寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

結果オーライの妻のAVデビュー

2017/12/07 19:00


八代美香…36歳。A型。身長160センチ B84、W60、H87
妻の性格は一言で言えば、おっとり型
いつも優しく微笑んでいる事から“モナリ ザ”というあだ名を子供達から付けられている。
趣味はガーデニングとフラワーアレンジメント
特技は、ピアノと書道、そして昔取った 杵づかで意外にもママさんバレーのレギュラー選手である。
これが私、八代一明(39)の妻、美香のプロフィールです。

夫婦仲は普通でしたが、最近、妻が私の求めを拒むようになって来たのです。
疲れているから…と布団を被って申し訳なさそうにやんわりと拒まれては私も怒る訳にもいかず、何度か肩透かしの目に遭っていたのでした。
浮気などしている素振りもないし、オナニーで満足している訳でもないだろうが、いずれにしても私にすれば不満だった。
そんなある日東京にいる友人から一通の手紙が届いた。
その友人は地元にいた頃は無二の親友だった男だから久しぶりの連絡に喜び勇 んで封を開けた。
その手紙には信じられない内容が書かれていた。

『ご無沙汰しております。
実は私今アダルトビデオを製作しているビーナスという会社の取締役を引き受ける事に致しました。
業界の事は不案内ですが引き受けたからには誠心誠意努力していく所存であります。
こちらへいらした折には是非撮影風景など見学されてみてください。』

そんな内容だった。
丁寧な書き出しだったが、内容には驚かされた 。
酒井の奴、昔から好奇心は旺盛だったからな… 。
私は苦笑いした。
だが『撮影現場の見学』という文句が気になった 。
アダルトビデオの撮影現場を見学出来る機会なんて滅多にある事じゃない。
是非一度、見てみたいものだと真剣に考える私だった。

私はさっそく手紙をくれた友人に連絡を取った。
電話で話したのだが、久しぶりだったせいもあって1時間も話をしてしまった。
最後に撮影現場の見学の話をしようと思っていたら、以心伝心、酒井の方から切り出して来たのだった。
「手紙にも書いたが、こっちへ来る機会があったら、一度撮影現場を見学してみないか…?」
「 ああ、そうだな。正直、大いに興味があるよ。」
私は正直に答えた。
後は話はとんとん拍子に進んだ。

東京にいる友人から、新規に店をオープンさせたから夫婦で是非来て欲しいと宿泊券付で招待を受けた…。
そんな口実で来週妻を連れだっての上京が決まった 。
最初は私一人で上京する予定だったが酒井が奥さんにも会いたいから一緒に連れて来いと強く主張したのだ。
私がアダルトビデオの見学に行く時は妻に買い物でもさせておけばいい… そう考えていた。

翌週になり、私は妻を連れだって上京した
「二人で出かけるなんて久しぶりね。」
新幹線の中で妻が言った。
「そうだな。でも子供が出来れば夫婦水入らずなんて不可能だからな… 。」
私は笑いながら答えた。
心なしか楽しげな妻の横顔を見ると、夫 婦水入らずの旅行も悪くないなと思う私だった。
妻の美香はしっとりと落ち着いた感じの美女だった36になる今もスタイルの良さは健在だっし、長い栗毛色の髪もサラサラで艶っぽかった。
街を歩いていると、時折、後ろから若い男に声をかけられる事があるらしいから少なくとも今も後ろ姿美人には違いないようだった。
そんな妻を横目で見ながら今夜の事を想像して一人興奮していた私だった。

