寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

外人の集まる店(1)

2018/01/06 18:12


結婚して2年目、子供はまだいませんが、1つ年下の旦那とくらしていました。 私の名前…美佳という事にしておきます。 旦那は29才、昔は凄く優しくて、本当に私を大切にしてくれたのですが、結婚してからはあんまり話も聞いてくれないし、専業主婦の私は退屈で仕方ありませんでした。 髪を切っても、新しい服を着ても、何も言ってくれないんです。 帰ってきてもお風呂に入ってすぐに寝てしまい、夜の営みなんて一年以上ありません。 もう私を女として見てくれないのかな…。 そんな事を考える毎日が続いていたある日、大学時代の友達から電話がかかってきました。 『美佳?!久しぶりぃ?!』 彼女の名は裕子としておきます。 裕子は週末、夜に食事をしにいこうと誘ってくれました。 (一日くらい、いいわよね…) 私はすぐに旦那に相談しました。 旦那も裕子の事は知っていましたし、たまには遊んでおいでと言ってくれました。 当日、私は気合いを入れて服を選び、丁寧にメイクをして出かけました。裕子が予約してくれたレストランに行き、そのあと裕子が知っているBARに入りました。 そこは、外国人がたくさん集まる店の様で、少し薄暗くて聞いたこともない音楽が流れていました。 『ふふ…美佳も絶対気に入ると思うわよ…このお店…』 『う…うん…ちょっと怖いけど…』 私達はいくつもあるテーブルの一つに席をとり、カクテルを注文して飲んでいました。 すると、外国人が何人も声をかけてくるのです…。 私は英語が全くダメでしたが、裕子は英会話に通って3年。 流暢な英語で彼らと話をしています。 『なんて言ってるの?』 『ん?…奥で一緒に飲まないかって』 『奥で?…』 店を見渡してやっと気付いたのですが、カーテンにで仕切られた通路が一つありました。 その向こうは店内より更に薄暗く、真っ赤なライトが小さく灯っているだけだったのです。 裕子が何かを言うと、その外国人達は残念そうに引き下がっていきました。 『奥って何があるの?』 『ふふふ…それは後のお楽しみ』 裕子は笑っているだけで、何も教えてくれません。 ふと、他のテーブルを見ると、さっき私達を誘ってきた外国人が、一人でカウンターで飲んでいる女の子に声をかけていました。 (何よ…誰でもいいんじゃん!) 私は内心、久しぶりにナンパの様な事をされて、ひそかにドキドキしていました。 そして、その気持ちを裏切られた気分になってしまっていたのです。 そんな気分で飲んでいても楽しくないので、帰ろうかなと思った時、二人の外国人が声をかけてきたのです。 『ハーイ!ユウコ!』 二人は裕子の知り合いの様でした。 二人の外国人は、褐色の肌と引き締まった体を見せ付けるような、露出の多い服装でした。 それぞれにかなりの美男子で、モデルの様なスタイルに私は一瞬心の中で喜んだのを覚えています。 裕子は軽く挨拶をすませ、テーブルに二人を座らせると、楽しそうに会話を始めました。 私は気後れしたまま、一人ぼっちになってしまい、どうしていいかわかりません。 そんな私を気遣ってか、二人のうち一人が話し掛けてきました。 『アナタナマエハ?』 『え…あ…美佳です…』 『ミカ…ヨロシク、ボクハ、ルカ』 『ルカ?…えっと…あの…よろしく』 その様子を見て、裕子がルカに何か言いました。 ルカは少し笑い、突然私の手を握り見つめてきました。 『何?何て言ったの?』 『美佳は私の友達の中でも1番の美人なのよって言ったの』 『そんな…』 『いいじゃない…ほんとに美佳は綺麗なんだから』 ルカは、私の手を握りながら拙い日本語で囁いてきます。 『ミカ…トテモキレイデスネ』 『ワタシハ、トテモシアワセデス』 『キョウハ、オゴルヨ』 私は気分をよくして、ルカとの会話を楽しみました。 おそらく私より年下の、それもかなりカッコイイ外国人から優しくされ、お酒もかなり飲んでしまいました。 『あ?!美佳、ルカと仲良くなってきてるぅ?!』 『そんなことないわよ…』 『いいじゃない、今日は旦那を忘れて楽しんじゃいなさいよ、ルカは凄く優しくしてくれるから…』 『そ…そうね…』 『じゃ、私はリカルドと奥に行ってるから!』 『え?ちょっと!』 