寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

高慢な女の上司(16)

2017/12/07 17:19


僕は女の性欲の深さを見たような気がしました。
「恥かしい」という気持ちは性感の裏返しなのでしょう。
性的なものを感じているからこそ恥かしいし、それを口にしたり行動したりすることで、自分がエッチな
女だとバレてしまうのを本能的に恐れて、恥かしいからしない・・そういうことなのかもしれません。
それとは裏腹に、女性の性感は男のそれよりもずっと強いといいます、高慢でキツくて隙などなさそうに見えたリーダーも
心の奥底では思いっきり「おま○こ」とか「チ○ポをはめて」というような卑猥な言葉を叫びながら、淫らな行為にふけることを、
無意識のうちに欲求していたの かもしれませんでした。
彼女も、もうそのつもりでいることが、かえってちょっと物足りない気もしましたが、そろそろ飲んでもらうことにしました。
「よし、それじゃあ、お望みどおり飲ませてやるよ」
「しかし、そうやって首輪もつけたことだし、その前に犬としての躾もさせてもらおうかな」
僕はペットショツプで買っておいた、餌用の白い皿を床に置きました。
犬にエサを与えるときに使う丸いドーナツ状の、プラスチックの皿です。
そこに飲み残しのシャンパンをドボドボと注ぐと、彼女にそれを飲むように命じました。
お皿を持ち上げてあおろうとする彼女を制して、当然の注文をつけます。
「そうじゃなくて、床に皿を置いたまま、手を使わずに、口だけで犬がするように飲むんだよ」
「ご主人様のザーメンを飲んで有頂天になるといけないからな、惨めな犬の立場をちゃんと理解してからにしよう」
もう抗う気力もないSさんですが、やはり一片のプライドはどこかに残っているのか無意識に唇を噛みます。
しかし、反抗しても仕方のないことは、もう十二分にわかっていて、そろそろと頭を下げてエサ皿に顔を近づけていきました。
「ああ、だめ、やっぱり惨めだわ、これでよろしいですか、ご主人様」
慣れないせいか、うまくできないようで「ズズズ」と無作法な音を立てながらすすりますが、ときどき鼻にはいるのかむせかえって止まったりしながら、
なんとかシャンパンを飲み干しました。
「ようし、よくできたな、それでは最後に皿をきれいに舐めて、後片付けをしなさい」
容赦のない要求に、あきらめたように皿をペロペロと舐めて掃除しますが、鼻にはいったシヤンパンのせいか
惨めさの為からなのか、音をたてずにボロボロと涙を流していました。
「ここまでやってきて、いまさら、それくらいのことで涙を流すこともないだろう」
「まあいい、よくできたから、ご褒美にザーメンを飲ませてあげよう、さあもう一度咥えなさい」
おずおずと言葉に従い、顔をあげて、再度それを口に咥えるリーダーの頭を僕は両手で抑えるようにします。
「さあ、それじゃあ、僕のほうも気持ち良くさせてもらおう」
そう言うと、彼女の頭を振っての奉仕を待たず、頭を両手で抑えておいて、ガンガンと腰を振って怒張を出し入れしました。
彼女は全く自由にならず、僕のペースで突き入れられる肉棒の暴挙に対応ができないようで、
咽に当たるのが苦しいのか、さきほどの涙の名残りのせいなのか目を潤ませて、泣き顔で必死に耐えています。
頭を鷲づかみにして、Sリーダーの丹精な顔立ちに、肉棒をつきたてていくのはレイプにも似た、暴力的な快感で一気に僕のボルテージは高まっていきます。
彼女は犬の体勢から、苦しさに耐え切れないのか、両手を僕の太腿に当てて、引き離そうとするかのように爪をたてますが、
僕の方はそんな彼女の抵抗を無視して、がっしりと頭を押さえつけ、最後のダッシユへと向かいました。
ついには、こみあげる絶頂感に耐えきれずに、彼女の頭をがっしりと押さえつけたまま、咽の奥まで達するのではないかというくらいに
