寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

妻が浮気をしていると知ったとき、怒りや嫉妬よりも

2018/01/08 23:00


私の妻は40歳になります。その妻が浮気をしていると知ったときは怒りと嫉妬とそして、
何か分からないげれどすごい興奮でどうにかなりそうでした。
それでも未だにまだ妻に問いただすことはできませんが。
まさか自分の妻が浮気しているなど想像もしませんでした。



童顔で細身ですから年よりはずっと若く見えますが、もう40歳になるし、
それに、非常にまじめで結婚するまで処女でしたし、それ以来遊び歩くこともしていないので、
妻が浮気するなんて考えたこともありませんでした。妻が浮気をしているのではと気がついたきっかけは、
妻の留守に何気なく妻のたんすを見たときからでした。引出しの一番奥に紙袋が入っていて、
何か胸騒ぎがしてそっと中を見てみました。そこには、下着が入っていたのでした。
それも妻がいつもつけている下着とは違ってすけべな下着ばかりでした。
赤や白のレースのスキャンティー。
陰毛の濃い妻が身につければあそこの毛が黒々とみえてしまうようなものです。
それに、レースのブラジャー。当然乳首まで見えてしまいます。それにガーターまで入っているのです。

「私の前ではこんな下着をつけたことがないのに。」
この下着は男に見せるための下着です。私以外の男がいるということは間違いないと思いました。
下着を裏返して股間のところを調べてみましたがさすがに洗濯がしてあり、汚れてはいませんでした。
私はそのときもう怒りと嫉妬で高ぶっていましたが、その下着をつけて男に見せている妻や、
その下着を脱がされて嬲られて、そして、その男にち*ち*を突っ込まれてよがり声をあげている妻を
を想像してペニスは硬くなって、あやうく射精しそうでした。
 その夜、妻とセックスをしました。というより、
「妻を犯してやろう。」
といった気持ちでした。
頭の中はあの嫌らしい下着を着けて男に抱かれてよがっている妻のことで頭がいっぱいでした。
妻の寝ているベッドに行き、妻のネグリジェを一気に脱がせました。
いつもは優しく抱いてキスをしたり小ぶりだけれど敏感な乳房をもんだりしてから妻を
裸にしていくのだけれど、今日は最初から下半身を剥き出しにしてやりました。
「どうしたの。」

妻は驚いたようですがそのままにしています。妻のパンティーを見るとピンクの普通のものでした。
「おれの時は普通のやつか。」
妻のパンティーを一気に脱がせました。妻は逆らうことなく脱がされるままです。
そして、妻の太股を開くと、顔を近づけました。
そこにはいつも見慣れている妻のいやらしいおま*こがありました。
「このおま*こに突っ込まれている。」
妻のおまんこを見ました。濃い陰毛にかこまれたすけべなおま*こが剥き出しになっています。
妻のおま*このぴらぴらは大きくぽってりとして少しはみ出しています。
そのぴらぴらがうっすらと開いていました。そのぴらぴらを思いっきり開いてやると、
私はそこに顔を近づけました。妻はもう濡らしていました。それから、嘗め回しました。

妻は、
「あーーーっ。」
と声をあげます。敏感なところをなめあげてたり吸ったりするしながら、
指先で乳首を転がしてやりました。
「あーーーっ・・・あーーっ・・・」
妻のよがり声がだんだん大きくなります。
「このくらいで入れてやるか。」
と思い、それから散々妻を責めました。妻はついに、
「もうだめ・・・あーーーーっ・・・入れて・・・」
とうわずった声で言っていますが、それでも入れてやりませんでした。
妻は細身でいったん発情すると体中が性感帯になってしまうのをよく知っていましたから、
妻の弱いところを嬲ってやりました。
妻のおま*こは愛液でべちょべちょになってシーツまで汚していました。
「あーーっ・・・・もうゆるして・・・・いれて・・」

