寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

妻が浮気をしていると知ったとき、怒りや嫉妬よりも

2018/01/08 23:00


私の妻は40歳になります。その妻が浮気をしていると知ったときは怒りと嫉妬とそして、
何か分からないげれどすごい興奮でどうにかなりそうでした。
それでも未だにまだ妻に問いただすことはできませんが。
まさか自分の妻が浮気しているなど想像もしませんでした。



童顔で細身ですから年よりはずっと若く見えますが、もう40歳になるし、
それに、非常にまじめで結婚するまで処女でしたし、それ以来遊び歩くこともしていないので、
妻が浮気するなんて考えたこともありませんでした。妻が浮気をしているのではと気がついたきっかけは、
妻の留守に何気なく妻のたんすを見たときからでした。引出しの一番奥に紙袋が入っていて、
何か胸騒ぎがしてそっと中を見てみました。そこには、下着が入っていたのでした。
それも妻がいつもつけている下着とは違ってすけべな下着ばかりでした。
赤や白のレースのスキャンティー。
陰毛の濃い妻が身につければあそこの毛が黒々とみえてしまうようなものです。
それに、レースのブラジャー。当然乳首まで見えてしまいます。それにガーターまで入っているのです。

「私の前ではこんな下着をつけたことがないのに。」
この下着は男に見せるための下着です。私以外の男がいるということは間違いないと思いました。
下着を裏返して股間のところを調べてみましたがさすがに洗濯がしてあり、汚れてはいませんでした。
私はそのときもう怒りと嫉妬で高ぶっていましたが、その下着をつけて男に見せている妻や、
その下着を脱がされて嬲られて、そして、その男にち*ち*を突っ込まれてよがり声をあげている妻を
を想像してペニスは硬くなって、あやうく射精しそうでした。
 その夜、妻とセックスをしました。というより、
「妻を犯してやろう。」
といった気持ちでした。
頭の中はあの嫌らしい下着を着けて男に抱かれてよがっている妻のことで頭がいっぱいでした。
妻の寝ているベッドに行き、妻のネグリジェを一気に脱がせました。
いつもは優しく抱いてキスをしたり小ぶりだけれど敏感な乳房をもんだりしてから妻を
裸にしていくのだけれど、今日は最初から下半身を剥き出しにしてやりました。
「どうしたの。」

妻は驚いたようですがそのままにしています。妻のパンティーを見るとピンクの普通のものでした。
「おれの時は普通のやつか。」
妻のパンティーを一気に脱がせました。妻は逆らうことなく脱がされるままです。
そして、妻の太股を開くと、顔を近づけました。
そこにはいつも見慣れている妻のいやらしいおま*こがありました。
「このおま*こに突っ込まれている。」
妻のおまんこを見ました。濃い陰毛にかこまれたすけべなおま*こが剥き出しになっています。
妻のおま*このぴらぴらは大きくぽってりとして少しはみ出しています。
そのぴらぴらがうっすらと開いていました。そのぴらぴらを思いっきり開いてやると、
私はそこに顔を近づけました。妻はもう濡らしていました。それから、嘗め回しました。

妻は、
「あーーーっ。」
と声をあげます。敏感なところをなめあげてたり吸ったりするしながら、
指先で乳首を転がしてやりました。
「あーーーっ・・・あーーっ・・・」
妻のよがり声がだんだん大きくなります。
「このくらいで入れてやるか。」
と思い、それから散々妻を責めました。妻はついに、
「もうだめ・・・あーーーーっ・・・入れて・・・」
とうわずった声で言っていますが、それでも入れてやりませんでした。
妻は細身でいったん発情すると体中が性感帯になってしまうのをよく知っていましたから、
妻の弱いところを嬲ってやりました。
妻のおま*こは愛液でべちょべちょになってシーツまで汚していました。
「あーーっ・・・・もうゆるして・・・・いれて・・」

