寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

※お裾分けをもってくる隣の若妻さんに、丸めたティッシュを見つけられました(転載不可)

2017/12/07 18:16


僕が住んでいるマンションは、土地の形状のせいでちょっと変わった形をしています。そのせいで、僕みたいな学生が住むワンルームの部屋と、ファミリーが住む3DKが隣接しています。大学からの近さと家賃の安さで選んだので、特に気にもしていなかったのですが、最近ここにして良かったなと感じています。
隣に住んでいるのがまだ子供のいない夫婦で、その子作りの声が聞こえて来るからです。それをオカズにオナニーをしてしまうこともあります。隣の夫婦は、旦那さんが20代後半から30代前半くらい、奥さんはたぶんまだ30前という感じです。
奥さんは有美さんという名前で、優しい顔立ちの性格の良い女性です。でも、顔や性格なんかより、その巨乳に目が奪われてしまいます。160cm位で、そんなに大きな身体ではないのですが、おっぱいは凄く大きく、どんな地味な格好をしていても主張しまくっています。ただ、有美さんはそれをひけらかす感じではなく、露出の少ない地味な格好ばかりです。

でも、今は夏の真っ盛りなので、Tシャツ姿でゴミを出しに行ったりするのを見かけると、それをおかずに昼間っからオナニーをしてしまいます。
有美さんは、彼女いない歴=年齢のキモい僕なんかにも、笑顔で挨拶をしてくれたり、世間話をしてきたりします。そんな風に仲良くしている人妻さんのあえぎ声が聞こえてくるのは、本当に興奮します。
僕は、ここに住むことを決めて本当に良かったなと思う日々でした。

夏休みの今日は、特に予定もなく自宅でゲームをしていました。すると、インターホンが鳴りました。僕は、いつものように居留守を使ってゲームを続けていると、ドアがノックされました。僕は、ビクッとしながらも、しつこいなと内心悪態をついていました。
NHKか、新聞の勧誘、もしくは新興宗教だろうなと思いますが、ドアをノックしてくるのはウザイしちょっと怖いです。

『ヒロく〜ん、いないの?』
ドアの向こうから、有美さんの声が聞けました。僕は、慌てて玄関に行き、カギを開けてドアを開けました。
『あっ、いた〜。寝てた?』
有美さんは、小ぶりの鍋みたいなものを持って立っていました。
「す、すいません。どうしたんですか?」
僕は、オロオロしながら聞きました。
『ちょっと作りすぎちゃったから、お裾分け。コンビニばっかりなんでしょ? ダメよ、ちゃんと食べないと』
有美さんはそんな事を言うと、部屋に上がり込んできます。僕は、昨日のオナニーのティッシュはちゃんとゴミ箱に捨てたかな? と、焦っていました。昨日も、有美さんをオカズにしてオナニーをしたので、なんとなく気恥ずかしい感じでした。

『相変わらず綺麗にしてるのね〜。偉い偉い』
有美さんは、鍋をキッチンのコンロの上に置きながら言います。僕は、もともと綺麗好きな方ではありますが、ここまで綺麗にする習慣はありませんでした。でも、ちょくちょく有美さんがこんな感じで部屋に上がるようになったので、いつも綺麗にするようになりました。

「いつもすみません。本当にありがとうございます」
僕は、本心でそう言いました。最初にお裾分けをされたときは、こんなドラマや漫画みたいなことがリアルであるんだと驚きました。でも、有美さんはなんだかんだと僕のことを気にかけてくれていて、洗濯までしてもらったことがあります。
有美さんは弟が2人いるそうで、そんな事もあって僕のことを気にかけているのかもしれません。

『良いのよ。2人分も3人分も同じだから。それに、ヒロ君にはスマホとかパソコン教えてもらてるしね』
有美さんは、笑顔で言います。有美さんは、スマホやパソコンでわからないことがあるとすぐに僕に聞いてくるようになりました。僕がPCショップでバイトをしていると話したせいです。でも、そのおかげで親密になれたので、僕としては良かったなと思っています。