私ももうがまんできなくなって妻のぐちょぐちょのおま*こに入れてやりました。入れたとたん、
「あーーーーーっ・・・・・・」
糸を引くようなよがり声とともに妻はいってしまいました。それから、何度も妻をいかせてから、
私も妻の中に精液をぶちこんでやりました。
 つぎの日の朝、起きるとき
「夕べはどうしたの?」
ときく妻に、
「浮気をしているんだろう。」
とは聞けませんでした。それ以来もっと決定的な浮気の証拠を見つけても妻には言えないでいます。

次の朝、少し冷静になって、いったい妻の浮気の相手は誰だろうと考えてみました。
そして、妻との何気ない会話で誰だか分かったのでした。
「私、くたくた。体がだるいわ。あなた夕べすごいんだもの。」
「裕美だってすごかったぞ。疲れてるなんて言っていたくせに。」
「そうよ。昨日は書道の先生のところでいっぱい練習してきたのよ。」
妻は平気な顔をして言いました。妻は全然私が浮気に気づいているなんて考えてもいないようでした。
妻とのセックスが最近激しくなったので、妻はよけいに私が疑っているなんて考えなかったのかもしれません。
妻のその言葉で、妻が昨日あのいやらしい下着をつけていったのは間違いなくその書道の先生の
ところだと分かりました。
以前から書道をやっていた妻は一年ほど前からその書道の先生のところに行き始めていました。
まだ40代で若いけれど少しは有名な人だと聞いていました。その書家に妻は愛撫され、
そして、いやらしい下着をびしょびしょになるまで発情させられ、そして、
おま*こに入れられたに違いありません。

 それから、月に2回ほど妻がその書家のところに行く日は、
必ず脱衣籠を帰ってきて調べるようにしました。
そして、そのたびに一番奥に隠すようにいやらしい下着が隠されていました。
そして、いつもスキャンティーの股間のところはおもらししたように濡れていたのです。
精液のにおいこそしませんが、妻の嫌らしい匂いがしました。その下着を見るたびに私は最初は怒りが
強かったのですが、しだいに怒りよりも嫉妬し興奮するようになってきました。
そして、妻をどうやってあんなに発情させているのか、妻がどのようにあの男に責められ、
そして、悶えているのか見たくなってきました。
それに、浮気を発見してからのほうが妻とのセックスの回数も増え、
激しいセックスをするようになってしまいました。
妻はだからよけいに私が疑っているなどと思わなかったのでしょう。

ある日の夜掃除をしているので、
「どうしたんだ。」
と聞くと、
「明日書道の先生が来てくださるの。私の今までの作品をいろいろ見てくださったり
教えてくださるんだって。」
などとうれしそうに言うのです。私はそこで思いついて、
録音テープのタイマーを書家が来るという時間にセットしました。
隣の部屋のステレオの陰ですから見付からないと思いました。
次の日は仕事になりませんでした。急いで帰ってくるとそのテープを持って自分の部屋に行きました。
そして、聞き始めました。
「まだこの字がよくないな。」
「はい。」
という習字をやっている会話が1時間くらい続きました。
「今日は全然集中していないな。もう書かなくていい。」
という怒った書家の声。
そして、妻か謝っても許してもらえず妻が道具を片付けているような音がしました。
「いつものようにしなさい。」
という書家の声がしました。私は何やら胸がたかなってきました。
ごそごそという音の後静けさが少し続きました。そして、書家の言葉が聞こえました。
「裕美は白の下着をつけると嫌らしい眺めになる。
パンツの上から毛がはみ出しているし、黒い毛がもじゃもじゃと透けているぞ。」

