寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【レイプ】理想の微乳OLにオフィスで中出し[後編]

2017/12/07 22:00


さすがに翌日から、松原さんは俺を避けるようになった。もちろん仕事上は今まで通りだけど、薄い幕が掛かったみたいな距離感が出来てしまった。俺も、やり過ぎだったとは思うし、ちょっとガツガツしすぎてみっともなかったし。半ば成り行き任せでその週をやり過ごした。ただ、退職をそろそろ会社に打ち明けないとまずいと思い始めていた頃で、松原さんに話したら完全に終わるだろうな~というのが引っかかって、かなりイライラしていたんだな。自分勝手な話だけど。
そして例の居酒屋から1週間くらい経った平日、松原さんが作製した印刷データのトラブルがあり、俺と彼女は遅くまで残業になった。残業は珍しいことではないし、フロアに2人だけなんてこともしょっちゅうだったから、別に誰も気に留めない。俺は何もすることがないんだけど、消灯と施錠はかならず役職者がしなければならないから、東風麻雀をしながら松原さんが終わるのを待っていたわけ。21時を少し回ったくらいのところで・・・。
「終わりました。すみません、こんなに遅くなって」
「ん、ああ、いいよ、俺がミスった時は松原さんが残ってくれるんだし」
「本当にすみません。お腹減りましたよね」
何かがキレる。
「・・・ん、ああ、そうだね。じゃあ松原さんを食べていいかな?」
「それってセクハラですよ(目は笑っていない)。さ、帰りましょう」
彼女はドアの方に行ってしまった。やれやれ。俺は消灯して、フロアの施錠チェックをしてから、松原さんが待っているドアの施錠を・・・。
「あ、すみません、忘れ物です。ハンコ、ハンコ・・・」
会社の提出書類に押す実印らしい。電気の落ちたフロアの奥の方に駆けてゆく松原さん。ここから飯→セックスって、ないよなあ・・・。あの時が異常だったんだ。酒の勢いもあったし。かなりションボリしながら松原さんを待っていると・・・。
「◯◯主任、パソコンの電気が落ちていないですよ」
本当だ。モニターは落ちているけど、本体がフリーズしている。フロアはぶち抜きになっていて、各部署がデスクで島を作っているような感じ。だだっ広くて無防備なのでだけど、この頃、ちょっとしたレイアウト変更があって、俺のデスクの近くにパーティーションで切った小部屋が出来たんだな。簡単な応接を置いて、打ち合わせとかに使うような。L字型になっている突出部だったので、少しフロアから切り離された孤立感があった。
俺はパソコンのモニターを確認するため、彼女の後ろを通りかかった時、反射的に抱き締め、強引にこちらを向かせていた。計算とか、そういうのじゃない。もう全脳がそう命じていた。機械的な反応だったと思うしかない。ただ暗い部屋で、窓から指す外の灯りで照らされる松原さんのうなじと頬がすごく白かったのはくっきりと覚えている。
「えっ!!ちょっと、ホントに、!?え、ちょっと、やだっ!やだって!!」
俺は片手で松原さんの腰をがっちりホールドし、右手を首に巻き付けて顎を掴み、キスをして声を塞いだ。誰も見ていない。俺は松原さんを抱きすくめた姿勢のまま仮応接に彼女を引きずり込んだ。彼女は驚きのあまり声が出なくているみたいだ。ぶるぶる震えている。だけど不思議と拒絶する硬さみたいなのはなかった(と思いたい)。すごく柔らかくて、しなやかだった。
