寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

クンニをしてくれない彼に不満で

2018/01/10 13:08


私は28歳のOLです。もちろん彼氏はいます。
セックスもそれなりに満足をしているのですが、私の好きな愛撫(舌でクリトリスを舐める)をほとんどしてくれません。それが不満でした。
そんなとき、この掲示板に舌での愛撫が上手だとういうメーッセージを読み、メールを出していました。
すぐに返信が届きました。



 それから何度かメールをやりとりしているうちに、信用できる人だと判り、思い切ってお会いすることにしました。その日、ホテルのコーヒーラウンジで会いました。ちょっと痩せ気味の人で、年齢は40台半ばの紳士でした。会話もときどききわどいことを言うのですが、イヤらしく感じませんでした。
 
 
「どうします?マッサージをしてから・・・いかがですか?もし私が気に入らないようでしたらそう言ってください。全然気にしませんから」私の下腹部はときどき話すイヤラシイ話しに感じて、少し濡れていました。「お願いでしますか?」 私は小さな声で言いました。土曜日とあって、シティホテルは満室でした。でも新宿にはラブホテルがたくさんあります。

 私は初対面の人とは思わないほど気さくな方のお陰で、ラブホテルに入ることにも抵抗を感じませんでした。部屋に入り、ソファーに座ると彼が肩を揉みはじめました。すごく気持ち良い揉みかたで、疲れがスーっと抜けてゆくようです。「うつ伏せになってください」私は言われた通り、うつ伏せになりました。全身に心地よいマッサージを施してくれます。約40分、全身が軽くなったような気がしました。

 これから関節を柔らかくするマッサージをしますから、パンティだけの姿になってください。ちょっと恥ずかしかったのですが、私は言われた通りの姿になりました。純白のパンティに陰毛がうっすらと映ります。「お洒落な下着ですね」彼は陰毛の辺りに掌を押しつけました。そこから全身に電流を流されたようなシビレが走りました。しかし、彼はそれ以上のことはしてきませんでした。


 肩、腰と関節を柔らかくしてくれます。「今度は股関節ですよ。恥ずかしがらなくていいですからね」彼は私の脚を曲げます。太股が私の胸にまで曲げられました。アソコはパンティに包まれているとはいえ、丸見え状態です。「ああ、恥ずかしい・・・」と思うと余計に感じてきました。ジワジワと濡れてくるのが判ります。

 脚を広げられたまま太股の筋肉をほぐしてくれます。彼の指がアソコの付け根に当たります。当たるたびに微妙な快感がジワジワと沸き上がってきます。クロッチに愛液が・・・観られてる・・・そう思うともっと濡れてくるんです。「いいんですよ。自分をさらけ出すことでストレスも解消しますからね」彼は私の愛液で濡れたクロッチを観て言いました。

 そう言いながら、彼は腿の付け根を巧妙なタッチで刺激してきました。私は堪えようとしていたのですが、声が漏れてしまいました。「一応終わりました。どうしますか?」彼は感じている私を知っているくせに、意地悪なことを言いました。「あのー、舐めてくれますか?」「いいですよ、どこを舐めればいいんですか?」「アソコを舐めてください」私は腰をよじりながらお願いをしました。

「アソコってどこですか? はっきり口に出して言ってください」彼は言葉で私を虐めてきました。言葉で虐められ、それをも感じていたのです。彼とのセックスで言葉で虐められたことがなく、倒錯的な興奮を感じていました。私のアソコがビショビショになっているはずです。「お・ま・・・こを舐めてください」私は思いきり言いました。


「おまこってどこなの? 判らないなあ」彼はパンティの縁を微妙なタッチで触りながら、私をじらします。「おまんこを舐めてください」私はついに本当の彼にも言ったことのない、恥ずかしい言葉を初対面の人に言ってしまいました。彼はパンティの縁を持ち上げ、私の秘部を覗き込みました。

「すごく濡れてるよ。糸を引いているんだよ」私は恥ずかしいくせに、彼の言葉に感じていたのです。左右のビラビラを変わりばんこに口に含まれました。そのたびに愛液が溢れ出てきます。彼はその愛液を啜ります。ずるずるという卑猥な音がします。「いやらしいおまんこになっているね。感じているんだね」彼が私の耳元で囁きます。

