寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

嫁にスイートテンダイヤモンドの代わりに若い男を贈った

2018/01/09 22:00


私、大木祐一36歳、妻、愛34歳、今年でちょうど結婚10年目。
この年を期にこの間妻にプレゼントをした。それは物ではなく、若い男性。
妻と知り合ったのは職場。私は大学を卒業して旅行代理店に入った。
そして後から入ってきたのが妻の愛だった。妻は研修後、私と同じ職場に配属になり、職場の受付カウンターに座り、お客様に商品の説明、問い合わせに笑顔で接していた。



そんな笑顔の素敵な妻を食事や映画に誘い、交際のすえ結婚した。
結婚して10年、私と愛にはいろいろなことがあった。愛はまだ仕事がしたそうだったが、私が専業主婦になることを望み、愛は従ってくれた。新婚の頃は愛がいる家に早く帰りたくてたまらなかった。仕事柄夜は遅く、それでも妻は食事をせずに待っていてくれた。
しかし、そんな日が長く続かなかった。結婚をして1年がたった頃、私が交通事故を起こしてしまったのだ。結果、私は右足を切断、左足が腰を強く打ったため麻痺し、車椅子生活になったのだ。
そして、その後遺症は男性自身にまで及び、妻を抱くことも出来なくなった。
医者は「腰を強く打っているので回復するかわからない。左足の麻痺から見て困難だろう」といった。私は妻に離婚を提案した。
しかし妻は、「なに言っているの、これからも二人でがんばろう。あなたが退院するまでに車椅子でも動けるように家を改造しているの。」と言ってくれた。
私はリハビリや車椅子の練習にがんばり退院した。そして、今までの経験を生かし、車椅子でも出来る仕事、トラベルプランナーを立ち上げた。これだったら、家に居ながら電話とパソコンで出来るのである。
でも、ひとつ気になるのが妻の愛のことだった。いつだったか、妻は知らないが偶然に妻のオナニーを見てしまった。今まで自分のことばかり考えてきて、妻のことは家政婦のようにしか思ってみなかった。妻も立派な女なんだ。そう考えると、どうしていいかわからなかった。
自分の男性自身を触っても、感覚はあるが硬くなる様子はまったくなかった。
これでは妻を満足させられない。そこで私は今年結婚10年を期に、妻に若い男性をプレゼントすることを思いついた。
期間は1ヶ月、この家に一緒に住んでもらい10年前のように、愛と新婚生活をしてもらうのだ。
当然のごとく、妻は猛反対し、一時は口も聞いてくれなかった。しかし、私は熱心に説得した。
「ひょっとしたら、刺激で俺の物も治るかもしれない。」などと、うそも言ってみた。
そして、妻がやっとOKをしてくれた。私はサイトで若い独身男性を探した。
応募はたくさんあったがみんな興味本位で、なかには「1ヶ月と言わず、ずっと抱いてやってもいいぞ」と言う既婚者もいた。
そのなかで私がピンと来た男性がいた。彼の名前は、立山賢治22歳、ここから1時間ほどのところに一人で住んでいる自動車修理工の男性だった。