有美さんはいつも自宅にいますが、専業主婦というわけではなく、パソコンで絵を描くような仕事をしているみたいです。でも、その割には驚くほどパソコンのことにうとく、しょっちゅう”かな入力”にしてしまって助けを求めてくる感じです。

「あれくらい、全然気にしないで下さいよ」
僕がそんな風に言うと、さっそくスマホのアプリの事を質問してきました。ちゃぶ台みたいなテーブルを囲み、床に座る僕と有美さん。僕は、操作の仕方を教えながらも、目茶苦茶ドキドキしていました。部屋に二人きり……。そう思うと、勃起しそうになります。
ただでさえ、Tシャツ姿の有美さんは破壊力満点なのに、今日は短パン姿です。さすがにホットパンツとまでは行きませんが、それでも太ももが見えているだけで、心臓がバクバクしてしまいます。

すると、
『なんでこんなに丸めてあるの? なんか、ボールみたいになってるよ』
と、ゴミ箱からティッシュの塊を取り出す有美さん。僕は、ドキッとしてフリーズ状態になりました。それは、オナニーした時のヤツです。臭いがしないように、何重にもティッシュで丸めた状態で、確かにボールみたいになっています。
「そ、それは、その……こぼしたヤツをその」
僕は、必死で言い訳をしようとした。すると、有美さんはそのティッシュの塊に鼻を近づけ、臭いをかぎ始めてしまった。すると、有美さんは眉を上げ、
『若いのねぇ〜』
と、優しく微笑みました。僕は、恥ずかしくて何も言えなくなりました。すると、有美さんはコンロに火をつけ、鍋を温め始めます。
『せっかくだから一緒に食べようよ。もう、お昼だしね』
そんな事を言いながら、食器を準備し始める有美さん。僕は、
「ぼ、僕がやります!」
と言って、準備を代わりました。
『じゃあ、ご飯も持ってくるわね。コンロ、ちゃんと見てるのよ〜』
そう言って、有美さんは僕の部屋を出ていきます。僕は、慌ててゴミ箱の中のゴミをゴミ袋に入れて、キツく口を縛りました。オナニーしているのがバレてしまった……。僕は、身もだえするほど恥ずかしくて、心臓がバクバクしっぱなしです。

『お待たせ〜。じゃあ、食べよっか』
有美さんはそう言って、皿にご飯とロールキャベツなんかをとりわけ始めます。良い匂いが部屋に充満し、僕はお腹が鳴ってしまいました。
『ふふ。いっぱい食べてね』
有美さんは、嬉しそうに笑っています。でも、僕はTシャツを突き破りそうな胸と、真っ白な太ももを見てドキドキしていました。僕の部屋には、母親を除けば女性は有美さんしか入ったことがありません。有美さんは僕を弟的なイメージで見ているのだと思いますが、僕はそうではありません。完全に、性的な目で有美さんの事を見ています。

「頂きます」
僕は、緊張しながらも食事を始めました。本当に美味しくて、幸せな気持ちになります。
『どう? 美味しい?』
有美さんは、ニコニコしながら聞いてきます。
「メチャ美味しいです。コンビニとは違いますね」
『ありがとう。でも、褒め言葉になってないわよ〜』
「ご、ごめんなさい」
そんな会話をしながら、楽しい食事を続けます。やっぱり、1人で食べるよりもずっと美味しいです。

『ヒロ君、彼女は? まだ出来ないの?』
有美さんは、ニヤけた顔で聞いてきます。
「まだです。全然です」
『そうなんだ。ヒロ君、けっこう格好いいのにね』
「そんな事ないですよ。僕なんて、全然です」
こんな会話をしていると、急に有美さんの部屋のインターホンが鳴りました。
『えっ? これって、ヒロ君の部屋? 私の?』
有美さんは少し驚いた顔で言うと、玄関に行きドアを開けました。そして、宅急便の受け取りをすると、戻ってきました。
『こんなに音聞こえちゃうんだね。ねぇ、うちってうるさくない? 迷惑かかってない?』
心配そうに聞く有美さん。僕は、全然平気だと答えました。まさか、セックスの声が丸聞こえだとも言えず、そんな風に言うしかありませんでした。

