寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【レイプ】理想の微乳OLにオフィスで中出し[前編]

2017/12/07 18:00


先にスペック。俺:34歳、175センチ、スポーツはそこそこ現役でちょっとアニオタ。同僚女:29歳、一応部下、155センチ、細めでメガネ、綺麗系だけど腐。
俺の仕事は出版関係。基本、チームで本を作っているのだけど、俺のパートって特殊で他のメンバーが手を出せない。
で、すごく多忙だったんだけど、そんな俺を見かねた上司がアシスタントに付けてくれたのが同僚女。ちょうど今から4年前かな。
彼女のスペックは書いたとおり。細面でちょっとつり目なんだけど、くっきりした二重。顔立ちは綺麗系。いかにも文系女子って感じで好感だった。特に肩より少し長い髪は一度も染めたことがないとかで、つやつや黒くて柔らかい。普段は縛っていたけど、服装によってはほどいてくることもあって、そこが結構萌えどころだった。彼女は仮に『松原さん』としておく。
昼休みとか、いつも文庫本を読んでいるか、ネットをして時間を潰していた。同僚のスイーツ系とは波長が合わなかったみたい。当時、俺は独り暮らしで彼女もいなかったし、本読みってのがいいなぁと思って、セクハラ、パワハラには気をつけながら色々様子を窺いつつ、半年ほど様子を見ていた。で、仕事はどちらかのタイミングに合わせて終えることが多かったから、一緒に夕飯とか食べるようになった。酒を飲むことはほとんどなかったけど、会社の忘年会で彼女が珍しくベロンベロンになっちゃって・・・。俺は2次会がうざかったので1次会で切り上げようとしたところ、彼女がパタパタっと駆け寄ってきて、腕にしがみついてきた。
「◯◯主任、駅まで送って下さい!」
俺ポカーン、周囲はヤンヤヤンヤ!!仕方がないので、(内心チャンスと思いながら)「お持ち帰りで~す」とちゃかして、彼女の家の最寄り駅まで。電車はどうにか体が回せるくらいの混雑。彼女は俺の路線の途中駅だったので、とりあえず駅までと思ったけど、俺の左腕にしがみつきっぱなしで立っているのがやっと。薄い胸が肘に擦れるし、支えるふりして右手で彼女の腰に手を回しながら、くびれの辺りを楽しんでいた。髪とか椿のシャンプーのいい匂いがするし、もうチンコはフル勃起。
もう頭の中は、これから彼女を突きまくることだけ。すごく細かったんだけど、タイトスカートからの太もものラインとかは結構ムッチリしていて、細身なりの尻のボリュームもあった子だったので、四つん這いにして尻を抱え込むように舐めまくろうと、前屈みでしたよ。上司の立場で部下を抱くっていうシチュエーションに興奮しまくっていた。
彼女に道を確かめながらマンションまで。結構あるな~と思っていたら、彼女の携帯にメールが。ごそごそ鞄から取り出した携帯を見て、彼女、急にえぐえぐ泣き出して、なんか酔いと合わさって会話が成立しなくなり、マンションの前まで来ると急に腕をほどいて・・・。
「・・・今日はありがとうございましたっ!!」
って、オートロックを外してマンションに駆け込んでしまった。俺、寒空の下でポカーン。よく状況が呑み込めなくて、松原さんに『大丈夫か?何かあったの?』と最後の望みを繋ぐメールを送ったんだけど、返事なし。この夜はかなりすさんで、OLモノのエロビデオ観て抜きまくったよ。この時の理由は、最後の最後にわかったんだけど、とりあえずここまで来て駄目なのにごねても仕方ないと思って、それから会社では上司と部下の線引きで付き合っていました。
やがて、ひょんなことから彼女に彼氏がいることもわかり(しかも俺より年上)、さらに半年ほど経過。本当、この間は互いに仕事以外の会話はなかったと思います。この間、彼女に感心がなかったわけではないけど、付き合いが長くなるほど波長が合わなくて困ったんだ。理由は簡単で、俺は基本が萌えオタで、彼女が腐、それも筋金入りの腐女子だったから。魂の根っこが一致していない。
