寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

都合のいい女・・

2018/01/09 23:27


俺の遊び仲間にKという先輩がいる。
このKくんは人付き合いがよく男からも女からも好かれる感じの人だが女癖が悪い。
本命彼女を含め、常に3人程度のセフレと付き合っている。
ある時、Kくんと飲みながら、俺はセフレどころか彼女さえいない。
と愚痴っていると「じゃあ、1人やるよ」と言い出した。
「K子なんてどう?俺もそろそろ別れたいし、あいつ大人しいからセフレには丁度いいよ」そんなに簡単に口説ければ苦労しないと言うと、「やっちゃえば大丈夫だって。K子はMだからレイプされても感じるから」とバカな冗談と思って聞いていたが、それからもK子について胸が大きいとか、おとなしそうだけどすごくHだとか、フェラが好きでずーっと舐めてるとか聞いているうちに、だんだん興味が沸いてきてK子のことをいろいろ聞いてみた。K子とは飲み会で知り合ってちょっと遊ぶつもりで口説いたそうだ。
顔はいまいちだが、住んでいる所も離れているのでセフレには丁度良かったらしい。
今までも何度か手を切ろうとしたらしいが「今は友人関係を大切にしたいから彼女を作る気はない」と言っても「私たちは友達だよね」と納得するし、「将来のために勉強が忙しくて給料も少なくて遊んだり出来ない」と言うと「仕事の他にバイトして応援する」と言って貢いでくれるそうだ。
今も週に1回程度平日に1時間くらい掛けてやって来てはセックスする関係だそうだ。
結局、月に数回セックスしてやればなんでも言うことを聞いて、遊ぶときは金を出してくれて、家から出たゴミも持って帰ったりする便利な女だそうだ。
俺には、なんとも羨ましいことだがKくんが言うには従順過ぎてちょっと怖い。
K子も30才を過ぎたのでそろそろ別れたい。
先日、部屋で会っていたら本命が来て鬼のようにチャイムを鳴らされてばれそうになり、それ以来自宅で会えないので面倒だ。
なんともバカらしい自分勝手な理由で手を切りたいらしい。
女は他にいるから別れてもいいが貢いでくれる金はちょっと惜しい。
俺とK子が関係を持ったらいざっていうときに別れやすいというのが本心らしい。
俺はお前の方が怖いよと心の中で思った。
K子とは以前、飲み会などで会ったことがあるが、おとなしい感じの女で顔は決して良い方ではない。
俺の印象では、こんなまじめそうなのにバカな男に騙されてかわいそうだなぁと思っていた。
話を聞いているうちにはっきり断らないでいると、「じゃあ決まりね。セッティングしておくから頼むよ」と押し切られた形になってしまった。
冗談だと思ってすっかり忘れていたが、数日後Kくんから電話が来て計画を聞かされた。
俺が振られて落ち込んでいる設定でKくんの家で鍋でもやって元気づけると言って誘った。
その日はK子も泊まって行くからK子を酔わせる、二人とも酔った振りをする、Kくんが潰れる、俺が酔った勢いで犯す。
そんなにうまく行くわけがないと思いながらも、K子の話を思い出し、俺は股間が硬くなっていた。
当日、時間どおりに俺がKくんの家に行くと、すでにK子が来ておりキッチンで準備をしていた。
さっと振り向き「こんばんは」と眼鏡を掛けたK子が笑顔を見せる。
普段はコンタクトだが今日は泊まりなので眼鏡なのだろう。
不思議と少しかわいく見えた。
部屋の奥でにやついているKくんの視線に気づき慌てて部屋にあがった。
「準備OK?」とKくんが小声で聞く。
「やっぱ無理でしょ」「えー!大丈夫だって」そんな会話の中、K子がコンロを持って来たので話しを中断し、Kくんが「なんか手伝うよ」と言って二人でキッチンに行った。
対面キッチンの向こうで楽しそうに話す二人を見て俺は心を決めた。
食事が始まり俺は振られた設定で「今日はとことん飲もう」と盛り上げる。
Kくんも妙にはじけた感じでよく話しだす。
ここで計画どおり準備していた冷酒を各種、披露し説明する。
俺は酒好きで少し詳しい。
Kくんは酒が強い方ではないが慎重派で滅多に酔わない。
K子の強さは不明だったが以前K子が冷酒ならたまに飲んでいたと言う話を聞いていて準備していた。
話を盛り上げながら、飲み比べと言って次々に飲ませる。
Kくんは控えきみだったがK子に進めるため無理に飲ました。
次第にKくんが酔ってくるのがよく分かる。
K子もだんだん酔って来たのか体勢が崩れ始める。