『帰りは私、待たなくていいから、別行動にしましょ!』 裕子はそのまま彼と奥の薄暗い廊下へと消えていきました。 (やだ…どうしよう…) 一人になった私は急に不安になりました。 『ミカ…シンパイナイ…』 ルカは相変わらず、優しい口調とかわいらしい笑顔で話し掛けてきます。 気がつくとルカは私の肩を抱き、かなり密着した状態で横に座っていました。 『ボクノクニデハ、コンナキレイナヒトイナイ』 『えぇ?嘘ばっかり』 『ホント!ウソジャナイヨ!ミカ…ボクノメヲミテ』 ルカの綺麗な目を見て話しているうちに、なんだか恥ずかしいような…、それでいてずっとこうしていたいような…、不思議な気持ちになっていきました。 ルカは私の腰に手を回し、もう一つの手で頭を撫でてくれます。 お酒の勢いもあり、私はルカの肩に頭をもたれさせて、甘えるような格好になりました。 『ミカ…スキダヨ…』 『うん…ありがとう…』 『ミカ…コッチヲミテ』 私はルカの言うままに、見つめ合います。 相手の顔があまりに近くにあった為、恥ずかしくなって顔が真っ赤になってしまいました。 『ミカミタイナヒトヲマッテタ…キミニアウタメニウマレタ』 『…ああ…ルカ…』 私はもう夢中でした。 旦那の顔が一瞬浮かびましたが、頭の中の彼の表情は私を冷たく見下してる時のものでした。 しかし目の前のルカは優しくて、愛の言葉を恥ずかしげもなく伝えてくれる…。 しかも慣れない日本語を一生懸命に使って…。 『オクニイク?』 『え…奥って…何があるの?』 『ヘヤダヨ』 『ど…どんな…』 『イコウ…フタリデ』 ルカは優しく私の手をとり、席を立ちます。 そして、バーテンダーに何かを言って、奥の廊下へと私を連れていったのです。 カーテンをくぐって見えてきたのは、暗くて小さな赤い照明に照らされた廊下に、いくつも部屋があり、それぞれの扉に番号を書いてあるという、不思議な空間でした。 『ココダヨ…』 ルカは2番の部屋の扉を開けました。 そこは、割と広い部屋でした。 ソファーとテーブルがあり、テレビや冷蔵庫もありました。 トイレやシャワールームまで完備され、部屋の1番奥にはキングサイズのベッドまであったのです。 そして大きな窓からは、綺麗な夜景が見えました。 『綺麗…』 『ミカノホウガモットキレイダ』 ルカは夜景を見ていた私を背中から抱きしめると、首筋にキスをしてきました。 『ん…』 『ミカ…アイシテル』 私はもうメロメロになってしまい、ルカの顔をどうしても見たいという衝動にかられ、振り向いたのです。 その瞬間…。 ルカは私の心を見透かした様に、優しくキスをしてくれました。 それは長い長いキスでした…。 旦那とは比べものにならないほど、そのキスは上手で、私の身体から力が抜けていくのが分かりました。 『ミカ…ワインスキ?』 『うん…好きよ』 ルカは、私をソファーに座らせた後、冷蔵庫を開け、冷えた白ワインをグラスに注いでくれました。 私達は乾杯して、ワインを飲みました。 ルカは、ワインを飲んでいる間も、私を抱きしめ、耳元で色々と囁いてきます。 『アイシテル…』 『キミシカミエナイヨ…』 『キレイナダヨ…』 私はいつの間にか自分からキスをするようになっていきます。 舌を絡めて、ルカに全てを任せていました。 ルカの手が服の上から胸を触ってきました。 『…あ…』 『ゴメン…イヤダッタ?』 『………』 私は何も言えませんでした。 嫌じゃない…。 でも私には旦那がいる…。 そんな葛藤が頭の中を駆け巡ります。 『タバコクサイ?』 『え?…大丈夫よ…だって』 思わず旦那の事を口にしてしまいそうになりました。 旦那はヘビースモーカーで、キスするとタバコの匂いがするのはいつものこと…。 旦那とのキス…。 もうどれくらいしてないのかしら…。 そんな事を考えていると、ルカがポケットから何かをだしました。 それは、口臭予防のタブレットでした。 ルカはシャカシャカと音をたて、タブレットを口に入れました。 『ミカモタベル?』 『うん』 私は何の疑問も持たずそれを2、3粒もらい、口に入れます。 (変な味…) それからまた、ルカは私に密着したまま、キスをしてきました。 長い長い、熱いキスを…。 (ああ…ルカ…) キスをしながらもルカは髪を撫でてくれたり、手を握ってくれたりするので、本当に優しさが伝わってきて、胸がドキドキしていました。 外人の集まる店1  2  3  4