ところがある日、社内メールが彼女から(デスクは斜め向かいなのに)。
『◯◯主任、ハルヒとか読んでいるんですか?』
iPodのプレイリストがつきっぱなしになっているのを見てしまったらしい。それをきっかけに、まぁ深夜アニメやらなにやらの話を2人だけの時はするようになった。会社にはそういう趣味を話せる同僚がいなかったらしい。俺はまったく理解不能だったカップリングのなんたるかを叩き込まれ、松原さんは俺から勧められたKey系の泣きゲーをえぐえぐ言いながらプレイしていてみたいな。
そんな関係が去年の夏まで続いた。松原さんは彼氏と続いていたし、セクハラとか社内恋愛にはうるさい会社だったので関係は発展しなかった。そのままの方が居心地が良かったし、リスクもないから。
ところが転機が。別の出版社(少し大手)に勤める友人から引き抜きの話が来た。出版不況で、頑張りほどは本が売れてくれず現状維持がやっと。給料を上げたければ器を変えるしかないので、俺はこの話に乗ることにした。松原さんを放ってしまうことにはなるけど、彼氏と結婚を考え始めていたらしいので、いいきっかけにはなるだろうと。
今思えば、俺のテンションもかなり変なことになっていた。転職を決意していたので、会社の空気みたいなものを気にしなくなっていたんだろう。松原さんに対してやたらと攻撃的になったんだ。今までは“お願い”だったのが“命令”に近い感じで。すると思いのほか従順で、残業とかにも何も言わず付き合うし、遅くなったときの食事を渋るということも減ってきた。
それで、たまたま2人とも定時で上がれた日に、映画を一緒に観て、あまりにクソな出来にやけ酒だっ!と盛り上がり、2人では行ったことのない個室の少し高級な居酒屋に俺のおごりで行ったわけ。これまでの俺の変化と彼女の変化から、(ひょっとすると松原ってM?)と思い始めた俺は、この個室でかなり松原さんを責めた。この辺の会話は迂遠なので、尋問形式で端折る。
「松原さん、忘年会の夜のことだけど、あれ何だったの?」「付き合い始めたばかりの彼氏が家に来ていたんです」
「彼氏いなければ家に入れてくれた?」「わかりません。よく覚えていないけど、彼氏にばれたら大変としか考えていませんでした」
「俺、すごい期待しちゃったんだよ。松原さんとセックス(あえてセックスと言った)できるんじゃないかと思って」「・・・そんなこと、困ります」
「いいよ、もう諦めたから・・・。彼とはどうなの?結婚近いんでしょ?」「・・・そうでもないです」
なんでも彼の会社の業績が悪く、事業部移転に伴う転勤の可能性があるとのことで、それについて行くかどうか悩んでいるとのこと。なんか暗い話題になりかけたので、なんだかんだと話を変えて下ネタに。このときは何が何でも言葉で松原さんを丸裸にするつもりでいた。
「でも、2年も付き合っている彼氏なんだからセックス上手でしょ?」「え~・・・よくわかりませんよ、そんなこと」
「なんで?だって体の相性良くなきゃ、2年も持つわけないじゃん」「う~ん、私、彼が初めてだったから・・・」
(!!!マジで!)
こんな綺麗な顔してて、理想の微乳で、そのくせ腰から尻のラインは思いのほかふくよかな女が、26歳まで処女!!!ってことは、29歳の今でも男を1人しか知らないとな。しかも掘り下げると、彼のセックスもずいぶん未熟らしい。元々セックスの回数が少ないのと、客観的にだいぶ早い。もちろん松原さんは、イクっていうのがどんなことか想像も付かないようだ。腐女子特有の、基本的な男性恐怖に加え、セックスでは受け身なので、男を射精に導いてやることがセックスだと思っている。俺は超萌えた。
「松原さん、フェラチオで彼を喜ばせている?」「えっ・・・時々」
(してんのかよ!!)
「どんな避妊しているの?」「彼が抜いて出します」
「どこに?」「お腹とか・・・背中とか」
(バックもやんのか、こんな華奢な身体で、ハァハァ)
「顔に掛けたりする?」
