寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

泉美

2018/01/10 22:28


もう10年も前の話になりますがいいですか?

簡単に当時の俺の状況を説明します。
俺=一浪後に大学に入学し大学4年生の教育実習生。
  あるスポーツでインカレ入賞成績あり。
  東北地方のある県の母校で教育実習を行う。

記憶を手繰りながらになるので結構かかるかもしれません。

実際に教育実習に行ったことのある人なら分かると思いますが、教育実習生はモテます。
でも大学では「絶対に女子生徒には手を出さないように。君たちがモテるのは一時の気の迷いからなんだから」と教育されます。
俺も勿論、電話番号(当時は携帯を持ってなかったのでアパートの)なんかを何人かの女子生徒にしつこく聞かれていましたがきっぱり断っていました。

俺は、当時人気のお笑い芸人に似ているということで、
生徒の間ではその芸人の名前で呼ばれていた。
ここでは仮にヒロシとします。
俺も嫌な気もしなかったし、中学生相手に怒るのも・・・
というのもあって、好きなように呼ばせてました。

短い教育実習の期間の中でも生徒の悩み、とりわけ恋愛についてはよく相談を受けました。
ある日、キャラ的には梨花みたいな2年の女子が、昼休みに教育実習生室にやってきました。
「なぁなぁ、ヒロシ?!!やばい!今度、彼氏と3回目のデートなんだけど、手とか繋いでいいと思う?」
みたいな話をしてきました。
内心「可愛いことで悩んでるなぁ」と微笑みつつ「う?ん、難しい問題だなぁ」
と、先生ぶってみます。そして以下。
梨花「でしょ?でしょ?まだ絶対早いと思うんだよねぇ!あぁ、3年の泉美先輩はもう経験済ませてるのに、私は手も握れないよぉ?」
俺「は?泉美先輩ってバスケの?」
田舎な俺の地元では一緒に下校するだけで大騒ぎだったので、正直、かなり驚いた。
それにその泉美という娘はバスケ部のキャプテンでショートヘアでボーイッシュな感じ。
女の子っぽいというより男の子っぽくて、男女隔てなく人気のある娘だったから余計に驚いたのもある。
正直、俺の興味は梨花のデートよりも泉美の話にいってしまう。

梨花の相談に乗るふりをしながら、少しずつ3年の泉美のことを聞いてみる。
どうやら泉美の彼氏は1学年上。彼女が1年の時から付き合ってるとのこと。
その彼は地元でも有名な不良で、学校の先生のみならず、生徒の間でも優等生の泉美とその彼氏が付き合ってることを不思議がるようなカップルらしい。
初体験は2年生の夏。花火大会の夜に橋の下だったらしい。
恥ずかしい話、この時、かなり興奮したのを覚えている。
「絶対に言わないでね!この話知ってるの、バスケの後輩では私だけなんだから。」
梨花が強く言うので「聞いてない。聞いてない。今の話とか、俺、全然聞いてないから」
と、興味を持ってるの悟られないように、梨花を半ば強制的に教育実習室から追い出した。

なんだか、それから泉美のクラスの授業を担当する時は、彼女の顔を直視できなかった。
しかし、残念というか当然というか、実習期間で何も起こせるわけもなく、泉美もあくまでも俺の一生徒として、俺の教育実習は終わっていった。
しかし最終日の下校時間、教育実習生室から出ようとすると、数名の女子生徒が待っている。
「ヒロシ先生ぇ?!電話番号教えてください。」
当然、大学での評価などもある俺は「ゴメン。先生、大学のアパートに電話おいてないんだ」
と、適当にあしらう。
「じゃあさ、ヒトミちゃん(もう一人の教育実習生。英語科)の電話番号はぁ?」
「彼女は俺の同級生じゃないしなぁ(俺、一浪のため)。ま、今度教えていいか、聞いておくよ」
「え?!!だって明日からもう学校こないじゃん、ヒロシ先生もヒトミちゃんも。ヒトミちゃんかヒロシ先生のどちらか教えるまで、ここ通しませぇ?ん」
そうして俺は同性だからいいだろうと、もう一人の実習生の番号を教えて、逃げるように学校を去った。
ちなみに、その場に泉美はいなかった。

