寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

痴漢電車

2017/12/07 19:49


春先になって、いつもはなかなか電話をよこさない父から電話がありました。
親類に今度東京の大学を受験する姪が居るので私の所に泊めて欲しいという
連絡でした。
父から言われて断る訳にもいかないので、全然構いませんよとひとまず返事を
しました。

試験の数日前に高校の制服を着た女の子が来ました。
私のいた高校の制服だったので、すっかりなつかしい気持ちがこみ上げてきま
した。
顔立ちは私の母に似てやや丸顔で、高校生の割にはまだ幼い雰囲気が残ってい
ました。

東京ではまだ中学生くらいの女の子にしか見られないような仕草で、表情も田 舎の女の子らしくて純朴な感じでした。
私も高校生の時はこんなだったのかしらと、胸が熱くなりました。

小柄な体の割には胸は人並み以上に大きくて、幼さの残る顔とは不釣り合いな気
がしました。
姪は通学用のカバンに受験用の参考書をたくさん入れて持ってきたようですが、
他に着替えらしい荷物は見あたりませんでした。
数日は泊まることになるので、着替えくらいは持ってきたほうがよかったのに
と思いましたが、何も言わないことにしました。

旦那の部屋に通して、荷物を置かせてひとまずお茶を飲ませました。
姪は落ち着かない様子で、受験会場の場所を確かめたいと言っていました。
私は地図を出してきて、場所を教えて電車の道順も何度も教えました。

姪は東京には慣れていないので、朝起きる時間を何時にすればいいのか分からな
いので困った様子でした。
ひとまず落ち着くと姪はカバンから参考書をだして、旦那の机に広げて勉強を始
めました。
私は邪魔をしてもいけないと思い、旦那が帰るまでそっとしておく事にしました。

翌日の朝早くに家を出て夕方には無事に一日目の試験も終わって戻ってきました。
姪は、とても疲れた様子でほとんど一言も口を開きませんでした。
私はあまり気分を刺激しないほうがいいと思って試験の事は聞かないように気
を使いました。

しかし食事の時もなにか様子が変なので、「今日はどうだった」と試しに聞いて
きました。
すると「東京の電車って混んでるんですね、それに変な人もいるし」とようやく
口を開いてくれました。

私はもしかしてと思い「それで、変なことされたの」と聞いてみました。
やっぱり私の心配が当たったらしくて姪はそのまま黙り込んでしまいました。

「明日は私が一緒に行ってあげるから、それにもっと早い時間ならそんなに混ま
ないし」と私が言ってあげると姪は「お願いしますと」と答えてくれて、ようや
く気持ちがすこし落ち着いたようでした。

翌日の朝私は、すこし早めの時間に姪と乗りました。
しかし、電車は思っていたより混んでいて、昨日の方がまだ空いていたと姪が
言います。
ホームには女子校の制服を着た女の子達が大勢並んでいて、ちょうど近所の女
子校の登校時間に重なってしまったようでした。

私達は電車に乗り込むと、ほかの女子校生達も一斉に電車に乗り込んできました。
これでは、かえって痴漢の多い時間に乗り込んでしまったような気がして私は心
配になりました。

あと数駅で降りる駅と言うとき、急に混雑が激しくなり、姪がドアの角に押しつ
ぶされそうになりました。
そのとき姪の視線が私に向けられて、助けを求めるように半分泣き出しそうな顔を
しました。

姪のすぐ後ろに身体をぴったりと押しつけている男性が目に入りました。
私はまた痴漢に狙われていると思い、なんとか姪の側に身体を押しつけると痴漢
と姪の間に割って入りました。

姪は、すこし落ち着いた表情を取り戻しましたが、今度は痴漢の手が私の胸に
回されると後ろからねじり上げるように押し回してきました。
私は声を上げれば姪が無事試験場に時間前に付けなくなると思い、必死で声を
ださないよう我慢しました。

すると痴漢の手は今度は私のスカートの下からお尻を触ってきました。
私はなんとか姪を無事に試験場に行かせた一心で必死で我慢を続けました。
痴漢は私には何をしても大丈夫と思ったのか私のパンティーの間から指をくぐ
らせて、肛門に親指をねじ込むように押し入れてきました。

