寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

休日出勤で書庫整理してたOLをレイプ

2018/01/05 19:37


俺が、内装をおこなっていた雑居ビルで一服していた時、そのビルの女性社員が2人で話しているのが聞こえてきた。
「エッツ 明日仕事なの?」「そう休みの日なのに、地下の書庫の書類整理やんなきゃいけないんだ。」「かわいそう 一人?」「当然 誰も手伝ってなんてくれないよ。朝からやるけど夕方までかかっちゃうかな」思わず、顔を見ると休みの日に出勤するといっていた女性社員は、巨乳でスタイルがめちゃくちゃいい。
事務用の制服からもスタイルの良さがわかる。
顔はちょっとぽっちゃりしているが、かなりの美人だ。
中小企業しか借りないようなこんなぼろい雑居ビルに不釣り合いな美人だった。
俺は、思わずこのビルの地下で明日の祭日に一人???こんなチャンスは襲うしかないと。
考えているだけで勃起してきた。
そのビルは築何十年もたっているので、当然監視カメラもない。
俺は鍵を持っていなかったが、1階のトイレの窓のかぎを開けておいた。
明日はここから入れる。
そのビルは1フロアー1社しか入れない小さなビルだが、女の務めている会社は、4階が事務所で地下に書庫がある。
地下の書庫は前に内装工事をおこなったことがあるが、相当な音を出しても上には聞こえない。
その日は、ロープ、覆面、ナイフ、等明日の準備の買い物を済ませて準備を行った。
次の日の朝俺は、1階のトイレで着替えて女が書庫に入るのを待った。
9時過ぎに女が書庫にはいる音がした。
上から下まで黒のトレーナーに着替えて覆面をして書庫に入った。
書庫の扉を開けると、しゃがんで書類整理をしている女を見つけた。
女は振り返って俺の恰好を見て、キャッ と小さな声で悲鳴をだした。
俺はすぐにナイフを女に向け、「騒いだら刺す。静かにしていれば何もしない」と言った。
女は、何度もうなずいた。
まず女の口をガムテープでふさいだ。
それからアイマスクで目も覆った。
次に両手を後ろにしっかり縛った。
女は書類整理のためか Tシャツとジーパンという軽装だった。
Tシャツの上から、巨乳がくっきりとわかる。
手を縛った後は、足首をしっかりと縛った。
これで身動きは一切できない。
また目隠しをしているため、俺が何をしようとしているかわからない。
女はまだ体目的だとは思っていないのか、従順に縛られる。
縛り上げた女を担ぐと、書庫の奥にあった 使っていないソファーの上に女を投げた。
女の首から社員証がぶら下がっていた、名前は涼子と書いてある。
俺は、ソファーの上で涼子の上に乗り、髪の毛のにおいをかいだ。
すごいいい匂いがする。
上物だ。
耳元で息を吹きかけながら、「涼子 いい匂いだね。」とささやく。
この段階で初めて自分が襲われることに気付いた涼子は、エビのように暴れだした。
今更遅い。
俺はまずタバコを一服しながら、涼子の顔にタバコを近づけながら、「顔焼くぞ、おとなしくしないと。それともナイフで目くりぬいて一生盲人としてすごすか おい」とすごんだ。
涼子は、顔を横に何回もふる。
「よしなら口を外してやるが、ちょっとでも騒いだら、目をさすからな。」と言って口のガムテープを外した。
涼子はよほど怖かったのか、ここで騒いでも駄目なことがわかっているのか騒がない。
次に涼子のアイマスクを外してやると、かわいい目から涙がながれていた。
涙をなめてやると、涼子は顔をそむけた。
俺は涼子の髪の毛を抜けるぐらい引っ張り「そむけるじゃない。」と恫喝した。
次に涼子へのキスをしようとしたが、口はしっかり閉じている。
少しは痛い思いをさせないとダメだと思った俺は、涼子の目の前にナイフを出して頬を少しついた。
もちろん血が出るほどはついていない。
この脅しは涼子には十分だった。
自ら口を開けてきた。
「舌をだしな。もっとだ。」といい、涼子の舌をしゃぶった。
とろけそうでおいしい。
俺の唾液を涼子に飲ませる。
「涼子もっと飲みなさい。」というと、涼子も観念したのかごっくり飲んだ。
涼子の舌をたっぷりしゃぶりながら、巨乳に手をやった。
Tシャツブラジャー越しにも大きいがやわらかい感触が手に伝わってくる。
たまらない感触だ。
涼子は体をくねって嫌がっている。
手も足も縛られている上程ではたいした抵抗はできない。
涼子のTシャツをめくった。
白のブラジャーがまぶしい。
ブラジャーをずらすと、きれいな美乳があらわになった。
ピンク色の乳輪は小さいが、乳首は長い。
どちらもきれいなピンク色をしている。
思わず左の乳首にしゃぶりついた。
右手で右の乳首をもんでみる。
涼子は泣きながら「もうやめて お願いだから やめて」と言っている。
口の中で乳首を転がすと乳首が立ってくるのがわかる。
右の乳首もたってきた。
こんなに嫌がっていても、乳首は立ってくるのだ。
胸を包むように、力強くもむと、「痛い 痛い 」と言って泣いている。
涼子の涙をなめようと頬をペロペロなめる。
ファンデーションと涙の混ざったおいしい味がする。
「お願いだからもうやめてください。誰にもいいませんから」と涼子は泣きながらお願いしてくる。
俺はゆっくり手をしたにおろして、涼子のジーパンのボタンに手をかけた涼子は、今までの中で一番大きな声で「お願いです。そこだけは許して お願いです、」と泣き叫ぶ。
俺は涼子の髪の毛をつかむと顔を俺の前までもってきて、「騒ぐなっていっただろ」といいながらキスをする。
キスは従順に従うようになった。
キスをしながら、「涼子どうしても下が嫌なら、口でだしてくれたら下は許してやるよ。どうする?」と言うと キスしながら涼子は頷いた。
俺は涼子のから体を起こして床に,よつんばにさせた。
後ろで縛っていた手はいったんはずして、前に持ってきて縛りなおした。
その時に涼子のTシャツも脱がした。
