寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【レイプ】理想の微乳OLにオフィスで中出し[後編]

2017/12/07 22:00


さすがに翌日から、松原さんは俺を避けるようになった。もちろん仕事上は今まで通りだけど、薄い幕が掛かったみたいな距離感が出来てしまった。俺も、やり過ぎだったとは思うし、ちょっとガツガツしすぎてみっともなかったし。半ば成り行き任せでその週をやり過ごした。ただ、退職をそろそろ会社に打ち明けないとまずいと思い始めていた頃で、松原さんに話したら完全に終わるだろうな~というのが引っかかって、かなりイライラしていたんだな。自分勝手な話だけど。
そして例の居酒屋から1週間くらい経った平日、松原さんが作製した印刷データのトラブルがあり、俺と彼女は遅くまで残業になった。残業は珍しいことではないし、フロアに2人だけなんてこともしょっちゅうだったから、別に誰も気に留めない。俺は何もすることがないんだけど、消灯と施錠はかならず役職者がしなければならないから、東風麻雀をしながら松原さんが終わるのを待っていたわけ。21時を少し回ったくらいのところで・・・。
「終わりました。すみません、こんなに遅くなって」
「ん、ああ、いいよ、俺がミスった時は松原さんが残ってくれるんだし」
「本当にすみません。お腹減りましたよね」
何かがキレる。
「・・・ん、ああ、そうだね。じゃあ松原さんを食べていいかな?」
「それってセクハラですよ(目は笑っていない)。さ、帰りましょう」
彼女はドアの方に行ってしまった。やれやれ。俺は消灯して、フロアの施錠チェックをしてから、松原さんが待っているドアの施錠を・・・。
「あ、すみません、忘れ物です。ハンコ、ハンコ・・・」
会社の提出書類に押す実印らしい。電気の落ちたフロアの奥の方に駆けてゆく松原さん。ここから飯→セックスって、ないよなあ・・・。あの時が異常だったんだ。酒の勢いもあったし。かなりションボリしながら松原さんを待っていると・・・。
「◯◯主任、パソコンの電気が落ちていないですよ」
本当だ。モニターは落ちているけど、本体がフリーズしている。フロアはぶち抜きになっていて、各部署がデスクで島を作っているような感じ。だだっ広くて無防備なのでだけど、この頃、ちょっとしたレイアウト変更があって、俺のデスクの近くにパーティーションで切った小部屋が出来たんだな。簡単な応接を置いて、打ち合わせとかに使うような。L字型になっている突出部だったので、少しフロアから切り離された孤立感があった。
俺はパソコンのモニターを確認するため、彼女の後ろを通りかかった時、反射的に抱き締め、強引にこちらを向かせていた。計算とか、そういうのじゃない。もう全脳がそう命じていた。機械的な反応だったと思うしかない。ただ暗い部屋で、窓から指す外の灯りで照らされる松原さんのうなじと頬がすごく白かったのはくっきりと覚えている。
「えっ!!ちょっと、ホントに、!?え、ちょっと、やだっ!やだって!!」
俺は片手で松原さんの腰をがっちりホールドし、右手を首に巻き付けて顎を掴み、キスをして声を塞いだ。誰も見ていない。俺は松原さんを抱きすくめた姿勢のまま仮応接に彼女を引きずり込んだ。彼女は驚きのあまり声が出なくているみたいだ。ぶるぶる震えている。だけど不思議と拒絶する硬さみたいなのはなかった(と思いたい)。すごく柔らかくて、しなやかだった。
「こんな、ところで、誰か、来ちゃうっ!!」
呼吸が乱れて、一息でしゃべれないみたいだ。
「いや、誰も来ないよ。鍵かけたし、みんな帰ったと思っているよ」
俺はあらん限りの言い訳を考えた。施錠に関する時間のラグは駅から忘れ物を取りに帰ったとでも報告すればいい。どうせ辞める会社だ。
「俺、ここで、お前を犯すから」
もう喉からから。かすれ声しか出ない。なんか、赤ずきんを食べる狼って、こんな声だったのかなと、アホなことを考えていた。
「だめ、だめ!お願い、お布団で、ここ!は、いや・・・」