私ももうがまんできなくなって妻のぐちょぐちょのおま*こに入れてやりました。入れたとたん、
「あーーーーーっ・・・・・・」
糸を引くようなよがり声とともに妻はいってしまいました。それから、何度も妻をいかせてから、
私も妻の中に精液をぶちこんでやりました。
 つぎの日の朝、起きるとき
「夕べはどうしたの?」
ときく妻に、
「浮気をしているんだろう。」
とは聞けませんでした。それ以来もっと決定的な浮気の証拠を見つけても妻には言えないでいます。

次の朝、少し冷静になって、いったい妻の浮気の相手は誰だろうと考えてみました。
そして、妻との何気ない会話で誰だか分かったのでした。
「私、くたくた。体がだるいわ。あなた夕べすごいんだもの。」
「裕美だってすごかったぞ。疲れてるなんて言っていたくせに。」
「そうよ。昨日は書道の先生のところでいっぱい練習してきたのよ。」
妻は平気な顔をして言いました。妻は全然私が浮気に気づいているなんて考えてもいないようでした。
妻とのセックスが最近激しくなったので、妻はよけいに私が疑っているなんて考えなかったのかもしれません。
妻のその言葉で、妻が昨日あのいやらしい下着をつけていったのは間違いなくその書道の先生の
ところだと分かりました。
以前から書道をやっていた妻は一年ほど前からその書道の先生のところに行き始めていました。
まだ40代で若いけれど少しは有名な人だと聞いていました。その書家に妻は愛撫され、
そして、いやらしい下着をびしょびしょになるまで発情させられ、そして、
おま*こに入れられたに違いありません。

 それから、月に2回ほど妻がその書家のところに行く日は、
必ず脱衣籠を帰ってきて調べるようにしました。
そして、そのたびに一番奥に隠すようにいやらしい下着が隠されていました。
そして、いつもスキャンティーの股間のところはおもらししたように濡れていたのです。
精液のにおいこそしませんが、妻の嫌らしい匂いがしました。その下着を見るたびに私は最初は怒りが
強かったのですが、しだいに怒りよりも嫉妬し興奮するようになってきました。
そして、妻をどうやってあんなに発情させているのか、妻がどのようにあの男に責められ、
そして、悶えているのか見たくなってきました。
それに、浮気を発見してからのほうが妻とのセックスの回数も増え、
激しいセックスをするようになってしまいました。
妻はだからよけいに私が疑っているなどと思わなかったのでしょう。

ある日の夜掃除をしているので、
「どうしたんだ。」
と聞くと、
「明日書道の先生が来てくださるの。私の今までの作品をいろいろ見てくださったり
教えてくださるんだって。」
などとうれしそうに言うのです。私はそこで思いついて、
録音テープのタイマーを書家が来るという時間にセットしました。
隣の部屋のステレオの陰ですから見付からないと思いました。
次の日は仕事になりませんでした。急いで帰ってくるとそのテープを持って自分の部屋に行きました。
そして、聞き始めました。
「まだこの字がよくないな。」
「はい。」
という習字をやっている会話が1時間くらい続きました。
「今日は全然集中していないな。もう書かなくていい。」
という怒った書家の声。
そして、妻か謝っても許してもらえず妻が道具を片付けているような音がしました。
「いつものようにしなさい。」
という書家の声がしました。私は何やら胸がたかなってきました。
ごそごそという音の後静けさが少し続きました。そして、書家の言葉が聞こえました。
「裕美は白の下着をつけると嫌らしい眺めになる。
パンツの上から毛がはみ出しているし、黒い毛がもじゃもじゃと透けているぞ。」