「こんな、ところで、誰か、来ちゃうっ!!」
呼吸が乱れて、一息でしゃべれないみたいだ。
「いや、誰も来ないよ。鍵かけたし、みんな帰ったと思っているよ」
俺はあらん限りの言い訳を考えた。施錠に関する時間のラグは駅から忘れ物を取りに帰ったとでも報告すればいい。どうせ辞める会社だ。
「俺、ここで、お前を犯すから」
もう喉からから。かすれ声しか出ない。なんか、赤ずきんを食べる狼って、こんな声だったのかなと、アホなことを考えていた。
「だめ、だめ!お願い、お布団で、ここ!は、いや・・・」
この状況で「お布団」とか言っている松原さんに萌えた。薄手のサマーカーディガンをはがし、インナーを強引に頭から脱がせると、グレーのキャミソールが出てきた。その、下は肩紐なしのAカップブラだ。俺はうーうー唸りながらキャミを背中越しに捲り上げ、ブラを外さずに上にずらすと、乳首に吸い付いた。
本当に微乳だ。貧乳じゃなく、微乳だ。手のひらが軽く被るくらい。こういう微乳の場合、大抵乳首が大きかったりしてがっかりというのがあるんだけど、松原さんは違った。微乳のトップに、iPodのイヤホンくらいの面積の盛り上がりがあり、そこが乳首になっている。薄い乳首だ。暗くて色はわからない。でも、コントラストがあまりない。後日知るけど、すこし赤みがかったピンクだった。唇と同じ、綺麗な色の乳首だったl。
俺は松原さんの唇と乳首に襲いかかった。下唇を噛み、乳首を思いっきり吸い上げ、軽く甘噛みし、また唇を貪った。俺はYシャツを脱ぎ、上半身裸になった。少し伸びかけの髭が擦れて痛そうだな、なんてことを考えていた。興奮していたけど割と冷静だった。彼女は小さな声で・・・。
「いや、はっ、こんなの、いや、はぁ、怖い、いや・・・」
みたいなことを繰り返しながら喘いでいた。感じているというより、状況にパニックを起こしている感じだった。俺は人差し指を彼女の口に突っ込んで掻き回しながら、唾液を流し込んだ。口の端からたれる混じり合った唾液が卑猥だった。
さすがに会社だし、あまり楽しんでいる余裕はない。俺は彼女のベルトを外し、チノパンに手をかけて一気に脱がした。下にはストッキング。なかなか厳重だ。でも、ここは愛撫を楽しまず、一気に事を決することにした。松原さんの姿勢を正して腰の正面にまわり、パンティごとストッキングを一気に剥いた。
「ィッ!イヤーーーーーッ!!」
声というより、喉から絞り出すような乾いた悲鳴をあげる松原さん。俺は脱がしたパンティのクロッチのところを鼻に押し当て、思いっきり匂いを嗅いだ。女独特の匂いに混ざり、少し乾いたおしっこの匂いがした。
「松原さん、すこしおしっこの匂いがするね」
彼女は握り締めた拳で丸まるように顔を隠して、嗚咽している。
「すごく綺麗だよ。ずっとこうしたかったんだ。乱暴だけど、もう止まらないよ。大好きだよ」
俺は彼女の手を強引にはがしてディープキスをした。今度は彼女も舌で反応を見せるようになっていた。応接に彼女を座らせ、M字開脚にして、アソコをいきなり舐め回した。毛はやや薄め、土手にはほとんど生えていない。汗とおしっこの混ざった匂いはあったけど、それ以外、愛液は無臭だった。土手はわずかに湿っていた程度だったけど、くぱぁっと開くと中は潤々に濡れていた。俺は音を立てて松原さんのアソコを舐め、徐々に体勢を変えて開脚まんぐり返しにした。彼女は手で顔を覆っていたので、それをはがして、「しっかり見て!俺が松原さんのマンコを舐めているんだから!」と命令口調になり、クンニを強制的に見させた。
