ううん。そうじゃないけど・・・・。」
俺「だから何?」
泉美「いや、そうだったらもうしばらくエッチできなくなるのかなぁって」

思えば、この辺から俺は壊れていった。
俺「ふ?ん。エッチ好きなんだ(おいおい、何言ってんの、俺)」
泉美「気持ちいいとか、あんま分からないけど、好きなのかなぁ」
俺「え?感じるとか、分からないの?(だから止めろって、俺!!)」
泉美「う?ん。なんだかくすぐったい」
俺「へ?。耳も?(やめろ!!何すんだ、俺!)」
そう言った後、俺は手で彼女の耳に触れた。
次の瞬間、彼女が後ろにのけ反る。でもそれは嫌でのけ反るのではなく、くすぐったくて避けたようだった。

こんな時に限って、農業を営む親父とお袋は家にいない。
泉美「やっぱくすぐったい。私、たぶん気持ちい…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
夏祭りのとき、童貞と処女でなんとか成功した
2016/10/11 13:00
2016/10/11 13:00
高校時代の話だが、地元の商店街の夏祭りがあった。
商店街と言っても結構な規模で、近隣地域からも見物客が来るほど賑わっていた。
俺は親の代わりに商店街の催し物に出なければならず、若い衆には焼きそばとか焼き鳥とか、火を使う重労働しか回ってこない。で、なんとか終わり、家でバテていると松本からの電話が鳴った。「今日はおつかれー。俺が行ったの気づいた?」


俺「うるせーよ。あんな状態じゃ気づけるわけもねーよ。で、疲れてる俺に何の用だよ。ていうか親じゃなくてお前が手伝いに来いよ」

松本の家も自営業なので両親が手伝いにきていた。

松本「今日、隣の高校の子と仲良くなったんだけ…
【人妻体験談】お隣の蛍族仲間の美人妻とのエッチ体験談
2015/11/02 18:38
2015/11/02 18:38
蛍族同士の親近感で話すようになった隣の奥さん、てのが居るんだけど。 ちょっと関係深まりそうな予感でどきどき中で、誰かに聞いて欲しい気分なんだが。 では…まずは最初の経過から。 自分は結婚5年目の34歳。 子供は無し。 妻は嫌煙家で煙草はベランダで吸わされる。 隣の夫婦とはたまにすれ違う程度の付き合いだったが、いかつい旦那と小柄で可愛い系奥さんの組み合わせがちょっと可笑しくて印象に残ってた。 最初に奥さんとベランダで出くわしたのは今年の春先。 夜11時を大分まわって日付が変わるのも近いかなという時間だった。 自分はベランダの手摺に顎を乗っけてだらーっとぼけーっと煙草をふかしてた。 ガラガラと…
酒乱な妻!
2016/07/17 01:01
2016/07/17 01:01
これも60%は事実です自分の妻の話です…大人の文章で名作にしてくれれば幸せです何時でも良いですので… 結婚して12年経ちます子供は一人で9歳でやっと手が離れた感じですそれに妻は37歳熟女盛りの1番綺麗な時です。私が言うのも変ですが妻は少し大柄な体系ですが「ボン・キュッ・ボン」という体系でメリハリが有ります。顔もそこそこで胸も巨乳でそそられます市内に一人で買い物に行くと何時も街中で「中年や初老風な男」に ナンパされると言っています。そんな文句の付け所の無い妻ですが…正直言うと妻のアソコは緩めの感じです。…私の物が悪いと思いますが…日本人平均サイズだと思います。 妻はアソコが緩いとは気が付いていま…
【熟女体験談】離婚して実家に戻ったら姉と母親とセックスする関係にw
2015/08/22 12:02
2015/08/22 12:02
2015/08/22 (Sat) 去年離婚しました。

32歳になって再び独り暮らしです。

26日から29日まで行くと

ころもないので実家に顔を出しました。

実家には今年還暦の母親と38歳になる姉が二

人で暮らしています。

父親は五年前に他界しました。

姉も出戻りです。

母親には、二人

揃って別れてしまうなんてどうしようもないね、と呆れられています。


26日の晩、いつものようにチンコがムズムズしたので風呂場で処理してました。

実家

の風呂はジェットバスなので、あの泡の中にチンコを入れると女に舐められているよう

な感じで結構気持ちいいんです。

ギリギリまで我慢して…
妹の浮気現場
2016/04/25 20:01
2016/04/25 20:01
 妹(33歳子供2人)が家の障子を直して欲しいというので、仕事の合間をみて妹の家に行った。妹から既に合鍵を預かっていて鍵を開けて家に入った。 鍵を開けて中に入るとなにやらリビングの方で人の声が、誰もいないはずだがと思いながら入ってみると、なんと妹がr真昼間からリビングでセックスの最中だった。しかも相手の男は夫ではなく従兄のKだった。従兄のKは多分この前の結婚式で仲良くなったのだろう。 妹はソファーのに寝かされて激しく突かれていた。二人ともオレの事が気づかない。妹は相当感じてるらしく、激しく喘ぎ声を上げている。  なんという妹だろう、昼間から男を連れ込んでセックスしてるとは、しかもあの淫乱ぶり。…
「お父さん大好き」と布団に潜り込んでくる中学生の娘
2017/08/03 23:19
2017/08/03 23:19
会社の同僚や世のお父さん方は、娘が年頃になると「お父さん臭い」とか言われて一緒の空間にも居たがらないとよくボヤいているのを見かけます。 それがたぶん普通の事だと私も思いますし、そう思っていました。 実際に私の一つ上の姉も中学生の頃には父親を嫌がってるのを見ていました。 だから自分の娘が中学生になっても、今だに「お父さん大好き」と布団に潜り込んでくる事に戸惑っていたのです。 小さい頃から娘はお父さん子で、しかしそれも年頃になれば、他の家の子と同じ様に冷たくなってしまう、そう思っていたのですが・・・。 胸も膨らみ徐々に女性の体になっていっても、毛が生えて生理が来ても、依然として娘は小さい…
パプニングバーにハマ
2017/10/08 11:31
2017/10/08 11:31
 もう7~8年前ですがパプニングバーにハマりまして、彼女もいかなったんでいつも一人単独さんと呼ばれてました。カップルさんやマスターさんのお手伝いをしていたら信用されたみたいで、なんか、アルバイト店員みたいな扱いに・・