「恥ずかしい…・」
その言葉で妻が下着だけにされて書家の前に立たされているのが分かります。
私は嫉妬と興奮で勃起したものをにぎっていました。
「ブラジャーをとりなさい。」
そして、
「もう乳首がたっているのか。」
という声。妻の小ぶりだけれどまだまだ形の崩れていない乳房と子供を産んで少し黒ずんでいる
勃起した乳首が頭に浮かび、勃起したものをしごいていました。
「今日は集中できないわけだな。大事な字を書くときに集中できなかったからそのかわり、
そこで自分で乳首をいじってみなさい。」
まさかそこまでやらされるとは…男の前にパンティー一枚で立たされて自分で乳首までいじらされていると
は想像もしませんでした。少し静かになりましたが、
「あーーっ…」
という妻の声が聞こえてきます。妻は自分で乳首をいじりながら感じているようです。
妻のかすかなよがり声が聞こえますが、書家の声はしません。立たされたまま妻は書家の前で乳首を
いじりつづけているようです。妻の敏感な乳首をいじれば妻はもうふらふらのはずです。
しばらくすると、
「もう…・だめ。」
という妻の声が聞こえてきました。私は激しく勃起したものをしごくと射精してしまいました。
それでも興奮は収まりません。

「こっちにきなさい。裕美」
妻の名前を呼び捨てにしているのです。そして、それに素直に従う妻。
がさがさっと音がしましたが、それから少しの間また音がなくなりました。
頭の中で妻がパンティー一枚でどんないやらしいことをさせられているのか想像してしまいました。
「裕美は字は集中できないが、おしゃぶりは集中できるんだな。」
妻は書家のものをしゃぶらされているのです。そのうちに妻の、
「うっ…」
といううめきのような声が聞こえてきました。たぶんしゃぶらされながら乳首をいじられているのです。
私はまた勃起してしまいました。激しい嫉妬とそれと裏腹の興奮。妻が書家の言うことを
素直に聞いておしゃぶりをしているという嫉妬と、嫉妬すればするほど興奮するというなんとも
いえない気…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
同級生を奴隷にした話 8
2018/01/22 21:28
2018/01/22 21:28
【下の話の続きです】 同級生を奴隷にした話 同級生を奴隷にした話2 同級生を奴隷にした話3 同級生を奴隷にした話4 同級生を奴隷にした話5 同級生を奴隷にした話 6 同級生を奴隷にした話 7 休日の詩織の華やかさにすっかり魅入られた俺は また、詩織にメールを送った。 「今週日曜は暇か? 暇なら10時に渋谷のハチ公前で」 もちろん「渋谷」も「ハチ公前」も 便宜上用いる地名、場所名だ。 俺は、俺たちの住む街の近くの大きな街に、詩織を誘い出した。 そういう意味だと思ってほしい。 「はい」 「ミニスカートで来いよ。コートは長めの方がいいかもな」 詩織を露出調教さ…
兄妹ではなくなる瞬間
2016/10/18 22:32
2016/10/18 22:32
俺の妹との思い出をココで語ろうと思ういます。俺は17歳妹は12歳で意外と歳の差があった。 ある日妹とテレビゲームをしているときです。 「お兄ちゃん好きな人とか彼女いるの?」この 言葉から始まった。 俺 「美香(偽名)はいるのか?」ときくと 美香「まだいないよ~(^^♪」と結う言葉だった・・ 俺はいないのか~と思いつつ(俺もいないジャンw)まがんばれと 遊び半分でしゃべったつもりが妹は、「うん。ありがとう(*^_^*)」 といってポロポロ泣き始めてしまって俺はどうするかもわからずに 俺 「サシブリに一緒に風呂はいるか~」といると 美香「うん!」この一言で今までの兄と妹の関係ではなくなった。 妹が…
【レイプ・痴漢】昏睡陵辱(1) 【エッチな体験談・レイプ、強姦】【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2016/12/22 05:18
2016/12/22 05:18
今は大きな満足感と征服感に感動しつつも、少しの罪悪感を感じている。さかのぼる事、半年前。男の羨望と蔑みを受ける事をした。私は今の会社に入社して10余年、同期の坂田とは共に係長を任されている。私たちの上司は、部長と支店長の2人だけ、しかも2人とも出張が多い為、実質我が営業所を動かしているのは私と坂田という事になっている。事の始まりは明確ではない。前々からくすぶっていた欲望が徐々に現実になっていったという感じだ。しかし現実になるきっかけの出来事は、私が坂田の家に遊びに行った時、彼女もいない私達はやる事もなく、坂田所有のエロビデオを見ていて、その内容が「クロロホルム昏睡レイプ」というマニアックなも…
上手くいってない友だちの彼氏を寝取っちゃいました
2015/07/31 15:33
2015/07/31 15:33

