寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【人妻体験談】クラブでナンパした巨乳人妻を自宅に連れ込み中出し射精

2018/01/06 12:02


週末の名古屋は熱い。
元々外食文化が盛んな街だけど、金曜日は特に仕事帰りの会社員から学生まで、東海一円から人が集まって、
その中心である栄の熱気は深夜12時を回った頃、ピークに達する。
そんなありふれたいつもと同じようなとある金曜日、僕は久しぶりに会った大学の仲間とすでに3軒はしごして、
広小路から少し南に入ったところにあるバーに行き着いた。
27歳前後になった僕たちはぼちぼち仕事でも責任ある立場を任されたり後輩の指導に当たるなどちょっとずつ大人へのステップを登り始めていて、
こうやって学生時代のノリで飲んではいてもたまに真剣に仕事の話が挟まったり中には結婚しようと考えているやつなんかもいて。
変わらない仲間たちに流れる確かな時間の経過と成長がこそばゆいような誇らしいような、そんな心地よい夜を過ごしていた。
その店は雑居ビルの2階にある、ダーツとビリヤードが置いてあって、
奥まった一角はダンス用のスペースがあるようなちょっと広だけどごく普通のありふれたバーだ。
雑居ビルの中とはいえ2面がガラス張の角に位置していたため閉塞感はなく、
ネオンで照らされた繁華街の交差点を終電に遅れまいと足早に歩く女性や、
なんとか今夜を一緒に過ごすパートナーを探そうと見境なく声をかけまくるナンパ男(いずれもビルの二階から見下ろした僕にはそう見えただけだけどそう外れてもいないだろう)の姿を観察できるような場所だった。
男ばかり13人というちょっとした大所帯で始まった今夜の集まりも、3軒目を終えた時点で終電で帰る奴もいて今は4人だ。
それぞれカウンターでドリンクを頼んで思いおもいにさり気なく同年代から上くらいの客で溢れる店内を見回している。
男が飲み始めれば考えることは街角で必死に声を掛けている男とさ程変わらないんだろう。
僕も頼んだハイネケンの緑のボトルのネック部分を掴みながらざっと一回り店内を廻ってみた。
「今日結構入ってんじゃね?カワイイコ多いじゃん」
「つーかさ、この店も年齢層上がったよなー、昔は学生ばっかのイメージだったのに」
「そりゃ俺らが学生の頃から通ってるかなら、言ってみりゃ俺らと同じくらいの世代の奴らがそのまま持ち上がって通ってるってことっしょ」
「僕らも年をとったってことだよね」
「スーツ着てまでここに来るとは、昔は夢にも思わなかったけどな」
「いいんじゃない、スーツ、澤っち学生の時私服で来てたのよりモテるかもよ」
「スーツがモテるならアツシわざわざ家帰って着替えて来てんじゃねーよ」
「ほら、スーツだと踊りにくいからさ」
一時置いて窓際のテーブルに再集結した僕たちは与太話をしながらチューブトップで揺れる谷間や短すぎるスカートから伸びる太ももなんかを眺めながらひとしきり、
久しぶりに入ったこの店についての雑感を語り合った。
確かに今日のお店は混んでいて、2台あるビリヤード台も3台あるダーツも人だかりができているし、
15畳間ほどの広さがあるダンススペースでは、外国人を含めた30人ほどが音楽に合わせておしくらまんじゅうをするようにゴミゴミと蠢いていた。
「ちょい俺フロア行ってくるわ」
そう言っておしくらまんじゅうに参加しに行ったのはヒロシだ。
今はローカルTV局の敏腕営業マンであるヒロシは昔からその本質が狩猟系で、学生時代から見事なアプローチ・商談・クロージング能力をもっており、
東海一円の女子大生、時には女子高生も年上のお姉さまとも合コンを繰り返しては自分巣へと持ち帰り、
またあらゆるクラブやバーで狩りの実績を積んできた猛者だ。
「クライアントをナンパしないように気をつけなよ」
と少しばかりの皮肉を込めてその背中に声をかける。
とは言えヒロシが友達ごとごっそり女の子を連れてきたことも多々有り、
僕達はいつもその恩恵に預かってきのでこの夜もそんな展開を期待していないというわけではなかった。
「ヒロシはほんっと変わんねぇな、少しは落ち着けってんだよ」
友人の昔からの姿に少しばかりのノスタルジーを含んだ笑顔を浮かべてタカノリが言った。
「お前だって大して変わんないだろ。明日奈ちゃんに合コン行った事がバレて大目玉食ったお前が言えるセリフじゃねぇよ、なぁ、アツシ」
その合コンに誘ってもらえなかったことで先ほどのお店で延々タカノリを非難し続けた澤っちが急に僕に同意を求めてきた。
「そうだね、確かにタカノリこそ落ち着きが必要だね、これで婚約破棄にでもなったら俺らだって寂しいじゃん」
僕はそう言って学生時代から付き合い続けてようやく結婚を決めたタカノリの婚約者、明日奈の顔を思い出す。
タカノリは明日奈の怒りを思い出して終電を逃した旨を言い訳でもするのだろう、慌ててスマホを操作し始めた。
そんな昔に戻ったような懐かしい会話に興じながらもやっぱり女の子の姿を目で追う。