「イヤ、そんなこと言わないでください」感じちゃうから・・・と言う言葉を辛うじて言うことをどうにか自制しました。やっと彼の手が私のパンティを脱がせました。彼は脚下から股間に何往復もしました。愛液がお尻の方まで垂れ流れ、冷たく感じます。「ああ、ねえ、早くぅ・・・」私は我慢が出来なくなりました。「早く、どうして欲しいの?」また意地悪なことを言います。


 私は早く気持ちよくなりたい一心で「クリトリスを舐めて、イカせてください」そう言ってしまいました。その時は恥ずかしい気持ちなどどこかに吹き飛んでいました。彼の熱い舌がクリトリス周辺を縦横無尽に這い回ったとおもうと、いきなりクリトリスを吸い込まれました。「ああーっ」それだけでイってしまったのです。いままでに味わったこともない快感でした。膣が痙攣を起こしています。

 それが徐々に治まると、再び熱い、柔らかな舌がクリトリスを這い回り、今度は一番敏感なところを重点的に責めてきました。何度イカされたかはわかりません。頭の中が真っ白になり、少しの間失神をしたみたいです。脚は「大」の字に拡げたままで横になっていました。「入れてください」私は彼にお願いをしました。すると、意外な返事が返ってきたのです。

「入れて、私も気持ちいい射精をしたいのですが、それは彼にしてもらってください。私は舌で奉仕するという約束でしたので、したいのはやまやまですが、約束を破ることはできません」私は彼の股間を観ると、大きく盛り上げっているのです。「じゃあ手でなら構いません?」彼はうなずいてくれました。彼は下半身を剥き出しにしました。


 ペニスが勢いよく飛び跳ねました。手でしごくと、彼の亀頭の先端から透明の粘液が溢れ出てきました。それを舌で舐めながらしごきました。「ああ、イキそう・・・出してもいいの?」「出してください」「イク、イク、イちゃうーっ」精液が激しい勢いで飛び散りました。私の胸に精液がこびりつきました。彼のペニスがヒクヒクと動きます。そのたびに精液が溢れ出てきました。

 彼の舌での愛撫は、いままでに味わったことのない快感でした。私は彼の携帯の番号をおしえてもらいました。その後、2度、彼の舌でエクスタシーを何度も味わっています。本命の彼とは日曜日に会いますので、私の秘密はバレることはないでしょう。本当のことを言うと、舌だけではなく、彼(舌の彼)のチンチンも味わいたいのですが・・・