「一度されたけど、髪の毛について大変だったので、それっきりです」
「でも、掛けたがるでしょ?男なんだから」
(んなわけあるか)
「・・・口と手で受け止めます」
俺がイキかけています。
「飲んであげるの?」
「そういうこともあります」
もうだめだ。俺の股間がネクストバッターズサークルに入りましたよ。俺、壊れた。
「松原さん、俺ならそんなことしないな」
「どういう事ですか?」
「俺ならそんなユルい犯し方しないって」
ここから延々、俺が松原さんを抱くとしたら、ああするこうすると、ソフトSMの風情を講釈。松原さんみたいな子は、手首を縛って自由を奪って後ろから激しく犯すと感じるようになるんだよ、みたいな。俺、かなり必死モード。松原さんも酔いなのか恥ずかしいのか、小さくすぼめた肩に首を引っ込めるようにして硬直しながら伏していた目を時々上目遣いにして、潤んだ目で俺を見ては呼吸が小刻みになっている。
決めた。今夜、この子を犯す。
「じゃあ、行こうか」
「えっ!?えっ!?」
腰を抱くようにして出口を促し、クレジットで支払いを済ませ店を出る。
「あ、あの、困ります、本当に・・・」
つべこべ言わせる前にキスで口を塞ぐ。
(うわ、すげ~柔らかい・・・)
少しポテッとした唇が細面の顔の中でチャームポイント(井上和香ほどじゃないけど、顔の大きさに対してボリュームがある)だったから、貪り付いたとはまさにこのこと。苦しくなって松原さんの漏らす酒臭い吐息に頭が痺れ、口の中に舌を突っ込んで、唾液を吸ったり流し込んだり、2分くらい彼女の舌を追い回して口の中を舐めまくった。もう顎までよだれが垂れるほど。その間、左手は彼女の柳腰をがっちりと抱き締め、右手は尻を鷲掴みにしていたよ。チノパンの上から尻を揉…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
娘を抱いてもう10年になります。はじめは妻が亡くなってしまった悲しみからでした。
2016/04/24 22:38
2016/04/24 22:38
ゆきとエッチして今年で10年になる きっかけはゆきが離婚して帰ってきてからの始まり 俺の妻はゆきが結婚した年に事故でなくなった 。 ある日ゆきがオナニーしてたのを目撃した 。 俺・お前離婚して寂しくないのかって聞いてみた 娘・なんで 俺・昨日お前が一人でしているの見てしてしまったから 娘・やっぱり見られていた、人の気配したからもしかしたらと思ったけど 俺・お前の部屋の前通ったら少しドア開いてて声聞こえたからよ 娘・もう結婚はいいわ、娘もいてくれるから 俺・そうかぁお前がそれでいいなら何も言わないわ 娘・お父さんもお母さん亡くなってから一人でするのって言うから 俺・お父さ…
両親の留守に
2017/11/06 19:49
2017/11/06 19:49
中に進級する春休みの夜、自宅に侵入してきた男に襲われました。 両親は友人達と飲みに出掛けており、私は自室で眠っていましたが、誰かに体を揺すぶられて目を覚ましました。 薄暗がりの中、ぼんやりと30歳位の男の顔が浮かび上がり、おもわず体を起こした私はそのまま引きずられるように立たされ、足払いを受けて布団に叩きつけられました。 何が起こったのかわからずにいる私の口をこじあけ、声を立てられないように手を突っ込んできました。 私が苦しんでいると男は耳元で「おとなしくしないと殺すぞ」と囁き、手を口から放しました。 私は恐怖とあまりの事に声ひとつ立てられません。 やがて男 は私のショーツを脱がし、かさついて…
会社の同僚と飲んだ後、出会い系のギャルと3Pした
2016/05/19 12:00
2016/05/19 12:00
会社の同僚と飲んだ帰りに、初めて出会い系というのを利用してみた。
エッチ目的なので即会える人だけを募集したら、意外にも複数の積極的な女の子からメールが届く。
早速メールを送り返すとすぐに返事は返ってきた。
とりあえず場所と時間だけを指定してログアウトした。

