寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

彼女が僕の目の前で外国人2人に何度もレイプされました

2017/12/28 05:21


2人は米軍の兵隊で今日は休暇でここに来てると言っていました。1人は白人でもう1人は黒人。僕は身長175cmでソコソコガッチリしていますが彼らは僕よりはるかに大きな身体つきです。恐らく2人とも190cm位はあったのではないでしょうか。2人で夏休みの計画について話しをする筈が、いつの間にか外人を含めた4人で盛り上がっていました。途中、その外人はオゴリだと言って僕と由香にビールとワインを注文してくれました。その時は何も考えず、ご馳走になりました。 今思えば、これが悪かった。飲み終えて少し経った頃から徐々に睡魔に襲われ、途中からの記憶が残ってません。僕も由香もそこそここ酒には強い方で記憶がなくなる位まで飲んだ事がなかったのに。-----それからどの位の時間が過ぎたのか。 段々と意識がハッキリしてくると、そこは見知らぬ部屋でした。その部屋には不思議で窓が一切無い部屋でした。 目の前には何やら人影が見えます。それも大柄の男が2人、そして英語で何か色々としゃべっています。更に意識がハッキリしてくると大柄な男2人の間にもう1人。そう、男2人の間にいたのは由香でした。それも着ている服を全て脱がされ、裸のままの姿をした由香が意識の無いまま男2人の間にいるのです。僕はその光景を目にした瞬間、我に返りました。「ゆっ 由香! お前ら何をするんだ!」「ヤット メガサメマシタカ?」 白人の男が流暢な日本語でニヤ付きながら僕にそう言いました。僕は必死に由香のもとに歩みよろうとしましたが身動きが取れません。そう、僕は手足は勿論の事、身体中を縛られてたのです。そんな状態でしたが、とにかく必死で由香のもとに行こう、助けたいと必死でもがきました。そんな時、僕の外人2人に対する罵声で由香は目を覚まします。意識がハッキリしていない為か、由香は自分が置かれている状況を飲み込めていません。ただ、その状況を確認するのに時間はかかりませんでした。ほんの数秒間で状況を理解した由香は泣き叫びます。そして2人の外人から逃れようとします。手馴れているのか、別に焦っている訳でもなく2人は由香が身動き取れない様に押さえ込みました。2人の内、白人の男が楽しそうにニヤニヤしながら服を脱ぎ始めていきます。着ている服を脱ぐと既に勃起したペニスは天井へ向けて反り返っています。高校生時代に友人が持っていたビデオで見た事がありますが、実際ここまで大きいのかと思うほどでした。そして裸になった白人の男は自分の掌に唾を吐きかけ、それを巨大なペニスに擦る様に塗りました。もう一度掌に唾を吐くと今度は由香の秘部へ塗りだし、太い指も挿入して中を掻き混ぜる様にしています。嫌がりながら泣き叫ぶ由香、無理やり指で掻き回され悲鳴をあげています。黒人の男が細い由香の両腕を掴み白人の男は由香の両足を抱え、正常位の格好で巨大なペニスを挿入しようと覆い被さります。両足をバタつかせながら泣き叫び必死に抵抗する由香。しかし白人の巨大化したペニスの先端、亀頭部分は由香の股間の中心部を捕らえています。そして100キロ近い体重であろうその巨体が小さな身体の由香に圧し掛かった時、今までに無い悲鳴をあげて由香は頭を仰け反らせました。白人の男は二言三言、黒人の男と英語で会話すると物凄い勢いで腰を振り始めました。白人の男の荒々しい腰使いによって由香は失神寸前でした。最初の内は泣き叫びながら身動きが取れないまでも必死で抵抗していましたが、徐々にその力は無くなり人形の様に動かなくなりました。部屋では由香と僕のすすり泣く声と、白人男の獣の様な喘ぎ声だけが木霊します。由香の後ろで細い両腕を掴んでいた黒人男は、力が抜けた由香の状態を確認すると両手を離しました。一方の白人男は離された由香の両手を掴むと更に荒々しく腰を振り出します。巨大なペニスの激しい抽送による激痛で見開いた由香の目は時折、白目を剥いています。恐らく失神寸前の状態を巨大なペニスの抽送による激痛で完全な失神を許されなかったのでしょう。白人男はそれを楽しむかの如く、由香にキスというより唇を舐め回す様に貪ってます。そして腰の動きは更に激しさを増し、同時に喘ぎ声というより雄叫びに近い声を出しならが果てました。先ほどと同じ様に白人の男は二言三言、黒人の男と英語で会話すると由香の身体からゆっくりと離れます。それと同時に巨大なペニスが由香の膣からズルズルという感じで抜け落ちました。ほんの数メートル先に見える由香の秘部は真っ赤に充血し上下に少し裂けた感じで血も滲んでいます。そして数秒後には白人男が避妊具も付けずに射精した精子がドロドロと流れ落ちました。