寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

妻の妹

2018/01/05 18:54


 結婚して2年目に妻(留美子)が妊娠した。
 無事に男の子が産まれ、1週間後退院し、そのまま実家に帰った。
 留美子の実家は、俺の住んでるF市から車で2時間くらいかかる所にある。だから最初の日は泊まったが、仕事を休む訳にもいかず、自宅で独身生活を始めた。
 独身生活は久し振りだったが、別に不自由も感じなかった。
 10日くらいしてかなぁ、留美子の妹の紀子から電話がかかって来た。紀子は留美子の3つ下、23になるOL。
「アニキ、大丈夫?独りで淋しくない?食事とか どうしてる?」と質問責め。
俺は「ああ、久し振りで楽しんでるよ。留美から電話は毎晩あるし、淋しくなんかないよ。それより何?」
「アニキが淋しがって泣いてないかなぁと思ってさ。それより、なんか食事作ってあげようか?私、アネキより上手いよ。」
 確かに、妻の実家に行った時は紀子が料理を作ってた。美味かった。
「そうだな、頼みたいけど俺の家に来るのはマズイだろが。妹とはいえ、義理だからな。留美よりも、義母あさんが変に思うからいいよ。気持ちだけは有り難く受け取るよ。」
 ルックスは妻の方が俺好みだけど、紀子の明るい性格は好きだった。
 コンビニ弁当を食って、焼酎を飲んでると、「ピンポーン ピンポーン」とチャイムが鳴った。
 インターフォンで「はい、〇〇ですが・・」と言うと「私、紀子。開けてよ。」なんで来たんだ?と思いつつ、オートロックを開けた。
「ヘヘッ、吃驚した?あー やっぱりコンビニ弁か。ツマミ作るよ。」
 俺が何も言わずにいると、スーパーの袋を抱えて勝手にキッチンへ入って行った。すぐに 簡単な酒の肴を2品作って出て来た。
「ノリちゃん、1人で来ちゃ駄目って言ったろ?変に思われたくないしさぁ。」
「大丈夫、誰にも言ってないし、言わないから。さ、食べてよ。」
 俺は紀子が作った料理を食べて酒を飲んだ。
「いやぁ、ノリちゃんは上手いね。美味しいよ。お世辞じゃなくてさ。」
「コンビニ弁ばっかでしょ?駄目だよ。又来てあげるから・・」
「否、もう来ちゃ駄目。今日は仕方ないけど、遅くなるから早く帰りなさいよ。」
「今日は、会社の友達ンちに泊まるって電話したから、大丈夫。飲もうよ。私も飲みたい。」
 自分でグラスを持って来ると、焼酎の水割りを作って飲み出した。
 あ〜 飲んじゃったよ。仕方ないか・・・。それからギターを弾いたり、最近のどのバンドが良いかとか、飲みながら話した。
 かなり盛り上がってお互いに酔いも回って来た。
「アニキさぁ、アネキが居ないと辛い?暫く出来ないから、どうしてる?」
 紀子は今は別れたらしいが、俺が結婚した時には彼氏が居た。自分より妹の方が先に嫁ぐみたいって留美が言ってたくらいだった。
「男は慣れてるよ。独身の時は皆自分で処理するからさ。」
「知ってるよ。私だってそのくらい。ただ、アニキもそうしてるのかなって思ってさ。なんか イメージが湧かないから。アニキが自分で・・・なんて。」
