寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

主婦亜矢子25歳(9)

2018/01/10 17:53


始めからわかっていること、それならお互いに刺激しあえる仲で付かず離れずいられれば、なんて以前、金子さんと話したことがあった。
七時少し前に自宅を出た私は、裕美さんのお宅の門を入り、玄関のドアを開け中へ入りました。
しっかりドアに鍵を掛け、主人に存在を確認させる為、明かりのついていないキッチンと居間の電気をつけて、二人を探しに奥の部屋へと向かったんです。
玄関に裕美さんの脱ぎ捨てられたパンティーが置いてあった。
居間へ入ると二人の洋服が脱ぎ散らかされていて、だけど一階には人の気配がしないんです。
二階へと階段を数段上がったとき、喘ぎ声というより、拷問でも受けているような裕美さんの苦しそうな声が聞こえて来た。
二階に寝室があり、その入り口の戸が少し開いていて部屋の明かりは付いていた。
「痛い・・もうやめて・・耐えられないぃ・・あぁぁ・・だめぇ・・」
ベットの上で金子さんが裕美さんのお尻を抱えてバックから激しく突き込んでいるところでした。
私の自宅を出てから、かれこれ一時間、裕美さんはその間に、金子さんの大きなペニスを受け入れ、そして、今も痛みは快感には至っていない様子です。
「もう駄目です。ああ・・痛くて・・許して・・せんせい・・・」
逃げようにも金子さんの大きな身体に捕まれて、女子高生が強姦されているようなシーンなんです。
私しばらくその様子を隙間から見てました。
「裕美さん・・旦那のと比べてどっちがいい・・」
金子さんがズンズン突きながら聞いている。
「ああぁぁ・・ダメよ・・痛くって・・私には大きすぎるみたい・・ううぅ・・」
裕美さんが泣きながら応えると、金子さんの腰使いが一層激しく突き立てるの。
巧みに腰使いをしているうちに、
「あんあんあぁぁ・・いいぃ・・ 」
裕美さんの泣き叫んでいた声が喘ぎ声にかわってきた。
金子さんに子宮を突かれ、シーツを掴んで髪の毛を振り乱し感じ出したんです。
私の身長160センチ細身の体系に比べて裕美さんは10センチほど低く、学生時代新体操をしていただけあって小柄ながら引き締まった体系をしていた。
それより驚かされたのは、服の上からはわからなかったけどオッパイが綺麗な形をしていて腰はくびれ、ヒップも大きくて、きっと身長があと20センチも高ければモデルなっても不思議じゃない均整のとれたプロポーションだったんです。
私だって稲森いづ○に似てるって言われるくらいなんだけど・・
どうしても胸の小さいことがコンプレックスで綺麗なオッパイをしている女性に憧れてしまう。
そのオッパイを金子さんが後ろから突き上げながら揉みしだいてる。
二人とも気持ち良さそうなんです。
それを見ていたら私もアソコがジンジンして来ちゃって、思わずスカートの裾から指を這わせてクリトリスを刺激したの。
「あはぁ・・ん・・気持ちいい・・」
ベットの上では裕美さんの向きを変えて抱き合うように馬乗りになってる・・
私もしたい。
クリトリスから膣へ指を滑らせて、蜜の溢れ出てる淵へ中指を入れた。
入れた瞬間身体がピクッと疼いて敏感になっちゃってる。
部屋の中へ入るのは裕美さんに悪いような気がしてならなかった。
裕美さんの白い身体が波打ってる、
羨ましい・・
正常位になって金子さんの腰が裕美さんのお尻に当たってパンパン音をたてて、
そのたび裕美さん歓喜の声を上げて今にもいきそうなの。
「イクイクイッちゃう・あっあっあぁぁぁああぁ・・」
「旦那とどっちがいい・・」
金子さんが絶頂を迎えようとしている彼女に突き上げながらもう一度聞いてるの。
「いいわ・せんせいがいい・・もうだめ・・イクゥ・・」
金子さん最後の仕上げのように奥深く、重たく子宮へ響き渡るように打ち込んで、裕美さんの悲鳴に似た喘ぎ声が聞こえた。
絶頂を迎えたのね。
もう私も堪えきれなくてパンティを自分で脱いで、
寝室のドアを開けて入ったんです。
金子さんはまだまだ元気らしく裕美さんの膣から抜き取られたペニスは、蜜に濡れてテカテカに黒光りして恐ろしささえ感じさせてました。
私が入って行く気配を感じて彼が振り返った。
「二人とも凄かったわ。裕美さん太いの入れられるようになったのね」
「なんだ亜矢子さん見てたんだね。もっと早く入ってくれば良かったのに。」
「ううん。充分私も楽しませて頂いたわ。」
私は裕美さんが横たわるベットに腰を掛けながら金子さんのペニスを握って
