寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

夫と娘を裏切って医者に抱かれる不倫妻 開き直って金で妻と関係を続ける医者

2018/01/09 02:00


私は30歳、妻は29歳で娘が2人。結婚9年目の一般的な幸せな家庭でした。
妻は背が高く175センチもありモデルを目指していた頃もありました、胸はペチャンコですがかなりのスレンダー美人です。
私は妻以外の女性を知りません。妻も私が初めてと言っていました。




ですからセックスもかなりノーマルで妻はフェラが嫌いだし私も妻の事を舐めたりはしません。
今さら舐めてくれとか舐めたいなんて言ったら嫌われるのではないかという思いもあります。

回数も月に2~3回で少なめ?です。(友人に話すまでこんなもんだろうと本気で思っていました)
ですから妻の性欲などにもまったく気が付きませんでした。

話は今から半年くらい前にさかのぼります(経験が少ないのでエロい表現はうまくないので我慢してください)
娘が熱をだしたと妻からメールが来た時でした。
いつも行く市内の総合病院の小児科に昼の診察時間から向かうとの事、病院はバスで20分くらいの場所で家からは離れているのですが担当の先生と子供達が相性が良いので気にもとめませんでした。
先生は40代後半でスポーツマンタイプ色黒で若い頃はモテたであろう独特なオーラがでてる人です。

その日、私は仕事を早く片付けて病院に迎えに行きました。

今思えばこの時に、妻に連絡しておけば何も知らずに済んだのではないかと後悔しています。

病院は入ってすぐに小児科病棟があり待っている人は誰もいなく受診している人もいなそうだったので、妻にメールをしてから他の場所を探す事にしました。
妻はいつも診察の待ち時間とかに病院内の図書室に行くと言っていたのでそこにいると思い向かいました。
図書室は小児科病棟から近くすぐに着き,案の定中から聞き覚えのある声が聞こえてきて
覗き込むと娘2人が看護婦さんと楽しそうに本を読んでいました。
看護婦はこちらに気がつくと驚いた表情で会釈してきました。
私も軽く会釈をしてから妻の所在を尋ねようとすると看護婦から先に
『今日は奥様が大変ですね体調悪いみたいで診察してる所です。2人は私が見てたんですよ!本が好きな姉妹ですね』
手が軽く震えているのがすぐに分かりました。
病気なのは娘のはず
なんとなく不安になってきて妻の身に何があったのか私には状況が全く把握できなかったので少し荒っぽい口調で
『娘が病気だと聞かされていたんですが妻はどこですか?』
『えっ?』
看護婦は何も言葉にできない状態でした。
私には意味がまったく分からないので8歳になる上の娘に聞こうと思い子供達に目をやると、
急に看護婦が私の手を引き図書室の角に連れていかれ私の顔を恐る恐る見ながらすごく小さい声で
『すごく言いづらいのですが怒らないで最後まで冷静に聞いてもらえますか?』
私は妻の身に何かが起きているという事だけは理解しました。
『事故か何かですか?』
『いいえ、違いますとにかく冷静に聞いてください』
『はい。分かりました聞きましょう』と私が言うと、
看護婦は
『奥様は、今先生(小児科の)と一緒にいます』
『えっ?何故ですか?』
『以前から先生は小児科に来る奥様の中でお気に入りを見つけては・・・』
『え?』
『ですから』
看護婦は言いにくそうに
『休憩と称して自分の控室に連れ込んでスケベな事をしている様なんです。』
突然の告白に怒りと興奮でちゃんと覚えてはいないのですが
スケベな事ってフレーズだけが妙にリアルではっきり脳に記憶されました。
その間に子供達の世話役として看護婦がここで一緒にいるとの事です。
つまり私からしてみればこの看護婦も共犯なのです。
ちなみに私はフットサルをしていてここ病院内の人達とも何度か試合をしたことがあり
小児科の先生とこの看護婦もフットサルを通じて面識がありました。
最後に看護婦は
『先生には私が言ったって絶対に言わないでください。』
人間なんて自分を守る事しか考えない生き物だと思いました。

