寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

かおるさん

2018/01/08 23:28


去年、かなり仕事が立て込んでた時期があった。
毎日残業で休日出勤も珍しくなく、社員全員がどたばたと仕事をしていた。
ある日、俺が別室での作業を終えてフロアに戻ると、そこには俺より2つ年上のかおるさんが
残って仕事をしていた。
普通は女性社員だけを残して帰るってことはないんだけど、その頃はみんな忙しくて、帰れる
ときはさっさと帰るというのを徹底していたから、たまたまその日はかおるさんだけが取り残され
てしまったらしい。
時間は確か23時近かったと思う。

「かおるさん、お疲れさんでーす」
「あれT君まだいたの?」
「うん、独房(別室の呼び名)にいたんで」
「そっか。私が最後かと思ってたよ。まだかかるの?」
「うーん微妙。いっそ今日はやれるとこまでやってサウナにでも泊まっちゃおうかと思って」
「サウナねー。男の人はそれが出来るからいいよねー。私なんか今からだと駅からタクシーだよ」
「あーだったらかおるさんもサウナ泊まります?最近は風呂とかもきれいだし俺が泊まってるとこ
だと女性専用フロアとかもあるし着替えさえ何とかすれば平気でしょ?」
「そうなんだー。その方が楽かなぁ。でも残業してサウナに泊まる女ってなんか終わってない?」
「どうかなーwwまーいいんじゃないですか、かおるさんけっこう男っぽいしw」
「ちょっとー、何よそれww」
先輩とはいえ、気のいいかおるさんは俺にとって気兼ねなく話せる間柄で、公式の場以外では
大抵こんな感じのくだけた会話が普通だった。

席に戻りパソコンを立ち上げ仕事を再開する。
部屋にかおるさんと二人だけっていう状況が妙に気になり、背中でかおるさんを意識しつつも
仕事に集中することさらに1時間。
と、突然後頭部に何かを押し付けられた。
振り返るとそこにはかおるさんが立っていて、手に持った缶ビールを俺の頭に押し付けていた。
お中元かなんかで貰った缶ビールを冷蔵庫から持ってきたらしい。

「もー疲れたよーwそろそろ上がらない?」
「ですねw」
そう言いながら俺は缶ビールを受け取り、仕事を切り上げた。

仕事で疲れた体にビールが沁み渡る。
席に戻ったかおるさんが、「ねー、T君が泊まるサウナってどこー?」と俺に尋ねる。
俺はお代わりのビールを持ってかおるさんの横の席に移動すると、かおるさんと一緒にパソコン
を覗き込んだ。
「えっと、ここですね、スパ・******」
「へー意外ときれいそうだね」
「きれいはきれいですよ。それに結構女の人も使ってるみたいだし・・・」
言いながら、サイトを見ているかおるさんを横から見つめる俺。

俺は残業モードでネクタイを外しYシャツのボタンも2つぐらい緩めていたけど、かおるさんも
ジャケットは脱いで、ブラウス1枚に袖まくりという残業仕様の格好で、パンプスも脱いで
可愛らしいマイサンダルを履いているのが妙に色気を感じさせた。
しかもよくよく見るとブラウスの第2ボタンと第3ボタンの間に微妙な隙間が開いていて、
角度によってはその間からブラが見えそうになっているのにも気が付いてしまった。

かおるさんの胸のふくらみとブラウス越しに透けるブラ。
見えそうで見えないボタンの隙間と太もものラインがよーくわかるピタっとしたパンツスーツ。
俺は急に下心がむくむくと湧き上がってきた。

そんな俺の気持ちに気付かずネットに見いるかおるさん。
見るとポータルサイトの画面に戻って、ニュース記事を読んでいた。
「まーたネットで脅迫して捕まった奴がいるんだって。バカだねーw」
かおるさんが独り言のように言うので覗き込むと、それは2chで脅迫カキコをしてタイーホ
された奴の記事だった。