私は悲鳴を上げそうになりましたが、必死でこらえました。
姪は無事に大学のある駅で降りましたが、私は身体の芯を押さえつけられ身
動きできませんでした。

終点まで電車が着くまで、時間が止まったように限りなく長い時間がかかりました。
私が押し込められているドアとは反対側のドアが開きました。
電車から一斉に乗客が降りていくのをみて、私はこれで助かったと思いました。

しかし、私の身体は数人の男に取り囲まれて、電車に取り残されました。
電車の中が一瞬誰もいなくなった隙に、男達は私の身体を押さえ付けたまま私
のパンティーを膝まで降ろしました。

他の男が手早くハサミでパンティーを切り取ると手早くポケットにしまいました。
私はなにがあったのか訳が分からなくなりました。
その途端に今度は乗客が一斉に乗り込んできました。

男達はさっきと同じように私をドアの角に押しつけると、一人がすぐ横で椅子に
座りました。
椅子に座った男は手を上に差し出すと私の花園に指を押し入れてきました。
別の男がさっきと同じように肛門に親指を差し入れてきました。
私は膝ががたがた震えると頭が空っぽになったようになにも考えられなくなり
ました。

指が巧みに小刻みに震えると、身体を包む熱い噴水が沸き上がりました。
私は自分がなにをしているのかもうなにも分からなくて、前と後ろから動き
続ける太い指の動きの感触だけが私を包み込んでいました。

終点の駅まで来ると男達はようやく私から離れました。
私は震える足でやっとホームに降りました。
このあとどうすればいいのか私には頭が空っぽになってなにがなんだか分かり
ませんでした。

「まだ続きがあるんだ、どうだ一緒に来て貰おうか」
と男の一人に耳元でささやかれて私は小さくうなずきました。
改札口を男達に前と後ろを挟まれて外にでました。

大通りをしばらく歩くと横道があり、細い道を何度か曲がるとラブホテルが数件
ならんでいました。
「どうだいやなら、帰っていいんだぜ、どうだこのまま帰りたいのか、」と言
われて私は「意地悪言わないで下さい」
と小さく言い返しました。

「いいんだな、はっきり言うんだ」
と問いつめられて「お願い早くして」と私は叫び声を上げました。
男達はようやく私の背中を押してラブホテルに連れ込みました。

私は逆らう余裕などあるはずもないとすぐに分かりました。
許しを請う時も与えられずに、私の体は征服者に汚されました。
繰り返される欲望の儀式は、時の流れが止まったように終わることがありま
せんでした。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【レイプ】美容師のマゾ女判別法3
2015/12/25 04:52
2015/12/25 04:52
美容師のマゾ女判別法1美容師のマゾ女判別法2さて、ここからが困った。 予定では、エロエロになった加奈子ちゃんを俺の部屋に連れ込んじゃうはずだったんだけど、このテンションだと、今にも帰りそうな感じ。やっぱ、経験の浅い加奈子ちゃんには、レズはきつかったみたい。。。エロ話にもほとんど反応なし。話しかけたときに、無理に見せる笑顔が俺たちの加虐心を煽るけど、それもこっちのフィールドに引き込まないと消化不良に終わってしまう。こっちは、レズって逝っちゃった加奈子ちゃんのあの悩ましげな官能の表情を見て、チ●チンがビンビンなのに、、、ここで終わったら、たまったもんじゃない。 もうここは、泣き落とししかない。と…
覗き体験談。。女子大生の一人Hを新規開拓
2016/09/06 19:15
2016/09/06 19:15
今夜は女子大生の一人Hを新規開拓。 カーテンの隙間がちょうど寝てる位置。スマホを片手に、右手はパジャマの中に突っ込んで股間を小刻みにさわっていた。 ただし、最後ま
パンティラインがクッキリしている欲求不満な人妻と・・・・
2017/07/19 20:16
2017/07/19 20:16
純子は素人人妻で28歳の専業主婦