私は彼に会い、妻にも彼のことを話した。
妻は納得まではいかなかったが、了承してくれた。そして彼が私の家に来る日、私は妻に彼を紹介した。
「これから1ヶ月間彼にこの家で住んでもらうことにした。そして彼は今日から愛の旦那さん、愛と賢治君は新婚夫婦になったんだ。二人で仲良くやって欲しい。」
私がそういって紹介をしても愛は黙って下を向き、賢治君も黙ったままだった。
そこで私は「もう二人は夫婦なんだから、最初の挨拶として私の前でキスをしてくれないかな。」
と、言ってみた。すると愛が私の顔を見て、「そんなことまだ後でいいじゃない。」と鳴きそうな声で言った。
「いいやだめだ、もう私と愛は夫婦じゃない、これから1ヶ月は賢治君と夫婦なんだ。愛は賢治君を会社に送り出し、賢治君の服を洗い、賢治君の食事を作り、そして賢治君と一緒に寝るんだ。」
「賢治君は愛のために一生懸命働いてもらいたい。いいな。」「はい」
「それから、二人の新婚生活をこの家の2階でしてもらう。2階には2部屋ある、私は車椅子だから2階には上がれないから遠慮しなくてもいい。それと愛、あとで愛の布団を2階に運ぶんだ、いいな。それからもう愛を名前で呼ばない。賢治君の奥さんになったんだから私も奥さんって呼ばせてもらうよ。私はこの家の居候だから。分かったね。さあ、キスを見せてくれ。」
愛はうつむき涙を流していました。そして賢治君が横からそっと愛にキスをしたんです。
愛と結婚して10年、愛が初めて私以外の男性とキスをした瞬間でした。
夕食の後も愛は黙ったまま淡々と家事をこなし、私は1階の部屋で仕事をしていました。
そして賢治君が「奥さんの、いや、愛さんの布団2階にもっていっていいですか。」と聞いてきた。「ああ、よろしく頼むよ。」私はそう言うのがやっとだった。
私がお風呂に入り、賢治君、愛の順番で風呂にはいった。私はその後部屋で仕事をし、賢治君は2階に上がったままだった。そして愛もさすがに家事もなくなったようで、私に黙って2階の上がっていった。この1ヶ月間、ほかの奥さんなんだから私に断ることはないと分かっているが、、
それから1時間経ち、2時間経ち、2階からは何の声や音もしなかった。今頃愛は賢治君に抱かれているんだろうか。愛は賢治君を受け入れているんだろうか。私の胸にだんだんと嫉妬心が沸いてきた。こんなことをしない方が良かったんだろうか。愛はちゃんと私のところに戻ってきてくれるんだろうか。私の頭にいくつもの疑問がわいた。


いつ寝たのかわからないが、起きたら10時を回っていた。愛はいつものように洗濯をしていた。いつもならラジオの音楽を聴きながら鼻歌を歌っているのだが、今日は淡々と家事をこなしている。昨日はどうしたんだろ。やけに静かだったが、、
「おはよう愛、もう賢治君は仕事に行った。?新婚初夜はどうだった。久しぶりだったんで、よかっただろう。」
私は作り笑顔で、愛に挨拶をした。
「おはよう。」愛は私を見、それだけを言ってまた洗濯に取り掛かった。
愛がベランダの洗濯物を干し、2階の掃除をしている。いつもはめったに使わない2階の部屋を丹念に掃除機をかけ、雑巾掛けまでしている。ふとベランダを見ると、賢治君のTシャツやパンツ、作業服が愛の洋服の横に干してある。私はそれを見ただけで、胸が痛くなり、嫉妬心が湧いてきた。夕方、賢治君が帰ってきた。
「お帰り、賢治君。」
「ただいま、大木さん。ただいま愛さん。ハイこれ、お弁当箱、とてもおいしかったよ。」
賢治君はそう言って2階に上がっていった。愛は健二君に弁当まで作っていた。
私一人取り残されているように思えた。
そんな日が2日続き、3日続き、そして5日が過ぎた。賢治君がどこまで理解しているのか、それでも私とだんだん話すようになった。
「へえ~、こんないいところがあるんですか。僕も行ってみたいな。」
「ここはね、ここの空港からこう行って、すぐのところにあるんだ。」
「へえ~、大木さんってすごいですね、昔はよく行ったんですか。」
「いいや、カタログや資料をよく頭の中に叩き込んでいて、いつでも説明できるようにしているんだよ。」「へえ~、やっぱりすごいや。」
そして6日目の昼、賢治君はいつものように仕事に行っていた。
「どうだ、愛、新婚生活は、賢治君もだんだん慣れて来たみたいだし、可愛がってもらっているのか。」私はまるで娘を嫁がせた父親のようだった。
「実は彼ね。ここに来てから一度も私を抱いていないの。最初の夜から寝る部屋が別々で、まだ手も握ってないわ。」
「えっ、どうして。」私はびっくりした。今日で6日目、なのに何もしていないなんて、、
「彼ね、『ご主人はああ言っているけれど、愛さんが嫌だったらいくらセックスレスでも他の男性に抱かれることないよ。こんなこと若い僕が言うのはなんだけど、これは二人の運命なんだ。
愛さんは大木さんを愛している、大木さんも愛さんを愛している。それは僕もわかるんだ。
だから、大木さんは愛さんを僕に託したと思うんだ。だから愛さんがその気になってくれるまで僕は待つよ。1ヶ月過ぎても愛さんがその気にならなかったら、そのときは僕もあきらめて帰るから。』って、言ったの」
「そうか、賢治君はそこまで、、、賢治君の言うとおり、僕は愛を嫌いになったわけじゃない。
今でも愛している。だから、賢治君のようないい人に愛を抱いてもらいたいんだ。愛は僕の妻だけじゃなく僕の女なんだ。だから化粧もしてもらいたい、いい服も着てもらいたい、いい女になっていつまでもきれいでいてもらいたい、だから賢治くんに託したんだ。」
「あなた、本当にいいの、私賢治さんに抱かれても。嫌いにならない。」
「ああ、いいよ、今までの分思いっきり抱かれておいで。そしてきれいになって帰ってきてくれ。僕が贈った結婚10周年のプレゼントを受け取らないやつは嫌いになるぞ。」
「あなた、、、」愛は笑顔で泣いていた。愛の笑顔は久しぶりだった。
お昼過ぎ愛は夕食の買い物に行って帰ってきた。
「今日の夕食は何。」
「今日はだんな様の大好きなハンバーグ。」
「えっ、俺、そんなものいつ好きって言ったっけ。」
「これはあなたよりも14歳若い私のだんな様の大好きなものです。」
「なんだ賢治君の好物か。これはなに?」私は食料の袋の横に置いてあった紙包みを開けた。
「あっ、それはだめ、、、」
愛が私の手から取る前に私はそれを見てしまった。そこには
[ 超うす 0,02mm コンドーム ]と、書いてあった。


