寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

生ハメ中出しOKの三十路OLとのエッチ

2018/01/06 19:08


今ではもう乗り換えてしまったが、某A県でOLをしてる真○子(30)とはかつてしばらくセフレの関係にあった。
誰もが認めるような美人とは言えないが、目鼻立ちのはっきりした長い髪の似合う女だった。
当時はお互い独身だったから会えるときに会って、ラブホでしょっちゅうやりまくってた。
基本的にゴムをつけるのが嫌いな女で、常に生でプレイ。



安全日は中出しオーライな女だった。
  
ホテルに入るとまずはお風呂。
身体を洗いっこするのだが、俺がアソコを洗ってやるときは必ず身体を寄せてきて、身をよじらせる。
あの熱い吐息は忘れられない。

ローションがあると二人で塗りたくって遊んだ。
風呂でも欲しくなると我慢できずに股を開く女だった。

風呂上りにとりあえずビールで乾杯し、見るともなしにチャンネルをAVに合わせながら2~3本ビールを飲んだら早速キスを始める。
彼女はすぐに舌を絡めてくる。
お互い下着くらいしかつけてない。
真○子は意識してスケベな下着を着けて来ているし、脚を開くと中央にシミがうっすらと広がっていたりした。
身体に舌と指を這わせていくが、弱点である耳や背中を攻められると彼女はホントに弱かった。
パンティを脱がしつつ脚や腕も丁寧に愛撫。
しかし決して秘部には直接触れず、指で縁をなぞるだけにとどめる。
女の興奮はだんだんとボルテージを上げてゆく。

彼女の右手はすでにオレの股間をまさぐっているので、俺は身体を起こして仁王立ちになる。
彼女は伏目がちに俺の下着を脱がせ、袋の裏側から雁首、裏筋や果てはアナルまで丁寧に舐めてくれる。
アナルへの刺激には俺も声を堪え切れなかった。
オレの興奮も高まったところで、真○子の反応と頃合を計っていると、
「そろそろ来て・・・」
と、真○子は俺を求める。
改めて彼女をベッドに横たえ、彼女の脚を割って体を入れる。
反り返った肉棒でつついて、
「これが欲しいか?」
彼女はコクンと頷く。
「じゃあ、自分で開いてごらん」
おずおずと、しかし言われるがままに自分で両足を大きくM字に開き、真○子は女から一匹のメスへと堕ちてゆく。
鈍い光を湛える女芯はもう白く濁った蜜で溢れていて、これまで焦らし続けてきたオ○ンコにこのとき初めて俺は直接触れてやる。
クリをスッと中指でなでると腰が一瞬浮き上がる。
「あっ・・」
その反応と、その後にクプッとあふれ出てくるトロトロの蜜が、男の俺の気持ちを急かす。
肉棒をあてがうと腰を浮かして再度求めてくるが、もちろんまだまだすぐには入れてやらない。
「どこに、何が欲しいんだ、言えたらぶち込んでやるよ」
「やだぁ・・・」
不貞腐れて視線をそらすが、肉棒で入り口を擦られ続ける刺激、これから得られるであろう快楽への誘惑に我慢できるはずもなく、
「んんっ、もうっ・・、あぁ、はっ・・、真○子のオマンコに入れてぇ・・・○○のが欲しいのぉ」
俺の肩にすがりつくように熱い喘ぎ声を搾り出す。
「俺の濃いミルクが欲しいのか?」
「○○の濃いミルク欲しい、ザーメンかけてぇ」
「終わったら、舌できれいにするんだぞ」
「今日は大丈夫な日だから、中に出して」
拗ねたような、甘えるような声で真○子は欲しがる。

「オマンコの中にミルクが欲しいのか」
「うんっ、、いっぱいちょうだぁい、真○子に、いっぱ・・・んぐっ・・ぅわぁあん・・・」
彼女がそう言い終わらないうちに、不意に一番奥までぶち込んでやるのが好きだった。
声にならない声を飲み込み、顎を上げて背中を弓型にそらせ、ようやく侵入してきた肉棒の硬さとその容積とを、言葉にできない悦楽として受け止める真○子の表情を眺めるのが最高だった。
「くぅ、すごい硬い・・・」

「大きい?」
「なんか、いっぱいに、、、満たされてるっ、て感じ」
その感覚的で独特な言い方がまた、いやらしさを増幅する気がした。
はじめは正常位でガンガン突きまくり、次に二人繋がったままバック、騎上位と体位を変える。
彼女は普段より1オクターブ高い声で快感を訴えるかのようにアンアンと鳴き続ける。
声は結構出てしまうらしく、ホテルならいいのだが、彼女のアパートでするときは、隣の離れに住む大家に声が聞かれないかをいつも気にしていた。
大きめの尻をしているせいもあったのか、真○子はバックでされるのが好きだった。
「前まではあんまりしなかったけど、されると気持ちよくなっちゃって・・犯されてる感じが特に・・」
肉と肉がパンパンとぶつかり合う音と摩擦の刺激は真○子を確実に興奮させてゆく。

