寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【妹との告白体験談】第一章:異端と盲目

2017/12/16 09:39


―――解説この作品は現実で盲目者である主人公が、家族や学校での触れ合いによって少しずつ癒されていく実話を、作品風に改変したものです。
表現等に多少の変化はありますが、実際の体験は全て以下の通りになっています。
なお、これを記述しているのは、養護学校時代の同級生で、作中でカナキと呼ばれている男のことです。
第一章:異端と盲目朝日が眩しく感じる事も無い。
網膜に直接光が映し出される事もない。
―――世界は、灰色なんだ幼い時から、無意識にそれを自覚してきた。
自分が他者と違うという事を理解し、常に一線を引いて接してきた。
盲目というのは、生まれた時からそうだった人間にとっては障害ではない。それが“当然”であるのだ。
―――世界は、灰色なんだ中学に上がった頃、教師の話を必死に聞いて何とか授業に付いていけた小学校までとは違う、圧倒的なレベル差。
英語という日常に存在しない乖離体。
―――世界が優しくない事を、初めて知った俺は家に篭るようになった。
両親も兄貴も妹も、誰もそれを止めることは無かった。
教師は形式的に家を訪ね、学校に来るように説得しているらしいが、きっと本心では無いのだろう。
俺のような異端者に対して、良い感情を持っているはずはない。
俺が引き篭もって1年ほど経った5月の初旬。
父親に呼び出された俺は、リビングのソファーに腰掛けていた。
実際にソファーを見たことは無いのだが、それがふわふわして心地よいものであることは理解出来る。
「なあ一哉。お前が盲目で、普通の学校に行くのが辛いのはよく分かるんだ。けど、父さんはお前に学校に行ってほしい」「何度も言ったはずだよ。異端者の俺が居れる空間なんて、あそこには無いんだ」父さんはそれきり黙りこむ。
父さんは非常に優しい人で、俺の事を常に親身に考えてくれた。
盲目というハンデを苦にしないように、小学校の時に必死に俺に勉強を教えてくれたのも父さんだ。
「一哉、お前養護学校って知ってるか?」養護学校。
身体、精神に障害を持つ子供達が“入所“する場所。
俺を保つ最後の支えを粉々に砕いてしまう悪魔の住まう場所だ。
「ああ・・・けど、養護学校だけは行かない。いや、行けない」「何故だ?養護学校なら同じ悩みを持つ子だってたくさんいる。きっとお前にも本当の意味での友達が出来るはずだよ」―――友達なんて、いらないそれは俺が小学校の時に立てた誓いだ。
所詮、盲目という異端を背負った俺に親しく接してくれる人間などいなかった。
そこにあるのは同情と憐憫と見下しの感情。
「俺は友達なんていらない。俺が邪魔なら、今すぐにでも俺を捨て―――」―――そのとき、父の顔が一瞬、酷く歪んだ気がした。
目は見えないはずなのに何が起きたのか、一瞬理解できなかった。
自分が胸倉をつかまれて、思い切り殴られたのだと理解するのに多少の時間を要する。
「・・・何をする」「友達がいらないなんて言うなっ!人が1人で生きていけるなんて思うな!お前は弱い、弱いんだ!誰かに助けてもらわなくちゃ生きていけないか細い存在なんだ!」父の吐き出す呪詛の言葉が、俺の心臓を抉るかのように傷つける。
なんて、なんて痛いんだ。
体には傷ひとつ無いのに、何故こんなに痛いのか。
「・・・ごめん」思わず、謝っていた。
自分でも理由は判らない。
「いいんだ。それでだ、実はもう養護学校への入学手続きを済ませてある。明日から早速行ってもらう事になるが、大丈夫か?」「・・・やるだけ、やってみるよ」ここで反論しても、なんら意味は無いだろう。
だったら、実際に行って、そして自分を保てば良いだけだ。
「少し疲れたからもう寝るよ。詳しいことは明日説明してくれ・・・」既に把握した家内空間が、少しだけあやふやだった。
*翌日*それからはもう唐突だった。
父から新しい制服だと手渡されたそれを、兄が着付けしてくれた。
「お前の再出発なんだから、ツンツンしないで素直にやれよ」と言ってくれた。
出発間際に顔を合わせた妹からは、「・・・頑張って」という一言だけだった。
けど、家族が俺を心配してくれているのは良く理解出来た。
「・・・ありがと、行ってくる」父の車に乗せられて、家を出た。
―――養護学校―――車の停車音が響き、振動が止まる。
家を出てから1時間ほど経っただろうか。
車を出るとその空気は都会のものとは全く違う綺麗に澄んだ空気で、俺の心を少しだけ満たした。
「此処が今日から一哉の通うK(仮)養護学校だよ」父がそう言った施設を見ることは叶わないが、それがとても大きな施設だという事は分かった。
4,5階建てだろうか。
風が遮断され、少し気分が悪くなる。
「ようこそ、いらっしゃいましたね。私が校長の茂原です、よろしく」突然、中年のような声に話しかけられた。
その中に“校長”という単語があった事を理解し、慌てて態度を整える。
「始めまして。二条一哉です。不束者ではありますが、よろしくお願いします」俺が丁寧な挨拶をすると、何故か“校長”は苦笑いを浮かべたようだ。
心なしか、父さんも同じようなかんじだ。
「一哉君。まずは日本語のお勉強・・・不束者という言葉は、普通は嫁入りの際などに使う言葉ですよ」「あまり入学挨拶で使う言葉では無いですね」父さんと校長は、大きな声で笑いあった。
なんだか無性に悔しい気分だが、そこは我慢する。
「では早速クラスの皆に紹介しますので、こちらにどうぞ」校長の先導に従い、俺と父さんは校舎の中へと入った。
校舎の中は以外にもボロかったらしい。
床は歩くたびに軋み、ミシミシという音をたてている。
なんだか木独特の匂いが充満していて、まさに大自然を感じさせるものだった。
「あー・・・教室に入る前に、一つだけ警告がありました」「何ですか?」俺が聞き返すと、校長は神妙そうに咳払いをして、こう言った。
―――神崎未来を、絶対に泣かせてはいけませんよ神崎未来。
その名前が後の人生において最も大事な人となるなんて、その時は想像も出来なかった。
随時更新していきます