その夜、賢治君は私と旅行の話をし、いつものように2階へ上がっていった。
愛も家事を済ませ、お風呂に入るとそそくさと上がった。
私が見つけたコンドームは、愛が顔を真っ赤にして私から奪い取り、…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
義妹とのセックスを義母に見られて・・・
2017/03/22 16:49
2017/03/22 16:49
俺は35歳。 15歳も年下の妻とデキ婚になったせいで、8つ年上の義母を持つ羽目になった。 妻が高校生の時に父親が病気で他界し、それ以来母親と2つ下の妹との3人暮らしだったという。 幸いにも父親が入っていた保険などのおかげで、生活の不自由はなく暮らしていた。 元々俺に結婚願望はなく、蓄えもあまりなかったので籍だけ入れ、女ばかりのその家に転がり込んで妻とその家族との生活が始まった。 結婚願望がなかったとは言え、好きでもない女と寝たわけではない。 むしろ15も年下の小娘が俺とそういう関係になるとは思ってもいなかったので、愚息が中に入った時、あまりの興奮と快感で暴発してしまい、それが見事に…
妻が亡くなった後、性処理は妻の母親にしてもらってました
2017/02/11 17:00
2017/02/11 17:00
先日、妻の49日の法要を無事に済ませました。
「妻」と書きましたが、「妻」は亡くなった(本来の)妻の母親で、戸籍の上では「義母」でした。そういえば「義母」が「妻」に代わった日も(本来の妻の)四十九日の法要の日だったなぁと思い出しましたので、思い出話を書いてみます。
今から25年前、僕が25歳の時に5歳年下(20歳)の(本来の)妻と結婚しました。


