寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【レイプ】理想の微乳OLにオフィスで中出し[前編]

2017/12/07 18:00


先にスペック。俺:34歳、175センチ、スポーツはそこそこ現役でちょっとアニオタ。同僚女:29歳、一応部下、155センチ、細めでメガネ、綺麗系だけど腐。
俺の仕事は出版関係。基本、チームで本を作っているのだけど、俺のパートって特殊で他のメンバーが手を出せない。
で、すごく多忙だったんだけど、そんな俺を見かねた上司がアシスタントに付けてくれたのが同僚女。ちょうど今から4年前かな。
彼女のスペックは書いたとおり。細面でちょっとつり目なんだけど、くっきりした二重。顔立ちは綺麗系。いかにも文系女子って感じで好感だった。特に肩より少し長い髪は一度も染めたことがないとかで、つやつや黒くて柔らかい。普段は縛っていたけど、服装によってはほどいてくることもあって、そこが結構萌えどころだった。彼女は仮に『松原さん』としておく。
昼休みとか、いつも文庫本を読んでいるか、ネットをして時間を潰していた。同僚のスイーツ系とは波長が合わなかったみたい。当時、俺は独り暮らしで彼女もいなかったし、本読みってのがいいなぁと思って、セクハラ、パワハラには気をつけながら色々様子を窺いつつ、半年ほど様子を見ていた。で、仕事はどちらかのタイミングに合わせて終えることが多かったから、一緒に夕飯とか食べるようになった。酒を飲むことはほとんどなかったけど、会社の忘年会で彼女が珍しくベロンベロンになっちゃって・・・。俺は2次会がうざかったので1次会で切り上げようとしたところ、彼女がパタパタっと駆け寄ってきて、腕にしがみついてきた。
「◯◯主任、駅まで送って下さい!」
俺ポカーン、周囲はヤンヤヤンヤ!!仕方がないので、(内心チャンスと思いながら)「お持ち帰りで~す」とちゃかして、彼女の家の最寄り駅まで。電車はどうにか体が回せるくらいの混雑。彼女は俺の路線の途中駅だったので、とりあえず駅までと思ったけど、俺の左腕にしがみつきっぱなしで立っているのがやっと。薄い胸が肘に擦れるし、支えるふりして右手で彼女の腰に手を回しながら、くびれの辺りを楽しんでいた。髪とか椿のシャンプーのいい匂いがするし、もうチンコはフル勃起。
もう頭の中は、これから彼女を突きまくることだけ。すごく細かったんだけど、タイトスカートからの太もものラインとかは結構ムッチリしていて、細身なりの尻のボリュームもあった子だったので、四つん這いにして尻を抱え込むように舐めまくろうと、前屈みでしたよ。上司の立場で部下を抱くっていうシチュエーションに興奮しまくっていた。
彼女に道を確かめながらマンションまで。結構あるな~と思っていたら、彼女の携帯にメールが。ごそごそ鞄から取り出した携帯を見て、彼女、急にえぐえぐ泣き出して、なんか酔いと合わさって会話が成立しなくなり、マンションの前まで来ると急に腕をほどいて・・・。
「・・・今日はありがとうございましたっ!!」
って、オートロックを外してマンションに駆け込んでしまった。俺、寒空の下でポカーン。よく状況が呑み込めなくて、松原さんに『大丈夫か?何かあったの?』と最後の望みを繋ぐメールを送ったんだけど、返事なし。この夜はかなりすさんで、OLモノのエロビデオ観て抜きまくったよ。この時の理由は、最後の最後にわかったんだけど、とりあえずここまで来て駄目なのにごねても仕方ないと思って、それから会社では上司と部下の線引きで付き合っていました。
やがて、ひょんなことから彼女に彼氏がいることもわかり(しかも俺より年上)、さらに半年ほど経過。本当、この間は互いに仕事以外の会話はなかったと思います。この間、彼女に感心がなかったわけではないけど、付き合いが長くなるほど波長が合わなくて困ったんだ。理由は簡単で、俺は基本が萌えオタで、彼女が腐、それも筋金入りの腐女子だったから。魂の根っこが一致していない。
