寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

婦警をレイプ 1/5

2018/01/07 08:37


1945で婦警レイプを告白した懺悔こと雅信やけど、あの後、大変なことになった・・・。
とてつもなく長文になりそうやから、嫌な人は飛ばしてな。
あと、できるだけ分かりやすくするけど、大阪弁丸出しなんで、読みにくいことを了承して!俺と武士は、あの婦警の勤務する署と離れたとこに住んでるけど、竜司はまさに管轄区域内で、ついこないだ駐禁やられたらしい。
あの婦警に会ったら?覚えられてたら?ってびびったらしいけど、出頭先が交番やったから大丈夫やろうと思って出頭、そこで鉢合わせしたらしい。
竜司はもちろんすぐ分かったけど、婦警(百合子)は「どっかで会ったような・・・」程度で切符切られる間中、冷や汗タラタラやったそうだ。それが、署名する頃になって百合子の顔が「はっ!」って息を呑むような表情になって、竜司も「あかん!思い出してもた!」って頭が真っ白になったそうやけど、百合子は固い表情のまま何も言わずに処理したらしい。
それから竜司は、家のチャイムが鳴るたび、車の音が聞こえるたび、パトカーや警官を見るたびに汗が吹き出て、とうとう取り返しのつかない行動に出た。
俺と武士に竜司から電話があって、会ったのは6月30日金曜日の夜。
上に書いたことをしゃべって、不安に我慢できんようになって百合子の自宅ポストに手紙を入れたことを話した。
手紙の内容は、謝罪の言葉と、あの時の写真データを返すから受け取ってほしいとのこと。
そもそも写真データなんか、1年前のあの時に消去してカメラまで捨てたのに受け取ってほしい?どういうことか聞くと、このままビクビクして生きていくんやったら、百合子が絶対に被害届け出したりせんように、ほんまに脅し用の写真撮っときたいって答えた。
武士は何も言わなかったけど、俺は今さら百合子が被害届出すわけないし、訴えるんやったら交番で同僚の警官がおる時にしてるって説得したけど、自分が捕まったらお前らも一緒や!と言われて言い返せなかった。
なんかこっちまで捕まった時のそれからの人生考えたらドキドキしてきて、いつの間にかまたレイプ計画の話になってた。
ただし、想定外のこともある。
竜司によると、手紙をポストに入れた翌々日に発信番号非通知の電話があって、出たら百合子やったらしく、「1年前のことは忘れた、今さら公にしたくない。でも写真データは送って」って言われて、「送って途中で紛失したりしたらお互い困るから、確実に手渡ししたい。それにきっちりと謝罪したいから」って言い返したらしい。
結局は、竜司の親父のもってる242Classic Cruiserというクルーザーでということで、停泊している○港に7月2日の日曜日に、百合子が同僚を連れてくるということになった。
同僚には、俺たちはサークル仲間か何かで合宿の写真を渡すということで、お互い話を合わせることにしたらしいが、この時点では俺たちは同僚って、恋人の警察官だと思ってた。
想定外とはこのことで、いくら俺たちでも男の現役警察官を拉致ったりできるほど勇気はないし、それほどの馬鹿でもない。
その時は、また後に百合子だけを拉致るか、奇跡的に恋人が勤務とかで来ないことを祈った。
そして日曜日。
約束の18時より1時間ほど早くクルーザーに着いたが、予想よりも豪華なクルーザーで、キャビンもあった。
あいつの親父は貸しビル業って聞いてたが、これほど金持ちとは知らなかった。
3人とも、もう後戻りできない緊張感というか、罪悪感というか、なんか複雑な心境で黙々と“道具”をキャビンに積み込んだ。
1年前は、なんの準備もしてなかったが今回は違う。
ロープ、デジカメ、ビデオカメラ、各種バイブ・・・。
もちろん、恋人の警察官が一緒なら無駄骨だが、それはそれで、後日拉致った時に使える。
そして、約束の時間を過ぎること10数分、百合子が港管理事務所からこちらへ歩いてきた。
なんと!一緒に歩いているのは女だった!一瞬、何が何か分からなかった。
近くまで来ると、強張った表情の百合子と、対照的にニコニコしているもう一人の女。
このニコニコ顔を見て、テレビのように刑事がどっと出てきて逮捕されたりする可能性がないことを確信した。
「やぁ、○○さん(百合子の苗字)、同僚の人?」 そう聞くと、「・・・、ええ。彼女も警察官よ。」 そう答える。
1年前の事があったから警戒しているのと、現職警察官が2人ということを確認して俺たちに釘を刺しているのが分かる。
このパターンは考えていなかったので、「例の写真、取ってくるわ」そう言ってクルーザーに登り竜司、武士と相談する。
その場のノリというか、今さら後に引けないという思いで、2人ともクルーザーに誘うことに決まった。
実は、これには理由がある。
百合子が連れてきたもう一人も、百合子ほどでなないが可愛いかったのだ。
いかにも体育会系で、ぴったりしたジーンズからプリッとした尻の形が分かる。
バストのでかさは分からない。
百合子と同じくショートカットで、これは婦人警官の規則なのだろうか。
私服の2人を見ると、とても婦人警官には見えない。
女子大生でも通じるくらい若々しくピチピチしている。
色白だった百合子はやや日焼けして、シャツにブルゾン、下は白のパンツだ。
1年前のことが頭に蘇る。
大きなバストにピンクっぽい乳首。
クセのあまりない少なめの恥毛。
弄られて、喘ぎながらも必死で声を出すことを我慢してた顔。
3人ともクルーザーで、武士が言う。
