寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

調教人妻(1)

2018/01/06 10:16


和美はお嬢様育ちです。結婚するまで処女だったそうです。というよりセックスは不潔なものだと信じていたらしいのです。 今どきそんな女いるのか、という感じですが、本当ですから仕方ありません。 結婚前はかなりもてたようで、(写真をみたことありますがアイドル並です)言い寄る男はたくさんいたようですが、それがうるさいとも思いさっさと見合いで結婚したのです。 そういう和美も35歳を過ぎ、子供もあまり手がかからなくなると月並みですが女として老いていく自分を振り返るようになりました。 どこにでも腰の軽い女はいるもので、義理の妹にネットナンパを教えられスリルを楽しむようになりました。 そこでおもしろそうな男、そうです私にひっかかったのです。 メールのやり取りをしているうちにどうやら勤めているところは近いことがわかってきました。 ある日、仕事と家庭の両方で落ち込むことがあり、思いがけず飲みに誘うことができたのでした。 私が和美に会ったときの最初の印象は「暗い女だな」ということでした。 そこを明るく楽しい話題で時間をつぶし、そろそろ帰ろうかというところで道路を歩いていました。 なんとなく手をつなぐと「暖かい手」といいます。 すかさず「抱いたらもっと暖かいよ」といいすかさず抱きしめました。(まあ、私も気に入ってたわけですね) 道路の真中でしたが、彼女は抵抗せずあっけにとられていたようです。 後になってしばしば聞かされるのですが、私ほど強引な男は今までいなかったといいます。 次の瞬間、私は彼女の唇を奪いました。和美ははっと身を硬くしましたが、逃げなかったのです。この瞬間、彼女は私の肉奴隷となることが決まったのでした。 もう夜11時をまわっていることに気づくと、彼女はハッとしてあわててタクシーで帰ったのでした。 次のケータイメールを一番私は緊張して待っていました。 彼女が普通の生活に戻っていった時、違っていた自分を認めるか認めないか、「ごめんなさい」というメールがきてしまうか、「楽しかった」というメールがくるのか、それほど力のあるわけじゃない私はいつもドキドキして待っています。 和美の場合は、こうしてカキコをしているのでおわかりのとおり「楽しかった。今度は○○○○を教えて」というメールでした。 なんだかんだで次に会ったのは2週間くらいしてからでした。 ラブホテル街近くの紅茶専門店で待ち合わせ。 あらわれた彼女はノースリーブのワンピースでむきだしの肩と鎖骨を見た途端、私は頭の中では早くも彼女を押し倒していました。が、現実は冷静にお茶を飲み、笑っています。 「じゃあ、○○○○を教えてあげようか。電源と机のあるところへいこう」と彼女を連れ出し、細い道からいきなりホテルへ。ところが彼女は半分わかっていても、ラブホテルというところは行ったことがなかったということで「え、ここホテルなの?」とか言い出す始末です。 警戒される前にさっさと部屋へつれていきます。 ちょっとおごったので、シティホテルよりきれいな広い部屋です。「なんだぁ、すごくきれいなのね。」とはしゃぐ彼女。でも心の中は緊張しまくっているはずです。 言い訳をもう少し使うことにし、ソファにすわり机にパソコンを広げ○○○○の説明を始めました。 でも彼女はほとんどうわの空です。 期待どおりに「寒くない?」とノースリーブの肩に手をあてました。 びくんとするところをそのまま抱き寄せると、そのまま抱かれにきます。キスをし尻を強くなでると「ダメ」といいながら抱きしめる手に力がはいります。 旦那しか知らないとはいえ人妻だろうから、といきなり下を触ると逃げようとします。 そこをおさえつけて触るとすでにニュルニュルです。 それを指摘してやると「だって触るから」といいわけしています。 