寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【人妻体験談】仕事から帰ると妻が覆面の男たちに犯されていた・・・

2018/01/10 12:02


私の妻の裕子は、鶴田真由に似た、明るく聡明な女性であった。
○○大学で古文を研究し、その経験を生かすため
私立高校の国語教師という仕事に情熱を傾けていた。
結婚して2年、裕子が25歳になって間もないあの日まで、
私たちは人も羨む仲むつまじい夫婦として暮らしてきた。
あんな悪夢のような日の出来事さえなければ・・・。
あれは1年前の3月26日だった。
3日前に卒業式を終え、春休みで裕子が家にいるので、
私は取引先からそのまま直帰し、7時前に帰宅した。
買ったばかりのマンションのロビーで呼び鈴を押したが返事がない。
仕方なく解除番号を押して5階に上がった。
玄関でもう一度ベルを押したが中に人の気配があるのに返事がない。
不審に思った私は鍵を開けて、玄関に男物のスニーカーが
複数脱ぎ捨ててあるのを見て、ハッとした。
その時、奥の部屋の方から、「ムグゥ~」と言う、
くぐもったような女の声が聞こえてきた。
「裕子、どうした。」
思わず声のした方に駆け寄った私は、突然部屋の影から飛び出した人影に
強烈な当て身をくらい、その場でうずくまってしまった。
一瞬目の前が真っ暗になり、息も出来ない程のダメージを受けた私は、
何も出来ないまま、何者かによって、後ろ手に縛られ、
猿ぐつわまではめられて柱に縛り付けられてしまった。
ようやく意識を取り戻した私は目の前の光景に唖然とした。
部屋の中では一糸まとわぬ丸裸にされた裕子が鴨居から
両手・片足を吊られた無残な姿で美しい肢体の全てをさらけ出さされていた。
しかも裕子の裸身には、プロレスラーの覆面をした5名の男が、
いずれも全裸で思い思いにからみついていた。
「やあ、ご主人、おじゃましてます。俺たち橋本先生の教え子なんすけどねぇ。
先生の身体、もう最高っすよ!」
裕子の正面にかがんでいる赤い覆面の男がすっとぼけた声を発しなだら振り向いた。
「貴様ぁ~」
思わず声にならない声を上げて男の顔を睨みつけた時、
私はガックリと首を折った。
それはあまりにも衝撃的な光景であった。
振り向いた男の手にはゴム製の黒い電動コケシが握られ、
それが深々と裕子の体内に挿入されていた。
しかもブ~ンという微かな音とともに律動を繰り返す度に、
蛍光灯の光を浴びた電動コケシはヌメヌメと淫らな光りを発し、
あろうことか裕子の股間からもクチュッ、クチュッという
淫美な響きが発っせられていたのだった。
次第に気を取り戻し状況が明らかになるにつれ、私の絶望はより深いものとなった。
四肢の自由を奪われた裕子は、裸身のすみずみまでも、玩ばれていた。
青い覆面の長身の男は、嫌がる裕子の顎を押さえつけ唇を開かせては
舌を絡ませていたし、両側の男たちは白くふくよかな乳房を揉みしだき、
淡いピンク色の乳首をクリクリと摘んでは妻の反応を楽しんでいた。
さらに背後に座った男は、裕子が私にさえあからさまには見せたことのない肛門に
細身のバイブレターを挿入していた。
「ウグゥ~」
私の姿にすがるような視線を這わせる妻の美しい顔は、
涙と男の唾液でグチャグチャになっている。
学生時代にバレーで鍛えた弾力溢れる肢体には、首筋から脇腹、乳房、
太股の付け根にいたるまで、クッキリとキスマークが刻みつけられ、
漆黒の茂みをはじめ、裸身のあちらこちらに男の体液と思われる
白い乾いた糊のような物体がベットリはりついていることが、
どのような凌辱を受けたのかを思い起こさせた。