この状況で「お布団」とか言っている松原さんに萌えた。薄手のサマーカーディガンをはがし、インナーを強引に頭から脱がせると、グレーのキャミソールが出てきた。その、下は肩紐なしのAカップブラだ。俺はうーうー唸りながらキャミを背中越しに捲り上げ、ブラを外さずに上にずらすと、乳首に吸い付いた。
本当に微乳だ。貧乳じゃなく、微乳だ。手のひらが軽く被るくらい。こういう微乳の場合、大抵乳首が大きかったりしてがっかりというのがあるんだけど、松原さんは違った。微乳のトップに、iPodのイヤホンくらいの面積の盛り上がりがあり、そこが乳首になっている。薄い乳首だ。暗くて色はわからない。でも、コントラストがあまりない。後日知るけど、すこし赤みがかったピンクだった。唇と同じ、綺麗な色の乳首だったl。
俺は松原さんの唇と乳首に襲いかかった。下唇を噛み、乳首を思いっきり吸い上げ、軽く甘噛みし、また唇を貪った。俺はYシャツを脱ぎ、上半身裸になった。少し伸びかけの髭が擦れて痛そうだな、なんてことを考えていた。興奮していたけど割と冷静だった。彼女は小さな声で・・・。
「いや、はっ、こんなの、いや、はぁ、怖い、いや・・・」
みたいなことを繰り返しながら喘いでいた。感じているというより、状況にパニックを起こしている感じだった。俺は人差し指を彼女の口に突っ込んで掻き回しながら、唾液を流し込んだ。口の端からたれる混じり合った唾液が卑猥だった。
さすがに会社だし、あまり楽しんでいる余裕はない。俺は彼女のベルトを外し、チノパンに手をかけて一気に脱がした。下にはストッキング。なかなか厳重だ。でも、ここは愛撫を楽しまず、一気に事を決することにした。松原さんの姿勢を正して腰の正面にまわり、パンティごとストッキングを一気に剥いた。
「ィッ!イヤーーーーーッ!!」
声というより、喉から絞り出すような乾いた悲鳴をあげる松原さん。俺は脱がしたパンティのクロッチのところを鼻に押し当て、思いっきり匂いを嗅いだ。女独特の匂いに混ざり、少し乾いたおしっこの匂いがした。
「松原さん、すこしおしっこの匂いがするね」
彼女は握り締めた拳で丸まるように顔を隠して、嗚咽している。
「すごく綺麗だよ。ずっとこうしたかったんだ。乱暴だけど、もう止まらないよ。大好きだよ」
俺は彼女の手を強引にはがしてディープキスをした。今度は彼女も舌で反応を見せるようになっていた。応接に彼女を座らせ、M字開脚にして、アソコをいきなり舐め回した。毛はやや薄め、土手にはほとんど生えていない。汗とおしっこの混ざった匂いはあったけど、それ以外、愛液は無臭だった。土手はわずかに湿っていた程度だったけど、くぱぁっと開くと中は潤々に濡れていた。俺は音を立てて松原さんのアソコを舐め、徐々に体勢を変えて開脚まんぐり返しにした。彼女は手で顔を覆っていたので、それをはがして、「しっかり見て!俺が松原さんのマンコを舐めているんだから!」と命令口調になり、クンニを強制的に見させた。
俺は彼女を仕留めたと確信した。ここで一気に俺のモノにしてしまおうと決め、下半身を脱いだ。俺は開脚まんぐりのまま、彼女の左手で彼女のクリを愛撫し、右手で指を出し入れしながら、彼女の肛門に思いっきり舌をねじ込んだ。
「きゃぁあああっ!そんなところに変なことしないでっ!汚い!汚いです!いやっ!いやですっ!」
俺は無言で舌を突き立てまくり、一呼吸置いて彼女の反応が収まったところで、身体を長椅子に横たえ、口のところにペニスを持っていった。彼女の顔を強制的に横を向かせ、ペニスの先でなぞると、観念したのか松原さんは亀頭のカリのところまで咥え、舌を動かしていた。松原さんの綺麗な顔が、俺の亀頭を咥えてひしゃげていた。綺麗な唇を、俺のペニスが蹂躙している。俺は夢中になって腰を振り、十分濡れたところで彼女に突き立てた。入り口のところで少し抵抗があったけど、力を入れると、めりっという感じで根本まで入った。ちょうどそこで、亀頭が子宮口に当たっているようなコリっとした感触があった。