俺は彼女を仕留めたと確信した。ここで一気に俺のモノにしてしまおうと決め、下半身を脱いだ。俺は開脚まんぐりのまま、彼女の左手で彼女のクリを愛撫し、右手で指を出し入れしながら、彼女の肛門に思いっきり舌をねじ込んだ。
「きゃぁあああっ!そんなところに変なことしないでっ!汚い!汚いです!いやっ!いやですっ!」
俺は無言で舌を突き立てまくり、一呼吸置いて彼女の反応が収まったところで、身体を長椅子に横たえ、口のところにペニスを持っていった。彼女の顔を強制的に横を向かせ、ペニスの先でなぞると、観念したのか松原さんは亀頭のカリのところまで咥え、舌を動かしていた。松原さんの綺麗な顔が、俺の亀頭を咥えてひしゃげていた。綺麗な唇を、俺のペニスが蹂躙している。俺は夢中になって腰を振り、十分濡れたところで彼女に突き立てた。入り口のところで少し抵抗があったけど、力を入れると、めりっという感じで根本まで入った。ちょうどそこで、亀頭が子宮口に当たっているようなコリっとした感触があった。
俺は夢中で突きまくった。2人とも全裸だ。部屋のエアコンは落ちていて少し蒸し暑かったが、それが体臭と愛液の匂いで掻き回されて、仮応接に漂っていた。まんぐりの上から突き立てているので、ズリュッ、ズリュッと出入りしている。松原さんが苦しそうだったので正常位にして、少しペースを落とした。彼女は俺の腰の動きに合わせて、「うっ!くっ!」と、小さく嗚咽している。
少し余裕が出てきて、薄明かりの中、彼女を見ていると、なんというか、もう29歳のはずなんだけど、身体のラインがまだ少女っぽい。そう思った途端、急速に射精感がこみ上げてきた。ペニスを引き抜く度に、亀頭にコリコリ当たる部分があって、そこがすごく気持ちいい。限界だ。俺は松原さんの身体を強引に半回転させてバックにして、むちゃくちゃ腰を振った。彼女は苦しいのか呼吸を止めて耐えている。バックにしてから30秒くらいか、もう時間なんてわからないけど、あんなに夢中になって腰を振ったのは後にも先にも松原さんだけだ。後頭部がジンジン痺れたような感じになって、訳がわからなくなったまま、俺は最後のストロークを打ち込むと、子宮口に亀頭を押しつけて思いっきり彼女に中出ししていた。
「いや~~・・・」
松原さんの中で俺のペニスが跳ね回るようにしてザーメンを放出していた。一滴も残らず絞り出すってこんな感じなのかと、気絶するほど気持ちよかった。
俺は余韻を楽しみながら彼女の胸と乳首を愛撫し、覆い被さるようにして顔の横から強引にキスをし、さらにペニスを奥まで押し込んだ。彼女はもう身体を支える力がないのか、消え入るような声で悲鳴を上げながら、うつ伏せになって尻を高くあげた…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
新人指導員の年上女性に、童貞卒業の指導もしてもらった
2016/06/18 15:00
2016/06/18 15:00
僕は勉強ばっかりしていて女の子と遊んだ事がありませんでした。
結構名の知れた大学に進んだけれど、女の子とお友達にはなれても親密にはなれず、ずっと童貞のままでした。大学を卒業し、地元の企業に入社しましたが、1年目は、仕事の合間に度々研修があり、新人の僕に付いた職場での指導員が、利恵さんという入社4年目の25歳の綺麗な女性でした。