「何でこんなこと書くのかねぇww」
「ストレスじゃないすか、やっぱり」
「ストレスなら私も溜まってるちゅーねんw」
「溜まってます?」
「溜まってるでしょーwT君は溜まってないの?」
「そりゃ溜まってますけど」
「溜まるよねーw」
知ってか知らずか溜まる、溜まるを連呼するかおるさん。
実は別の物も溜まってるんですけどとも言えずに、思わず俺は苦笑いw

「じゃあストレス解消に肩揉みましょうかw」
「なに?」
「だから肩揉みましょうかって」
「んー、なんか変なことされそうだからいいやw」
さすがにかおるさんは鋭い。でも俺もそう簡単には負けない。
「ひどいなー。そんなことしないってw」
「いや、あんたはするねw」
「しないですってwていうかしちゃ駄目?」
「駄目にきまってるだろw」
「じゃあマッサージだけ」
俺はそう言うとかおるさんの後ろに立ち、有無を言わせず肩を揉み始めた。

「う”ー気持ちいぃ・・・」
意外にも抵抗せず俺に体を預けるかおるさん。
俺はかおるさんの肩の手触りや色っぽいうなじを堪能しつつ、しばらくは黙って肩を揉み
続けていた。
かおるさんの肩は細く、首筋の色は白く、俺は肩を揉んでるだけで結構興奮してきたw
「次は腕ですかね」
俺はそう言うと今度はかおるさんの腕を取り上腕を揉み始めた。
「かおるさん、腕ぷよぷよっすよw」
「うっさいなーw」
そう言いながらもかおるさんに抵抗なし。
かおるさんのぷよぷよの二の腕を揉みながら、俺は次の展開を考えていた。

「かおるさん、次は腰?」
「うーん変なこと考えてそうだし腰はいいや」
「そんなこと無いってwひどいなー、じゃあ次はおっぱいで」
「駄目!」即行拒否。
「ちょっとだけ・・・」
「駄目って言ってるでしょ。ほらもう一回肩揉んでw」
「はい・・・」
正攻法はあえなく拒否られ、仕方なく俺はまた肩を揉み始める。
ある意味生殺し過ぎる。

「かおるさん、おっぱい駄目ですかね?」
再チャレンジ。
「駄目だって。触りたきゃそういう店いきなよw」
「そういう問題じゃないんですけどね・・・」
「それに触ったって大したことないってw」
「大したことありますってw」
「駄目、駄目、駄目ーー!!」
全く聞く耳を持ってもらえない・・・

俺はこのまま交渉しても埒が明かないと判断し、強行突破に方針を切り替えた。
俺は肩から徐々に腕に揉み場所を移動すると、隙を見て一気に後ろからかおるさんの乳を
鷲づかみにした。まぁ一種の賭けに出た訳だ。
「うひゃぁ!!」かおるさんが素っ頓狂な声を上げる。
「ちょっ、やだっ、やめろって!」
暴れるかおるさん。しかし男の力で後ろから押さえつけられてるから自由は利かない。
ここで本気で激怒されたらエライことになるし、その時は全力で謝ろうと思っていたんだけど、
幸いなことにかおるさんの抵抗は徐々に弱まり、ついにはされるがままの状態に落ち着いた。
無抵抗のまま俺に胸を揉まれるかおるさん。
俺は戸惑いながらもかおるさんを押さえつけたまま胸を揉み続ける。
「もーこういうのやめてよー」
かおるさんが弱々しく言った時、内心勝ったって思ったw

「あーやわらかいw」
「もー駄目だって」
「めちゃくちゃふわふわだしw」
「もー、ばかっ!」
「かおるさん、直は駄目?」
「当たり前だろ!」
「じゃあこのまま一時間ぐらいもん出てもいいですか」
「もー駄目。やめよ、ねっ」
「そうは言っても俺このまま揉みまくりですから」
「お願い、もう勘弁して」
そんな会話をしつつも乳を揉まれっ放しのかおるさん。
時折俺が乳首の辺りをクリクリって押すとピクッとするのが可愛らしい。
後で聞いたらかおるさん実はもうこのあたりでどうなってもいいかって思い始めてたらしい。
結構早って思ったw