「これだけ元気なら遅くはないでしょう。」といい。
彼の目を見て軽く扱いたの。
扱きながら「裕美さん大丈夫かしら、放心状態ね。」
「彼女にはコレを忘れられなくなるほど、味わって貰ったから、きっと目を覚ませば また欲しがってくるさ。君のようにね。」
悪戯っ子のような顔をして金子さん私を冷やかすの。
「じゃ私のライバルが出来たってことね。いやいや・・コレは私のもの?」
ふざけ合いながら巨大なペニスを口に含んで見せた。
金子さんも長い腕を私のグチョグチョに濡れた部分へ伸ばして、膣からクリトリスへ撫で上げた。
私は敏感になっていたので早速「ピクッ」と反応して、彼が弄り易いようにM字に股を広げたの。
「欲しいの・・入れて・・たまらないのよ・・」
切ない声を上げて腰をくねらせ裕美さんとは少し違ったタイプの女性を演じる私がいた。
自然に彼女の憂い憂いしさには叶わない自分を感じていたのかもしれない。
でも、金子さんというより男性はこんな淫らな女性も好きそうで、
益々硬くさせて興奮してきたみたいなんです。
鼻息を荒くして優しくあてがって半分入った時点で一気に子宮を突き上げてきた。
私もビックリして悲鳴に近い声をあげて
「す・・すっごい・あぁあぁ・・あぁ・いいぃ・・んぅん・・もっと突いて・・」
金子さんの首にしがみつき連打を浴びたんです。
「いぃ・・イクイクイッちゃう・・もっと・・もっと・・欲しかったの・・いいわ・・ああぁぁ」
巨大な肉棒の前には演技もなにもフッ飛び、ただ乱れ狂う女になっていた。
金子さんの延々と続くストロークで次第に意識が遠のき放心状態になり成すがまま、成されるままに身体を揺さぶられ子宮口が、
『 カッ! 』と開いたような感覚がしたの。
私のからだが精子を求めている。
今、中に出されたら間違いなく妊娠するような気がした。
私は・・快感を通り越し快楽地獄へ陥っていた。
そんな時、裕美さんが目を覚ましたらしく、金子さんの指が私の横に寝ている、彼女のクリトリスを刺激しだしたんです。
寝室には、二人の女性の喘ぎ声が響き渡り、金子さんは、放心状態の私からペニスを引き抜き裕美さんへ挿入してベットが激しく揺れだしたんです。
「あうっ・・あぁぁあああぁ・・ぃぃいいい・・あっぁ・・」
裕美さん二度目の挿入がたまらなく気持ちいいみたいで身体をくねらせて悦んでるの。
私は芯まで痺れてしまって茫然と二人の光景を見ていました。
金子さんが彼女の両脚を肩に担いだとき異常な身体の柔らかさに気が付いたみたいで、それから脚を開かせたり、つぼめたり、片脚だけ上げさせて突き捲ったりと楽しんでるんです。
体位を変えながら汗びっしょりになった金子さんも、昇り詰めてきたみたいで唸りだして、
「出すよ・・出すよ・・おぉぉ・・でる・・でる・・」
腰の動きが早くなって凄い猛ダッシュなんです。
裕美さんが壊れるんじゃないかと思うほど・・・
それを受けている裕美さんも、何度となく絶頂を迎え休みなく突かれているので失神寸前なんです。
「あぁぁうぅん・・いい・・出して・・出して・もう・・中に出して・いいぃぃ・・」
私は
「 ハッ!! 」として、
裕美さんへ手を伸ばして制止したんですが、
時すでにおそし・・金子さんが立て続けに深く腰を打ち付け中に出しちゃったみたいなんです。
その時、裕美さんも同時に絶頂を迎え中へ打ち込まれて腰をピクピクさせて官能の世界を酔いしれてるんです。
二人抱き合い、見つめ合って、キスを交わし、目に見えない価値観を共有しているみたいで、なんか羨ましかった。
裕美さん大丈夫なのかしら・・・
膣から抜き取られたペニスの先からは、まだ白い液が零れ落ちそうになってる。
それをフラフラになりながら私に背を向けて裕美さんが起き上がりお口でお掃除しだした、すると私から丸見えなんです。
彼女の膣からダラダラと精液が滴り落ち太股をツタってシーツを濡らしてる。
裕美さんがチュパチュパときれいにしているうちに、またグングン・・金子さんのペニスに張りが戻ってきたんです。
裕美さんは口からペニスを離すと同時にぐったり横たわってしまった。
これ以上すると私も彼女みたく中に出してもらいたくなってしまう。
そんな自分がわかっていたので、金子さんにお願いして69<シックスナインで、何度もいきながら、最後はお口で精液を受け止めました。
その後、裕美さんは起き上がれそうもなく寝入ってしまっていたので二人、静かに佐々木宅を後にしましたが、膣の中に出して貰っている裕美さんの気持ち良さそうな顔が目に浮かび・・再びアソコから蜜が溢れ出てくるんです。