「ノリちゃん、飲み過ぎたんじゃないの?そんな話の方が、ノリのイメージに合わないよ。もう寝ようか。ノリちゃんはこっちの部屋に布団敷いてあげるから。」
「はいはい。すみませんね。酔っ払いで・・。シャワー浴びてきま〜す。」
 俺は、歯磨きして先に自分のベッドに入った。酒のせいで、すぐに寝ついたみたいだった。
 何かの気配で目が覚めた。隣に紀子が居て、俺の胸に顔を埋めてた。
「わっ、吃驚したぁ。どうしたの?」
「黙って。暫く こうさせて。」
 訳も分からず、俺は紀子の髪を撫でてやっていた。
「気持ちいいなぁ。こんなシチュエーションは久し振り。」
「ノリちゃんは今彼氏居ないの?」
「居ないよ。でも、今日は居るかな?ヘヘッ。」
 俺は無性に紀子が可愛く思えた。俺の胸から頭を離すと、夢中でキスした。
 紀子も応えてくる。
「いいの?留美に悪いと思わない?」
「今日だけの彼氏になってよ。いいでしょ?」
 応える必要はない。胸に手を持って行くとブラだけ・・・。試しに尻を触ると、パンツだけ。
 ブラをずらして、小さめのオッパイを擦った。固く尖ってる乳首。「ハァッ 」と声を出すと腰をモジモジ動かしてる。
 乳首を吸った。左右、交互に。
「あ〜っ すっごい感じる。あ〜あ〜 い〜よ」
 俺の下半身も貯まってるんで、もうカッチンカッチン。そこに紀子の手が、わざとなのか偶然なのか触れた。
「すっごい。アニキ、パンツ脱いでよ。今日は彼氏でしょ。気持ち良くしてあげる。」
 俺は慌てて、シャツとパンツを脱ぎ捨てた。紀子も自分でブラとパンツを取った。
 紀子を抱き寄せた。俺のカッチンが紀子の太腿に触る。ヌルヌルした感触。俺の先走り液、多いんだ。
 紀子の尖った乳首も俺の胸に感じる。キスしながら、暫く抱き合っていた気がする。
 紀子の股間に手を這わせた。意外と薄い陰毛があった。足を少し開かせ、割れ目をさぐった。
 もう尻の割れ目まで垂れていた。
「ノリちゃん、すごい濡れてるよ。感じてる?」
「うん、すごいよ。今日はどうなるか分かんないよ。いい?」
「舐めていい?ノリちゃんの見てみたい。」
 俺は身体をずらし、紀子の足の間に顔を近付けた。
 女の匂い。割れ目を指で開くと、小さな突起が顔を見せた。堪らず吸い付いた。
「はあぁっ ダメ ダメ・・・」
 と言いながら両足で俺の顔を挟んできた。
 両手でノリの両足を広げ、クリと穴の間を舌で舐め上げた。何回も何回も舌で往復した。
 紀子の腰が持ちあがった。「ダメェ あぁ〜 ダメェ 」腰が上下してる。
 凄いイキ方。留美はこんなにはならない。俺は穴に指を入れてみた。狭い。
「アニキィ 気持ちいいよぅ。恥ずかしいけど、笑っちゃイヤだよ。」
「何回でもイッテいいよ。ノリも貯まってた?」
「バカッ、でも私も久し振りだから貯まってるのかな?」
 腰をゆるやかに廻しながら、紀子は俺の指を締め付けてくる。
「ねぇ アニキィ もう指より 入れてょ・・・」
「なにを?何を入れて欲しいの?言ってごらん。」
「アネキにも 言わせてるの?そんな事。ルミも言う?」
「言うよ。でも、あまりこんなの好きじゃないみたい。」
「そうだよ。ルミはわたしともエッチな話、しなかったもん。」