小悪魔的な可愛さを持ち合わせていながらも優しそうな美人で、一見細身に見えたけれど、夏になるとセクシーなプロポーションだと言う事がわかって、僕にそっと寄り添って指導してくれる時に匂う女の匂いと、チラチラ覗ける3歳年上のお姉さんOLの胸元に女…
百戦錬磨の人妻の私も緊張・・・
2017/11/24 20:01
2017/11/24 20:01
本当の童貞の味を覚えたのは、かれこれ20年前のことです。

それ以前にも童貞の子とのセックスは経験済みでした。

初めて交際した彼氏が、その男。

その時は私は処女じゃない。
14の時援助で処女を売り、既に5人くらいと経験してた。

その彼、本気で私を好きになってくれ、そして交際したんです。

童貞のイメージは、面倒くさい…それしかなかったのですが、私が女子大生の時、同じバイト先のコンビニで働いてた、高校生の男子でした。

私の事を好きになったみたいで、二人きりの時に告白され、交際を開始。

童貞って知ってたから、面倒くさかった。

でもしばらくご無沙汰な身体は耐えきれず、交際1週間後…
嫌だったのに・・・
2017/09/01 22:49
2017/09/01 22:49
高校生の頃なので、まだ経験人数も人だった頃 の話です。 援助交際している奈緒という友達がいました。 クラスメイトで、そんなに親しい子ではなかった のですが、 高校生の頃はエッチな事にみんな興味深々だった せいか、 奈緒の話はみんなが興味があり、生々しい話を みんなで興奮しながら聞いていました。 そんなある日、友達の一人が奈緒に紹介されて、 援助交際をしてきました。その子は 「気持ち良いしお金もらえるし、楽だしサイコ ー」 と満足げに話していました。 私は正直、援助交際に興味を持ちました。 そして覚えたての一人エッチをする時は、 援助交際を想像するようになっていました。 そして、私にも声がかかり…
妻を寝取られモノのAVに出演させたら妻の下心が見えたような気がしました
2015/12/26 21:30
2015/12/26 21:30


私達夫婦は32歳の同い年で


3歳になる一人娘がいます。




子供がもう少し大きくなるまでは、


遠くに旅行に行くのは無理かなぁと思ってたんですけど。




去年の9月に連休をとることができ、


妻の両親から娘の面倒を見るからと


「夫婦二人っきりで旅行でも行って


羽を伸ばしに行っておいで」


という好意に甘え、沖縄に旅行に行きました。




2人きりでの旅行も娘が生まれてから初めてでしたし、


夫婦の夜の営みも暫くなかったので


いい機会だと思い楽しみにしていました。



妻ですが…
■屈辱的な思いはありますが止められない
2018/03/15 11:57
2018/03/15 11:57
 普通のOLで人妻でした。半年前までは…。けど、最近自分が怖いんです。美沙子、仕事でのストレスをある発散法でしか解消できなくなってるんです。それは…。夫以外の男性に抱かれて中出しを受けること…。

 始まりは社長から受けたレ〇プでした。結婚3ヶ月目。残業していたときに後ろから襲われて…。最初は悔しくて歯がゆくてたまらなくて泣きじゃくって…。美沙子、社長に何度か犯されて中出しされるうちに、不思議な感じになったの…。

美人な派遣社員と充実したセックスをする日々
2017/02/25 14:25
2017/02/25 14:25
私は今、充実した日々を送っている。


何故かと言えば、最高に良い女とセフレの関係にあるから・・・

私にはもちろん妻子があり、いわゆる管理職の立場にある。



昨年秋、私の課に新しく採用した派遣社員(もちろん女性)が配属になったのだが、これが大当たりで、年齢は25歳、美人でスタイル良し、性格良し、仕事も出来るときている。

当然の事ながら、周囲の男どもは浮き足立ち、何かにつけて彼女を誘い出そうと努力しているが、彼女は人あしらいが上手く、その様を客観的に観察していた私は、次第に「女」として興味を持つ様になっていった。



そんなある週末、仕事が終わるタイミングが一緒だったので、軽…
今までずっとマジ友だったイケメンの男友達とのセックス体験談
2017/04/12 21:10
2017/04/12 21:10
男友達とドライブに行った帰り、トイレに行きたくなったので