膣内も裂傷を負ったのか、その大量に出てくる精子には血が滲んでいました。由香の顔を見ると激痛から開放された為か、既に失神し白目を剥いています。しかし悪夢はこれで終わりではなかったのです。そう、もう1人の黒人男が服を脱ぎ始めていたのです。服を全て脱いだその黒人男のペニスを見て、更に僕は驚愕しました。黒人男のペニスは先ほどの白人男の比ではない位に巨大だったからです。その大きさは由香の細く小さな腕位の長さと太さがありました。黒人男は右手で自分のペニスを持ち、入り口に黒い亀頭の照準を定めると、容赦無く一気に挿入しました。と同時に失神していた由香は我に返り、また泣き叫びはじめます。黒人男はそんな由香に容赦する事無く巨大な黒いペニスを抽送させました。そして体位を正常位からバックに変え、由香の顔を僕に見せつける様にこちらへ向かせました。由香は部屋の床に手を付き、後ろから激しく突かれています。その時の由香は手には力が入らずガクガクと振るえて今にも倒れかけていました。それを後ろで鬼畜の如く突き上げてる黒人男が由香の両肩を引上げる様にして激しく突いているのです。由香は白目を時折剥きながら、口からはヨダレというより泡を流していました。まさに地獄図の様です。2人の男はそれを楽しむかの様に笑いながら平然と由香を犯しているのです。どの位時間が過ぎたのか、恐らく時間にすればほんの数分なのでしょう。先ほどの白人男同様に雄叫びをあげて由香の中で果てました。ガクガクと最後の一滴までも由香の小さな膣内に射精すると掴んでいた両肩をパッと離しました。と同時に由香は顔面から部屋の床に叩きつけられる様に倒れこみました。失神し部屋の床に倒れこんでいる由香から黒人男がゆっくりと離れます。そして由香の片足、足首の部分を持つとまるで荷物でも運ぶかの様にして反対方向を向かせました。黒人男はうつ伏せ状態の由香の下半身を僕に向け、ニヤリと笑っています。そして気を失っている由香の小さな尻をグッと鷲掴みにし、思いっきり広げました。僕からは由香の秘部が丸見えになり、巨大な黒いペニスが先ほどまで入っていたのを物語る様に、膣穴は大きく広がり、数秒すると射精したばかりの精子がドロドロと、血と混ざって流れ出してきました。そして黒人男はもう1人の白人男のもとへ歩み寄ると両手を「パチッ」と合わせました。そう、今度はまた白人男が失神している由香を犯そうとしているのです。失神している由香の腰をグッと持ち上げ、バックの体制で容赦無く巨大なペニスを突き刺します。そして再び物凄い勢いで、ガンガンと腰を振り始めました。。。由香は巨大なペニスによる痛みで意識を取り戻し、僕の名前を呼びながら泣き叫けんでいました。そして鬼畜にも最後は当然の如く膣内で射精、終わるとまた黒人男に代わる。幾度となく繰り返す2人。どれくらいの時が経ったのか。 恐らく4、5時間だったのでしょう。僕はこの時ほど時間を永く感じたことはありません、それは何日にも感じました。満足した2人は僕に歩み寄ると事が発覚するのがやはり怖いのか、布の様なもので目隠しをされました。そして手首と胴体を繋いだ状態のまま、由香と共に車へ乗せられました。どれくらい走ったのか、とある山中に到着すると車から引きずる様に降ろされました。車の走り出す音が聞こえ暫くすると僕の目隠しを男が取りました。そこにいたのは黒人男で「サンキュー」とニヤつきながら僕にいい、近くに止めていたであろう車に向かってゆっくりと歩いていきました。どこを、どう帰ったのか良く覚えていません。気が付くと由香のマンションにいました。部屋に帰ってからも僕は半ば放心状態でした。どの位の時間が経過したのか?由香はうなされる様に目を覚ましました。 由香にどう声をかけて良いのか、言葉が見つかりません。そんな僕を由香は悲しそうな目で見つめるとワッと泣き出し、僕に抱きついてきました。僕もそんな由香をギュッと抱きしめるしか術は見つかりませんでした。お互いの沈黙の時間がどれくらいだったのか。正直、僕はこの場から立ち去りたい、そんな気持ちでした。そして交わした言葉が「今日はゆっくり休みなよ。明日また来るから・・・」。今思えばなんてひどいことを言ったのか、そう思います。もう、既に夕方になっていました。 僕は電車に乗って実家へ帰りました。電車の中で由香に対する罪悪感と自分がどうすれば良いのか分からずにいる苛立ち。帰宅してからも眠れず、翌朝になっても僕は学校へは行きませんでした。勿論、由香にも連絡を入れずに。そんな日が3日位続いたと思います。 そして4日目の朝、重たい気持ちの中、学校へ向かいました。しかし、由香もあれから学校へは来ていません。 友人達が「どうしたんだ、何かあったのか?」「由香も来てない… 「レイプ体験談」カテゴリの最新記事 挿入鬼畜電車目隠し唾バック黒人高校生顔面舐め