ヒロシはすでにおしりが見えちゃうんじゃないかというほど短くカットされたホットパンツにおヘソが見える丈のインナー、
小さめのシャツをボタンを止めずに羽織り、ヘソを隠さないようシャツの裾を縛った格好で踊っている女性と向きあい、
手をすでに女の子の素肌が露出した腰に回して一緒にステップを踏んでいた。
「さすがだね、ヒロシ。仕事が早いわ」
さすがにここまで手際がいいと呆れてしまうといった風に澤っちが笑う。
「ほんと、僕にもあの積極性がほしいよ」
女性に縁がないわけではなかったけど前の彼女と別れて以来、
合コンや飲み会で知りあう子はいてもどうしても付き合うまで踏み込めず何度かのデートや時には夜を過ごすことがあっても
結局実りなくという生活を僕はもう2年も送っていた。
「空いたみたいだぜ、一勝負どうよ」
必死にメールを打つタカノリを横目に、誰もプレーしている人がいなくなった一台のビリヤード台に目を向けて澤っちが言った。
「オッケィ、澤っち少しは上手くなった?」
二人は立ち上がりビリヤード台に向かう。
「もともとお前に勝てるとは思ってねーよ、チョー久しぶりだし」
「でしょ、ならせっかくだからドリンク賭けようよ」
「ぜってーやだ!」
頑なに賭けビリヤードを拒む澤っちは小学校からやっているサッカーを会社勤めの傍ら未だに続けているスポーツマンのくせに、
ダーツだとかビリヤードだとか細かなことが苦手らしく長い付き合いになるが未だに僕に勝てたことはない。
バンキングすることなく澤っちが丁寧にナインボールのカタチを作る。
ひし形にギュッと寄せられたボールを見て満足そうに頷くと白い手球を持ってブレイクショットの位置にセットする。
他はともかくブレイクショットをキレイに決めるのが得意な澤っちからプレーを始めることはいつの間にか作られた暗黙の了解だ。
『パカンッ!』と大きく乾いた音につづいてカツンガツン、ゴロゴロ、ゴトンと耳障りの良い音が響く。3つほどポケットに収まったようだ。
迫力ある音に周りの視線が僕達のプールテーブルに注ぐのを感じる。
「相変わらず派手だね」
「パワーなら負けねーんだけどな」
「これで一度もブレークエースされたことないってのが信じられないよ」
と言いながらブレイクショットで落した澤っちが手球を2番に当てようと狙いをつけるが大きく的を外してファールとなり僕の順番が回ってきた。
「あーっ、クソ!やっぱアツシには敵わん」
あっという間にひとゲーム終えると自らキューをギャラリーの一人に渡してドリンクを買いに行く。
「逆にあのショットで勝とうとするほうが無理だよ」
5番まで落としてファールした僕の次、手球を慎重にセットしてポケット付近に在った6番を狙った、
正直サービスショットを澤っちはかすりもせずに外してファールに。
残り全てを僕に落とされるというまぁほぼいつもの展開だった。
澤っちの背中に僕は自分のジン・ライムのオーダを投げかけ、彼はそれに右手を上げて振り返らずに答えた。
その女性に声かけられたのはそんなやりとりをしている時だった。
「すごい上手だね、ひとゲームどう?ってか教えてよ」
背後から声を掛けられて振り返る。
そこにはアラサーな女性がキューの先端にチョークをクリクリと押し付けながら立っていた。
身長174cmの僕と殆ど変わらない目線の高さ、ちらっと見えた、さっき隣の台で連れの女性とキャーキャーゲームをしていたひとだ。
落ち着いたブルーの花柄ワンピース、シックなんだけどノースリーブだしデコルテはざっくり開いているしひざ上はものすごく短い。
肩までのボブも含めてなんとも露出だらけの服装だ。細い腕と胸元の大きな盛り上がりのコントラストに視線が集中しないように気を使う。
「教えられるほど上手じゃないよ、でもぜひぜひ、ご一緒させて」
一瞬敬語を使うべきか迷ったけど、あえて普通に話した。
そうしておけば後で『失礼してスミマセン、でも全然年上に見えませんでした』と言うことができるし、
それを聞いて嫌な顔をする女性は皆無だ。ということをヒロシから数年前に教わっている。
「ブレイク、苦手だから任せてもいい?」
「もちろんいいけど、そのまま終わっちゃうこともあるよ」
「そこはほら、手加減してね」
少し上から目線な、なんとなく命令に近いようなお願いをされるが悪い気はしない。
『カコンッ!』と音を響かせてボールが散らばっていく。落ちたのは2番の一つだけのようだ。
続いて1番、3番を落したところでファール、彼女の番だ。
ゆっくりと上半身をかがめる、ただでさえ開いてる胸元がつくる深い谷間がさらにあらわになって吸い込まれてしまいそうだ。
短いスカート丈、後ろから見る男達の視線が露骨に集まるのが見て取れる。
これ、ほとんど下着が見えてしまいそうなく…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
彼女と一緒に合コンに参加して…1
2015/11/06 22:10
2015/11/06 22:10