昼前に東京駅に着いた私達は駅の構内で軽い食事を済ませてから、酒井との待ち合わせ場所に向かった。
酒井は私達の結婚式に出席してくれてはいるが、妻と会うのはそれ以来だから果たして顔を合わせてもわかるかどうか…?
約束の時間になっても酒井は現れなかった。
どうしたのかと携帯を手にした途端…
「八代さんですか…?」
と背後から声をかけられたのだった。
振り向くと日焼けして顔が真っ黒な逞しい若者が立っていた。
「私、ヴィーナスの沢木と申します。八代さんをお迎えにあがるようにと酒井から頼まれたものです。」
顔の黒さと対照的な白い歯を見せながら、その青年が爽やかに挨拶して来た。
「ああ…そうですか。それはご苦労様です。」
てっきり酒井が迎えに来るものとばかり 思っていたから少々面食らったが、私も丁寧に挨拶を返した。
その若者は妻が持っていたトランクを軽々と持ち、私達を先導してくれた。
「綺麗な奥様ですね。」
途中、沢木と名乗ったその若者が私に耳打ちした。
「いやいや…そんな事ありませんよ。」
私は内心嬉しく思いながら笑って否定した。
どこへ連れて行かれるのだろうか…?
まさか撮影現場に直行などしないだろうな…?
後ろから付いて来る妻の存在を気にしながら私はドキドキしていた。

10分程歩くと沢木はあるビルの入口を入って行った。
7階建てのこぢんまりしたオフィスビルだった。
狭いエレベーターに乗り、最上階で降りると沢木が右奥のドアをノックした。
「はい、どうぞ。」
中から聞き覚えのある声で返事が返って来た。
沢木がドアを開けて私達を案内する。正面に大き机があり、そこに酒井が座っていた。
「やあ、久しぶりよく来たな。」
私と酒井は固い握手を交わし、再会を喜び合った 。
「奥さん、お久しぶりですね。」
私の背後に立っていた妻に気づいて、酒井が丁寧に頭を下げた。
妻も懐かしそうに微笑みながら深々と頭を下げる。
酒井に進められるままに横にある応接用のソファに腰を下ろした。
「それにしても奥さんは結婚した頃と少しも変わりませんね 。」
早々に酒井が私の隣に座る妻に社交辞令を言った。


「では、そろそろ八代ご夫妻に私の仕事場をご覧いただく事にしましょうか?」
しばらく昔話に花を咲かせた後、不意に酒井が話題を変えた。
「え…?」
驚いた私は酒井に目で合図した。
(違うよ!見学は俺一人でするんだよ。)
必死にアイコンタクトを試みたが、そんな私の慌てぶりを知ってか知らずか、酒井がさっさと腰を上げた。
するとそれを待っていたかのようにドアが開き、さっきの沢木という若者が現れた。
「八代ご夫妻を現場にお連れして…」
酒井が言うと沢木がサッと立ち回って私達をドアの方へ導いた。
(まったく酒井の奴は…一体何を考えているんだ…?
AVの撮影現場なんか見せたら美香は卒倒しちまうぞ)
執拗な私のアイコンタクトにも無視を続 けている酒井に内心で舌打ちしながら自棄になった私は沢木の後に付いて部屋を出たのだった。

エレベーターに乗り、今度は5階で降りた。
どう見ても、見た目は普通のオフィスビ ルだ 。
一番奥の部屋に案内された私達はまず入口の所で立ち止まってしまった。
中は二十畳程もある広い部屋だったが、 不自然だったのは部屋の隅にドンとキングサイズのダブルベッドが置かれているだけで、それ以外は余計な家具や調度品など何もない点だった。
「さあ、どうぞ。もうすぐ始まりますから… 」
ベッドと反対側の壁の前に沢木が私と妻が座る椅子を二つ用意してくれた。
「あなた…何が始まるのかしら?」
沢木が部屋を出て行くと、妻が小声で聞いて来た 。
私は答えようもなく、首を振るしかなかった 。
それから間もなくドアが開いてドカドカと何人かの男女が部屋に入って来た。
「紹介しておくからな…。こちらは酒井さんのお知り合いの八代ご夫妻。今日は見学に見えたんだ…」
さっきの沢木が他の男女に私達を紹介してくれた。
すると皆が一斉に私達に頭を下げて挨拶した。
見た所、沢木という若者は他のメンバーに影響力のあるリーダー的な存在らしかった。
私と妻は戸惑いながらも椅子から立ち上がって挨拶を返した。
ライトが焚かれ、カメラが用意されて撮影の準備が整った 。
セーラー服姿の女優がベッドの端に腰掛けて、監督のスタートの合図を待っている。
「ねえ、映画の撮影みたいね… 」
妻が私に囁いて来た。
何も知らない妻は、初めて見る映画の撮影現場に胸をときめかせているようだった。
その弾んだ顔が次第に青ざめていく過程を想像すると後ろめたさに胸が痛んだ。


