寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【レイプ】理想の微乳OLにオフィスで中出し[後編]

2017/12/07 22:00


さすがに翌日から、松原さんは俺を避けるようになった。もちろん仕事上は今まで通りだけど、薄い幕が掛かったみたいな距離感が出来てしまった。俺も、やり過ぎだったとは思うし、ちょっとガツガツしすぎてみっともなかったし。半ば成り行き任せでその週をやり過ごした。ただ、退職をそろそろ会社に打ち明けないとまずいと思い始めていた頃で、松原さんに話したら完全に終わるだろうな~というのが引っかかって、かなりイライラしていたんだな。自分勝手な話だけど。
そして例の居酒屋から1週間くらい経った平日、松原さんが作製した印刷データのトラブルがあり、俺と彼女は遅くまで残業になった。残業は珍しいことではないし、フロアに2人だけなんてこともしょっちゅうだったから、別に誰も気に留めない。俺は何もすることがないんだけど、消灯と施錠はかならず役職者がしなければならないから、東風麻雀をしながら松原さんが終わるのを待っていたわけ。21時を少し回ったくらいのところで・・・。
「終わりました。すみません、こんなに遅くなって」
「ん、ああ、いいよ、俺がミスった時は松原さんが残ってくれるんだし」
「本当にすみません。お腹減りましたよね」
何かがキレる。
「・・・ん、ああ、そうだね。じゃあ松原さんを食べていいかな?」
「それってセクハラですよ(目は笑っていない)。さ、帰りましょう」
彼女はドアの方に行ってしまった。やれやれ。俺は消灯して、フロアの施錠チェックをしてから、松原さんが待っているドアの施錠を・・・。
「あ、すみません、忘れ物です。ハンコ、ハンコ・・・」
会社の提出書類に押す実印らしい。電気の落ちたフロアの奥の方に駆けてゆく松原さん。ここから飯→セックスって、ないよなあ・・・。あの時が異常だったんだ。酒の勢いもあったし。かなりションボリしながら松原さんを待っていると・・・。
「◯◯主任、パソコンの電気が落ちていないですよ」
本当だ。モニターは落ちているけど、本体がフリーズしている。フロアはぶち抜きになっていて、各部署がデスクで島を作っているような感じ。だだっ広くて無防備なのでだけど、この頃、ちょっとしたレイアウト変更があって、俺のデスクの近くにパーティーションで切った小部屋が出来たんだな。簡単な応接を置いて、打ち合わせとかに使うような。L字型になっている突出部だったので、少しフロアから切り離された孤立感があった。
俺はパソコンのモニターを確認するため、彼女の後ろを通りかかった時、反射的に抱き締め、強引にこちらを向かせていた。計算とか、そういうのじゃない。もう全脳がそう命じていた。機械的な反応だったと思うしかない。ただ暗い部屋で、窓から指す外の灯りで照らされる松原さんのうなじと頬がすごく白かったのはくっきりと覚えている。
「えっ!!ちょっと、ホントに、!?え、ちょっと、やだっ!やだって!!」
俺は片手で松原さんの腰をがっちりホールドし、右手を首に巻き付けて顎を掴み、キスをして声を塞いだ。誰も見ていない。俺は松原さんを抱きすくめた姿勢のまま仮応接に彼女を引きずり込んだ。彼女は驚きのあまり声が出なくているみたいだ。ぶるぶる震えている。だけど不思議と拒絶する硬さみたいなのはなかった(と思いたい)。すごく柔らかくて、しなやかだった。