「ノリは好きなの?恥ずかしい事。」
 相手が喜ぶ事はしてあげる。アニキもいいよ。何でもしてあげる。」
「じゃ、何を入れて欲しいか言ってみて。」
「フフフ・・・。なんて言えばいい?オチンチン?それとも、チ・・ン・・ポ?」
「そう、チンポがいい。入れるよ。」
「ねぇ、アニキィ、今だけでいいから好きって言ってよ。紀子の事、好きって言ってよ。」
「ノリ、好きだよ。ノリ、入れるよ。俺のチンポ。入れるよ。」
 俺は紀子の穴に焦点を絞ると、先っぽを入れた。きつい。でも、既にヌルヌルが垂れてる。穴の周りをチンポの先でなぞった。何回も・・・。
 その時、紀子が腰を押し出してきた。ヌルッと先が入った。
「あぁ〜 入った。」
 紀子は更に腰を押し出してきた。俺も突き出した。
 一気に奥まで・・・。子宮に届いたと思った。俺は動かずに、只押し付けたままじっとしてた。
「あぁぁ・・ アニキィ  イキそう。声が出そうで恥ずかしいから、キスして。」
 こんな可愛い事を言われた事がなかったんで、俺は紀子にキスしながらイキそうないなった。
「ノリ、イキそう。どうする?どこ?どこに出す?」
「ちょっと我慢して、アニキィ・・。私を先にイカせて。そして口に出して、お願い飲ませてぇ・・」
 俺は必死で我慢した。羊も数えた。円周率も思い出した。3.14159・・・・・
 紀子が腰を持ち上げた。
「あぁぁぁぁ・・・アニキィ イクよ キスして・・・ 声が出るから・・キスして・・」
 俺がキスした瞬間、紀子は「うぅぅぅ・・ ウプゥ・・」
 俺も限界だった。引き抜くと、紀子の口にチンポを押し付けた。出た。いっぱい・・出た。
 口からこぼれた俺の精液が髪にまで流れた。
 俺が腰を引こうとすると、紀子はチンポを握ったまま咥えて離さない。最後の1滴まで綺麗に飲んでくれた。
 ティッシュで紀子を綺麗にしてあげた後、紀子は洗面所に口を洗いに行った。
 裸のまま、紀子は帰って来た。と思った途端、飛び付いてきた。
「アニキ、ありがとっ。私、一生の思い出にするから、アニキも忘れないでね。私ね、留美が貴方を紹介してくれた時から、好きだったの。でも、兄貴だからって、ず〜っと我慢してたの。今度、留美が家に帰って来た時、今日の事は想像してた。ってゆうか、計画してた。ごめんね。アネキを裏切らせて・・」
 可愛い。兎に角、可愛い。こんなに惚れられた事あったっけ。先に紀子と知り合ってたら、どうなってたんだ?
 もうしょうがないかぁ・・。今更言っても・・・。俺は紀子を抱きしめた。力一杯。
「ノリちゃん、ありがとう。今日は朝まで彼氏でいいんだよね。今日だけは・・・」
「そだよ。彼氏だよ。私の中では、ず〜っと彼氏。アニキは今日だけ彼女と思って。後はアニキ」
 朝まで俺達は3回愛し合った。紀子は「イクッ」と言うのが恥ずかしいのか、声が大きいのが恥ずかしいのか、必ずキスをしてきた。
 妻も我家に帰って来、息子も猿みたいな顔ながら、俺に似てるとか言われてそれなりの幸せが帰って来た。
 紀子とはその後、会う機会も無く、1年が経った。
 我家に妻の両親、紀子、俺の父親(母は居ない)、妹が集まって1歳のお祝をした。
 …