正常位に戻ってからも、積もり積もった二人の快感は次第に螺旋状に高まることをやめず、そしていよいよフィニッシュを迎える。
彼女の肩をがっしり掴み、二人の胸を密着させる。
女を逃がさないように、覚悟を決めさせるかのように追い込んで行くのが俺は好きだった。
男女のピストン運動も限界までスピードを上げ、いよいよカウントダウンが始まる。
「出すぞっ、真○子のオマンコに出すぞ」
切なげに眉間に皺を寄せながら、真○子はもはや快感を隠せずにとろけそうな顔をしている。
「ギリギリまで待って・・・来て・・・、中にいっぱい来てぇ・・・」

俺の腰の奥のほうで、極限まで収縮した何かが急激な膨張へと転じた刹那、直線的に突き抜けるように、俺の脳髄の中心部を一気に貫く。
痺れるようなむず痒さと熱さが、肉棒の先端に宿る。
熱く煮えたぎった乳白色の迸りが、真○子の開ききった子宮の奥を目掛けてぶちまけられ、隅々まで汚してゆく。

呆然の数瞬の後、まだ硬度を保ち続ける肉棒を引き抜いて、真○子の顔に興奮の残滓を搾り出す。
目元や鼻、唇に滴るミルクに気づいた彼女は、貪るように肉棒に舌を伸ばし、じんわりと這わせながらすべての雫を器用に絡めとる。
喉元が動いて俺のすべてが彼女の内側に落ちてゆく。
子宮を汚したザーメンが真○子の間から流れ出てくる・・・。

俺からすればただの性欲処理行為に過ぎないし、中出しは多少のリスクを伴うものの、一番の快感をもたらす行為のひとつに過ぎない。
女を汚したというあの満足感は何物にも換えがたい。
しかし、それでも彼女の表情は嬉しそうだった。
好きなオスの遺伝子を手に入れたメスの本能がそうさせるのか。

俺は真○子の4人目のオトコで、これまでに付き合ったすべてのオトコに中出しをさせたと言っていた。
遅めの処女喪失も、最初のオトコとの初デートだったらしいから、まあ脚を開くのは早い女だ。
男運はあまりよくなく、俺も含むすべての男にやり捨てされた感じがある。
ただし元々従順な性格だからだろう、いかにも奉仕するという感じのフェラなどは絶品で、かつて年上の男にかなり風俗プレイを開発された印象を受けた。
普段はどちらかというと清楚な感じのイメージで見られるというのだが。

今もまだ独身だとすれば、そのうち見合いかなんかで結婚することになるのだろうか。
しかしそのダンナこそ哀れだ。
ケツまで舐めさせられて中出し三昧、大量顔射も何度もキメたし、バックと騎上位を開発してやったのは何を隠そうこのオレ。
それも2度3度などではなく、数え切れないくらいに身体を重ねた。
悔いが残るとすれば、一回でいいから3Pをして、俺の見てる前でほかの男に中出しさせてみたかった。
他の男のザーメンがオマンコから出てくるところを自分で開かせて俺に確認させるというプレイをしてみたかった。

真○子を貸し出したり、レンタルしてみたかったと思う。
ある程度の金額だったとしても、年配の男ならきっと満足して貰えたと確信する。
俺は真○子のアナルを使っていないから、未来のダンナは真○子のアナルバージンでももらってやればいいんじゃないだろうか。
その他は俺がすべて汚してしまっているし。
今、彼女はどこでどうしているのだろうか。
時々出会ったきっかけのサイトを覗いてるがまだ見つからない。









  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
泥酔した女性を家まで送ったらムラムラして…
2015/10/16 09:30
2015/10/16 09:30
数年前の年末に持ち帰った話。 いや、泥酔女の家での話なんだけどさ。 ある地方都市の歓楽街で主に呑んでるんだが、たまに行くライブハウスの恒例忘年会。 ステージでもバンドが1グループ2曲でどんどん入れ替わり、客席の方も大混乱。 飲み屋街の有名マスターや有名常連客?がそれぞれのテーブルに座ってて、その人たちを見てまわるだけでも楽しいんだが、全体としてはまあ乱痴気騒ぎ一歩手前ってところか。そんな中に、顔見知りのトモがいた。30半ばのちょっと気の強いイラストレーター。  【PR】結婚してるのに旦那とはセックスレス。だからここに登録しました 大手代…
【熟女体験談】童貞でリードができないため、熟女がいる性感エステマッサージに行ってみた
2017/07/04 00:02
2017/07/04 00:02
2017/07/04 (Tue) 僕は魔法使いになりました