俺は夢中で突きまくった。2人とも全裸だ。部屋のエアコンは落ちていて少し蒸し暑かったが、それが体臭と愛液の匂いで掻き回されて、仮応接に漂っていた。まんぐりの上から突き立てているので、ズリュッ、ズリュッと出入りしている。松原さんが苦しそうだったので正常位にして、少しペースを落とした。彼女は俺の腰の動きに合わせて、「うっ!くっ!」と、小さく嗚咽している。
少し余裕が出てきて、薄明かりの中、彼女を見ていると、なんというか、もう29歳のはずなんだけど、身体のラインがまだ少女っぽい。そう思った途端、急速に射精感がこみ上げてきた。ペニスを引き抜く度に、亀頭にコリコリ当たる部分があって、そこがすごく気持ちいい。限界だ。俺は松原さんの身体を強引に半回転させてバックにして、むちゃくちゃ腰を振った。彼女は苦しいのか呼吸を止めて耐えている。バックにしてから30秒くらいか、もう時間なんてわからないけど、あんなに夢中になって腰を振ったのは後にも先にも松原さんだけだ。後頭部がジンジン痺れたような感じになって、訳がわからなくなったまま、俺は最後のストロークを打ち込むと、子宮口に亀頭を押しつけて思いっきり彼女に中出ししていた。
「いや~~・・・」
松原さんの中で俺のペニスが跳ね回るようにしてザーメンを放出していた。一滴も残らず絞り出すってこんな感じなのかと、気絶するほど気持ちよかった。
俺は余韻を楽しみながら彼女の胸と乳首を愛撫し、覆い被さるようにして顔の横から強引にキスをし、さらにペニスを奥まで押し込んだ。彼女はもう身体を支える力がないのか、消え入るような声で悲鳴を上げながら、うつ伏せになって尻を高くあげた…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【人妻体験談】子供も旦那もいない家のリビングで人妻のエロい体を堪能
2016/05/08 22:02
2016/05/08 22:02
朝9時頃にお邪魔。子供も旦那もいない家のリビングで人妻のエロい体を堪能。 胸にブッかけてやった。人妻はたっぷり出た精液を指でいじって遊んでた。人妻は俺の為に簡単な飯を裸エプロンで作ってる。 人妻が正面に見えるんだけど裸エプロンの人妻ってメチャエロい。ただでさえエロい体(Gカップ)してんのにそれにエプロンはヤバすぎる。 また勃っちまったから勃起したチンポ見せたら、人妻はニヤニヤしてた。2回戦目を期待してんのか・・ 人妻と一緒にブランチを食べた。片付けて台所で食器を洗ってる。食後にドリンク剤をくれた。 もっとやろうよって事なのか。片づけが終わった人妻が俺の隣にきて、ニヤニヤしながらチンポをいじる…
18歳の出会い系女子は中出し放題【セックスフレンド・巨乳】
2016/07/15 00:05
2016/07/15 00:05
出会い系でで奈緒という18才の馬鹿女をゲット。 巨乳で顔も顔も好みのタイプだったので、早速会うことにした。 駅前のコンビニで待ち合わせた。 あってからそのままホテルへ。 まずは、Gカップのオッパイにパイズリさせる。 そのままチンポをしゃぶらせる。 彼氏のよりも大きな俺のチンポにビックリしながらも嬉しそうに俺のをしゃぶる。 そんな奈緒の喉の奥にたっぷりと精子をはき出した。 「ゴクンッ。ゴクンッ」 って音をさせながら全部飲み込んだ。 2日ほど前彼氏に中出しされたらしくて、 俺と血液型も同じなので中出しもOKだ。 そして奈緒の狭いマンコに俺のチンポを挿入する。 「…
不倫肉棒の虜となった恥知らずな清楚人妻・・・
2016/06/14 20:01
2016/06/14 20:01
「ああ・・・こんな姿・・・あの人に見られたら・・・」
肉感的な女体に縄化粧を施した絵里が、振動する物体を両乳首とクリトリスにぶら下げて、片足を大きく
上げた姿勢で鴨居に吊るされていた。
クリに吊るされた糸に愛液が滴り、振動で飛沫になっていた。
「ああ~~~~~~ああ~~~~~~もう・・・もう堪忍して・・・アレで犯して・・・ああ~~~」
アクメに疲れグッタリしながら、肉棒を欲しがり体を震わせた。