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
毎週木曜日は豊満ボディの奥さんとのセックスデイ【人妻体験談】
2018/01/22 16:10
2018/01/22 16:10
俺は広也、24才。

人妻セフレ泰子は50才、歯科医院受付会計してます。

キャリアは一年半ほどになります。

昨年年明け早々、どうしようもなく歯が痛み、仕方なく歯科に通うはめに。

通ってるうちに泰子のムチムチした熟女の肉体に興味を持った俺。


俺の仕事のシフト上、毎週木曜は休み、その歯科医院も木曜は休診、誘ってみたら最初は戸惑っていた様子の泰子、でも院外で会うことに成功して、それからまもなく、性交にまで及びました。


旦那さんは地方公務員で、県内転勤で単身赴任中、俺より一つ上の息子さんは、仕事で関西方面。



ちょうど出会ったとき、娘さんは受験生、その娘さんも大学に合格、関東へとなり…
30代の女教師と出会ってその日にバックでガンガン中出しセックス
2015/10/16 19:00
2015/10/16 19:00
30代の女教師と出会ってその日にバックでガンガン中出しセックス 大学の時、出会い系でバツイチ独身の30代半ばの女教師と出会いました。 顔は真矢ミキに似ていて、顔つきはきりりととした感じ。 その日の格好は俺が頼んで普段の仕事服に。 その日彼女はパンティーライン丸出しのピチピチのタイトスカートを穿いていて、ちょとエロいなあという感じで、何より小さくもなく大きすぎる事のないその美乳に俺は釘付け。 車の中に乗り、最初は緊張で息の詰まる思いでしたが、時間が過ぎる事に色々な話もする様になり、音楽の趣味も同じ(ハードロック好き)だったので、段々とリラックスして話をする様になりました。 するとそのうち…
【寝取られ】嫁を後輩に寝取らせました 続15編【体験談】
2015/12/02 10:12
2015/12/02 10:12
前編は以下のとおり この夏、7月から8月にかけての約二ヶ月間、入社以来一番長い出張があった。 嫁としても初めての長期に渡る俺の不在にやや不安がっていた。 もう話したと思うけどこの時点で既に公認の仲だったので、 そこで後輩に二ヶ月間の事をお願いしようと考えた。 つまり、同棲は行き過ぎとしても嫁の事を頼む、みたいな。 「具体的には何を頼まれればいいんですか?」 と笑いながらいう後輩に対し、 まあ色々と気に掛けて相談相手や身の回りの世話をしてくれ、みたいな。 実際、エロい意味ではなくて、どうしても重い物やら何やらの 買い物には荷物持ちなんかもしてくれ…
キャバクラを経営したオレが知ったセックス依存症の女のエロ話
2015/10/02 08:00
2015/10/02 08:00


今はキャバクラ経営を退いて別の会社を経営しているが、5年前まで10年程キャバクラを経営していて、合計3店舗程経営していた。




元々ホストだった俺は、18でホストになりナンバー1に。




5年程ホストをしたが引退し、23の時にキャバクラをオープンした。




その後、10年に渡って3店舗ほど経営していた。




初めの店はMという店で、初めは5名程の女の子で始めたが最終的に20名程在籍する店だった。




そのあとオープンしたBという店は始めから20名程でスタートし、最終的には30名程在籍する店だ…
菅野美穂似のバイトの女の子【エッチ体験談】 
2016/04/13 16:12
2016/04/13 16:12
うちの会社では年末の繁忙期に大量のバイトを雇い入れます。




大半はおばちゃんです。




たまに学生やフリーターの若い娘がいても、僕とは無関係で言葉を交わす事も無く通り過ぎていきます。




入社以来、彼女もいません。




今年もおばちゃんに取り囲まれて過ごしています。




そんな色気の無い職場ですが、去年だけは違いました。




去年の僕に起きた奇跡を書きます。




去年の11月中頃の事です。




今年もおばちゃんばかりだなと思っていると、そこに彼女は現れました。




事務所の入り口にバイトの面接に来たと思われる彼女が立っていたのですが、僕は見とれて…
【妹との告白体験談】ドキュソ兄さんの精通体験
2015/12/10 22:49
2015/12/10 22:49
95名前:94投稿日:02/04/3014:24ID:???すみません、誤爆したようです。せっかくなので、スレにそったレスもしていきます。俺の精通は、妹のフェラでした。小学生の頃、一緒に風呂に入ったとき、妹に初潮が来て俺より先に大人になったのを知ってくやしく思いました。妹は背が小さくて、胸も小さくて、華奢な身体つきだったのに、クラスでも比較的背が高くて、喧嘩も強いこの俺より何で先に!?という感じでした。妹はいつも下を向いていて、無口で人と滅多に話さず、近所では”薄気味悪い子”と言われてましたが、俺にはなついていて(こわがってたのかもしれない)従順だったので、可愛がってました。初潮の話から子…
バレー部逆レイプ 【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/08/24 11:44
2017/08/24 11:44
16名前:こぴぺ投稿日:02/06/0207:06ID:waQ6rQRv  えーっと私も集団逆レイプの経験者です。某女子大のバレー部に所属してました。 さすがに新入部員に生を強要するなんて無茶なことはしませんでしたが、それでも かなりエグいことをやってたもんです。  まず先輩が逆ナンパして「獲物」を連れてくるってのは同じ。 でも年齢は学生">中学生から高校生っていうのが大半でした。レイプの方法も、いき なりやるんじゃなくって、最初はごく自然に乱交パーティみたいな感じです。 17名前:こぴぺ投稿日:02/06/0207:08ID:waQ6rQRv だから、連れてこられ…
【熟女体験談】友人と妻と3人で乱交モノのAVを見てたら案の定3Pになったww
2015/09/24 12:02
2015/09/24 12:02
2015/09/24 (Thu) 先日、家に私の友人Hが遊びにきました。