その時点で僕の両親はすでに他界しており比較的自由な立場だったのに対し、妻は一人娘だったため、妻の実家で同居することになました。

いわゆる「マスオさん(僕自身は婿養子になっても良かったのですが、妻が「僕の姓になりたい」と…
息子が
2017/11/14 07:19
2017/11/14 07:19
夫が単身赴任してから息子が学校をさぼるようになりました。 始めは厳しく注意しましたがだんだん反抗するようになり暴力もふるうようになりました。母親の私をお前と呼びすべて命令口調です。 夫に話し注意してもらったらよけいにダメでした。 息子は「なぜ告げ口したか」と言って怒鳴り私を突き倒しました。 うつ伏せになった私の腰のあたりを跨いで息子が座りました。私は苦しくてたまりませんでした。息子に「告げ口してごめんなさい」と回言わされました。息子は「罰だ」と言ってスカートをめくり私のお尻を叩き始めました。息子に座られたままで動くことは出来ませんでした。「小さいとき俺もお前に叩かれたか らおあいこだ」と言って…
スケベなお嫁さんなの・・・
2017/07/04 20:01
2017/07/04 20:01
私は今52歳の弘樹といいます。実は昨年に妻を病気で亡くし、広い家に1人で住んでいます。そして、このたびの1周忌で、息子夫婦が帰省してきたのです。息子(弘之)は30歳で、会社で新しいプロジェクトのメンバーに入っているらしく、最近は忙しく、毎日帰りが遅いらしいのです。

息子の嫁(沙希)は23歳、実は高校卒業し、私の会社に入社してきたのですが、私が沙希さんのことが気に入って、それとなく息子に沙希さんとの結婚を勧め、2年前に無事結婚の運びとなったのです。あくまでも、沙希さんとは、仕事上の関係であり、男女の関係は一切ありませんでした。でも私の沙希さんに対する好意(男女関係を期待するような)を沙…
【兄嫁とのエッチ体験談】兄嫁のアソコは別の生き物なのだ・・・
2016/05/23 09:00
2016/05/23 09:00
初体験は高校3年(18)の夏、7つ年上の兄嫁(25)と。 家では兄夫婦と俺と両親で暮らしていた。 ある日、兄嫁と俺だけの夕方。 「彼女いないの?」 「うん」 「興味あるでしょ?」 という会話。 なんかむずむずして、テーブルで編み物をしていた兄嫁の後ろに行き「触っていい?」 と聞いた。 「えっ、どうしたの?」 と兄嫁は言ったが拒否しなかった。 そのまま後ろから胸を揉んだ。 「大きい」 とつぶやくと、「大きいよ。 でも、下は駄目よ。 大変なことになるから」 と言われ、胸だけ揉んで終わった。 「兄貴に言わないでね」 と言うと、「言うわけないでしょ」 と優しく笑…
私はずっと・・・息子のもの
2017/02/18 11:19
2017/02/18 11:19
私も息子と関係するようになって2年になります。 3年前、念願だった郊外の一軒家を購入して、主人と息子の三人で平凡な主婦として暮らしていました。 ところが、その夏、主人が勤務先で事故に遭い、病院に担ぎ込まれて何度も手術を受けましたが、結局、意識が回復しないまま半年後に他界してしまいました。 私は大した貯えも無かったので、主人を亡くして途方に暮れました。 そんなとき、主人の会社の上司だったAさんが、少しでも役に立てばと、私に「家政婦として来てくれませんか」と声を掛けてくれました。 Aさんは数年前に奥さんを亡くして、一人で大きなお屋敷に住んでいるので、少し躊躇しましたが、本当に収入が欲しか…
【姉との告白体験談】義姉の口に発射  
2015/10/08 03:28
2015/10/08 03:28
H体験談。。 去年の秋の事なんですが、義理の姉(妻の姉)との出来事。 週末の夜で、珍しく妻の方から一緒に風呂へ入る誘いが有り、入浴後、私の好きなSEXYなランジェリーを身にまとい、ベッドに腰掛け、いよいよという時に妻の携帯が鳴りました。 着メロから義理の姉からと分かり、時間も時間(1時過ぎ)なので妻が仕方なく電話に出ました。用件はスナックで飲んでいて、知らないおっさんに絡まれて警察沙汰になったとのこと。 おっさんの方に非は有るのですが、灰皿でおっさんを殴った為、身元引き受けで迎えに来て欲しいとの用件でした。 続きの前に家庭の状況を説明しておきます。私(31歳)、妻(2…
個人授業?
2017/09/01 00:19
2017/09/01 00:19
小学校年生の初夏。算数が苦手だった私。休日に勉強を担任の先生の自宅 で教えてくれると言うので日曜日に先生の自宅に行きました。 自宅に入ると先生の奥さんもいなく先生と二人きり。最初は向かい合って勉 強を教えてくれていたのですが、徐々に横に座りなさいと言われ、その後先生 の膝の上に座れと言われました。抵抗も出来ず先生の膝に座り勉強を続けてい ると、私の胸を触り始めたのです…。最初は偶然ぶつかったのかなと、思っ たのですが、胸をまた触ってきました。抵抗も出来ずにいると今度は胸を揉み 始め…胸を揉みながら乳首を刺激し始めてきました。怖くて…動けない私。先 生の息が荒くなり、洋服をめくり上げ直接胸を触り…
隣から聞こえてきた喘ぎ声のおかげでOLちゃんと制服姿でバック攻めw
2016/01/11 20:30
2016/01/11 20:30


