寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

姉をレイプ「姉ちゃん!出すからな!オマンコの中にな!」「いや!いやぁぁーーっ!」【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

2017/12/07 20:11




俺はひとり暮らししている。
姉は2つ駅が違うが近い場所に一人暮らししている。
本当にこんな関係になるなんて考えられなかったが、酒の力は恐いと思った。
久しぶりに姉が遊びにおいでってことで、夕食を御馳走になりに遊びに行った。
クソ暑くて、さっさと姉の家で涼みたかった。
夕方5時に到着。
「おっす!姉ちゃん来たよ。暑いよなあ。」 「かっ君、ちょっと涼んでて。」 エアコンガンガンかけて冷やしてくれた。
「かっ君、ちゃんと食事してるの?だめだよ、夏だからって冷たいもんばっかじゃ。」 「ああ・・・姉ちゃんこそ婚約者にふられないように太るなよ!」 近況を話して。-----話しながら姉はキッチンにたって準備し始めた。
俺はテレビつけて、のんびり涼んでた。
姉は美人ではないが、可愛い。
年の割には可愛いお姉さんだねって言われる。
28歳だが、見た目は22~23歳って言っても通用する。
スタイルはいいほうかな? 食事の準備しながら、「かっ君、シャワー浴びてきな。」ということで、シャワー浴びに風呂場へ。
姉のブラとパンツが数枚干してあった。
「姉ちゃん・・・こんな下着つけてんのかよ!」と内心ビックリ。
けっこう派手。
これ着て・・・あの男にやらてるのかと思ったら、今まで自分の中に隠していた姉への気持ちが一気に湧き出してしまった。
姉が好きで好きで、いつか俺のものにしてやる!と思い続けていた。
姉のパンツを取って、おれは無意識にチンコにくっつけてしまった。
シャワーから出てきて。
「姉ちゃんもシャワー浴びて来いよ。」 「そうするわ。お腹すいたでしょ?ちょっと待っててくれる?」 「ああいいよ。まだ我慢できるから。」 姉貴がシャワーから出てきて着替えた。
黒いミニスカートにタンクトップだった。
ブラはしてなかった。
姉はBカップと意外に小さい。
全体的にスレンダーだが。
ビールで乾杯して、飲みながら姉の料理を食べた、姉は料理がけっこう得意。
まじに美味かった。
姉はあまり酒は飲まない。
でも、今日は俺に付き合ってくれた。
いろんな話をした。
婚約者の話、結婚式の話など楽しそうに話していた。
けっこう飲んで、おれもかなり酔った。
姉は途中からウーロン茶飲んでたけどね。
「姉ちゃんさ、結婚したらこんなふうに会えなくなるなあ。」 「うーん、そうだね。でも時々遊びにくればいいじゃない。私の料理食べに来ればいいじゃない。ねえ、かっ君は彼女いないんだっけ?」 「今はいねーよ。半年前にわかれちゃったからね。ああ酔っ払った!」と俺はそのままドテンと床に横になった。
で、姉ちゃんに話しかけようと姉ちゃんのほうを見たら、テーブルの下に目が行ってしまった。
ミニスカートの中が見えた。
さっき俺がチンコつけた赤いパンティを履いていた。
やべえ!とあわてて目を逸らして。
「もう、かっ君は食べないの?おなかいっぱいになった?」 「う・・・うん。もういいわ。入らん。」 「じゃあ、ちょっと片付けちゃうね。」と姉はお皿を持って立ち上がったが、滑ったのかそのまま前のめりにひっくり返った。
ガシャガシャン!と床に食器が散らばった。
「きゃっ!いったーい!」 「姉ちゃん!大丈夫かよぉ~」と姉貴を見たら、黒いミニがまくれて、真っ赤なパンティ丸出しになっていた。
股間も丸見え!赤のパンティが割れ目に食い込んでマン筋が見えた。
