寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

嫁にスイートテンダイヤモンドの代わりに若い男を贈った

2018/01/09 22:00


私、大木祐一36歳、妻、愛34歳、今年でちょうど結婚10年目。
この年を期にこの間妻にプレゼントをした。それは物ではなく、若い男性。
妻と知り合ったのは職場。私は大学を卒業して旅行代理店に入った。
そして後から入ってきたのが妻の愛だった。妻は研修後、私と同じ職場に配属になり、職場の受付カウンターに座り、お客様に商品の説明、問い合わせに笑顔で接していた。



そんな笑顔の素敵な妻を食事や映画に誘い、交際のすえ結婚した。
結婚して10年、私と愛にはいろいろなことがあった。愛はまだ仕事がしたそうだったが、私が専業主婦になることを望み、愛は従ってくれた。新婚の頃は愛がいる家に早く帰りたくてたまらなかった。仕事柄夜は遅く、それでも妻は食事をせずに待っていてくれた。
しかし、そんな日が長く続かなかった。結婚をして1年がたった頃、私が交通事故を起こしてしまったのだ。結果、私は右足を切断、左足が腰を強く打ったため麻痺し、車椅子生活になったのだ。
そして、その後遺症は男性自身にまで及び、妻を抱くことも出来なくなった。
医者は「腰を強く打っているので回復するかわからない。左足の麻痺から見て困難だろう」といった。私は妻に離婚を提案した。
しかし妻は、「なに言っているの、これからも二人でがんばろう。あなたが退院するまでに車椅子でも動けるように家を改造しているの。」と言ってくれた。
私はリハビリや車椅子の練習にがんばり退院した。そして、今までの経験を生かし、車椅子でも出来る仕事、トラベルプランナーを立ち上げた。これだったら、家に居ながら電話とパソコンで出来るのである。
でも、ひとつ気になるのが妻の愛のことだった。いつだったか、妻は知らないが偶然に妻のオナニーを見てしまった。今まで自分のことばかり考えてきて、妻のことは家政婦のようにしか思ってみなかった。妻も立派な女なんだ。そう考えると、どうしていいかわからなかった。
自分の男性自身を触っても、感覚はあるが硬くなる様子はまったくなかった。
これでは妻を満足させられない。そこで私は今年結婚10年を期に、妻に若い男性をプレゼントすることを思いついた。
期間は1ヶ月、この家に一緒に住んでもらい10年前のように、愛と新婚生活をしてもらうのだ。
当然のごとく、妻は猛反対し、一時は口も聞いてくれなかった。しかし、私は熱心に説得した。
「ひょっとしたら、刺激で俺の物も治るかもしれない。」などと、うそも言ってみた。
そして、妻がやっとOKをしてくれた。私はサイトで若い独身男性を探した。
応募はたくさんあったがみんな興味本位で、なかには「1ヶ月と言わず、ずっと抱いてやってもいいぞ」と言う既婚者もいた。
そのなかで私がピンと来た男性がいた。彼の名前は、立山賢治22歳、ここから1時間ほどのところに一人で住んでいる自動車修理工の男性だった。