主婦亜矢子25歳1  2  3  4  5  6  7  8  9






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【痴漢・レイプ】小6の夏休み
2018/07/10 17:33
2018/07/10 17:33
小学校6年の夏休みに、みんなで川に遊びに行った帰りでした。 峠にさしかかった人気のないところで、車から降りてきた50歳ぐらいの、作業員風の6人の男達に道を尋ねられました。 地図を覗き込んだわたしは、後ろに回り込んだ男に口をふさがれ無理矢理ワゴン車に連れ込まれました。 急発進した車はどんどん山の中に入っていきました。 私は手足を縛られ、猿ぐつわを咬まされました。 「へっへっへ。やっと捕まえたぜ」「おとなしいな。近くで見ると、またえらく可愛いじゃねぇか!」「朝見かけてからずっと狙ってたんだよ」「たっぷりかわいがってやっからよ」「小学校6年生か。たまんねーな、おい。へへへ」そんないやらしい声が…
若い女先生
2015/10/19 16:49
2015/10/19 16:49
最近病院のリハビリの俺より5~7歳若い女先生が気になってる 最初は愛想が良くて、他の患者さんにもよく話しかけているので 「ああ、気さくで面白い先生だな」と思ってたけど リハビリ中に「OOさんこれどうですか?痛いですか?」と言われて 「はいっ、い、痛いです」と答えたら、凄く満足そうな顔で 「ウフフフフッ、ちょ~と痛いですけどガマンしてくださいね~」や 俺が痛みを我慢してたら 「痛いでしょ?OOさんこれ痛いでしょ?」と言う時もある そして「い、痛いです」と答えたら女先生はマジメで少し険しい?顔から 急に満足そうな顔と声で笑ってくれる その時に俺はMだったんだと30すぎて漸く分…
【痴女】求め合う心と体
2016/03/13 04:39
2016/03/13 04:39
33 名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2009/08/01(土) 06:39:46 ID:i+JPHWRDO俺、向かい合わせで押し付けしあった事ある。 朝のラッシュでお互い吊革を握れない状態で向かい合わせになってたら自然に私の手が彼女の股間に当たっていました。 すると彼女が背後から押されて私の手が彼女の股間に滑り込んでいきました。 彼女はスカートをはいていて彼女の股間の柔らかさと温もりがスカート越しに感じ取れました 34 名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2009/08/01(土) 06:46:00 ID:i+JPHWRDO私はまずいと思いつつ、ラッキーとも思い、手…
★女をバカにするセクハラ部署は消えろ
2016/03/16 23:54
2016/03/16 23:54
 昨年4月に入社したのですが、配属された部署はセクハラが横行しています。長たる部長が女好き、遊び好きの影響が強いようです。「彼氏いるの」とか「今日の下着の色は」とか平気で聞いてきますし、月一ある飲み会では女性社員は男性社員のお酌をして回るのが暗黙のルールになっています。