俺はしばらく無言でかおるさんのおっぱいを揉み続けた後、意を決して
「かおるさんごめん。もう諦めて」
そう言うと、かおるさんのブラウスのボタンに指を掛けた。
「駄目だってばぁ!」
そうは言うもののもうかおるさんの抵抗もほとんどポーズ程度。拒否する手が全然全力じゃない。
胸元がはだけブラと白いおっぱいの谷間が現れる。
すかさず俺はブラの隙間から指を入れ直接乳首を刺激する。
あんっと声を上げてかおるさんの体が反応し、ついに乳首が姿を現した。
ここまできたらあとは勢い。
俺はたっぷりとかおるさんにキスをしたり乳首を愛撫をしながらも徐々に自分もYシャツとズボンを
脱ぎ、Tシャツとパンツだけの格好になった。

当然のことながらこの時点で俺のナニは既にかちかちの状態。
俺はかおるさんのさんの手をとり握らせると、耳元で「ほーら、かっちかちやぞw」と囁いた。
「ばかじゃないのw」
悪態をつきながらもかおるさんは俺のちんちんをちゃんと握ったままでいてくれる。
「今度はかおるさんにしてもらいたいな」
「いや、えっと、それは無理」
「だって溜まってる?ってさっき聞いたじゃないですか」
「そういう意味じゃないし」
そりゃそうだけど、俺ももう収まりがつかなくなっている。

「ねーかおるさん。まじで駄目ですか?俺、限界なんですけど」
俺の素直な告白に諦めたのか呆れたのか、かおるさんが「もーどうすればいいのよ?」と尋ねる。
すかさず俺は
「えーと、できれば口で」
「まじで?えーもう何でこんなことになったんだろ・・・」
そうぶつくさいいながらも体を起こし、椅子に座り足を広げた俺の間で膝立ちになるかおるさん。
ある意味この辺が気のいい姉さんたる所以でもあるw

「ちょっと待って」
俺はそう言うとかおるさんのブラウスを脱がせ、その流れでブラのホックも外した
ここまでくるとかおるさんも諦めたのか、腕を少し開いて脱ぎやすいようにしてくれて意外と協力的。
プチンポロンってかんじでかおるさんのおっぱいが姿を現した。
「あ?」という諦めにも似た声と共に、会社で生乳露出のかおるさん。
異様な光景に興奮度が一気にア…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
夫に優しくしてもらえない寂しい主婦は、出会い系サイトで癒やしSEXを求めるらしい
2016/01/09 21:07
2016/01/09 21:07
子供を出産してから、夫との夫婦の営みがなくなりました

ここ1年まったく夜の営みがなくなり
完全にセックスレス

ただ淋しかったのです

後数年経てば私も四十路になる

このまま女として人生が終わってしまうと思うと
本当に悲しくて

でも夫は私に全然やさしくしてくれなくて

だから勇気を出して出会い系サイトに登録してみました。

出会い系サイトにプロフィールを載せると、
すぐにものすごい反応がありました。

いろいろ迷ったのですがメールの内容が誠実そうな人を選びました。

 2才年下のサラリーマンをしている男性と会うことにしました。

主人には久々に昔の友達と会うということにして
子…
H体験談。。すっぴん美人の山ガールとセックス
2017/05/16 14:35
2017/05/16 14:35
20才になったころ、入っていた山歩き系サークルに気になる子がいて、思い切って二人だけの旅行に誘った。 俺の車で夜中に走って夜明け前に麓までいって、そこから山を歩い
真剣に好きだと言われて一度だけ不倫したら快感だったんです
2016/04/14 06:00
2016/04/14 06:00
某スーパーでパートをしている30代の人妻です。
先日の話なのですが、ある食品製造会社の営業の池田さんと、危うい関係になりました。
以前から、池田さんはお店に来る度に、「由紀子さん、綺麗だね。今度、食事でもしようよ」とか「家はどこなの?送ってあげるよ」などといつも誘われていました。
そして、あの日がやって来たのです。
その日は雨風が強く、傘も吹き飛ばされそうなほど最悪の天気でした。