程なくして妻が図書室に現れました。
私が病院に着いてメールを送っていたから私が来たと知って慌てて戻ってきた様子でした。
妻は何事も無かったかのように

『ありがとう、わざわざ迎えに来てくれたんだ。仕事早かったね』

普段は気にもしていない妻の髪がいつもより乱れて見えるのは
看護婦の話を聞いたせいだからだろうかと思っていると。
『朝よりも大分良くなっていて念のため病院に来たんだよね。熱も下がったかな?』
娘の容態の事を言っていました。
それを聞き看護婦がはっとした顔をして今にも妻に嘘がバレている事を言いそうになったので
私は看護婦に目で合図をしました。看護婦は私の視線で全て理解したようで
『では私はこの辺で、お大事に』
と言い去っていきました。
私は妻には何も追求しませんでした。悪いのは小児科の先生だ!妻は悪くない!それに何も無かったかもしれない!
と心に言い聞かせて怒りを抑えて車を走らせました。

私たちはその晩のセックスしました。
いつも以上に妻に突きまくりました。
妻がすごく感じている様子を見て不思議な感情と興奮で自分でも何回いったかわからないくらいでした。
もちろん妻も何回もいっていました。
それから数日間、毎晩セックスをしました。いつもの事務的なセックスでしたが回数は以前より増やしました。

そして先生の事は妻には追求する事なく1ヶ月経ち
例の病院の関係者とのフットサルの集まりがありました。
病院の先生や薬屋の人達で構成されたチームの中に小児科先生を見つけました。
私は真実を聞くために先生に近づいていったその時です。

『すまない!』

大声で先生は私に謝ってきたのです。
後から聞いた話だと看護婦が私に全て話した事を先生に伝えていたそうです。
周りにはたくさんの人達がいるので私は先生に対して

『先生ここでは話づらいので向こうで落ち着いて話をしましょう。』

先生の話によると最初は妻から相談を受けたそうです。
夫との夜の生活が蛋白なのは自分に魅力が無いせいなのか?
浮気をしているのではないか?
この回数はセックスレスなのか?
妻もいろいろ悩んでいたらしいのです。
確かに男性経験が少ない妻からしてみれば私が基準なので他の人から聞きたくなる気持も分からなくないのです。
しかし相談相手が悪かったのです。
日常的に診察に来る奥様達に手を出す先生からしたら格好の餌食です。
私は聞きたくもない話でしたがあの日の事を聞き出さなければならないと思い

『怒らないので妻と何をしてたのか詳しく話してください』

と言い話を聞き出しました。
自分でも何故聞きたくない話を”詳しく”なんて言ったのかわかりませんでした。

話によると
控室に呼んだのはあの日が初めてで、先生の方から強引にキスをした後、
『どれぐらいのテクニックがあるか確かめてあげますよ』と言い
先生チンポを舐めさせたそうです。妻は最初嫌がっていたそうですが徐々にその気になっていったそうです。
(先生の話術にハマったのでしょう)
その後、口のなかで射精して精子は飲ませそうです。
このあたりからエスカーレートした妻は止まらなくなって自らジーンズを脱ぎ

『がまんできません』

と言ったそうです。先生はOKと捉えたそうです。
わたしは信じられなくて話の途中に何度も先生の胸ぐらを掴み本当かどうか確認(脅しながら)しました。
そして
下着を先生が脱がして手マンをしてもうからもう一度フェラさせてから
いよいよ挿入しようとした所で妻の携帯が鳴り行為が中断したそうです。
私が病院に着いた時に妻に送ったメールでした。
妻は下着を履いてすぐに控室から出ようとしたらしいのですが
先生が一度でいいから中に入らせて欲しいと頼みこみ
妻は
『一度だけと・・・』

言って挿入を許したそうです。
しかもゴムは付けないで下着を穿いたままバックで1.2度出し入れしていたら
すぐに妻が逃げるように部屋から出ていったそうなのです。
ここまでやって最後までやらなかったと先生は言い張りました。(嘘かもしれないけど)
しかし私からしてみれば最後までやらなかったなど言われてももう意味は無かったです。
最後の方で怒りは不思議と無くなっていました。
途中から自分の妻の話という実感が沸かなかったのと、
興奮して股間が熱くなるのを先生に悟られないように必死だったからかもしれません。

