寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

妻が浮気をしていると知ったとき、怒りや嫉妬よりも

2018/01/08 23:00


私の妻は40歳になります。その妻が浮気をしていると知ったときは怒りと嫉妬とそして、
何か分からないげれどすごい興奮でどうにかなりそうでした。
それでも未だにまだ妻に問いただすことはできませんが。
まさか自分の妻が浮気しているなど想像もしませんでした。



童顔で細身ですから年よりはずっと若く見えますが、もう40歳になるし、
それに、非常にまじめで結婚するまで処女でしたし、それ以来遊び歩くこともしていないので、
妻が浮気するなんて考えたこともありませんでした。妻が浮気をしているのではと気がついたきっかけは、
妻の留守に何気なく妻のたんすを見たときからでした。引出しの一番奥に紙袋が入っていて、
何か胸騒ぎがしてそっと中を見てみました。そこには、下着が入っていたのでした。
それも妻がいつもつけている下着とは違ってすけべな下着ばかりでした。
赤や白のレースのスキャンティー。
陰毛の濃い妻が身につければあそこの毛が黒々とみえてしまうようなものです。
それに、レースのブラジャー。当然乳首まで見えてしまいます。それにガーターまで入っているのです。

「私の前ではこんな下着をつけたことがないのに。」
この下着は男に見せるための下着です。私以外の男がいるということは間違いないと思いました。
下着を裏返して股間のところを調べてみましたがさすがに洗濯がしてあり、汚れてはいませんでした。
私はそのときもう怒りと嫉妬で高ぶっていましたが、その下着をつけて男に見せている妻や、
その下着を脱がされて嬲られて、そして、その男にち*ち*を突っ込まれてよがり声をあげている妻を
を想像してペニスは硬くなって、あやうく射精しそうでした。
 その夜、妻とセックスをしました。というより、
「妻を犯してやろう。」
といった気持ちでした。
頭の中はあの嫌らしい下着を着けて男に抱かれてよがっている妻のことで頭がいっぱいでした。
妻の寝ているベッドに行き、妻のネグリジェを一気に脱がせました。
いつもは優しく抱いてキスをしたり小ぶりだけれど敏感な乳房をもんだりしてから妻を
裸にしていくのだけれど、今日は最初から下半身を剥き出しにしてやりました。
「どうしたの。」

妻は驚いたようですがそのままにしています。妻のパンティーを見るとピンクの普通のものでした。
「おれの時は普通のやつか。」
妻のパンティーを一気に脱がせました。妻は逆らうことなく脱がされるままです。
そして、妻の太股を開くと、顔を近づけました。
そこにはいつも見慣れている妻のいやらしいおま*こがありました。
「このおま*こに突っ込まれている。」
妻のおまんこを見ました。濃い陰毛にかこまれたすけべなおま*こが剥き出しになっています。
妻のおま*このぴらぴらは大きくぽってりとして少しはみ出しています。
そのぴらぴらがうっすらと開いていました。そのぴらぴらを思いっきり開いてやると、
私はそこに顔を近づけました。妻はもう濡らしていました。それから、嘗め回しました。

妻は、
「あーーーっ。」
と声をあげます。敏感なところをなめあげてたり吸ったりするしながら、
指先で乳首を転がしてやりました。
「あーーーっ・・・あーーっ・・・」
妻のよがり声がだんだん大きくなります。
「このくらいで入れてやるか。」
と思い、それから散々妻を責めました。妻はついに、
「もうだめ・・・あーーーーっ・・・入れて・・・」
とうわずった声で言っていますが、それでも入れてやりませんでした。
妻は細身でいったん発情すると体中が性感帯になってしまうのをよく知っていましたから、
妻の弱いところを嬲ってやりました。
妻のおま*こは愛液でべちょべちょになってシーツまで汚していました。
「あーーっ・・・・もうゆるして・・・・いれて・・」

