寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

かおるさん

2018/01/08 23:28


去年、かなり仕事が立て込んでた時期があった。
毎日残業で休日出勤も珍しくなく、社員全員がどたばたと仕事をしていた。
ある日、俺が別室での作業を終えてフロアに戻ると、そこには俺より2つ年上のかおるさんが
残って仕事をしていた。
普通は女性社員だけを残して帰るってことはないんだけど、その頃はみんな忙しくて、帰れる
ときはさっさと帰るというのを徹底していたから、たまたまその日はかおるさんだけが取り残され
てしまったらしい。
時間は確か23時近かったと思う。

「かおるさん、お疲れさんでーす」
「あれT君まだいたの?」
「うん、独房(別室の呼び名)にいたんで」
「そっか。私が最後かと思ってたよ。まだかかるの?」
「うーん微妙。いっそ今日はやれるとこまでやってサウナにでも泊まっちゃおうかと思って」
「サウナねー。男の人はそれが出来るからいいよねー。私なんか今からだと駅からタクシーだよ」
「あーだったらかおるさんもサウナ泊まります?最近は風呂とかもきれいだし俺が泊まってるとこ
だと女性専用フロアとかもあるし着替えさえ何とかすれば平気でしょ?」
「そうなんだー。その方が楽かなぁ。でも残業してサウナに泊まる女ってなんか終わってない?」
「どうかなーwwまーいいんじゃないですか、かおるさんけっこう男っぽいしw」
「ちょっとー、何よそれww」
先輩とはいえ、気のいいかおるさんは俺にとって気兼ねなく話せる間柄で、公式の場以外では
大抵こんな感じのくだけた会話が普通だった。

席に戻りパソコンを立ち上げ仕事を再開する。
部屋にかおるさんと二人だけっていう状況が妙に気になり、背中でかおるさんを意識しつつも
仕事に集中することさらに1時間。
と、突然後頭部に何かを押し付けられた。
振り返るとそこにはかおるさんが立っていて、手に持った缶ビールを俺の頭に押し付けていた。
お中元かなんかで貰った缶ビールを冷蔵庫から持ってきたらしい。

「もー疲れたよーwそろそろ上がらない?」
「ですねw」
そう言いながら俺は缶ビールを受け取り、仕事を切り上げた。

仕事で疲れた体にビールが沁み渡る。
席に戻ったかおるさんが、「ねー、T君が泊まるサウナってどこー?」と俺に尋ねる。
俺はお代わりのビールを持ってかおるさんの横の席に移動すると、かおるさんと一緒にパソコン
を覗き込んだ。
「えっと、ここですね、スパ・******」
「へー意外ときれいそうだね」
「きれいはきれいですよ。それに結構女の人も使ってるみたいだし・・・」
言いながら、サイトを見ているかおるさんを横から見つめる俺。

俺は残業モードでネクタイを外しYシャツのボタンも2つぐらい緩めていたけど、かおるさんも
ジャケットは脱いで、ブラウス1枚に袖まくりという残業仕様の格好で、パンプスも脱いで
可愛らしいマイサンダルを履いているのが妙に色気を感じさせた。
しかもよくよく見るとブラウスの第2ボタンと第3ボタンの間に微妙な隙間が開いていて、
角度によってはその間からブラが見えそうになっているのにも気が付いてしまった。

かおるさんの胸のふくらみとブラウス越しに透けるブラ。
見えそうで見えないボタンの隙間と太もものラインがよーくわかるピタっとしたパンツスーツ。
俺は急に下心がむくむくと湧き上がってきた。

そんな俺の気持ちに気付かずネットに見いるかおるさん。
見るとポータルサイトの画面に戻って、ニュース記事を読んでいた。
「まーたネットで脅迫して捕まった奴がいるんだって。バカだねーw」
かおるさんが独り言のように言うので覗き込むと、それは2chで脅迫カキコをしてタイーホ
された奴の記事だった。

「何でこんなこと書くのかねぇww」
「ストレスじゃないすか、やっぱり」
「ストレスなら私も溜まってるちゅーねんw」
「溜まってます?」
「溜まってるでしょーwT君は溜まってないの?」
「そりゃ溜まってますけど」
「溜まるよねーw」
知ってか知らずか溜まる、溜まるを連呼するかおるさん。
実は別の物も溜まってるんですけどとも言えずに、思わず俺は苦笑いw