「こんな、ところで、誰か、来ちゃうっ!!」
呼吸が乱れて、一息でしゃべれないみたいだ。
「いや、誰も来ないよ。鍵かけたし、みんな帰ったと思っているよ」
俺はあらん限りの言い訳を考えた。施錠に関する時間のラグは駅から忘れ物を取りに帰ったとでも報告すればいい。どうせ辞める会社だ。
「俺、ここで、お前を犯すから」
もう喉からから。かすれ声しか出ない。なんか、赤ずきんを食べる狼って、こんな声だったのかなと、アホなことを考えていた。
「だめ、だめ!お願い、お布団で、ここ!は、いや・・・」
この状況で「お布団」とか言っている松原さんに萌えた。薄手のサマーカーディガンをはがし、インナーを強引に頭から脱がせると、グレーのキャミソールが出てきた。その、下は肩紐なしのAカップブラだ。俺はうーうー唸りながらキャミを背中越しに捲り上げ、ブラを外さずに上にずらすと、乳首に吸い付いた。
本当に微乳だ。貧乳じゃなく、微乳だ。手のひらが軽く被るくらい。こういう微乳の場合、大抵乳首が大きかったりしてがっかりというのがあるんだけど、松原さんは違った。微乳のトップに、iPodのイヤホンくらいの面積の盛り上がりがあり、そこが乳首になっている。薄い乳首だ。暗くて色はわからない。でも、コントラストがあまりない。後日知るけど、すこし赤みがかったピンクだった。唇と同じ、綺麗な色の乳首だったl。
俺は松原さんの唇と乳首に襲いかかった。下唇を噛み、乳首を思いっきり吸い上げ、軽く甘噛みし、また唇を貪った。俺はYシャツを脱ぎ、上半身裸になった。少し伸びかけの髭が擦れて痛そうだな、なんてことを考えていた。興奮していたけど割と冷静だった。彼女は小さな声で・・・。
「いや、はっ、こんなの、いや、はぁ、怖い、いや・・・」
みたいなことを繰り返しながら喘いでいた。感じているというより、状況にパニックを起こしている感じだった。俺は人差し指を彼女の口に突っ込んで掻き回しながら、唾液を流し込んだ。口の端からたれる混じり合った唾液が卑猥だった。
さすがに会社だし、あまり楽しんでいる余裕はない。俺は彼女のベルトを外し、チノパンに手をかけて一気に脱がした。下にはストッキング。なかなか厳重だ。でも、ここは愛撫を楽しまず、一気に事を決することにした。松原さんの姿勢を正して腰の正面にまわり、パンティごとストッキングを一気に剥いた。
「ィッ!イヤーーーーーッ!!」
声というより、喉から絞り出すような乾いた悲鳴をあげる松原さん。俺は脱がしたパンティのクロッチのところを鼻に押し当て、思いっきり匂いを嗅いだ。女独特の匂いに混ざり、少し乾いたおしっこの匂いがした。
「松原さん、すこしおしっこの匂いがするね」
彼女は握り締めた拳で丸まるように顔を隠して、嗚咽している。
「すごく綺麗だよ。ずっとこうしたかったんだ。乱暴だけど、もう止まらないよ。大好きだよ」
俺は彼女の手を強引にはがしてディープキスをした。今度は彼女も舌で反応を見せるようになっていた。応接に彼女を座らせ、M字開脚にして、アソコをいきなり舐め回した。毛はやや薄め、土手にはほとんど生えていない。汗とおしっこの混ざった匂いはあったけど、それ以外、愛液は無臭だった。土手はわずかに湿っていた程度だったけど、くぱぁっと開くと中は潤々に濡れていた。俺は音を立てて松原さんのアソコを舐め、徐々に体勢を変えて開脚まんぐり返しにした。彼女は手で顔を覆っていたので、それをはがして、「しっかり見て!俺が松原さんのマンコを舐めているんだから!」と命令口調になり、クンニを強制的に見させた。