私ももうがまんできなくなって妻のぐちょぐちょのおま*こに入れてやりました。入れたとたん、
「あーーーーーっ・・・・・・」
糸を引くようなよがり声とともに妻はいってしまいました。それから、何度も妻をいかせてから、
私も妻の中に精液をぶちこんでやりました。
 つぎの日の朝、起きるとき
「夕べはどうしたの?」
ときく妻に、
「浮気をしているんだろう。」
とは聞けませんでした。それ以来もっと決定的な浮気の証拠を見つけても妻には言えないでいます。

次の朝、少し冷静になって、いったい妻の浮気の相手は誰だろうと考えてみました。
そして、妻との何気ない会話で誰だか分かったのでした。
「私、くたくた。体がだるいわ。あなた夕べすごいんだもの。」
「裕美だってすごかったぞ。疲れてるなんて言っていたくせに。」
「そうよ。昨日は書道の先生のところでいっぱい練習してきたのよ。」
妻は平気な顔をして言いました。妻は全然私が浮気に気づいているなんて考えてもいないようでした。
妻とのセックスが最近激しくなったので、妻はよけいに私が疑っているなんて考えなかったのかもしれません。
妻のその言葉で、妻が昨日あのいやらしい下着をつけていったのは間違いなくその書道の先生の
ところだと分かりました。
以前から書道をやっていた妻は一年ほど前からその書道の先生のところに行き始めていました。
まだ40代で若いけれど少しは有名な人だと聞いていました。その書家に妻は愛撫され、
そして、いやらしい下着をびしょびしょになるまで発情させられ、そして、
おま*こに入れられたに違いありません。

 それから、月に2回ほど妻がその書家のところに行く日は、
必ず脱衣籠を帰ってきて調べるようにしました。
そして、そのたびに一番奥に隠すようにいやらしい下着が隠されていました。
そして、いつもスキャンティーの股間のところはおもらししたように濡れていたのです。
精液のにおいこそしませんが、妻の嫌らしい匂いがしました。その下着を見るたびに私は最初は怒りが
強かったのですが、しだいに怒りよりも嫉妬し興奮するようになってきました。
そして、妻をどうやってあんなに発情させているのか、妻がどのようにあの男に責められ、
そして、悶えているのか見たくなってきました。
それに、浮気を発見してからのほうが妻とのセックスの回数も増え、
激しいセックスをするようになってしまいました。
妻はだからよけいに私が疑っているなどと思わなかったのでしょう。

ある日の夜掃除をしているので、
「どうしたんだ。」
と聞くと、
「明日書道の先生が来てくださるの。私の今までの作品をいろいろ見てくださったり
教えてくださるんだって。」
などとうれしそうに言うのです。私はそこで思いついて、
録音テープのタイマーを書家が来るという時間にセットしました。
隣の部屋のステレオの陰ですから見付からないと思いました。
次の日は仕事になりませんでした。急いで帰ってくるとそのテープを持って自分の部屋に行きました。
そして、聞き始めました。
「まだこの字がよくないな。」
「はい。」
という習字をやっている会話が1時間くらい続きました。
「今日は全然集中していないな。もう書かなくていい。」
という怒った書家の声。
そして、妻か謝っても許してもらえず妻が道具を片付けているような音がしました。
「いつものようにしなさい。」
という書家の声がしました。私は何やら胸がたかなってきました。
ごそごそという音の後静けさが少し続きました。そして、書家の言葉が聞こえました。
「裕美は白の下着をつけると嫌らしい眺めになる。
パンツの上から毛がはみ出しているし、黒い毛がもじゃもじゃと透けているぞ。」