 先輩女子社員、部署には私を含めて3人います、相談しましたが「適当にかわしておけばいいのよ」という態度。確かに下着は聞かれても「今日は黒です」と返していたり、多少触られても「奥さんに言いつけますよ」とうまく返しています。私も少しづつ慣れてきましたが・・
 昨年の忘年会、いつものように杓をして回っていると手や太ももを触って…
プールのシャワーが故障
2016/04/26 23:05
2016/04/26 23:05
市営プールは古い建物で、塩素もきつかった。 よく「修理中」とかで「臨時休館」になってた。 その日、帰りのシャワー浴びてたら、 若い母親が幼稚園くらいの女の子と一緒に入ってきて、 すいません、シャワー使っていいですかと聞いた。 横の人が、あーいいんじゃないの、どうぞと答えた。 母親は、見られてもしょうがないって言う感じで、 見てる前でさっさと水着を脱いで、シャワーで子供を洗い始めた。 目が合わないように下を向いてた。 日焼けの水着の跡とか無くて白い、引締った裸の体、 形のいいお尻や乳房、水がしたたってる陰毛とか、 おれは見ないようにと思っても、ついつい見てしまった。 そういえば、場内アナウンスで…
【レイプ・痴漢体験談】酔わせて野外プレイ
2017/02/16 08:28
2017/02/16 08:28
 「うーん、今日も暇な一日だったな」暇な営業所に定刻がきた。 自嘲気味に所長が呟く。 「所長、ため息ついてもしょうがないですよ!たまにはお酒でも飲んでぱぁっとしましょう!」事務員の幸恵が明るく声をかける。 「そうだな…。幸恵くんたまには羽目をはずして飲んでみようか。お礼にご馳走するよ。」幸恵としては月末でうまく所長におごってもらうだけの口実だったがあっけなく引っかかってくれて胸の中で舌を出す。近くの居酒屋では取り留めのない話で盛り上がり、幸恵も所長も早いペースでグラスを空けていく。 「所長、ちょっと-----トイレに行ってきますね~」酔いが回り足元がおぼつかない幸恵。席を立とうとしてもなかな…
【痴漢・レイプ】不良の餌食になった女
2018/06/08 15:41
2018/06/08 15:41
厨房ん時、愛美って子がいて、女子の不良の先輩にイジメられて登校拒否になってしまいました。 きっかけは実は僕だったんです。 僕はイジメられっこで、クラスの男子にからかわれてました。 ある日、いつもの様にクラスの男子数人に、僕は女子便所へ放り込まれました。 いつもなら便所にいた女子がキャーキャー騒いで、出ようとするとドア塞がれて慌てる様を笑われる、という他愛の無いイタズラだったんですが、その日は違いました。 押し込まれた女子便所の中がタバコ臭かったんです。 嫌な予感がしました。 女子便所には不良の女子の先輩が4人、隠れてタバコ吸ってました。 僕はその先輩達に呼び止められ、「…
隣の奧さんはエロい身体をしてて、それ以上にエロいセックスをする淫乱だった
2017/06/25 21:47
2017/06/25 21:47
隣の奥さんとのH体験です。
体が凄く綺麗でバストはこれ以上ない形、それにすげぇテクとエロいんです。
俺、それなりに女知ってるけど最高な女性!
毎日想像しちゃってる俺。