きっと 妻はあの日の晩からのセックスで、先生のチンポ想像しながら私のチンポを受け入れているでしょう。
皮肉にも先生のチンポのおかげでセックスの回数や感じ方にも少なからず影響していたのだから

ただショックだったのが妻の嫌いなフェラを一番最初にさせて
口の中で射精して飲ませる事ができたのが先生だという事でした。
愛する妻が生まれて初めて飲んだ精子が私ではなく他の男の精子になるからです。

すべての話し終え長い沈黙のあと
『申し訳なかった』
と先生が謝りました。
私は今回のことは水に流すとしよう
それに妻にもこの件は追求しないにしようと決めました。

しかし
それが甘かったのです!

3~4週間後、先生から携帯に連絡があり
フットサルの予定かなと思い電話に出るととんでもない事を言われました。

『こんばんわ旦那さん!今家ですね?』
『はい』
『その後奥様とうまくやってますか?』
『はい?』
『いやあんな事をしておいて言うのもなんですが、私もおふたりのその後が心配で心配で~』
『ええ・・まあうまくいってますよあれ以来!』
悔しかったので強い口調で言ってしまいました。

実は例の話を聞いてからすぐに妻にチンポを舐めさせて口の中で射精したいと頼んだら
『飲み物じゃない…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【近親相姦】BLEACHとはどういう漫画か【体験談】
2016/06/12 11:39
2016/06/12 11:39
BLEACHBLEACH(ブリーチ)は、集英社刊行のある雑誌にて、ちょこちょこと連載されちゃっているOSR中二病漫画。衣装のセンスがとてもオサレです。オサレかっこいい。正式名称は「BLEACH-ブリーチ-」のほうがオサレ。ストーリー 主人公が死神になりました ↓ 恩人がさらわれたので助けに行きました ↓ 救出したらヨン様藍染が実は敵で、「俺はもっと強い敵に会いに行く」と言い残し何もせずに帰っていきました ↓ 今度は主人公の嫁がさらわれたので助けに行きました←今ココ四行でストーリーが説明できる、なんとも不思議かつ素敵な漫画、それがブリーチ。用語 ●死神 現世とあの世の魂の量を均等に調節しているら…
元ギャルっぽい新人の教育係に任命されて…【体験談】
2016/02/27 13:10
2016/02/27 13:10

俺の働いている会社にある女性が入社してきた。

彼女の名前はK。

Kの外見芸能人でいうと今井華に似ている。

胸のサイズはDカップ、元ギャルという感じが強い。(スタイルは普通にいい感じ)

5年交際している彼氏あり。

彼女は中途採用で、たまたま同い年ということもあり、すぐ仲良くなった。

Kは胸元が緩い服をよく着用しており、かがむと胸元がちらり!(ブラがはっきり見える)

そして、外見がギャル風なため、周りの小姑(おばちゃん連中)からあまりよく思われておらず、仲の良かった俺は勝手に教育係に任命された・・・。

教育係といっても、俺は現場に行ったり事務作業したりで仕事中は教育する暇がなく…
子宮に熱いものを感じたのか奥さん・・・
2017/08/14 20:01
2017/08/14 20:01
ちょうど世間は夏休みシーズン真っ盛り頃の話。
アウトドア用品関連の営業な俺は逆にここが稼ぎ時って事で秋田方面まで
商品の売り込みに行くことになった。一応もう学校は夏休み期間に
突入してるって事もあり電車も混雑が予想され上司も特急指定席をとる
事を許して下さった。俺は昼飯用の弁当とお茶を買い指定の席に座った。
やっぱり結構混んでた。(あ~指定で良かった)とつくづく思ったね。
秋田くんだりまで立って行ったら地獄だもん。出張準備で朝5時起きだったん
で俺はしばらく眠ることにした。っていうか電車で座席に座ると俺、自動的に
即寝するくせがある。しかし電車が走り出すと隣のガキ共がうるせーうるせー、…
誘われた飲み会にいた男性と
2017/02/28 17:48
2017/02/28 17:48
はじめまして。33のパート主婦です。仕事はネット系の不定期職です。
元々OLの頃から自宅で出来る仕事に興味があって前から同じ仕事をしている友人に紹介してもらって、今のパートをしています。