「いやぁ、午後の3時過ぎからもう4時間、タップリと楽しませてもらいましたよ。
俺らの学校進学校だから学校ではみんな真面目にしてましたけど、
ストレス発散させて頭スッキリさせないとね。
そこで俺たち5人で目をつけた同級生や女子大生、OL、バイト先の人妻まで
いろいろと物にしてきたんだけど、やっぱり卒業記念には橋本裕子先生の
オマンコをゲッツしようって決めてましたからねぇ。もう感激ですよ。」
「先生も最初は嫌がっていたけど、途中からは気分だしてくれましたよねえ。
嬉しかったなぁ、橋本先生が俺のチンコを締めつけて
『もっと~もっとぉ~』なんて腰を振ってくれたときは」
男達の嘲笑と同時に、ようやく覆面の男の唇から開放された裕子の口から、
「あなた、嘘よ、助けてぇ~」という悲鳴があがった。
哀れな妻の哀願を耳にしてもどうすることもできない自分の情けなさを呪った。
「あれぇ、先生ご主人の前だからって照れちゃって。
ほら今だってバイブをしっかりくわえて、オマンコぐしょぐしょにしているくせに。
俺の手までグッショリ濡れてますよ。」
赤覆面が、わざわざネットリと濡れた指を私の方にかざしてみせた。
「嘘よ、嘘よ」裕子は全身を朱に染めて身悶える。
「ようし、それじゃぁ一発ご主人の前で可愛がってやろうよ。」
裕子の唇を奪っていた長身の男が淫らな笑みを浮かべて呟いた。
「そ、そんな。お願い、それだけは止めてちょうだい・・・・い、嫌よぉ」
涙声で哀願する妻の縄を解いていく。
「やめろぉ~」と大声で叫んだが、「グゥグゥ~」という叫びにしかならない。
その虚しさと共に、若者たちが、全員筋肉質の屈強な身体つきで、
しかも黒光りした巨大な鎌首を反らせた立派な逸物の持ち主揃いなのに驚いた。
「まず俺がやるよ。」
唇を奪っていた青覆面が、両手首を縛られたまま、
その場で崩れ落ちるようにしゃがみこんだ裕子の背後に回り、
幼児に小便をさせるような姿勢で軽々と抱え上げた。
男たちはみな175センチ以上あるようで、160センチの裕子がひどく小柄に見える。
「嫌よ、主人の前だけは許してぇ」
必死に哀願する裕子をあざ笑うかのように、両側から黒覆面と緑覆面が、
必死に閉じている両足を開いていく。
白い裸身にそこだけ場違いなように焦げ紫色に色づいた裕子の花弁が丸見えになる。
「さぁ、またいい声で啼かせてあげますよ。裕子先生。」
馴れ馴れしく妻の名を呼んだ青覆面は、ゆっくりと裕子の裸身を
自分の膝の上に抱き降ろす。
そして下からは隆々と鎌首をもたげた巨大なペニスが
裕子の花弁を待ち受けていたのだった。
「嫌ぁ~」という絶叫が響きわたり、男のペニスが深々と
妻の股間に埋没していく光景は今でも目に焼きついている。
「だめよっ、だ、だめよ~っ」
半狂乱になったかのように髪を振り乱して抗う裕子だったが、
少年達にガッチリと押さえ込まれた下半身はペニスをくわえこんだまま、
身悶えるだけの効果しかなかった。
「そんなに腰をふらないでよ先生。おら、もうオマンコぐちょぐちょなんだから。」
「嘘よ、貴方っ・・・い、嫌よ~」
涙ながらに訴える。その間にも覆面の男はニヤニヤと笑みを浮かべながら、
腰を上下に律動させていく。
「ほら、感じてるんでしょ、裕子先生。」
「あっ、イヤァ・・嫌よぉ」
必死に抗いながらも男の腰の動きにあわせ、裕子の股間からは
クチュ、クチュという濡れた音が響きわたる。
「ほら、ご主人が俺と先生がオマンコしているところをじっと見つめてますよ。」
裕子の羞恥心を煽る男の言葉に、一瞬私と目をあわせた裕子は
半狂乱になったかのように激しく首を左右に振り