昔、不動産屋に勤めていたんだけど、


案の定友達から良いアパートやマンションの賃貸探してくれない?って


お願いされるんだよね。




それで、ある時に、


高校時代の同級生だったかおりって言う女友達がいて


社会人になってから親元離れたい!


でもあんまり予算が無いから安くて良いところ紹介してくれない?って


まぁホントに予算が「それなり」だったから、


やっぱり「それなり」の物件に。




小奇麗なんだけど知る人ぞ知る壁の薄い賃貸マンション。




もちろん最初に「壁ちょと薄いからな。
【熟女体験談】義姉の身も心も俺のものになるまで…
2015/09/13 18:02
2015/09/13 18:02
2015/09/13 (Sun) 僕と兄は、ひとまわりの12歳年が離れている

僕が14歳の時に兄とは2つ違いに24歳の人と結婚することになった。


入社が同期で短卒の人で非常に綺麗でモデル並み。


やはり兄の会社で受付をしていたらしい。


会社で同じテニス同好会に所属し同期ということもあり仲良くなったらしい。


兄は、容姿もそこそこいいし、一流大学を卒業しているから将来的にも出世コースを進むと思われるし、それがあの綺麗な美貴さんを射止めた原因だろう。


最初は同居することになった。


我が家は結構裕福で家も大きいし、兄も5年目で海外への出張も多い為兄嫁も安心だし寂しくないと賛…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・年上新入社員の麻美

・ロリコン

・男2女1で酒の勢いで3Pした

・痴漢じゃないです~

・従姉(33)のセックスを見せてもらった話

・ツーショットで卒業間近のJKと

・【人妻体験談】ヤリマンビッチで馬鹿な母乳幼妻と出会い系で知り合い中出しフィニッシュ

・秋祭り

・小料理屋の女将と関わったアレコレな話

・【レイプ】学校一の美少女を眠らせて縛って

・某サイトに割り切りで募集をした体験談

・色黒で爆乳、男勝りの勝気な幼馴染 小学生編(再補足と再修正)

・射精で暴れるおちんちんを口に収めておくのが大変・・・

・飲み会でお持ち帰りしたら同僚の彼女って打ち明けられ仰天した話2

・【SM・調教】終わらない絶頂地獄

・色黒で爆乳、男勝りの勝気な幼馴染 小学生編(補足と修正)

・飲み会でお持ち帰りしたら僚の彼女って打ち明けられ仰天した話1

・40歳のヌード

・【Hな体験】防音の放送室に呼び出されて[後編]

・【人妻体験談】息子の同級生に調教されて雌犬奴隷になった下品な母

・【熟女体験談】同級生の家に性奴隷家政婦として働いていた母に目隠しして近親相姦SEXをした息子

・大塚愛似のかなり可愛い女友達

・超美人のOLを鬼のように口説いて中出しさせてもらった

・男のオモチャの様に扱われた日々

・36歳の巨乳処女OL(再々修正版)

・【Hな体験】防音の放送室に呼び出されて[前編]

・酒を利用して寝取った

・【SM・調教】女子校育ちの処女を俺好みに育成

・泥酔女の話しを一つ

・嫁を寝取っていたのは俺だった?終り