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
毎週水曜日に行われる淫靡なパーティ
2016/01/12 11:57
2016/01/12 11:57
あたしが参加しているパーティの話。

毎回パーティの最初に1組のカップルをクジ引きで決めて、その2人だけでプレイして全員周りを囲んで見るっていう習慣があります。

先週の水曜日にパーティがあったんだけど、何とあたしが当たりくじを引いちゃいました。

あたし10回くらい参加してるけど、当たったのは初めてだったんです。

でも、相手の人は何回かはした事のある人で一安心です。

どんなプレイをするかは2人の自由だったので、あたし達は普通の恋人同士がするエッチって感じにする事にして、下着だけになって皆の真ん中に座りました。

最初はもう恥ずかしくって、キスとかもつい笑っちゃったり、彼があたしの…
★銭湯の清掃のおばちゃん
2016/02/26 11:37
2016/02/26 11:37
 近くにあるスーパー銭湯に行きました。一時間ほどして体もあったまり帰ろうとしたとき、よく清掃?のおばちゃん?的なひといますよね、そのおばちゃんに欲情しました。おばちゃんとは書いてますが、それほど汚い感じでもなく、スタイルはよく、熟女好きな自分にとっては最高でした。

 床を拭いているおばちゃんの目の前で、わざとおちんちんを見せつけるように拭いてみたりしました。向こうは見ないでおこうという気持ちなんでしょうが、自分があまりにも見せつけるのでチラチラとおちんちんを見てくれました。
 それに興奮し勃起わざわざ近くによりにいきシコシコしながら見せつけました。もちろん回りにはわからないようにですが。…
【Hな体験】タイヤのパンクで困ってた女の子がしてくれたお礼
2017/01/28 10:00
2017/01/28 10:00
中出ししてきました。一昨日、友達の家から自宅へと車を走らせていると、路肩に車を停めて困った顔した女の子が一人・・・。路肩に車を停め、「どうしたの?」と聞くと、「パンクしちゃったんです」との事。 タイヤ交換なら朝飯前なので交換してあげる。すると彼女が、「今は急いでるので、後でゆっくりお礼したいので連絡先を教えてください」と言ってきた。俺はどうせお礼なんて無いだろうと思いながらも、携帯番号を教えてその場を立ち去った。 金曜の夕方、仕事が終わる頃に知らない番号で携帯が鳴った。電話に出てみるとこの前の彼女だった。彼女の名前は『玲子(仮名)』、26歳。 「この前のお礼がしたいので…
【近親相姦】カバオに非常食を持たせるスレ【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/10/07 19:31
2017/10/07 19:31
カバオに非常食を持たせるスレ 12005/07/14(木)02:37:49ID:uoJImmBm0 手渡すと、用途を理解しなかったのか白痴めいた笑顔で完食して森に出かけた また道中腹をすかせてアンパンマンを弱らせるのかと思うと はらわたが煮えくり返る72005/07/14(木)02:43:01ID:uoJImmBm0 また森に食えるか分からないきのこを探しに行くというので 今度こそ「絶対食うな」と念を押しながら乾パンを差し出した 「分かった」と笑い頷きながら躊躇い無く口に放り込む彼に、僅かな恐怖を覚える112005/07/14(木)02:48:10ID:uoJImmBm0 アンパンマンがバ…
