寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

外人の集まる店(1)

2018/01/06 18:12


結婚して2年目、子供はまだいませんが、1つ年下の旦那とくらしていました。 私の名前…美佳という事にしておきます。 旦那は29才、昔は凄く優しくて、本当に私を大切にしてくれたのですが、結婚してからはあんまり話も聞いてくれないし、専業主婦の私は退屈で仕方ありませんでした。 髪を切っても、新しい服を着ても、何も言ってくれないんです。 帰ってきてもお風呂に入ってすぐに寝てしまい、夜の営みなんて一年以上ありません。 もう私を女として見てくれないのかな…。 そんな事を考える毎日が続いていたある日、大学時代の友達から電話がかかってきました。 『美佳?!久しぶりぃ?!』 彼女の名は裕子としておきます。 裕子は週末、夜に食事をしにいこうと誘ってくれました。 (一日くらい、いいわよね…) 私はすぐに旦那に相談しました。 旦那も裕子の事は知っていましたし、たまには遊んでおいでと言ってくれました。 当日、私は気合いを入れて服を選び、丁寧にメイクをして出かけました。裕子が予約してくれたレストランに行き、そのあと裕子が知っているBARに入りました。 そこは、外国人がたくさん集まる店の様で、少し薄暗くて聞いたこともない音楽が流れていました。 『ふふ…美佳も絶対気に入ると思うわよ…このお店…』 『う…うん…ちょっと怖いけど…』 私達はいくつもあるテーブルの一つに席をとり、カクテルを注文して飲んでいました。 すると、外国人が何人も声をかけてくるのです…。 私は英語が全くダメでしたが、裕子は英会話に通って3年。 流暢な英語で彼らと話をしています。 『なんて言ってるの?』 『ん?…奥で一緒に飲まないかって』 『奥で?…』 店を見渡してやっと気付いたのですが、カーテンにで仕切られた通路が一つありました。 その向こうは店内より更に薄暗く、真っ赤なライトが小さく灯っているだけだったのです。 裕子が何かを言うと、その外国人達は残念そうに引き下がっていきました。 『奥って何があるの?』 『ふふふ…それは後のお楽しみ』 裕子は笑っているだけで、何も教えてくれません。 ふと、他のテーブルを見ると、さっき私達を誘ってきた外国人が、一人でカウンターで飲んでいる女の子に声をかけていました。 (何よ…誰でもいいんじゃん!) 私は内心、久しぶりにナンパの様な事をされて、ひそかにドキドキしていました。 そして、その気持ちを裏切られた気分になってしまっていたのです。 そんな気分で飲んでいても楽しくないので、帰ろうかなと思った時、二人の外国人が声をかけてきたのです。 『ハーイ!ユウコ!』 二人は裕子の知り合いの様でした。 二人の外国人は、褐色の肌と引き締まった体を見せ付けるような、露出の多い服装でした。 それぞれにかなりの美男子で、モデルの様なスタイルに私は一瞬心の中で喜んだのを覚えています。 裕子は軽く挨拶をすませ、テーブルに二人を座らせると、楽しそうに会話を始めました。 私は気後れしたまま、一人ぼっちになってしまい、どうしていいかわかりません。 そんな私を気遣ってか、二人のうち一人が話し掛けてきました。 『アナタナマエハ?』 『え…あ…美佳です…』 『ミカ…ヨロシク、ボクハ、ルカ』 『ルカ?…えっと…あの…よろしく』 その様子を見て、裕子がルカに何か言いました。 ルカは少し笑い、突然私の手を握り見つめてきました。 『何?何て言ったの?』 『美佳は私の友達の中でも1番の美人なのよって言ったの』 『そんな…』 『いいじゃない…ほんとに美佳は綺麗なんだから』 ルカは、私の手を握りながら拙い日本語で囁いてきます。 『ミカ…トテモキレイデスネ』 『ワタシハ、トテモシアワセデス』 『キョウハ、オゴルヨ』 私は気分をよくして、ルカとの会話を楽しみました。 おそらく私より年下の、それもかなりカッコイイ外国人から優しくされ、お酒もかなり飲んでしまいました。 『あ?!美佳、ルカと仲良くなってきてるぅ?!』 『そんなことないわよ…』 『いいじゃない、今日は旦那を忘れて楽しんじゃいなさいよ、ルカは凄く優しくしてくれるから…』 『そ…そうね…』 『じゃ、私はリカルドと奥に行ってるから!』 『え?ちょっと!』 