寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

結果オーライの妻のAVデビュー

2017/12/07 19:00


八代美香…36歳。A型。身長160センチ B84、W60、H87
妻の性格は一言で言えば、おっとり型
いつも優しく微笑んでいる事から“モナリ ザ”というあだ名を子供達から付けられている。
趣味はガーデニングとフラワーアレンジメント
特技は、ピアノと書道、そして昔取った 杵づかで意外にもママさんバレーのレギュラー選手である。
これが私、八代一明(39)の妻、美香のプロフィールです。

夫婦仲は普通でしたが、最近、妻が私の求めを拒むようになって来たのです。
疲れているから…と布団を被って申し訳なさそうにやんわりと拒まれては私も怒る訳にもいかず、何度か肩透かしの目に遭っていたのでした。
浮気などしている素振りもないし、オナニーで満足している訳でもないだろうが、いずれにしても私にすれば不満だった。
そんなある日東京にいる友人から一通の手紙が届いた。
その友人は地元にいた頃は無二の親友だった男だから久しぶりの連絡に喜び勇 んで封を開けた。
その手紙には信じられない内容が書かれていた。

『ご無沙汰しております。
実は私今アダルトビデオを製作しているビーナスという会社の取締役を引き受ける事に致しました。
業界の事は不案内ですが引き受けたからには誠心誠意努力していく所存であります。
こちらへいらした折には是非撮影風景など見学されてみてください。』

そんな内容だった。
丁寧な書き出しだったが、内容には驚かされた 。
酒井の奴、昔から好奇心は旺盛だったからな… 。
私は苦笑いした。
だが『撮影現場の見学』という文句が気になった 。
アダルトビデオの撮影現場を見学出来る機会なんて滅多にある事じゃない。
是非一度、見てみたいものだと真剣に考える私だった。

私はさっそく手紙をくれた友人に連絡を取った。
電話で話したのだが、久しぶりだったせいもあって1時間も話をしてしまった。
最後に撮影現場の見学の話をしようと思っていたら、以心伝心、酒井の方から切り出して来たのだった。
「手紙にも書いたが、こっちへ来る機会があったら、一度撮影現場を見学してみないか…?」
「 ああ、そうだな。正直、大いに興味があるよ。」
私は正直に答えた。
後は話はとんとん拍子に進んだ。

東京にいる友人から、新規に店をオープンさせたから夫婦で是非来て欲しいと宿泊券付で招待を受けた…。
そんな口実で来週妻を連れだっての上京が決まった 。
最初は私一人で上京する予定だったが酒井が奥さんにも会いたいから一緒に連れて来いと強く主張したのだ。
私がアダルトビデオの見学に行く時は妻に買い物でもさせておけばいい… そう考えていた。

翌週になり、私は妻を連れだって上京した
「二人で出かけるなんて久しぶりね。」
新幹線の中で妻が言った。
「そうだな。でも子供が出来れば夫婦水入らずなんて不可能だからな… 。」
私は笑いながら答えた。
心なしか楽しげな妻の横顔を見ると、夫 婦水入らずの旅行も悪くないなと思う私だった。
妻の美香はしっとりと落ち着いた感じの美女だった36になる今もスタイルの良さは健在だっし、長い栗毛色の髪もサラサラで艶っぽかった。
街を歩いていると、時折、後ろから若い男に声をかけられる事があるらしいから少なくとも今も後ろ姿美人には違いないようだった。
そんな妻を横目で見ながら今夜の事を想像して一人興奮していた私だった。