涼子は上半身裸で手をついた状態で四馬になった、巨乳だが形がいい胸がゆらゆら揺れている。
俺はソファーに座りながら俺のものを出して、涼子の顔の前に突き出した。
涼子は口に入れるのをためらっていたので俺は肛門を顔の前に突出し、足で顔を挟むようにした。
「ほらまず肛門からなめろ。わかってないと、てめいの穴につっこむぞ」と涼子を低い声で脅かした。
涼子はおそるおそる、肛門をなめだした。
舌の先で少しだけだ。
「もっとしっかりなめろ。肛門の中にしたが入るくらいべっとりと」涼子は観念したのかペチャペチャ猫の様になめだした。
俺のものは、リンパを刺激されたせいか、ますます勃起してくる。
次は、玉だ。
「玉の袋も丁寧になめろ。涼子は玉の袋も下のほうから丁寧になめだした。口の中に玉袋が吸い込まれている。もう我慢ができないほど気持ちいい。涼子の口に俺のものを充てると「早く咥えてしゃぶりまくれ」と命令した。
涼子はまた躊躇しているので、俺は涼子の乳首を思いっきり引っ張った。
「痛い。やめて。」涼子はまた涙を流しながら俺の物をくわえだした。
俺はその恰好を用意しておいたデジカメで写真を撮る。
「イヤ 写真はだめ・・」嫌がる涼子の顔をむりやりカメラに向けさせ、何枚も撮った。
「涼子 笑いながらしゃぶらないと下の穴に突っ込むぞ」と脅すと、無理した笑顔をつくる。
涼子の口の中はとってもやわらかい感じで気持ちはよかったが、テクニックはない。
「涼子 もっとしゃぶらないと気持ちよくないから、下でいかしてもらうぞ。」というと、一生懸命すいついてくるがテクニックはない。
フェラの経験は少ないらしい。
俺は涼子の髪の毛をつかむと、口の奥までつっこんだ。
口の中のあたたかさと涼子のやわらかい舌がのっぺりからんでくる。
唇までいったん抜き、唇から喉の奥までつく。
むせる涼子に構わず、ガンガン顔を動かすともう限界であった。
涼子の舌の一番奥の部分に先っぽを充てて、思いっきりだした。
だしたながらも顔を振ったので涼子の口の中を精子まみれになった。
「涼子全部飲んだら、口できれいにしろ。」涼子は目をつぶりながら、2回ほど喉をならして俺の精子を全部のみほした。
そのあと、もう一度口の中にいれてしゃぶらせた。
「ほらきれいにしないと、もう1回口のなかでだすぞ。」と脅かすと舌でさきっぽまできれいにしてくれた。
本当にいい子だ。
涼子の体をもう一度ソファーに投げ出すと、「もう終わったのだから、早くかえってください。誰にもいいませんから」と泣きながら、お願いしてきた。
「涼子のお口のなかも消毒しようね。」というと、俺はウイスキーを自分の口に含んで、口移しで涼子に飲ませた。
涼子は嫌がったが、俺が乳首に手を当てると、また引っ張られると思ったのか口をあけてのんだ。
かなり強い酒をのんだためか、涼子はむせていたがたっぷりと濃厚なキスをした。
涼子もこれで終わりになるとおもったか、積極的に舌をからませてくる。
俺は髪の毛をなでながら、キスをしながら「涼子はいい娘だね。これからがメインディッシュだよ。」と笑いながら言った。
「いや・・・ いや・・・・・・ お願い・・・・・・いやです。助けてそこだけは・・・・・・」泣きじゃくる涼子の体を押さえつけながら、ジーパンのボタンをはずして、ジッパを下した。
涼子の抵抗は今までの中で一番大きくなった。
涼子の腹に膝でけりを入れた。
うっつとうなりながらむせている。
「おとなしくしないと、あそこにナイフいれるよ」と脅かしながら、ジーパンを脱がせ始めた。
ピッタシしているジーパンを涼子が腰を振って抵抗するため、なかなか脱がせられない。
膝までジーパンが下がった。
涼子のパンツは、ブラジャーとは違う白に黄色のストライプが入った大人しいデザインのものだった。
俺はまずジーパ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【妹との告白体験談】ノンフィクション
2015/11/06 02:35
2015/11/06 02:35
むかし、俺には妹がいた。少し生意気で、いつまで経っても子供で。本当に可愛いヤツだった。俺には妹がいた。あの日まで・・・・・・ その日、両親は外泊し家の中には俺と真由美の二人だけだった。 夕食も終わり、自室のベットに横になりながら俺は雑誌を読んでくつろいでいた。  「お兄ちゃん、お風呂沸いたよ」 ドアが開き妹の声がする。  「・・・・おぅ。」 気の無い返事をしてページをめくる。 少し間をおいて再び  「お兄ちゃん、お風呂沸いたよ」 なおも気の無い返事をする俺。 そして、しばしの沈黙・・・・・ どかーっ  「グェッ」 真由美のヤツがいきなり全体重をかけて馬乗りになってきた。  「お兄ちゃん…
あなたの奥さんは大丈夫?セフレになる人妻が増えているらしい
2015/11/29 17:44
2015/11/29 17:44
大学時代は普通に女子大生や女子高生と恋愛を楽しんでいましたが、就職して環境がガラリと変わり、人妻との不倫ばかりになりました。 私の最初の配属先は量販店舗で、商品の出庫入庫管理が主な仕事でしたが、店舗の従業員の8割がパートでした。私が着任すると店長に紹介され、大勢のパートさんの舐めるような視線を感じていました。 私はこの店舗で3年間、パートさんの下半身の餌食になっていました。 私を誘ってくるパートさんは若くても30代後半で、まだご主人との性生活が活発な若い奥さんではありません。 最も年上は55歳で、私の母親よりも年上でした。 茶色、ドドメ色、真っ黒、縦長、ビロビロ、内閉じ、外開きなど、女性器の色…
セフレとの車エッチをアナルOKのエロ女に見られて
2018/05/01 16:28
2018/05/01 16:28
僕は毎日、車で会社に通っています。
会社が契約している駐車場は共用立駐で月極と時間貸しが混在した7階建てです。