【スペック】
真司(俺) 23歳 新卒サラリーマン
まなみ(彼女) 20歳 アパレル 身長160cm Dカップ 本上まなみ似

彼女とは2年前にバイト先で知り合った。彼女は明るく人懐っこい性格。
一年前から同棲し始め、休日は基本的に二人っきりでいることが多い。

セックスはというと、平日はお互いの時間が合わないので、休日にすることが多い。どちらからともなく相手の体を触りだし、ゆっくり時間をかけてお互いの暖かさや柔かさを楽しみながら、という感じ。
しかしながら回数は日に3~4回することも珍しくなかった。

彼女は俺が2人目の彼氏で、最初の彼氏とは3回ほどしかセックスをしなかった、とのこと。な…
最悪でした
2017/11/16 21:49
2017/11/16 21:49
私は浪人中の歳です。 去年の話です。 勉強ばっかりでムラムラしてたときに、レズっ気のあった私はここのレズパートナーで、電話とかで一緒にオナニーできる感じの、同じような境遇の人をさがしてて、レスをくれた歳の○香さんとメールをするようになりました。 その初日から写メでエッチな画像を交換したり、電話で一緒にしたりいい感じだったんですけど、その日後ぐらいに、会いたいって言われて何も疑わずに予備校もさぼって電車で時間ぐらいの○香さんの住んでるアパートに行っちゃったんです。 そしたら部屋に入っていったらか代ぐらいのお金持ちそうなおばさんが人いて、「この子ね」とか「ほんとにまだ子供ね 」とか、わけわかんない…
ハプニングバーで夫に見せつけながら乱交する妻
2015/12/22 18:00
2015/12/22 18:00
夫33歳、妻28歳。夫は営業マンで外回りが多い会社員。
妻(綾香)は、美人系でスタイルもよくバストはFカップほどの美乳の主婦。
町でもよく男に声をかけられるほどの容姿であり、近所でも評判の美人妻だ。
結婚当初は夜の営みが多かったものの、数年経って倦怠期を迎え、今では1ヵ月に1回営みがあるかどうかである。