「恥ずかしい…・」
その言葉で妻が下着だけにされて書家の前に立たされているのが分かります。
私は嫉妬と興奮で勃起したものをにぎっていました。
「ブラジャーをとりなさい。」
そして、
「もう乳首がたっているのか。」
という声。妻の小ぶりだけれどまだまだ形の崩れていない乳房と子供を産んで少し黒ずんでいる
勃起した乳首が頭に浮かび、勃起したものをしごいていました。
「今日は集中できないわけだな。大事な字を書くときに集中できなかったからそのかわり、
そこで自分で乳首をいじってみなさい。」
まさかそこまでやらされるとは…男の前にパンティー一枚で立たされて自分で乳首までいじらされていると
は想像もしませんでした。少し静かになりましたが、
「あーーっ…」
という妻の声が聞こえてきます。妻は自分で乳首をいじりながら感じているようです。
妻のかすかなよがり声が聞こえますが、書家の声はしません。立たされたまま妻は書家の前で乳首を
いじりつづけているようです。妻の敏感な乳首をいじれば妻はもうふらふらのはずです。
しばらくすると、
「もう…・だめ。」
という妻の声が聞こえてきました。私は激しく勃起したものをしごくと射精してしまいました。
それでも興奮は収まりません。

「こっちにきなさい。裕美」
妻の名前を呼び捨てにしているのです。そして、それに素直に従う妻。
がさがさっと音がしましたが、それから少しの間また音がなくなりました。
頭の中で妻がパンティー一枚でどんないやらしいことをさせられているのか想像してしまいました。
「裕美は字は集中できないが、おしゃぶりは集中できるんだな。」
妻は書家のものをしゃぶらされているのです。そのうちに妻の、
「うっ…」
といううめきのような声が聞こえてきました。たぶんしゃぶらされながら乳首をいじられているのです。
私はまた勃起してしまいました。激しい嫉妬とそれと裏腹の興奮。妻が書家の言うことを
素直に聞いておしゃぶりをしているという嫉妬と、嫉妬すればするほど興奮するというなんとも
いえない気…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
親子ほど歳の離れた男性との初体験
2016/02/11 19:51
2016/02/11 19:51
どういう経緯で知り合ったのかは書けませんが、高校生の頃から

とてもお世話になっていた年配の方がいました。

親子ほど歳の離れた人でしたが

私は彼をとても尊敬していて、色々親身になって良くして下さった事もあって、とても懐いていました。




正直、私はおかしな事に、それ程歳の離れた相手に恋していたのです。
相手はとても大人で、恋に恋する年齢の高校生の恋愛対象になってしまったのでした。
私が高校を出てすぐの、ある春の日の事です。

彼が出張で出た先の土地に、たまたまその日私も行く事になったので
連絡を取って、夕食をご一緒する事になりました。
少し遅い時間だったの…
田舎育ちのピンサロ嬢とお客の甘く切ない恋愛ストーリー
2016/08/21 14:59
2016/08/21 14:59
転勤してやってきた田舎町に越してきた。

といっても県庁所在地なので、生活するにはそこまで不便ではない。

引っ越し後数週間が経ち、

そろそろ裏の町の探検でもしようかという余裕が出てきました。




基本的に私はお酒がダメなので、

付き合いでもスナックとか飲み屋が苦手なだけに、

歓楽街に足を踏み入れるのは純粋に(?)風俗店探しのため。

歓楽街が開くのに合わせて行動するため、

必然的に夕方以降になります。

まだ人の少ない飲み屋街(その場所は遠い昔の遊郭だったそうです)

の片隅をぶらぶら歩いていると、

風俗店とおぼしきお店を発見しました。

「ただいまの料金○○○○円。」…
息子の嫁に睡眠薬を飲ませ、孕ませようとする義父【種付け】
2016/06/29 00:09
2016/06/29 00:09
私は47歳、現在2年前に結婚した息子夫婦と暮らしています。先妻とは10年前に離婚して今は一人身で淋しい毎日を過ごしています。元々性欲が強く離婚したのも原因の一つでした。オナニーも週3回は欠かさず遣ります。今も嫁のパンツを嗅ぎ、ブラジャ-に果てたところです。


嫁の伸恵は160㎝、バスト90、ヒップ90、私の見た目ですが、素晴らしい身体をしています。息子は出張が多く、いつかは私の物にと、狙っていました。とうとうその日がきました。私は神経内科に通院しています、不眠のためにハルシオンという睡眠剤を持つています。