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
6年ぶりの母
2016/04/08 18:00
2016/04/08 18:00
6年ぶりに母を抱いた。
俺にとって母は初体験の相手であって、また母以外としたことがない。
初めて母としたのは俺がまだ中学校1年生のときだった。
俺ん家は母子家庭で俺は父親の判らない子だった。
最近聞いたことだが、母はまだ俺が小さいころは風俗で稼いだ金で俺を養ってたらしい。
俺の物心がつくころには水商売の仕事に変わって、俺もそれしか覚えていない。


そんなに貧乏だったとは思っていなっかたが、中学校に上がる前に木造文化から綺麗な2LDKのマンションに引っ越した。

そのころから家に妻子持ちのやくざが入り浸るようになった。
きっと家の金はそのやくざが出してたん…
イケメン外科医が手を出した仕草が可愛い女子大生
2016/05/02 16:00
2016/05/02 16:00
俺外科医なんだけど、ある日病院に盲腸の女の子が運ばれてきてさ。 その日はその子すっぴんで、痛さで顔がすっごいゆがんでるわけだけど、それでも「あ、この子可愛いな」ってわかる。 診察するためにTシャツを少したくしあげて、ジーンズも下げたんだけど、すっごいスタイルがいい。 クビレがいいかんじにあって、でも肌柔らかい~白い~~身長は少し小さめだけど、モデルでもおかしくない体型。 痛がってるのに、おなかムニムニ触っちゃって、ちょっとかわいそうだった。 彼女のスペック書くと、年は21歳、大学生。綺麗な茶色いストレートロングヘア。テレ朝の女子アナ、大橋未歩に似てる感じ。仮名で、愛としときます。 …
【不倫】風俗嬢顔負けの痴女のくせにバックは恥ずかしがる奥さん
2016/09/06 18:00
2016/09/06 18:00
ある家に営業に行った時の話です。 「せっかくだから、ゆっくりお茶でも飲んでいって。あら、それとも、お茶よりビールの方がいいかしら~」 何が「せっかく」なのかは知らないけれど、ビールまで勧めてくれた綺麗な奥さん! ボクもせっかくだから、旦那が突然に帰宅してこない事をそれとなく、それでいてちゃんと確認して、エッチな奥さんに勧められるまま色々とご馳走になっちゃいました、ハイ。本当に白昼夢のような体験告白です。 奥さんの鮮やかなピンク色を塗った唇が、ボクの顎から首筋、そして唇を肩口で遊んだ後、敏感な乳首を攻めてきたのです。上目遣いに、いたずらっぼい瞳をこれまた色っぽく潤ませて、『…
大学生になったばかりの嫁の妹を昇天させた話【エロ体験談】
2016/06/18 21:10
2016/06/18 21:10