「あ、あなたぁ・・嫌っ・・お願い・・見ないでちょうだい~」と絶叫した。
しかし、妻の絶叫とは裏腹に私の目は若い男の逞しい逸物がわが物顔に出入りしている
妻の秘所に張りついて離れなかった。
「アァ・・アッ・・アァ・だ、だめぇ~」
今まで長時間に渡って嬲られ続けてきた女の悲しさ、
裕子の口から艶めいた喘ぎがあがり、男の腰の動きが一層激しくなった。
「オッ、先生締めてるよ、ほら、感じてんだろ。
いいのかな、ご主人の前でこんなに気分をだしちゃって。」
「嫌ぁ~、い、言わないで・・・嘘よ・・い・・やよ・・。」
言葉では必死に拒否しているものの、妻の秘所がもう完熟したザクロの実のように
妖しく口を広げ、溢れ出る花蜜でぐちょぐちょになっているのは
私の目にも明らかだった。
「いやあ、ご主人。裕子先生のこと、あんまり可愛がってあげてなかったんじゃないですか。
ほら、先生のオマンコときたら、もう、きつくて、きつくて、
とても25歳の人妻とは、思えないですよ。
ビラビラもピンク、ピンクだし、今時女子高生だって、こんなきれいな
オマンコしてる娘少ないですよ。」
「でも、俺ら鬼畜ようなセックスしますからね。
たいていの女は、穴という穴がガバガバになっちゃうんですよ。
裕子先生もいつまでこんなきれいなオマンコでいられることやら。」
言いながら、赤覆面が、裕子の両の乳房をわしづかみにして、
感触を楽しむように揉みしだいていく。
その間も青覆面は、腰の動きを止めようとせず、智子を犯し続ける。
「ア、アッア・・・も、もう嫌っ・・。ウッ・やめてえ~。」
必死に拒否し続ける裕子だったが、言葉とは逆に白い肌はじっとりと汗ばんで朱に染まり、
声には、次第に甘い嗚咽の響きが含まれるようになっていた。
「あれえ、やだなあ先生、俺に恥をかかせないでよ。
ほら、こんなに感じまくっているくせに。
おら、これでどうだ。おら、先生のオマンコ狭いから、奥まで当たっちゃうのわかるでしょ。
おら・・・さあ、さっきみたいにいい声で泣かせてあげますよ。」
「アアッ・・だ、だめえ・・。嫌よっ・・アッ・・だ・・め・・だめえ~、
もう止めてっアウッ・・・お願い・・もう・・許してえ~」
必死に耐え続ける裕子を追い落とすかのように、男の腰の動きは暴力的なまでに激しくなり、
その度に部屋の中にピチャ、ピチャという濡れた音色と裕子の喘ぎが響きわたる。
「もっとやって~の間違えでしょ。先生が教え子に嘘ついちゃいけな…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
嘘が呼んだ悲劇5
2015/10/19 21:01
2015/10/19 21:01
「んーんっ・・んっ」麻央が何かされてる。焦る私は、麻央を助けに行こうとした時、先輩3と先輩2が女1を連れてはいってきた。女1は涙ぐんでいて服装も乱れた格好でした。「〇〇。こんなとこで、なにしてんの?」と先輩3は不思議そうに言ってきた。私は「女2は?」と言うと「風呂場でダウンしてるよ。それより女1がヤらしてくれるってさ」そう言うと、そのまま女1を押し倒して、首筋にキスしながら、キャミソールのうえから胸を揉み始めた。女1は涙ぐんだ目で「ア・ンイヤっ・・・」と小さな声で抵抗していたが、先輩3が片手で口を塞ぎ、スカートを捲り挿入した。隣りでは「今度は俺と」と同僚が言うと、「や・・やめ」ピチャピチャ「ん…
会社の後輩女が泥酔して介抱してあげたら…【エッチ体験談】
2016/12/27 20:10
2016/12/27 20:10
先週金曜日会社の後輩女がとめたのに焼酎のみまくって居酒屋でゲロ吐いて寝てしまった。