 米粒大ですが2錠も飲めば朝まで目覚めません,夜風呂から出て来た伸恵にジュー…
【近親相姦体験告白】マッサージは…
2015/12/30 00:33
2015/12/30 00:33
去年の4月から新社会人として某会社のOLを始めた妹…沙智子は毎日の様に夜遅く…とは言っても9時~10時頃の帰宅で、帰ってくるなり自分のベッドへ倒れ込む様に就寝していた。そして翌朝、慌ててシャワーを浴びて身支度をし、出掛けると言った感じで毎日慌ただしい生活をしていた。そんな妹も週末だけは唯一の安息出来る時で、7月の終わる頃の金曜日、何時もの様に遅く帰ってきても金曜だけは必ず俺の部屋に来て、「ただいまぁ~」と言っては人のベッドにうつ伏せになって「はぁ~やっと週末だぁ♪」と幸せそうに呟くのが唯一の安息できる時らしく…そんな妹に「新人社員は大変だな」と、それはそれは他人事の様に言うと「そうなのぉ~…
付き合ってた彼女に突然押し倒されて童貞卒業www今でも付き合ってます!
2017/04/04 22:02
2017/04/04 22:02
中3の時に付き合った彼女と

初体験をし、それから今でもカレカノの関係は続き

付き合っています

中学生の時、

俺はテニスが大好きで、

勉強も頑張りつつテニスで発散していた。

夏休みのある日、その日は

Y(彼女)が入っている陸上部と

たまたま時間が重なっていた。

Yとは家が近いこともあったので、

その日の練習後の帰りはYと帰った。

当時のYはちょこっと天然で、

顔はかなり可愛い美少女で

男子の中ではかなりモテた

その時の俺ときたら、好みのはずなのに

話す内容はなぜか音楽とかテレビとかで、

今では謎の行動をしているなぁ…
陸上部のJK
2018/01/03 08:19
2018/01/03 08:19
その人をはじめて認識したのは4月のとある日だった。 新入生目当ての変態親父っぽいのが正面から密着していた様だったが、触られだした途端にか、蹴りを入れて撃退していた。 そんな事をすると仲間呼ばれて囲まれるのではと心配していたが、案の定翌日数人に囲まれて何かされそうになっていたが、またもや暴れて何とか撃退していた。 ああいう手合いは結構横の繋がりがあるようで、もは彼女に手を出す奴はいなくなったようだった。 彼女は部活に入ったのか部名入りのジャージで通学するようになっていた。 5月の連休明け、私は車内で部活ジャージ姿の彼女の後ろに立っていた。 以前から疑問に思っていたことを試すときがきたのであった。…
女子の脱がし合戦に大興奮!
2017/02/17 13:01
2017/02/17 13:01
243 えっちな18禁さん 2009/06/20(土) 00:21:43 ID:oOTE5F6T0 中学2年の話。 朝の始業前、教壇の付近で女子が雑談で盛り上がっていた。 そこにもう1人女子が登校してきて親友の子におはよーって声かけたんだが、 親友はほかの女子との雑談に夢中で返事をせず、振り返りさえもしなかった。 もう一度挨拶しても返答はなく、端から見ても完全に蚊帳の外という感じ。 それでちょっとムッとしたのか純粋な悪戯心からなのかはわからないが、 その女子、ニヤニヤしながら背後から親友に近づいてそっとしゃがみ込んで、 スカートの中に手を入れてパンツをおろしてしまった。 大きな声で「おっはよ…
【羞恥】好きな人にうんこさんを見られた
2015/11/16 06:00
2015/11/16 06:00
会社でうんこさんを出そうとしたら、女子トイレに“使用禁止”の貼り紙がしてあった。 『一時間くらい使用しないで下さい』とある。 いつから一時間だよ!とツッコミつつ、うんこさんを我慢しない主義の私は困ってしまった。 仕方なく男子トイレを拝借。男性社員が出払ってるのは知ってたから、突然男性が入ってくることもなかろうと。ところがこれが大間違い。貼り紙してなかったけど、実は男子トイレも使用禁止だったんだ。 水が出ない! 一応、水が出るのを最初に確認したんだけどそれは、タンクに貯まってた最後の水だった。タンクの陰に止水栓があるのに気付かないくらい、当時の私は水回りに関して無知だった…
親友夫婦と混浴へ
2016/04/02 15:00
2016/04/02 15:00
この前、家族ぐるみで仲良しの同期山内一家と温泉に行ったんだ。
夜、子供たちが隣の部屋で寝静まった後、親同士4人で飲んでるウチにちょっとエッチな方向に話がいって、良い雰囲気だったので積年の妄想を具現化すべく酔いに任せて言ってみた。 「貸切露天があるから、行ってみない?4人で」
山内妻は子供がいるとは思えない細身のグッド体型。時々ヘソが出るシャツ着てるぐらいだし、姿勢もいい。色白でこそないがボディに自信ありは明白。性格はむしろ男らしいサバサバしたヤツ。期待。