乳首とクリから物体が外され、変わりにバイブが挿されて、陰部を開脚で晒しながら肉棒を
舐めて挿入乞いした。

鴨居から下ろされた絵里は、自分から肉ビラを剥き拡げ、愛液が糸を引かせる生ハメ撮り…
オレの巨根で落した女が今の奥さん
2017/03/12 15:10
2017/03/12 15:10
「俺の部屋に来る?」俺が訊くと
「うん」と答えて真里がコクンとうなずいた。

身長が144cmしかない真里がそういう仕草をすると本当にかわいい。

やった!と心の中でガッツポーズをする俺。そんなかわいい真里をもうすぐ俺は抱ける。
そう考えただけで俺の股間はムクムクと猛り始めている。

真里は俺の彼女。というかこれから彼女になる予定という感じかな。
今はまだたくさんのボーイフレンドのうちの一人というところかもしれない。
とってもかわいい真里だけど、これで結構、男好きなのは知ってる。

本人も隠すつもりもないのか、好きなタイプの男の話をしているときに「今までにもそういうタイプいたの?」と訊くと「い…
夫への愛より異常な性欲のほうが強い私
2017/11/26 07:47
2017/11/26 07:47
30代の女、アイコ(仮名)です。
主婦で子どもは2人です。
私、異常に強いんです。
性欲!

夫のことは尊敬してるし、何より愛しています。
でも、あっちの方だけ満たされないんです。
月2回ほどのエッチで、内容は教科書通りです。
夫とあんなことやこんなことしたいのに・・・。

でもその時は嬉しくて、翌日の朝食は豪勢です。
子どももなんか勘付いちゃって、「ママ、弟が欲しいな!」などと言ってきます。
私から夫に言いたいんですが、はしたないようで言えません。
パートから帰った後とかが1番疼いちゃって、オナニーしてましたが我慢できないんです。
ネットでオナニーグッズを検索し…
【熟女体験談】肩を揉みながら還暦お義母さんの背中に勃起したペニスを擦りつける
2017/02/04 18:02
2017/02/04 18:02
2017/02/04 (Sat) 還暦を過ぎた義母と、まぐわいたい。

自分四十二歳、嫁の母六十三歳

嫁さんが帰ってくるまであと約1ヶ月、
その間になんとかして、抱きたい

60代過ぎても義母は、性欲が強いらしく、
オナニーが日課になっている。

それを目撃してから、お義母さんを一人の女として
見るようになり、一緒にいるだけでムラムラするようになってきた。

そにれ上品なおばさん?いや、マダムというオーラがあり、
なかなかの美熟女なんです。

今晩も夕食で一緒に少しお酒を飲み、
義母はほろ酔い加減。

「お風呂入ってくるわ」と義母。

チャンス到来です。

今夜も義母のオナ二ーを鑑賞でき…
エロ話で…【エッチ体験談】
2018/01/12 02:14
2018/01/12 02:14
女友達二人と話をする事になった。最初は普通の話だったが、途中からエロ話になってった。そこで俺は 俺「ブラって着けてるの?」 女友達A「私は着けてるよ」 女友達B「私はまだ   ちょっと出掛けて来る」 俺「A~ブラ見せて(笑)」 女友達A「は?正気で言ってるの?」 俺「だって見てみたいから」と言ったら、なんと見せてくれることになった。服の中で外したのを出してくれた。 俺「こんなのを着けてるんだね(生温かい…)」 女友達A「そろそろ良い?寒いんだけど」 俺「良いよ。ありがとう」 女友達A「はいはぃ……… って何するの!?」俺は胸を揉んだ 俺「見せてくれたお礼…
弟の彼女を寝取っちゃうレズな姉の話
2017/05/30 00:30
2017/05/30 00:30
弟が彼女を家に連れて来たのが始まりだった。