それからカラオケボックスになんとか引っ張って行って二時間してようやく目をさました。
さてとじゃあ解散するかというと、
お礼がしたいからプラプラ歩いて良い店探そうと言われた。 

そうこうしてるうちに胸が俺の二の腕にあたるようにしてきた。

お礼させてほしいから黙ってついてきてといわれてホテルについた。

ホテルについたら半泣きでご迷惑かけてと言われて、一緒にお風呂に入ろうということに
裸みたら真っ白で胸が大きい。

彼女から今日は守ってくれてありがとう。背中ながすねといわれて体洗ってもらった。

それからお風…
【レイプ】レディース脱会の焼入れでキモデブ男に犯された
2017/04/27 14:00
2017/04/27 14:00
以前レディースに所属していたが、万引きや恐喝なども行なうグループであったため、脱会を申し出た。脱会するには、やはり『焼き入れ』という集団暴行を受けることに。 建築途中で中断した、建築事務所のプレハブ小屋に連れていかれた。 現場のロープで手を縛られ、その先は屋根に通し、吊るされる感じで縛られた。8名から竹の棒で叩かれ、スカート、シャツを剥ぎ取られ、股間とかおっぱいを弄られ、下着も剥ぎ取られた。焼き入れ開始の合図でみんながタバコに火をつけ、一服して、ひとりひとりが私の体にタバコの火先を押し当てていった。途中気を失い、失禁していた。 板の間に転がっており、みんなに蹴飛ばされて意…
【痴漢・レイプ】5P、女二人のケツを並べて交代交代で犯す【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/01/14 11:59
2017/01/14 11:59
俺とT美は処女童貞同士。YもR子も未経験。Hさんのみ経験あり。そのうち、俺とT美は無事に性交。T美のスペックは155くらいで胸はD。至って普通で歳相応。R子は150なくて、胸もない。Aカップとからかわれていた。小学生みたい。R子は奥華子を黒髪にした感じwT美は…いきものがかりのボーカルとしておこう。R子はYとHさんの間をいつもフラフラしていた。YとHさんは仲がいい。Yの家が溜まり場で、いつも集まっては飲んでいた。その日は盛り上がって、YとT美が吐いて終了。俺は弱いので先にダウンしていた。HさんとR子が後片付けをしていた頃に覚醒したが、手伝うのは面倒なので寝たふり。しばらくすると、クチュクチュ…
隣家の奥様
2018/03/13 04:21
2018/03/13 04:21
先日、念願のマイホームを新築しました。 嬉しくて毎日家に帰るのが楽しみでなりません。 そんな僕は、31歳、妻は27歳自慢の美人妻です。 引越しも無事に終わり、まずお隣さんへご挨拶へ伺った時の事です。 年の頃30歳半ば位のなんと美しい奥様がご出てきたではありませんか。 こんな綺麗な奥様の隣に引越してこられたなんて、一生の運を使いはたしたなぁと思いました。 出迎えてくれた奥様は身長160cm位スレンダーでしかも胸が見たところEかFカップはあると思います。 それに僕の大好きなタイトスカートを穿いてました。 お尻もプリッとして、なんと言っても声が綺麗。 こんな奥様の喘ぎ声が聞いてみたいと思わず思っ…
フェラ中出しアナル全部処女【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/11/26 07:53
2017/11/26 07:53
私たちのクラスに超ぶりっ子のゆきという子がいました。 同性の私たちが見るとあまりにも分かりやすい可愛い子ぶりっ子なのに、男子には分からないらしく男子には人気がありました。 まぁその分女子からは嫌われていたのですが・・・。 ゆきを煙たがっている女子は少なくなかったのです。 自然と、ゆきを懲らしめる、辱しめる方向で話は進みました。 ゆきは嫌われているとは思ってないし、男子からの視線を気にしてるし、モテたい、人気者になりたいのが見え見えでした。 例えば、男子と話をする時には手を後ろに回して胸を突きだしてゆっくり左右に振りながら話をしたり、お尻を少し突き出した格好で背筋をやや前傾してヒ…
【姉との告白体験談】続美人姉妹丼
2015/12/02 11:53
2015/12/02 11:53
640名前:えっちな18禁さんmailto:sage[2007/07/30(月)11:05:30ID:REijh++wO]義妹とセックスをした後の数日も比較的遅めの帰宅が続いた。 ある夜、台所に行くとあの日と同じパジャマ姿で食器を片付けてる姿・・・。 念のため、「ただいま」と声をかける。 振り向いたのは嫁だった。 安心やら期待外れやら錯誤する思いもあったが、起きてる嫁を見るのは久しぶり。 そばに寄り添い、早く寝なきゃダメだよ。 などと言いつつ、唇を重ねる。 ちょっと・・・・もう、ダメだよ。 少し抵抗するもスルー。 舌を絡ませようとした時、風呂場で物音が。。。さりがお風呂に…
どす黒い欲情と愛する妻ゆかり[前編・第3章]
2017/02/16 05:19
2017/02/16 05:19
一枚のCD-ROMが私の生活を狂わせていました。 Kから送られたCD-ROMを何度、叩き割ろうと思ったことか分かりません。 でも、その気持ちとは逆に、私は毎日、それを見ずにはいられないのでした。 妻がちょっと買い物に出掛けたとき、入浴しているとき、そして妻が眠りについたあと、私はこっそりとそれを見て、自らを慰めるのが日課になってしまったのです。 私にとって、もっとも見るのが辛いシーンは、そしてそれだからこそ、狂おしいほどにどす黒い欲情をかきたてられるのは、CD-ROMに入っている最後のシーンでした。 そのシーンでは、妻は全裸のまま立たされ、両手首に革のベルトをはめられて、天井から鎖で…
★世間は狭いですね・・出会い系で妹の旦那
2016/03/16 16:32
2016/03/16 16:32
 昨夜、出来心で初めて出会い系で男と会ったら、なんと妹の旦那…とりあえず車に乗って説明しようとしたら車はラブホへ…「部屋で話そう」と言われて腕を引っ張られて部屋へ…

