寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

休日出勤で書庫整理してたOLをレイプ

2018/01/05 19:37


俺が、内装をおこなっていた雑居ビルで一服していた時、そのビルの女性社員が2人で話しているのが聞こえてきた。
「エッツ 明日仕事なの?」「そう休みの日なのに、地下の書庫の書類整理やんなきゃいけないんだ。」「かわいそう 一人?」「当然 誰も手伝ってなんてくれないよ。朝からやるけど夕方までかかっちゃうかな」思わず、顔を見ると休みの日に出勤するといっていた女性社員は、巨乳でスタイルがめちゃくちゃいい。
事務用の制服からもスタイルの良さがわかる。
顔はちょっとぽっちゃりしているが、かなりの美人だ。
中小企業しか借りないようなこんなぼろい雑居ビルに不釣り合いな美人だった。
俺は、思わずこのビルの地下で明日の祭日に一人???こんなチャンスは襲うしかないと。
考えているだけで勃起してきた。
そのビルは築何十年もたっているので、当然監視カメラもない。
俺は鍵を持っていなかったが、1階のトイレの窓のかぎを開けておいた。
明日はここから入れる。
そのビルは1フロアー1社しか入れない小さなビルだが、女の務めている会社は、4階が事務所で地下に書庫がある。
地下の書庫は前に内装工事をおこなったことがあるが、相当な音を出しても上には聞こえない。
その日は、ロープ、覆面、ナイフ、等明日の準備の買い物を済ませて準備を行った。
次の日の朝俺は、1階のトイレで着替えて女が書庫に入るのを待った。
9時過ぎに女が書庫にはいる音がした。
上から下まで黒のトレーナーに着替えて覆面をして書庫に入った。
書庫の扉を開けると、しゃがんで書類整理をしている女を見つけた。
女は振り返って俺の恰好を見て、キャッ と小さな声で悲鳴をだした。
俺はすぐにナイフを女に向け、「騒いだら刺す。静かにしていれば何もしない」と言った。
女は、何度もうなずいた。
まず女の口をガムテープでふさいだ。
それからアイマスクで目も覆った。
次に両手を後ろにしっかり縛った。
女は書類整理のためか Tシャツとジーパンという軽装だった。
Tシャツの上から、巨乳がくっきりとわかる。
手を縛った後は、足首をしっかりと縛った。
これで身動きは一切できない。
また目隠しをしているため、俺が何をしようとしているかわからない。
女はまだ体目的だとは思っていないのか、従順に縛られる。
縛り上げた女を担ぐと、書庫の奥にあった 使っていないソファーの上に女を投げた。
女の首から社員証がぶら下がっていた、名前は涼子と書いてある。
俺は、ソファーの上で涼子の上に乗り、髪の毛のにおいをかいだ。
すごいいい匂いがする。
上物だ。
耳元で息を吹きかけながら、「涼子 いい匂いだね。」とささやく。
この段階で初めて自分が襲われることに気付いた涼子は、エビのように暴れだした。
今更遅い。
俺はまずタバコを一服しながら、涼子の顔にタバコを近づけながら、「顔焼くぞ、おとなしくしないと。それともナイフで目くりぬいて一生盲人としてすごすか おい」とすごんだ。
涼子は、顔を横に何回もふる。
「よしなら口を外してやるが、ちょっとでも騒いだら、目をさすからな。」と言って口のガムテープを外した。
涼子はよほど怖かったのか、ここで騒いでも駄目なことがわかっているのか騒がない。
次に涼子のアイマスクを外してやると、かわいい目から涙がながれていた。
涙をなめてやると、涼子は顔をそむけた。
俺は涼子の髪の毛を抜けるぐらい引っ張り「そむけるじゃない。」と恫喝した。
次に涼子へのキスをしようとしたが、口はしっかり閉じている。
少しは痛い思いをさせないとダメだと思った俺は、涼子の目の前にナイフを出して頬を少しついた。
もちろん血が出るほどはついていない。
この脅しは涼子には十分だった。
自ら口を開けてきた。
「舌をだしな。もっとだ。」といい、涼子の舌をしゃぶった。
とろけそうでおいしい。
俺の唾液を涼子に飲ませる。
「涼子もっと飲みなさい。」というと、涼子も観念したのかごっくり飲んだ。
涼子の舌をたっぷりしゃぶりながら、巨乳に手をやった。
Tシャツブラジャー越しにも大きいがやわらかい感触が手に伝わってくる。
たまらない感触だ。
涼子は体をくねって嫌がっている。
手も足も縛られている上程ではたいした抵抗はできない。
涼子のTシャツをめくった。
白のブラジャーがまぶしい。
ブラジャーをずらすと、きれいな美乳があらわになった。
ピンク色の乳輪は小さいが、乳首は長い。
どちらもきれいなピンク色をしている。
思わず左の乳首にしゃぶりついた。
右手で右の乳首をもんでみる。
涼子は泣きながら「もうやめて お願いだから やめて」と言っている。
口の中で乳首を転がすと乳首が立ってくるのがわかる。
右の乳首もたってきた。
こんなに嫌がっていても、乳首は立ってくるのだ。
胸を包むように、力強くもむと、「痛い 痛い 」と言って泣いている。
涼子の涙をなめようと頬をペロペロなめる。
ファンデーションと涙の混ざったおいしい味がする。
