寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【妹との告白体験談】第一章:異端と盲目

2017/12/16 09:39


―――解説この作品は現実で盲目者である主人公が、家族や学校での触れ合いによって少しずつ癒されていく実話を、作品風に改変したものです。
表現等に多少の変化はありますが、実際の体験は全て以下の通りになっています。
なお、これを記述しているのは、養護学校時代の同級生で、作中でカナキと呼ばれている男のことです。
第一章:異端と盲目朝日が眩しく感じる事も無い。
網膜に直接光が映し出される事もない。
―――世界は、灰色なんだ幼い時から、無意識にそれを自覚してきた。
自分が他者と違うという事を理解し、常に一線を引いて接してきた。
盲目というのは、生まれた時からそうだった人間にとっては障害ではない。それが“当然”であるのだ。
―――世界は、灰色なんだ中学に上がった頃、教師の話を必死に聞いて何とか授業に付いていけた小学校までとは違う、圧倒的なレベル差。
英語という日常に存在しない乖離体。
―――世界が優しくない事を、初めて知った俺は家に篭るようになった。
両親も兄貴も妹も、誰もそれを止めることは無かった。
教師は形式的に家を訪ね、学校に来るように説得しているらしいが、きっと本心では無いのだろう。
俺のような異端者に対して、良い感情を持っているはずはない。
俺が引き篭もって1年ほど経った5月の初旬。
父親に呼び出された俺は、リビングのソファーに腰掛けていた。
実際にソファーを見たことは無いのだが、それがふわふわして心地よいものであることは理解出来る。
「なあ一哉。お前が盲目で、普通の学校に行くのが辛いのはよく分かるんだ。けど、父さんはお前に学校に行ってほしい」「何度も言ったはずだよ。異端者の俺が居れる空間なんて、あそこには無いんだ」父さんはそれきり黙りこむ。
父さんは非常に優しい人で、俺の事を常に親身に考えてくれた。
盲目というハンデを苦にしないように、小学校の時に必死に俺に勉強を教えてくれたのも父さんだ。
「一哉、お前養護学校って知ってるか?」養護学校。
身体、精神に障害を持つ子供達が“入所“する場所。
俺を保つ最後の支えを粉々に砕いてしまう悪魔の住まう場所だ。
「ああ・・・けど、養護学校だけは行かない。いや、行けない」「何故だ?養護学校なら同じ悩みを持つ子だってたくさんいる。きっとお前にも本当の意味での友達が出来るはずだよ」―――友達なんて、いらないそれは俺が小学校の時に立てた誓いだ。
所詮、盲目という異端を背負った俺に親しく接してくれる人間などいなかった。
そこにあるのは同情と憐憫と見下しの感情。
「俺は友達なんていらない。俺が邪魔なら、今すぐにでも俺を捨て―――」―――そのとき、父の顔が一瞬、酷く歪んだ気がした。
目は見えないはずなのに何が起きたのか、一瞬理解できなかった。
自分が胸倉をつかまれて、思い切り殴られたのだと理解するのに多少の時間を要する。
「・・・何をする」「友達がいらないなんて言うなっ!人が1人で生きていけるなんて思うな!お前は弱い、弱いんだ!誰かに助けてもらわなくちゃ生きていけないか細い存在なんだ!」父の吐き出す呪詛の言葉が、俺の心臓を抉るかのように傷つける。
なんて、なんて痛いんだ。
体には傷ひとつ無いのに、何故こんなに痛いのか。
「・・・ごめん」思わず、謝っていた。
自分でも理由は判らない。
「いいんだ。それでだ、実はもう養護学校への入学手続きを済ませてある。明日から早速行ってもらう事になるが、大丈夫か?」「・・・やるだけ、やってみるよ」ここで反論しても、なんら意味は無いだろう。
だったら、実際に行って、そして自分を保てば良いだけだ。
「少し疲れたからもう寝るよ。詳しいことは明日説明してくれ・・・」既に把握した家内空間が、少しだけあやふやだった。
*翌日*それからはもう唐突だった。
父から新しい制服だと手渡されたそれを、兄が着付けしてくれた。
「お前の再出発なんだから、ツンツンしないで素直にやれよ」と言ってくれた。
出発間際に顔を合わせた妹からは、「・・・頑張って」という一言だけだった。
けど、家族が俺を心配してくれているのは良く理解出来た。
「・・・ありがと、行ってくる」父の車に乗せられて、家を出た。
―――養護学校―――車の停車音が響き、振動が止まる。
家を出てから1時間ほど経っただろうか。
車を出るとその空気は都会のものとは全く違う綺麗に澄んだ空気で、俺の心を少しだけ満たした。
「此処が今日から一哉の通うK(仮)養護学校だよ」父がそう言った施設を見ることは叶わないが、それがとても大きな施設だという事は分かった。
4,5階建てだろうか。
風が遮断され、少し気分が悪くなる。
「ようこそ、いらっしゃいましたね。私が校長の茂原です、よろしく」突然、中年のような声に話しかけられた。
その中に“校長”という単語があった事を理解し、慌てて態度を整える。
「始めまして。二条一哉です。不束者ではありますが、よろしくお願いします」俺が丁寧な挨拶をすると、何故か“校長”は苦笑いを浮かべたようだ。
心なしか、父さんも同じようなかんじだ。
「一哉君。まずは日本語のお勉強・・・不束者という言葉は、普通は嫁入りの際などに使う言葉ですよ」「あまり入学挨拶で使う言葉では無いですね」父さんと校長は、大きな声で笑いあった。
なんだか無性に悔しい気分だが、そこは我慢する。
「では早速クラスの皆に紹介しますので、こちらにどうぞ」校長の先導に従い、俺と父さんは校舎の中へと入った。
校舎の中は以外にもボロかったらしい。
床は歩くたびに軋み、ミシミシという音をたてている。
なんだか木独特の匂いが充満していて、まさに大自然を感じさせるものだった。
「あー・・・教室に入る前に、一つだけ警告がありました」「何ですか?」俺が聞き返すと、校長は神妙そうに咳払いをして、こう言った。
―――神崎未来を、絶対に泣かせてはいけませんよ神崎未来。
その名前が後の人生において最も大事な人となるなんて、その時は想像も出来なかった。
随時更新していきます