そんな中、夫はかねてからハプニングバーに一度行ってみたいと思っていて、たまたま営業で外回りしていた際、外出先の繁華街近くでハプバーの看板を見付けた。
初めてのハプバーで少しドキドキしながら店に入っていくと、噂通りに何人かの男女がメインルームで交わ…
1月最後の週末2
2017/03/11 00:01
2017/03/11 00:01
今日は暖かな日曜日。昼からフィアンセが性交しに来てくれる。ヤリマン達からのデートのお誘いは全部断った。.今日は軽く性交したらフィアンセと春物の衣類を買いに行こうと考えた。今年は消費増税の影響で春物セールの出足が早い。結局1回性交して昼からブティック街へ出かけた。彼女はあまり物を欲しがらない。でも男としてはフィアンセを着飾らせないと甲斐性が無い様な気がする。お店を回るうちにやっと1着だけ彼女のお気に召した品があったので速攻で買い与えた。彼女には花柄のハンカチが似合うと思ったのでブランド物も購入した。彼女は「今度は行きつけの手芸店に付いてきてね。」と言い出したので付いていった。手芸用品店は女性で大…
寝てる俺のすぐ近くでまだ若い叔母さんと叔父がエッチを始めた
2015/12/26 11:48
2015/12/26 11:48
中学3年の春、土曜日だった。叔父(母の弟)のうちに遊びにいった。 
遠方であり、叔父の家にはめったに行けない。叔父は、おれを幼い頃からかわいがってくれた。それに、美人と評判の、まだ20代の叔母にも会いたかった。その日は叔父と、昔みたいにキャッチボールやサッカーで遊んだ。叔父もスポーツが好きだ。




汗を流し、風呂にはいり、ご馳走を食べて、テレビをみて、寝た。

おれの右に叔父が寝て、その右に叔母が寝て、川の字に寝た。同じ部屋だ。叔母も同じ部屋で寝るときいたとき、びっくりした。

若い叔母は、隣の部屋で薄いオレンジのネグリジェに着替えて、はいってきた。
叔母のネグリジェ…
28歳の人妻と
2016/04/29 15:00
2016/04/29 15:00
今日の出来事です。暇だったのでテレクラで時間をつぶすことに。
 待つこと数分で電話が。好みではなかったのでパス。次は援助目的だったのでパス。
 3本目にかかったきた電話が28歳人妻のH。暇だったからかけてきたとのこと。
 まずは普通の話から入ることに。よくしゃべる明るくて楽しそうな女性でした。仕事のこと、ダンナのこと。。。


 ダンナの話が出たので話をエッチ方向に。するとダンナは年上で精力減退気味で1ヶ月半ご無沙汰だそうで。
 これはいける! と思い口説きモードに(笑)
「俺のは大きいよって言われてるから試してみる?」の言葉で彼女のオンナ心に火がつい…
【人妻体験談】デカ尻淫乱痴女に顔面騎乗で窒息させてもらうことで興奮する変態デカ尻フェチ
2018/01/18 22:02
2018/01/18 22:02
俺がデカ尻フェチに目覚めたのは高校生の頃 とにかく大きなデカ尻が好きでそのデカ尻に顔面圧迫窒息プレイを妄想するとギンギンに興奮するお尻マニア デカ尻のおばさんが自転車に乗っているお尻にスーパーミラクル大興奮 若くてピチピチしたお尻より少しだらしないオバサンのモチモチしたお尻が好きです。 そんな巨尻を想像して毎日さわっていたら自分のモノも凄く大きくなり、20才すぎた頃には巨チン 両手で根元からつかんでも頭が丸々でるほどで、太さも女性の手首ほど 太い所で5cm、長さは17cmくらいの巨チン 巨尻を求めて昼間のスポーツクラブへ通っていた時の事です 昼間のスポーツクラブはおばさんというより老婆が中心…
お持ち帰りして生ハメした女の子に、酔ってて全然覚えてないって言われた話
2015/10/08 16:02
2015/10/08 16:02
夏に開催したイベントの打ち上げで、

20人位の飲み会で。

1次会がお開きになる頃、

俺も周りの連中もいい感じに酔ってたんだ。

んで、女の子たちに軽ーく抱きついたりしてたんだけど、

その中の1人がチンタッチしてくるじゃないですか!