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【熟女体験談】厚化粧の口うるさい義母にキレて中出しレイプ
2018/11/19 00:02
2018/11/19 00:02
2018/11/19 (Mon) 厚化粧の義母はまぁ堅物なババアだ

習字の先生をしていて
行儀についてまぁ口うるさい

俺だけになら良いが
俺達夫婦の子供にも口うるさいババア

孫なら可愛いはずなのに
まだ3才と5才の子供に対しても
手厳しくて、すっかり子供達は
自分の祖母に会うのが嫌がってしまってる

でも会わない訳にはいかないんだよ

だって家と嫁の実家は凄く近くて
義母は「偵察」って言葉がぴったりの感じで
訪問してくるんだから

ちゃんと炊事洗濯してるかしら?

孫達はお行儀よく過ごしてるかしら?

まじでこんな風にやってくる

嫁も若干自分の母親にうんざりしている

孫が出来れば…
【近親相姦体験告白】 禁断セックスに溺れた俺たち
2016/06/04 05:59
2016/06/04 05:59
その日は親戚の結婚式に家族で招待された帰りの事だった。クリスマスの近い12月の半ばの週末、俺たち家族は高速道路で2時間、一般道を更に1時間ほど行った場所の親戚の結婚式に呼ばれ俺の運転する車で行った。式は淡々と進み無事に大団円のうちにお開きになった。時間は夜の7時頃だった。両親はそのまま親戚の家に泊まって翌日、電車で帰ってくると言った。俺たちも泊まっていけと誘われたが、酔っ払いの相手をするのは嫌だったし、妹の相手になる同年代の親戚が居なかったので、俺は妹を連れて先に帰ることにした。俺は21歳。車が好きで高校卒業と同時に免許を取得し車を買う為、今の会社に就職した。その時、妹の由貴は17歳の高校…
元同級生にレイプされた
2018/01/01 18:49
2018/01/01 18:49
するとAが私のブラジャーを押し上げで乳首を吸っていたのです。 びっくりして「何してるのよ」といいながら押しのけようとしました。 「ホントはお前が好きなんだよ」 なんて言いながら私を押さえつけました。 「冗談やめて。彼氏だっているんだから。」って言ったんですが…。 「大きな声出したらBが起きるぜ。」 なんて言われて。 それでもいいと思って大きな声で「やめてっ!!」と叫びました。 するとBが起きてしまって…助かったと思ったんです。 そしたら 「何やってんだよ、お前ら。俺も混ぜろよ。」 だって…。 「やめてやめてっ!」って叫んだんだけど…。 Aの家は大きな家で周りには聞こえない。。 彼の両親も留…
★空しいけど抜けるので
2017/02/10 11:20
2017/02/10 11:20
 某サイトで2コ上の人妻からメールきた。条件はその女性のマンションへ行き玄関に入る。入ったら真っ暗な状態にしてあり、玄関に鍵をかけ扉の方を向く。そしたら後ろからアイマスクをつけられ、ズボンとパンツをおろし女の方を向き、しゃぶらせる。そして帰りがけに5K靴箱の上において帰る。