深々と突きいれた瞬間に、どくどくっ という感じで、リーダーの口の中へと白濁したザーメンを発射していきました。
唾液でぬめ光る肉棒をSさんの口から引き抜いた瞬間に、ザーメンはたいした量ではなかったと思うのですが、
彼女がむせかえって、吐き出しそうになるのを制止しました。
「一滴もこぼすなよ! 手で押さえて、全部飲み込むんだ」
私の制止の間にもポカリと開いた口の端から白いザーメンが唾液とないまぜになって、こぼれそうになるのを、慌てて彼女が手の平ですくうようにして、
口を押さえてとどめました。
彼女が命令どおり僕のザーメンを飲み干すか見届けようとしていた僕の瞳と、彼女の瞳が正面からぶつかりあうように一瞬見つめあった後、
こちらをじっと見つめたままゴクゴクと飲み干していきました。
目で僕の意志を確認して、観念して従ったのがわかりました。
「よし、よく飲んだな。 どうだ、僕のザーメンを飲まされた感想は? どんな味がした?」
「はい、ちょっと苦くて、少しだけ塩っぱくて、そしてやっぱり精子の匂い・・、あの・・うがいをしてもいいですか?ご主人様」
素っ裸で床にひれ伏したままのSリーダーが答えました。
「なにっ! うがいだと! ご主人さまのザーメンが気に入らないっていうのか? 言葉つきだけ丁寧なら許されるなんて甘えてるんじゃない! そんなことは許さないぞ」
僕は大袈裟に怒って見せます、もちろんうがいなどさせるわけもありません。
高慢な女リーダーには、しっかりと部下のザーメンの匂いを脳裏にこびりつかせてやらなければならないのですから。
口内に充満するイカ臭いザーメンの香りが、しだいに口内から鼻腔に抜けて、彼女には忘れられない匂いになるでしょう。
「さて、約束だからな、今度はお前のお願いどおりに、お○んこにハメてやらなきゃならないんだけど、お前が無理矢理
フェラチオで発射させるものだから、さすがの僕もすぐには回復しそうもないじゃないか」
「仕方がないから、俺のがもう一度元気になるまでの間、お前の一番好きそうなウォーミングアップをもう一度させてやろう」
彼女にはすっかりお馴染みになった、先程使った手枷用のボンデージテープとバイブレーター固定用ベルトを僕が持ってくると、
表情を変えまいと努力しながらも、怯えた表情は隠しようもありません。
懸命に怯えているのを隠すように彼女が言いました。
「縛らなくても、なんでもご主人様の言うとおりにしますから、普通に愛していただけませんでしょうか・・・」
気持ちの中では、何でも僕の言いなりになろうと心には決めたのでしょうが、当然のことですが調教されつくした
奴隷女ではありませんから、拘束具に対する本能的な拒否感は遺憾ともしがたいようです。
「まあそう遠慮するな、ほら後ろを向いて」
彼女の肩に手をかけて、床にひざまづいたままで後ろを向かせて、背中のあたりで両手首をボンデージテープでとめました。
バイブ固定用の革バンドを取り出すと、彼女の狼狽が頂点に達しているのを感じながら言いました。
「どうやらこれが一番のお気に入りみたいだからね。 さっきは失神するほどに気をやったみたいじゃないか」
「イキそうでイケないのがいいんだろ。 さっきは放ったらかしにして悪かったから、今度は君が「はめて、はめて」とわめきだすまで、
ずっと横についていて見ててあげるよ」
そういいながら、先程の小ぶりのバイブレーターよりは少し大きめのバイブをとりだしました。
その威力は先程いやというほど味わっている彼女です、従順に見せながらも、なんとかやめて欲しいと思っている心のうちは手に取るようにわかりました。
まだまだ彼女にとっては快感へと導いてくれるという感覚よりも、
耐えられないほどに自分をおかしくしてしまう器具の固定に対する恐怖心のほうが強いようでした。