黒いスカートと赤のパンティの彩が色っぽくいやらしく見えた。
瞬間、俺は悪魔になった。
なんで姉に対してそんな行動とったのか説明がつかない。
「姉ちゃん!」そのまま、うつぶせでひっくり返っている姉の足を掴んで、一気にミニスカートを全部まくった。
パンティの上から尻をわしづかみした。
「かっ君!・・・」姉は振り返って目を見開いてビックリした。
「姉ちゃん!やらせてくれ!1ッ発だけでいいから!」 「何すんのよ!やめてぇぇぇ!きゃあー!」 俺は、一気にミニスカートを破った。
そのまま姉の上に馬乗りになってタンクトップを引き裂いてた。
「かっ君!やめてぇ!やめてぇ!」 「いつもあの男とやってるんだろ?おれと1回だけやらせろよ!溜まってるんだ!」 「ばかっ!かっ君!・・・あなた・・姉ちゃんよ!・だめえ!」 俺はGパンのベルトを引き抜いて、姉の両手を縛っていた。
「かっ君!・・・・なんで!」 そのままGパンとトランクスを脱いだ。
チンコはビンビンになってた。
「ヒイーーーーッ!」勃起チンコを見た姉貴は真っ青になった。
赤いパンティを一気に引きずりおろして、引き裂いた。
そのまま姉の尻を抱えて、バックで入れることにした。
「かっ君!やめてぇーーーー!やめてぇーーーー!だめぇぇぇぇ!」 おれはチンコに唾を塗ったくった。
瞬間、姉がハイハイで逃げた。
急いで捕まえて、無理やり足の間に体を入れた。
まだ濡れてない姉のオマンコにチンコをあてがった。
「お願い!かっ君・・・それだけはやめてぇぇぇぇ!!」姉は泣きながら叫んだ。
「姉ちゃん!うるせーよ!すぐ終わるからさ!1回だけだから!」 「イヤ!イヤ!イヤーーーーーッ!・・・・」 そのまま、おれは腰を一気に突き出し、姉の尻を引っ張った。
チンコがオマンコに一気に入った! 「ひーーーーーーッ!」 姉貴がひきつった声を上げて、上半身が前のめりに倒れた。
まだ全部入れてない。
もう一度姉の尻を引き寄せて、チンコを全部ぶち込んだ。
「うぐっ!」姉がのけぞった。
そのまま俺は姉の腰を抱えて、バックから凄い勢いでチンコを出し入れした。
必死に姉のオマンコを突き上げた。
ただ姉の中に出したかった!俺のものにしたい!という気持ちだった。
俺は獣になってた。
「やめてぇ!かっ君!だめぇ・・・やめてぇ!・・・」泣きながら姉貴は懇願した。
「うるせー!中に出すから待ってろ!姉ちゃんは俺のものだあ!」 「中はやめてぇぇぇ!だめぇ!」 子宮を突きあげた。
「ングッ!」姉の顔がのけ反った。
もう出そうだ! 「姉ちゃん!出すからな!オマンコの中にな!」 「いや!いやぁぁーーっ!」必死の形相だった。
はって逃げようともがいていたが、俺は姉の腰をがっしり抱えていた。
「うおぉ!」 そのまま姉の腰を引き寄せて、子宮口に向けて一気に射精した。
溜まってたから大量にザーメンを放出した。
快感が全身に走ったのと同時に姉を奪い取った満足感があった。
チンコをまだ抜かなかった。
姉は顔を覆って号泣してぐったりしていた。
「姉ちゃん・・・。俺、姉ちゃんをあんな男に渡したくないんだよ!いいだろ!俺の女になってくれよ!」 姉は返事をせず、泣き続けてた。
そのまま姉を仰向けにひっくり返した。
姉は顔を手で覆って泣き続けていた。
チンコはザーメン出したのに、まだいきり立っていた。
両足を抱えて、もう一度姉貴にぶち込んだ。
「うっく!」姉が泣きながらうめいた。
今度は姉のオマンコを味わうようにゆっくり腰を振った。
1回じゃだめだ。
何回でもやってやる!そうしないと姉ちゃんをあの男に取られる! 一種の独占欲だったと思う。
姉を突き上げるたびに、オマンコからさっき出したザーメンがトロトロとこぼれてきた。