「行けるか?」なんて思いながら流れで他の子とも抱き抱き。

あやや似の超可愛い女の子の麻里ちゃんと抱き抱きしてるとなんと目を閉じて

顔が俺のほうを向いてる!

「イタダキマース」とばかりにチュッ!

久しぶりのキスだったので、既に半勃ちです。

残念ながら2次会にはチンタッチ娘参加せず。

でも麻里ちゃんは参加。

もちろんすかさず隣の席をキープしまし…
結婚3年目の人妻と、旦那のベットで不倫SEX
2016/06/02 21:00
2016/06/02 21:00
不倫してた人妻の旦那が、社会人バスケサークルの合宿とやらで外泊することになって、人妻のマンションに泊まったことがある。その人妻は27歳、結婚三年目で子供無し。
顔は美人というわけでもなく普通だが、プロポーションはかなり良い。
化粧気があまりなく、髪は後ろで束ねてポニーテール。
服装はいつもTシャツにジーンズというカジュアル派。


ママさんバレーの中心選手のような明るく元気な奥さん。
とても浮気するようには見えないが、恋愛好きで旦那がいても好きな人は他に作りたいタイプ。

旦那は結構まじめな人らしくて月~土は毎日六時にちゃんと帰ってくるし、日曜は夫婦で出かけるのが…
サークル内で巨乳で有名だった後輩女とお互い恋人がいるのにエッチした
2015/09/04 11:03
2015/09/04 11:03

大学生当時の話。



俺は2年生になってて、3年生が幹部のサークルなので

適当にサークル行ったり、後輩と遊んだりふらふらと参加していた。


ちなみにテニスサークル。




そんな中、1年生のAが途中からサークルに入ってきた。


Aの友達の話では、高校生の頃からずっと付き合ってきた彼氏と

最近喧嘩ばかりするようになり、時間をもてあまし始めたみたいで、

友達が見かねてサークルに誘ったらしい。




このぐらいの年齢の子って、彼氏べったりで青春潰したりするもんだ。




で、入ってきて、しばらく一緒にサークルに参加して話をするうちに、

なんだかかなり仲の良い先輩…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・仲悪かった弟に犯されかけたんだけど

・研修会で年上の女性と出会って人生が変わった

・貧乳に悩む妹の相談中に発情して近親相姦したったwwwwwwwwwww

・中出しをせがんできた32歳のバツイチ

・おばちゃんにやらせて下さいと訴えた

・あまり抵抗しなかった女

・複数の男性に連続で中出しされるのが大好きな変態女です

・酔った勢いで処女の後輩に抱きつき弄りまくった結果wwwwwwwwwwww

・体験談:家族写真が飾られてる所でレイプされた [衝撃]

・【人妻体験談】試着室で水着に着替えていたら、床上手なおじさんにレイプされた巨乳主婦

・井上和香似なキャバ嬢のくびれ腰を掴んで中出し

・駅ホームの待合室で露出してたらフェラさせられた

・【悲報】淫行でパクられたけど質問ある?

・世間は狭いデリヘル嬢がPTA役員

・エロい若妻(o^^o)

・母がヤクザに調教された

・浮気元妻の因果応報

・【Hな体験】エッチな下着姿で手コキしてくれた近所のお姉さん

・元カノから、ハガキが届いて吃驚した

・【不倫】還暦まで独身を通してきましたが、実は淫乱熟女です

・同僚を眠らせ車の中で犯した

・本気で妊娠させるつもりで犯して欲しいと思う変態な私

・同級生を奴隷にした話 2

・高校時代 三

・ヌルンヌルンに濡らして感じてくれた26歳の美人妻

・【不倫】農作業の小屋で知った床上手な義父の指使い

・【熟女体験談】出会い系が趣味の専業主婦が4P乱交の耐久セックス

・処女だった元高校生バイトに何度も中出し

・初体験談withポニーテール

・巨乳の女友達は生ハメも気持いいが、パイズリはもっと気持いいんだ