俺は彼女を仕留めたと確信した。ここで一気に俺のモノにしてしまおうと決め、下半身を脱いだ。俺は開脚まんぐりのまま、彼女の左手で彼女のクリを愛撫し、右手で指を出し入れしながら、彼女の肛門に思いっきり舌をねじ込んだ。
「きゃぁあああっ!そんなところに変なことしないでっ!汚い!汚いです!いやっ!いやですっ!」
俺は無言で舌を突き立てまくり、一呼吸置いて彼女の反応が収まったところで、身体を長椅子に横たえ、口のところにペニスを持っていった。彼女の顔を強制的に横を向かせ、ペニスの先でなぞると、観念したのか松原さんは亀頭のカリのところまで咥え、舌を動かしていた。松原さんの綺麗な顔が、俺の亀頭を咥えてひしゃげていた。綺麗な唇を、俺のペニスが蹂躙している。俺は夢中になって腰を振り、十分濡れたところで彼女に突き立てた。入り口のところで少し抵抗があったけど、力を入れると、めりっという感じで根本まで入った。ちょうどそこで、亀頭が子宮口に当たっているようなコリっとした感触があった。
俺は夢中で突きまくった。2人とも全裸だ。部屋のエアコンは落ちていて少し蒸し暑かったが、それが体臭と愛液の匂いで掻き回されて、仮応接に漂っていた。まんぐりの上から突き立てているので、ズリュッ、ズリュッと出入りしている。松原さんが苦しそうだったので正常位にして、少しペースを落とした。彼女は俺の腰の動きに合わせて、「うっ!くっ!」と、小さく嗚咽している。
少し余裕が出てきて、薄明かりの中、彼女を見ていると、なんというか、もう29歳のはずなんだけど、身体のラインがまだ少女っぽい。そう思った途端、急速に射精感がこみ上げてきた。ペニスを引き抜く度に、亀頭にコリコリ当たる部分があって、そこがすごく気持ちいい。限界だ。俺は松原さんの身体を強引に半回転させてバックにして、むちゃくちゃ腰を振った。彼女は苦しいのか呼吸を止めて耐えている。バックにしてから30秒くらいか、もう時間なんてわからないけど、あんなに夢中になって腰を振ったのは後にも先にも松原さんだけだ。後頭部がジンジン痺れたような感じになって、訳がわからなくなったまま、俺は最後のストロークを打ち込むと、子宮口に亀頭を押しつけて思いっきり彼女に中出ししていた。
「いや~~・・・」
松原さんの中で俺のペニスが跳ね回るようにしてザーメンを放出していた。一滴も残らず絞り出すってこんな感じなのかと、気絶するほど気持ちよかった。
俺は余韻を楽しみながら彼女の胸と乳首を愛撫し、覆い被さるようにして顔の横から強引にキスをし、さらにペニスを奥まで押し込んだ。彼女はもう身体を支える力がないのか、消え入るような声で悲鳴を上げながら、うつ伏せになって尻を高くあげた…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
※嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました2【転載禁止】
2017/05/14 16:16
2017/05/14 16:16
ちょっとした俺の嫉妬心がきっかけで、嫁を他の男とデートさせるようになった。相手は、嫁がパートしている先の社員の男で、5つも年下だ。
俺と嫁は、学生時代に知り合い、6年交際して結婚した。まだ子供はいない。子供が出来るまでの暇つぶしみたいな感じで、嫁はパートに出ている。

