寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

もう10年以上前の話です。

2018/01/05 13:28


当時、心の底から惚れていた彼女に振られてしまった俺は、思いっきり彼女に未練が残ってしまい、恋愛なんかとてもできない状況になっていました。
振られて半年後くらいの頃です。その頃よく遊びに行っていた年上の女性、Tさんと飲みに行くことになりました。
Tさんは自分より6歳上で、昔通っていた語学学校で知り合いました。お互いに気疲れしないというか、ウマが合う関係で何度か二人だけで出かけたり彼女の家に遊びに行った事がありました。
年上ですが、頼れる部分とちょっと抜けている部分のバランスが絶妙で、一緒にいると結構大ボケをかましてくれたりして萌えたりもしていました。とはいえ、特に恋愛感情があったわけではなかったので、それまでは何もありませんでした。
その日二人で飲みに行くきっかけは、彼女が「『ホッピー』を飲んでみたい」と言ったことでした。普段お洒落なところで飲む機会の多かった彼女は、場末の安酒場に入ったことがありません。
酒好きの俺は若い頃から酒場の守備範囲が広かったので、それならばと言うことで新橋の安酒場に行くことを計画しました。
ここで彼女のスペックです。名前…Tさん(30歳) 容姿…顔・性格とも渡辺真理を想像していただくと当たらずとも遠からずといった感じです。胸…Bカップ(巨乳好きの皆様、すみません)スタイル…コンパニオン経験もあり、整ったスタイルでした。
当日、夜7時頃に新橋のSL前で待ち合わせました。特に狙ったわけではないのですが、その日は金曜日でサラリーマンのオサーン連中がわさわさいました。
少し早めに到着した俺がSLの前で待っていると、程なく彼女が到着。焼き鳥やモツ焼き屋になるので、においが付いても平気な服を着ておいでと言っておいたので、チノパンに濃い色のブラウスを着て来ました。
そんな格好でもスタイルの良さはしっかり出ています。その場にいるオヤジの視線を受けつつ、さっそく何度か行ったことがあるホッピー屋に行きました。
ところがいざ到着すると、目当ての店はなぜか閉まっていました。とりあえずどこかに入るかと思い、近所の面白そうな店を頭の中でざっと巡らせると、駅の近くに「ホイス」という怪しげな酒を飲ませる店があることを思い出しました。
ホッピーは焼酎で割るビールテイスト飲料ですが、ホイスは未だによく分からない飲み物です。出す店も少ないと思いますが、すでに割られた状態で、氷の入ったジョッキで出てきます。少し琥珀がかった酸味のある炭酸と、かなり怪しげな焼酎が相当入っている飲料です。
「ホッピーより全然怪しい飲み物を飲ませる焼鳥屋があるんだけど、そっちにする?」と提案すると、そっちでも良いとのこと。近くだったので早速その店に行くことにしました。
彼女には歩きながらホイスという飲み物と、その店の雰囲気の話はしていました。しかし汚い店、路上にまで広がる椅子とテーブル、なんだか分からないメニューとオヤジ度100%の店内に少しは引くんじゃないかと思っていました。
引いた場合はもう少しましなあっちの店に…なんて思っていると、その店に到着。さすがに彼女はビックリしています。
しかしこちらの予想に反して「おもしろいね。入りましょう」と言ってきました。そういうことならばと早速空いている席に座り、まずはホイスを2杯。次いでつまみを何品か頼みました。
出されたジョッキを見て、一口飲んでみてTさんは「…変わった飲み物ね」などと言っていましたが、Tさんは結構お酒に強く、何でも飲むタイプだったのでどんどん飲み始めました。
しかしホイスにはかなり焼酎が入っています。ホッピーと違って自分で焼酎の量を調整できないので、気づくとこちらも相当酔っていました。