俺も酔った振りをしてさらに酒を進める。
しばらくするとKくんは限界らしくあくびを繰り返し、K子もにこにこしているが焦点が定まっていないようになってきた。
「ちょっと、酔ったみたい。横になっていいっすか?」と俺が言うと待っていたようにKくんが「ああ、いいよ。みんなちょっと横になろ」と言った。
K子が片付けを気にしていたが危ないから後でいいよと言ってみんなで横になった。
横になってすぐKくんの寝息が聞こえてきた。
30分ほどしてK子も規則的に寝息を立てている。
俺はそっと起き上がりテーブルの上を片付けてKくんに近づき揺すったり声をかけたが起きる気配はない。
K子も揺すって見たが起きる気配はない。
暴れられるとと困るので俺は完全に脱がして、騒げばK子が恥ずかしい状態にしてから犯すことにした。
携帯をビデオモードに準備して横向きに寝ているK子の後ろに静かに横になった。
俺はすでに痛いくらい勃起している股間をK子のお尻に押しつける。
柔らかいお尻と割れ目の感触がはっきりわかる。
起きる気配がないことを確認し手をお腹に回す。
ゆっくりと上にずらしながら胸にたどり着き、Tシャツごしの胸の膨らみを確認する。
確かにデカイ。
緊張と興奮で手が震え心臓がバクバクとなるのを抑えきれず、いったん体を離し冷静に周囲を確認した。
Kくんは相変わらず寝息を立てて、時折いびきがまじるほど完全に寝ている。
K子も自分の体が触られていることは全く気づいていないようだ。
K子の顔を近くからのぞき込む。
やはり近くでみるほど改めてかわいくないことを認識し冷静さを取り戻す。
こたつの中に手を入れゆっくりスカートをまくるとピンクのパンツを確認した。
柔らかいお尻を撫でてから手を掛けゆっくりをとずらしていく。
お尻が半分くらいまで出たところで腰に手を入れて少し浮かせパンツを一気に脱がした。
スカートを戻し少し様子を見るがピクリとも動かない。
ここで携帯をこたつの中で録画にし、再度スカートをまくり上げる。
真っ白なお尻が携帯画面に映し出される。
ゆっくりと下から撮影すると閉じた割れ目と陰毛が現れて我慢が出来なくなり顔を近づける。
おしっこと女の混じった臭いがする。
今すぐに挿入したいところをぐっと我慢し次に胸に取りかかる。
Tシャツの上から静かにホックを外しゆっくりとTシャツとブラをずらし、遂に少し茶色がかった大きめの乳首が露出した。
ここで再度、携帯を取り出しK子の顔から胸、Kくんの顔、2人のツーショットを撮影する。
K子のだらしない姿を見ながら少し同情心が沸いてくるが、俺の股間は収まる様子はない。
いきり立つチ○ポを取り出し唾でヌルヌルにしK子の背後にそっと近づきお尻に当てて、しっかりとK子を抱きかかえ、片手で乳首をいじりながらもう片方の手に唾を付けマ○コを擦り出す。
少しすると一定だったK子の寝息が荒くなり始め、時折「んぅっ」とあまい声を出すが未だ起きない。
さらに指をマ○コ入れると「あはぁぁん、だめぇー」と小さく言って手を添えてくる。
まだ状況が分かっていない、Kくんだと思っているようだ。
ここで一気にティンポを挿入する。
「あぁぁぁっ、はぁぁん」と快感の声を出す。
一瞬の沈黙の後「ひっ、なに?なに?」ここでやっと目覚めて状況を把握したようで必死で腰を話そうと暴れ出す。
「ちょっとまって、やめて!」俺は体と腰をしっかり掴みチ○ポが抜けないようにし耳元で「ごめん。すぐ済むから」と言って胸を揉みながら腰を動かす。
Tシャツを戻しながらさらに抵抗するので胸を強く掴み「あんまり暴れるとKくん起きちゃうよ、いいのこんな格好見られても」抵抗が弱まる。
腰を動かしながら「ちょっとだけ我慢してて」と言うと「お願い。やめて」と繰り返す。
K子の手を掴み力ずくでKくんの方に伸ばすと「いやっ、」と手を戻そうとするので「じっとしてないと起こしちゃうよ」と言うと完全に抵抗しなくなった。
K子の顔をのぞき込むと、きつく睨んでくるが腰を動かすと泣きそうな顔になり、目をつぶり感じているようだ。
その隙にキスをすると堅く唇を閉じるのでクリトリスを強く刺激すると耐えきれず「はぁぁ」と口を開けた。
舌をねじ込んでK子の舌を弄ぶ。
舌は絡ませないものの、完全に抵抗はなくなり口も閉じようとはせず俺の唾液を受け入れている。
こたつの中では腰を動かす度に「ぬちゃ、ぬちゃ」と音がする。
力の抜けた所でさらにTシャツから腕を抜き一気に首から外すと、「いやぁ」と少し抵抗したが力が入らないのかあっさりと上半身裸となった。