『帰りは私、待たなくていいから、別行動にしましょ!』 裕子はそのまま彼と奥の薄暗い廊下へと消えていきました。 (やだ…どうしよう…) 一人になった私は急に不安になりました。 『ミカ…シンパイナイ…』 ルカは相変わらず、優しい口調とかわいらしい笑顔で話し掛けてきます。 気がつくとルカは私の肩を抱き、かなり密着した状態で横に座っていました。 『ボクノクニデハ、コンナキレイナヒトイナイ』 『えぇ?嘘ばっかり』 『ホント!ウソジャナイヨ!ミカ…ボクノメヲミテ』 ルカの綺麗な目を見て話しているうちに、なんだか恥ずかしいような…、それでいてずっとこうしていたいような…、不思議な気持ちになっていきました。 ルカは私の腰に手を回し、もう一つの手で頭を撫でてくれます。 お酒の勢いもあり、私はルカの肩に頭をもたれさせて、甘えるような格好になりました。 『ミカ…スキダヨ…』 『うん…ありがとう…』 『ミカ…コッチヲミテ』 私はルカの言うままに、見つめ合います。 相手の顔があまりに近くにあった為、恥ずかしくなって顔が真っ赤になってしまいました。 『ミカミタイナヒトヲマッテタ…キミニアウタメニウマレタ』 『…ああ…ルカ…』 私はもう夢中でした。 旦那の顔が一瞬浮かびましたが、頭の中の彼の表情は私を冷たく見下してる時のものでした。 しかし目の前のルカは優しくて、愛の言葉を恥ずかしげもなく伝えてくれる…。 しかも慣れない日本語を一生懸命に使って…。 『オクニイク?』 『え…奥って…何があるの?』 『ヘヤダヨ』 『ど…どんな…』 『イコウ…フタリデ』 ルカは優しく私の手をとり、席を立ちます。 そして、バーテンダーに何かを言って、奥の廊下へと私を連れていったのです。 カーテンをくぐって見えてきたのは、暗くて小さな赤い照明に照らされた廊下に、いくつも部屋があり、それぞれの扉に番号を書いてあるという、不思議な空間でした。 『ココダヨ…』 ルカは2番の部屋の扉を開けました。 そこは、割と広い部屋でした。 ソファーとテーブルがあり、テレビや冷蔵庫もありました。 トイレやシャワールームまで完備され、部屋の1番奥にはキングサイズのベッドまであったのです。 そして大きな窓からは、綺麗な夜景が見えました。 『綺麗…』 『ミカノホウガモットキレイダ』 ルカは夜景を見ていた私を背中から抱きしめると、首筋にキスをしてきました。 『ん…』 『ミカ…アイシテル』 私はもうメロメロになってしまい、ルカの顔をどうしても見たいという衝動にかられ、振り向いたのです。 その瞬間…。 ルカは私の心を見透かした様に、優しくキスをしてくれました。 それは長い長いキスでした…。 旦那とは比べものにならないほど、そのキスは上手で、私の身体から力が抜けていくのが分かりました。 『ミカ…ワインスキ?』 『うん…好きよ』 ルカは、私をソファーに座らせた後、冷蔵庫を開け、冷えた白ワインをグラスに注いでくれました。 私達は乾杯して、ワインを飲みました。 ルカは、ワインを飲んでいる間も、私を抱きしめ、耳元で色々と囁いてきます。 『アイシテル…』 『キミシカミエナイヨ…』 『キレイナダヨ…』 私はいつの間にか自分からキスをするようになっていきます。 舌を絡めて、ルカに全てを任せていました。 ルカの手が服の上から胸を触ってきました。 『…あ…』 『ゴメン…イヤダッタ?』 『………』 私は何も言えませんでした。 嫌じゃない…。 でも私には旦那がいる…。 そんな葛藤が頭の中を駆け巡ります。 『タバコクサイ?』 『え?…大丈夫よ…だって』 思わず旦那の事を口にしてしまいそうになりました。 旦那はヘビースモーカーで、キスするとタバコの匂いがするのはいつものこと…。 旦那とのキス…。 もうどれくらいしてないのかしら…。 そんな事を考えていると、ルカがポケットから何かをだしました。 それは、口臭予防のタブレットでした。 ルカはシャカシャカと音をたて、タブレットを口に入れました。 『ミカモタベル?』 『うん』 私は何の疑問も持たずそれを2、3粒もらい、口に入れます。 (変な味…) それからまた、ルカは私に密着したまま、キスをしてきました。 長い長い、熱いキスを…。 (ああ…ルカ…) キスをしながらもルカは髪を撫でてくれたり、手を握ってくれたりするので、本当に優しさが伝わってきて、胸がドキドキしていました。 外人の集まる店1  2  3  4