僕は同じ会社の女子社員とセフレなので、昼休み時間を利用して、この薄暗い立駐でフェラやセックスを楽しみます。
車のリアガラスと後部座席横ガラスは純正ですが、外からは黒くて中が見えないから結構安心して楽しめます。
1時間でセフレは席に戻る必要があるので長いプレイはできませんが、それでも昼食を我慢すれば約50分は楽しめます。 今日はフェラは10分くらいで残りは騎乗位とバックからの挿入プレイで楽しんでいました。
後処理の時間がとれないので、いつも中出ししたら生理…
私、あれも、これも
2018/09/28 10:04
2018/09/28 10:04
          幼稚園の頃、本屋で絵本を読んでいると知らないおっさんが私の後ろにしゃがみこみ           私を守るような体制でパンツに指いれてきた。           その様子をみていながら何もいえなかった母親は後から私のことを汚いっていった。           父は家庭内暴力。           兄はよく私に性的いたずらをした。           小学校の時通ってた塾では、男子によくブスっていじめられた。           成人すぎた今でも、男という生き物を色眼鏡でしかみれない。           優しくされても素直になれず、幼い頃に植えつけられた男性像が頭を離れない…
Aカップの貧乳彼女と制服きたままドキドキ初体験www
2018/03/16 12:02
2018/03/16 12:02
高◯3年の席替えで、