「恥ずかしい…・」
その言葉で妻が下着だけにされて書家の前に立たされているのが分かります。
私は嫉妬と興奮で勃起したものをにぎっていました。
「ブラジャーをとりなさい。」
そして、
「もう乳首がたっているのか。」
という声。妻の小ぶりだけれどまだまだ形の崩れていない乳房と子供を産んで少し黒ずんでいる
勃起した乳首が頭に浮かび、勃起したものをしごいていました。
「今日は集中できないわけだな。大事な字を書くときに集中できなかったからそのかわり、
そこで自分で乳首をいじってみなさい。」
まさかそこまでやらされるとは…男の前にパンティー一枚で立たされて自分で乳首までいじらされていると
は想像もしませんでした。少し静かになりましたが、
「あーーっ…」
という妻の声が聞こえてきます。妻は自分で乳首をいじりながら感じているようです。
妻のかすかなよがり声が聞こえますが、書家の声はしません。立たされたまま妻は書家の前で乳首を
いじりつづけているようです。妻の敏感な乳首をいじれば妻はもうふらふらのはずです。
しばらくすると、
「もう…・だめ。」
という妻の声が聞こえてきました。私は激しく勃起したものをしごくと射精してしまいました。
それでも興奮は収まりません。

「こっちにきなさい。裕美」
妻の名前を呼び捨てにしているのです。そして、それに素直に従う妻。
がさがさっと音がしましたが、それから少しの間また音がなくなりました。
頭の中で妻がパンティー一枚でどんないやらしいことをさせられているのか想像してしまいました。
「裕美は字は集中できないが、おしゃぶりは集中できるんだな。」
妻は書家のものをしゃぶらされているのです。そのうちに妻の、
「うっ…」
といううめきのような声が聞こえてきました。たぶんしゃぶらされながら乳首をいじられているのです。
私はまた勃起してしまいました。激しい嫉妬とそれと裏腹の興奮。妻が書家の言うことを
素直に聞いておしゃぶりをしているという嫉妬と、嫉妬すればするほど興奮するというなんとも
いえない気…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
リズミカルな彼女の指で、私は立ったまま潮を吹き上げました
2018/06/18 21:10
2018/06/18 21:10
元々レズビアンではなかったのですが、素質はあったのかな?
昔付き合っていた彼氏がレズ物のAVが好きで、ホテルとかで一緒に観たりしている時に(こういう世界もありかな)とは思っていました。

そんな彼氏とも別れてしまいましたが、その後ネットなどでレズ動画を見るようになりました。

私のお気に入りはエステでレズに発展するパターン。
何も知らない女性がエステティシャンのマッサージで乳首を勃起させて、やがて下着を剥ぎ取られて剥き出しのアソコを見られイカされてしまう・・・。
そんなお決まりのパターンでも凄く興奮しました。


そんなことが現実に起こるなら体験してみたいと、何度かエステやマッサージに行きまし…
卓球少女を・・・
2015/10/13 00:01
2015/10/13 00:01
この前、卓球の大会がありました。 僕はその大会に参加していて、自分の試合の順番が来るまで応援席でチームメイトを応援していました。 途中でトイレに行きたくなり1人でトイレへ向かいました。 トイレまで来ると、そこには女子の選手が3人いました。 その内の1人が突然、 「ねぇ、こっちでおしっこしてよ」 という感じの内容を男子トイレの方を指さして1人の女の子に言いました。もう1人はそれを見てケラケラ笑っています。 どうやらその女の子は2人からいじめられているようです。 僕は影からその子が渋々その子が男子トイレに入っていくのを見ると、自分もトイレに入りました。 残っていた2人は、僕の姿を見ると何事もなかっ…
【義家族との体験】従兄弟の智ちゃん  ○近親相姦体験○
2016/01/08 04:33
2016/01/08 04:33
俺は男兄弟で育ったせいか、小さい頃から従姉妹の智ちゃんがくるのが楽しみだった。 智ちゃんが俺の家に遊びに来るのは盆と正月。 自転車で二人乗りしたり、海に遊びに行ったり、田舎の楽しいところを案内して一生懸命喜ばせようとしていた。 智ちゃんは少し体が弱く、喧嘩ばかりしていた兄と違って、気を使うことができるのがとても嬉しかったのを覚えている。 俺が中3の時、中1だった智ちゃんが「あきちゃん(俺)あたしのお兄ちゃんになってほしいわあ」「あたし・・あきちゃんみたいな人と結婚したい」と言う言葉を聞いて当時惚れていた女の子のことが頭から消えていったこともあった。 智ちゃんの風呂場でのシルエ…
巨乳で色気がある自慢の叔母さんのヌードを撮影した話
2016/08/05 02:02
2016/08/05 02:02
私は今年芸大を卒業してカメラマンになる為アシスタントをしています。