撮影が始まっていた。
ベッドの端に腰掛けたセーラー服姿の女優と隣に腰掛けた男優が何やらお喋りをしている。
それをライトの係とカメラマンが囲んで撮影しているのだ。
沢木は壁際で腕組みをしながらじっと見守っている。
茶髪で細身の若い男優が女優の髪をいじり始めた。
最初の内はキャッ、キャッとはしゃいでいた女優の口数が減って来ている。
その内に男優の手が女優の胸を揉み始めた。
チラと妻を横目で見ると予想通り、驚いているようだった。
「あっ…感じちゃう…」
女優が甘い声を上げた。
男優が女の耳を噛みながセーラー服を脱がせ始めた。
妻が呆気に取られたように口を開けている。
妻はまだ映画のラブシーンだと思っているだろうか?
妻には見せたくなかった。
事の次第が明らかになった時、妻はきっと私や酒井に呆れたように軽蔑の眼差しを向けるに違いなかった。
「あん…ダメ… 」
見るとベッドの上で二人が絡み合っていた。
私一人なら、そんな場面に集中出来ただろうが、妻が隣にいては気が気じゃなかった。
撮影は進んでいき、ベッドでは男優が女優に指マンをくれていた。
「ああっ…イッちゃう!」
女優がけたたましい悲鳴を上げたその時、隣の妻が驚いたように体を ビクッ とさせた。
妻が怒り出して、いつ帰ると言い出さな いか心配だったが、今の所、その気配はなかった。
それによく見ると妻は顔を背けるでもなく、珍しいものを見るかのように真剣な眼差しを向…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
従姉妹の話
2018/03/25 23:01
2018/03/25 23:01
結構フェイクいれてるので、辻褄合わなかったらゴメンなさい。 従姉妹の修羅場です。 A子…28歳・会社員 B子…19歳・フリーター・A子の妹 C男…27歳・会社員・A子の彼氏 A子B子姉妹は「しっかりもののお姉さんとちょっとデキが悪い妹」という感じだった。 ある日、その「しっかりもののお姉さん」がうっかり妊娠してしまった。 付き合って4年目だったし、お互いに結婚も意識しはじめていたので、 C男も「生んで欲しい」といい、A子も承諾。 C男はA子親に挨拶に行く時、玄関先で土下座をして 「順序を間違えましたが、必ずA子さんもその子供も幸せにするので 結婚させてください!」とお願いして、逆に両親から…
【痴漢・レイプ】私をこんなにしたんだから責任とってよ! 4/6
2016/05/11 03:53
2016/05/11 03:53
約束の返事は当日待ち合わせの場所に来るか来ないかで返事するように伝えた。 当日俺は100%来ていないだろうと思いながらも…とりあえずは行ってみることにした。 親の車を借りて取あえずは友達と京都へ行ってくると家族に伝えて約束の時間より半時間遅れて待ち合わせの公園へいった。 すると驚いたことに美穂は待っていた…俺の指定したエナメルのフレアミニのスカートを履いてベンチで座っていたのであった。 俺が来たことに気づいた美穂は立ち上がり車のドアを開けて後部座席に小さなカバンを置くと助手席にさっさと座った。 そして「どうしたの?半時間も遅刻じゃない」美穂はちょっぴりスネた顔で言った。 「ごめん…」俺は後の…
【近親相姦体験告白】幸せって  =近親相姦体験談=
2015/12/23 13:13
2015/12/23 13:13
私は、いまは専業主婦です。独身だったころ働いてた会社の上司と不倫をしてました。不倫が2年近くたったころ、上司は私の後輩ともしてたことを知って、上司に嫉妬させたくて私も何人かと関係をもちました。4~5人の男性社員と関係したら、私は噂にされてたみたいでした。上司との関係は、よくなるどころか離れてしまって放置されたり無視されたりしました。数ヶ月に一度のデートも営業の途中の車の中でとか、社内で弄られて自分がだしちゃったら終わりにされるだけの関係になりました。優しく抱いてくれることもなくなったんです。寂しさと哀しみがいつも心にあって、私は他の男性社員とか、そとでナンパされたりするたびにエッチしてしま…
むさぼる熟女
2017/10/13 16:49
2017/10/13 16:49
仙台へ出張したときの話。 地元企業の挨拶まわりに同行してくれた仙台支社の女性課長さおりさん才バツイチ。 訪問企業全て消化してホテル近くで二人で飲むことにした。 さおりさんほろ酔いになってきてプライベートな話に。 「エリートくんは独身なの彼女は」 いないと答えると「あんまり仕事ばかりじゃだめよ。女の子と遊ばなきゃ」 「課長は魅力的ですよね。支社の男がほっとかないんじゃ」 「ご機嫌とりな男は嫌いなの。エリート君みたいな純粋な男の子がすき」 そんな、エロの話題になりそうでならない男女の話を閉店時間まで楽しんだ。 「もう遅いですけどタクシーで帰るのですか」 「支社まで車。もう飲んじゃったし代行もったい…
彼氏がいる娘に8回中出しした
2017/05/20 09:46
2017/05/20 09:46
212 :1:2009/10/31(土) 11:26:09 流れ読まずに… 六年前、大学の友達と沖縄の離島旅行した時のこと。メンバーは俺、女友達 (彼氏持ち)、友人カップルの四人。 当時は元カノにストーカーされたりで精神的に参ってて、女しばらくいらねーって 状態だったけど女友達だけはサバサバした美人だったし、男友達みたいに 付き合えたので旅行は楽しかった。 旅行中は自然とちょくちょく友達カップルと俺・女友達に分かれ遊んだ。正直、 女友達に彼氏がいるから思いを告げずにいるだけでホントは好きだった。 で、旅行中にちょっとした事件が起きた。 213 :2:2009/10/31(…
連続セックスでイキまくった淫乱女子のエロ体験談
2017/01/06 20:10
2017/01/06 20:10
先日友達と飲みに行った時に知り合った男性たちとの体験です。