そして大学に戻って2?3日後、電話が鳴った。
梨花「へへ?!先生のスーパーアイドル、梨花でぇす!!」
俺「え?????なんで俺の番号知ってるの?」
梨花「ヒトミ先生に教えてもらった。どうしても勉強で分からないとこがあるから、ヒロシに聞きたいって」
「こらぁ?。嘘をつくな。ってか、電話するなって。ま、生徒から慕われるのはうれしいけど。とにかく、もう絶対に誰にも教えるなよ。また冬休みくらいには学校に顔出すから」
「え?だめなの?もう皆に教えちゃった」
「・・・・・・・まじ?」
それから毎日のように色々な生徒から電話が入るようになった。
勿論、男子生徒もかなりの数いたし、割合としては男子の方が多いくらいだった。

それでも、1ヶ月経ち、2ヶ月経ち、電話の件数も次第に減っていき、週に2?3回かかってこれば良いくらいになっていった。
そのうち最低1回は梨花からの電話だった。
そうするうちに、俺の大学の卒業論文が書き終わる頃には1月に2?3回の電話しか来なくなっていた。
そして3月。俺は自分の大学卒業と時期を同じくして、中学校を卒業する教育実習先に卒業を祝う電報を打った。
さすがにその卒業式の日は電話が鳴り止むことはなかったけど、それでもそれだけのものだった。
俺はといえば、地元の中小企業に就職が決まり、アパートを引き払う準備をしていた。
そして、地元に戻る1週間前。もうそろそろ電話も契約解除しないといけないと思っていた頃に、その電話が鳴った。
「もしもし、ヒロシ先生ですか?おひさしぶりです。○○泉美です」
なぜだか一瞬、心臓が止まる思いがした。

それまで一回も、卒業式の日ですら電話してこなかった泉美が今、受話器の向こうにいる。
泉美「突然、すいません。今度、こっちに帰ってくるのいつですか?実は先生に相談があって」
俺「え?電話じゃまずいの?会うのはちょっと・・・」
泉美「電話より会って話がしたいんです。なんでダメなんですか?」
俺「いや、ほら。やっぱ生徒でしょ?プライベートってのは色々とあるから」
なんとか、やんわり断ろうとする。
泉美「でも、もう卒業しましたよ?いいじゃないですか、友達としてってことで」
俺「でもなぁ。ってか、何について相談なの?」
泉美「彼氏のことで色々相談したくて。知ってますよね?私の彼氏のこと。」
俺「え?あんまり聞いたことは・・・・」
泉美「ウソだぁ。梨花が先生に話したって言ってました」
俺「あ、そうだったっけ?(どこまでもおしゃべりな梨花。殺す!!!)」
そんなやり取りで、俺は実家に帰る次の日に、泉美と直接会う約束を取り付けさせられてしまった。

当日、車など持っていない俺は親父の農作業用の軽トラで彼女との待ち合わせ場所に向かった。
泉美「すいません。呼び出しちゃって。でもどうしてもヒロシ先生に相談したくて」
俺「別に大丈夫だよ。どう?ここで話し聞いてもいいかな?」
待ち合わせたのは近所の公園。
泉美「え?でも誰か同級生とか、特に先輩に見つかるの嫌だから、どっか行きたいです」
俺「別にいいけど。じゃ、車乗ろうか?」
そうして、俺は車をだした。
俺「ファミレスなんかは?」
泉美「う?ん。先輩のたまり場だし。(ごめん。俺の地元にはファミレスは1つしかなかった)」
俺「え?、でも人気のないとこで車停めて2人でいるのとか、見られたら何言われるか分からないし。」
泉美「・・・・先生の家は?」
・・・・やばい、この娘はいつも俺をドキッとさせる。