時計を見るとすでに11時を回っています。彼女は次の日友達と会う約束をしているということだったので、そろそろ帰ろうと言うことになりました。
このとき彼女も結構酔っていたようですが、あきらかに俺の方が酔っていました。ちょっと手を貸してもらいながら新橋に歩いていくまではうっすらと記憶がありました。
次に記憶が戻ってくると!!!!なんと駅の改札近くで俺は彼女にディープキスをしていました。どうも介抱してくれている彼女に突然チューをしてしまったようです。
さらに俺は「今日はもっと一緒にいたい」なんて言ってます。一体どうしたんだ、俺!。まったくお酒は怖いものです。確実に俺の方が泥酔しています。
しかし彼女も酔っているようで、「○さん、酔ってるから…」などと言いつつ拒絶しません。勢いでさらにディープキスを仕掛けると、ねっとりと舌を絡ませてきます。そして「わかった。今日は一緒にいる」と言わせることに成功しました。
金曜日の午後11時30過ぎ、家路を急ぐ酔客の目を後目に、二人で熱い抱擁を交わしながらキスをしました。
さて、とりあえず一緒に夜を過ごす方向で話はまとまりましたが、新橋・銀座周辺はラブホテルがありません。タクシー乗り場も混んでいます。
酔った頭で頭の中の情報を巡らせると「ホテル、ホテル、銀座にはホテルがいっぱいあるじゃん、なにもラブホじゃなくてもいいや」という考えに至り、歩いて近くのホテルに入ることにしました。
とりあえず新橋にほど近いホテルに到着しました。しかし受付突破はやはり恥ずかしいらしく、Tさんは「やっぱり…」と言い出しました。
そこで俺は「ここは男らしさを見せねば!」と勘違いの男らしさを発揮し、彼女を外で待たせ、フロントに行きました。
ろれつの回らない舌でなんとか空いているダブルの部屋を取り、鍵を受け取ると彼女の元へ。彼女の手を引いてそそくさと部屋になだれ込みました。
部屋の扉が閉まるとまずは熱いディープキス。何度も顔の向きを変えながらむさぼるようにキスをしました。Tさんの耳から頬をなで、ブラウスのボタンを外そうとすると「待って、お風呂に入らせて」と言い、するりと俺の手から逃れました。
ビジネスホテルに毛が生えたような殺風景な部屋のベッドで一人座っていると「シャジャジャジャ…」という音がし始めました。あれっ?シャワーじゃないのかな?と思って、シャワールームの扉を開けると、なんと!バスタブにお湯を溜めてTさんが浸かっていました。
ラブホではないので、小さい浴槽です。そこにTさんは体育座りの状態で浸かっていました。膝小僧の間から、小振りながら形の良い乳房と思ったよりもきれいな色の乳首が見えます。Tさんは少し怒ったように俺を上目遣いで見て「待ってて!」と言いました。
何故風呂に?という思いと、その姿と言い方にちょっと萌えましたが、ここはおとなしくベッドへと引き返しました。
その後、出てきたTさんと交替して俺がバスルームへ。はやる気持ちを抑えつつ、ダッシュでシャワーを浴び、備え付けのゆかたに着替えてベッドルームに戻ると、Tさんは毛布をかぶっていました。
「あれっ、寝たのかな?」と思いつつTさんの隣に素早く潜り込むと、Tさんは俺の方に身体を向けてピッタリと寄り添ってきました。風呂で温められた肌はしっとりと俺の肌にからみついてきます。
横向きに抱きしめ、まずは唇をむさぼると彼女も舌を入れてきました。自分の舌で彼女の歯の生え際をゆっくりとなぞり、その後激しく舌を吸うと、彼女は肩に手を回してきました。
唇を離し、髪をなでながら彼女の顔を見ると、彼女も目を開けました。うっとりとしつつもまだ多少理性の残る瞳で俺を見つめるその表情が何とも言えず、とてもいとおしくなった俺はチュッ、チュッと何度も甘いキスを繰り返しました。
しかし顔はキスに集中しながらも、両手は彼女の浴衣の帯をほどきながらふところのすき間に侵入してゆきます。
フリーになった浴衣の前をめくると、小振りながら形の良い乳房と程良い大きさのかわいらしい乳首がふるふると目の前にあらわれました。