女2人で飲んでいると男性3人(後で全員27歳の同僚と判明)が声を掛けてきました。

話も面白くって盛り上がり、終電も近くなったので彼らの家で飲み明かそうということになりました。
ただ、友達は彼氏と同棲していたので帰らなくてはならず、私1人の参加でした。

この時点である程度起こることは予想できていましたケド・・・
最初は普通に飲んでたんですが、やっぱりエッチな方向に話は進み、しばらくエッチもしていなかった私は結構その気になってきたんです。

「レ××って趣味じゃないから、合意のうえでしようよ」
と彼らが言ったときにはちょっと考える風…
公園でする
2015/10/07 09:01
2015/10/07 09:01
私の家の近くには、男性のシンボル”ペニス”がご神体の有名な神社があります。 その影響でか分かりませんが、昼間一人で居るとマンコがムズムズしてオナニーをするのですが、何故か満足出来ません。 そんな時は近所の公園に出掛けてオナニーをします。公園のベンチに座り、ティーシャツの上から乳首を転がしてみたり、ジーンズのファスナーを下ろして手を入れたり、周りの視線を感じながらするオナニーはとても興奮します。 今は子供達が夏休みで、子供が近くに居るだけで興奮してしまいます。今日、公園に行くと小学生4~5年生くらいの男の子が3人で遊んでいました。私はその子達が遊んでいる近くのベンチに座り、さりげなくオッパイッを…
友人の隣で、声を殺して彼女とエッチ
2016/07/30 09:00
2016/07/30 09:00
もー二年くらい前の話なんだけど、当時オレは19、20歳でやりたい盛り。
今はもーやってないけどそんときはダンスやってていわゆるモテ期ってやつでした
その当時の話です。ある日練習終わって、チームのメンバー(清水)と居酒屋で二人で飲んでました。