  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
友達の巨乳ママがしてくれた授乳手コキ[前編]
2017/06/23 08:19
2017/06/23 08:19
僕(賢人)は、親友の翔太のお母さん(ひとみさん)のことが小さい頃から好きでたまりませんでした。 小学生の頃までは、どこか母親とは違う大人の女性という憧れの気持ちの方が強かったのですが、中学生になり、性に目覚めた頃から、ひとみさんの大きなおっぱいに甘えながら、ひとみさんに自分のおちんちんを手でしごいてもらいながら、射精させてもらうことを想像し、高1の今日まで、毎日のようにオナニーに耽るようになっていました。 翔太は幼稚園から一緒で、家が近くということもあり、両方の親が交代で送り迎えをしてくれていました。 翔太は元々甘えん坊の性格なのか、ひとみさんが幼稚園に迎えに来ると、必ずひとみさんに抱き…
姉との・・・・・  【近親相姦】
2018/02/12 15:48
2018/02/12 15:48
私が、大学生の頃にあった話ですが・・・。 私には2才年上の姉がいます。 たしかに結構綺麗で、高校時代などはかなりモテていたようでしたが、私には本当にウザイ!としか思えない姉。 昔から私に対しては高圧的で、高飛車な態度・・・。 私のやる事なす事にいちいち文句をいう、ある意味母親より口うるさい姉で、正直苦手で女としての魅力なんて、全く感じられない大嫌いな姉貴でした・・・。 そんな状態でしたから、いくら周りから言われても、「あんな奴のどこがええねん!?」って感じで、姉貴とも文句は言われても普段は会話も無い、そんな毎日が続いていました。 そして、ある事件?が私が大学1回生の頃、起きたのです。 地元…
【近親相姦】彼両親に挨拶にいったら「アレルギー?それ好き嫌いでしょ」と言われたから食ってやった【
2017/03/09 12:11
2017/03/09 12:11
今までにあった最大の修羅場 £47 awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1340680684/23: 名無しさん@HOME 2012/06/26 19:32:20結構昔の話。 私は甲殻類・貝類アレルギー。学生時代から付き合ってた彼と結婚することになり、相手の実家に挨拶に行った。 家族だけでなく、親戚一同でお出迎えして頂き、歓迎ムードでの宴会。 彼の実家は海辺の町で、出てきたお料理は豪華な海の幸。 彼にも彼親にも、アレルギーってことは伝えてあったんだけど、 「せっかくだから食べられるものだけ頂こう」と思ってた。25: 名無しさん@HOME 2012/06/26 …
【近親相姦】車内割り体験談 【体験談】
2017/01/30 18:31
2017/01/30 18:31
このサイトに入るとポイントが増えるからと 友達に薦められて入会したサイト即アポ小悪魔掲示板。援助ばっかりという売春の巣窟で 無料ポイント分だけ遊んで辞めようと思った。そして全くその掲示板に手をつけてなかったのだが ある日仕事が終わって、やけにムラムラしてきたので デリヘル呼ぼうと思ったがお気に入りの子が予約 いっぱいだったので暇つぶしに検索してみた。最近の相場は高い二万や三万と素人を売りにしているのか 以前は一万〜一万五千円が相場だったのに…そんな中、最新の投稿で「車内割イチで今から」 という投稿を見つけた。 車で来てもらえば車内でゴム付という内容だ。 年齢が18という時点で怪しいなと思ってた…
中でイキやすいソープ嬢のエッチ体験談【人妻・ソープ】
2015/11/08 21:05
2015/11/08 21:05
時間のたつのは早いものですね、ソープ嬢を始めて1年が過ぎてしまいました。 そして一生忘れる事の出来ない中絶からも1年以上たちました。 正直な今の気持ちは、人間覚悟決めれば何でもできるなと言う事ですね。 まあヘルスに飛び込んだ時点で同じなんですけどね。 特に病気を貰うことなく1年過ごせたことを正直感謝しています。 やっぱり病気は怖いですからね、検査を受ける度、結果を見るたびにドキドキします、これだけは逃げれないから、正直ノースキンしてると怖いです、段々それを感じます。 最初の頃より今の方が実感されます。 今さら何ですけどね。 息子の一樹は勉強もクラブも頑張っています、本当に頑張…
狙っていた妻の母を自分の女にしました【熟女体験談】
2018/02/04 00:30
2018/02/04 00:30
今年の正月、妻の実家へ挨拶に行った時のことだ。


かねてより妻の母、佳恵をモノにしたいと狙っていた俺に、とうとうそのチャンスが訪れた。


「さあさあ、貴志さん、一杯どうぞ。」

美しい佳恵に勧められると断り切れず、立て続けに杯を重ねた俺は、あっという間に酔いつぶれてしまった。


どれだけノビていたのか、気が付くと佳恵が台所に立って料理を作っている。


「ああ、お義母さん、美優や子供たちは?」

「皆でイオンにお買い物。

おもちゃでも買わされているんじゃない?」

今、家にいるのは佳恵と二人だけだ。


かねてからの想いを遂げるべく、台所に立つ佳恵に後ろからそっと近づいた。
【オナニーの邪魔された】怖がりな姉と一緒に寝てたらエッチしたくなってきた
2016/07/06 22:00
2016/07/06 22:00
俺が高校一年で、姉が高校三年のときの夜の話。 両親が親戚の結婚式で留守にしていた夜に、うちの姉が当時話題になっていた呪怨オリジナルビデオ版というホラー映画を借りてきた。 そして俺の部屋にやってきて、「ねえ、これ怖い映画だから一緒に観よ」と言ってきた。 俺も暇だったので、一緒に見た。 話題になっているだけあって、男の俺が見ても結構怖かった。 横目で姉ちゃんの顔を見ると、青ざめている。 「姉ちゃん、怖いんだったら観るのやめる?」 「ううん、だ、大丈夫。最後まで観る」と言って、結局二人で最後まで観た。 「それじゃ、俺は寝るから」 俺は部屋に帰って、最近買ってきてまだ見ていなかったエロマンガでオ…
彼女とその友達を巻き込んで生ハメ3Pしたエッチ体験
2015/12/02 20:02
2015/12/02 20:02