俺は断り続けたものの、「じゃあ、私の家にします?」「先生の家に行ったら襲うから入れられないんですか?」と、言葉巧みに俺を説得し、ほどなく落城。
家に上げて、飲み物を上げて、すこし雑談があった後、俺からその相談話を切り出した。
俺「で?相談って?彼のことって言ってたけど」
泉美「う?ん。っていうか、3ヶ月前からもう彼氏じゃないんです」
俺「じゃあ、何を相談したいの?」

泉美「別れても1ヶ月間隔くらいで電話があって「遊ぼう」って。で、行くと、エッチみたいになっちゃう。辛うじて私の都合でエッチはしてないけど」
俺「私の都合?」
泉美「もぅ!!言わせないで下さい。生理です!!」
俺「あ、そうか。ゴメンゴメン。じゃ、エッチしてないんじゃん」
泉美「でも、「じゃあ、口でやって」って言われて。
それが1カ月おきに2回あって、その度に夜電話あって「ゴメン。あんなことするつもりじゃなかったんだけど、つい。もう絶対しないから、友達でいような」って言うんです。私って、何なんですか?また、そろそろ1ヶ月経つから、なんだか心配で」
俺「俺的には、もう会わないことを薦めるよ。男女の関係って「別れました。じゃ、友達になろうね」なんて、なかなか出来ないから」
泉美「そっかぁ。やっぱりそうなのか。でも・・・・」
俺「でも何?まだ好きなの?」
泉美「ううん。そうじゃないけど・・・・。」
俺「だから何?」
泉美「いや、そうだったらもうしばらくエッチできなくなるのかなぁって」

思えば、この辺から俺は壊れていった。
俺「ふ?ん。エッチ好きなんだ(おいおい、何言ってんの、俺)」
泉美「気持ちいいとか、あんま分からないけど、好きなのかなぁ」
俺「え?感じるとか、分からないの?(だから止めろって、俺!!)」
泉美「う?ん。なんだかくすぐったい」
俺「へ?。耳も?(やめろ!!何すんだ、俺!)」
そう言った後、俺は手で彼女の耳に触れた。
次の瞬間、彼女が後ろにのけ反る。でもそれは嫌でのけ反るのではなく、くすぐったくて避けたようだった。

こんな時に限って、農業を営む親父とお袋は家にいない。
泉美「やっぱくすぐったい。私、たぶん気持ちい…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
やさしく筆下ろししてくれた義母
2016/03/09 18:00
2016/03/09 18:00
5年前の中学3年の夏休み中、母さんの親戚が所有する別荘へ家族3人で行くはずだったのが直前になって父親が仕事の関係で4日間の出張へ行くことになり、母さんが親戚のおばさんへ事情を話すと
「友達と一緒でもいいから涼太君(俺)と別荘へ行きなさいよ」
と言われ、俺は母さんと母さんの友人のEさんとSさんと一緒に3泊4日で別荘へ行くことになった。 (親戚は家から歩いて2〜3分のところに住んでいる)