右手で鎖骨の辺りからゆっくりと乳房をなぞり、中心を外しながらゆっくりと揉みしだくと、彼女は「あぁ?ん」と甘い声をあげました。
もう一度優しくキスをし、今度は彼女の耳を舌で攻め始めました。手を動かしつつ、舌先で耳の縁をなぞり、息を吹きかけ、耳の穴に舌を入れるのと同時に乳首をつまむように優しくコリコリすると、Tさんは一瞬息を詰まらせ、「はぁ?ん」と悩ましい声をあげてのけぞりました。
耳を堪能しつくした唇はあごからうなじ、鎖骨へとフィールドを移らせました。両手で乳首を攻め続け、Tさんもいい感じにあえぎ声を出すようになってきたので、舌で片方の乳首を転がすことにしました。
小振りということもあり、Tさんの乳房は30歳とは思えないハリを保っています。
口でおっぱいを堪能したくなった俺はTさんの乳房に吸い付き、舌で外側からゆっくりと舌を丸を書くようにまわして、時折鋭く乳首を攻めました。Tさんから良い反応が返ってきます。
左手と唇で乳房を攻めているので、右手がフリーになりました。そこで左手と口で胸を攻めつつ、空いた右手で腰のくびれから毛の生え際、ももからお尻あたりをなでていきました。
吸い付くような内股の感触をしっかり楽しんだあと、秘所に指を入れたい気持ちを押さえ、再び毛の生え際をなでました。
乳房を攻める唇を離し彼女の茂みをみると、毛は薄く生え方は長方形タイプでした。左手で相変わらず乳房を攻めながらTさんの表情を見ると、眉間にしわを寄せてかなり感じているようです。
俺が見ているのに気づいたTさんは上気した表情で俺の瞳をじっとみつめ返しました。年上なのにとてもかわいらしく感じます。
「かわいいよ、Tさん」俺はそういうとさっきよりも早く唇で乳首を攻めました。同時に彼女の蜜壺の中に指を滑らせます。その瞬間Tさんは「はぁああっっ!っん!」と言…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【レイプ・痴漢】【痴女】派遣社員の玉潰し【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/04/20 04:57
2017/04/20 04:57
俺が急所責めにとりつかれる原因になった出来事を書きます。俺は滋賀県にあるメーカーで機械系のCADオペとして派遣で働いていました。組合の規定で係長以下正社員は月1時間しか定時外労働ができない環境の中、俺は仕事が一番みたいな感じで遅くまで残業や土日祝日も部課長達とよく出勤して仕事をしていました。たまに社員(入社1?5年目位までの)と少しだけ仕事でぶつかるような事もあり、時給は上がりましたが派遣で仕事をする事に限界を感じて12月(2年)で契約終了する事になりました。大阪にある設計部隊の1番目として先に滋賀県に移ってきていた俺のいた設計課は13人で、年末に滋賀県にある保養施設で毎年泊まりの慰労会をし…
同期の娘と飲み会セックス
2017/05/02 22:46
2017/05/02 22:46
92 :えっちな18禁さん:2012/02/02(木) 02:47:13.28 大学のサークル飲み会の後に同期のコと喫茶店で酔さまし 1時間ぐらいおしゃべりして店出た後に遅いからおれのアパートに泊まっていくか?と聞いたら 寒いし早く眠りたいから行くと言う それで連れてっておれの寝間着に着替えさせて布団一つしかないからそのまま一緒に寝た すぐに向かい合って抱き合った でも酔いと眠気に勝てず朝まで二人して熟睡 目が覚めたらまた抱き合っておしゃべりしてやっと合体 二人とも久々だったのでシャワー浴びた後さらに2回 93 :えっちな18禁さん:2012/02/02(木…
「もう最後までしちゃおっか」19歳大学生の姉とのH体験談
2016/10/13 03:36
2016/10/13 03:36
俺が17歳、高2の時の話。