彼女と彼女の友達で3Pした話。

その友達とは彼女を交えて何回か一緒に遊んだ事があった。

で、その子がモロオレのタイプだった。

ある日、オレが仕事終わって

車で家に帰ったら彼女の車が家の前に止まってた。

車から降りて彼女の車のところに行ったら

助手席に友達の子も乗ってた。

で、暇だから遊びに行こうと・・・。

夜中の1時くらいの事でした。

でも夜中なんで遊ぶとこなんてない。

そこで、ダメ元で

「ホテル行ってパーティーしよーかー!!」

と言ってみた。

一瞬「えぇー?」

なんて言いながらもなんとかOKが出た。

あっ、年は2人とも22歳くらいでした。友達は看護婦さん。…
ドスケベで淫乱な未亡人のネカフェでのエッチ体験
2015/10/20 16:02
2015/10/20 16:02
私はドスケベな淫乱な女なんです。

今までは人妻で夫との夫婦の営みに満足していたいんですが、

昨年、夫が心筋梗塞で倒れ、そのまま亡くなり、未亡人になると、

欲求不満が募りさらに痴女になってしまいました。

夫が亡くなってなからは、幸いにも生命保険をかけていてくれたので、

かなりの大金が入り、一人息子も大学に入れることができ、

東京に行かせることができ、死んだ主人にすごく感謝していて、

私はいまのところ身内の会社の手伝いをしています。

だから生活に困ることはないのですが、

あっちの方がすごく困っているんです。

あっちというと、エッチです。

つまり主人がいない以上、

私の乾き…
【Hな体験】綺麗なバストをサイトに載せてた美少女の処女ゲット
2018/03/17 14:00
2018/03/17 14:00
もう何年も前の話。出会い系サイトを覗いていたら、画像にとても綺麗なおっぱいを載せている女の子。まさか自分のモノではないだろうと思いながら、『綺麗だね』って褒め言葉を。『ありがとう』と返信が来て、それからメールのやり取りが始まった。 それはそれは、全く汚れを知らない綺麗なおっぱいで、どう見てもティーンエイジャーのもの。『会って見て欲しい』と言われたので日時を約束。 当日車を停めて待っていると、遠くから女の子が歩いてくる。どう見ても若い、というか子供に見える。 「こんにちは」と声をかけると、「◯◯さんですか?」とお返事。 (本当に、可愛い!可愛すぎるし幼い) とりあえず車に…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】元バレーボール選手の高身長な人妻を立ちバックで犯すのは最高すぎて10年以上W不倫している

・真面目な童貞くんを誘惑して密着するHなオフィスレディwww

・【不倫】嫁の友達と流れでしたセックスが気持ちよすぎて困ってる

・同じ部活のやつと

・爆乳可愛い女の子との最高の4日間の思い出

・隣の奧さんにおっぱい講義をされて

・妻はマゾで、ご主人様がいた…【寝取られ体験談】

・異常性癖

・妹と色々なプレーのエッチしています

・スケベな熟女をゲットできる意外な場所【熟女体験談】

・昔の団地妻たち

・会ったその日に中出し5発させてくれた20歳の美人OL【出会い系体験談】

・巨乳女子大生をカフェナンパしたら、感度が良いHな女子学生でしたwww

・【SM・調教】身長差35センチ、凸凹夫婦のセックス事情

・義理の妹と下ネタから

・飛行機の中、主人の隣で他の男性の指でアクメに達しトイレで・・

・【人妻体験談】思春期で反抗期の息子が母親に耳かきをしてもらって興奮し、そのまま近親相姦筆下ろし

・【熟女体験談】会社が不渡り出して倒産するまで美熟女な社長の奥さんを従業員の肉便器としてお仕置きレイプしまくった

・元ヤリマンの上司の奥さんを回した

・やさぐれヤンママデリヘル嬢に性感マッサージを試してみた

・女子高生レイプ

・月1回だけ激しくセックスする人妻セフレ【出会い系体験談】

・旅行先にて

・ 僕を誘ってきた四十路の人妻は、何度も痙攣しながら僕を締めつけた

・同僚の男子社員にうまいこと騙されてハメられたのに逝きまくったM体質の私

・飲み屋で助けてもらったお姉様方に廻されて虜になった私

・ご近所さんと続き

・女性の派手な下着に目覚めて…【人妻体験談】

・憧れの上司と一緒の残業なら楽しくエッチもできるし最高なんです

・【Hな体験】同級生2人とやっちゃった[第6話(終):番外編]