母さんは優しくて、俺の苦手な英語が得意なので教えてもらったりしていたが血のつながりはなく、別荘へ行く4ヵ月ほど前におれの父親が再婚をして一緒に住むようになった。  母さんは当時、…
有紀ごめんね。
2017/11/09 08:49
2017/11/09 08:49
私ある高校サッカー部のマネージャーしてました。部員は名、女子マネ が名といったところです。私は年で初めての夏合宿に行った時の話で す。泊日の合宿で現地の食事、洗濯、掃除は、私と同じクラスの有紀で 全部やります。全然苦痛ではないけど、合宿の日目・日目頃になってく るといろいろ問題も出てくるのです。それは部員たちの性の処理についてで す。私は中学時代には経験してるんで、それなりに男子の事は知ってま す。でも日に日に、やばそうな男子が人出てきました。有紀は全く気 づいてませんでしたが、私は彼らの股間が異常に膨らんでいることを目撃し てしまったんです。そして合宿最終日の夜に事件は起きました。夕飯を終え…
【レイプ】うなぎ責め
2016/01/02 02:25
2016/01/02 02:25
 ある晩、私はC君に呼び出され、カラオケBOXに行きました。C君はK大 のアメフト部で、ルックスも良く、女の子達に人気があります。私はつい最近、 C君と付き合い始めたばかりですが、もう離れられないと感じていました。浮 気性で強引で利己的だけれど、はっきり言って、私は彼のセックスの虜だった のです。  C君は鍛え抜かれた体と甘いマスクだけでなく、あっちの方もすごいんです。 彼は私に、器具で弄ばれる悦びを教えてくれました。彼はその器具を、ローター と呼んでいました。逞しいペニスで私を貫き、激しく突き動かしながら、快感 にのたうち回る私の最も敏感な部分にローターを当てがうのです。初めて彼に 抱かれ…
会社で俺のことを想っている後輩のおっぱいチラ見について
2015/11/07 05:30
2015/11/07 05:30
会社で俺のことを想っている後輩のおっぱいチラ見について 大した話ではないんだがおっぱいチラ見について。 会社で俺のことを想っている後輩(ちょいポチャ巨乳)が完璧なタイミング、角度で前屈みになった。 (すいかおっぱい見えとる、、、なんなんだその立ちはだかる壁は、、、) 貧乳派なのであまり興味はないがそれでも3秒眺めて目に焼き付けた。 仕方ねえこれで夕飯にするか、と。 しかし業後になって俺が想っている貧乳女に あんた見てたでしょ と問い詰められた。 事実は認めざるを得ない、しかし貧乳好きだ といくら弁解しても信じてもらえなかった。 俺の人生オワタ。今後巨乳好きのレッテルを…
女友達のトイレを覗いた俺のゲス体験聞きたい???
2017/01/04 14:02
2017/01/04 14:02
クラスの女子と、先輩男子が、

2人でこそこそと、

放課後の女子トイレに入ってくのを目撃。

多分付き合ってる?って噂が立ってる2人だった。

2人はビッチでもヤンキーでもない、

一見優等生タイプだけど、

この時は明らかに体温が高くなってるような、

エロい空気があった。

トイレでやらしいことしてるに違いない!

俺もトイレに顔を突っ込んで様子をうかがった!

個室が閉まっていて、音が聞こえる。

カチャカチャ、ゴソゴソ、

女の声「あーあ、もう…」

「これはちょっと…、ウワー」


フェラしてるときの、

ぶぼぼぼ、じゅるる、

っていう音まで聞こえたよ…
【近親相姦体験告白】 発達障害の妹と一緒にお風呂入ってたらセッ●スに発展した
2016/04/26 09:57
2016/04/26 09:57
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月)21:31:39.53ID:KxeqkSLtO俺(17)高2妹(12)小6三日前のことです。後悔はしてません。 18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/16(月)21:37:45.51ID:KxeqkSLtO稚拙な文章ですが勘弁してください。中学時代、俺はあんまり女の子に興味なくて性欲とかも薄かったんですけど、(とはいえ、なんとなくオナニーはしてましたが)高校生になって好きな子が出来てから、性欲に火がつきました。俺は毎日その子のことを妄想してオナニーをしてました。しかし、自分に自信が…
バイブとオチンチンどっちが気持ち良い?
2017/11/19 11:39
2017/11/19 11:39
16時55分 18(プー、高校は卒業してる)二子玉川から。渋谷においでよといい携帯教える。

17時15分 *6×2 カラオケでもどう、と聞かれ一応アポ。Sさんと共
同出撃のありかと思い打診すると、難色を示す。怪しい。一応行く。一人は
ちょっと子ギャル入ったテレ上。もう一人はテレ中。Sさんに「すっぽん
しようかなーと思うんですけど」と相談。しかし、良識派のSさんに諭さ
れ、「二人じゃだめ?」と交渉。即決裂。ばいばい。