 ある日、マスターが産婦人科にある診察台の中古を買ってきたんです。で、オマエ上ってみって言われてお客さんたちにも、やれやれって言われて断れなくなりましてその台に上るのは、もちろん全裸です。



 腰にバスタオルを巻いて台に上るお客さんたちは僕の前に集まる。そこでバスタオルが外され…いや~恥ずかしかったっすね恥ずかし過ぎて、ちんぽ縮み上がっちゃって

「なんだよ、粗末なちん…
私の初体験はストリップ劇場の舞台の上だった
2016/10/13 11:00
2016/10/13 11:00
今から20年くらい前に、新宿OSに出ていたお姉さんに恋してしまったことがあります。
童貞の学生だったので、最初はステージに上がる勇気などなく、舞台の上にしかれた布団の上で、妖しいライトに照らされながら他の客と交わる彼女の姿を、胸が張り裂けそうな気持ちで眺めるしかありませんでした。交わりが終わり、客の局部に付いたコンドームの中を満たしている精液が、今でも目に焼き付いています。


彼女のステージが終わったあと、劇場のトイレで、さっきの客と自分の姿を重ね合わせながら、オナニーに浸りました。

私のお姉さんに対する恋愛にも似た感情は、行き場の無い切ないまでに辛いものでした…
バイト先の会社の慰安旅行で熟女5人と乱交SEX
2018/03/02 13:10
2018/03/02 13:10
現在、僕は22歳の大学生です。アルバイトで近所の小さな工場で働いています。社長と奥さん(52歳)、パートのオバサン5人(42歳,47歳,48歳、53歳、56歳)に僕という規模ですが、景気がいい年は旅行に行くという慣わしでした。


最近では景気が悪く、工場も不振でしたが景気づけにと久々の旅行が催されたのです。


僕は高校以来の熟女好きで、奥さんをはじめオバサンたちと機会があれば結ばれたいという下心もあったため、この機会に野心を抱き、またそれが叶うとは思ってもいませんでした。


旅行先は東北の小さな温泉街でした。旅館も決して綺麗な建物ではありませんでしたが、田舎ならではの混浴露天風呂に期待し…
セフレを耳だけでイカせた
2017/05/20 22:16
2017/05/20 22:16
394 :なまえを挿れて。:2011/02/14(月) 11:02:14 違う意味で信じられなかった話。 昨日、セフレ、というか多少の金銭と下のお世話をしてくれるお姉さんと会ってきた。 まったくありがたい話である。ありがとう。 お姉さんを車に乗せ、少し話をしていると「来る途中で生理になってしまった」と、 残念そうにしていた。 俺は性欲が最近減ってきたのでどうでもよかったのだが、なんだか可愛かったので ほっぺたをなでてあげたくなった。 ほっぺたを包むようにすると、指が耳のあたりに来るので、ほっぺたをなでながら耳を 軽く愛撫してあげた。 発情しきっているのか、すぐさま愛撫…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】セックスレスで悩む息子と近親相姦をし、夫婦のように生活する母親

・見せしめのペニス苛めでドッピュンな思いで

・ブラジャー、レギンス、パンスト、ブルマ

・セックスライフ及びセクロスライフとの戦い

・学歴の無い俺には一つだけ自慢がある

・こんな事あるの?

・彼女のおっぱいを見られて

・【人妻体験談】夫が海外出張で欲求不満になった人妻が投稿に連絡し、妄想でしながらオナニー

・【浮気】中学生の従妹を目覚めさせてしまったわけだが

・再会した母と夫婦として暮らす俺

・ネットの投稿掲示板にエロポーズ姿の私が

・お義父さんと私4-1「来客中に、うしろから」

・【レイプ】高校生の時、母と一緒に犯されました

・【人妻体験談】掲示板で知り合った人妻が子供が生まれてから久しぶりのセックスで濃いエッチをした

・【熟女体験談】Iカップで超爆乳おばさんと出会い系で会って、OKをもらって中出し射精

・最高のオナニー

・妻の養鶏所のおじさん達とのHなふれあい

・【近親相姦】セーラー服の妹と唇を重ね、2人で腰を動かした

・外人の彼女ができたとか羨ましい!!

・【不倫】初めての浮気は幼稚園のパパ友でした

・性生活が有料で離婚したら粘着うざー

・【熟女体験談】厚化粧なスナックのママとお店のボックス席でセックス

・モモとノンタン

・【人妻体験談】大親友の幼馴染に妻のオマンコを生で見せて、SEXまでさせてあげた

・【浮気】美人で清楚な社長秘書はいい感じのM女だった

・俺には7歳離れた妹が居る

・酔ったマヤはエロい

・輪姦される事で体に性の快感が

・【人妻体験談】サービスとばかりにパンチラする天然な妻のおかげで後輩に慕われるようになった夫

・【熟女体験談】服従のポーズをして洗濯ばさみを使ってオナニーをする変態おばさん