「本当に、ごちそうさまでした。僕なんかのこと気にかけてくれて、嬉しいです」
僕は、素直にお礼を言った。でも、お礼を言いながらも、有美さんの太ももを見てしまっていました。
『良いのよ、好きでやってるんだから。なんか、ヒロ君ってほっておけないのよねぇ〜』
有美さんは笑顔でそう言うと、片付けを始めました。僕は、片付けをする後ろ姿をじっと見ながら、正直勃起していました。ミニスカートも良いと思いますが、女性の短パン姿は、どうしてこんなにエロいんだろう? そんな事を考えていました。

そして、有美さんが部屋を出ると、僕は壁にもたれてオナニーを開始しました。まだ、イメージが鮮明なうちにと、目を閉じて有美さんの太ももを思い浮かべていました。

すると、壁から、
『んっ、んぅ、んっふぅ』
と、あえぎ声のようなものが聞こえて来ました。まだ昼間だし、旦那さんも帰ってきていないのに、どうして? と、僕は戸惑いました。聞き間違い? 他の部屋から? 色々と考えながら、壁に耳を押しつけると、
『あんっ、あっ、んっ、んんっ』
と、控えめなあえぎ声が聞こえて来ます。どう聞いても、有美さんのいつものあえぎ声です。でも、ボリュームはかなり抑えめです。
僕は、かなり動揺していました。さっき、壁が薄くて音が聞こえやすいことは確認したはずです。