妻も細身色白でそれなりの色気の持ち主だが本人の自覚は乏しく、
この手の提案に対するノリは芳しくない。温…
【初体験】泣きそうな顔で「セックスがしたい」と言った由美
2016/01/23 06:00
2016/01/23 06:00
中学2年の時の話です。 同じクラスに“由美”という女子がいました。由美は家が貧乏で、性格も大人しく勉強も運動もビリの方だったので、軽く虐めにあっていました。 顔は普通、可愛くもブサイクでもありません。スタイルも標準で、背は小さめでした。 俺はクラスのムードメーカー的な存在で、誰に対しても隔たり無く接し、もちろん由美とも普通に話とかしてました。由美は隔たり無く接する俺を好きになったみたいで、バレンタインデーの放課後、俺にチョコと手紙をくれました。大人しい由美にとっては、一大決心だったと思います。 手紙には、『いじめられてる自分といつも優しく接してくれて、それが嬉しく、前から…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【浮気】小悪魔な元カノに翻弄されて人生初の中出し[前編]

・ブルセラショップで下着を売っていた私と、キモいおっさんの話

・山岳スキー部合宿の思い出

・妻を寝取らせることにしたら【人妻・寝取られ体験談】

・【近親相姦体験告白】母にペニバンで犯してもらった

・【人妻体験談】短小マザコン大学生がアブノーマルな母と近親相姦

・外国人とのSEXは強烈でスポーツ並に汗だくになる件www

・寝取られ現場に遭遇すると、とっさに相手を殴るなんて出来ないものですね

・人妻になった同級生に中出し【人妻体験談】

・【驚愕】今日出会い系の女と初対面でセoクスしたが、やっぱり女ってクズだなぁ・・・・

・❤義兄と2人での留守番はドキドキ

・好色淫熟妻・眞澄(Age51)?1

・人生最高エッチで最悪な体験談

・ナンパ師な俺が高齢処女のバージンを喪失させたったwww

・大人のブルマっていやらしいねw【体験談】

・職場でするのが大好きなOLさん

・【浮気】社長とその息子とちょっとだけ親子丼

・“脳イキ”できる美人な奥様を“腹部責め”で攻略

・真面目なレギュラー達は、練習後に不真面目に乱交してました

・泥酔して失禁したブスになぜか女を感じて

・33歳バツイチのいとことのセックスを、覗いていたいとこの娘に…

・今日妻が上司とセックスするはず・・・

・同僚が、、、、、、

・変態淫乱大学生になっちゃった私のエッチ体験

・教職の現場で

・【Hな体験】同級生がしてくれためっちゃ気持ちいいフェラ

・そんなのつらいよ

・俺を兄貴を間違えて誘って来た兄嫁とそのまま

・私は、自称ツンデレと言いながらもドMです

・美魔女と言われる私は、25歳も若い男の前で一匹の牝になっていました