「これやけど、せっかくやからちょっとクルーズせえへん?」「いえ・・・、今日は写真をもらいに来ただけですから・・・」予想通りの反応。
しかし、もう一人が「うっそー!いいんですか?ユリ、乗せてもらおうよ!」「え?・・・、いや、だって・・・。」「いいじゃないよー、今日は○○さん勤務でしょ?暇やんかぁ?」これはチャンスとばかりに、竜司が「そうや、どうせ僕らも今からクルージングしよって言っててん。一緒に行こ! こないだのこと謝りたいし」有無を言わせず乗り込ませる。
不安そうな顔の百合子とはしゃぎまわる同僚。
「名前なんて言うの?」「私?私○○です。○○由香里。ユリと一緒の交通課やねん。ユリの彼氏って 機捜隊でバリバリの若手ナンバーワンやで。」岩手出身で中途半端な関西弁の百合子と違い、由香里はバリバリの関西弁やった。
クルーザーが竜司の操舵で港を出て約1時間。
陸がかすかにしか見えなくなって、周りには船もいない。
もっともそんなとこを目指して進路を取ったんやろけど・・・。
「今日、休み?」 そう聞くと、由香里が笑いながら言う「そう、当ったり前やん、それでなかったらここにいるわけないやん。」我ながら、なんと馬鹿な質問をしたことか・・・。
「私ら通常勤務やから5時過ぎに上がって明日は二人とも休み!機動隊や交番勤務と 違って楽やねん。あっちは交代制勤務って言って~」聞きもせんのによくしゃべる・・・。
しかし、これで一番聞きたかった明日が休みってことが分かった。
「ほんまは、こうやって携帯のつながらへんとこに行くとか、異性と会うとかでも申請書がいるねんけど、そんなんだーれも出さへんねんよ。あはは、ユリが○○さんと付き合うてるなんか私しか知らんし、上司にばれたら始末書もんやわ、ねぇユリ。」「え?う、うん。あんまり内部のこと話さんほうがいいよ。」「ええやんか、サークルの友達やろ?」なんかこの由香里って娘が好きになってきた。
百合子ほど可愛くないって書いたけど、それは百合子が可愛い過ぎるだけで、百合子がいなかったら由香里でも十分可愛い。
それに、個人的にはこういった屈託のない女が好きや。
ほぼ空も暗くなってきた頃、武士が百合子をデッキに連れ出して、俺と竜司がキャビンで由香里の話相手をする。
俺が由香里の正面で聞き役に回ってる間に、竜司がソフトドリンクでも?って後でゴソゴソ始める、由香里は何の疑いももってないし、デッキの百合子は足しか見えへんから向こうからも見えへんはず。
竜司がロープを手にしてる。
いよいよや!今度こそ後戻りできへん!この場にいることに対して、後悔のような恐怖心のような、それでいて期待と欲望の入り混じった気持ち。
心臓がドクドクする。
何の前触れもなかった。
いきなり竜司が輪っかにしたロープを由香里の頭から体に通してバストの下辺りでギュッと締めた。
由香里は話の途中で一瞬「えっ?」って表情をしたけど抵抗なし。
後から竜司が手を回して由香里を抱え込むと、口に手を当てて言った。
「声出すな。声出したら首絞めんぞ!雅!足や足!」そう言われて慌てて由香里の足を抱え込んでロープで縛る。
縛り終わってから我に返って由香里が暴れだしたけどもう遅い。
口を塞がれたままで何か言ってる。
キャビンの音楽のおかげで、まだ外の百合子は気づいてないみたいやった。
竜司が由香里の首に腕を回して「声立てるな言うたやろ!首締めんぞ!分かったか?」そう言うと、必死に首を縦に振る由香里。
注意しながら竜司がゆっくりと手を離すと、「はぁー、はぁー、なんで・・・なんでなん?」息を大きくついて涙目で俺に言う由香里。
こんな出会いとちゃうかったらなぁ・・・。
けっこう俺とは話で盛り上がったのになぁ・・・。
そんな気持ちが沸き起こる。
今さらどうしようもない。
冗談やったでは済まされへんとこまできてしまってた。
思わず「ごめんな」と言いそうになった俺よりも早く竜司が「騒いでもええけど、暴れたりしたら二人とも海に沈めるで!分かったんか?」そう言って首を絞めた腕をグイグイ動かす。
声を出さず、俺に助けを求めるような目を向けながら頷く由香里。
「マサ、ベッド出してくれ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【痴漢・レイプ】彼女が教習所の合宿で寂しさから浮気して…それをいいことに男どもの餌食にされた【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/07/06 18:17
2017/07/06 18:17
昨年の夏の話だけど、書きます。大学に入りたての彼女が海の近い某県の教習所に、合宿で免許を女友達と二人でとりに行った。付き合って間もないし、心配なので最初は反対していたけど、早いし安いからどうしても行くといって聞かないので行かせることにした。合宿は20人位で、女の子は彼女たちのみの2人であとは全員男だったらしい。問題は何度も落ちた人はその分残って続けるシステムだったこと。彼女は卒試に落ちた。友達は受かったのでお金も無いし帰ってしまい、彼女はほかの男3人と残る事になった。彼女は心細くなっていたらしい。間の悪い事に俺はゼミで海外に行っていた。帰ってきた彼女の様子がおかしいので、正直に言わないと今後…
親友が、セフレの巨根自慢をしてきたのでスワッピングしちゃいました
2017/08/25 10:00
2017/08/25 10:00
この前初めてスワッピングしちゃいました。
親友のヒロコに「私のセフレはチンボが大きくて気持ちいいよ」って話したら、味見したいって言うんで、仕方ないからお互いのセフレ交換しようってことになって。