僕のほうは、そんな彼女の様子を観察しながらも、
心の中では「なあに、そのうち病み付きになって、これを自分からねだるようになるさ」などと考えています。
「あん、それを入れっぱなしにされると、おかしくなっちゃうっていうか、耐えられなくなっちゃうの。苦しくて・・・」
「お願いですから、普通にしてくださいませんかご主人様、好きなだけハメてくださっていいですから」
「別にお前に許可されなくても、奴隷にハメるときは好きなだけハメさせてもらうよ」
「でもまあ本当に遠慮することはない、あんなに感じて乱れまくったんだ、本当はこれが入れてほしいんだろう」
「お前はアマノジャクだからな、本当はバイブでこねくりまわされて、いい気持ちになりたいのに、わざと嫌がったフリをしてるんだろう」
「イケなくて苦しいっていうけど、ピンクローターでクリさすってるだけでも、あんなに何回もイケるんだから、慣れないだけで、慣れれば
ピストンがなくても、振動だけで、すぐに何回もイケるようにそのうちになるよ」
拒否すれば拒否するほど、僕が意地になることをようやっと彼女も理解しはじめていました。
どうあっても、絶頂の手前まで自分を追い込んでおいて頭がへんになるほどにじらされてしまう、
その器具をもう一度受け入れざるを得ないことに気づいて、抵抗をあきらめたようです。
そして恐怖心に支配されながらも、心の奥隅には、その器具の与えてくれる快感への好奇心も兆しはじめていたのかもしれません。
「わかったわ、でも最後はご主人様ので思いっきりイカせて欲しいので、そんなに大きいのではなくて、さっきの小さめのにして
いただけませんか? それから・・・、その前にお手洗いに行かせてほしいのですけど・・」
これでよくグループリーダーが務まるものです、まったく下手くそすぎる交渉術としかいいようがありません。
こんな頼み方で僕が本当に、バイブを替えてくれると思っているのでしょうか。
「よかった、小さいのだとイケそうもないから」くらい言ったほう…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
痴女っ娘クラブ (M男な体験談)
2015/11/27 16:30
2015/11/27 16:30
「うん、今日も可愛いわ……ふふふ」 鏡に映った自分の姿に、満足げに微笑む少女… この辺りでは名門校として知られる女子校の制服を着ている。 黒のストレートの髪は肩口より僅かに長い、その顔には年齢相応の うっすらとした化粧が施されている。特に唇は艶めかしいぬめりを 持って光っている。 この少女がいる場所…それは少女には相応しくなかった。薄暗い照明、 穏やかなBGM、大きなベッド、枕元にはティッシュとスキン…… 少女はラブホテルの一室にいた。それもたった一人で…いや、壁には 男物のスーツが掛けられていた。しかし相手の男の姿はここには…
同居
2016/03/22 11:45
2016/03/22 11:45
母子家庭だった妻と結婚して義母と3人で同居を始めた。義母は43才で、まだまだ若くスタイルもいい私達は共働きで帰宅時間もバラバラ義母が家事をしてくれるから妻も安心して帰ってくる義母と関係を持つきっかけは妻が会社の女子会の夜でした。私は、いつもの様に帰宅して義母と2人で夕食風呂も済ませて義母と飲んでましたすると、友達に付き添われ妻が酔って帰宅友達に、お礼を言い妻を部屋に義母と2人で着替えさせてた妻は酔うと寝てしまう癖があり起きない寝かせた後、また義母と飲んでました会話の中で、義母が妻の胸の話をしてきた「○○○の胸、少しずつ大きくなってない?」「えっ?そうなんですか?全く気がつきませんでしたよ?」「…
旅館で美人なお姉さん2人に逆ナンされた中出し体験談
2017/03/20 19:11
2017/03/20 19:11
おれが大学2年生だった夏の事、