「じゃあストレス解消に肩揉みましょうかw」
「なに?」
「だから肩揉みましょうかって」
「んー、なんか変なことされそうだからいいやw」
さすがにかおるさんは鋭い。でも俺もそう簡単には負けない。
「ひどいなー。そんなことしないってw」
「いや、あんたはするねw」
「しないですってwていうかしちゃ駄目?」
「駄目にきまってるだろw」
「じゃあマッサージだけ」
俺はそう言うとかおるさんの後ろに立ち、有無を言わせず肩を揉み始めた。

「う”ー気持ちいぃ・・・」
意外にも抵抗せず俺に体を預けるかおるさん。
俺はかおるさんの肩の手触りや色っぽいうなじを堪能しつつ、しばらくは黙って肩を揉み
続けていた。
かおるさんの肩は細く、首筋の色は白く、俺は肩を揉んでるだけで結構興奮してきたw
「次は腕ですかね」
俺はそう言うと今度はかおるさんの腕を取り上腕を揉み始めた。
「かおるさん、腕ぷよぷよっすよw」
「うっさいなーw」
そう言いながらもかおるさんに抵抗なし。
かおるさんのぷよぷよの二の腕を揉みながら、俺は次の展開を考えていた。

「かおるさん、次は腰?」
「うーん変なこと考えてそうだし腰はいいや」
「そんなこと無いってwひどいなー、じゃあ次はおっぱいで」
「駄目!」即行拒否。
「ちょっとだけ・・・」
「駄目って言ってるでしょ。ほらもう一回肩揉んでw」
「はい・・・」
正攻法はあえなく拒否られ、仕方なく俺はまた肩を揉み始める。
ある意味生殺し過ぎる。

「かおるさん、おっぱい駄目ですかね?」
再チャレンジ。
「駄目だって。触りたきゃそういう店いきなよw」
「そういう問題じゃないんですけどね・・・」
「それに触ったって大したことないってw」
「大したことありますってw」
「駄目、駄目、駄目ーー!!」
全く聞く耳を持ってもらえない・・・

俺はこのまま交渉しても埒が明かないと判断し、強行突破に方針を切り替えた。
俺は肩から徐々に腕に揉み場所を移動すると、隙を見て一気に後ろからかおるさんの乳を
鷲づかみにした。まぁ一種の賭けに出た訳だ。
「うひゃぁ!!」かおるさんが素っ頓狂な声を上げる。
「ちょっ、やだっ、やめろって!」
暴れるかおるさん。しかし男の力で後ろから押さえつけられてるから自由は利かない。
ここで本気で激怒されたらエライことになるし、その時は全力で謝ろうと思っていたんだけど、
幸いなことにかおるさんの抵抗は徐々に弱まり、ついにはされるがままの状態に落ち着いた。
無抵抗のまま俺に胸を揉まれるかおるさん。
俺は戸惑いながらもかおるさんを押さえつけたまま胸を揉み続ける。
「もーこういうのやめてよー」
かおるさんが弱々しく言った時、内心勝ったって思ったw

「あーやわらかいw」
「もー駄目だって」
「めちゃくちゃふわふわだしw」
「もー、ばかっ!」
「かおるさん、直は駄目?」
「当たり前だろ!」
「じゃあこのまま一時間ぐらいもん出てもいいですか」
「もー駄目。やめよ、ねっ」
「そうは言っても俺このまま揉みまくりですから」
「お願い、もう勘弁して」
そんな会話をしつつも乳を揉まれっ放しのかおるさん。
時折俺が乳首の辺りをクリクリって押すとピクッとするのが可愛らしい。
後で聞いたらかおるさん実はもうこのあたりでどうなってもいいかって思い始めてたらしい。
結構早って思ったw