「お願いだからもうやめてください。誰にもいいませんから」と涼子は泣きながらお願いしてくる。
俺はゆっくり手をしたにおろして、涼子のジーパンのボタンに手をかけた涼子は、今までの中で一番大きな声で「お願いです。そこだけは許して お願いです、」と泣き叫ぶ。
俺は涼子の髪の毛をつかむと顔を俺の前までもってきて、「騒ぐなっていっただろ」といいながらキスをする。
キスは従順に従うようになった。
キスをしながら、「涼子どうしても下が嫌なら、口でだしてくれたら下は許してやるよ。どうする?」と言うと キスしながら涼子は頷いた。
俺は涼子のから体を起こして床に,よつんばにさせた。
後ろで縛っていた手はいったんはずして、前に持ってきて縛りなおした。
その時に涼子のTシャツも脱がした。
涼子は上半身裸で手をついた状態で四馬になった、巨乳だが形がいい胸がゆらゆら揺れている。
俺はソファーに座りながら俺のものを出して、涼子の顔の前に突き出した。
涼子は口に入れるのをためらっていたので俺は肛門を顔の前に突出し、足で顔を挟むようにした。
「ほらまず肛門からなめろ。わかってないと、てめいの穴につっこむぞ」と涼子を低い声で脅かした。
涼子はおそるおそる、肛門をなめだした。
舌の先で少しだけだ。
「もっとしっかりなめろ。肛門の中にしたが入るくらいべっとりと」涼子は観念したのかペチャペチャ猫の様になめだした。
俺のものは、リンパを刺激されたせいか、ますます勃起してくる。
次は、玉だ。
「玉の袋も丁寧になめろ。涼子は玉の袋も下のほうから丁寧になめだした。口の中に玉袋が吸い込まれている。もう我慢ができないほど気持ちいい。涼子の口に俺のものを充てると「早く咥えてしゃぶりまくれ」と命令した。
涼子はまた躊躇しているので、俺は涼子の乳首を思いっきり引っ張った。
「痛い。やめて。」涼子はまた涙を流しながら俺の物をくわえだした。
俺はその恰好を用意しておいたデジカメで写真を撮る。
「イヤ 写真はだめ・・」嫌がる涼子の顔をむりやりカメラに向けさせ、何枚も撮った。
「涼子 笑いながらしゃぶらないと下の穴に突っ込むぞ」と脅すと、無理した笑顔をつくる。
涼子の口の中はとってもやわらかい感じで気持ちはよかったが、テクニックはない。
「涼子 もっとしゃぶらないと気持ちよくないから、下でいかしてもらうぞ。」というと、一生懸命すいついてくるがテクニックはない。
フェラの経験は少ないらしい。
俺は涼子の髪の毛をつかむと、口の奥までつっこんだ。
口の中のあたたかさと涼子のやわらかい舌がのっぺりからんでくる。
唇までいったん抜き、唇から喉の奥までつく。
むせる涼子に構わず、ガンガン顔を動かすともう限界であった。
涼子の舌の一番奥の部分に先っぽを充てて、思いっきりだした。
だしたながらも顔を振ったので涼子の口の中を精子まみれになった。
「涼子全部飲んだら、口できれいにしろ。」涼子は目をつぶりながら、2回ほど喉をならして俺の精子を全部のみほした。
そのあと、もう一度口の中にいれてしゃぶらせた。
「ほらきれいにしないと、もう1回口のなかでだすぞ。」と脅かすと舌でさきっぽまできれいにしてくれた。
本当にいい子だ。
涼子の体をもう一度ソファーに投げ出すと、「もう終わったのだから、早くかえってください。誰にもいいませんから」と泣きながら、お願いしてきた。
「涼子のお口のなかも消毒しようね。」というと、俺はウイスキーを自分の口に含んで、口移しで涼子に飲ませた。
涼子は嫌がったが、俺が乳首に手を当てると、また引っ張られると思ったのか口をあけてのんだ。
かなり強い酒をのんだためか、涼子はむせていたがたっぷりと濃厚なキスをした。
涼子もこれで終わりになるとおもったか、積極的に舌をからませてくる。
俺は髪の毛をなでながら、キスをしながら「涼子はいい娘だね。これからがメインディッシュだよ。」と笑いながら言った。
「いや・・・ いや・・・・・・ お願い・・・・・・いやです。助けてそこだけは・・・・・・」泣きじゃくる涼子の体を押さえつけながら、ジーパンのボタンをはずして、ジッパを下した。
涼子の抵抗は今までの中で一番大きくなった。
涼子の腹に膝でけりを入れた。
うっつとうなりながらむせている。
「おとなしくしないと、あそこにナイフいれるよ」と脅かしながら、ジーパンを脱がせ始めた。
ピッタシしているジーパンを涼子が腰を振って抵抗するため、なかなか脱がせられない。
膝までジーパンが下がった。
涼子のパンツは、ブラジャーとは違う白に黄色のストライプが入った大人しいデザインのものだった。
俺はまずジーパ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
★わいせつな事をされた告白
2015/08/29 20:45
2015/08/29 20:45
 私27歳 、夫28歳。私はコンパニオンをしています。以前は普通に会社員だったんですが、この不景気でリストラされました。色々、職を探したんですが、中々見つからず繋ぎとして始めました。結婚して直ぐに家を購入し月々の支払いも大変だったので、コンパニオンは良い稼ぎでした。