家族全員が出かけ、義妹と2人きりになった日曜日の昼下がり、俺はついに制御不能になってしまった。

薄手のブラウスに短めのフレアスカートで家の中をうろうろしている義妹を見て、もう自分を抑えられなかった。

初めて嫁の両親に挨拶に行った時、大学生になったばかりの義妹も一緒に出てきて、その時から俺の下半身は暴走モードになるのを必死で堪えていた。

姉妹とは思えないほど義妹の性格は大人しく、髪は長くて色白で、清楚な感じで細身だが、胸はそれなりに大きかった。

そんな女子大生を見て、義妹は直ぐに俺の心のアイドルになり、嫁の実家で同居となったのだから、煩悩と戦う苦行のような毎日を強いられる事となった。…
【盗撮・覗き】駄菓子屋の鬼畜オヤジと無邪気な少女
2018/06/17 18:00
2018/06/17 18:00
もう40年も昔の話ですが、今では考えられないような体験をお話しします。 自分は地元の高校を卒業後、飲料メーカーに就職いたしました。勤務先も地元の営業所で、隣町を担当していました。当然、昔の卸先は酒屋や駄菓子屋などがメインで、よく可愛がっていただきました。 そんな中、マンモス団地近くの駄菓子屋には普段から子供たちがびっしり集まっていて、当然のことながら仕事で卸しに向かうと子供たちが寄ってきます。その中で飛び切り可愛い女の子がいました。名前はA子とします。 その駄菓子屋の店主は、以前はばあさんだったらしいですが急死してしまい、息子さん(当時50歳くらいの禿げオヤジ)が店にい…
大物政治家のいじめっ子軍団を成敗した
2018/03/23 05:58
2018/03/23 05:58
テスト おお、書けるとは思わんかった。 いつも家のパソ規制かかってるからビックリ 昔の復習話でも書いてくよ 文才なくて失礼 おお 早速支援が だが残念 今から急な仕事が、、、 少しお待ちを 今日は休みなんだよ それでもトラブルで呼び出されたんだよ 少し待ってろハゲ 最初おおざっば 子供の頃 小4くらいに体調不良で入院 ↓ 年同じの全身青たん、切り傷、骨折の隣の性格が暗い男の子と仲良くなる 入院中一度も親族見舞いに来ないことに疑問を感じるが。 自分の親も来ないんだが ↓ 退院後も学校が違うがうちの公園や秘密基地で遊ぶ ↓ 傷が増えたり減ったりしてる。 コイツんち相当悲惨なんだなと思…
【人妻との体験】H体験談/ドMなセフレ人妻と韓国旅行 続編
2017/07/13 04:55
2017/07/13 04:55
前編は以下のとおり ドMなセフレ人妻と韓国旅行 なんか気持ち良くて起きたらしゃぶってるーーーーーw 俺「なにしてるの?」←本気で問いw あずさ「約束・・・でしょ・・」 俺「??」でもいいか・・・気持ち良いし・・w あずさ「約束通りに起こしたからね!」「シャワー浴びてくる」 俺「うん。わかった」「一緒に入ろうか?」 ここで色々な戦利品を思い出しwつか目の前に散乱w 俺「お風呂で遊べる物買ってきたし」  あずさ「う、うん」 俺「嫌??」  あずさ「嫌じゃありません」敬語キターーーw なに持って行こうかな!?気分は遠足前の小学生。 馬鹿でサーセンw ローター?水大丈夫…
セフレの人妻と一緒に行ったハプニングバーで…
2017/09/05 14:56
2017/09/05 14:56
ハプニングバーに行った時の話でも。