奥さんは、山口もえ似かな。

アパートですが隣は子供はいない30代夫婦で、旦那はよく出張みたい。
俺27独身。
良く友達が部屋に来て夜騒いでいるので、お隣の奥さんに会った時「いつも騒がしくてすみません」と謝ってました。

こないだ鍋やった時かなり夜中さわいだので、翌日俺の実家の北海道から送ってきた海産物を持っていきました。
奥さんは30過ぎくらいかな、スリムで清楚な感じで大人しめなんです。
思ったより怒ってなくて気…
【レイプ体験談】片思い 2【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2016/10/16 08:14
2016/10/16 08:14
この話は「片思い」の続編になります。俺は合意ではないとはいえ、友紀とやったのには変わりなく、その事を思い出しながら何度もオナニーした。そして、友紀の事しか考えられないようになっていた。ストーカーと言われてもしょうがない程友紀の事しか考えられない。雪も溶けて春になり、その頃には俺と友紀の関係は前みたいに二人で食事に行くところまで回復していた。もちろんHのチャンスもいくつかあったが前回みたいにならないように必死で堪えた。本心を言えばもちろん友紀を抱きたい。ある日の夜、休憩室に行こうとドアを開けようとしたら小野田と吉田の会話が聞こえてきた。まだ居たのか・・・と思って会話を立ち聞きしていたら「しかし…
酔って上司と性的関係をもってしまった
2015/11/21 20:12
2015/11/21 20:12
826 :えっちな21禁さん:2006/03/27(月) 17:30:18 たぶんうまく書けないと思いますが・・・ 会社の人と飲みに行った帰り、酔った上司になかなか帰してもらえなくて、 本当は同僚に車で送ってもらう予定だったけど、仕方なく先に帰ってもらうことになりました。 普通だったら危機感持つところなんだけど、私もかなり酔ってたしあんまり頭まわらなくて。 何よりその上司とはいつも飲みに行ってたし(皆一緒にだけど)すごく良い人で 尊敬してたから正直安心してたんですよね。  827 :えっちな21禁さん:2006/03/27(月) 17:32…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【Hな体験】週末はピンサロで働く新入社員の娘と

・【痴漢・レイプ】相姦肉玩具理恵

・【痴漢・レイプ】ビデオ恐喝

・私の今までの体験談

・学年で1、2を争う巨乳に我慢が出来なくなって

・彼氏とのセックスをもっとよくしたくて、不感症専門クリニックに行った結果

・クラブでナンパした巨乳人妻を自宅に連れ込み中出しセックス 3

・Gカップの義姉とラブラブ種付けセックス[前編]

・Gカップの義姉とラブラブ種付けセックス[後編]

・【痴漢・レイプ】二人の男に嬲られる妄想

・中学時代に好きだった女子にカラオケで抜いてもらった話

・セックス嫌いな彼女を酔わせてイタズラ三昧

・クラブでナンパした巨乳人妻を自宅に連れ込み中出しセックス 1

・日本たたきで収入アップのシー・シェパード代表

・【人妻体験談】シミ付きパンティを売る素人若妻を動画撮影レイプ

・~亜美との出会い~

・主人に月一、バイアグラとトノスで愛してもらっています

・【不倫】顔以外は最高の人妻にマスクを被せて[後編]

・【衝撃】フ●ラして金稼いでる男だけど質問ある?

・綺麗でスタイルのいいお向かいの奥さんと淫靡な関係に

・【痴女との体験談】恭子の金玉潰し

・~悦子との不倫~

・女装風俗行った時疑問を持ったことがあるんやけど

・エロ医者のエッチなセクハラ診断

・【痴漢・レイプ】レディース集会編

・高校時代の数学の先生

・【痴漢・レイプ】ネットカフェ

・【人妻体験談】高校の合格祝いで息子と母子旅行に行ったら夜中に近親相姦レイプされた

・【熟女体験談】M女な高齢淫乱おばさんが車で寝ているところを襲って勝手に中出し

・何喰わく顔して結婚する女部下