私はちょっとサディスティックな気分になりパンストをいきなり破り、パンティをずらしていきなり挿入しました。 「アアー!」という大きい声と共に目をつぶっています。 「ホテルに入って10分もしないうちに旦那以外の男のちんぽをハメられて、ほんとに和美はいやらしい女だなぁ。」 「そんな女じゃないわ」 「じゃ、これはなんなんだ」 といいながら突いてやります。 「アッ」「アッ」とひと突きごとにイヤラシイ声をだします。 ころあいはいいだろうと一度、抜き、コンドームをつけ、次はバックからしようとしました。 ところが、和美はバックを知らなかったのです。 「え、そんな獣みたいな格好でするの?風俗みたいじゃない」 「風俗は気持ちいいからするんだろ。ほら、四つんばいになって尻をあげろ」 「もっとだ」 とバックのポーズを教えます。 実は彼女は緊張のあまり忘れていますが、こうこうと電気のついたところで卑猥な裸身をさらしたのは初めてだったようです。 私好みの細い体と女らしいヒップが描きだす優しいカーブがそこにあります。たまりませんね。 そこにゆっくりとカチンカチンで熱い私のペニ○をさしこんでやりました。 ずぶずぶとゆっくり飲み込んでいきます。すごい締め付けです。熟女とは思えません。 今度もひと突きごとにすごい声です。正常位どころではありません。 これ以来、和美はバック好きでフィニッシュはかならずバックで迎えることになりました。 私は割合と射精をコントロールできるので、今日はたっぷりいじめてやろうと一時間以上、突きまくってあげました。 一回こっきりにするつもりは全然なかったので、あまり体位を変えるより今日はこの二種類ときめて、しっかり教えてあげました。 そろそろフィニッシュという時に「もう、射精していいかい。」と聞くと「だして、私で満足して」というので思い切り射精しました。 和美はすごく締まるのです。後ほどお話ししますが、屋外で中出ししても、そのまま帰れるほどなのです。本人はそれを当然と思っていますが(笑) さて、終わってみてわかったのですが、今まではセックスが苦痛以外のなにものでもなかったそうです。 子供はいるのですが、ホントにイヤイヤ旦那に体を開いていたそうです。ほとんど義務として。 覚悟してホテルについてきたのも、なぜ世の中の人があんなに夢中になるのか半信半疑だったところがあるそうです。 ところが、私に挿入された瞬間、ビリビリ感じたということです。 私も自分がスーパーテクニックをもってるとか思っていません。 おそらく、不倫という背徳的状況、セックスは男女が楽しむためにあるのだから淫乱になるほうがカップルは幸せなんだ、といった事前教育が功を奏したのかもしれません。 裸の男女が快楽を追求する場に常識なんかもってきてどうするんだ、と。 男に快感のポイントを見つけ出され、いやらしい言葉をいわれたり、いわされたり、卑猥な体位をとらされそれで感じていることを指摘されたり、チンポを詳細に観察させられたり、今まで知らなかったことを一気に頭に叩き込まれ、洗脳状態?で奴隷への道をまっしぐらにたどるのでした。 とうとうエッチをしたとはいえ、「たった一度の過ち」にしてしまうか、「ドロドロの快楽地獄」にするかは、まだ微妙なところです。私はここぞとばかりに和美にエッチを教え込むことにしていました。(言い方を変えれば調教ですね(笑) 5日ほどした夜、和美をデートに呼び出しました。 飲んでいるとやはり心はゆれています。 「すごく気持ちよかったけど、あんなことしてちゃいけないわ。」 と自分に言い聞かすように話しています。 私はあえて反論はしませんでした。 どうせ、後で体に聞けばわかることですから。議論しちゃいけません。結果が大事なのです。 ゆれる心のせいか、かなり飲んだ後、店を出てフラフラと歩いています。 私はそういう和美を飲食店がはいっているビルの最上階へ導きました。 幸いこのビルは屋上に出ることができます。 夜景を見ながら、後ろから抱きしめ首筋にキスをします。 