私はまみちゃんという可愛い女の子の隣の席になりました。

しばらくして、お互いに授業のわからないところを

教え合ったりしながら仲良くなっていきました。

ちなみに私は164センチ48キロ。

まみちゃんは152センチ41キロです。

上が白いブラウス、下は紺のボックススカートで、

前に3本の幅広プリーツがあります。

スカート丈は膝が見える程度の長さです。

靴下は真っ白。そして黒い革靴。

まみちゃんの髪は肩までの長さ。

クラスでも5本の指に入る可愛いさです。

ある日、授業が終わってまみちゃんと一緒に帰ることになりました。

後で分かったことですが、まみち…
酔った派遣社員の女子とラブホでセックス
2016/04/06 20:12
2016/04/06 20:12
483 :えっちな21禁さん:04/08/12 01:40泥酔ではありませんが 先週の金曜、派遣の子たちの送別会がありました。 前から気になっていた伊藤さんという子を誘いたくて 2次会後、酔ったから帰ると言う彼女を、最後だからもう1件飲みに行こうと 強引にバーに連れていきました。  彼女は22才、童顔で幼く見えますが体はぽっちゃりして肉感的です。 芸能人でいうと乙葉みたいな感じでしょうか。 黙々と仕事をするので、まじめで堅いイメージでしたが 休憩中に話してみると意外と人なつこく、会話も上手で 笑顔のか…
俺がネットで知り合った女達にやり捨てされた話をする【エッチ体験談】
2016/01/18 00:27
2016/01/18 00:27
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2013/08/26(月)20:39:03.75ID:jNBw/jLr0やった数8人 やり捨てられた数4人 俺はやり捨てにしない男なので女がやり捨てにした数が忠実に現れている4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2013/08/26(月)20:51:16.00ID:jNBw/jLr0一人目 20才処女 その子とはやり取りしてる内に処女である事を告白された コンプレックスになっていると言われ俺が乗った感じで「お願いします」という風になった 会ってま…
【盗撮・覗き】やっと撮れた憧れのOLのおしっこ姿
2017/11/22 06:00
2017/11/22 06:00
もう結婚して寿退社してしまいましたが、同じ会社の先輩O島さん(当時26歳ぐらい)を自宅で盗撮したことがあります。その先輩は僕が入社したときに面倒を見てくれた人で、体は小柄でスタイルが特別に良いというわけではないけれど、好みのタイプの美人だったので密かに憧れていました。 ただ、すごく気は強くて物事をはっきりいうタイプの人だったので、男を寄せ付けない雰囲気を持っていました。僕の仲のよい男性の先輩(K田さん、当時30歳ぐらい)も、しつこく遊びに誘っていたみたいですが、ことごとく断られていました。 2年近く経った頃、O島先輩は結婚することを会社に伝え、同時に退社することも僕達同僚…
【姉との告白体験談】イメクラで
2015/11/08 00:29
2015/11/08 00:29
785名前:えっちな21禁さん投稿日:03/01/1716:05ID:7oGxFACR 先週 うちの姉貴が 家に友達を 連れてきたのは いいのだがまじ ビビッタ 姉貴が 連れてきたのは 俺が 良く指名している有名風俗嬢のMちゃんだった Mちゃんも 俺を 見て 焦ってた動揺する俺 焦るMちゃん 何も知らない?姉貴 気まづい空気の中姉貴の友達として来ているMちゃんを 何度も源氏名で 呼びそうになる俺年が バレル Mちゃん 先週まで 一つ年下のMちゃん 今は 7つ年上ドキドキする俺 落ち着かないMちゃん  突然降り出す雨 そして陽気な姉貴  泊まることになってしまったMちゃん 786名前…
俺は梨紗の裏彼氏【寝取られ体験談】
2017/04/25 20:10
2017/04/25 20:10
寝取られ経験の中で、一番心が痛かったうちの1つを。