露わになった乳首はしっかり堅くなっておりこの状況でもかなり感じているようだった。
K子はMだと言っていたことを思いだして本当にMなのか試すことにした。
ちょっと危険な気もしたが仮にKくんが起きたとしても俺は頼まれてやっているし、逆ギレしても、Kくんは華奢なのでケンカになれば負けることはない。
ここで「暴れたらどうなるか分かるよね」と言ってチ○ポを抜きK子のスカートを脱がし全裸にした。
俺も全裸になってK子の両脇に手を入れ、こたつから出るように促すと無言で首を横に振るので、陰毛を掴み強く引っ張り「出ろよ」と命令した。
K子は「いっ!」と口を手で抑えゆっくりと頷いた。
こたつから出たK子を立たせてじっく…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
露天風呂で
2015/11/27 12:01
2015/11/27 12:01
はじめまして、りおなと申します♪ 数年前に起きた話で、何度も思い出してはオナニーしています。中学時代から露出にハマリはじめて、ノーパンノーブラで走ってわざとおっぱい揺らしたりして、皆が見てるのを楽しんでは家帰ってソッコーオナニーが日課になりつつありましたッッ(´艸)露出にハマったきっかけは温泉!ある日、深夜までやってる近くの天然温泉にひとりで行ってきました!もう何回も利用しているところなので慣れっこです(`・ω・´)そしてラッキーなことに私以外に客ゎいませんでした! うれしくってうずうずしちゃって・・・露天風呂でオナニー! 濡れた体でちょっと空気が冷たかったけど月がキレイでうっとりしながらおま…
自慢のデカチンで淫乱OLたちをハメまくる
2015/09/23 23:00
2015/09/23 23:00
嫌味に思えるかもしれませんが、俺のチンコはデカチンです。 小学生の頃から大きくて、一時はそれがコンプレックスでした。 初めてクラスメイトに曝け出したのは林間学校でのお風呂。  毛は生えていませんでしたが、見れば即分かるほど大きさが違っていました。 それをみんなにはやし立てられ、終いには担任までもが「デカいな」と笑う始末。 クラスの女の子にまで言いふらすヤツがいて、それからずっとコンプレックスになりました。 中学の時もデカいで有名になり、しょっちゅうカラかわれていました。 高校生になり初めて彼女ができた時も、相手が処女だったから入りません。 痛がっちゃって亀頭すら入れ…
寮生活
2016/12/29 01:05
2016/12/29 01:05
当時、女子寮にいたツヤ子さんは23か24でまさにセックスしたくてたまらない盛りだったんだと思います。僕も30を目前にしていたものの週に2、3回は精液を抜いておかないと落ち着かない状態で男子寮に戻ると週刊誌のグラビアを見て興奮を高めて射精を行いました。  管理人が女子寮の方にいた関係で食事は朝夕女子寮の食堂に食べに行っていたので、時間帯によってはツヤ子さんと一緒になることがあり、他愛もない世間話をしていました。 ある日、夕食がとても簡素なことがあってたまたまツヤ子さんと二人っきりで食べたとき、これじゃあ足りないから近くの焼き肉屋に行こうということで意見が合い、ビールや日本酒を飲みながらたらふく食…
【痴漢・レイプ】映画館でjkに挿入【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/06/30 10:37
2017/06/30 10:37
先週の週末、女性に大人気の某映画を見に行きました。 夏休みで週末の昼間ということもあり、館内は超満員の状態でした。 私は暇つぶしと会社での話題にでもなるかな?程度の気持ちで入ったんですが、気が付けば後ろで立ち見をするはめになっていました。 映画は既に始まっていたんですが、私の後にも入ってくる人がいて、ぎゅうぎゅう詰めの状態で少々前に押されるような状況になっていました。 映画館の後ろにある立ち見ゾーンというのは、一番前にパイプが付いてるんですね。私はそのパイプに腕を掛けて、前傾姿勢になって見ている女の子の後ろに付くようなことになっていました。 女の子は両側に友人がいるらしく、時折話しをしていま…
露出するHなモロ見え水着で、プールにいったら羞恥心でマン汁出るHな妻
2016/01/05 00:08
2016/01/05 00:08
夫のHな悪戯に困っています