WEBデザインみたいな仕事ですが、実際は細かい地味な作業でストレスもたまります。

ですので「女も結婚したからと言って家に閉じこもっていたら駄目になっちゃう。第一ストレス解消しないとね。」との友人の誘いに、あまり深く考えることも無く、初めはついていきました。

営業も兼ねて一石二鳥な遊びだからと言う友人の言葉に、特に深い意味は考えませんでした。
主人とは結婚してもお互いの友人関係は大事にしようと約…
地方の集落の美人姉妹と中出し3Pできたエロマンガみたいな話 その2
2017/12/28 22:02
2017/12/28 22:02
前回⇒

せせらぎで汗をふき、土間で一休みしていると、

「お風呂が沸いているで~どうぞ どうぞ」

と小母さんが案内してくれたのは、

浮いたスノコの五右衛門風呂であった。

湯に浸かっていると小母さんが戸の向こうから、

「ちょっと待ってて~ 背中流すで~」

の声がして、入って来たのは先ほどの娘さんで、

手拭を姉さん被りでたすき掛け、着物のすそを捲くってのいでたち。

「洗って上げるから~ 此処へ」

と言われて出ようとしたが、

五右衛門風呂の縁が高く足を高くして跨がないと出れない。

後ろ向きでは無理なので、

如何しようもないのでそのまま出たが、

娘さんはそのまま此方を見て…
義理の兄との秘密22
2017/03/22 21:01
2017/03/22 21:01
ジュースを取って振り返ると 後ろに並んでいた男性がいて ニヤリとしたので おそらく私のお尻と濡れた おまんこの筋を間近で 見ていたんだと思いました 私はジュースを一気に飲んで 兄に早く行こうと言って 自転車のところに行き 跨がるり乗り始めると ひとこぎする度に サドルでおまんこが刺激され だんだんまともにこげなくなり 坂道が登れず降りてしまい 自転車を押し始めると 兄は先行くぞと言って 坂道を登って行ってしまいました とぼとぼと押して登っていると 後ろから家族連れが追いついてきて その中のお父さんが あー疲れたお前ら先行ってていいよ と奥さんと子供達に言うと 私の後ろで自転車から降りて 坂道を…
★団体職員に就職しました
2016/04/13 23:43
2016/04/13 23:43
 あたしは、今年、地方の団体職員になりました。男性経験はありませんが、オナニーだけは、中2からしています。あたしは、誰が見ても垢抜けない田舎娘タイプなので、異性に声をかけられたことがありません。

 そんなあたしが、短大を卒業して今年就職したわけです。歓迎会が4月にあり皆さんと少し打ち解けました。その後会社の上司とお客様のところに挨拶まわりに行くことになり、その帰り上司がちょっと飲もうと言い出したので、仕方なく付き合うことになりました。

 上司との年齢差は20歳くらいあります…上司と飲んでる時、途中で記憶がなくなり、気がつけばホテルで横になっていました。あたしは、ビックリして上司に聞きま…
Tバックを穿いてカラオケに遊びに行った清楚な妻が、濡れマンコで帰ってきた
2016/03/07 00:04
2016/03/07 00:04
俺の妻は、とても可愛くて近所でも評判の清楚な女性で有名だ。