で程よく飲んでほろ酔いになってきた所で清水が「女の子を呼ぼうぜー」と言い出し、互いに知り合いであったダンサーの女の子(加奈子)をオレがよびました、その子はみんなには内緒だったのですがそれまでに一度肉体の関係をもったことがありました。

でオレ、清水、加奈子の三人でたわいのない話を肴に酒を飲み、三人とも結構酔っ払ってきたので店…
■悪夢を見た19歳の夏の出来事
2018/04/26 20:50
2018/04/26 20:50
 私が19歳の時の出来事。39歳の母と二人暮らしでした。母は昼働き、夜は週3日スナックで働いていました。父は重い病気持ちで高校のとき他界していました。まだ若く美人だった母でしたが男は居なかった。

 父の事が好きで忘れられなかったようです。当時、母の携帯に毎日電話する男がいた。お店のお客で交際を迫られてると母が困っていた。家には男からのプレゼントが沢山ありました。

電車でお尻を触ってくる学生を、ラブホに連れ込んで筆おろし
2018/08/18 21:55
2018/08/18 21:55
去年、大学を出て入社1年目のいわゆる新入OLです。
その日、私は会社が終わりヘトヘトになって満員電車に乗り込みました。
しばらくスマホをさわっていると、お尻を触るか触らないかぐらいのサワサワした感じでお尻を触ってくる人がいて、初めてだったのでびっくりして言おうか言わないか迷ったんですが恥ずかしくて言えずその日はそのまま帰りました。 翌朝、いつも乗る電車に乗るとまた痴*にあって、触り方で昨夜の人と一緒だなとわかり意を決して振り返ると毎朝見かける*学生でびっくりしました。

この時その*学生は俯いていたので私が振り返ったことに気づかずそのまま触り続けていました…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【露出】銭湯で働いている男性と飲み屋で会うと興奮する[後編]

・ごめんな玲子

・大人のオモチャで攻め続けられ歓びを

・【露出】銭湯で働いている男性と飲み屋で会うと興奮する[前編]

・【熟女体験談】得意先でかなり年上の年配のおばさんとSEXした

・姉は無防備

・姉とセックス

・【Hな体験】セックスの名人キャラが幸いして同僚OLとやれた

・ダイエット中に調教された妻 その2

・【Hな体験】気持ちいいけど怖かった初めてのピンサロ体験

・生まれ変わったら『道』になりたい

・【熟女体験談】推定六十路の老婆に逆レイプをされたのがきっかけで熟女に興味を持った

・友人に聞いたバイキャバでのアルバイト話

・無職夫のため同級生達に体を開く妻

・【人妻体験談】ママ友の上半身真っ裸を見てしまい、頭から離れず、酔ったママ友を家まで送ってパイズリSEX

・無抵抗の相手に腰を振るという興奮

・【Hな体験】夢に出てきた爆乳同級生とリアルガチの肉弾戦

・女友達とwww俺氏www3Pしてきたwww

・SMパートナー探し専門の掲示板での事

・企画物AVに出まくることになった妻 4(ビーチでおっぱい盗撮編2)

・義姉の乳首を唇に含み、おっぱいを・・・

・妹夫婦が泊まりに来てエッチを始めた

・日本の行為は「侵略」だったのか?

・【人妻体験談】バツイチのシングルマザーが勃起したチンポを觀て擦ってきたので、そのまま汗だくセックス

・【熟女体験談】ディルドで腰を振るバツイチ熟女の頭を掴んで思い切りイマラチオ

・【Hな体験】19歳の美容師の卵と人生初の中出しセックス

・友里さんの着替え

・見た事がある人を思い出し赤面

・人間万事塞翁が馬

・【人妻体験談】金に困ってる女を紹介してもらい、スレンダーな援交マダムと種付けSEXモードで子宮責め