当時、彼女が二人いて、

調子に乗って青春を謳歌していた。

姉は、19歳大学生。

美人だけど貧乳。

当時、恋愛経験は多分少ない。

姉とは結構仲が良かったが、

姉は俺のことを何故か苗字に「さん」付けで呼んだ。
前述した通り当時二股してたから、

俺の方は性に関して何不自由していなかったが、

姉貴の方は普段から結構ムラムラ来てたらしい。

きっかけは夏休み。

親が伊勢志摩へ旅行に行ってて、

家に姉と俺しかいない時だった。

姉と二人リビングでテレビを見ながら晩飯食ってたら、

その時テレビに出てたケンコバがセックスの話を始めた。
幼馴染みの彼女が、チンピラ達に染められてピアスもタトゥーも入れてしまった
2016/03/31 20:11
2016/03/31 20:11
高校1年の時の話です。
当時、僕は幼なじみのレイコと半分付き合っている様な状態でした。
告白はしていなかったけど、しょっちゅうデートをしたり、お互いの部屋に行き来したり・・・。
少なくとも、僕は恋人だと思って接していたんです。




家は隣で小中と同じ、成績の良い彼女と同じ高校に進学するために必死で勉強したものです。
誕生日に叔父からプレゼントされた双眼鏡で、受験勉強の合間に屋根裏部屋に昇って彼女の部屋を覗き見していた事もありました・・・。

レイコは結構可愛くて、眼鏡がとてもよく似合う女の子でした。
3回くらい告白された事があるとか、彼女の友達が言っていたのを覚え…
★犬の散歩中の恥ずかしい出来事
2016/01/04 12:33
2016/01/04 12:33
 人妻27歳。子供なし。夕方5時ごろ、まだ明るい時間。マンションから少しはなれた大きな公園の中を犬を連れて歩いていました。ベンチに座っていた50年配のおじさまの足元に犬がまといついたのがきっかけで、おじさまと何気ない会話が始まりました。

 おじさまと話していると、犬が私の足の間をくるくるくぐり抜けるので、私の脚にリードが2、3周絡まってしまいました。白地にブルーの花柄の膝上スカートの裾がくぐり抜けるリードで、少しずり上がったりしておじさまの手前、スカートを押さえて恥じらいながらもさり気なくリードを足から外しました。
 まとわりつく犬と一緒にくるくる回ったり、リードを抜くのに足をあげて跨い…
バイト先の巨乳な同僚とエッチしたが。。。
2018/04/22 12:44
2018/04/22 12:44
慰安旅行で専務の奧さんに誘われて、中出ししました
2017/03/27 19:00
2017/03/27 19:00
私の勤める会社は、社長の息子が専務、専務の奥さんが総務会計という、典型的な家系会社です。今年4月の社員慰安旅行でその専務の奥さん・秀子と関係を持ちました。
いつも旅行先のホテルに着くと宴会があり、そのあとに専務が若い男子社員を引き連れて専務のオゴリで風俗店に行くのですが、今年は宴会のあとに大浴場に行ってしまった為に、オレは専務一行に同行できず、仕方なくホテル内のバーで飲む事にしたんです。