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
結婚式に…
2017/12/21 08:19
2017/12/21 08:19
先日会社で出会った彼と結婚をしました。私は結婚式の当日まで処女で、正直キスもした事がありませんでした。出会いも女子校でなかったし、どちらかというとインドア系で出かける事もそれほどなかったので、仕方がないのかも。でも短大を出て就職して、1年くらいたってから今の旦那さんと知り合いました。Hをせがまれる事はあっても「結婚したら」とはぐらかしていました。付き合っている事は会社でも極秘で、男性社員が多い会社なので、付き合ってくれと声を賭けられる事も何回もありました。1月に結婚したのですが、結婚式当日は友達とか同僚とかお祝いに来てくれました。そんななか半年前に交際を断った木原君(21)も「幸せになってね」…
H体験談。。内田有紀に似た看護師と
2017/01/27 15:45
2017/01/27 15:45
俺が入院したのは年末の事だった。そして入院中、俺は飲食を摂ることを禁じられていた。ただ、体は日を追う毎に元気になっていった。12月30日には大部屋の半数が一時帰宅し
夏休みにお姉ちゃんといっぱいチューをした
2016/12/10 13:14
2016/12/10 13:14
Hな事よりも
ビックリマンに夢中だった少年の時のH話です



毎年夏休みになると丸々田舎に預けられたんよ
他にも親父の兄貴と姉の子ども達も毎年顔を合わてたのよ

んで、親父の兄貴の娘が1つ下の女の子でね。
唯一歳が近かったから毎日コイツと遊ぶのが日課だった

コイツが一人娘だからか糞ワガママでさ、いつも俺は振り回されてた。

ぶっちゃけ嫌いだったw
ジイバアから小遣いがなかったら、きっと田舎に行くの泣いて嫌がっただろう
スマン話が少しずれたw

コイツ以外に俺と遊んでくれる親戚の子がいたのよ
親父の姉貴の娘さんでね。
タレ目で色黒(確かバレー部)で超優しい姉ちゃん。
まぁ初恋の相手だ…
★友人妻を酔わせて自宅に連れ込み
2016/10/27 10:59
2016/10/27 10:59
 中学時代の友人Tの妻、春奈(28)を酔わせてヤりました。結婚前から狙っていたものの、チャンスに恵まれずにいましたが遂にモノにた。時間をかけてTへの愚痴を相談するくらいに俺を信頼するようになった春奈。今回も春奈からのお誘いで、愚痴を聞きながら軽く一杯って感じだったのを無理して引き留めて、強めの酒で酔わせて自宅に連れ込みました。