友達のTちゃんと彼氏K君は付き合っていて、最近仲がうまくいっていないと聞きK君の相談に乗ってあげました。




私自身も婚約者がいて、今は式の打ち合わせなど準備で忙しいのですが、

平日の夜だったら時間があったので話を聞くことにしました。


どっちが悪いとも言えない感じで、ずーっと話を聞いてました。




バーのようなところでお酒も飲み、終電の時間に間に合わなくなってしまいました。


タクシーでは遠すぎるし、どうしようと話しているとK君が「ホテルで泊まるか・・・」

「えぇっ!?私、婚約してる人いるし、K君もTちゃんがいるじゃん」と答えると「何もしないからさ」

お酒…
旦那を亡くして10日で他の男に抱かれて(中編) (友達との体験談)
2016/01/13 07:30
2016/01/13 07:30
旦那を亡くして10日で他の男に抱かれて(前編) (友達との体験談)の続き http://www.seilogs.com/archives/1049523459.html 咲希は床に布団を敷いてあげてあるので、そっと二人で歩いてベットへ。 部屋にはスタンドの照明がついていて、部屋は少し明るい感じ。 グイッとベットに押し倒されて、Mくんは私の首筋やノドのところに舌を這わしてきて・・・ 「ああん、だめ・・・」と言いながらもMくんが舐めやすいように私はカラダをのけ反らせたり、あごを上げちゃったりしちゃって・・・。 Mくんも「何、佐代ちゃん、して…
ツバ
2017/03/04 12:05
2017/03/04 12:05
僕の恥かしい体験実話です。小学6年生の時はまだ、性に関してはまったくの無知でした 昼休みに友人と人気のない屋上への階段で遊んでた時です。 突然友人が「ちんぽの皮、むいた事ある?」って聞いてきました 僕はビックリして「え!?ないよっ!」 そう答えると友人はチャックを開けて、ちんぽを取り出すと 自分でムニュって感じで皮をむきました。 僕は「わーっ」って、めちゃビックリしました。 お前もやってみろよって言われて、怖かったけどやってみました。 ゆっくりと自分で皮をむくと亀頭が出てきました。 ところが、皮の口が小さかったせいか元に戻らなくなりました 仕方なく次の授業はそのまま受けましたが パンツに擦れて…
【レイプ・痴漢】【痴女】興味津々な姉妹【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/04/20 22:57
2017/04/20 22:57
とある平凡な3人の姉妹と弟たちの家。長女の瞳と次女のゆうなは、とある話題で口論になった。瞳「ねえねえ、ゆうな知ってる? 男の子の金玉って、蹴ると『キーン!』って音がするんだって! おもしろいよね」ゆうな「違うよ。『キーン!』じゃなくて『チーン!』だよ」瞳「えーっ、違うよお。この前見たマンガでも『キーン!』って音になってたんだから」ゆうな「いーや、『チーン!』で間違いない。私はテレビで音聞いたもん」瞳「金玉っていうくらいだから『キーン!』で間違いないよ」ゆうな「それを言うならおちんちんとも言うから『チーン!』でもいいじゃん」瞳「うーん、それもそうだけど……」ゆうな「だろ。だから『チーン!』だ」…
巨乳で清純派だった元カノが、今カレの影響でギャルに豹変してたんだがw
2015/08/17 12:02
2015/08/17 12:02
自分は21歳、大学生で

彼女も同じ大学の一個下の20歳。

彼女は幼女体型で148センチの低身長に色白でEcupの巨乳。

まさにロリ巨乳って感じのスタイルで、

よく中学生とかに間違わられていた。

そんな合法炉利の彼女に別れを告げられたのは4ヶ月前。

今でも僕は未だ彼女への想いを拭いきれずに思い切って

「今日暇だったら飲みに行かない?」

と元カノにメールをしました。

すると、彼女からは

「久しぶりだね!うん、いいよ♪」

とお気楽な返事。

その夜、コレはプラスにとっていいのか?