 コンパニオンは、密室での接客の為、お客さんによってはかなりヤバいこともされます。最近では、個室での接客を禁止しているホテルも多いが、古びた旅館は今もOKなんです。普通は、一緒に飲んで、話をしたり聞いたりワイワイ楽しく終わるのですが、おじさんはエロいから話をしている時も、胸に手を入れてきたり、スカートの中を覗かれたり、中にはパン…
万引き少女を見つけたので指導してあげました
2016/05/25 21:00
2016/05/25 21:00
先日何気なくスーパーへ買い物に行きました。
中で買いたい物を探していると、ふと一人の高校生に目がいきました。
ついでだから、お尻でも触っていこうと思い近づきました。
近くに行くと、その子は周りをチラチラ見ています。
おかしいなと思い、少し離れて見ているとその子は万引きしているじゃありませんか・・・


そして移動しようとしていたので、私は買い物カゴを下に置きついていきました。
レジの横を堂々と通ってその子は外へ・・・そしてその子は自転車置き場に歩いてます。
私は周りに人がいないのを確認して、その子に声を掛けました。

ドキッとしながら彼女は振り向いています。
顔は下…
高校卒業後に小泉里子似の女教師とデートして…1【エッチ体験談】
2016/09/25 12:10
2016/09/25 12:10
オレが高校入学した時に、新卒で採用された国語担当の先生は池袋の大学出身。顔や体の雰囲気は、入れ替わりが激しいモデル業界でCanCam、Oggi、CLASSYなどでモデルと活躍し、10代、20代、30代と異なる世代で上手く人気を維持してる小泉里子にどこか似ていた。

わりと美人だから人気もあったけど、ちょっとお高くとまった性格で嫌うヤツは思いっきし嫌っていたと思う。後からわかったことだけど、先生も生徒にバカにされないように、いっぱいいっぱいだったらしい。

「良美先生って、大学時代にヤリマンだったらしいぜ」という噂も流れた。このへんは、高校生だから他愛ないです。

オレは、教師という存在があまり…
★とても恥ずかしかったマッサージ
2016/08/13 22:26
2016/08/13 22:26
 40代の主婦の集まりで温泉に行ったときのことです。普段の疲れを取ろうとマッサージを頼むことにしました。二人頼み順番にしてもらうことにしました。私は後組みで1時間ほど待たされやっとしてもらうことになった。