指定場所で待っていたら、肌寒い5月なのに、薄着でミニスカートの女の子がのこのことやってきて携帯を弄っている。
思わず、この子かな?ってサイトにログインしたらメールが届いていた。




案の定、20代前半の今風のギャルが俺らの前で緊張しながらウズウズしている。

「掲示板の子?」と声をかけたら、「あ、はい。◯◯さんですか?」…
借金の為に、縄で吊るされた人妻や女教師達【ハードSM】
2016/03/11 01:21
2016/03/11 01:21
五十歳近くになって、気づいたのは友達がいないことだった。
それは子供の時からそうだった。
先祖代々の土地持ちで、手広く事業をしていた父親は金融業も営んでいた。
子供の頃、父親の部屋からは女性のすすり泣きや喘ぎ声がよく聞こえてきた。

「許して・」

「返しますから」

借金を背負った女性達を父親は金の力でオモチャにしていた。
俺の母親は俺が五歳の時にガンで死んだ。
父親にとっては好都合だったのかもしれない。
自由に女性達をオモチャにできるのだから。
「金は力だ。力のない者は何もできない」
が口癖だった父親は、俺に金儲けの仕方を叩きこんだ。
稚園も学校も家に帰ってから友達と遊んだことはな…
【エッチ体験談】ジムであった巨乳な32歳の独身女と中出しセックス
2016/03/09 17:28
2016/03/09 17:28
当時18歳だった俺と、32歳独身だった相手。




武井咲のおっぱいと尻を大きくして大人にした感じ。




6年前、高校を卒業して春休みを謳歌していた俺だがそろそろバイトしようと思い、スポーツジムのバイトに応募して働く事になった。




幸い周りの人も皆優しくて、コミュ症の俺でもすぐ溶け込めた。




数ヶ月後、店長に



「俺くんって泳げるよね?明日からプールの指導してくれる?」



と言われた。




中高水泳部で青春してきた俺は、これをしたくてこのバイトを選んだので快諾した。




嬉しさのあまり家に帰って深呼吸からのヨッシャ!で喜んだ。




次の日から俺の…
中学生の時、付き合って1年になる彼女と
2017/04/18 16:19
2017/04/18 16:19
中学ん時の話を一つ。 当時、付き合って一年になる、恵美という彼女がいた。 彼女とはまだ普通のキスしかしたことはなかった。 もちろん、俺は正直ヤりたかった。 けど、生徒会副会長という身分上、ある程度理性ある行動を心がけていた。 正月だった。 恵美は父親の実家へ帰った。 一週間くらいだったろうか。 その間も、夜に電話して密に連絡をとっていた。 ある日、いつものように恵美と電話をしていた。 冬休みの宿題の事、恵美の従姉妹の事、他愛もない話だ。 そして俺は、特に意味もなく「帰ってくるの、8日だっけ?」と恵美に聞いた。 恵美「いや、7日だよ」 俺「帰ってくるの一日早まったの?」…
【近親相姦体験告白】嫁の実家に帰ったときに、義兄が嫁を襲っていた件  ▲近親相姦体験▲
2016/01/08 08:42
2016/01/08 08:42
646 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/06/17(木) 14:30:42 ID:yg8TWyat0家族で嫁の実家に行った時の話。 先日、半年ぶりに嫁の実家に遊びにいったのですが、その時にちょっとした事件がありました。 (あんまりエロではありません。 あしからず)久しぶりの娘の帰省ということで、嫁さんの家族みんなが揃って、宴会をやりました。 妻も、普段は私の実家で肩身が狭い思いをしているので、とても楽しそうでした。 あと、娘も言葉をシャベリ始めたころなので、盛り上げ役として大活躍です。 夜の9時前くらいにはみんなできあがってしまい、子供も疲れて寝てし…
伯父と母の情事 【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/08/28 13:27
2017/08/28 13:27
隣室からの話し声に突然目が覚めて、母の部屋を障子の隙間から覗くと、枕元の明かりに照らされて、後ろ向きで上半身裸の男性が、布団に仰向きで寝ている母を押さえ付け、着ている浴衣を無理に脱がそうとしているところでした。 「イヤッ、だめです、お願いやめて下さい」 母はかなり抵抗していましたが、やがて浴衣の帯を解かれると、一気に上半身から浴衣を剥ぎ取られてしまいました。 浴衣の下はノーブラだったため、乳房はブルンと剥き出しとなり、下半身は白のビキニショーツのみで、股間にはうっすらと陰毛のシルエットが見て取れるような下着姿でした。 恥ずかしさから必死に乳房を覆い隠し、起き上がってその場を逃れようと…
クラスで一番巨乳の彼女と
2017/04/14 17:19
2017/04/14 17:19
あれは高校二年生の夏休みだった。 夏休み直前に俺から告白して付き合った、人生で二人目の彼女。 高校に入ってからは初めての彼女だった。 当時、俺は4月生まれだから17歳、彼女は3月生まれだから16歳。 見た目も超童顔で、幼く背もかなりチビだったが、胸だけはクラス一の巨乳だった。 俺達は三回目のデートでディズニーランドに行く事になった。 閉園までいると彼女が終電を逃すので、その日は俺の自宅に泊まる事になった。 親父は仕事でいないが、母親と弟は家にいるからちょっと恥ずかしかった。 最寄り駅に着きチャリで2ケツして俺の家へ行った。 家に着いた時刻は0時を過ぎていた。 とりあえず疲れ…
★もの凄く気持ちよかったHな話です
2015/09/09 17:31
2015/09/09 17:31
 この間の夜すごーく気持ちよかったから誰かに聞いて欲しいんです☆こんな気持ちになったの初めて。私の彼は私が初めての相手だったから私が上手く仕込んじゃったのか(笑)とっても上手にしてくれるんです。彼一筋で何年か経つけど、今も愛のあるえっちしてます。