私は彼に会い、妻にも彼のことを話した。
妻は納得まではいかなかったが、了承してくれた。そして彼が私の家に来る日、私は妻に彼を紹介した。
「これから1ヶ月間彼にこの家で住んでもらうことにした。そして彼は今日から愛の旦那さん、愛と賢治君は新婚夫婦になったんだ。二人で仲良くやって欲しい。」
私がそういって紹介をしても愛は黙って下を向き、賢治君も黙ったままだった。
そこで私は「もう二人は夫婦なんだから、最初の挨拶として私の前でキスをしてくれないかな。」
と、言ってみた。すると愛が私の顔を見て、「そんなことまだ後でいいじゃない。」と鳴きそうな声で言った。
「いいやだめだ、もう私と愛は夫婦じゃない、これから1ヶ月は賢治君と夫婦なんだ。愛は賢治君を会社に送り出し、賢治君の服を洗い、賢治君の食事を作り、そして賢治君と一緒に寝るんだ。」
「賢治君は愛のために一生懸命働いてもらいたい。いいな。」「はい」
「それから、二人の新婚生活をこの家の2階でしてもらう。2階には2部屋ある、私は車椅子だから2階には上がれないから遠慮しなくてもいい。それと愛、あとで愛の布団を2階に運ぶんだ、いいな。それからもう愛を名前で呼ばない。賢治君の奥さんになったんだから私も奥さんって呼ばせてもらうよ。私はこの家の居候だから。分かったね。さあ、キスを見せてくれ。」
愛はうつむき涙を流していました。そして賢治君が横からそっと愛にキスをしたんです。
愛と結婚して10年、愛が初めて私以外の男性とキスをした瞬間でした。
夕食の後も愛は黙ったまま淡々と家事をこなし、私は1階の部屋で仕事をしていました。
そして賢治君が「奥さんの、いや、愛さんの布団2階にもっていっていいですか。」と聞いてきた。「ああ、よろしく頼むよ。」私はそう言うのがやっとだった。
私がお風呂に入り、賢治君、愛の順番で風呂にはいった。私はその後部屋で仕事をし、賢治君は2階に上がったままだった。そして愛もさすがに家事もなくなったようで、私に黙って2階の上がっていった。この1ヶ月間、ほかの奥さんなんだから私に断ることはないと分かっているが、、
それから1時間経ち、2時間経ち、2階からは何の声や音もしなかった。今頃愛は賢治君に抱かれているんだろうか。愛は賢治君を受け入れているんだろうか。私の胸にだんだんと嫉妬心が沸いてきた。こんなことをしない方が良かったんだろうか。愛はちゃんと私のところに戻ってきてくれるんだろうか。私の頭にいくつもの疑問がわいた。


いつ寝たのかわからないが、起きたら10時を回っていた。愛はいつものように洗濯をしていた。いつもならラジオの音楽を聴きながら鼻歌を歌っているのだが、今日は淡々と家事をこなしている。昨日はどうしたんだろ。やけに静かだったが、、
「おはよう愛、もう賢治君は仕事に行った。?新婚初夜はどうだった。久しぶりだったんで、よかっただろう。」
私は作り笑顔で、愛に挨拶をした。
「おはよう。」愛は私を見、それだけを言ってまた洗濯に取り掛かった。
愛がベランダの洗濯物を干し、2階の掃除をしている。いつもはめったに使わない2階の部屋を丹念に掃除機をかけ、雑巾掛けまでしている。ふとベランダを見ると、賢治君のTシャツやパンツ、作業服が愛の洋服の横に干してある。私はそれを見ただけで、胸が痛くなり、嫉妬心が湧いてきた。夕方、賢治君が帰ってきた。
「お帰り、賢治君。」
「ただいま、大木さん。ただいま愛さん。ハイこれ、お弁当箱、とてもおいしかったよ。」
賢治君はそう言って2階に上がっていった。愛は健二君に弁当まで作っていた。
私一人取り残されているように思えた。
そんな日が2日続き、3日続き、そして5日が過ぎた。賢治君がどこまで理解しているのか、それでも私とだんだん話すようになった。
「へえ~、こんないいところがあるんですか。僕も行ってみたいな。」
「ここはね、ここの空港からこう行って、すぐのところにあるんだ。」
「へえ~、大木さんってすごいですね、昔はよく行ったんですか。」
「いいや、カタログや資料をよく頭の中に叩き込んでいて、いつでも説明できるようにしているんだよ。」「へえ~、やっぱりすごいや。」
そして6日目の昼、賢治君はいつものように仕事に行っていた。
「どうだ、愛、新婚生活は、賢治君もだんだん慣れて来たみたいだし、可愛がってもらっているのか。」私はまるで娘を嫁がせた父親のようだった。
「実は彼ね。ここに来てから一度も私を抱いていないの。最初の夜から寝る部屋が別々で、まだ手も握ってないわ。」
「えっ、どうして。」私はびっくりした。今日で6日目、なのに何もしていないなんて、、
「彼ね、『ご主人はああ言っているけれど、愛さんが嫌だったらいくらセックスレスでも他の男性に抱かれることないよ。こんなこと若い僕が言うのはなんだけど、これは二人の運命なんだ。
愛さんは大木さんを愛している、大木さんも愛さんを愛している。それは僕もわかるんだ。
だから、大木さんは愛さんを僕に託したと思うんだ。だから愛さんがその気になってくれるまで僕は待つよ。1ヶ月過ぎても愛さんがその気にならなかったら、そのときは僕もあきらめて帰るから。』って、言ったの」
「そうか、賢治君はそこまで、、、賢治君の言うとおり、僕は愛を嫌いになったわけじゃない。
今でも愛している。だから、賢治君のようないい人に愛を抱いてもらいたいんだ。愛は僕の妻だけじゃなく僕の女なんだ。だから化粧もしてもらいたい、いい服も着てもらいたい、いい女になっていつまでもきれいでいてもらいたい、だから賢治くんに託したんだ。」
「あなた、本当にいいの、私賢治さんに抱かれても。嫌いにならない。」
「ああ、いいよ、今までの分思いっきり抱かれておいで。そしてきれいになって帰ってきてくれ。僕が贈った結婚10周年のプレゼントを受け取らないやつは嫌いになるぞ。」
「あなた、、、」愛は笑顔で泣いていた。愛の笑顔は久しぶりだった。
お昼過ぎ愛は夕食の買い物に行って帰ってきた。
「今日の夕食は何。」
「今日はだんな様の大好きなハンバーグ。」
「えっ、俺、そんなものいつ好きって言ったっけ。」
「これはあなたよりも14歳若い私のだんな様の大好きなものです。」
「なんだ賢治君の好物か。これはなに?」私は食料の袋の横に置いてあった紙包みを開けた。
「あっ、それはだめ、、、」
愛が私の手から取る前に私はそれを見てしまった。そこには
[ 超うす 0,02mm コンドーム ]と、書いてあった。