ところがある日、社内メールが彼女から(デスクは斜め向かいなのに)。
『◯◯主任、ハルヒとか読んでいるんですか?』
iPodのプレイリストがつきっぱなしになっているのを見てしまったらしい。それをきっかけに、まぁ深夜アニメやらなにやらの話を2人だけの時はするようになった。会社にはそういう趣味を話せる同僚がいなかったらしい。俺はまったく理解不能だったカップリングのなんたるかを叩き込まれ、松原さんは俺から勧められたKey系の泣きゲーをえぐえぐ言いながらプレイしていてみたいな。
そんな関係が去年の夏まで続いた。松原さんは彼氏と続いていたし、セクハラとか社内恋愛にはうるさい会社だったので関係は発展しなかった。そのままの方が居心地が良かったし、リスクもないから。
ところが転機が。別の出版社(少し大手)に勤める友人から引き抜きの話が来た。出版不況で、頑張りほどは本が売れてくれず現状維持がやっと。給料を上げたければ器を変えるしかないので、俺はこの話に乗ることにした。松原さんを放ってしまうことにはなるけど、彼氏と結婚を考え始めていたらしいので、いいきっかけにはなるだろうと。
今思えば、俺のテンションもかなり変なことになっていた。転職を決意していたので、会社の空気みたいなものを気にしなくなっていたんだろう。松原さんに対してやたらと攻撃的になったんだ。今までは“お願い”だったのが“命令”に近い感じで。すると思いのほか従順で、残業とかにも何も言わず付き合うし、遅くなったときの食事を渋るということも減ってきた。
それで、たまたま2人とも定時で上がれた日に、映画を一緒に観て、あまりにクソな出来にやけ酒だっ!と盛り上がり、2人では行ったことのない個室の少し高級な居酒屋に俺のおごりで行ったわけ。これまでの俺の変化と彼女の変化から、(ひょっとすると松原ってM?)と思い始めた俺は、この個室でかなり松原さんを責めた。この辺の会話は迂遠なので、尋問形式で端折る。
「松原さん、忘年会の夜のことだけど、あれ何だったの?」「付き合い始めたばかりの彼氏が家に来ていたんです」
「彼氏いなければ家に入れてくれた?」「わかりません。よく覚えていないけど、彼氏にばれたら大変としか考えていませんでした」
「俺、すごい期待しちゃったんだよ。松原さんとセックス(あえてセックスと言った)できるんじゃないかと思って」「・・・そんなこと、困ります」
「いいよ、もう諦めたから・・・。彼とはどうなの?結婚近いんでしょ?」「・・・そうでもないです」
なんでも彼の会社の業績が悪く、事業部移転に伴う転勤の可能性があるとのことで、それについて行くかどうか悩んでいるとのこと。なんか暗い話題になりかけたので、なんだかんだと話を変えて下ネタに。このときは何が何でも言葉で松原さんを丸裸にするつもりでいた。
「でも、2年も付き合っている彼氏なんだからセックス上手でしょ?」「え~・・・よくわかりませんよ、そんなこと」
「なんで?だって体の相性良くなきゃ、2年も持つわけないじゃん」「う~ん、私、彼が初めてだったから・・・」
(!!!マジで!)
こんな綺麗な顔してて、理想の微乳で、そのくせ腰から尻のラインは思いのほかふくよかな女が、26歳まで処女!!!ってことは、29歳の今でも男を1人しか知らないとな。しかも掘り下げると、彼のセックスもずいぶん未熟らしい。元々セックスの回数が少ないのと、客観的にだいぶ早い。もちろん松原さんは、イクっていうのがどんなことか想像も付かないようだ。腐女子特有の、基本的な男性恐怖に加え、セックスでは受け身なので、男を射精に導いてやることがセックスだと思っている。俺は超萌えた。
「松原さん、フェラチオで彼を喜ばせている?」「えっ・・・時々」
(してんのかよ!!)
「どんな避妊しているの?」「彼が抜いて出します」
「どこに?」「お腹とか・・・背中とか」
(バックもやんのか、こんな華奢な身体で、ハァハァ)
「顔に掛けたりする?」
「一度されたけど、髪の毛について大変だったので、それっきりです」