夫にはされたことのない愛撫で感じている様が全身から伝わってきます。 おさえる手を振り払い、前からスカートをまくりあげオ○○○を触ります。 すでにグチャグチャです。 「ほんとにあなたって強引ね。今までそんな男性はいなかったわ。」 「なにをいってるんだ。こんなにグチャグチャにして。いつから濡らしてるんだ。濡らすのは男が欲しいからだぞ。」 誰も来ないのをいいことに私は自分のモノを出して触らせようとしました。 「キャ!」そうです。和美は人妻のくせに男性器を直視したことも見たこともなかったのです。 夫とのセックスでは一切そういうことは拒みとおしてきたそうです。 「そんな気持ち悪いもの触らせないで。」 「自分だけが気持ちよくなる女がいるか。俺にも感じて欲しいだろ。ちんぽもまんこも現実に存在するんだぞ。」 といいながら和美の手に手をそえ、私のモノを扱かせ手つきを教えます。 「ほら、和美のやわらかい手で扱くから、こんなになっちゃったよ。」 ぼぉっとなった和美を見て私はさらにいじめたくなりました。 「ここでしようぜ。」 「やめて。ダメよ。」 「声を出してると人がくるぞ。」 といいながら素早くスカートを後ろからめくりあげ、またパンストを破り、パンティをずらしました。 しかし多少抵抗します。 そこで私は彼女の乳首を服の上から強く掴みました。 前回わかったことですが、彼女の乳首と子宮は直結しているようで、乳首を強くつままれると欲しくなってしまうようです。 しかし、あまりバックに慣れていないのでなかなかいい角度で尻をつきだしてきません。 腰に手をいれ、下からつきあげるようにしてついに挿入しました。 「アァー、」 「こら声を出すと人に見つかる…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
C係長の爆乳妻
2017/05/15 23:01
2017/05/15 23:01
上司の奥さんA子(元同僚OLでヤリマン女で有名)を同僚Bと輪姦しました。 A子はゴルフ好きで車で送迎した男とは帰りに必ずラヴホに行ってヤレたそうで、 実は同僚Bは上司との結婚前に何度かゴルフ帰りにヤッた事を聞いて知っていた。 また、上司のC係長は部下イビリの嫌われ者で俺と同僚Bは復讐の方法を練った。 計画は単純でC係長を二人で誘って睡眠薬入りの酒で潰してCの自宅に送り届け、 家に上がって女房のA子を二人で襲って妊娠させてちまおうということになった。 初めて部下に誘われたCは嬉々として居酒屋で人生訓を垂れていた。 「俺みたいに早く結婚しろ。家庭があると出世も早い」とか... うざかったが聞き流…
【人妻体験談】嫁の元彼は盗撮と強姦未遂で逮捕されるほどのクズで妻もその犠牲者だった
2017/12/23 18:02
2017/12/23 18:02
3年くらい前。正直、精神的にキツかった。 当時、俺は30結婚2年。嫁も30、嫁は妊娠初期ぐらいだったかな。一人目の子供を授かったばかりだ。 嫁に出会ったのは、26の時。取引先の事務員だった! よくありがちなパターンだな。 ただ、見かけて、声を掛けるまで半年、メールやら食事に誘えたのがまた半年。 1年かけて付き合えて、その後1年半付き合って結婚。 なかなか、食事に誘えなかったのは、同じ事務員のお節介オバチャンが、俺が気になってるのに気付きやがって、 「あの子、彼氏に振られたばっかりだからね!」 なんて言いやがったから、余計詮索して声を掛けれなかった。 馴れ初めの話が長くなった……。本題に入ろう…
★あれよあれよ・・と言うまに6回
2016/05/04 23:47
2016/05/04 23:47
 この間、男三人でスナックに飲みに行ってしばらくしたら、高校の先輩の女の子3人組が来て一緒に飲みましょうということになったんですよ。ちなみに、みんな結婚しているし子供もいるんだけど。俺はその中のYさんと話しているうちに、週に何回Hしていると言う話になったんです。