と淡い期待を抱きつつ待ち合わせ場所で待っていると、

目の前に現れた…
3つ歳上の姉ちゃんとエロい雰囲気になった
2015/10/13 01:30
2015/10/13 01:30
3つ歳上の姉ちゃんとエロい雰囲気になった 俺も3歳上の姉ちゃんとエロい雰囲気になった事ある。 俺が高1の時に風邪引いて寝込んでたら、 大学から帰宅した姉ちゃんが「ちゃんと生きてる?」って ポカリ持って俺の部屋に様子見に来た。 体を起こして姉ちゃんが持ってきてくれたポカリ飲んでたら 「熱は?」と自分の額を俺の額にくっ付けてきた。 見慣れてるはずなのに至近距離で姉ちゃんの顔見てキュンとしてしまった。 熱で正常な思考回路ができなかったのか姉ちゃんにキスしてた。 姉ちゃんビックリして固まってしまって10秒位キスしたままだった。 呼吸が苦しくなって俺から唇を離したら、 いきなり「何するのよ、風邪うつる…
ホテルいかん?
2017/01/28 19:19
2017/01/28 19:19
3年前の冬、あるイベントがあり、打ち上げの飲み会があった。 学生時代の仲間数人と飲んでいた。 やがて打ち上げが終わり、皆と別れた後、私の隣にいた女の子が「この後、空いてる?」と声をかけてきた。 私は、「空いてるけど何ぞや?」と返す。 「ホテルいかん?」 何と大胆な奴だと思った。 最も、私が既婚者と分かっていて言うのだから。 私も私で、レスになり妻とのHが3ヶ月以上なかったので勢い余ってOKサインを出してしまった。 その後ホテルに直行し、一服。 ふと彼女が「あつさん、結婚する前からやった。結婚したと聞いてショックやったよ」と告白されもうドキドキ。 彼女はうっすら涙を浮かべ、私…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【SM・調教】おしっこをかけられて悦ぶ可愛いドMちゃん

・葬式の夜に従妹達とハメまくっちゃいました

・社宅での体験談

・△出張から3ヶ月ぶりに帰ると、嫁が優しく淫乱に変わっていた6(転載不可)

・姉弟のパピオン

・【人妻体験談】風俗店で貧乳若妻系風俗嬢のキツイアナルにローションをたっぷり付けて中出し射精

・友達だった女子と酔った勢いで成り行きセックス

・掲示板で見つけた、SM好きのヤリマンビッチ

・【Hな体験】お酒が入るとエロくなる小柄な美形OLさんと

・おとなしくて優しいくせに淫乱な兄嫁を寝取ってしまった

・旦那と彼から人妻を奪い調教する 3

・公衆トイレは女性にとって悪夢な空間

・強引にされると断れない

・若い女より熟女に目が行く俺

・初めての相手は、近所の素行の悪い女の子でした

・「証拠はコレです!」とICレコーダー

・成人式までの大人のトレーニング(成人式の夜の出来事)

・事務員さんはアラフォーな人妻

・【寝取られ】不倫セックス中に嫁が吐露したエロすぎる昔話[前編]

・【人妻体験談】認知症になった義父にレイプされた嫁

・【熟女体験談】妻の恥ずかしい姿を他人に見せるのが大好きな変態夫がブラホックを外し、みんなの前でおっぱいを露出させるエッチな悪戯をしてきた

・不動産会社の営業が来た時の話

・近所のお兄さんに悪戯された

・【不倫】娘と同い年の大学生に虜にされた

・働くエロいお姉さん^ ^

・今さら兄嫁だからやめてください、とか怖そーな人たちに言えないし・・・

・【不倫】うちのトイレでオナニーしてた妻の友達と

・【不買】 私達にも出来る経済制裁 【運動】

・【レイプ】昼寝をしていたら知らない男にクンニされていました

・初めてピンサロ行ったったっwwww