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
単身赴任中のA氏に妻を貸与しています
2017/09/18 23:44
2017/09/18 23:44
妻は私より3歳したの31歳の女医です。

男性経験のなかった妻と結婚して2年になり、まだ子供はいません。


私が単身赴任することになり、仕事の関係で一緒に行けない妻を、私が行きつけの居酒屋で親しくなった55歳の単身赴任中のA氏に貸与しています。

当然、貸与妻になるように話をした当初は、妻は怒って2日程は口も聞いてくれませんでしたが、根気強く説得してお話し相手としてだけでもと言う条件で、会うだけ会ってみますと言って、妻はA氏とお見合いをしました。 22歳年上のA氏は上手に妻と接してくれて、それからたびたび妻はショッピングや食事等のデートをしていました。

私の赴任日が近く…
10歳の頃、母と一緒に複数の男にレイプされた
2016/01/22 07:00
2016/01/22 07:00
10歳の頃、母と一緒に複数の男にレイプされた 母と私は、ある凄惨な体験により心に傷を負ってカウンセリングを受けています。 幸い、母の症状は殆ど問題無いくらいまで回復出来たようですが。 私は普段、美容師を目指す、ごく普通の女の子として生活出来ていますが、異性と目を合わせたり、触れ合ったり、話し合ったりする事が怖くて仕方がありません。 こんな場で告白するのは変かも知れないけど、未だに回復があまり見られない私に 『原因となった経緯を、勇気を出して秘密抜きで、思いつく限り詳細に誰かに伝える事が、回復に繋がるかも知れない』 とカウンセリングで言われ、色々手段を考えた結果、このような形で告白する事にしま…
【男×男】発展途上の少女のような男の娘をマゾ調教
2016/05/15 15:00
2016/05/15 15:00
夏休みでアルバイトに来た20歳の専門学校生は、どこかナヨッとした男だった。優しい男で、俺にとても懐いて、バイトが終わってお別れする時に泣かれたから飲みに連れて行った。 「ボク、体は男なんですけど、心は女の子なんです・・・。女として、やっさんが好きなんです・・・」 俺はなぜか、この一回り年下の男が可愛く思えた。 「俺にどうして欲しいんだ?お前を、どう呼べばいい?」 「由香って呼んで欲しい・・・。そして、やっさんに由香の初めてをあげたい・・・」 俺は、由香を連れてラブホに入った。俺が32歳まで独身なのは、俺が女を縛って凌辱するのが好きな変態だからだ。女子高生、女子大生、OL…
パートのおばさんの臭い【熟女体験談】
2016/03/02 10:10
2016/03/02 10:10