叔母の和子は今年37歳かなりの巨乳で色気がある自慢の叔母です。

街を歩いていると男性の視線がいつも叔母の胸に集まります。

昔から私は叔母のことが好きで

よく家にことあることに叔母の家に遊びに行っていました。

私が芸大に入りカメラマンになる夢を叔母に話した時

「そうか、きよ君はカメラマンになりたいんだ、どういう写真を撮っているの?」

と和子が聞いてきました。

俺が「授業では風景画とかだけど俺は人物画像撮りたいんだ。」と答えると

「え~、女性のヌードでも撮りたいのじゃないの」と言われ

俺はその時頭の中で叔母の…
奴隷にした同級生(3)
2017/12/02 05:19
2017/12/02 05:19
「言うこと…聞くから… だから、絶対メールしないで。 …お願いだから」 唇をキュッと噛んで、顔を真っ青にしながら 詩織は途切れ途切れに言った。 予想通り、メールアドレスと氏名の記載されたリストを見た詩織は さっきまでの「無理」と自己主張する詩織ではなく、 詩織らしい臆病さと従順さを取り戻していた。 さっきの奴隷契約の交渉前に資料を見せれば、もう少し有利に事を運べたと思うんだが そのときは、この資料を見せるということに思い至らなかった。 今日の手順を、俺は何度も繰り返し頭の中でシミュレーションしてい る。 興奮で舞い上がって失敗しないために、俺は相当の時間を費やした。 「最後に資料を見…
嫁と思って抱きついたら嫁の友達だった【SEX体験談】
2018/05/16 06:10
2018/05/16 06:10
ハメ撮りビデオを観てオナろうとしていたら玄関が開いた。

お帰りが早いな?でも、グッドタイミング。

ドアの陰に隠れ、後ろから抱きつくと『キャー』という悲鳴。

オレが抱きついていたのは、嫁の友達の菜々だった。


『ゴメン。麻美と間違えた』

慌てて謝ったが、部屋にはバックで突かれカメラ目線で喘ぐ麻美のビデオが響き渡っていた。


『一人エッチしていたの?』

素っ裸でフル勃起の俺に尋ねる菜々。


何も言えずうつ向いていると

『麻美から聞いてはいたけど随分立派なのねー』

含み笑いをしつつ、奈々はオレのチンポを手に取ってそのまま咥えてきた。
【人妻体験談】隣の奥さんは高岡早紀系の27歳
2016/06/10 04:19
2016/06/10 04:19
通路の足音や他の部屋のドアの開く音がする度に、そっと自分の部屋のドアの覗き穴に向かうって事あるでしょ? 特に引越した直後。  で、学生時代に引越しをした時の話。  自分の部屋は2DK、隣の通路奥の角部屋はファミリータイプの3LDK(後に判明)。  隣やお向かいに引越しの挨拶に行ってないので、やたらとドア穴を覗いてた。  と言っても、見えるのは向かいの部屋と隣奥の角部屋の人が通る時だけ。  向かいは30代位の男性で、たまに彼女らしき女の人。  角部屋は20代半ば以上の男女が一人ずつ。   ある日オーディオの音をそ…
コンパで某都銀OLを持ち帰りした体験談
2015/10/09 13:10
2015/10/09 13:10