バイト仲間の健(仮名)から、

「海にナンパ行かね?」と誘われた。

ナンパなんかうまくいくとも思えなかったが、

健は彼女と別れたばかりだったし、

おれは面白半分、付き合い半分で行く事にした。

当時学生で貧乏だったが、

とにかく健と一泊の予定で海に向かった。

「二人で夜を過ごすのは洒落になんねーな」

おれ達は笑いあっていたが、

いざ浜辺につくと凍りついた。
人がいねぇ。

いや、いるにはいるが、ほぼ家族連れ。

言ってみればファミリービーチだったわけだ。

成せば成る。

昔の偉い人も言ってたし、

おれ達なりにがんばってみ…
夫の同僚夫婦と温泉旅行に
2015/10/11 17:00
2015/10/11 17:00
私は人妻です。結婚してから一度も不倫もしたことが無いごく普通の主婦です、主人の同僚のご夫婦と私たち2組で温泉に行った時のことです。楽しいからといって2組同じ部屋を取りました。食事の後バーで、 飲んだりダンスしたりそれは楽しい時間でした。部屋に帰り、又飲みながら話してる内に酔っ払っているので雑魚寝状態でいつしか眠っていました。体に重みを感じ目がさめた時、隣に寝てるご主人の手が私のアソコの上にありました。驚いてどけようと思いましたが。何故かそのままにして寝た振りをしていました。 でも神経はその部分に集中しています。そのうちご主人の手が微妙に動き始めたのです。神経はますますその部分に集中です。 &…
【痴漢・レイプ】薄着のお母さん
2016/05/17 05:34
2016/05/17 05:34
出張に行ってきました。 博多から在来線の特急に乗りかえて、とある地方都市へ。 帰り、博多までの特急の車中での事です。 僕の席は窓側で、隣は空席。 通路をはさんで反対側の席には、2才ぐらいの男の子を連れたお母さんと、お婆ちゃんの3人組。 お母さんは、サマードレスというのでしょうか、真っ黒で簡単な作りのミニのワンピース。 露出度高めで、期待大です。 普通にしてても、腋や胸の膨らみ、服と同色のブラがチラチラ見えます。 少し動くと、すぐに肩紐が下がってしまいます。 しかし、お母さんはわりと無頓着で、時々ブラの肩紐まで一緒に下がってしまっています。 男の子がけっこうヤンチャで、車内を走り回ったり座…
サークル仲間で行った混浴露天風呂で女の子がストリップショーはじめたんだがwww
2016/02/18 00:00
2016/02/18 00:00
何年か前だが、あるサークルの仲間、男性3人、女性3人で温泉に行った。

温泉街を皆で散歩していたらストリップ劇場があった。

A子が、いかにもいやなものだとの仕草で

「まあ、いやだ」。

B子が

「本当にいやね。でもどんな物かちょと見てみたいな。ねえ、ちょっと入って見学してみない」。

そこで6人で入ってみた。

券売り場で交渉したら女性の入場券は半額にしてくれた。

男は皆、ストリップは何度も見ているが、

女性3人は当たり前かも知れないが初めてとのこと。

女性だけでは絶対に入らないが、

仲間に男3人がいるのでやや安心しているのだろう。

中は狭い劇場で客は少ないが、

われわれ男…
【熟女体験談】仲のいい夫婦仲間3組と海の近くのコテージに泊まりに行った結果
2016/10/22 18:02
2016/10/22 18:02
2016/10/22 (Sat) 今年の夏、本当にあった話です。

私は仲のいい夫婦仲間3組と海の近くのコテージに泊まりに行きました。

夫婦3組ともに子供がひとりふたりいて、総勢おとな6人、こども5人という大所帯でした。

まあ定番のバーベキューやら花火やらで盛り上がり、大人たちは飲みすぎですっかり出来上がり、みんないつのまにか寝てしまったという感じでした。

私は夜中に強烈にのどが渇き、なにかジュースでもと思い冷蔵庫でコーラを取り出しグビグビ飲んで一息ついたところで周りを見渡すともうみんな雑魚寝状態。

おとこどもは何もかけずそのままごろ寝。

奥様達はさすが、タオルケットなどをかけて…
年下でウブだと思っていたら立派な男だった彼
2016/05/20 18:00
2016/05/20 18:00
数年前に知り合った2歳年下の男の子。
彼は一人暮らし。数ヶ月に一度遊びに行く位のつきあい。
でもあの日はなんだかいつもと違ってた。
二人で並んでソファにもたれてビデオを見てた。
二人とも夢中になって観ていたのだけれどふとした拍子に、彼の手が私の太ももに触れた。
「あ、ごめん…」と彼。