夫はサラリーマンで帰宅がいつも遅い。

先日、用があって夕刻に訪ねた。

玄関から呼んでみたが返事がないので裏の方に回ってみた。

梅雨時のせいもあり、洗濯物が所狭しと干してあった。

よくみると、純子のパンティが何枚も干してある。

色とりどりでナイロンのスケスケのものまである。

ついでに1枚いただこうと手にした瞬間、

「あら、○○さん。こんな所からどうしたの?あ、私の下着を・・・。」

ギクっとして何も言えないまま立っていたが、

「○○さん、私の下着に興味があるの?エッチねえ。」

と意外な言葉。

「いやあ、奥さんのパンティを見たら急に…
狙われた彼女6
2015/09/29 01:05
2015/09/29 01:05
一気に指をピストンする。「あん・・あっ・あ・あ・あー」紗織は力が抜けたように、沈みかけたが、先輩3が下半身を、支えている為、崩れなかった。「どうだ?これが逝くって言うんだ」紗織「ハァハァハァ」私は、初めて紗織の逝く姿を見て、興奮していた。そして、先輩2は、紗織の前に行き、紗織の頭を優しく上げると、自分のペニスを、紗織に近付けた。紗織は、ペニスを、口に含んだ。その瞬間、先輩達が、目を合わせ、ニャっと笑った。先輩2は、紗織の口内目掛け優しく腰を動かした。そして、先輩3は、紗織の腰を持つと、「紗織ちゃん、俺たちから離れられなくなるよ」ペニスを紗織の大事な部分にあてると、少しづつ挿入した。「さすがにキ…
【体験談】気づくのが遅かった?あれが本当の恋だったかもしれない
2016/04/20 15:30
2016/04/20 15:30

ある会社に面接に行った。



そこは企画物のグッズや
小物の制作会社で、
オープニングスタッフを募集してるとか

面接は緊張したが、
あっさり合格で内定が決まった。



職場には、20~23歳くらいの
同じような歳の連中が集まった。



俺を入れて男三人、
女三人の六人だった。



だが、その会社の社長というのが
いい加減なオッサンで、
口だけは景気のいいことをいうが内情は、
会社としてはさっぱりだった。



売り上げなんかほとんどなく、
もともと親の金で道楽で
始めたような会社だったらしい。

悪友の奴隷となった私達夫婦
2016/07/28 20:05
2016/07/28 20:05
私達家族(祐次52歳・由佳45歳・娘19歳)はどこにでもいる普通の幸せな家族でした。 娘は大学進学と同時に通学のため一人暮らしになっていました。 妻・由佳は専業主婦で、155センチ・86・60・88のスタイルに対して可愛い感じの顔だちです。 新婚いらいの二人だけの暮らしになって、夜の生活も妻と楽しもうと思うのですが、毎日、会社からの帰りが10時過ぎになり、週末も仕事の疲れが溜まって2~3ヶ月に一度がいいとこです。 妻とのセックスは時間も短く、挿入して私が逝って終わりのセックスですが、妻は処女で私と結婚し、セックスはこんなものだと思っていたそうです。 そんな、妻が淫乱な人妻になってしまったのは私…
8才年上の超巨乳の姉
2016/04/18 06:00
2016/04/18 06:00
ぼくには8つ年の離れた姉がいます。ぼくが今年30になるのでもう37か38。
でも姉はまだ独身です。姉は英語がペラペラでなおかつ勉強とか研究が大好きなので、アメリカで通訳のアルバイトをしながら大学院に通っています。でも年に数回(正月とか お盆)は帰ってきます。
これはこの間のお盆のことです。


久しぶりに実家に家族4人が集まりました。実家といっても田舎ではなく単に
自宅です。夜ともなると父母は年なので早々に寝てしまいます。

姉はぼくの部屋のマンガを自分の部屋に持ち込んで読んでいました。
(姉はマンガも大好きなのです。でも、こういう面がないと男は引いちゃう…
★近年の女性の体は歳をとっても若いですね
2016/05/24 10:57
2016/05/24 10:57
 今、ホテルのベッドで私に抱かれている純子さんは、私と同い年の48歳です。しかし、体は本当に素晴らしい! 少し垂れかけてはいるが見事なバスト、細い腰、横に張った大きなお尻から細くてきれいな脚が延びている、日本人離れした本当に素晴らしいプロポーションです。