Y「ねえ、今週何回してる?」
俺「はっ、何がですか」
Y「何がってさ、あれよHしてる?」 
俺「ええ、まあ・・・」
と言ったものの、実はここ2ヶ月くらいしていない。
 五歳と二歳の子育て中で下の子供を寝かしつける内にカミさんも寝てしまう、時々迫ってみるけど、何かぐっすり寝てるんだよな。でなんとなく、していないわけと話したら…
美容部員のお姉さん(人妻)を美味しく料理したエッチ体験【エロ体験談】
2016/06/05 16:12
2016/06/05 16:12
待ち合わせの店に来た女性達は堪らなく色っぽく、いい女だ。

俺たちから軽く自己紹介を済せ、そして女性陣。

職業は2人共、美容部員のお姉さん。
さゆり(仮名)35 子持ちの人妻
みき(仮名)28 独身 彼氏なし


本社からの派遣で勤め先で着替える場所がないらしく、制服のまま来て、
「ごめんなさい」と言われたがビューティアドバイザーの制服がまたいい。

細身のスカートに少し濃いめのベージュのパンストが堪らない。
2人共うなじが綺麗で夜会巻きがセクシーだ。

まさに働く綺麗なお姉さん。

悪友Uは相変わらず良い仕事をしてくれる。
Uがみきをナンパしてこの飲み会が実現した。

Uはいい男な上に、…
にくにくしい肉体の肉にくぅぅぅ?ウリイィィィィ
2018/04/19 05:01
2018/04/19 05:01
「よーし今度のクラス対抗はこの調子で頑張れよ」クラス担任の言葉に小百合は「はい!」 と頷いた。幼さの残る顔に笑顔を浮かべて・・。 私はそんな小百合を体育館のにある使われない放送室で見ていた。明美や美貴を犯した私が 小百合に何もせず(写真はとったが)元に戻し時間を戻したか。それは小百合の事を知りその 上で犯すとゆうシチュエーションを体験したかったからだ。時間を止める、その力を使えば 可能だ。明美や美貴そして小百合を元に戻し何も彼女たちが異常を感じてないことを確認す ると家に帰って眠った。仕事などもうする必要はないが一応有給を申請した。いきなりだっ たので上司はかなり怒っていたが。目覚ましを設定し…
全てが、俺にとっての興奮剤でしかなかった・・・
2016/03/29 20:01
2016/03/29 20:01
嫁の妹が帰ってきた時の話だ。
つい最近のことなんだが、家を離れていた嫁の妹が、帰ってきていた。
この近辺で祭りがあるらしく、それを見るついでに帰ってきたそうだ。
仕事から帰ってきたら、台所に綺麗な女が。

「おかえりー」
笑顔で迎えてくれる。妹だ。
めちゃくちゃいい女になっている。タレントとかに例えると、りょうとか、小雪とか。
かわいいというよりは綺麗系。俺の好みは、綺麗系。