高校・大学と同級生だった梨紗という子がいる。
高校時代はクラスが同じで、大学も同じ学部・学科で、仲もすごく良かった。
付き合ってはいなかったけれど、よく一緒に出かけたし、電話もいつもしていた。

「ちょっとお腹出てきちゃったかも」

「どれどれ・・・ああ、この肉がおっぱいに行けばなあ」
「うるさいなぁもうー!」

「やっぱあれか、俺が揉んで大きくしてやらないとダメか」
「もー!変態がいるよぉー!」

こんな、くっだらない話もよくした。
顔も仕草も声も可愛い梨紗が大好きだった。

誕生日には、『大好きな梨紗でいてね。今度デートしてね』なんてい…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【熟女体験談】農家に婿に入り、老婆な義母とほぼ毎日SEX

・【初体験】3人の処女との体験を語る[後編]

・スイミングクラブの夜

・修羅場にならなかった悪戯

・小6少女に受けた屈辱の欲望~約束のアイドル~

・【初体験】3人の処女との体験を語る[前編]

・【人妻体験談】念願のマイホームを新築し、隣の綺麗な奥様を盗撮していたら誘惑された

・【熟女体験談】アダルトチャットで、レイプっぽく襲われたい願望のあるおばさんと知り合い、レイプされるストーリーのなかセックスした

・単身赴任の夫を裏切り続けています

・かなり昔の話だけど全裸の女を拾った事が有る。

・屈辱!レイプおっさんに従順な彼女

・【近親相姦】息子のように若くて逞しい肉棒が欲しくて・・・。

・マンションで朝から夜まで 最後の営み

・【不倫】小太りなオヤジの絶倫セックスにハマってしまった

・中古住宅を購入したら裏手にアダルトグッツ小屋があった  続

・【熟女体験談】昭和時代にノーパン着物姿の母が中年のおじさんにスカートの中を覗かれた

・姉のPC修理してたら元彼とのメール発見ww

・【人妻体験談】金切り声を上げ続ける母にイラつき、罵倒しながらレイプする鬼畜な社長

・家族でクリスマスを楽しんでいると後輩が訪れて来た

・義弟に強いピストンを促すいけない私

・【Hな体験】大雪の夜に成り行きで相部屋になった美人OLと

・「平均13センチ」という都市伝説

・腰ロックされ何もできず奥にぶちまけた。

・妻と他人のセックスまで持ち込むのは難しいですね・・・

・嫁の実家で失敗したかもしれない…

・【人妻体験談】引っ越した先で出会った夫婦にスワッピングをしないかと誘われた

・【熟女体験談】中途採用のツンデレな女課長をラブホでハメたら、ポルチオ性感に目覚めてハメ潮を吹きだすようになった

・泊まり宿の無い女の子達との交流

・【不倫】甲子園のマドンナと10年越しの中出しセックス

・海水浴場のシャワー室は密室SEXにもってこい