はい、ヤラハタととっくに超え、
33歳の真性童貞なんです。

しかし、そんな僕も絶頂体験をした事はあるんです

仕事では、生の女性と話す機会が
数週間に1回程度。

そんな僕でも、そろそろ風俗に行って
童貞は捨てないまでも女性の身体を
知っておかなくてはと思い、
初風俗でもハードルの低い
マッサージのお店を選びました。

すぐにPCで京都の風俗を調べました。

さすがに風俗で童貞を失うのには
心理的に抵抗もあって、
性感マッサージをしながら
最後にはヌイてくれるお店にしたんです。

お店に電話して大丈夫そうなところを選びました。…
ムチムチのエロ人妻との浮気エッチ【不倫・寝取られ】
2016/02/08 21:05
2016/02/08 21:05
友人に呼ばれて家に行ったけど、家の前まで来たのに本人と連絡が取れなかった。 インターホンを鳴らすのもあれなんで、「仕方ねーな」と思い、友人から連絡が来るまで近くの公園で時間を潰していた。 30分くらい経って、そろそろイライラしてきたので帰ろうかと思ったら、公園の前を友人の奥さん(21歳)がベビーカーを押しながら通っていた。 こちらに気付いた様子で、「どうしたの?」と聞いてくれた。 俺「○○から連絡があってきたんだけど、連絡がつかなくて・・。家には居ないんだよね?」 奥さん「さっき、電話があって仕事が長引いて少し遅くなるって言ってたけど・・」 俺「そっか・・。じゃあ今日は帰ろうかな…
主人が寝ている横で過ちを犯す新妻
2018/05/13 06:44
2018/05/13 06:44
結婚前は時間を見つけては愛し合い、心身共にこの上ない幸せを感じて結婚しましたので、愛のないセックスは絶対ありえないとあの日までは強く信じていました。 あの出来事以来、自分の中に埋もれていた淫乱な一面を思い知らされました。 この体験はハワイへの新婚旅行を終え、仲人の夫の上司へ挨拶に行ったときのことです。 上司の部長さん夫婦は、私たちを快く迎えてくれ、夕食をごちそうになり、その後はお酒を頂くことになりました。 夜は冷え込み、ゆっくりくつげるようにとコタツまで用意していただきました。 2人共お酒は強くない方でしたが、お世話なった上司の勧めるお酒を断ることも出来ず、少し無理をしながらもも楽しい…
チャラい後輩にハメられてイキまくる妻[後編]
2017/03/07 00:52
2017/03/07 00:52
結局何も出来なかった僕。
裏切っていたサトシは許せないと思うけど、それ以上に嫁が信じられなかった。
イヤイヤと言いながら、結局おかわりまでした・・・。
だけど、一番怖いのは、浮気していたことを、まったく僕に気取られずに今日まで来たことだ。
僕が鈍感なだけかもしれないが、それ以上に女は怖いと改めて思い知った。

そして、色々と考えて眠れずに、結局朝になった。
今日は休みなので、ゆっくり寝ようと思っていたが、それどころではなかった。
僕はとりあえず頭をしゃっきりとさせたくて、コーヒーを淹れ始めた。
嫁はサトシに運ばれてソファの上で毛布を被って気持ちよさそうに寝ている。
そりゃ失神するまで…
俺が初風俗に行った話をする【風俗体験談】
2016/12/23 14:10
2016/12/23 14:10
当時の俺は21くらいで童貞だったが、性欲は有り余ってた。
AV見てオ○ニーするだけなのもどうかと思い、風俗に行こうと思った。
けど、童貞が風俗に行っても満足にプレイ出来んだろうなと思った。


リードして欲しいが、恥ずかしくて言うのも気が引ける。

そこで考えたのが、「そうだ。SMクラブで女王様に調教してもらえばいいんじゃね?」
これなら受身で言われたとおり従えばいいし、攻められる側だからテクニックの無さも誤魔化せる。
早速、適当な店に電話してプレイしに行くことにした。

マンションの一室が受付になっていて、そこで女の子の写真を店員から見せられた。
すぐに紹介できるのは3人で、うち2人が結構好…
怒った彼らが妻を・・・
2018/02/25 20:01
2018/02/25 20:01
「合コンとか、ダメとは言わないけど飲み過ぎたらダメよ。」
「・・・・・」
「酔って男の人について行ったら危険なのよ!」
「・・・・・」
「男にチヤホヤされても・・・」

今年成人した大学生の長女に電話で妻が注意している。
俺は苦笑してしまった。
俺は43才のサラリーマン、妻はパート勤めで42才、長女20才大学生、長男は難しい16才高校生だ。