嫁の理恵子は、パッと見地味なタイプで、性格もどちらかというと控えめなタイプだ。でも、よく見ると顔のパーツは整っているし、しっかりとメイクしてオシャレをすれば、かなりレベルが高いと思う。でも、そういうのには無頓着な女性だ。良く言えば飾らない女性、悪く言えばずぼらな女性という感じだ。

結婚後も、ほとんど喧嘩らしい喧嘩…
地味で貧乳な私(女子大生)がアルバイト先の教え子に犯された話
2016/10/16 00:00
2016/10/16 00:00
まずは私の紹介ですが、

私は昔から優等生グループだったので、

性格はすごく大人しくて、見た目も地味な方です。

胸が小さいのがコンプレックスですが、

乳首の感度がすごくイイらしくて、乳首だけでイクことが出来ます。

小校の頃からオナニーをしていたんですけど、

知識も無くて友達にも絶対聞けなかったので、

かなりの間オナニーは乳首でするものだと思っていました。

学生時代はずーーーっと真面目だった私は、

友達にも当時の彼氏にも言えない変態的なところがありました。

私は男の子と話すのも出来ない恥ずかしがり屋なくせに、

人に体を見られたり、

外でエッチな事をするのに異常な興奮を覚え…
【姉との告白体験談】風呂に入ったことがきっかけで・3
2015/10/06 15:57
2015/10/06 15:57
日曜日、のんびり起きてダラダラ過ごす。 姉はどこかに用事があるようで、昼前から外出して夜には帰ってきた。 夜でもテレビ付けていれば、一人で居間にいることができるようだ。 今日は飲まない。 のんびりと話す。 どうも、姉は飲むとエロくなりやすいようだ。 昨日のことは、謝ってきた。 そのままエロトークする。 「昨日の舐めるのは、どこで覚えたの?」 「どこでって、どこかな」 「あれ、すごいよ。今まで一番気持ちいいくらいだった」 「飲んでいて、感じやすかっただけじゃないの?」 「それもあるけど、それだけじゃない」 俺は自分がイクことよりも、女の子の反応やイク姿に達成感や満足を覚える。 だから、長く舐…
恥ずかしいのに
2017/11/04 08:49
2017/11/04 08:49
私の学校っておとなしい子が多くいると思われてて、みんなしょっちゅうチ カンされてるんです。制服はセーラーで、三つ折ソックスか黒のストッキン グしかでハーパンもダメなせいだと思うけれど、よくスカートの中まで 触られたり、下着脱がされるみたいなヒドイ目にあった友達もいます。昨日 のオジサンはほんとにキモい奴で、朝の電車で後ろからぐいぐい押してくる しスカートは引っ張られてるみたいと思ったら、いきなり両手でお尻をスト ッキングの上から鷲掴みされました。駅で降りてやっと助かったと思い、学 校に身かって歩き出すと、皆が後ろでボソボソ喋ってる声が聞こえ、ひょっ としてと重い後ろに手をやると、スカートがない…
無防備な姉
2015/10/28 17:05
2015/10/28 17:05
俺には4つ上の義姉がいて、綾(仮)といいます。背は163センチほどで、顔は声優の高垣○陽を少しアダルトな感じにした美人系です。そんな綾と関係を持ったのはある年の夏の頃でした。学校から帰る道の途中でいきなり大雨に当てられた俺は鞄を傘代わりに家へ逃げ込んだ。玄関の戸を開けると綾がバスタオル一枚を身に纏っただけの姿で現れた。「あっ、圭ちゃんお帰り♪」とCカップほどの胸をチラつかせながら笑顔で出迎えてくれた。「・・ッ!!綾姉なんて格好してんだよ!せめて服くらい着てくれぇ!」年頃な弟がいるのに困った姉だ。「ずぶ濡れじゃない!早くお風呂に入りなよ!」俺の話を完全にスルーして風呂場へ俺を移動させた。「たくっ…
小3のころ、女湯でお姉さんに見せてもらった
2015/10/18 14:05
2015/10/18 14:05
俺が小3の頃の話。ばあちゃんとプールに行った帰りにプールの併設のお風呂に行った。俺はばあちゃんと女湯に入った。浴場に行くと小学5年生くらいの当時の俺からしたらお姉さんが2人いた。正直、その時の俺はかなりませてたので、ばあちゃんに体を洗ってもらってるときも何度もその子たちの方をふりかえって見て、時々目があったらまた背を向けてたw洗ってもらってる途中に片方のアソコをじっと見てたらタオルかけて隠されたw もう一人はじっと見ても気にしてなかったみたいだけど。笑洗ってもらったあと、その子たちがいる湯船に入ってわざとらしく近づいたり、お湯の中に潜ってその子たちの体を観察しようとしてたけどよく見えなかった気…
【レイプ体験談】憧れの人が薬で変えられた 2/2
2016/03/19 01:18
2016/03/19 01:18
そしてその時 「あっ、やぁ、ダメぁ、ああん、あ、いやぁ、何かへんだよぉ、何、あああ、ダメ、ああ、はぁ、はぁうっ、うっ、ハァハァ」 優子が大きくのけぞって、股をモジモジとさせて暴れまくったと思ったら、急にガクガクと震え出しました。 裕二は 「こいつもうイッたぞ」と言いました。 僕は童貞ですが、さすがに耳とおっぱいでイク女の人なんて聞いたことありませんでした。 AVは見ますが、それでもこんなに激しくイク女の人を見たこともありませんでした。 すると裕二が 「今ならこいつら全身がクリ○リスだから早くやっちまえよ!」と言いました。 僕はそんな恐ろしい効き目のあるクスリだとは思っていませんでした・・・ …
看護師やってた頃の、仮眠室でのエッチな体験談
2015/12/06 06:10
2015/12/06 06:10