言い忘れたが、俺は32で、妹は23だ。

もともと綺麗な奴だったんだけど、見ない間にもっと綺麗になっちゃったんだよ。
素直に口に出す俺。

「おい、また綺麗になりやがったな」
「あはは、お土産なんて持ってき…
タックル姫(完結編)
2018/04/27 09:01
2018/04/27 09:01
前回からの続きです。 タックルーーー!!! トモを受け止め、そのままソファに倒れ込む。トモの膝が思いっきりオレのアバラに 入った。オェッ!もう、グチャグチャ。もつれ合いながら、ソファの上で二人で絡み 合っている。トモは泣きながら何か叫んでたけど、何を言っているか分からない。 ちょっと待てって! 落ち着け! トモは力まかせにオレを押したり引いたりして、もう何をしているのか理解できない。 オレもトモから喰らったアバラの痛みにムカついて、大人気なくトモを押し倒す。 偶然、トモの肩をつかんだ時、キャミソールの肩紐が指に引っかかり、キャミソール がズリ落ちた。 オレ、トモにマウントポジション。 上半…
さゆり
2017/05/12 15:01
2017/05/12 15:01
なんだか眠れねーから、ぽつぽつと思い出話を語らせてくれ… 序  僕が住んでたマンションの前は大きな川が流れてて、よくエロ本が落ちてた。 小2の時に初めてエロ本をみて勃起し、それからエロ本探検隊を組織して小4になるころにはSMからスカトロまでカバーできる知識を得ることができた。 そして両親がマイホームを買い、転校することになった。小6にあがる春休みだった。  新しい学校は高級住宅地と、転勤族が住む団地からなるほのぼのとしたの学校だった。 転校生だった僕は挨拶がわりにマムコマークの意味と書き方を新しい友人達に教え、性的知識に乏しい彼らの好奇心の起爆剤になった。  僕が語る思い出は、小6の6月……
初体験は母親
2015/10/09 23:05
2015/10/09 23:05
俺、初体験はお母さんだった・・・ 俺のお母さんは17歳で結婚して俺を産んだ。 おやじは俺が小学2年の時に離婚していなくなった。 後から聞いた話だが、他に女が出来て離婚したらしい・・・ それからずーっと2人で暮らしてきた。 小さなアパートだったので一緒に寝てたし、一緒に風呂も入ってた。 中学生になった頃、生活が大変なので お母さんはスナックで働くようになり 俺は1人でいる事が多かったが休みの日は一緒に風呂に入ってた。 中学2年になると、俺にもチン毛が生えてき恥かしかったし 女性の体にも興味が出て来たのでちょっと嫌でした。 でもお母さんはいつも通り一緒に入ろうと言ってきました。 一緒に湯船に入…
H体験談。。吹奏楽部の彼女と準備室でセックス
2016/08/02 18:01
2016/08/02 18:01
俺と彼女は吹奏楽部員、俺は副部長だったから週に何回か鍵閉め当番が回ってくる それをいいことに彼女と準備室でイチャつくのが定番になってた 彼女はちょこまか動き回って
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【痴漢・レイプ】コインランドリーは妻の浮気?現場

・元ヤンキーだった彼女

・【痴漢・レイプ】最終・室内プールで妻が

・オナネタにしていた知り合いの巨乳彼女とエロエロセックス・・

・【熟女体験談】アダルトビデオを物色していたらスケベでデブな中年熟女に逆ナンパされ、格安援交でアナルファック

・姉の旦那さんがステキな人だったので、許しちゃいました

・【痴漢・レイプ】妻が職場の後輩に・・

・物で判断する夫婦

・【痴漢・レイプ】妹の気持ちを受けとめて

・妻の浮気度チェック シーズン4

・【人妻体験談】万引き主婦がスーツの男に脅され、無理やり膣が裂ける程レイプされた

・年下との不倫

・コンビニでパンチラしている少女二人をナンパしたったwww

・人妻ですが、夫の弟に抱かれた快感が忘れられません

・■知り合いの優しそうな男が豹変

・彼氏に飛行機の中でイカされたから、ゴックンしてあげました

・お酒を飲むとやりたくてやりたくて…【エロ体験談】

・【近親相姦】高3のとき中学生の弟にお尻の穴を舐められた[後編]

・【痴漢・レイプ】終・室内プールで妻が

・彼女がいたけど他に彼女ができて、さらに他の彼女ができてバレて・・

・保険勧誘員としたエッチの思い出

・リズミカルな彼女の指で、私は立ったまま潮を吹き上げました

・【痴漢・レイプ】夜。

・同人系オタクサークルの恋愛事情wwww

・忘れ物を取りにオフィスに戻ったら、課長の太いのが私の中にズブリと・・・

・オフパコしまくれるようになったけど質問ある?

・入院中、看護婦さんに夜這いされて中出ししてしまった

・【痴漢・レイプ】農家の嫁

・【人妻体験談】テニススクールの生徒である人妻にSEXレッスンをしてもらった童貞男子高校生

・看護婦のスカートの中に頭を突っ込みパンティの臭いを嗅ぐ俺wwwwwww