「でも、掛けたがるでしょ?男なんだから」
(んなわけあるか)
「・・・口と手で受け止めます」
俺がイキかけています。
「飲んであげるの?」
「そういうこともあります」
もうだめだ。俺の股間がネクストバッターズサークルに入りましたよ。俺、壊れた。
「松原さん、俺ならそんなことしないな」
「どういう事ですか?」
「俺ならそんなユルい犯し方しないって」
ここから延々、俺が松原さんを抱くとしたら、ああするこうすると、ソフトSMの風情を講釈。松原さんみたいな子は、手首を縛って自由を奪って後ろから激しく犯すと感じるようになるんだよ、みたいな。俺、かなり必死モード。松原さんも酔いなのか恥ずかしいのか、小さくすぼめた肩に首を引っ込めるようにして硬直しながら伏していた目を時々上目遣いにして、潤んだ目で俺を見ては呼吸が小刻みになっている。
決めた。今夜、この子を犯す。
「じゃあ、行こうか」
「えっ!?えっ!?」
腰を抱くようにして出口を促し、クレジットで支払いを済ませ店を出る。
「あ、あの、困ります、本当に・・・」
つべこべ言わせる前にキスで口を塞ぐ。
(うわ、すげ~柔らかい・・・)
少しポテッとした唇が細面の顔の中でチャームポイント(井上和香ほどじゃないけど、顔の大きさに対してボリュームがある)だったから、貪り付いたとはまさにこのこと。苦しくなって松原さんの漏らす酒臭い吐息に頭が痺れ、口の中に舌を突っ込んで、唾液を吸ったり流し込んだり、2分くらい彼女の舌を追い回して口の中を舐めまくった。もう顎までよだれが垂れるほど。その間、左手は彼女の柳腰をがっちりと抱き締め、右手は尻を鷲掴みにしていたよ。チノパンの上から尻を揉…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
銭湯で見た義父と嫁の異様な光景
2018/01/16 01:28
2018/01/16 01:28
銭湯のご主人に三助(流し)をしてもらった時の驚きの体験話です。 平成のはじめのバブルの頃、私が21歳の嫁入り前の話です。 店員をしていました。当時は、身長165でB90W65H95くら いのグラマー(死語?)タイプでした。 今は中年太りまっしぐらですが・・・。 その日は、職場での飲み会が長引いて営業時間をちょっと過ぎて銭湯 に到着。23時まで営業のところを、23時05分頃に駆け込むと、 女風呂に客の姿はなく、脱衣所を片付けていたおばさんが、もう終わ りですよ!と、つっけんどんに言い放つ。お風呂に入らないわけには いかない私は、なんとかならないでしょうか。シャワーだけでも使わ せてくれません…
Gカップの翼ちゃんとの思い出
2017/04/18 16:16
2017/04/18 16:16
1 名無しさん@おーぷん 2014/09/19(金)21:34:40 ID:8FfPERnqg すべてを変えてくれた本田翼ちゃんに似てる女の話をさせていただきたい 5 名無しさん@おーぷん 2014/09/19(金)21:42:29 ID:8FfPERnqg Gカップの翼ちゃんだと想像して 素敵でしょ?そんな女だった いつもニコニコしてるGカップ6 名無しさん@おーぷん 2014/09/19(金)21:46:32 ID:8FfPERnqg翼ちゃんに似てるから翼ってことにする 翼と出会ったのは4年前の秋、都内の駅前で道を聞かれたのが出会いだった 翼は『マルイに行きたいってどこですか?』と駅の反…
夫と行った映画館で、エロオヤジに中出しされました
2017/02/14 18:00
2017/02/14 18:00
恥ずかしい体験を告白します。主人は2つ上の28歳で、大恋愛の末、1年の交際を経て去年の6月に結婚しました。充実した結婚生活でしたが、心ならずも見ず知らずの男性に肌を許してしまい、思い悩んでいます。
先日、忙しい主人と久し振りに映画を見に行った時の事です。私は主人の好きな、ピンクのタイトミニを穿いて出かけたのですが、それが間違いだったのです。