その夜、賢治君は私と旅行の話をし、いつものように2階へ上がっていった。
愛も家事を済ませ、お風呂に入るとそそくさと上がった。
私が見つけたコンドームは、愛が顔を真っ赤にして私から奪い取り、…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
新入社員のころ、酔っぱらって先輩OLとやったらしい【体験談】
2016/07/13 12:10
2016/07/13 12:10
12年前の新入社員だった時の話


就職氷河期を乗り越え、俺は第一志望の会社にどうにか就職できた。

しかし研修を終え配属されたのは一番の不人気部署。


俺は凹んだが、持ち前の体育会系の明るさと体力で何とか切り抜け、仕事にも慣れ始めた。


半年の試用期間も無事こなし、本採用の辞令を受け取った翌週に1泊2日で慰安旅行が催された。


人数は定かでないが、部の総員は35名で男女比は3:2位だったと思う。


大型バスで揺られながらホテルに到着すると、宴会部長で司会担当のT係長に余興の確認をされた。


そしてT係長から「恭子には気をつけろよ!」と意味不明のアドバイスを受け、温泉に向かった。

初体験は29歳の人妻のお姉さん
2017/09/07 01:55
2017/09/07 01:55
19歳の時のことです。

相手は、私は正社員で相手の彼女は臨時職員29歳の人妻のお姉さんでした。

私は高校卒業して働き始めたばかりで、彼女もいません。

女性経験もなく、童貞でした。

自分の19歳の誕生日の日、机を並べて座っている彼女から、「ちょっと」と言われ、会社の屋上に呼び出されました。

「なんだろう?」と思いながら、一緒についていくと、そこで「おめでとう」といって紙袋に入ったプレゼント(財布)が渡されました。

その時は、「エー!」と言う感じで「ありがとう」といってプレゼントを受取っただけです。
彼女は結婚しているということもあって、全く意識はしてませんでした…
浮気相手との燃えるセックス【エロ体験談】
2016/07/01 21:10
2016/07/01 21:10