それで4人でホテルに行ってものすごく燃えちゃいました。
自分がオマンコしてるの見られたり、親友がオマンコしてるの見たりするのって、すごい快感でした。
私は最初はヒロコのセフレのジュンくんとオマンコしました。
チンボの大きさはまあまあでしたが、私がいく前に自分だけいっちゃって、私のお腹に精液を発射しちゃいました。
ジュンくんは「ヒトミちゃんのオマンコとっても締まりがいいよ」って誉めてたけど、私の方はい…
「俺達はお互いべた惚れのラブカップルだ」と思っていた
2018/08/08 15:01
2018/08/08 15:01
俺がつい最近まで付き合ってた彼女の話。仮名M。 Mは俺のいっこ上で23、服のブランドとかはそんなに 詳しくなかったけど、中の上くらいには可愛かった。 性格は落ち着いてて、かつ常時平熱35度の天然ボケ。 言われなくても勝手に部屋の掃除してくれたり、女はご飯作れて 当然!みたいな考えがあって、文では伝わり辛いけど 今時少なくなった「純和風」の女のコだった。 いつも妙に騒がしい俺と、おっとり静かなタイプのMは 妙にウマがあって、今まで会ったどの女の子より魅力的 だと思った。彼女の方もそう思ってるに違いない。 俺達はお互いべた惚れのラブカップルだ! 少なくとも俺はそう思って「いた」。 付き合い始…
妹にそっくりの風俗嬢を指名してみたら案の定の結果に…
2015/09/24 11:32
2015/09/24 11:32