バーに入ると先客で秀子が一人で飲んでいました。
オレが「秀子さん一人で飲んでいるんですか?」
と聞くと「いつもの事よ」と素っ気無い返事が返ってきました…

が、とりあえず隣の席…
子供が出来たから私と結婚して!
2017/02/12 14:19
2017/02/12 14:19
出会い系で出会い、それ以来5年もの間関係を続けた女性が居ました。 私が28歳~33歳、彼女が32歳~37歳。 身長が153cmと低くいが細くて巨乳!顔が酒井◯子に激似!? 子供が居ない人の妻・・・。 お互い仕事が忙しく、逢うのは平日の20時~24時、週一の関係だった。 出会った頃私はまだ独身で、年上で美人で経験豊富なこの人妻に溺れる毎日。 しかも基礎体温を測っているから逢う時は必ず中出し。 32歳になった時、私に突然お見合いの話が来た。 エエ所のお嬢で向こうはかなり乗り気らしい・・・。 何気にそのことを人妻である彼女に話したところ「今晩逢いに行く」と言う。 わざわざ私が住む…
【人妻・浮気・不倫】夫の転職
2016/02/02 16:41
2016/02/02 16:41
夫42歳、大手電気メーカーに勤めて18年を迎え、ちょっと安心していたのかも知れません。 私(36歳)は、3年程OLで働いた後に結婚し、専業主婦になりました。 子供は1人(10歳)います。 そんな生活も、夫のリストラを切っ掛けに変わりました。 40過ぎた夫に、まともな仕事がある訳も無く、私はどうしようか?悩んでいました。 そんなある日、夫が就職決まったと言うんです。 しかも、給料も良く待遇は抜群でした。 翌日から夫はスーツに身を包み、意気込んで出かけて行きました。 夜20時を回る頃、夫が帰宅”どうだった?”と聞くと、”何とかなるさ!”と心強い返事だった。 私は”私に出来る事は協力するわ”と何…
俺は18歳でたまたま生ハメした17歳の女が妊娠してデキ婚したんだが
2017/02/19 18:02
2017/02/19 18:02
その反動でか遊び足りなかった。

結婚したはいいが結局流産した。

結婚当初はまた作ればと励まし合ったが

その後はできず5年経った。

俺は元々愛情はなく始めこそセックスには応じたが

中出しはせず外に出して冷たく接していた。

嫁も少しずつ感じ始め無関心になった。

今はもう家庭内別居状態だ。

たまにセックスしたくてもさせてくれず

嫁はブクブクと太り当時の面影は一切ない。

だが男はいる気配はしていて離婚寸前だ。

そんな時、援交でもいいから若くて

スリムな子とセックスしたいと思い

出会い系サイトに手を出した。


「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【痴漢・レイプ】最悪な夜

・【人妻体験談】筆下ろししてくれたエロい淫乱母は何でも言う事を聞いてくれる本当にエロい生き物

・19の時バイト先のパート人妻に筆おろししてもらった話

・エッチの相性が凄くいい女の子とした浮気エッチ

・【Hな体験】引越しの部屋探しでまさかの中出しセックス

・【痴漢・レイプ】息子に

・拾った女子高生 2

・ハプニングバーに行き久しぶりにエッチしました

・★寝台列車で行きずりの女性とのエロ

・生理中のセフレが中出しさせてくれた

・【痴漢・レイプ】高校の時、通学の電車でデブ女に「こいつ痴漢です!」と腕を掴まれたが、同じクラスの女ヤンキーAが「そいつは痴漢やってねえよ」 とオッサンの襟首掴んで立ってた…

・ダブル不倫をしている美人な彼女は妻の友達です・・・

・友達の母ちゃんとセックスしたことあるやついる?

・バイト先で社員さんにフェラチオしてあげた

・【痴漢・レイプ】彼女(妻)と痴漢のおじさん

・妻のノーパン姿が見たくてお願いしてみた

・弟が私の日記を見ながらオナニーをしていました

・■仕事ミスのお詫び接待の罠

・【不倫】会う前の2日間を電話エッチで盛り上げて

・【痴漢・レイプ】上も下も犯し犯されてる感じ…

・爽やかで誠実そうなご夫婦と3Pしましたwww

・【熟女体験談】上司を睡眠薬入りの酒で潰して自宅に送り届け、上司の奥さんにも同様のことをし、中出し輪姦レイプ

・セックスの才能が半端ないドMのブス

・息子の担任【人妻体験談】

・【痴漢・レイプ】飲み会のゲームでたくさん飲まされてフラフラになって

・【痴漢・レイプ】犯されて…にい

・拾った女子高生

・こんな強烈なSEXは初めてだったし、こんな中出しの経験も生まれて初めてで病み付きになりそうです

・【Hな体験】巨乳のセフレと激しすぎるバレンタインエッチ

・悪戯で触ったはずだったんだけど