 エッチする気なんか全くなかったのに妹の旦那は大きな勘違いをして…断っても「素直になれよ」と言われて…それでも断り続けたら…妹の旦那はムキになって乱暴に…まるでレイプ…泣きながら最後まで逃げようとしたけどムリヤリでアレを入れられて…
 私にとっては五年ぶりのセックス…妹の旦那はデカチンで…イカされて中に出されました…なかなか眠れない…
【不倫】嗅ぐだけで濡れてしまう新人君の甘い体臭[後編]
2017/02/27 22:00
2017/02/27 22:00
季節が冬になった頃、私はS君と福岡まで出張に来ていました。その日は福岡市内のビジネスホテルに泊まり、翌日本社に戻る予定でした。得意の取引先が福岡にあり、大きめの商談を成立させた私達はすっかり浮かれており、深夜、S君の部屋でささやかな祝杯を挙げていました。 「S君はホントに凄いね。たった半年でこんな大きな契約もこなせるようになったんだから」 「いえいえ、だから先輩の教え方がいいんですって」 「もー・・・そんなお世辞ばっかり言っても何も出ないよー」 お酒が入って私も気が緩んでいたのか、シャワーを浴びた後の格好でS君と盛り上がっていました。 「先輩みたいな美人なら、何も出なく…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・彼氏と同棲していたけど浮気してナマナカしちゃいました。。。

・年上のOLさんに体の隅々までスローに舐め回された

・息子の男友達は一人前の男達だった

・【Hな体験】Win95が発売された頃に知り合った女の子[後編]

・【人妻体験談】妻をレイプした息子の同級生を容認し、乱交寝取られSEXをさせていた理由

・「もっと犯して!」と喘ぐ24歳の若妻妊婦

・同級生夫婦の旦那と浮気生活

・隣で母が男に犯されているのを覗いちゃった…

・事故で下半身麻痺になり「未来がない。一生介護していくのが我慢できない」と嫁が出て行った

・憧れの叔母との秘密2

・友人の最後の一突きで妻は痙攣してしまいました・・・

・お洒落なアパレルショップ店員と合コンでオルガスターが大活躍www

・スワッピングの愛好者達に徐々に洗脳された話

・□強気な姉さん女房と友人で脱衣麻雀を始めた結果(転載禁止)

・営業中の女をスーツのまま犯すというシチュエーションに興奮

・人妻上司にラブホでマットプレイを仕込んだ

・ 泊まりに来た友達と、女同士でシックスナインしちゃった

・高嶺の花と運よく結婚したんだが

・妻が教え子に犯された 3

・【人妻体験談】息子に妻を近親相姦させて寝取らせたいド変態でキチガイな夫

・今の妻と結婚する前に付き合った彼女が超エロかった件wwwwwwww

・【熟女体験談】子供の時に祖母と初体験の近親相姦して童貞喪失

・【Hな体験】Win95が発売された頃に知り合った女の子[前編]

・のりぴー似の清楚な中学生をロリコン痴漢たちで争奪戦した

・妊娠した後輩OLが口で抜いてくれた

・女友達をよんで彼氏と3Pしたら、巨根すぎて友達が失神しちゃいました

・同じマンションに住んでいた女を無理やり・・エッチな体験談

・旦那に買ってもらった振袖を着て元カレと中出しエッチ

・カテキョの女子大生が、エロすぎてヤバかったです・・・

・仲悪かった弟に犯されかけたんだけど