ぼくはホームセンターの副店長で、40歳。妻子もいますが、チェーン店のため現在単身赴任中。今の店は3年目。ぼつぼつ本部へ栄転かな。

今も10人ほどのパートの40歳以上のおばさんを預かっています。身の固い人もいれば、すぐ身体を許すおばさんもいます。しかしあまりやりすぎると自分の身も危なくなるので、ほどほどに禁欲しています。

一年前の送別会でこんなおばさんがいました。
もう10年近く勤め、53歳でパートをお辞めになる方でした。

3月に同じチームの7人ほどでそのおばさんの送別会をすることになりまして僕もよばれました。ちなみに店長は堅物なので呼ばれませんでした。
7人のうち4人は40歳以下の男…
犯されたのに快感【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/11/18 19:14
2017/11/18 19:14
私は28歳のOLです。1か月ほど前の日曜日、郊外に住んでいるお友達に会うため、久しぶりにバスに乗りました。始発のバスターミナルから乗車して1時間の予定。バスの後ろ側の席に座りました。私の後から乗り込んできた、ちょっとヤクザ風のがっしりとした体格の中年の男性が、他の席がガラ空きなのに、迷う様子もなく私の隣りに座ったんです。その日はたまたまミニのタイトスカートを履いていたので、とっても嫌な感じでした。そしてバスが発車して5分もたたないうちに、その人が平然と私の太ももを撫でてきたんです。突然のことで、そして恐怖と嫌悪感で声も出せないでい-----ると、その人が囁きかけてきたんです。「あんたスタイル…
ぬるぬるでHだからビンビンになっちゃった・・【エロ体験談告白】
2017/07/21 09:07
2017/07/21 09:07
5月頃の話なんだけど、出会い系から可奈22歳都内に住んでます!と名乗る、業者みたいなメールが来てて、俺はいつも対処方法として、「携帯教えてよ!」としつこく聞く。それ
淫らな願望【人妻体験談】
2016/07/22 00:30
2016/07/22 00:30
32歳の既婚者でOLをしています。思いきって告白します。
私は淫乱です。この歳までずっと心の奥で強く願望として持っていたものを実行してしまいました。

それはホームレスとのSEXです。前からそういう人に滅茶苦茶に犯されたいという願望を持っていました。思うだけで実行に移す勇気なんてなかったんですが、30歳を越して、もう我慢出来なくなってしまいました。


実行したのは先日のゴールデンウィーク。
最近仕事で忙しい主人は海外出張が入っていたんです。

この機会しかないと思いました。ただそうは言っても人に見られたり、知られたりするのは絶対に嫌でした。
だから丸2日かけて相手と場所を探したんです。

最…
エロビに興奮した処女の先輩がしてくれた初フェラ
2017/07/16 09:19
2017/07/16 09:19
大学時代にバスケット愛好サークルに入っていた。 1年の時だが、試合で相手のファウルを喰らい転倒、腰を強打して痛めてしまった。 軽い捻挫のような症状で、3~4日安静にしてれば良くなるという事で、一人暮らしのアパートで静養する事に。 その時、マネージャーの3年生の先輩が付き添ってアパートまで来てくれた。 この先輩は、メガネを掛けてちょっと地味な感じの大人しめの女子大生。 ちょっと天然で不思議系のジャージが似合うタイプ。 先輩は帰り際に、「明日、様子見に来るね。玄関まで鍵開けに来るの大変だろうから、この合鍵借りてくね?」と玄関に掛けてあった合鍵を持って帰った。 翌日、学校へ行く前に様子…
しがないリーマンの俺がセックスできたのは、その日電車に乗っていたからだ
2015/12/17 10:00
2015/12/17 10:00