映画は恋愛映画でラブシーンも結構多く私はどきどきしながら、見入っていると、隣のおじさんの手が私の膝を撫で回してきました。

何度か睨み付けながら、手を払い除けましたが、執拗にいやらしい手が膝から太股にかけて、愛撫を繰り返して…
レズな関係の女性二人と
2015/11/08 00:09
2015/11/08 00:09
名前:えっちな21禁さん 投稿日:03/07/06 21:10 ID:XFOaNhNl そのプレイに参加したのは、俺とレズな関係の女性二人。 仮にA子、B子としようか。 A子は心は男って感じでヤル方。B子は典型的なヤラレ役。 レズビアンにはネコとかタチとかって関係があるんでしょ? どっちがどっちなのかはよくわかんないけど、とにかく Aは責めるほう、Bは責められるほうだったのね。 788 名前:えっちな21禁さん 投稿日:03/07/06 21:10 ID:XFOaNhNl んで俺が友達だったのは、A子。 こいつは周辺の人間にもレズであることをカミングアウト してて、姉御肌の面倒見…
結婚式の日にウェディングドレスで他の男と…【エロ体験談】
2017/11/25 21:59
2017/11/25 21:59
先日会社で出会った彼と結婚をしました。

男性を紹介してくれる友達も少なかったし、
どちらかというとインドア系で出かける事もそれほどなかったので、
男性経験は正直少ないです。

就職して、2年くらいたってから今の旦那さんと知り合いました。
付き合っている事は会社でも極秘のような雰囲気。

男性社員が多い会社なので、付き合ってくれと声を賭けられる事も何回もあり、「道家ちゃん」と親しみを込めて呼ばれていました。

1月に結婚したのですが、結婚式当日は友達とか同僚とかお祝いに来てくれました。

そんななか半年前に交際を断った後輩の木原君(23)も「幸せになってくださいね」と来てくれました。

準備室…
【近親相姦】「タイムマシンとか、実際無理だろ」【体験談】
2016/09/01 06:39
2016/09/01 06:39
「ドラえもんとか、実際無理だろ」の続編のび太「え?」出木杉「いや、そう思わないかい?」のび太「まあ、2008年完成なら疑ってたかもしれない。けど、タイム・パトロールの話だと、未来が変わったせいでタイムマシンの発明はもっと遅れるらしいし……」 大学生協の食堂のテーブルに、野比のび太と出木杉英才が向かい合わせに座っている。  のび太が最近ようやくラーメンばかりの食生活を脱却したので、今日は二人ともカレーライスを食べていた。出木杉「遅れるっていうのはどれくらいなんだろう?」のび太「そこまではわからないよ……」出木杉「うん、まぁそうだろうけどさ。でも2008年に完成するはずが、2年前のあの未来テロリス…
手伝いにきた人妻と店内で生ハメ
2016/07/30 06:00
2016/07/30 06:00
今は友人と居酒屋を経営していますが、今から10年前はレストランの店長をしていました。最近でこそつまみ食いはやめましたが、その昔はバイトの大学生などは食べ放題でしたし、逆に主婦から食べられてしまうこともありました。
店長になりたての頃にちょうど結婚し、はじめての浮気相手が1歳下の貴美でした。
彼女は3人の子供を持つ普通の主婦です。


彼女の視線やしぐさが私の前だけ妙に女ぽっく見えるように思っていました。
しかし、まだ着任してまもないし、こちらも結婚してすぐだったこともあり「つまみ食いをする」心の余裕はありませんでした。