 彼に触られるとどこでも感じちゃって、すぐドロドロになっちゃう。きゃっ。唇にキスしながら背中や胸をなでなでされて耳にキスされて、首にキスされて、胸にキスされて、優しく噛まれて…。特別なことじゃないのに、それだけでもうだめ。
 この間は久しぶりになめっこしたのに、気持ちいいからそれに専念したくなって、私がマグロになっちゃったの。なめなめされてて堪…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・高級ソープ行ったら2時間で4回搾り取られた

・【熟女体験談】垂れ乳爆乳な義母と公衆トイレで青姦SEXしていたら男がやってきたので、義母を犯してもらった

・妹のパンツを見た友人

・ウブなイケメン君を攻略しました

・ショートパンツを見ると

・【人妻体験談】悪魔の義弟がレイプするように罠を張ったら・・・

・後輩の奧さんに欲情して生挿入してしまったが・・・

・内定を餌に父親より年上の一流企業の部長に中出しされた

・【SM・調教】年上のOLを釣りに誘ってハメ撮り調教[後編]

・彼女の友達にいたずら

・彼氏とのSEXは相性が良くてエロエロ三昧

・妻の妹と偶然飲み屋で会って盛り上がって・・

・清楚な後輩の部屋の前で聞き耳をたててたら

・妻が他の男性とセックスをする場面を・・・

・OLのメンズエステのバイト体験談

・【人妻体験談】人妻デリヘル嬢の面接に行ったら、店長にレイプされた

・【SM・調教】年上のOLを釣りに誘ってハメ撮り調教[前編]

・巨乳の先輩の乳首

・サイトで出会った人妻とナマでやるために考えた作戦

・婚活クソババアにならないよう正直に生きる

・職場の人妻にととろけるような初体験しました

・私の男とのSEX歴をお話しします

・清純顔して彼氏がいるのに同じサークルの奴に色目を使うヤリマン女

・【人妻体験談】娘の彼氏だけでなく、夫まで寝取る物凄いヤリマン母

・誰かに言いたいので投書いちゃいました

・高2の冬、ナースと実際にあったガチのエロ体験

・礼二の寝取られ実験 パート3(完結)

・大好きだから精液もゴックンしちゃう彼との甘い夜の生活

・旦那さんと別れて俺と・・・

・【浮気】バイト先で知り合ったフェラ上手な短大生