2ヶ月程前のとある週末の事、


何時もよりちょっと早目の帰宅で電車に乗った時の事、


何時もの時間帯でないので意外に混雑していたが何とか座る事が出来、


自分の下りる駅までこのまま座っていられる喜びに浸っていた♪


あ、俺今年30歳になる極々フツーのリーマン…


独身…彼女居ない歴…以下略
 
更に嬉しい事が!



乗ってから3つ目の駅で右隣に座っていた男性が下車し、


代わりに20代前半位の可愛い女の子が座って来た。




俺は心の中で思わずガッツポーズをした♪


何処まで一緒なのか分か…
親友の彼女と2人きりで過ごした6日間
2017/09/29 04:31
2017/09/29 04:31
俺達は大学生で、彼女の名前はユキ、友達はKにしておきます。Kとユキちゃんは高校の時からもう4年以上付き合ってるカップル。俺とKは同じ学科で住んでるアパートも一緒。だからいつの間にかいつも3人だったりもう1人の友達Nも誘って遊ぶような仲になって、本当4人仲良かった。ユキちゃんが俺の部屋で寝ちゃった時は、俺とKはKの部屋で寝る…みたいな事もよくあって、俺は相当Kにもユキちゃんにも信頼されてると思う。だけど、俺は自然にユキちゃんに惹かれていった。Kとユキちゃんはすげーラブラブだから、俺なんかが入る隙間はないの分かってるんだけどさ。だけど年末についにチャンスが来た。Kは実家に帰るが、ユキちゃんはバイト…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・美佐子1

・心では抵抗していたつもりでしたが・・・

・H体験告白。。友達の旦那、サッカーコーチと不倫セックス

・【人妻体験談】高校受験合格祝いに母のオッパイを吸って赤ちゃんプレイ

・Å子から・・・・・・

・ペットにクンニされて我慢できなくなった私は。。。

・【熟女体験談】転職組のキャリアウーマンに誘われ、性欲に歯止めが効かず、ベッドインのランデブー

・デリヘル店員激押しの若妻は、特別な素股をしてくれました

・※子育ても落ち着いた妻が、前に働いていた会社でパートを始めた結果5(転載禁止)

・【浮気】主人には言えない一度きりの裏切り[後編]

・前から巨乳が気になってた大学の後輩と朝まで生エッチ

・美人で巨乳の義理の姉とパチンコ屋で会って

・❤私ことわられないんです

・カップル同士で混浴風呂のある温泉に行ったときの話

・チャットで仲良くなった19歳の娘に出会った記念に中出ししたったw

・【驚愕】小6でヴァージン卒業したけどなにか質問ある?wwwwwwww

・松下奈緒っぽい嫁の後輩ナースと中出しセックスした体験談

・困ってるキャバ嬢に金貸したらいいセフレになってくれた

・❤二穴同時の挿入での濃厚セックス

・フェラ

・【浮気】主人には言えない一度きりの裏切り[前編]

・香奈(1)?友人と協力してなんとか輪姦に持ち込もう?

・人妻セフレに勧められて始めた種付けのバイト

・メル友

・昔、同級生の女の子に手コキしてもらった話

・【熟女体験談】独身SEが後輩のエロ可愛い極上な妻を無理やり寝取りレイプ

・一晩中ヤリまくるはずが混浴で輪姦されて彼の前で中出し

・顔射おねだりする21歳の現役女子大生w【エロ体験談】

・魔が差しました・・・・・・・

・【超驚愕】52歳の女と性欲に負けてやってしまったwwwwwwwwwwwww