僕は、わざと聞かせてるのだろうか? と、妄想してしまいました。僕に聞かせて興奮させている? 挑発している? 妄想は、どんどん大きくなります。

僕は、かすかに聞こえるあえぎ声をオカズに、夢中でオナニーを続けました。そして、あっけなくイキそうになりました。
『んっ、んっ、んん〜っ』
有美さんの声も少しだけ大きくなり、僕はそれを聞きながら射精しました。生々しいイメージ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
愛する妻は父の奴隷
2017/02/27 21:49
2017/02/27 21:49
私は30歳、妻26歳で新婚1年目の夫婦です。 最近知った信じられない事実をお話します。 それは自分の父と妻が出来ている事です。 いや、父の奴隷と言うべきかも知れません。 その事に気付いたのが、数ヶ月前、実家に里帰りした際の出来事です。 私達は実家から車で20分位の場所のマンションに住んでいます。 数ヶ月に一回、夫婦で顔を出しに帰宅します。 実家は田舎で山の中にあります。 その近くに地元の神社があり、人気はありません。 母が仕事で居なかったので、父と私、妻の3人だけでした。 私は暇だったので、近くの海に釣りに出かけました。 なかなか釣れない為、早めに戻ったのですが、父と妻が…
風俗嬢が合コンにやってきた①【エッチ体験談】
2016/06/22 20:00
2016/06/22 20:00
3週間前、久し振りに風俗へ行った。 馴染みだった店が看板を変えてリニューアルしたってメールが届いてて、1週間禁欲して出向いちゃったんです。 行ってみると女の子達の大半は同じ子らしい。 平日の夕方だったから空いてて、すぐに案内できる子が5人いた。 3人は顔を手で隠したりしてたんだが、その中にひときわ目立つ女の子を発見。 『この子人気あるんですよぉ~』というスタッフの言葉を聞きながら、3サイズとかを聞いた。 痩せてるけど肉感もバッチリあるEカップの現役女子大生です・・なんて言われたら溜まりません。 その子を指名して言われたビジネスホテルで待機してた。 現れた…
【人妻・浮気・不倫】婚約者がいるのに
2017/05/10 22:32
2017/05/10 22:32
友達の清美と彼氏・義男君は付き合っていて、最近仲がうまくいっていないと聞き、 義男君の相談に乗ってあげました。 私自身も婚約者がいて、今は式の打ち合わせなど準備で忙しいのですが、 平日の夜だったら時間があったので話を聞くことにしました。 どっちが悪いとも言えない感じで、ずーっと話を聞いてました。 バーのようなところでお酒も飲み、終電の時間に間に合わなくなってしまいました。 タクシーでは遠すぎるし、どうしようと話していると義男君が、 「ホテルで泊まるか・・・」 「えぇっ!?私、婚約してる人いるし、義男君も清美がいるじゃん」 と答えると、 「何もしないからさ」 お酒に相当酔っていた私は義男…
【スワッピング】お隣夫婦と土日限定のパートナー交換[第3話]
2016/04/21 15:00
2016/04/21 15:00
そして、お風呂に入ることにした。奈保子さんに先に入るように進めたが、「いつもそうだから」という理由で俺が先に入った。俺が風呂に入って頭を洗っていると、ガチャッと後ろで扉が開く音がした。 俺「えっ!?」 驚いてそう言うと、頭を奈保子さんが洗い出してくれる。 奈保子「いつもウチじゃあこうだから」 そう言ってシャンプーを丁寧にしてくれる。鏡越しにチラチラ見える奈保子さんは当然全裸だ。頭を洗い終えると体も洗い始める。なるべく見ないようにしながら洗ってもらうが・・・。 奈保子「はい、こっち向いて、前洗うからね」 そう言われて振り返る。奈保子さんの裸はすばらしかった。大きいけど張り…
主人と喧嘩をして、そこで出会った男性と・・・【人妻・浮気】
2016/01/14 12:05
2016/01/14 12:05
私は29歳の主婦です。去年の出来事を書かせて貰います。 ある日、些細なことで主人と喧嘩をして、家を飛び出した。 私は一件のショットバーでお酒を飲んで頭を冷やしていました。 すると、ちょっと離れた席に座っていた男性と目が合ったので、 軽く会釈すると、その男性は自分のグラスを持って私の方へ来ました。 「お隣良いですか?」 「ええ、どうぞ」 彼は私の隣の席に着きました。 私はお酒を飲みながら、彼に主人の愚痴を聞いて貰いました。 愚痴から、普通の会話になり、彼との会話が楽しくなってきました。 自然にお酒のペースが速くなって、少し酔いが回り始めた頃、 時折、彼の膝と私の膝がぶつかるのに気が付き…
人妻になった元同僚と出張先で交わった
2015/10/04 15:30
2015/10/04 15:30
きっかけは職場の後輩の結婚式の2次会。 彼女(チカ)と会うのは何年ぶり? 年賀状のやりとりはしていたが。 チカは元職場の後輩で、職場恋愛の末、彼氏に呼び寄せられて結婚・出産。 今回はダンナの代理で出席(元々はダンナが後輩の結婚式に御呼ばれされてた)していたのだが、2人とも同じ職場だったわけだから、2次会にきてた連中とも顔馴染みで、 「久しぶり~」 てな感じで飲んでた。 オレは彼女が結婚する前に既婚者だったが、当時彼女は酒癖があまりよろしくなく、よく道路にへたり込んでしまったり、同僚たちに抱えられてタクシーに乗せられて強制送還させられていたのを覚えている。 1度だけ職場での飲み会の帰り、 「私ア…
【いとこ】従姉の奈緒姉(1)【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2016/12/21 21:32
2016/12/21 21:32
小6で親が隠していた「48手」の本(倦怠期防止?)を発見してオナニーを覚えた時は、まだ精通前だった。 中2になって射精するようになった頃には、性欲モリモリで毎日自分で抜いていた。 というわけで、「夢精」というのは体験したことなく、ある意味母親は自分の息子の性徴がわからなかったかも。 それなので、高校の水泳の授業にはすぐに勃起しかけて大変なので、必ず朝に抜いてから出かけるようにしていた。 高一の夏休み前に体育の柔道の授業で右手を骨折。困ったのはいつも右手でオナっていたのでそれが不自由だった。 代わりに左手を使ってみると、いつもと感覚が違うのでどうにもイケない。タオルとかにこす…
痴漢される妻を目撃6(貸し別荘場編)
2018/01/02 18:31
2018/01/02 18:31
前回の続きを投稿します。前回は、妻がショッピングモールで、40代のおじさんに痴漢されフェラまでさせられた所まで投稿しました。妻とショッピングモールを後にして貸し別荘に戻りました。貸し別荘に着くと、管理人さんと作業服を着た中年男が着ていて、水道水が、調子悪い説明と空き巣の注意に      着ていました。妻は、管理人さんと中年男を別荘の中に案内して、私は、荷物を持って後から別荘に入りました。家の中に入ると、台所で管理人さんが妻に何か説明をしています。管理人さんが、蛇口を回して水が出ると、妻はかがんで出る水を見ると管理人さんと中年男は、妻の胸元を覗いてます。間違いなくおっぱいが、見えます。妻は、私が…
【妹との告白体験談】 葉月
2016/04/29 13:56
2016/04/29 13:56
俺には4つ下のいとこの女の子(名前は葉月)がいる。小さい頃からいつもいっしょだった。東京の会社に就職して2年目の24歳の時。ワンルームでわびしい生活を送っていた。突然、携帯に葉月からアパートに泊まりたいというメールが。何やら用事があって上京したらしい。あわてて東京駅まで迎えに行って、食事をして俺のアパートへ。こんなふうに過ごすのはひさしぶりだった。ちなみに当時の葉月のスペック。年齢:20歳、身長:155cmくらい、童顔、髪はショート、巨乳。葉:「おじゃましま?す。」俺:「前もって連絡くれれば部屋くらい片付けておいたのに。」葉:「ホテル取ろうかなとも思ったんだけど和也兄ちゃんがいるなと思って…
【人妻体験談】旦那の愛情が全て子供に注がれてしまい・・・
2016/09/02 22:02
2016/09/02 22:02
彼女の目的がなんなのか…なんとなくの想像が現実となったわけです…。彼女は私の後輩の奥さん。奥さんと後輩はスポーツクラブで出会ったようですが、その時彼女はDV環境(旦那さんから暴力を受けていて愛などない家庭)の方で、独身の後輩と出会ったのです。後輩は「彼女と一緒になりたいんですけどどうしたものか…」と何度も相談に来て、何度目だかは忘れましたが、私が彼女も呼び出せと話し、両者に一緒になることをその場で立会い、承認となり背中を押したわけです。 彼女はなんとか離婚をし、法的な時間を待って後輩と結婚しました。 こんなことはよくある話でしょう。 彼女はすぐに妊娠し、後輩の子供を産みました。幸せそうでした…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・義姉がエッチすぎる 続続続編