話は秋口、10月のことなんだけど風俗に行ったんですよ。

風俗に。

彼女も居ないし人肌恋しいな~って思って
ネットで適当な店を探してお店に足を運んだんですよ。

んで、お店で店員さんにオススメされた女の子にあってびっくりした。

妹にマジそっくり。

髪型とか眼鏡掛けてないとことか違いはあるけど
そっくり過ぎて一瞬本人かと思ったくらいなんだよ。



腕組んでホテルに行くんだけど、なんかめっちゃくちゃ緊張したんだよね。

でも女の子、名前を仮に「ヒナ」さんとするね、は凄い喋りも上手で
気遣いもあって、しどろもどろの俺をリードしてくれるんだけど、
内心じゃ結構複雑な感じだっ…
転勤する友人の彼女は想像以上のスキモノだった
2018/05/23 12:35
2018/05/23 12:35
私の友人と、その彼女との事です。
友人が転勤になり、彼女はかなり落ち込んでいました。
友人と言っても、彼は私より7つも下で、私のことを「先輩」なんて呼んでました。

さて、彼女の話ですが、ある日彼女から電話があり、相談があるとのこと。
居酒屋で待ち合わせました。
彼には内緒にしてくれとの事だったので、多少後ろめたい気にはなりましたが・・・。 相談と言うのは、「彼が転勤が決まってから冷たくなった、何か心当たりはありませんか?」というものでした。

ある程度の事情は分かっていましたが、知らないと答えました。
彼はもう彼女に対する気持ちが冷めていたんです。
むしろ転勤に対…
恥ずかしいけれど自分の指で開いて…【セックス体験談】
2017/11/22 10:12
2017/11/22 10:12
サッカーワールドカップが始まる頃の話です。
その当時は、年下の元彼とつきあってました。

午後1時に会って、ラブホテルで午後6時までサービスタイムを過ごしていました。

「おまんこ見たい」
と言って仰向けになるので、顔にまたがってあげます。
指で開かれ、じっくり見られ・・・クリトリスを剥き上げられます。

「あん・・・・」
露出させたクリには触れないまま、ピンク色のオマンコの入り口を指先でくるくる撫でられました。

「ああっ・・・」
「ここも感じる?」
「うん、そこ、好き・・・」

指先が少し入り、中のうるみを広げられて、入り口がぬるぬるになります。
剥かれたクリトリスが、触れていないのにふく…
セフレ女2人を連れて温泉旅行で3Pセックスしてきた
2017/04/09 02:09
2017/04/09 02:09
AM2:00頃におれは仕事を早めに切り上げて女2人はほろ酔い加減で出発。