「いや・・・いや・・・こんなの・・・・いや」泣きながら小さい声で拒絶していた。
言葉とは反対で姉貴のオマンコは俺のチンコを締め付けてきた。
動いていた。
「姉ちゃん!もっと出すからな!」 勢いよく腰を振った。
2度目も大量だった。
まだだ!まだ出せる! 射精しながら姉の足を抱えて屈曲位にしてから、腰を振り続けた。
姉のBカップのおっぱいを揉みまくった。
まるで握りつぶすみたいに・・・。
「痛い!・・・やめて!・・・痛いよぉ!」 「姉ちゃん!姉ちゃん!好きなんだ俺!」 無理やりキスをして、舌を入れた。
「ンンンン!・・・」姉の叫びを口で塞いだ。
舌を絡めて、吸った。
おっぱいをしゃぶった。
揉みながら乳首を吸って・・・。
姉が感じ始めた。
腰が動いている!やっと俺のものになる! 「うっ!・・・うう!・・・あ!」とかみ殺すような声を漏らしていた。
「姉ちゃん!気持ちいいんだろ?」 何も言わず、小さく頷いた。
嬉しくて、もっと腰を振った。
「出すよ!俺の出すからね!」 一気に3度目も射精した。
たっぷり子宮口にチンコの先をぶつけて注ぎ込んだ。
3回目を出し終わって、姉の上に俺は倒れた。
しばらく姉の胸を揉んでいた。
「姉ちゃん。これからもずっとさ俺のそばにいてくれよ!姉ちゃんじゃなきゃダメなんだよ!」 「私は・・・・かっ君のお姉ちゃんなのよ・・・なんでこんなこと・・・」と泣きながら言っていた。
しばらく俺も黙っていた。
「姉ちゃん、おれ今晩泊めてくれな。姉ちゃんと一緒に居たいよ。姉ちゃんのこと昔から大好きだった!」 「・・・・」黙ったまま、小さく頷いた。
「姉ちゃん!」と俺は姉を抱きしめていた。
俺のものになったのがただ嬉しかった。
そのあと一緒に風呂に入って、姉のオマンコを洗ってやった。
姉には俺のチンコを洗わせた。
風呂から出てきて、タオルで体を拭くこともせず、そのままベッドまで姉を引っ張ってきてベッドに押し倒した。
そのとき姉が、小さな声で言った。
「お願いだから・・・もう乱暴にしないで・・・・かっ君の好きにしていいから・・・。」 「姉ちゃん・・・おれ本当に好きなんだ。わかってくれよ」 「わかった・・・。でも誰にも言わないで・・・お願い。姉ちゃんとかっ君だけの秘密にして・・・」…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
プールにて4
2017/12/25 09:49
2017/12/25 09:49
「あいよ?」「あのね、赤ちゃん欲しい。」「ん?」「だからぁ…入れて良いよ?」「うん、たっぷりね(笑)」「違うの!チンチン入れていいの!」「えっ、あぁ…」「お願い。」「いいけど、舞ちゃんにはまだ早いから、相当痛いと思うよ?」「いいの…ね?」「分かった。おいで…」俺は再び舞ちゃんをいざない、芝生に寝かせた。 「優しくしてあげるからね。」「お願い…します…」案の定、舞ちゃんは相当痛がった。 最初は亀頭しか入らなかったが、舞ちゃんの愛液のお陰ですぐに入る様になった。 「あぁっ…いっ…」「もう少しいくからね…」「う…んっ…!」いつしか、舞ちゃんのマンコは俺の息子で満杯になっていた。 「大丈夫か?全部…
【近親相姦体験告白】母との実話 
2016/03/05 07:32
2016/03/05 07:32
※これは過去の実体験を基に記した手記です。 (長文が苦手な方はご遠慮ください。 )子供の頃から母が大好きだった。 小学校に上がるまでは、それこそどこへ行くにも母と一緒なほど甘えん坊だった。 母は身長160センチほどの細身でスラリとしたスタイル。 色白の瓜実顔に黒目がちの大きな瞳。 いつもセミロングにしていた黒髪とすっきり通った鼻梁が、清楚で凛とした印象を与えていた。 例えるなら女優の水野真紀を思わせる顔立ち。 近所の母親たちなどいかにも“日本のお母さん”という女性が多い中、母は飛び抜けて若く美しかった。 授業参観や町内の行事で母と一緒の時など、子供心にも自慢気だったのを覚…