いつものようにパートが終わり、帰宅するためにバス停へ向かっていると、プープーとクラクションの音。
振り向くと、池田さんが車の窓を開け、「こんな天気だから、もし良かったら送っていくよ…
ソープで姉や友だちが…というのは聞くけれど、僕の場合は叔母でしたw
2015/10/09 19:00
2015/10/09 19:00


社会人になって初めてのボーナス。




何を買おうか貯金をしようか考えてました。




でも初めてのボーナスで中途半端な金額だからイマイチ欲しいものが買えない。




そんな時、先輩社員から声がかかりました。


 
「おまえな~ 貯金なんてだるい事言ってたらダメだぞ」


「えっ?マズイっすか?」


「男は黙ってフーゾク!これだよ~」


「もったいね~」


人生初のボーナスの使い道がフーゾク?


ちょっと嫌な感じがしたけど断れないオーラを先輩が発しています。




とても断れない感じなので仕方…
【人妻体験談】セフレの人妻と一緒に行ったハプニングバーで…
2016/07/30 22:02
2016/07/30 22:02
ハプニングバーに行った時の話でも。 1年前くらいか、当時俺にはセフレがいたんだ。 25歳で3歳の子供がいる人妻っていう中々面白い物件だ。出会い系で募集してたのがキッカケ。 そんでその人妻がかなりエロくてだな、俺はセフレとの生活を満喫してたんだわ。 セフレとの関係も半年が過ぎてマンネリになってきた俺達。 そんな雰囲気を相手も察したのか、現状打破しようと向こうが提案してきたのがハプニングバーだった。 正直名前は知ってたが、どんなところかも全く分からなかったので興味本意で行ってみようという事に。 ネットで雰囲気良さげなハプニングバーを検索し、いざ突入。 店の看板などは一切なく、本当に普通の一軒家み…
【寝取られ体験談】避妊なしで浮気した柏木似の妻part3
2017/07/04 03:46
2017/07/04 03:46
650:柏木◆1a6yrQWvj8ex:2014/02/02(日)18:03:06.84今日限りで消えます。 >>638 妻がそういうことに興味があったことは知りませんでした。 これからは妻が満足するように心がけます。 まあ妻の方が詳しいので教えられてる立場ですが。 >>645次やったら離婚です。 離婚届も預かってるし。 信じてますから。 両親も知ってるし、これ以上恥をさらすようなことは。 >>647そんな感じです。 >>648関係がその後も続いていた件は、弁護士にも話しました。坂東は会社の指示で自宅待機になっています。 処分はこれから。…
デッサン用のヌードモデルのバイトをしてから、淫夢にうなされるようになった女子大生の話
2015/09/03 16:02
2015/09/03 16:02
私は21歳の女子大学生でりつこと言います。

今日は私のとっておきのスケベな秘密を告白したいと思います。

それは教員免許を取得カリキュラムで、

教育実習のため母校である高校にいったときのことです。

美術の先生に絵のモデルのバイトをやってくれないか?

といわれました。

バイト料も一日二時間で一万円くれると言うし、

悪い話しでは無かったけど、ちょっと怪しくて、

変わってる先生だったから、最初は断っていたんです。

その先生は48歳独身、結婚歴なしで、

とても女っ気あるように見えない

服はいつも同じ、不潔そう、太ってる、

頭薄いと嫌な印象しかない典型的な中年キモい喪男のおっさん…
オマンコをクスコで拡げてザーメンを確認する会社の上司は私の彼氏なんです。
2016/03/19 12:02
2016/03/19 12:02
私の彼氏は33歳で、会社の上司です。

会社では厳しい主任さんなんですが、

ベットではただのエロ親爺です(苦笑)。

彼氏ってば中出しが大好き・・・

というか中に出してこそセックス!!