 今日、初めてお相手をさせてもらっています。彼女は私が独立する前の会社のパートさんで、会うのは10年ぶりです。私は彼女が入社した時から彼女の体に興味を持ち、それとなくアタックしていました。
 同い歳ということで仲良くなり、やっと落としホテルまで行ったのですが、不覚にも酒が入りすぎ、彼女の必死の口での努力も無駄で、彼女に恥をかかすという結…
小学生のころ、温泉で、好きだった男子と…
2016/09/08 00:05
2016/09/08 00:05
小学5年のときかな。母と近くの温泉へ行った。さっそく湯船に入ると、なななんと、当時すきだった男子がいたのです。本当にびっくりして、見ないようにしていたら、その男子、けんくんの視線を感じていました。で、洗い場にいこうとしたら、洗い場が並んでいて、5分くらい並んで、さあ、体を洗おうとすると、隣にけんくんが。。。並んでいたせいだとは思いましたが、、、なんで!?という気持ちと、私はけんくんが好きな立場なので、嬉しいという気持ちもありました。やはり、けんくんも私に気づいていて、チラチラと、私の顔よりも、体をみていました。当時オナニーもしっている私、少し興奮していました。だからサービスしてやろうと、さりげ…
友達の母親が奴隷に
2017/12/27 17:22
2017/12/27 17:22
昔の話になるが、私が高校生の時の話です。 私の友人に、超大金持ちのA君がいていつもつるんで遊んでいた。 ある日、デパートのゲーセンで遊んでいると、同じ学校のB君がいた。 俺たちは学校の中でもちょっとヤンチャ(昔で言う不良グループ)でB君はイジメられるタイプだった。 暇だったので、ちょっとカラかっていた所、B君の母親が現れた。 母親「どうしたの・お友達?」 B君「ん~ まあ」 母親「そろそろ帰りますよ」 B君「ん~じゃー」と言うと帰って行った。 B君の母親は、とても綺麗で高校生の息子が居るようには決して見えない、スタイル抜群の人だった。 しかも、俺好きのお嬢様風風。-----俺の母ちゃんとは大…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・迷子と偽って近づいてきた少年が豹変して僕の母親をレイプした

・私の体を知り尽くした彼の、乱暴で緻密な愛撫で・・・

・濡れた添乗員のお姉さんと正常位でセックスした話

・【衝撃】ヤリマン女子大生だが質問ある?

・思春期の頃、互いにオカズにしてた姉と

・■セフレは信金の営業担当

・二人の姉と妹。そして・・・。 続続続編

・社員旅行でキモイ奴に弱みを握られてレイプされてしまいました…

・社員旅行で夜這いされて、浮かれて何回もした私

・淫乱人妻が寝取られ・中出し不倫

・義姉がエッチすぎる 続続編

・「どこで何をしててもいつか必ず会えるってわかってるから、全然つらくない。その日が来るまでがんばる」

・【熟女体験談】女性に対してコンプレックスを持つ童貞が美熟女ソープ嬢に非日常的な体験をさせてもらい超感謝

・義妹に強引にキスから始まり・・・

・義姉がエッチすぎる 続編

・【男×男】美しい僕に嫉妬した女友達の報復

・中学時代の女友達を泥酔レイプ

・奥さんの裸にエプロン

・性格もよくて色気のある美人系のホステスと友達と俺

・義姉がエッチすぎる

・30代の義姉に堪らなくなって犯してしまったレイプ体験談

・ネカフェで手コキフェラしてくれる先輩OLとの話

・■心電図の測定で脱がされた体験談

・【裏山】アイドルと付き合ってたことあるけど質問ある?

・7歳上の同僚女性職員とセフレのつもりが妊娠して結婚することに

・姉のマッサージ 2

・泊まりがけの懇親会で酔い潰れて全く起きない先輩美人社員をこっそりレイプ

・出会い系で銀行員の奥さんつかまえて中出しwww

・★嫌だった看護師の妹に介抱された俺

・姉のマッサージ 1