【痴女】レスラー【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/07/11 00:33
2017/07/11 00:33
俺の彼女は女子プロレスラー見習い。プロレスラー目指しているだけあって、伸長こそ160cm程度だが、体型は中々。顔は北陽の伊藤ちゃんに似てるかな。性格は優しくって、少し天然な感じ。もちろん結婚を考えていました。俺の仕事が休みの日の事。驚かせようと思い、彼女の練習が終わる30分前位に車で迎えに行き、練習場の前に車を停め終わるのを待っていました。すると、かなり大柄のアジャコング的な体型の女性が話しかけてきました。アジャ「ここで何やってんの?」ちょっとビビりましたが、「あっ、すいません!邪魔ですよね。今どかします。」と言うと、アジャ「ここに何の用だよ!」と凄んできた。俺は「彼女の伊藤がここで練習して…
女子ホールスタッフ
2017/08/19 08:19
2017/08/19 08:19
小さい居酒屋の店長を任されているが先日初めて女子ホールスタッフを食ってしまった。 彼女は才で愛嬌がよく、客の評判も一番いい女の子。 カラダはちょっとポッチャリだがムチムチがタイプな私にはたまらなかった。 二人だけになり食器類を洗っている彼女の後ろ姿を見てムラムラときて、後ろから抱きしめてしまった。 「えっ」とビックリして洗う手を止め、固まった彼女。 うなじを舐めると「イヤっ、ダメですって」と叫んだが体をはなそうとはしない。 一気に胸元に手を入れ、大きくて弾力のある胸を揉むと「アン、ダメッ」と言って体をクルッとこちらに向けて怒ったように上目づかいで見てきたが、 構わずキスし、無理やり舌をねじ込ん…
中学の時の性に興味津々な妹と俺は愛撫しあいやがて…
2016/01/31 16:23
2016/01/31 16:23
「ねえ、お兄ちゃん、ちょっとお願いがあるんだけど…」 「ん、なに?」 「オナニーが見たいんだけど…」 「えっ馬鹿なの?」 「正確には射精が見たい…おちんちんから白いのが出てくるところが見たいの」 なんて会話をしたのが8年ほど前、当時俺が15才で妹が11才の頃。 結局、オナニーを見せる事になり下半身、裸に…思いのほか興奮していたらしく俺のアソコは8割がた勃っていた。さらにしごいてフルボッキ状態に。妹はその愛だ真剣な眼差しで俺の愚息を眺めていました。 「触る?」 「えぇ…無理…」 「俺も恥ずかしいんだけど、お前がヤレっていったんだろ?」 俺はペニスを妹の鼻先に突き出すと妹は恐る…
水道屋に
2017/08/24 05:19
2017/08/24 05:19
少し前ですがお風呂の水の止まり具合が悪く近くの水道屋さんにすぐに来てもらいました。 お風呂掃除をしようと思ったので白いシャツとニットのピンクのショートパンツでした。 水道屋さんは40代のいかつい感じで色黒です。 外の元栓を止め作業に入りました。お風呂の留め具が摩耗してたらしく車に器具を取りにいったりしてかなり時間がかかり 私は洗濯物を干してました。何か変な視線は感じました。考えたら水道屋さんとはいえ男を家に上げているわけですから。かなり緊張してしまいました。 ようやく直って工具を片付けているようでした。緊張のせいでトイレを我慢していたので水道屋さんにわからないよう にトイレに入りました。 用済…
妻子持ちの先輩上司と不倫Hした話
2015/11/02 15:30
2015/11/02 15:30