「トイレ貸してね」

と彼の家のトイレを借りました。

「何か飲んでく?」

と彼に飲み物を勧められたのでビールを1杯もらいました。

彼は格好良いけどマジ友だったので、今までそんな事なかったです。


彼がいきなり

「エッチしたくなっちゃった。どうしよ」

と言ってきて、

「どうすると言われても………」

と、私は戸惑いました。

彼のエッチモードがトップギアに入ってしまっていたらしく、ソファーにあっという間に押し倒されてしまいました。

「ぇえ~っ!ちょっとちょっと!!」
嫁の妹 酒乱編
2017/04/05 22:05
2017/04/05 22:05
"夕方、家族でくつろいでいる と嫁の携帯電話が鳴りだした 「え!そうなの~」 「大丈夫なの?!」 「うん、こっちはOKだよ~」 家族全員、嫁の話に聞き耳をたてた 話の内容というのは、嫁の妹Kちゃんが父親と大喧嘩をして、家を飛び出したらしい だから、我が家に泊めて欲しいとの事子供達は大はしゃぎ 俺も明るく元気で可愛いので大歓迎すでに近まで来ていたのか 直ぐにKちゃんはやってきた挨拶もそこそこ、子供達に捕まり子供部屋に連れていかれたその間に俺と嫁は、簡単なつまみを作り[Kちゃんの愚痴を聞く会]の準備をしたしばらくして 子供達とKちゃんは一緒に風呂に入り、先に出た子供達は嫁に連れられ、子供部屋で寝か…
【人妻体験談】田舎の農家の主婦に車の中で筆おろしされた
2017/04/03 12:02
2017/04/03 12:02
私の初体験は、縁も由もない田舎の農家の主婦に車の中で筆おろしされたんです。 農学部だった僕は、大学生の時に、農業研修でとある地方の田舎に一週間の研修に行きました。 ホームステイしたお宅には、おじいさんおばあさんと、息子さん夫婦と小学校の子供がいた。 息子さんのお嫁さんの美香さんは、歳は38歳でショートヘアの垂れ目で、茶髪のムッチリしたグラマラスな可愛い人妻でした。 丁度若妻と呼ばれる年代からおばさんって年代にイク間際という感じで、熟れる寸前の熟女といった感じの奥さんでした。 ちょっと派手な感じもしましたが、見た目とは別に優しかったし、無防備というかタンクトップとか着てたんですが、ゆるゆるの胸…
【体験談】生本番させてくれる売春婦みたいな美人看板姉妹
2016/04/13 06:30
2016/04/13 06:30

大学3年の10月頃から就職活動をはじめました。



その時にお世話になったのが、
歩いて3分の近所のクリーニング屋さん。



何度かスーツとYシャツを出している内に、
そこの看板娘の雅美さん(25歳)と聡美さん(23歳)の
美人姉妹と仲良くなり、
店先で喋るようになりました。



2人共近所で有名な美人姉妹の看板娘でした。



いつも店は姉妹が夕方まで
その後は両親が店番をしていました。



先日もスーツとYシャツをクリーニングに出して、
取りに行ったところ俺を見て2人でにやにやしていました。




「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【不倫】夫とセックスして初めて元カレの大きさを知った私

・高級ソープ行ったら2時間で4回搾り取られた

・ショートパンツを見ると

・【人妻体験談】悪魔の義弟がレイプするように罠を張ったら・・・

・後輩の奧さんに欲情して生挿入してしまったが・・・

・【SM・調教】年上のOLを釣りに誘ってハメ撮り調教[後編]

・彼女の友達にいたずら

・彼氏とのSEXは相性が良くてエロエロ三昧

・清楚な後輩の部屋の前で聞き耳をたててたら

・妻が他の男性とセックスをする場面を・・・

・#結婚を考えてる彼女をトルコ人に抱かせてみたら

・夫が不倫してHIV感染

・人妻の先輩に誘惑されて種付けしました

・OLのメンズエステのバイト体験談

・【人妻体験談】人妻デリヘル嬢の面接に行ったら、店長にレイプされた

・【SM・調教】年上のOLを釣りに誘ってハメ撮り調教[前編]

・巨乳の先輩の乳首

・カラオケに行って、後輩の奧さんとキメセクした

・サイトで出会った人妻とナマでやるために考えた作戦

・婚活クソババアにならないよう正直に生きる

・職場の人妻にととろけるような初体験しました

・私の男とのSEX歴をお話しします

・清純顔して彼氏がいるのに同じサークルの奴に色目を使うヤリマン女

・【熟女体験談】平凡な主婦が初めて「イク」という快感を体験した結果、常にSEXしたいという淫乱になった

・誰かに言いたいので投書いちゃいました

・【不倫】フェラのことを「キス」と言う微乳の元ヤン妻

・礼二の寝取られ実験 パート3(完結)

・夫と別居中の人妻と激しすぎる不倫SEXしました

・旦那さんと別れて俺と・・・

・【浮気】バイト先で知り合ったフェラ上手な短大生