Hとは長い付き合いで妻とも仲が良く、妻も気に入っている友人の一人です。




その日は、Hがひどく酔い、エロ話になりました。


Hは妻に「いつもどんなことしてんの?」とか、

「フェラ上手そうだよね」とか、冗談で言ってました。




妻も酔いが回り始め、「私、結構上手いよ」と、冗談返ししていました

Hが「やべっ、立ってきた。」

と言うと、「トイレで抜いてきたら?」と妻。


私が「んじゃ、AV見せてやる」と言い三人で、AV鑑賞が始まりました。




内容は、私の趣味でもある乱交ものでした。…
職場のパートさんとしている不倫エッチ
2018/03/07 10:44
2018/03/07 10:44
【痴漢・レイプ】先輩たちと強姦にハマっていた昔の話
2016/05/08 02:24
2016/05/08 02:24
その女は、白地に花柄の刺繍のついたTシャツにエメラルドグリーンのひらひらしたミニスカート、小さなポシェットを肩からかけ、髪型はいわゆる「聖子ちゃんヘア」と、当時の典型的な若い女性だった。 きれいな長い足が印象的で、少し腰をふりながら歩く姿に、私達3人は一目で魅了された。 人気のない道を歩いているところを、いつもの手順で拉致し、貯水池の横の空き地に車を止めた。 この日は、私が先頭だった。 すでに目隠しをされて、体格のいい先輩Bに羽交い絞めにされていた彼女は、「やめて、放して!」「なによ! どうするつもり!」「い、痛い、ねえ!」と叫びながら足をバタつかせていたた。おかげで、ミニが捲くりあがり、小…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・飲み会でお持ち帰りしたら僚の彼女って打ち明けられ仰天した話1

・40歳のヌード

・【人妻体験談】息子の同級生に調教されて雌犬奴隷になった下品な母

・【熟女体験談】同級生の家に性奴隷家政婦として働いていた母に目隠しして近親相姦SEXをした息子

・男のオモチャの様に扱われた日々

・36歳の巨乳処女OL(再々修正版)

・【Hな体験】防音の放送室に呼び出されて[前編]

・酒を利用して寝取った

・【SM・調教】女子校育ちの処女を俺好みに育成

・泥酔女の話しを一つ

・【男×男】玉無しニューハーフに開かれた禁断の世界

・嫁を寝取っていたのは俺だった?終り

・【熟女体験談】隣のデカチンな黒人と4p乱交していた寝取られ妻

・嫁を寝取っていたのは俺だった?終

・フィギャアスケート部員で男は俺一人

・凌辱犯罪被害者の貧乳恥辱ロリ女と結婚した経緯

・ウブな女の子から大人の女に

・【Hな体験】やることなすことすべてがエロい人、みーつけた!

・嫁を寝取っていたのは俺だった?完

・ロリコンな幼馴染との奇妙な関係

・オヤジの愛人とデキて孕ませた子供は・・・

・軽いエロ遊びをSNSに書き込みしてみた

・【不倫】とろけるようなキスが私の貞操観念を狂わせた

・親友の息子と愛し合う日々

・□妻からの昇進のお祝いは、元カレとのセックスでした3(転載禁止)

・職場の先輩 大学時代

・会社の会議室はラブホ替わり

・【不倫】初めての不倫セックスで初めての潮吹き

・【人妻体験談】同居している息子の嫁のパンチラや乳首チラに我慢出来ずに禁断の寝取りをしてしまった父

・【熟女体験談】年下社員と下品な淫語を叫びながら本能のままにSEXをするパート主婦