17時25分 ガチャ切り

17時35分 1分でガチャ切り

17時45分 和久井に似ているという20。アポ場所が私にはよくわからず、変
更しようと模索するもガチャ。
【近親相姦体験告白】 夢の中で肉親相手にどこまでできる?
2016/05/31 18:47
2016/05/31 18:47
心理学とかそっちの世界に「自覚夢」って言葉があるのかどうか知らないが、たまに夢を見ながら、自分で「これは夢だ」と分かってることがある。そんな夢を見たら「これは夢だから痛くないはず」と自分の頬をつねってみる。ベタで恐縮だけど。いやマジで、夢の中で頬をつねっても、つままれてる感触だけで全然痛くないんだよな。おまえらも試してみたら? ☆☆ ☆☆ ☆☆これは俺が中3の夏休みに見た「自覚夢」の話。その日、地元の夏祭りに行ったら、卒業したヤンキー系の先輩と出くわした。俺は別にヤンキーの仲間じゃないけど、なんでか目をかけてくれてた人で、先輩の知り合いがやってる屋台の居酒屋に連れてかれて、飲まされたんだな…
★夜の店のボーイをしいています
2017/09/06 23:51
2017/09/06 23:51
 風俗とはちょっと違うんだけど、覗き部屋みたいな店でボーイやってます。全部の壁がマジックミラーになっててそこで女の子が着替えたりオナニして、ミラーの外の客がそれみて1人オナニするシステム。

 床も天井もミラーになってて、床の下ががなんとボーイ専用のスタッフルームになってて、下からは丸見えなんです。しかもガール達には、客に全方向から見えやすくする為って説明してあるからそのこと知らなくて、思いっきり覗いてます 笑

 しかもボーイは受付とかくらいしかすることないから、1人勤務も多いしこちらもオナニし放題 笑 客来たら音楽なるから、すぐに受付出ればいいし、客いない待機中でもガールはミラーボック…
妻の留守中に貧乳の新人OLと一夜限りのお付き合い
2017/03/12 17:19
2017/03/12 17:19
妻がたまたま連休が取れた為、実家へ帰る事になった。 その日は夕方から会社の新入社員の歓迎会があって参加する事になってたんで、夕飯の心配もなければ多少遅くなっても文句も言う奴もいないんで、羽を伸ばせるなぁなんて思ってた。 総勢20人ほど参加したのだが、新人女性社員4人のうち、「しのぶ」と意気投合。 2次会にも顔を出し、驚くほど酒が強い。 しのぶは結構大柄な体型で、顔もキツめ。 話してみた感じでも肉食的、酒は大学時代に鍛えられたとか言ってた。 他の女子はチヤホヤされていたが、しのぶは俺と話し込みながら酒を酌み交わした。 親元を離れ1人暮らしで、大学時代に彼氏は居たが、今は居ないので募…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・職場でするのが大好きなOLさん

・【浮気】社長とその息子とちょっとだけ親子丼

・真面目なレギュラー達は、練習後に不真面目に乱交してました

・泥酔して失禁したブスになぜか女を感じて

・大学の吹奏楽部で浮気しまくり

・同僚が、、、、、、

・先輩にいかされた妻に ”興奮”

・教職の現場で

・【Hな体験】同級生がしてくれためっちゃ気持ちいいフェラ

・温泉で妻がやってくれました

・俺を兄貴を間違えて誘って来た兄嫁とそのまま

・私は、自称ツンデレと言いながらもドMです

・美魔女と言われる私は、25歳も若い男の前で一匹の牝になっていました

・ヨーロッパのポルノ映画館を嫁の性教育に使わせてもらった体験談

・何度でもイカせてくれるテクニシャンなセフレ

・人妻地方アナが私を誘った理由は、子種でした

・他人夫婦の寝室でセックスしまくった【出会い系体験談】

・バイト先の処女の子

・偶然再会した元カレと過ちを犯した若妻

・どんなに後悔しても遅いことがある…2【人妻浮気体験談】

・手で許してくれませんか?

・【人妻体験談】寝取られ願望のある夫がマンネリ感を覚え始め、妻を風俗へと送り出した

・初めてのソープでスケベ椅子プレイした童貞のおはなし

・❤愛の無い肉体関係の話

・どんなに後悔しても遅いことがある…1【人妻浮気体験談】

・【初体験】セックスの教師でもあり肉便器でもあった兄嫁

・12歳にシャブ撃ってヤリまくり

・浮気して帰った妻と

・【妹との告白体験談】3歳上の兄と高校生の頃から

・夫にもされたことがない・・・