先日も、某都銀OLと3VS3でコンパしたんだけど、本上まなみ似の超綺麗な女がいた。

当然その子は彼氏もちで、超ラブラブ。俺は萌えた。


俺は彼女の真横をぴったりとガードし、彼氏の話を聞いてる振りして、徐々に彼女のガードを甘くさせて行った。

お酒をべろべろに飲ませ(その時は、他の4人のことはどうでも良い)、腰に手を廻した。

ヤダッ、とか言われたけど、甘い言葉を一気にかけた。


鬼のように口説いた。2次会に流れ込むとき、彼女を何だかんだいって、俺と2人きりにしてバーへ行った。

彼氏と使えるんじゃない?とか言いつつ、そこでも彼女を誉めまくった。

なぜなら彼女の彼氏に対する唯一の不満…
【JCとのエッチ体験談】JC彼女との初セックスで混浴と連続中出しでヘロヘロ
2016/03/06 16:00
2016/03/06 16:00
中学時代、付き合って一年になる、恵美という彼女がいた。 彼女とはまだ普通のキスしかしたことはなかった。 もちろん、俺は正直ヤりたかった。 けど、生徒会副会長という身分上、ある程度理性ある行動を心がけていた。 正月だった。 恵美は恵美の父の実家へ帰った。 一週間くらいだったろうか。 その間も、夜に電話して密に連絡をとっていた。 ある日、いつものように恵美と電話をしていた。 冬休みの宿題の事、恵美の従姉妹の事、たわいもない話だ。 そして俺は、特に意味も無く 「帰ってくるの、8日だっけ?」 (日にちは適当)と恵美に聞いた。 恵美「いや、7日だよ」 俺「帰ってくるの一日早ま…
キモヲタの俺が童貞を卒業できたのはヤンキー友だちのおかげです
2016/01/04 22:30
2016/01/04 22:30


当時の俺は24歳、大学を出て普通に就職して、


平凡で毎日代わり映えのない日々を過ごしていた。




小学校の頃から『キモい!』と面と向かって女子から罵られ虐められていた俺は、


24歳になっても年齢=彼女いない歴で、


人生生まれてから一度も彼女が出来た事がない。




人生に三度モテ期が来ると言われているが、


俺のところには一回も来たことがない。




もちろんエッチは風俗嬢としか経験が無い。




特にアニメが好きってわけでもないのに、


高校時代からアニ豚、キモヲタって呼ばれてた。
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【不倫】もはや童貞食いは私の趣味と言ってもいいかも

・いい人を演じる予定だったけど…

・ 寝取られ動画サイトに影響されて、嫁を単独男性宅へ

・【不倫】工事服の男の巨大なシンボルに私の目は釘付けになった

・無防備な妻 改 4

・まぁ~義父さんたらHは元気ねぇーー

・人妻の加奈さんの旦那は、寝取られ性癖だった

・【人妻体験談】約束を破られたことに怒り、友達に乳首を見せて嫉妬させてくる妻

・【レイプ】宅配便を装った男にレイプされました

・大きいのが好き

・精子、気力、体力を根こそぎ吸い取る人妻

・女だけど出会い系のアプリでヤリ捨てした話

・もうすぐ

・手取り足取り教えてくれる出会い系の人妻

・【Hな体験】奇跡のアラフォーヌードモデル

・【人妻体験談】セックスレスな友人の奥さんに誘惑され、ヨガる奥さんに高速ピストンで中出し

・【熟女体験談】若い頃はかなりの遊び人で調教もしていたヤリチン夫が妻の姉を口説かないか心配

・マンションの2階から人妻の手招き誘い

・妻と二人目の不倫相手

・【初体験】キスもしないで別れた元カノに卒業式の後で告白して

・授乳期のギャルママにこっそり中出し

・「芸能人に会える」と声をかけられ着いて行ったらレイプされた

・上司と嫁のラブロマンス・・・

・私のメス猫ちゃん

・【不倫】6年続いたセフレを切った話

・自分の彼女が自分以外の人にされたHな話

・【熟女体験談】エッチ話にも寛容な人妻に激しいバキュームでフェラをされ、思いっきり中出し

・※意地っ張りな俺は、嫁が昔のバイト仲間と会うのを許してしまった(転載禁止)

・【人妻体験談】夫に内緒で元メル友相手に心も身体も捧げ、性奴隷となっている

・連れが・・・