俺はしばらく無言でかおるさんのおっぱいを揉み続けた後、意を決して
「かおるさんごめん。もう諦めて」
そう言うと、かおるさんのブラウスのボタンに指を掛けた。
「駄目だってばぁ!」
そうは言うもののもうかおるさんの抵抗もほとんどポーズ程度。拒否する手が全然全力じゃない。
胸元がはだけブラと白いおっぱいの谷間が現れる。
すかさず俺はブラの隙間から指を入れ直接乳首を刺激する。
あんっと声を上げてかおるさんの体が反応し、ついに乳首が姿を現した。
ここまできたらあとは勢い。
俺はたっぷりとかおるさんにキスをしたり乳首を愛撫をしながらも徐々に自分もYシャツとズボンを
脱ぎ、Tシャツとパンツだけの格好になった。

当然のことながらこの時点で俺のナニは既にかちかちの状態。
俺はかおるさんのさんの手をとり握らせると、耳元で「ほーら、かっちかちやぞw」と囁いた。
「ばかじゃないのw」
悪態をつきながらもかおるさんは俺のちんちんをちゃんと握ったままでいてくれる。
「今度はかおるさんにしてもらいたいな」
「いや、えっと、それは無理」
「だって溜まってる?ってさっき聞いたじゃないですか」
「そういう意味じゃないし」
そりゃそうだけど、俺ももう収まりがつかなくなっている。

「ねーかおるさん。まじで駄目ですか?俺、限界なんですけど」
俺の素直な告白に諦めたのか呆れたのか、かおるさんが「もーどうすればいいのよ?」と尋ねる。
すかさず俺は
「えーと、できれば口で」
「まじで?えーもう何でこんなことになったんだろ・・・」
そうぶつくさいいながらも体を起こし、椅子に座り足を広げた俺の間で膝立ちになるかおるさん。
ある意味この辺が気のいい姉さんたる所以でもあるw

「ちょっと待って」
俺はそう言うとかおるさんのブラウスを脱がせ、その流れでブラのホックも外した
ここまでくるとかおるさんも諦めたのか、腕を少し開いて脱ぎやすいようにしてくれて意外と協力的。
プチンポロンってかんじでかおるさんのおっぱいが姿を現した。
「あ?」という諦めにも似た声と共に、会社で生乳露出のかおるさん。
異様な光景に興奮度が一気にア…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【痴漢・レイプ】慰安婦妻【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/01/09 08:21
2017/01/09 08:21
10代の少年達は、1ケ月もすると妻の体に飽きてきたのでしょう。いくら若く見られると言っても40代の妻ですから。少年達の多くの精液を体内に受け入れ、性欲処理どころか精液処理のティッシュにのように口を使わされただけの妻でした。さすがに彼らには、40代の人妻を調教することまでは考えなかったようです。妻は、これから書いていく大学生達による調教により、自ら若い男に声をかけ、抱かれると言う淫乱主婦にさせられたのです。少年達は、妻の後始末を大学生のtとkに頼んだのでした。妻はいくらかのお金で大学生に売られたのでした。tとkによる妻への調教の開始です。学生達の慰安婦になる為、妻は心までも変えられていきました…
行きずりの女性はアナルでも逝ける性豪でした
2016/10/19 17:00
2016/10/19 17:00
彼女と出会ったのは、1ヶ月ほど前です。
タクシー乗り場で並んでる時でした。いつもは30分も待てば乗れるのですが、その日あなぜか行列が出来ていて、1時間以上待っても半分も進まない状態でした。
することもないので、前に並んでた女性に話かけて、いつの間にか意気投合。
雨も降ってるし、雨宿りして空くの待ちませんか、なんて感じで、居酒屋へ。