 取り合えず、全部脱がせてから何枚か写真を取って口止めの材料ゲット!本格的に春奈の身体を撫で回し始めた所で、お決まりの「こんな事だめ」だの「やめて」とか言ってきたけど無視。と言うか、大人しめな見た目の割に嫌な時ははっきりNGと拒絶する春奈にしては、本気で嫌がってないの…
危険日なのに中出しOKだった26歳のエロ妻
2018/09/03 15:00
2018/09/03 15:00
ずっと前、出会い系で遊んでました。
出会い系サイト歴は長いのですが、何年もブランクがあったし、年もとったので、前みたいにセックスができないのではないかと不安でした。
その頃には結婚していたのですが、どうしても嫁以外の女性とセックスがしたいと思いました。
そんなとき、ちょうど友人から「熱いサイトがある」と聞き、紹介してもらいました。

何から始めたらいいのか分からなかったので、とりあえず昔のように掲示板に書き込むことにしました。
とりあえず1日1回、掲示板に『メル友募集!仲良くなったら食事でも行きませんか?』という募集をしてみました。
あまり期待はしてなかったけれど、無料分もあるしと思…
【レイプ・痴漢】【レイプ体験談】30歳で初めてセックスしたのは援交の女子高生だったエッチ体験談【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/05/10 20:51
2017/05/10 20:51
彼女はベットと机しかない部屋を見回してから俺を見た。「淳子って言います、よろしくお願いします」とぺこりと頭を下げた。俺も「よろしく」と答えた。「先にお金もらっていい?」と彼女は言った。俺は慌てて封筒に入れた約束の金額を彼女に差し出した。封筒の中には15万入っていた。彼女はバックを通路のすみに置いて封筒の中身を確認し、俺に言った。「全部聞いてるよ、お兄さん、まだしたことないんだってね」俺は躊躇わずに頷いた。「こんなにお金もらったから、いいよ、なんでもしてあげる」と彼女は笑顔で言った。「時間は、6時までね」と彼女は時計を見ながら言った。壁に掛けてある時計はまだ2時だった。彼女は現金の入った封筒を…
【羞恥】宴会コンパニオンでおもちゃにされてイッてしまった
2017/03/18 06:00
2017/03/18 06:00
コンパニオン時代に酔ったお客さんに襲われて、めちゃくちゃにされたのにイッてしまったエッチな体験談。 私、宴会コンパニオンでおもちゃにされちゃった事があります。犯られはしなかったけど・・・。 5人の男性客に対して私1人での接待。お酒の追加等は私の仕事だったので、料理が出揃うと仲居さんの出入りがなくなるのをいいことに・・・。 一人の男性が、私のV字に胸が開いた制服に手を入れ、生乳を揉み、乳首を刺激してきました。 「やめて下さい、ピンクコンパニオンじゃないんです」 そう言って逃げようとしたけど、もう片方の腕がしっかり腰に巻き付いていて、前屈みになるしかありませんでした。結局、ス…
【風俗でのエッチ体験談】風俗行ったら知り合いのママ友が出てきた(後編)
2016/10/15 16:00
2016/10/15 16:00
なつきは、少し長めのまばたきをした後で、「時間が、多分もうないよ…。」と言った。 その瞬間、俺はなつきとこの場所にいるのは、デリヘル経由だという事を思い出した。 更に、60分のシステムだったので時計は確認していないが既にかれこれ60分近く経ってるものと思われた。 対面してから俺には、まだ間もない感じもしたが、携帯で時間を見ると、既に50分が経過していた…。 俺は、まだ興奮も冷めやらず、「延長すれば良いのかな?」 と言うと、なつきは「もうこの時間から言っても多分無理だよ」 と言った。 俺は、この機会を逃すと、二度となつきとこんな雰囲気にはなれないと思い、色々どうしたら良いのかと試…
ブスだけど可愛かった女子大生
2017/03/21 18:19
2017/03/21 18:19
学生の時にバイトしてたコンビニで、バイト仲間の女子大ブスを抱いた事ある。 テキパキ仕事する店長からも信頼の厚いブス。 女性ということもあって夜中勤務は無かったんだが、急に夜中勤務の奴が風邪で来れなくなって、急遽ブスと勤務になった。 俺が昼間勤務の時に何度か一緒に勤務をした事はあったんだが、夜中は初めてだった。 その日は、雨と言う事もあって暇な勤務だった。 暇ななかでも、ブス子は品出し、掃除と動き回ってた。 トイレ掃除をしている後姿・・・形のいいお尻を突上げて掃除する姿に、品出ししながらチンポが硬くなっていた。 一通り片付けを終え色々話をすると、案の定というか今まで男性と付き合った…
※僕と優等生の彼女と、不良のアイツ3
2016/08/12 19:12
2016/08/12 19:12