学生のバイト達が試験期間のときに、ラストの閉…
我が妻との出会い
2015/11/28 12:05
2015/11/28 12:05
俺は田舎から東京の3流の私立大学を卒業して、某工場に勤めていた時のことです。俺の親友は同じ東京でも一流の私立大学を 卒業して大手の商社に勤めていた。その彼の名前はKとしておこう。彼とはなぜか馬が合い大学時代も、社会人になってもずっと 付き合っている。その彼は東京の有名女子大を卒業して彼と同じ会社に勤め、そこで知り合い、付き合っていた。 俺は彼からも何度も彼女の話は聞いていたし、彼女と一緒に会ったことも何度もある。見たところ身長1m65cm位の大柄で 胸も、お尻もおおきくそのくせ、腰は見事のくびれている。肩まである黒髪がよけいに彼女の知性を際立たせていた。 多分1年と少し位は本当にラブラブ状態だ…
あぁ、俺のが血となり肉となるのか・・・ (恋人との体験談)
2015/10/09 23:00
2015/10/09 23:00
俺にはHするにあたっての願望があった。 だが彼女には言えずにいた。 いつも会う度Hはするし、毎回毎回気持ちいいのだが、 物足りなさと言うかもどかしさと言うか、 そんなものを感じてしまっていたのだ。 彼女の顔は美しい・・・とまでは言えないが、 肌の色が非常に白く、あそこもアナルもピンク色で素晴らしい。 白人のような感じでいつまでも綺麗なのが最高だ。 見ているだけも充分に興奮できるくらいだ。 それにいつまでも恥らう姿がまた素晴らしい。 そんな身体に俺は俺のものを突き刺し、 最終的にはいつもお腹に出すのだけど、 一度でいいから口の…
金持ちお嬢様系と知り合いエロビデオ鑑賞しながらのSEX【エッチな話告白】
2015/08/16 09:53
2015/08/16 09:53
昭和のポケベル全盛期、
俺は高校生だった

それで俺もポケベルを持っていたんだけど
ある日の夜中に

「ハジメマシテ」

「XXXーXXXXーXXXX」

とポケベルの番号らしきものが入ってきました。

次の日に早速ベルしてみると
すぐに返事があり、

「コウイチノオンナデス」

「ベルトモニナッテクダサイ」

と。


俺は友達か、その知り合いが
騙しているかもしれないと思ったけど、
差し障りなく返事をした。

1ヶ月くらいした頃に

「キョウアッテミマセンカ?」

と夜19時に来た。

今までのベルのやり取りで、
県で一番頭が良い学校に行っている事や、
3個隣の駅に住んでいる事は聞いてい…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・彼女がいない間に彼女の親友とエッチな事をした

・娘との狂おしい日々

・大人のオモチャで攻め続けられ歓びを

・【露出】銭湯で働いている男性と飲み屋で会うと興奮する[前編]

・【熟女体験談】得意先でかなり年上の年配のおばさんとSEXした

・姉は無防備

・いまも体が忘れていないあんなSEX

・姉とセックス

・【Hな体験】セックスの名人キャラが幸いして同僚OLとやれた

・フルチンでレイプ動画鑑賞中、後ろ見たら姉がいた2 (姉との体験談)

・ダイエット中に調教された妻 その2

・生まれ変わったら『道』になりたい

・友人に聞いたバイキャバでのアルバイト話

・無職夫のため同級生達に体を開く妻

・【人妻体験談】ママ友の上半身真っ裸を見てしまい、頭から離れず、酔ったママ友を家まで送ってパイズリSEX

・無抵抗の相手に腰を振るという興奮

・【Hな体験】夢に出てきた爆乳同級生とリアルガチの肉弾戦

・女友達とwww俺氏www3Pしてきたwww

・SMパートナー探し専門の掲示板での事

・企画物AVに出まくることになった妻 4(ビーチでおっぱい盗撮編2)

・【人妻体験談】バツイチのシングルマザーが勃起したチンポを觀て擦ってきたので、そのまま汗だくセックス

・【熟女体験談】ディルドで腰を振るバツイチ熟女の頭を掴んで思い切りイマラチオ

・【Hな体験】19歳の美容師の卵と人生初の中出しセックス

・見た事がある人を思い出し赤面

・元妻の姉とエロ仲になり重宝している

・【乱交】会社の男達に輪姦されてる現実が余計に私を高ぶらせる

・【人妻体験談】金に困ってる女を紹介してもらい、スレンダーな援交マダムと種付けSEXモードで子宮責め

・【熟女体験談】名器な独身OLの機関銃の様な早打ち振りのエロさに超興奮

・美人女医の恥ずかしい姿 完成版

・「母がやくざ風の男から息子2」の続きが読みたいです