という人でして、

「費用は持つからピルを飲め!」

と言われまして・・・

セックスは全てアナルかオマンコに中出しです。

ちなみにピル飲む前は完璧安全日はオマンコに、

他はアナルにとやっぱり全部中出しでしたが(汗)。

そんな彼氏の趣味は・・・まずは会社で中出ししたがるんですよ~~~。

すごく仕事には厳しいんですが、

二人で残業したり他に誰もいないときなど

チャンスを見つけるとセックスしたが…
【痴女】初めてオナクラに行った
2015/12/17 01:53
2015/12/17 01:53
工房の頃、 サッカー部の夏合宿で学校の合宿場に泊まっていた。 その合宿場は俺等の高校と、もう一つの高校で合同で合宿していた。 日中の部活も終わり、晩飯を食べる時、マネージャーが洗濯物の量が多すぎて、手伝って欲しいと要請がきた。 結局俺はジャンケンに負けて手伝う事になった。 丁度三年生が引退したばかりでマネージャーの人数が足りなくて…と言われた。 マネージャーは 二年2人だけ 一年のマネージャーは夕食の支度にまわっていた。 仕方ないな… そう思って手伝った。 終わった頃にはメシも食べ終え、風呂も入った他の部員は部屋で雑談したりお菓子を食べたりして…
バイトの採用面接
2015/12/12 22:14
2015/12/12 22:14
先日の休みの日に、バイトの採用面接をやったんだ。 面接に来たのは、ついこの前高校を卒業したばかりの女の子。 4月からは、地元では頭がいいっていう評判の高い大学の新1年生。 この子がまたかわいい子でさ。 見た瞬間に採用を決めたね。 もちろんそんなことは態度に出さず、面接開始。 今までにバイトをしたことがないらしく、面接でもガチガチになってた。 「もし採用していただけたら、一生懸命がんばります!」なんて言ってんの。 かわいいわ~。 休日なんで客も他のバイトもいない。 この状況をもう少し楽しみたくて、 「本当にがんばれるなら、今から少し仕事を手伝ってもらってもいい?」 …
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【浮気】小悪魔な元カノに翻弄されて人生初の中出し[中編]

・極上の獲物

・❤久しぶりの痴〇行為に緊張

・ブルセラショップで下着を売っていた私と、キモいおっさんの話2

・職場の後輩にカラオケで襲われてエッチしちゃいましたwww

・2ヶ月ほど前の事です。

・【裏山】JD2の彼氏持ち女友達とエッチしたらwwwwwwwwwwww

・20歳年下の彼と出会って女の悦びを知ってから…【人妻体験談】

・職場の忘年会で後輩とエッチしたのですが・・・

・❤叔父とのセックスには充実しています

・【画像】JDのあたし将がJKコスプレしてみた結果♡♡♡

・ブルセラショップで下着を売っていた私と、キモいおっさんの話

・妻を寝取らせることにしたら【人妻・寝取られ体験談】

・【近親相姦体験告白】母にペニバンで犯してもらった

・外国人とのSEXは強烈でスポーツ並に汗だくになる件www

・寝取られ現場に遭遇すると、とっさに相手を殴るなんて出来ないものですね

・人妻になった同級生に中出し【人妻体験談】

・【驚愕】今日出会い系の女と初対面でセoクスしたが、やっぱり女ってクズだなぁ・・・・

・30代人妻^ ^

・好色淫熟妻・眞澄(Age51)?1

・人生最高エッチで最悪な体験談

・大人のブルマっていやらしいねw【体験談】

・職場でするのが大好きなOLさん

・【浮気】社長とその息子とちょっとだけ親子丼

・“脳イキ”できる美人な奥様を“腹部責め”で攻略

・真面目なレギュラー達は、練習後に不真面目に乱交してました

・泥酔して失禁したブスになぜか女を感じて

・大学の吹奏楽部で浮気しまくり

・33歳バツイチのいとことのセックスを、覗いていたいとこの娘に…

・今日妻が上司とセックスするはず・・・