それまでは何とも思わなかったけれど随分ふたりの距離が近い。
彼は私の左側にいて、顔をそちらに向ければすぐそばに彼の肩がある。
くっ付き過ぎかな…と思って少し離れようか迷っていると彼の手が唐突に、私の手を握ってきた。指と指をからませるように…。指のまた同士がこすれあうように…。
びっ…
【初体験】一度だけHした高校生のツルツルマンコが忘れられない
2016/08/11 06:00
2016/08/11 06:00
17歳の夏、同い年の彼女と少しだけ付き合っていたことがあった。7月の暑い昼のこと、私の部屋に彼女が来た。暑い部屋の中で全裸の彼女が、全裸の私の髪を切っている。なぜ、こんな非日常的なことになってしまったのかというと・・・。 「髪を切らせて」 以前2人でじゃれあっていた時に、彼女が私の髪を触りながら、そう言った。手先がそれほど器用でない彼女に髪を切らせることに一抹の不安を感じたが、タダで髪が切れるのなら儲けものだな、という気持ちもあって切ってもらうことにした。一応、散髪用セットが家にあって、自分でも切ったことがあったから大丈夫だろうと思った。 だが、いざ始めてみると彼女は相…
大学生だった頃、彼女と別れた直後にその彼女の友達にフェラしてもらったことあるわ。
2016/01/16 12:02
2016/01/16 12:02
ケツ舐めろって言ったら「今度」って言われた。

もちろん、二度と会うことはなかった。

その日は男5人女3人くらいで酒のんでたんだけど、

女のうちの一人が別れた彼女で、

一人がフェラしてくれた女で、もう一人が今の嫁だ。

もちろん、

3人の中じゃ嫁が一番スタイル悪いしブスだしテクもない。

俺と男共と嫁は同じ学校で、

男供のうちの一人の地元の友達だったのが元彼女とフェラ子な訳だよ。

だから、まるっきり連絡もとってないし、

連絡先もわからん。

特にこれと言った出来事はなかったけど、

まあ、思い返せば幸せだったな。

大学生の頃、クラスの奴の紹介で結構美人と付き合ったんだ。

ス…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・酔った女を【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・高校2年生での強烈な思い出・・・

・職場で後輩の人妻OLとスカートめくりごっこした結果www

・【妹との告白体験談】気を許した友人に

・【露出】大学の同級生と旅行した時に起きたエロいハプニング

・彼女の友達と協力して【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・主人と主人の友達・・・1

・妻を酔わせて同僚とエッチさせたのですが・・・

・中2の頃、同級生の姉ちゃんとセッ●スしまくってた話【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・六条麦茶の匂いで思い出すバイト

・歌姫をレイプ

・ホームレスにオナニーを見せる変態熟女

・【熟女体験談】パチンコ売春おばさんと一万円中出し射精

・職場の先輩に誘われてエッチしたのですが。。。

・女は職場でいかに立ち回るか【体験談】

・憧れの真里ちゃん 2

・ゲイではないが同性の恋人がいて69でチンコをしゃぶりあっている

・友達の家にエロDVDを取りに行ったら家出した妹がいたw

・10歳上の従姉妹とセクロスしたエッチ体験【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・童貞、女子高生に手コキされる。

・空手家

・【人妻体験談】引いてしまうくらいのヤリマン若奥様を自分専用に調教

・神級処女ナースの処女膜をぶち破って大量ザーメンをマンコにぶっかけたったwww

・❤男の子に女を教えてあげました

・先生と保護者の飲み会後、送ってくれた先生を…2【エロ体験談】

・新人まきちゃん【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・やってしまった

・彼女の妹と友達

・【愛しい妻は元彼の精液便所です】

・パート先の社長にハメ撮りされました