大学2回生の♀です。私の恥ずかしい性生活を少しお話しします。

私の彼は大学の先輩です。かれこれ付き合い始めて1年くらいです。

私は最近、サークルのSと浮気してます。Sにも彼女はいます。


お互い独占欲の強い性格なので別れる気はないのにヤキモチのやきあいです。それはそれで燃えるのですが…


こないだ、Sの下宿におとまりした時のことです。サークルでの飲み会の帰り、一度バイバイして別々にSの家に行きます。


さすがに一緒に帰れないので、私が着いた時にはSはもう布団を敷いてお休みモード。軽くシャワーを浴びて布団に入ります。


抱き合ったりキスしたりしながらしばらくおしゃべり。今日の飲み…
再会した元カノのことは、マイサンがよく覚えてる
2016/07/25 11:00
2016/07/25 11:00
今年、新しく家を購入し移り住んだ町内会の集会で、「あれ?」と思う女がいた。
もしかして、元カノか? 気になってそばへ行き、
「良子さん?」と声をかけると、驚いたように振り向いた顔は、まさしく10年ぶりの元カノ、良子(30歳)だった。偶然の再会になった元カノ。学生時代に処女を頂いて2年ほどセフレを続けいた元カノに再会した。


この時は近況を聞いて別れたが、マイチンコは覚えている。

しばらくして、街で偶然良子に会った。
「懐かしいね、元気?」

「お久し振りね、元気よ」

「久しぶりだから、ちょっとお茶でもいいかな」

「えー?どこで?」

「あそこの、デニーズで良…
【不倫】プールの中でしごき続けるハイレグ水着のエロ奥さん
2016/09/21 00:00
2016/09/21 00:00
俺がまだ大学生の頃の話だ。 当時、小6の女の子の家庭教師のアルバイトをしていた。かなり大きな豪邸だった。母親は30代後半らしいが、見た目は20代後半に見える。 なぜか、いつもタイトな服を身につけている。体つきも、出る所は出て、腰のくびれも素晴らしい。金持ちの奥様だから体にはお金をかけているのだろう。ジムにも通っているらしい。 ある日、「T君、あなた、泳ぎは得意?」と母親に聞かれた。俺は、「日本海育ちなので、海やプールでよく泳いでいたし、高校の時も水泳部だった」と答えた。 「じゃあ、教えてくれる?」 そう言われたので、家庭教師とは別の日に教えてあげることにした。 「水着も一…
【熟女体験談】僅かの時間にすべてを経験した気持ちだった
2016/12/21 18:02
2016/12/21 18:02
2016/12/21 (Wed) 32歳の主婦です。