話が盛り上がるにつれて、アルコールも進んで、いつしかエロい話まで。

「私だって30もすぎたバツ一よ。アナルセックスくらい経験あるわよ」
なんて言ったかと思うと、学生時代は休み時間にトイレで先生のチンポをしゃぶっていた、
友達の部屋で…
彼を奪い返した
2017/02/04 20:01
2017/02/04 20:01
友達と別れて 家に帰ったのが夜10時 寝室のドアが少しあいてて ママの背中がみえてた 若くてきれいねって よく言われてる お帰り、ごはんは自分で暖めてたべてね 顔だけこっち向けて、そう言って ママったら はあはあ言いながら 腰をふって、エッチの真っ最中 パパは3日間の出張で 裸で仰向けで ママのお相手してたのは 私の、コーチ さっきまであってた友達 その知合いの 大人の女の人も一緒で 私に「和歌」を教えてくれた 繰り返し、口で言い続けなさい 彼をとり戻すことができますよって 呪文みたい 私、そういうのあまり興味ない でも、そう言えば その友達 最近、彼をとり戻してた あんあんって ママの声が聞…
【義家族】義母と田んぼでエッチ【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/07/13 03:39
2017/07/13 03:39
天気快晴で稲刈り日和。 義父はコンバインに乗り込み田んぼに向かった。 妻は仕事で出勤。 義母と私は軽トラックに乗り込み出発準備をしていた。 義母はレギンスにロング丈のTシャツ姿だった。 農業からは想像も付かないが、義母が着ると様になる。 義母が軽トラックに乗り込んだ瞬間、何とも言えないいい香りが漂い、それだけで私はムラムラしていました。 「今日は暑くなるかなぁ?」 「そうだね!もう既に暑いし・・・」 田んぼに向かうと、義母は刈取り前の田んぼに入り隅の稲を手狩りし始めた。 私も一緒に行き、手狩りを手伝いながら義母のお尻を舐める様に直視するんです。 レギンス姿とは言え、義母のレギンスは使…
ご近所の旦那さんに車の中で犯されました
2017/07/21 08:19
2017/07/21 08:19
実は私、結構田舎に住んでいて周りに何にもないんですね>< 近くにダムがあって、そのそばに遊水広場があるんだけど、夏休みとかは、そこでよく小学生の子供たちを遊ばせていたんです。 そこは平日の昼間とかはあんまり人が来ないところで、アスレチックとかサッカー場とかあって子供も行くのが好きだったんです。 ある日、子供を連れてそこに行くと一台の車が停まっていました。 誰かなって思ってたら近所の旦那さんで、その人も子供を遊ばせに来ていたんです。 その旦那さんは40歳の手前で、背は低いんだけどがっしりしている人です。 名前は山岡さん。 前からの知り合いで、ウチの旦那とも仲が良かったので子供を遊ば…
【母親との告白体験談】母の下着軽量化2  ~近親相姦体験告白~
2015/11/23 17:57
2015/11/23 17:57
前編:母の下着軽量化11名前:ネコ耳少女(神奈川県):2007/04/19(木)11:45:28.04ID:bvtPTdMX0立ててやったぞ7名前:ほうとう屋(樺太):2007/04/19(木)12:23:16.84ID:w9fehWppO1お手数かけて申し訳ありませんでした。 スレ立て乙。 学食は密集度が高いんで、終わったら報告に来ますね。 すみません、18名前:ほうとう屋(樺太):2007/04/19(木)12:52:21.48ID:w9fehWppO昨日の夜遅くの事でしたわ。 わたくし、お母様とトリック見てましたの。 そのトリックにも、菅井きんとかいうお母様が出てましたわ。…
人妻専門のデリヘルで働いていたパイパン母さん
2017/07/15 23:19
2017/07/15 23:19
僕の母さんは人妻専門のデリヘルで働いています。 自分の小遣い欲しさに働いている為、父さんも姉さんもこの事は知りません。 故に仕事も平日の昼間だけです。 源氏名は恭子。 実年齢は45歳なのに、35歳だと10歳も年を偽っています。 もっとも童顔で背の低い母さんは、35歳と言ってもギリギリ通用するみたいです。 僕は20歳の会社員なのですが、毎週水曜日が休みで、休みの日には昼間からよくデリヘルを利用していました。 たいていが普通のデリヘルなのですが、時々年上の女性に甘えてみたくなり、人妻専門のデリヘルも利用してたのです。 その日も今日は年上の女性っていう気分で、ホテルから人妻専門デリヘ…
元中学教師の妻が教頭とSMプレイを交えたセックスをしていた過去
2018/03/06 04:49
2018/03/06 04:49
妻も私も40代、ごく普通の生活を送っている。 妻は今でこそ一般企業の会社員であるが、8年ほど前までは某県立中学の社会科教師だった。 某大学教育学部を卒業後、教員採用試験に合格し、いくばくかの研修後、この中学に赴任した。 比較的おとなしめの学校ではあったようだが、数ヶ月で教師としての自信を失いかけ、それを上司である教頭に救済された事から、信頼関係を築きあげ、それが男女の関係に発展するという、良くあるパターンで妻は教頭の「女」になった。 妻も「まじめ」な性格ではあるが、セックスの経験がなくはなかったようで、この教頭で二人目の「男」だったそうだ。 …
ペットショップ
2017/02/08 01:05
2017/02/08 01:05
風俗の世界に飛び込む理由は,人様々です。私の場合は,母の治療費でした。その甲斐もなく私ひとりになちゃったけど。片親だったから。お金は困らなかったけど,生活は空しかった。 だからペットショップに足が向いたのかな。 男は信用しなかったけど,そこの一人の男性店員さんは優しかった。この猫ね,今は看板猫だけど,人見知りすぎて売れ残ってね,僕が飼ってるんだ。ほっとけなくなっちゃって・・・。照れながらコ?ヒ?を出してくれるんです。 自然に付き合うようになってました。 風俗はやめてたけど,こんな女だと彼には正直に話しました。 今での男は私の過去を知ると,離れていきました。 彼は「黙ってれば分からないのに,辛か…
【人妻体験談】不妊治療で医者に検査してもらった妻が手淫でイかされた
2018/05/17 22:02
2018/05/17 22:02
妻と夫婦の営みを何度してもなかなか子供が授からず病院で検査してもらい不妊治療する事になったんです 夫の私も精子検査の為何度か病院に同行したことがあります これからの話は、その時の恥ずかしくも興奮するエロバナなんです 病院での妻は、更衣室で超ミニのワンピースのような検査着姿に着替えます 妻はいつも検査着の裾が短い事を気にしてしきりに下方ばかりを押えていましたが 私は、大きくV字に開いた胸元の白い乳房が 普段は無い深い谷間を作る方に目を奪われてました 私と妻は容器を渡され別室に向かいます 私と妻は渡された容器に出来るだけ多くの精子を出さなければなりません 妻はフェラチオと手コキでオナニーサポート…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・年上新入社員の麻美