1年前くらいか、当時俺にはセフレがいたんだ。

25歳で3歳の子供がいる人妻っていう中々面白い物件だ。
出会い系で募集してたのがキッカケ。

そんでその人妻がかなりエロくてだな、俺はセフレとの生活を満喫してたんだわ。

セフレとの関係も半年が過ぎてマンネリになってきた俺達。
そんな雰囲気を相手も察したのか、現状打破しようと向こうが提案してきたのがハプニングバーだった。

正直名前は知ってたが、どんなところかも全く分からなかったので興味本意で行ってみようという事に。

ネットで雰囲気良さげなハプニングバーを検索し、いざ突入。

店の看板…
好きな女の子が隣の部屋でセックスしていた修学旅行
2015/10/30 23:00
2015/10/30 23:00



高校2年の、ホテルは安物だったけど全員ツインルームだったもんで、彼女がいるヤツは
同室のヤツに飯おごって出てってもらったりしてた。僕はと言えば飯おごってもらうほうだったん
で、毎晩野郎ばかり集まって朝まで飲んで騒いでた。
2日目の夜、男4人で飲んでたら隣の部屋から喘ぎ声が。安物のホテルなんで結構良く聞こえる。
隣の部屋はオトコマエで女好きのヤマダともう一人はブ男の部屋だったもんで、コレは絶対ヤマダ
がヤッてるに違いない。ヤマダは悪い奴じゃないんだけど、自分が女にもてるってことをしっかり自覚した行動を露骨に取
るもんで、僕はあんまり好きじゃなかった。しかもヤマダはバスケ部の一年生のマネ…
眠っている母に悪戯していたが、我慢できなくてついに挿入
2016/09/12 09:00
2016/09/12 09:00
私が、母を意識しだしたのは オナニーを覚えたばかりのころからです。
 その当時のオナネタは、洗濯機の中の母の下着がもっぱらの上物で、パンティのあの部分の匂いを嗅いでは、、母の厭らしいオマンコを想像しながらペニスを扱き上げて果てていました。母との2人暮らしで、周りにも女っ気もなく、私の性欲の対象はもっぱら母だけでした。


高校に入ると、Hな情報も増えましたが、同年代の女性には興味がわかず、自分も自身の性癖がちょっと変だという認識が出てきましたが、どうすることも出来ません
 夏場でしたら、母の胸元からはみ出たブラジャーや、そのはちきれんばかりの乳房に興奮したり、母が洗…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【乱交】2年ぶりに再会したセフレの家でウハウハの3P

・メンヘラ糞ビッチに惚れたら地獄が待っていた話

・【熟女体験談】セフレの淫乱痴女でドスケベなおばさんと残業中に会社でガチイキ絶頂SEX

・洗いっこ

・自治会の役員が縁で不倫SEXし放題

・【近親相姦】離婚して戻ってきた娘と生で毎日・・・。

・さっき手コキ風俗に行った話をはじめようと思う

・彼女は少し呼吸を荒くしながらだまって言うとおりに・・・

・JKに言い寄られて処女をもらっちゃいました

・会社の誰もいない給湯室はエロ室

・ 車をぶつけたおかげで、美人の人妻と初体験できました

・【人妻体験談】現場作業員の寮の寮母となったシングルマザーが作業員達に集団レイプされた

・【熟女体験談】脇毛フェチが脇毛風俗嬢を見つけ出し、脇毛パーティを行う変態

・女が楽しむ電車内の痴漢遊び

・【羞恥】ボート訓練で目撃したクラスメイトたちの小さな膨らみ

・専務のアレを1時間近く舐めていた

・#男前な姉さん女房を、後輩の彼氏に抱かせることになって6(転載禁止)

・新社会人ってセックスするの簡単すぎw 3

・新社会人ってセックスするの簡単すぎw 2

・旦那と彼から人妻を奪い調教する 4

・大雪のおかげで好きだった兄と結ばれました

・お互いのプライベートに干渉しない不倫

・【人妻体験談】喫茶店で超ミニスカ制服で接客することになった主婦がお客さんのエッチな視線に晒されることに・・・

・【熟女体験談】可愛がってくれたデブなおばさん事務員が逆レイプするように激しく上下運動してきた筆下ろし体験

・美人ニューハーフとの交際は初体験

・旦那LOVEの人妻を落すテクニック

・【Hな体験】ずぶ濡れになった女子高生と車で雨宿り

・先輩女子のリクルートスーツに欲情した俺は・・・

・巨根を一度入れてしまえば女はもうお終いです・・・

・【初体験】初体験からずっと続いている従妹との関係