私は軽くあいさつをしたあと、自分の部屋でテレビを観ていた。

しばらくすると、弟と彼女が私の部屋に入ってきた。

「ごめん、俺ちょっと用事があってさ、ちょっと外出てるから、ちょっとこいつの面倒みてやってくれよ」

そういい残して弟は家を出た。


弟の彼女は、大人しく真面目な感じの、黒髪が似合うかわいい女の子だった。

「どっちから告白したの?」

とかそういう話を振るだけで顔を真っ赤にする。

かわいい・・・・。

しばらく他愛のない話や雑談などで談笑する。

その子が見せる飾りのない笑顔や、意外と人懐っこいところに私の心はキュンとうずいた。

マネージャーと部室で
2015/11/20 12:05
2015/11/20 12:05
俺は高校の時、野球部に入っていて、マネージャーと付き合っていた。                                奈央はなかなか可愛い方で皆けっこう狙ってたみたいだった。                                      ある日、俺は練習中に足を痛めてしまった。その時、監督ももう一人のマネージャーもいなかった。それには、奈央も困っていた。しかたなく、奈央が部室に連れて行ってくれた。奈央は救急箱を持ってきて、シップをはってくれた。奈央は、        「はい!もうこれで大丈夫」と言って背を向けた。                              …
★マージャン仲間に誘われた乱交・・2/2
2017/01/06 23:37
2017/01/06 23:37
 もう心臓が飛び出そうだった。なんとド真ん中にあるベッドの上で、洋服は着てたけどスカートを捲りあげた四つん這いのユリさんがいたんです。しかもアソコにはバイブが入ってて、それをシゲさんが出し入れしてる状況。俺達に気が付いたシゲさんが「あれ?もう終り?」と何事もない顔で言ってきた。

「違うのwこっちが気になるって言うから連れて来たの」マナミさんは笑いながらそう答え、その後シゲさんと二言三言会話してた。
その間もバイブを動かしてるから、ユリさんは喘ぎまくりだった。あのおっとり系の可愛らしいユリさんが、オマンコ丸出しで何してんだろう。
 不思議な感覚に襲われてると、マナミさんがまたしゃがんでチ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・義姉がエッチすぎる 続続続編

・迷子と偽って近づいてきた少年が豹変して僕の母親をレイプした

・私の体を知り尽くした彼の、乱暴で緻密な愛撫で・・・

・濡れた添乗員のお姉さんと正常位でセックスした話

・【衝撃】ヤリマン女子大生だが質問ある?

・■セフレは信金の営業担当

・二人の姉と妹。そして・・・。 続続続編

・社員旅行でキモイ奴に弱みを握られてレイプされてしまいました…

・社員旅行で夜這いされて、浮かれて何回もした私

・レイプされて・・・

・【人妻体験談】オチンチンを勃起させながら土下座してSEXさせてくれと頼んでくる息子

・妻の出産に立ち上がったらドン引きしてインポに・・・

・【熟女体験談】女性に対してコンプレックスを持つ童貞が美熟女ソープ嬢に非日常的な体験をさせてもらい超感謝

・義妹に強引にキスから始まり・・・

・義姉がエッチすぎる 続編

・【男×男】美しい僕に嫉妬した女友達の報復

・奥さんの裸にエプロン

・性格もよくて色気のある美人系のホステスと友達と俺

・義姉がエッチすぎる

・30代の義姉に堪らなくなって犯してしまったレイプ体験談

・TBD(The Brush Down)

・会社の色んな場所でエッチなことしまくった

・■心電図の測定で脱がされた体験談

・帰国前の留学生に子種がないと嘘をついて中出し【SEX体験談】

・二人の姉と妹。そして・・・。 続続編

・7歳上の同僚女性職員とセフレのつもりが妊娠して結婚することに

・姉のマッサージ 2

・泊まりがけの懇親会で酔い潰れて全く起きない先輩美人社員をこっそりレイプ

・出会い系で銀行員の奥さんつかまえて中出しwww

・★嫌だった看護師の妹に介抱された俺