今まで思いもしなかったが何時の間にか知り合いの男性と関係してしまった。

口が上図でついつい引かれ、その雰囲気に呑み込まれ彼の手を許してしまった。

恥ずかしいのと怖さがあったが一度さわられてしまえば、気がその方へ行ってしまい、いいだろうといわれ頷いてしまった。

いくら暗闇で樹木で見えない場所といってもスカートを上げられパンツを脱がされると辺りが気になる。

指で操作され女を感じてしまった。

寝かされ肢を持ち上げられ挿入されたときはいくら見えないといえども目を閉じてしまった。

いつもの感じと違い、異物が入ってきた感じ…
エロトーク募集
2015/12/27 10:05
2015/12/27 10:05
関東地方在住の高校3年の男子です。 最近溜まってるんでエロトークしたい人募集します。 テレフォンセックスとかしてみたいです。写メとかあれば嬉しいですが無くてもかまいません。(こちらも送れないかもしれませんが・・・) 興味ある人はこちらのメールアドレスまで連絡してください。qem4vG23あっとyahoo.co.jp
【人妻体験談】訪問販売先の奥さんをレイプしてみたが、クセになりそうだ
2017/08/28 18:02
2017/08/28 18:02
私は強姦という犯罪をおかしました。 と言っても最終的には相手は、気持ちよかったと言ってましたが、 とにかく、きっかけは強姦と脅しにあまりかわりません。 私は32歳で訪問販売の仕事をしています。 仕事は当然、営業マンですから、 毎日各家庭を飛び込んでまわっています。 そんなある日、 いつもよりなかなか話をしてもらえる家庭が少なく、 調子が悪いな、と思っていた時、 ちょうど80軒目くらいでしょうか、 一軒家のお金持ちそうな家の奥さんが中へ入れてくれた。 年は40歳くらいですが、まだ30代前半くらいにしか見えず、 とりあえずラッキーと思って、ずうずうしく上がり込みました。 いろいろ聞くと、ご主人は…
【人妻体験談】旦那しか知らない幼妻とのエッチ体験談
2016/07/28 12:02
2016/07/28 12:02
まいは、都内に住む人妻。といっても、まだ22歳の若妻だった。 高校を卒業してすぐ、18歳で結婚。すぐに子供が生まれ、保育園に預けながら某洋服販売店でバイトしていたらしい。 18歳で結婚したけど、決してすれてるわけではなく、それと正反対のマジメな純朴な子。街中でキャッチセールスに捕まると、延々と話を聞いてしまうのだそうで、他人を疑うことを知らないらしい。 目鼻立ちははっきりしていて、美少女という印象で、はじめて見たときはラッキーと思った。10代に見えるから、美少女という表現が一番しっくりくる。 まいは、チャットはおろか、こういう出会い系自体初めての体験だったそうだ。確かに純情そうだし、世間知…
出会い系で即会いしたドMな人妻との中出しセックス
2017/06/18 05:57
2017/06/18 05:57
話は2、3ヶ月前の話になります。

その日は仕事帰りにいつも使っている出会い系サイトで良い子を探していました。

すると「Mなのでたくさん突いて欲しい」と書き込みを行っていた伸枝という子からメールが返ってきました。

わずか1時間位やりとりをして、アド&写メ交換をして逢う約束をしました。

伸枝は29歳で銀行マンの妻でした。

平日の昼間に待ち合わせ場所に行くと、写メよりも数倍可愛い子が立っていました。

俺は心の中で小さくガッツポーズし、その子に「伸枝ちゃん?」と聞くと「うん」と答えてくれました。

車に乗り込み1時間位ドライブをしてから、近くにあったファミレスで遅めの昼食を取りま…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・職場の忘年会で後輩とエッチしたのですが・・・

・❤叔父とのセックスには充実しています

・お姉ちゃんがシテあげるね

・【画像】JDのあたし将がJKコスプレしてみた結果♡♡♡

・ブルセラショップで下着を売っていた私と、キモいおっさんの話

・妻を寝取らせることにしたら【人妻・寝取られ体験談】

・【人妻体験談】短小マザコン大学生がアブノーマルな母と近親相姦

・外国人とのSEXは強烈でスポーツ並に汗だくになる件www

・【熟女体験談】大学を卒業しても童貞だった俺は新米社員の時に営業先の超熟女社員に逆ナンパされて筆下ろしされた

・寝取られ現場に遭遇すると、とっさに相手を殴るなんて出来ないものですね

・人妻になった同級生に中出し【人妻体験談】

・【驚愕】今日出会い系の女と初対面でセoクスしたが、やっぱり女ってクズだなぁ・・・・

・❤義兄と2人での留守番はドキドキ

・30代人妻^ ^

・好色淫熟妻・眞澄(Age51)?1

・人生最高エッチで最悪な体験談

・ナンパ師な俺が高齢処女のバージンを喪失させたったwww

・【浮気】社長とその息子とちょっとだけ親子丼

・真面目なレギュラー達は、練習後に不真面目に乱交してました

・33歳バツイチのいとことのセックスを、覗いていたいとこの娘に…

・今日妻が上司とセックスするはず・・・

・同僚が、、、、、、

・変態淫乱大学生になっちゃった私のエッチ体験

・教職の現場で

・【Hな体験】同級生がしてくれためっちゃ気持ちいいフェラ

・温泉で妻がやってくれました

・そんなのつらいよ

・俺を兄貴を間違えて誘って来た兄嫁とそのまま

・私は、自称ツンデレと言いながらもドMです

・美魔女と言われる私は、25歳も若い男の前で一匹の牝になっていました