高1の夏
2017/10/03 06:19
2017/10/03 06:19
私の初体験がレイプだったんです。 サッカー部のキャプテンに…と思っていましたが、柔道部のアイツにレイプされるなんて。 私にスキがあったのかもしれないけど、部活が終わり帰ろうとした時に、自転車置き場の影からアイツが出てきて、いきなり私の腕を掴み学校の離れた部室に連れてこられました。 何が起きたのかわからず、「痛いよ、手を放してよ!!」 部室を開けると、中に投げられるように入れられ、アイツが入るなり、鍵を閉められました。 いきなりのキス そして押し倒されブラウスは無理矢理開けられ、ブラをずらし舐めてきました。 「嫌!!誰か助けて!!」 いくら騒いでも 声は届かない スカートを巻き上げ、ショーツの上…
酔った同僚を彼女の自宅で
2017/05/05 05:19
2017/05/05 05:19
冬の寒い時期だった。 膝下まで雪が積もっていた。 夜半、新年会が終わって送迎バスを降りようとしたら、まだ酔い潰れた同僚がシートにうずくまっている。 「おい、山下さん!(仮名)」 声をかけたが、反応がない。 完全に酔っぱらっている。 「どうしますか、自宅までお送りしますよ」 運転手の言葉に甘え、酔い潰れた同僚のアパートの近くまでバスに乗せてもらった。 バスが入れる限界のところで山下をおぶって降り、あとは約30メートルの除雪されていない新雪の中をアパートまで歩いた。 いつもは威勢のよい山下も、このときばかりは羽目を外して飲み過ぎたようだ。 コート越しの背中に当たる山下の乳房がな…
色白30歳の巨乳な女の子が朝からセックスを求めてくる
2015/12/29 22:00
2015/12/29 22:00
晴れた日は自転車通勤仕事帰り駅前を通り帰宅 夜8時過ぎ店のシャッターも閉まり始め閑散としてきた シャッターの前に女が一人 栗色のストレートロング 柔らかそうな生地の白の長袖 チェックのミニスカ 色白の30代 155センチくらいスリム 見たからに巨乳 紙袋を提げて誰かを待ってる感じ 見つけてから通り過ぎるまで観察 見たことあるような無いような 待っているのは彼氏かなぁ出会い系かなぁ ダメだよなぁー ダメだっ引き返そう 5分経ったか、その場所に彼女の姿はなくがっかり ふと道の向かいのベンチに目をやるとその彼女が座っていた 疲れたんだなぁー 「誰か待ってるんですか?」 …
【妹】温泉旅行は兄妹で 【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/07/31 16:26
2017/07/31 16:26
妹とは仲も良く、バイト先も同じだし一緒に飲みに行ったりもする。 兄妹で中免を持ってるのでツーリング旅行にも何度か行っている。 旅先で一緒に混浴風呂に入った事もあったけど、別に近親相姦なんて した事もないし、考えた事もなかった。 もちろん、この大晦日の旅行にもやましい気持ちなんて全然なかった。 でも、今までは旅行というとツーリングが普通だったから、 宿でベロベロに酔うほど飲んだりはしなかったのに、熱海の旅行は特急 の指定席まで予約していたので、安心して酒を飲む事が出来たわけだ。 そして、お互い羽目を外して飲み過ぎてしまった・・。 512 名前:花粉症 投稿日:02/03/11 15:24 I…
【体験談】熟専の出合い系で会ったおばさんと対面座位でカーセックス
2016/04/05 15:30
2016/04/05 15:30