相変わらず、
妻の私に色々な格好、コスプレをさせて
夫は楽しんでいます。

結局、夫の友人(山口さん伊沢さん)は
お正月に来る事はありませんでした。

しかし、春ももう直ぐと言う時、夫は友人達と飲みに出かけたんです

夫が帰宅したのは、夜11時を過ぎていました。

ソファーに座り、酔い冷ましの水を飲んでいる時です。
「今度、プールにでも行こうか?」

「何!急に」
「山口がさぁ、無料チケット貰ったから一緒に行こうって誘って来たんだ」
「まだ寒いでしょ」

「温水プールだし、室内も夏並みに暑いらしいぞ」

「福○の・・」
「あ~そうだよ。いいだ…
彼女の友達に協力してもらって自分の彼女を他の男に抱かせた話
2016/01/26 06:30
2016/01/26 06:30
彼女の友達に協力してもらって自分の彼女を他の男に抱かせた話 自分は浩二27歳で、付き合って1年になる彼女がいます。名前は直緒、自分と同い年です。 身長は160ちょっとあって胸やお尻が大きくて良いスタイルをしていました。 自分は自分の彼女が他の男性に抱かれるのを想像すると興奮してしまう 寝取られ好きの性癖を持っています。 付き合って少し経って彼女にそのことを伝えると、 不思議がっていましたが嫌悪感は持っている感じではありませんでした。 ある日、直緒の友達のるり子というコと街で偶然会いました。 自分に話したいことがあるから今晩電話してと言われ訳も分からずその夜に電話を掛けました。 「もしもし…
元同僚のEカップ巨乳の淫乱人妻との不倫エッチ体験談
2016/12/29 12:31
2016/12/29 12:31
先月、2人の人妻と別れて暇を持て余していた。
先週の金曜日に仕事の帰りに会社の後輩と後輩の彼女と3人で近くの居酒屋に飲みに行った。
1時間くらい飲んで後輩とその彼女が帰っていった。
僕は、少し飲み足りなかったので、もう暫く飲んで帰ることにした。