昼前に東京駅に着いた私達は駅の構内で軽い食事を済ませてから、酒井との待ち合わせ場所に向かった。
酒井は私達の結婚式に出席してくれてはいるが、妻と会うのはそれ以来だから果たして顔を合わせてもわかるかどうか…?
約束の時間になっても酒井は現れなかった。
どうしたのかと携帯を手にした途端…
「八代さんですか…?」
と背後から声をかけられたのだった。
振り向くと日焼けして顔が真っ黒な逞しい若者が立っていた。
「私、ヴィーナスの沢木と申します。八代さんをお迎えにあがるようにと酒井から頼まれたものです。」
顔の黒さと対照的な白い歯を見せながら、その青年が爽やかに挨拶して来た。
「ああ…そうですか。それはご苦労様です。」
てっきり酒井が迎えに来るものとばかり 思っていたから少々面食らったが、私も丁寧に挨拶を返した。
その若者は妻が持っていたトランクを軽々と持ち、私達を先導してくれた。
「綺麗な奥様ですね。」
途中、沢木と名乗ったその若者が私に耳打ちした。
「いやいや…そんな事ありませんよ。」
私は内心嬉しく思いながら笑って否定した。
どこへ連れて行かれるのだろうか…?
まさか撮影現場に直行などしないだろうな…?
後ろから付いて来る妻の存在を気にしながら私はドキドキしていた。

10分程歩くと沢木はあるビルの入口を入って行った。
7階建てのこぢんまりしたオフィスビルだった。
狭いエレベーターに乗り、最上階で降りると沢木が右奥のドアをノックした。
「はい、どうぞ。」
中から聞き覚えのある声で返事が返って来た。
沢木がドアを開けて私達を案内する。正面に大き机があり、そこに酒井が座っていた。
「やあ、久しぶりよく来たな。」
私と酒井は固い握手を交わし、再会を喜び合った 。
「奥さん、お久しぶりですね。」
私の背後に立っていた妻に気づいて、酒井が丁寧に頭を下げた。
妻も懐かしそうに微笑みながら深々と頭を下げる。
酒井に進められるままに横にある応接用のソファに腰を下ろした。
「それにしても奥さんは結婚した頃と少しも変わりませんね 。」
早々に酒井が私の隣に座る妻に社交辞令を言った。


「では、そろそろ八代ご夫妻に私の仕事場をご覧いただく事にしましょうか?」
しばらく昔話に花を咲かせた後、不意に酒井が話題を変えた。
「え…?」
驚いた私は酒井に目で合図した。
(違うよ!見学は俺一人でするんだよ。)
必死にアイコンタクトを試みたが、そんな私の慌てぶりを知ってか知らずか、酒井がさっさと腰を上げた。
するとそれを待っていたかのようにドアが開き、さっきの沢木という若者が現れた。
「八代ご夫妻を現場にお連れして…」
酒井が言うと沢木がサッと立ち回って私達をドアの方へ導いた。
(まったく酒井の奴は…一体何を考えているんだ…?
AVの撮影現場なんか見せたら美香は卒倒しちまうぞ)
執拗な私のアイコンタクトにも無視を続 けている酒井に内心で舌打ちしながら自棄になった私は沢木の後に付いて部屋を出たのだった。

エレベーターに乗り、今度は5階で降りた。
どう見ても、見た目は普通のオフィスビ ルだ 。
一番奥の部屋に案内された私達はまず入口の所で立ち止まってしまった。
中は二十畳程もある広い部屋だったが、 不自然だったのは部屋の隅にドンとキングサイズのダブルベッドが置かれているだけで、それ以外は余計な家具や調度品など何もない点だった。
「さあ、どうぞ。もうすぐ始まりますから… 」
ベッドと反対側の壁の前に沢木が私と妻が座る椅子を二つ用意してくれた。
「あなた…何が始まるのかしら?」
沢木が部屋を出て行くと、妻が小声で聞いて来た 。
私は答えようもなく、首を振るしかなかった 。
それから間もなくドアが開いてドカドカと何人かの男女が部屋に入って来た。
「紹介しておくからな…。こちらは酒井さんのお知り合いの八代ご夫妻。今日は見学に見えたんだ…」
さっきの沢木が他の男女に私達を紹介してくれた。
すると皆が一斉に私達に頭を下げて挨拶した。
見た所、沢木という若者は他のメンバーに影響力のあるリーダー的な存在らしかった。
私と妻は戸惑いながらも椅子から立ち上がって挨拶を返した。
ライトが焚かれ、カメラが用意されて撮影の準備が整った 。
セーラー服姿の女優がベッドの端に腰掛けて、監督のスタートの合図を待っている。
「ねえ、映画の撮影みたいね… 」
妻が私に囁いて来た。
何も知らない妻は、初めて見る映画の撮影現場に胸をときめかせているようだった。
その弾んだ顔が次第に青ざめていく過程を想像すると後ろめたさに胸が痛んだ。