こんにちは。

大学2年の夏南子といいます。




私は夕方からあるお店でバイトをしているのですが、


そこの社員さん(Aさん・32歳)と、この夏休みにHしちゃいました。




その人には奥さん・子供がいます。


 
ある日、バイトが終わるのが少し遅くなってしまって、


バス停で待っていたら、Aさんが車から


「送っていってあげるから、乗りなよ」と、声をかけてくれました。




普段から、優しく仕事を教えてくれる人で、私にとってAさんは


「理想の上司」的な存在でした。




家の近くまで…
好みのタイプの年下の男の子にいいようにされて
2015/12/06 11:00
2015/12/06 11:00
数年前の話です。会社に4~5つほど年下の、私好みの男の子が入社してきました。 趣味の面で話が合う子だったので、どんどん親しくなりました。 当時、私には彼氏がいましたが、もともと一緒に遊ぶ友達は男の子が多かったので、その子と遊ぶ事を咎められたりはしませんでした。ある日、その子の部屋に何度目かの訪問をしたとき、一緒にお酒を飲みながらしゃべっていました。 彼も私もそんなに強い方ではなく、割とすぐに酔っぱらってそのままベッドに横になったのですが、一応私はベッドではなく床に寝転びました。 それに気付いたその子は、「◯◯さん、こっちに寝てくださいよー」と私をベッドに誘ってきました。それは特に変な意味は…
酔ったら子作り種付けセックスさせてくれる新妻キャンギャルwww
2017/12/25 14:02
2017/12/25 14:02
地元のパチンコ店でアルバイトしていた

キャンペーンをやる度に

美人なキャンギャルに来てもらって

古株バイトの鈴木さんと

高橋さんが毎回口説いていた

40過ぎのおっさんに言い寄られる

美女なキャンギャルのひきつった顔も好きだが、

毎回断られてヘコむ2人を見るのはもっと好きだった

みんなで「絶対無理に決まってるだろ」「いつかセクハラで訴えられるぞ」

と笑っていました。二人ともいい年してバイトだし

借金漬けで夜逃げして住み込み。

高校中退。

もちろん独身なので彼女募集中。

ある日のキャンペーンにありえないくらいおっぱいの大きい女性が来た。

早速「爆乳ちゃん」というあだ…
近親相姦、ママのレオタードでオナニーを覚え母と繋がる
2016/06/20 23:00
2016/06/20 23:00
 

  僕は15歳でママは35歳パパは36歳でパパは県外へ単身赴任でいつも僕とママしかいません、ママはエアロビックスのインストラクターをしています。僕は小さい頃からパパが家に居ないからいつも寂しくしていると、ママが僕の姿をみては抱きしめてくれてお風呂にも一緒に入ってくれました。僕はママの暖かい温もり匂いが大好きでたまりませんでした。僕が大きくなる頃には、ママもインストラクターの仕事が忙しくなりしだいに僕の事をかまってくれなくなり、ママの温もりが恋しくなった時、洗濯機の中にあるまだ洗濯をする前のママのレオタードを見付け異常にママの匂いが嗅ぎたくなり、子供ながらい…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・彼女がいない間に彼女の親友とエッチな事をした

・娘との狂おしい日々

・【人妻体験談】おばさんになる前にメールで逆ナンパをし、SEXしまくる主婦

・【熟女体験談】得意先でかなり年上の年配のおばさんとSEXした

・姉は無防備

・いまも体が忘れていないあんなSEX

・姉とセックス

・【Hな体験】セックスの名人キャラが幸いして同僚OLとやれた

・【レイプ】女3人旅の混浴で労働者たちに代わる代わる犯された

・ダイエット中に調教された妻 その2

・【Hな体験】気持ちいいけど怖かった初めてのピンサロ体験

・【熟女体験談】推定六十路の老婆に逆レイプをされたのがきっかけで熟女に興味を持った

・無職夫のため同級生達に体を開く妻

・【人妻体験談】ママ友の上半身真っ裸を見てしまい、頭から離れず、酔ったママ友を家まで送ってパイズリSEX

・無抵抗の相手に腰を振るという興奮

・SMパートナー探し専門の掲示板での事

・義姉の乳首を唇に含み、おっぱいを・・・

・日本の行為は「侵略」だったのか?

・【人妻体験談】バツイチのシングルマザーが勃起したチンポを觀て擦ってきたので、そのまま汗だくセックス

・【熟女体験談】ディルドで腰を振るバツイチ熟女の頭を掴んで思い切りイマラチオ

・【Hな体験】19歳の美容師の卵と人生初の中出しセックス

・友里さんの着替え

・見た事がある人を思い出し赤面

・人間万事塞翁が馬

・元妻の姉とエロ仲になり重宝している

・【乱交】会社の男達に輪姦されてる現実が余計に私を高ぶらせる

・【熟女体験談】名器な独身OLの機関銃の様な早打ち振りのエロさに超興奮

・美人女医の恥ずかしい姿 完成版

・刺激を求めてる専業主婦で出会い系デビュー

・「母がやくざ風の男から息子2」の続きが読みたいです