・ロリコン

・【不倫】夫の職場の屋上で友達のご主人とドキドキエッチ

・男2女1で酒の勢いで3Pした

・痴漢じゃないです~

・ツーショットで卒業間近のJKと

・【人妻体験談】ヤリマンビッチで馬鹿な母乳幼妻と出会い系で知り合い中出しフィニッシュ

・小料理屋の女将と関わったアレコレな話

・OLが股を開き気味に脚を投げ出して寝てた

・某サイトに割り切りで募集をした体験談

・遠距離の彼女と会いに行く前の晩に巨乳の先輩と

・色黒で爆乳、男勝りの勝気な幼馴染 小学生編(再補足と再修正)

・射精で暴れるおちんちんを口に収めておくのが大変・・・

・飲み会でお持ち帰りしたら同僚の彼女って打ち明けられ仰天した話2

・【人妻体験談】ハミケツTバックの人妻を公衆トイレに拉致って中出しレイプ

・【熟女体験談】レントゲン撮影の時にビキニパンツに興奮して逆痴漢してきた熟女ナース

・自分でも知らなかったスケベな私の体

・【SM・調教】終わらない絶頂地獄

・色黒で爆乳、男勝りの勝気な幼馴染 小学生編(補足と修正)

・飲み会でお持ち帰りしたら僚の彼女って打ち明けられ仰天した話1

・40歳のヌード

・【人妻体験談】息子の同級生に調教されて雌犬奴隷になった下品な母

・【熟女体験談】同級生の家に性奴隷家政婦として働いていた母に目隠しして近親相姦SEXをした息子

・大塚愛似のかなり可愛い女友達

・超美人のOLを鬼のように口説いて中出しさせてもらった

・男のオモチャの様に扱われた日々

・36歳の巨乳処女OL(再々修正版)

・【Hな体験】防音の放送室に呼び出されて[前編]

・酒を利用して寝取った

・【SM・調教】女子校育ちの処女を俺好みに育成