撮影が始まっていた。
ベッドの端に腰掛けたセーラー服姿の女優と隣に腰掛けた男優が何やらお喋りをしている。
それをライトの係とカメラマンが囲んで撮影しているのだ。
沢木は壁際で腕組みをしながらじっと見守っている。
茶髪で細身の若い男優が女優の髪をいじり始めた。
最初の内はキャッ、キャッとはしゃいでいた女優の口数が減って来ている。
その内に男優の手が女優の胸を揉み始めた。
チラと妻を横目で見ると予想通り、驚いているようだった。
「あっ…感じちゃう…」
女優が甘い声を上げた。
男優が女の耳を噛みながセーラー服を脱がせ始めた。
妻が呆気に取られたように口を開けている。
妻はまだ映画のラブシーンだと思っているだろうか?
妻には見せたくなかった。
事の次第が明らかになった時、妻はきっと私や酒井に呆れたように軽蔑の眼差しを向けるに違いなかった。
「あん…ダメ… 」
見るとベッドの上で二人が絡み合っていた。
私一人なら、そんな場面に集中出来ただろうが、妻が隣にいては気が気じゃなかった。
撮影は進んでいき、ベッドでは男優が女優に指マンをくれていた。
「ああっ…イッちゃう!」
女優がけたたましい悲鳴を上げたその時、隣の妻が驚いたように体を ビクッ とさせた。
妻が怒り出して、いつ帰ると言い出さな いか心配だったが、今の所、その気配はなかった。
それによく見ると妻は顔を背けるでもなく、珍しいものを見るかのように真剣な眼差しを向…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【人妻体験談】妻と私の友人
2015/10/27 06:51
2015/10/27 06:51
2009/06/04 16:36┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者友人を家に招いての食事は 結婚前から頻繁にありました。 その友人のなかにKという男がいるのですが その男と妻の話です。 Kは私が妻と付き合っているときから ずっと羨ましいと言い続けていました。 妻や他の友人がいる席でも 綺麗だとかスタイルが良いとか 私にはもったいないとかいろいろな言葉を言っていました。 友人の中でも唯一独身のKは いつも一番遅く到着するかわりに一番遅くまで私の家に居座り、日によっては そのまま酔いつぶれて寝てしまう事も多くありました。 そういう 他の人にされたら全員が不快に感じる事をしても…
眠ったふりしてた色っぽい義姉と、我慢できずに中出しSEX
2017/03/20 12:00
2017/03/20 12:00
GWに、妻と一緒に義姉の家に泊まりに入ったときのことを書きます。
義姉の旦那の出張にかこつけて気兼ねなくのお泊まりでした。
義姉は私より3つ年上で5歳の子供もいるので、これまであまり女としてみたことはなかったのですが、今回妙にきれいに色っぽく見えました。
いつも私達と会うときは比較的露出の多い格好をしているなあと思ってはいたのですが、今回は妙に気になりました。