 変な事をすると痴漢撃退用のベルを鳴らし大声を出すとのこと。基本的にこちらから何かを求めることは禁止。指定されたマンションへ行きオートロックを解錠してもらう為にエントランスから部屋番号を押す。
[PR]

『どうぞ』と可愛らしい女性の声。部屋へ行き約束通りの行動をとりアイマスクをつけてもらう。条件の胸を触らせるように…
【エッチ体験談】出会い系で知り合った人妻が知り合いの奥さんだった
2016/04/06 02:41
2016/04/06 02:41
先月の話です。

僕は最近いつもお世話になっているメルパラで検索していた所、35歳の人妻がみつかりました。

何故35歳の人妻かというと何故か35歳の人妻と相性がよく必ずといっていいほど最後までいけるんです。

そして、いつものように2週間ほどメールのやり取りをしてお互いスケジュールの合う日に待ち合わせをしました。 特別、エッチをするという話はしていなかったのですが、軽く昼食を取ってからホテルへ行くような流れになりました。

彼女は、化粧っ気のない少し地味な感じで、メガネをかけているせいかリクルートスーツが似合いそうな真面目な印象の女性でした。

旦那さんとは4年ほど前か…
【不倫】なんでも平均点なのにセックスだけ天才だった友人[後編]
2018/09/30 22:00
2018/09/30 22:00
おばちゃんが帰ると、俺もベランダから帰還。もちろん礼司を問い詰めた。 「お前って、ああいうババアが趣味だったんだなー」 「趣味でもないよ。俺だって若い美人が好きだし」 「でも、ギンギンに勃ってたじゃんw俺だったら無理だわ」 「うーん、勃たせるのは何でもない」 「それに最初から最後まで、なんかラブラブモードだったろw」 「その方が女の人が歓ぶからな」 礼司に言わせると、どれもこれも女を歓ばせるため。ずっと勃起させてるのも、「射精したのに、アタシを見てこんなに硬くしてくれてる」とおばちゃんがいい気分になってくれるから、なんだと。ほんまかいな。 「また見たい?」 「う~ん、ち…
ノーパン電車【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/12/03 16:24
2017/12/03 16:24
高校2年から3年までの1年間ずっと同じ痴漢にあってました。 電車通学で、約40分間の間でした。 初めは怖くて汚らしくて嫌悪感となぜか罪悪感がありました。 お尻や胸太股などをしつこく撫でまわされていましたが それ以上の事をしなかったので 段々慣れてくると またか って感じで当初覚えた嫌悪感とかは 薄らいでいったよう思います。 夏服のセーラー服の頃でした、いつもとは違った感触を覚えて 振り返ると知らないおやぢがすまして私のお尻を撫でていたのです。 怖さと汚らしさが蘇って来て震えていた所 いつもの痴漢さんが「おはよう」って声をかけてきたのです。 すると、さっきまで私のお尻を触っていたおぢさんは …
義父に抱かれています…
2015/09/03 23:00
2015/09/03 23:00

私28歳、主人は30歳、義父は58歳、義母は55歳、結婚三年ですが子供はまだ出

来ません。


主人はすごいマザコンで何でも母親の言いなりです。

義母は一人息

子を私に奪われたとの思いから、何かと意地悪を言います。




けれど主人はただおろおろするだけで、私を守ってくれないのです。


そんな時に義父は主人に対して、「お前の嫁さんを庇わないで、どうするんだ、しっかりしろ」と言ってくれ、義母に対しても「もう、いい加減にしなさい、みっともないぞ」と小言を言ってくれる、優しい舅です。