高速を使わずに国道を走った。

車の中でいちゃつきながら行くのが楽しかった。

途中で寄るコンビニやガソリンスタンドの店員や客の目線(反応)がまたいいw



AM5:30頃に温泉街の手前の町のラブホテルに入った。

この時は何も無く寝た。

AM12:00頃に新設女が起きた頃におれも起きた。

2人で既設をからかいながら起こした。

そのラブホには各部屋に露天風呂もついていたので3人で入って仕度をして出発。

その地元で有名な田舎料理屋に行った。

雰囲気がとてもよかった。
旅館にチェックイン前…
【姉との告白体験談】姉のインポ治療  ○近親相姦○
2015/11/30 19:53
2015/11/30 19:53
【俺がオナニーを覚えて以来、既に3年が過ぎていた。 毎日ズリネタのことばかり考え、エロ本を買い求めに隣町まで行ったり、パソコンでエロ動画を落としては、部屋で一人、シコシコと手淫にふけっていた。 ところが、ある日突然、俺はインポになってしまった。 原因など全くわからない。 何故だ?俺は一生分の精液を全てこの3年で使い切ってしまったのだろうか?俺はみずからの行為に恐怖した。 俺のチンポは全く反応しなくなり、膠着状態に入った。 そして、2週間あまりが過ぎた。 】「ねえ、姉貴。ちょっと相談があるんだけど。」居間でくつろいでいた姉に、俺は唐突に話しかける。「何よ、相談って?」「お、俺さ…
★ネットカフェにいた女との話
2015/09/19 23:13
2015/09/19 23:13
 この使って、すげー間抜けな女の子と会ってきた。その女の子はネカフェ難民、いわゆる神待ち少女で、俺が使っている掲示板にたまたま現れた。最初は本当かどうか半信半疑でメールを送った。

 返事が返ってきて、それから何度もやり取りをしたが、実際に会ってみない限りはなにも信用性がなかった。その時《神トク》にその少女が書き込んでいた内容はこうだ。
「ネカフェで泊まってたけど、ネカフェを出るお金を持ってないので助けて」お前ならどうする?信じるか?本当かも分からないし、いくらの請求かも教えてくれなかった。

 でも俺は行ったよ。指定されたネカフェへ行って、ネカフェに着いたら連絡してと言われてた。色んな意…
27歳のお姉さんの献身的なフェラ
2017/07/15 22:24
2017/07/15 22:24
18の時に、27歳のお姉さんに筆おろししてもらった。

俺はバンドでギターやってるんだけど、音楽仲間の紹介で、他県でボーカルやってるサヤカさんとメル友になった。

友達が持っていたサヤカさんのCDを聴いて歌声に惚れたのがそもそもの始まりだったけど、メールしていくにつれてサヤカさんの人柄に俺は惹かれていった。

某国立大学院卒のサヤカさんは才女という表現がぴったりの人で、様々な学問や話題、音楽について等に深い知識を持っていた。
尚且つ口調も優しく、意見が分かれる問題については、ちゃんと両方の立場から物事を見られる人で。
当時、俺の周りの女と言えば頭が悪いギャルしか居なかった…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【Hな体験】キス上手なバツイチ女性とのセックスに溺れた

・年上新入社員の麻美

・ロリコン

・痴漢じゃないです~

・【熟女体験談】物凄くエロくて素敵な淑女のアヘ顔があまりにもエロ過ぎて中出し射精

・従姉(33)のセックスを見せてもらった話

・ツーショットで卒業間近のJKと

・【人妻体験談】ヤリマンビッチで馬鹿な母乳幼妻と出会い系で知り合い中出しフィニッシュ

・秋祭り

・【レイプ】学校一の美少女を眠らせて縛って

・OLが股を開き気味に脚を投げ出して寝てた

・某サイトに割り切りで募集をした体験談

・射精で暴れるおちんちんを口に収めておくのが大変・・・

・【人妻体験談】ハミケツTバックの人妻を公衆トイレに拉致って中出しレイプ

・自分でも知らなかったスケベな私の体

・【SM・調教】終わらない絶頂地獄

・色黒で爆乳、男勝りの勝気な幼馴染 小学生編(補足と修正)

・人妻の男あさりが止められません

・40歳のヌード

・【Hな体験】防音の放送室に呼び出されて[後編]

・【人妻体験談】息子の同級生に調教されて雌犬奴隷になった下品な母

・【熟女体験談】同級生の家に性奴隷家政婦として働いていた母に目隠しして近親相姦SEXをした息子

・大塚愛似のかなり可愛い女友達

・超美人のOLを鬼のように口説いて中出しさせてもらった

・男のオモチャの様に扱われた日々

・【Hな体験】防音の放送室に呼び出されて[前編]

・酒を利用して寝取った

・泥酔女の話しを一つ

・【男×男】玉無しニューハーフに開かれた禁断の世界

・嫁を寝取っていたのは俺だった?終り