義姉の旦那は実は結構な歳で腰に持病を患っているため、妻の冗談交じりの話だと、ここ最近はしばらくご無沙汰だろうとのことで、その情報がまた私の気をそそっていました。

夜、子どもが寝てしまい、大人3人でTV…
ビッチなバカ姉がいきなり咥えてきた
2017/07/20 15:19
2017/07/20 15:19
去年は色々ありました。 ありすぎました。 でもその前年は、もっと色々ありました。 夏休みのその日は猛暑日でした。 サッカーの朝練中からムレムレで、日が昇ると地獄でした。 体調を崩す仲間が増え始めたので、明日の試合を考慮して監督が早々に切り上げました。 僕は家に帰って、明日のために部屋の中でスパイクの手入れをしました。 お昼過ぎです。 「ともゆき、ともゆき!」 風を通すために開けておいた入口を塞いで姉が突っ立ってます。 上手く説明できませんが、立地の関係で僕の部屋は入口を開けないと風が通りません。 扇風機もなくて室温が上がります。 「暑いよ、そこ退けよ」 僕はイラッとし…
同級生のユカリの旦那
2016/01/09 22:34
2016/01/09 22:34
マンションに引っ越してしばらくした時に、どこかで見覚えのある顔に出会いました。
その人は、中学校時代の同級生のユカリでした。

まさか同じマンションに住んでると思わなかったからビックリしたけど、それからというもの、家族ぐるみでお付き合いするようになりました。
でも、それが大きな間違いに発展してしまいました。

ユカリが家を数日空けるのと、うちの主人の出張の日が重なったんです。
それで、お互い一人だから食事でもって、ユカリの家で旦那さんに食事を作ってあげてたら、いきなりガバって後から抱き締めてきて、激しく胸を揉むんです。

「ああ、ユカリとは違って、ムチムチしててたまらない…
【痴女】芸能人は×××が命
2016/01/05 11:29
2016/01/05 11:29
俺はコンビニでバイトをいているんだが、 そろそろ妹の誕生日だし、給料で何か買ってあげようと思ってんだよね。 俺ってばヤーサーシーイー! でも女の子って一体何あげれば喜ぶのかよくわからないから、 バイト先の後輩の清水さん(♀)にきいてみることにしたんだわ。 いや、別に話すきっかけにだとか、この際に妹思いの優しいお兄ちゃんアピールしたかったとか、 あわよくばおっぱい揉みたいとかそういう下心はなかったけどね! 俺「あ、あのー清水さん?妹に誕生日プレゼント買おうと思ってるんだけど何がいいかな?」 清水「えぇー!?先輩妹さんいるんですかー?意外ですねwww私でよかったら力になります…
美術部の中で男は・・僕1人です【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/09/24 10:59
2017/09/24 10:59
はじめまして、僕はY県の某高校2年17歳のHです。今通っている高校は、もともと女子高だったのですが 数年前から共学になり、家から近いということで、この高校に入りました。男は、校内で3割ぐらいしかいません。 1年の時のクラスは、男は僕1人であと23人は女です。僕は人見知りするタイプで、女性も少し苦手でした。 連れに「好いよな~男お前1人だろ?でも、お前大丈夫か?1人で。」連れも僕の性格を知っていたので心配していました。 僕は「しょうがないよ。何とか適当にやるよ」といいながら廊下を歩いていました。 休憩時間になると廊下のあちこちで、部活の勧誘が始まります。連れ2人は、陸上部と剣道部に決めてい…
入れられましたが酔っ払って覚えていない
2016/01/15 13:12
2016/01/15 13:12
4歳OLです。先週の話です。すごくお世話になった先輩が妊娠して辞めることになって、その送別会で悲しくて普段あまり飲まないお酒を飲んでしまいました。それが失敗の始まりです。2次会で課長の隣になって注がれるがままに飲んでいて、気が付いたらラブホで課長に抱きつきながら全裸で寝ていました。しかもアソコはセックスをした後の独特の感覚がありました。私は頭がガンガンしている中でどうしていいのか分からず取り合えず帰ろうと思い、課長を起こさないようにベットから出ました。



するとアソコから白い液体が溢れて出てきました。嘘でしょ!と思いながらそれをティッシュで拭いて服を着ていまし…
【熟女体験談】変態サイトを妻と閲覧し、妻の寝取られに夫婦で興味をもつようになり・・・
2016/05/02 18:02
2016/05/02 18:02
2016/05/02 (Mon) ある日、複数プレイのサイトを妻と2人で見ていました。