・迷子と偽って近づいてきた少年が豹変して僕の母親をレイプした

・私の体を知り尽くした彼の、乱暴で緻密な愛撫で・・・

・【衝撃】ヤリマン女子大生だが質問ある?

・思春期の頃、互いにオカズにしてた姉と

・■セフレは信金の営業担当

・本屋で出会った不倫願望の人妻

・社員旅行で夜這いされて、浮かれて何回もした私

・淫乱人妻が寝取られ・中出し不倫

・義姉がエッチすぎる 続続編

・レイプされて・・・

・【人妻体験談】オチンチンを勃起させながら土下座してSEXさせてくれと頼んでくる息子

・妻の出産に立ち上がったらドン引きしてインポに・・・

・【熟女体験談】女性に対してコンプレックスを持つ童貞が美熟女ソープ嬢に非日常的な体験をさせてもらい超感謝

・義妹に強引にキスから始まり・・・

・義姉がエッチすぎる 続編

・【男×男】美しい僕に嫉妬した女友達の報復

・中学時代の女友達を泥酔レイプ

・奥さんの裸にエプロン

・義姉がエッチすぎる

・30代の義姉に堪らなくなって犯してしまったレイプ体験談

・TBD(The Brush Down)

・ネカフェで手コキフェラしてくれる先輩OLとの話

・会社の色んな場所でエッチなことしまくった

・帰国前の留学生に子種がないと嘘をついて中出し【SEX体験談】

・二人の姉と妹。そして・・・。 続続編

・残業中上司にレイプ気味に襲われたけど断れなかった

・7歳上の同僚女性職員とセフレのつもりが妊娠して結婚することに

・泊まりがけの懇親会で酔い潰れて全く起きない先輩美人社員をこっそりレイプ

・出会い系で銀行員の奥さんつかまえて中出しwww