 先にしてもらった二人は既にねてしまっている。残った二人がおきているだけであった。上半身を揉み出し足元までマッサージ。丁度太股に手が来た。初めはほぐす様にしていたが指先が内側に掛り揉まれていたが、時々指が真ん中に当たり次第に変な気持ちになってきた。
 その内縦溝を這うようにされると感じてしまった。布団が掛けられているので傍には見られないが動作をすれば、知られると思い我慢していた。隣を見…
【妹】双子の兄妹だと身体の相性良すぎておかしくなるからね 【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/07/31 19:18
2017/07/31 19:18
334:330:2011/08/24(水) 11:08:43.00 ID:Vs7D4EIZO >>331 >>332詳しくと言うか、双子の妹とだと相性良すぎてたいへんだなぁって。 普通の女とやるより全然気持ちいい。 キスにしても胸触るにしても69やるにしても細胞一つ一つで繋がってる感じ。335:えっちな18禁さん:2011/08/24(水) 11:27:07.97 ID:Ld/MkcOr0>>334 だからそのエピソードをkwskとry336:えっちな18禁さん:2011/08/24(水) 11:30:16.53 ID:gqmIRKXF0>>…
人妻は最高
2016/01/30 14:00
2016/01/30 14:00
高層ビルの一角にある料亭で調理人やってた頃、隣の隣に整体マッサージがあって、そこの奥さんとやっちゃいました。奥さんは普段無口で、挨拶しても愛想笑いすらしない人だったんですけど、あるきっかけから話すようになった。
きっかけは、夜の仕込みの為の材料を買い出しにスーパー行くと奥さんがいて挨拶したらその日はとても愛想良く応えてくれた。


で、向こうから色々話しかけてきて、この人結構話し好きだなーと思った。
話しながら買い物して、帰りもずっと話してた。

それから会う度に話すようになって、相手の家庭の事情とか色々
話すようになってた。相手曰く俺が聞き上手で話しやすい…
【近親相姦】【友人】彼氏の友達関係の食事に参加してたら食事会を仕切ってる女性Aに罵倒された【体験
2016/03/15 17:51
2016/03/15 17:51
848:おさかなくわえた名無しさん2013/04/08(月) 03:31:20.82ID:tk5A6SSI 元彼は、彼本人の友達付き合いに私を連れ歩く人だった。 「行こうよ!楽しいよ!」と軽く言われてそんなものかと深く考えなかった私。 男だらけの趣味の集まりに女は私だけ。皆気を遣ってくれたけど居心地が悪かった。 ここで私が学習して以後断れば良かったのだけど 「君と同じ職業系の人もいてね、女性ばかりなんだ。話せばきっと勉強になるよ。ご飯美味しいよ」 と、数ヶ月に一度開かれるというお食事会に誘われた。当時、転職したばかりの私は先輩達の話しが聞けて更に女性がいるならとついていった。 都内のステキなお…
【人妻体験談】息子に愛されているという思いは募るばかりで、きっかけ待ちでした
2017/03/10 18:02
2017/03/10 18:02
何故でしょう? 16歳の息子が私の身体を求めていると知ったとき、すぐに決意してたくせに実行しなかったのは。 愛しくて恋しくて、もう私の全てといっていい息子ですから。 母性なのか異性としての愛なのか、整理はつかないけど息子に愛されたいという想いは募ってました。 でも、やっぱりきっかけとか欲しかったんだと思います。 もう私を楽々と抱っこできるぐらい、大きくなってしまった息子。 そんな息子が2人だけの時、私に抱きついてきました。 そして「やっぱり母さんが好きだ。」と呟いたんです。 なんか彼女らしき存在が出来た息子。 聞いてみると「凄くいい子だよ。」と言われてジェラシーを感じた私。 胸をまさぐってき…
旦那以外と腕組んだの久しぶり
2017/09/11 00:33
2017/09/11 00:33
飲み会して33歳の人妻とヤりました。
会社の飲み会のあとに酔って帰ると「女を一人にしないの!」と、その人妻に掴まれた。
酔ってたからだけど、駅まで歩く途中に腕組まれて「旦那以外と腕組んだの久しぶり」と言われた。 歩いて話してると「今日はまだ飲みたい」と。店で飲むと、優しい感じで「ねぇ・・・どんな女性が好きなの?」とか色々聞かれた。
店を出たらいきなりキスされて、結構ディープで。またキスすると「ねぇねぇ・・・」と甘えて来て、ホテルに入りエッチした。
フェラをしてきてビンビンにされたらいきなり乗って来て、服を脱がしながらハメた。「気持ちイイよ凄い良い!」とグイグイ動きまくると…
パンツ売り希望の23歳人妻との話【エロ体験談告白】
2016/09/01 09:53
2016/09/01 09:53
別にパンツをスーハーする趣味はないんだが、

女を買う行為に興奮するのだ。

風俗嬢じゃなくて素人。

素人女を金で買うことに興奮を覚え、

ついにはパンツ売りの女性も・・。