「自分の奥さんが目の前で他の男に抱かれるのってすごいよね」


と私が話し掛けた時、


妻は食い入るように画面を見つめコメントを読んでいました。


私は妻にマウスを渡し妻が


どんなページに興味を引くか見ていました。


Aさんが妻の奥深くに入れたまま、


「中で出していいの?」


と聞くと妻は

「中に出してAさん気持ちいい、奥にいっぱい出して!」


と言いながらAさんにしがみついてAさんの張り詰めたペニスから


注ぎ込まれる精液を気持ち良さそうに受け止めていました。

【人妻】子連れの母親をいただきました
2015/12/15 08:31
2015/12/15 08:31
599:恋人は名無しさん:2008/04/03(木)17:16:55ID:49fnUITF0 修羅場投下させて下さい。 長い&まとめられなかったので、許してください・・・。 私子・・・投下者。当時23歳。美容関係勤務。 彼男・・・私子の彼。当時36歳。アパレル関係。 メル子・・浮気相手。当時25歳。事務関係。メルヘンな感じがしたのでこの名前。 彼男とは付き合って5年。 当時は結婚しようという話をしていた(していただけで正式には何もない)。 ただ彼が当時勤めている会社に移ったばかりで、まだ仕事も慣れていないなどの理由により暗黙の了解で延期にな…
ドラッグストアの屋上で女店員と全裸で激しく・・・
2018/06/09 00:12
2018/06/09 00:12
子育てに忙しい女房とはセックスレスだったから、欲望の捌け口の最初は風俗だった。
だけどヘソクリも使い果たし、もっぱら自家発電で処理してた。
それもほぼ毎日、車の中で。ところがその頃やたらと仕事が忙しくて、1ヶ月くらいはオナる暇もない程。本当に忙しいと、朝勃ちもしないんだな。
ようやく早目に帰れるという日、ビールを買うために遅くまで営業してる大型ドラッグストアに夜19時過ぎに車を入れた。
時間もまだ早いし、久々に自家発電しようと思い立ち、店の前に広がる駐車場から、他の車が少ないだろう屋上駐車場に車を移動。
案の定、他には車がいない。
その隅っこに停車して、お気に入…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・高級ソープ行ったら2時間で4回搾り取られた

・【熟女体験談】垂れ乳爆乳な義母と公衆トイレで青姦SEXしていたら男がやってきたので、義母を犯してもらった

・妹のパンツを見た友人

・ショートパンツを見ると

・後輩の奧さんに欲情して生挿入してしまったが・・・

・【SM・調教】年上のOLを釣りに誘ってハメ撮り調教[後編]

・彼女の友達にいたずら

・彼氏とのSEXは相性が良くてエロエロ三昧

・妻の妹と偶然飲み屋で会って盛り上がって・・

・清楚な後輩の部屋の前で聞き耳をたててたら

・妻が他の男性とセックスをする場面を・・・

・#結婚を考えてる彼女をトルコ人に抱かせてみたら

・夫が不倫してHIV感染

・人妻の先輩に誘惑されて種付けしました

・【人妻体験談】人妻デリヘル嬢の面接に行ったら、店長にレイプされた

・【熟女体験談】魔女っ子ヒロインのコスプレをした妻に逆レイプされた

・【SM・調教】年上のOLを釣りに誘ってハメ撮り調教[前編]

・巨乳の先輩の乳首

・サイトで出会った人妻とナマでやるために考えた作戦

・私の男とのSEX歴をお話しします

・【不倫】熟女な私がナンパされちゃって・・・。

・清純顔して彼氏がいるのに同じサークルの奴に色目を使うヤリマン女

・【人妻体験談】娘の彼氏だけでなく、夫まで寝取る物凄いヤリマン母

・【熟女体験談】平凡な主婦が初めて「イク」という快感を体験した結果、常にSEXしたいという淫乱になった

・誰かに言いたいので投書いちゃいました

・高2の冬、ナースと実際にあったガチのエロ体験

・【不倫】フェラのことを「キス」と言う微乳の元ヤン妻

・礼二の寝取られ実験 パート3(完結)

・大好きだから精液もゴックンしちゃう彼との甘い夜の生活

・旦那さんと別れて俺と・・・