なぜ俺が妻と長女の会話で苦笑したかというと、言ってることが妻にそのまま当てはまるからだ。
妻はスレンダーだがお尻は大きい、しかし胸は小さい。
顔は可愛いと言ってくれる人も多いが、まあ普通でしょう。
妻とは小学校、中学校と学年は違うが同じ学校だった…
オーストラリア旅行で
2017/09/23 11:19
2017/09/23 11:19
何となくサイト覗いていたらこんな板があるんだと思って見させて頂きました。 最低な男達っているんだよね(怒) 私も昔レイプされた事があります。 大学の卒業旅行で友達とオーストラリアに旅行に行った時。 あの時は若かった。 バカでした。 ビーチで現地の二人組の男にナンパされて友達とノコノコ付いて行ったら地元のバーみたいな所に監禁されました。 帰りの飛行機までの地獄の日間でした。 何人にも弄ばれ殺されると思いました。 私はお尻の経験があったから大丈夫だったけど友達はの経験も少なくアソコとお尻に入れられた時は死んじゃうんじゃないかと心配しました。 沢山精子を飲まされてお腹が気持ち悪くて食事を出されてもす…
夫の上司にクリ豆を弄り捲られて[後編]
2017/08/06 11:19
2017/08/06 11:19
「自分でクリ皮引っ張っておねだりか。この変態奥さんが。じゃぁこれで撮影してくださいよ」 そう言うと彼はカバンからビデオカメラを出したのです。 「こんな姿撮らないで、ダメ~」 「ほら、クリ豆でイキたいんでしょ?いいんですか?やめますよ?」 「出来ません・・・、それだけは許して下さい・・・」 「それは残念ですね、そうですか~」 彼はクリトリスを摘み、吸い付き、すごい勢いで舌を動かしました。 「あン、イッちゃう・・・、クリトリスイッちゃう・・・それされたら・・・私・・・イッちゃう・・・」 彼は一度動きを止め、少しするとまたクリトリス摘み激しく舐め回しました。 「イク・・・イク・・・…
これは…?
2017/09/07 19:49
2017/09/07 19:49
僕は某ファミレスでバイトしています。 ファミレスだけあってolや女子高生がやっぱり多いのです。 バイトをしていると結構olや女子高生と仲良くなるんです。 それは、おいといて(笑) ところでバイト先の着替え室は休憩室の狭い倉庫みたいなところが着替え室になっています。 これがうれしいことに男女兼用になっているんです うれしいことにみんなその狭い倉庫のなかに服やローファーやヒールや履物とかも置いたままにしてるんです 休憩中やバイト終わりの時に嗅がせていただいたり舐めさせていただいたりザー●ンをかけさせていただいたりしてオカズにさせていただいてるんですが… ただオカズにするんではなくて着がえ室ごしに…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【乱交】2年ぶりに再会したセフレの家でウハウハの3P

・メンヘラ糞ビッチに惚れたら地獄が待っていた話

・【熟女体験談】セフレの淫乱痴女でドスケベなおばさんと残業中に会社でガチイキ絶頂SEX

・ネットで遠距離女をやった

・【人妻体験談】甥の目の前でマンコを見せつけオナニーする変態叔母

・旦那と彼から人妻を奪い調教する 5

・【近親相姦】離婚して戻ってきた娘と生で毎日・・・。

・まあいいか

・さっき手コキ風俗に行った話をはじめようと思う

・彼女は少し呼吸を荒くしながらだまって言うとおりに・・・

・会社の誰もいない給湯室はエロ室

・男性の生殖器への魅力

・【熟女体験談】脇毛フェチが脇毛風俗嬢を見つけ出し、脇毛パーティを行う変態

・女が楽しむ電車内の痴漢遊び

・【羞恥】ボート訓練で目撃したクラスメイトたちの小さな膨らみ

・専務のアレを1時間近く舐めていた

・#男前な姉さん女房を、後輩の彼氏に抱かせることになって6(転載禁止)

・新社会人ってセックスするの簡単すぎw 3

・新社会人ってセックスするの簡単すぎw 2

・旦那と彼から人妻を奪い調教する 4

・大雪のおかげで好きだった兄と結ばれました

・お互いのプライベートに干渉しない不倫

・【浮気】その名器に死角はなかった

・【熟女体験談】可愛がってくれたデブなおばさん事務員が逆レイプするように激しく上下運動してきた筆下ろし体験

・新社会人ってセックスするの簡単すぎw 1

・【Hな体験】ずぶ濡れになった女子高生と車で雨宿り

・養子に出した息子が養子先を乗っ取り

・先輩女子のリクルートスーツに欲情した俺は・・・

・巨根を一度入れてしまえば女はもうお終いです・・・

・【初体験】初体験からずっと続いている従妹との関係