看護師やってた頃。

友人A♂と同じ夜勤で、休憩時間が重なったので、普段なら仮眠するのだけれど、別れた彼氏についての相談でこっそり同じ仮眠室へ。


気が付くと、スカートの裾からAの大きな手が忍び込んできて

「元カレにもこういうことされた?」

と、耳元で囁きながら、パンツの上から割れ目をスーっ・・・・・


「やばいよー仕事中だしー、ほんとやばいよー」

と抵抗しても、Aは目がすわってて

「声出すなよ。見つかってもいいの?」

と、半分、脅し文句・・・

「だってもう濡れてるじゃん(ニヤリ」

の言葉に、なんだか頭がぼーっとなって、
(こんなことで濡れちゃう私って・・・)と意識が遠の…
【妹】嫁の妹【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/04/10 22:16
2017/04/10 22:16
俺は結婚している。 32歳。 4歳年上の嫁で、 現在妊娠中。 秋に生まれる予定です。 それはさておき、 嫁には2歳年下の妹がいる。 (俺にとっては2歳年上 義理の妹だが、面倒なので以下「妹」と呼称する) こいつも結婚してて、 子供が2人いる。 休みの日はしょっちゅう家に子供を連れて 遊びにきている。 結婚して、子供を産んで、 身内の家に遊びに来ているからだろうか。 基本的にかなり無防備な服装。 薄くやわらかい生地のワンピだったりするので、 普通に下着がスケスケだし、 子供とじゃれて屈んだりするとお尻のラインがメタメタクッキリ。 正面で屈むと胸の谷間も先っちょ以外は殆ど見えてる。…
【熟女体験談】マタニティドレスを脱がすと真っ黒乳首の妊婦さん
2017/01/30 12:02
2017/01/30 12:02
2017/01/30 (Mon) 出会い系で引っ掛けた
腹ボテの妊婦に中出しエッチしてきた。

きっかけはふつーに出会い系サイトで引っかけた。

妊娠してから旦那の浮気が発覚し、
とっちめたはいいが腹の虫が収まらない、
という夫に復讐目的で出会い系に登録した人妻さんだった。

とりあえず離婚はしないし、
かといってただ我慢するのも悔しい。

不倫も本気でしたいとは言わないけど、
ちょっとした浮気には興味あり。

子供が生まれる前に一度、
他の男を知りたいという事で
タイミング良く会えたのが俺。

ただただ、いい目を見させてもらったw

妊娠7か月目という人妻さん、会う時の条件は…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】旦那と別居中のケバい水商売をしている人妻を調教して、なんでも言うことを聞く雌豚に仕立て上げた

・【熟女体験談】息子を恐喝していた不良達にジーンズを脱がされ、レイプされて雌犬となった母親

・【露出】銭湯で働いている男性と飲み屋で会うと興奮する[後編]

・刺激が欲しい彼との危険な関係

・娘との狂おしい日々

・大人のオモチャで攻め続けられ歓びを

・【露出】銭湯で働いている男性と飲み屋で会うと興奮する[前編]

・【人妻体験談】おばさんになる前にメールで逆ナンパをし、SEXしまくる主婦

・【熟女体験談】得意先でかなり年上の年配のおばさんとSEXした

・姉は無防備

・いまも体が忘れていないあんなSEX

・姉とセックス

・【Hな体験】セックスの名人キャラが幸いして同僚OLとやれた

・フルチンでレイプ動画鑑賞中、後ろ見たら姉がいた2 (姉との体験談)

・ダイエット中に調教された妻 その2

・【Hな体験】気持ちいいけど怖かった初めてのピンサロ体験

・生まれ変わったら『道』になりたい

・【熟女体験談】推定六十路の老婆に逆レイプをされたのがきっかけで熟女に興味を持った

・友人に聞いたバイキャバでのアルバイト話

・無職夫のため同級生達に体を開く妻

・【Hな体験】夢に出てきた爆乳同級生とリアルガチの肉弾戦

・企画物AVに出まくることになった妻 4(ビーチでおっぱい盗撮編2)

・妹夫婦が泊まりに来てエッチを始めた

・【人妻体験談】バツイチのシングルマザーが勃起したチンポを觀て擦ってきたので、そのまま汗だくセックス

・【熟女体験談】ディルドで腰を振るバツイチ熟女の頭を掴んで思い切りイマラチオ

・【Hな体験】19歳の美容師の卵と人生初の中出しセックス

・友里さんの着替え

・見た事がある人を思い出し赤面

・人間万事塞翁が馬

・【乱交】会社の男達に輪姦されてる現実が余計に私を高ぶらせる