そんな俺の妻が、一週間後の金曜日に昔からの女友達とカラオケに行く約束をしたと言われた。


その友達は、俺も知っている人で結婚もしている。


たまにはいいかな、と思いその時は了承した。


そして、その日の夜が来た。


妻は、いつも穿いているミニスカートよりもさらに短いスカートを穿いて、中には、ベージュのパンストに薄いピンク色のTバックのパンティーを穿いていた。

「それ、短すぎないか?ちょっと動いたら中が見えそうだぞ。

真由美さんとカラオケ行くだけだろう?なんか不自然だな。」

俺は、麻美の格好に少し嫉妬した。

温泉で居眠りして
2016/10/24 09:01
2016/10/24 09:01
底の浅い露天風呂に入ってて、誰もいなかった。 いい気分で、ふちに頭を乗せて寝てしまった。 夢の中で、女性の声がエッチに聞こえた。 で、夢精した。目が覚めた。 やっちゃったな、ま、いいかと思ったら、 短パンにTシャツ姿の女性が2人立ってて、 にやにや見おろされた。 「目が覚めましたか。動かないで下さいね」と言った。 湯に入ってきて、手桶でおれのあそこに触りながら、 ザーメンをすくい取ってた。 はい、いいですよ、気持ち良さそうに寝てましたよね、と言った。 指についたザーメンのにおいを嗅いでた。 それから2人で、あふれ湯の排水口を面倒臭そうに掃除してた。 どうやらおれは、射精する瞬間を2人にじっくり…
大好きな彼女と甘酸っぱい初体験の思い出
2016/05/01 09:00
2016/05/01 09:00
高校2年のクラス替えで寛美と同じクラスになったんだ。
寛美は雑誌のグラビアに何度か水着で掲載されたことがあってうちの学校ではちょっとした有名人。もちろんめちゃくちゃ可愛いよ、学校のやつらはみんな雑誌みながらぬいてたもんな。もちろん俺も毎晩のように抜いてた。
ちっちゃいヒモビキニやかなりきわどいハイレグ水着が俺のお気に入りでそのページはすりきれそうになってたよ


でも一年の時は別のクラスだったし俺はサッカー部でなんだかんだ忙しかったから

寛美と知り合うキッカケなんかなかったし廊下ですれ違ってドキドキしてるだけだった。

当時も今もそうなんだけど気に入った女の子には…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・刺激が欲しい彼との危険な関係

・彼女がいない間に彼女の親友とエッチな事をした

・娘との狂おしい日々

・【人妻体験談】おばさんになる前にメールで逆ナンパをし、SEXしまくる主婦

・【熟女体験談】得意先でかなり年上の年配のおばさんとSEXした

・いまも体が忘れていないあんなSEX

・姉とセックス

・【Hな体験】セックスの名人キャラが幸いして同僚OLとやれた

・フルチンでレイプ動画鑑賞中、後ろ見たら姉がいた2 (姉との体験談)

・【レイプ】女3人旅の混浴で労働者たちに代わる代わる犯された

・ダイエット中に調教された妻 その2

・【Hな体験】気持ちいいけど怖かった初めてのピンサロ体験

・【熟女体験談】推定六十路の老婆に逆レイプをされたのがきっかけで熟女に興味を持った

・友人に聞いたバイキャバでのアルバイト話

・無職夫のため同級生達に体を開く妻

・【人妻体験談】ママ友の上半身真っ裸を見てしまい、頭から離れず、酔ったママ友を家まで送ってパイズリSEX

・無抵抗の相手に腰を振るという興奮

・【Hな体験】夢に出てきた爆乳同級生とリアルガチの肉弾戦

・SMパートナー探し専門の掲示板での事

・義姉の乳首を唇に含み、おっぱいを・・・

・日本の行為は「侵略」だったのか?

・【人妻体験談】バツイチのシングルマザーが勃起したチンポを觀て擦ってきたので、そのまま汗だくセックス

・【熟女体験談】ディルドで腰を振るバツイチ熟女の頭を掴んで思い切りイマラチオ

・【Hな体験】19歳の美容師の卵と人生初の中出しセックス

・見た事がある人を思い出し赤面

・人間万事塞翁が馬

・元妻の姉とエロ仲になり重宝している

・【乱交】会社の男達に輪姦されてる現実が余計に私を高ぶらせる

・【人妻体験談】金に困ってる女を紹介してもらい、スレンダーな援交マダムと種付けSEXモードで子宮責め

・【熟女体験談】名器な独身OLの機関銃の様な早打ち振りのエロさに超興奮