普段は寡黙なのですが、とても威厳があります。




私はどんなに救われて来たことか判…
三つ目の秘密
2016/12/24 22:19
2016/12/24 22:19
僕は現在20歳です。 僕には、3才年下の妹(リサ)と4歳年下の妹(ユカ)、6歳年下の弟がいる。 妹たちは年が近いか、小学の頃はいつもケンカばかりしていた。 僕はその仲裁をさせられていた。 多くの場合、下の妹ユカの方が悪いのだが、ユカは気が強く「ユカが悪い」と言えば、ケンカが収まらない。 だからいつも上の妹リサも一緒に叱って、その場をなんとか収めていた。 リサは納得できず、僕の部屋に来て、本当に僕がそう思っているのか、確認しに来た。 「リサが正しいけど、うるさいから二人とも叱った」と本当の事を言って、リサを抱き締めてやった。 ユカもリサのことが気になって僕の部屋に来るが、「入るな…
罠にかかった?彼女の痴態3
2018/06/20 23:01
2018/06/20 23:01
罠にはまった?彼女の痴態3 まとまりのない終わりですが、ご容赦ください。エロ多めに書きました。 俺(中村) 32歳 フツメン ちょっと最近太め 176センチ 友人(永井) 28歳 結構イケメン(永井大に似てる) 筋肉質 178センチ 俺の彼女(美香) 26歳 色白 Dカップ 可愛い感じ 顔はアナウンサーの加藤綾子に似ている 体型も普通  161センチ 永井の彼女(希美) 24歳 色黒可愛い Eカップぐらい 痩せで巨乳 芸能人だとちょっと不細工な佐々木希  156センチ 俺は会社のしがない事務員。多少実績があったので、今は中小企業の係長的な役職。でも事務員みたいなもん。(笑) 永井はバリ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・ブラジャー、レギンス、パンスト、ブルマ

・セックスライフ及びセクロスライフとの戦い

・こんな事あるの?

・彼女のおっぱいを見られて

・台所から声が聞こえてきて、何だろうと思い見ると・・・

・中学時代からクソビッチだったけど全部無かったことにして

・【人妻体験談】夫が海外出張で欲求不満になった人妻が投稿に連絡し、妄想でしながらオナニー

・【熟女体験談】大きすぎるペニスを持つ小学生が友達の母のオナニーを見てしまい、そのままSEX

・【浮気】中学生の従妹を目覚めさせてしまったわけだが

・お義父さんと私4-1「来客中に、うしろから」

・【レイプ】高校生の時、母と一緒に犯されました

・【人妻体験談】掲示板で知り合った人妻が子供が生まれてから久しぶりのセックスで濃いエッチをした

・【熟女体験談】Iカップで超爆乳おばさんと出会い系で会って、OKをもらって中出し射精

・最高のオナニー

・妻の養鶏所のおじさん達とのHなふれあい

・有名子役タレント”U”の放送事故並のエロガキ振り

・【Hな体験】友達の姉貴の口に精液をぶちまけた

・【近親相姦】セーラー服の妹と唇を重ね、2人で腰を動かした

・外人の彼女ができたとか羨ましい!!

・綺麗な人妻の顔が快感に歪む

・【熟女体験談】厚化粧なスナックのママとお店のボックス席でセックス

・モモとノンタン

・男は女とヤル事で頭の中がいっぱい

・【浮気】美人で清楚な社長秘書はいい感じのM女だった

・俺には7歳離れた妹が居る

・妻と兄の情事は・・・

・酔ったマヤはエロい

・【人妻体験談】サービスとばかりにパンチラする天然な妻のおかげで後輩に慕われるようになった夫

・【Hな体験】知り合いの人妻看護婦さんがしてくれた手コキ[後編]

・羽を伸ばしたいという出会い系の人妻