週末の休みに日に、デートする彼女もいないし、でもムラムラしてきたので、
熟専の某出会い系サイトのポイント残があったので、使ってみた。



そんで、メッセージ入れて朝一からメールのやりとり。



小一時間で2~3人とやりとりして、
38歳(年齢ちょい不満、四十路か五十路の高齢熟女が好きなんで)とHする事に。



 華奢いの好きだし、普通のおとなし系の専業主婦ということと、
大人のおもちゃも快諾、此方まで来てくれると条件はよかった。



それに2でOKというので、安さもあって、
どんな援交熟女が来るのかワク…
【妹との告白体験談】従妹の初体験
2015/10/07 15:21
2015/10/07 15:21
付き合ってることがバレた! の続きです。 ———————————————– 441:388:2009/02/09(月)22:45:05ID:TNWafMB10 439-440 トンクス 従妹にまつわるエチーな話は、今のところ初セクロス話1本だけなんです。 なので5か月ほど前の記憶を必死で呼び戻してます。 鮮明な記憶とそうでない部分とがあるんですけどね。 少しずつ思い出しながらなんで、日をおいて小出しにさせてください。 それと、先に断っときますw なるべくエロイ展開の方がいいと思ったんですが、そこに至るまで長すぎるかもです。 おおむね事実に基づいてる…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・かっこいい子だったけど、エッチの相性は合わないようなので残念

・※合格のご褒美に何でもしてくれると言った嫁を他人に抱かせた(転載禁止)

・塾で雇ったアルバイト講師 巨乳 乙葉チャン

・アイちゃん

・元妻の行方

・【不倫】メル友からセフレに昇格した瞬間

・小6の時からいじられて

・上司との不倫がバレたOLと成り行きカーセックス【エロ体験談】

・「レイプ」「中出し」がタイトルに入ってるスレの厨房率は異常

・【熟女体験談】ブスな熟女教師に手コキされ本番挿入、童貞卒業し、まさかの虜になってしまった男子学生

・中出しでイク変態熟女【出会い系体験談】

・いつも姉に弄られてる仕返しに電マ責めしてやった結果wwwwwwwww

・■講習会で出会った男性と一夜を

・愛しき不倫

・土下座してやらせてもらいました

・チーちゃん?20年後の再会から!!

・昔の職場の後輩とエッチしたら名器の持ち主でした

・嫌われているが美脚が魅力的なOLのパンティー

・熟女が恥ずかしそうに

・不倫相手への復讐として兄妹に近親相姦させた

・嫉妬と呼ぶにはあまりにも・・・

・70歳になる爺さんだが、21歳の女子大生がきっかけで…

・【羞恥】高1のとき先生に騙されてクンニされた

・主人の友達のアソコをしゃぶりました

・【羞恥】高1の妹が恥ずかしそうにオナニーを手伝ってくれた

・仕事で知り合った女性に誘われてエッチしました

・パンチラから始まった事件

・ちょっとした復讐

・【熟女体験談】夢のハーレム3P乱交で、エロい淫乱熟女二人組に全身リップからの中出し

・常連客とエッチ。今も関係は続いています