前田がキスをやめると、麻衣子は思いきり前田にビンタをした。パチンと良い音が響き、叩いた方の麻衣子がその音に怯んでしまった。
「おぉ、痛ってぇ」
前田は、赤くなった頬を撫でながら、ニヤけた顔で言う。まったく怯んだ様子もない。
『最低!』
麻衣子は、怒りに満ちた顔で前田をにらみつける。さっき、一瞬とはいえ、前田の荒々しいキスで下腹部に感じたうずき……。それをごまかすように、彼をにらみ続ける麻衣子。
「怖いねぇ」
前田は軽い口調で言う。そして、エレベーターの扉が開いた。麻衣子は、怒ったまま外に出る。その背中に、
「あれ? もしかして初めてだったのか?」
と、バカにしたよう…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・新社会人ってセックスするの簡単すぎw 2

・旦那と彼から人妻を奪い調教する 4

・お互いのプライベートに干渉しない不倫

・【浮気】その名器に死角はなかった

・【熟女体験談】可愛がってくれたデブなおばさん事務員が逆レイプするように激しく上下運動してきた筆下ろし体験

・新社会人ってセックスするの簡単すぎw 1

・旦那LOVEの人妻を落すテクニック

・【Hな体験】ずぶ濡れになった女子高生と車で雨宿り

・養子に出した息子が養子先を乗っ取り

・先輩女子のリクルートスーツに欲情した俺は・・・

・巨根を一度入れてしまえば女はもうお終いです・・・

・【初体験】初体験からずっと続いている従妹との関係

・【不倫】夫とセックスして初めて元カレの大きさを知った私

・【熟女体験談】垂れ乳爆乳な義母と公衆トイレで青姦SEXしていたら男がやってきたので、義母を犯してもらった

・妹のパンツを見た友人

・ウブなイケメン君を攻略しました

・【人妻体験談】悪魔の義弟がレイプするように罠を張ったら・・・

・後輩の奧さんに欲情して生挿入してしまったが・・・

・内定を餌に父親より年上の一流企業の部長に中出しされた

・彼氏とのSEXは相性が良くてエロエロ三昧

・妻の妹と偶然飲み屋で会って盛り上がって・・

・妻が他の男性とセックスをする場面を・・・

・夫が不倫してHIV感染

・人妻の先輩に誘惑されて種付けしました

・OLのメンズエステのバイト体験談

・【人妻体験談】人妻デリヘル嬢の面接に行ったら、店長にレイプされた

・【熟女体験談】魔女っ子ヒロインのコスプレをした妻に逆レイプされた

・【SM・調教】年上のOLを釣りに誘ってハメ撮り調教[前編]

・カラオケに行って、後輩の奧さんとキメセクした

・サイトで出会った人妻とナマでやるために考えた作戦