少しして僕は肩をたたかれた。振り返るとそこには5年前に寿退社したMちゃんが立っていた。

「○○くん、久しぶり」
「あっ、Mちゃん、久しぶりだね。どうしたのこんな所で?」
「うん、友達と飲みに来てるの」

彼女の指差す方には3人の女の人が僕達の方を見ていた。
僕は彼女達に軽く会釈をした。
Mちゃんは「ねぇ、良かったら一緒に飲まない?」と言って来た。
自分の彼女が蹂躙されて人間便器になっていた
2017/05/30 19:30
2017/05/30 19:30
今から5年程前、私は可愛い彼女と別れた。当時、私は22歳でまだ駆け出しの社会人でした。大学の時に知り合ったか彼女(里香/20歳)と付き合っていました。大学でも結構モテていた彼女だったが、サークルで一緒になり意気投合し付き合う事になったのだ。付き合いだして半年、私は就職も決まり車を購入し初めてのデート。ちょっと無理をして海沿いのコテージを予約した。海が目の前に広がる綺麗なコテージ。全ての部屋には露天風呂(小さいが)があり、自由に入る事が出来た。私達も、部屋に入ると直ぐに風呂に入った。風呂から上がり、夕食を済ませると砂浜を散歩していた。気持ちも盛り上がり、人目を気にする事無くキスをしていた。(たぶ…
★宅飲みして彼女を間違えて挿入した
2017/01/27 21:00
2017/01/27 21:00
 以前俺の部屋で宅飲みした時の話。メンバーは俺、彼女の安奈、友人の涼一、その彼女の愛香ちゃん。ビールやシャンパンを浴びるように飲んだ俺らはいつの間にか眠り込んでしまった。何時くらいだろうか、夜中に気が付いた時には部屋が真っ暗になっていた。ベットで横になっている俺の前に彼女の安奈が寝ている。

 薄暗くてよく分からないが、床には友人達が寝ているようだ。朝方だったからなのか、朝勃ちみたいに股間がムズムズする。彼女の甘い香りにずっと刺激されていたからかもしれない。とにかく急に発情してしまった俺は、友人達に気付かれないように、寝ている彼女にちょっかいを出し始めた。
 こいつもすっかり酔っ払って寝て…
【レイプ・痴漢】【レイプ体験談】うなぎ責め2
2017/02/27 10:39
2017/02/27 10:39
2004/10/07 08:22┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者 吉原に軒を連ねる多くの遊郭の中では、中堅格とされている見世の一つに榊屋がある。比較的若い見世なのだが、今の女将の手腕によって急成長をとげて今ではそこそこ名が通っている。 さて、榊屋も遊郭である以上、遊女たちの仕置き用の部屋がある。足抜けを図る遊女たちは、今も昔も後をたたないのだ。成功するはずもないと、充分に知っているはずなのに、である。 それでも、大抵の人間は一度失敗すればそれに懲りて二度と足抜けを試みたりはしない。だから、普通であれば仕置き部屋の常連、などというものは存在しないはずなのだが……榊屋には、それが…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【浮気】小悪魔な元カノに翻弄されて人生初の中出し[中編]

・極上の獲物

・ブルセラショップで下着を売っていた私と、キモいおっさんの話2

・職場の後輩にカラオケで襲われてエッチしちゃいましたwww

・病院でギャル系巨乳看護師さんとの最高の大晦日

・2ヶ月ほど前の事です。

・20歳年下の彼と出会って女の悦びを知ってから…【人妻体験談】

・職場の忘年会で後輩とエッチしたのですが・・・

・❤叔父とのセックスには充実しています

・【浮気】小悪魔な元カノに翻弄されて人生初の中出し[前編]

・お姉ちゃんがシテあげるね

・【画像】JDのあたし将がJKコスプレしてみた結果♡♡♡

・山岳スキー部合宿の思い出

・妻を寝取らせることにしたら【人妻・寝取られ体験談】

・【近親相姦体験告白】母にペニバンで犯してもらった

・【熟女体験談】大学を卒業しても童貞だった俺は新米社員の時に営業先の超熟女社員に逆ナンパされて筆下ろしされた

・人妻になった同級生に中出し【人妻体験談】

・【驚愕】今日出会い系の女と初対面でセoクスしたが、やっぱり女ってクズだなぁ・・・・

・❤義兄と2人での留守番はドキドキ

・30代人妻^ ^

・好色淫熟妻・眞澄(Age51)?1

・人生最高エッチで最悪な体験談

・ナンパ師な俺が高齢処女のバージンを喪失させたったwww

・大人のブルマっていやらしいねw【体験談】

・職場でするのが大好きなOLさん

・“脳イキ”できる美人な奥様を“腹部責め”で攻略

・真面目なレギュラー達は、練習後に不真面目に乱交してました

・大学の吹奏楽部で浮気しまくり

・33歳バツイチのいとことのセックスを、覗いていたいとこの娘に…

・【寝取られ】NTR属性が開花した彼女の願望を叶えてやった