寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

高慢な女の上司(16)

2017/12/07 17:19


僕は女の性欲の深さを見たような気がしました。
「恥かしい」という気持ちは性感の裏返しなのでしょう。
性的なものを感じているからこそ恥かしいし、それを口にしたり行動したりすることで、自分がエッチな
女だとバレてしまうのを本能的に恐れて、恥かしいからしない・・そういうことなのかもしれません。
それとは裏腹に、女性の性感は男のそれよりもずっと強いといいます、高慢でキツくて隙などなさそうに見えたリーダーも
心の奥底では思いっきり「おま○こ」とか「チ○ポをはめて」というような卑猥な言葉を叫びながら、淫らな行為にふけることを、
無意識のうちに欲求していたの かもしれませんでした。
彼女も、もうそのつもりでいることが、かえってちょっと物足りない気もしましたが、そろそろ飲んでもらうことにしました。
「よし、それじゃあ、お望みどおり飲ませてやるよ」
「しかし、そうやって首輪もつけたことだし、その前に犬としての躾もさせてもらおうかな」
僕はペットショツプで買っておいた、餌用の白い皿を床に置きました。
犬にエサを与えるときに使う丸いドーナツ状の、プラスチックの皿です。
そこに飲み残しのシャンパンをドボドボと注ぐと、彼女にそれを飲むように命じました。
お皿を持ち上げてあおろうとする彼女を制して、当然の注文をつけます。
「そうじゃなくて、床に皿を置いたまま、手を使わずに、口だけで犬がするように飲むんだよ」
「ご主人様のザーメンを飲んで有頂天になるといけないからな、惨めな犬の立場をちゃんと理解してからにしよう」
もう抗う気力もないSさんですが、やはり一片のプライドはどこかに残っているのか無意識に唇を噛みます。
しかし、反抗しても仕方のないことは、もう十二分にわかっていて、そろそろと頭を下げてエサ皿に顔を近づけていきました。
「ああ、だめ、やっぱり惨めだわ、これでよろしいですか、ご主人様」
慣れないせいか、うまくできないようで「ズズズ」と無作法な音を立てながらすすりますが、ときどき鼻にはいるのかむせかえって止まったりしながら、
なんとかシャンパンを飲み干しました。
「ようし、よくできたな、それでは最後に皿をきれいに舐めて、後片付けをしなさい」
容赦のない要求に、あきらめたように皿をペロペロと舐めて掃除しますが、鼻にはいったシヤンパンのせいか
惨めさの為からなのか、音をたてずにボロボロと涙を流していました。
「ここまでやってきて、いまさら、それくらいのことで涙を流すこともないだろう」
「まあいい、よくできたから、ご褒美にザーメンを飲ませてあげよう、さあもう一度咥えなさい」
おずおずと言葉に従い、顔をあげて、再度それを口に咥えるリーダーの頭を僕は両手で抑えるようにします。
「さあ、それじゃあ、僕のほうも気持ち良くさせてもらおう」
そう言うと、彼女の頭を振っての奉仕を待たず、頭を両手で抑えておいて、ガンガンと腰を振って怒張を出し入れしました。
彼女は全く自由にならず、僕のペースで突き入れられる肉棒の暴挙に対応ができないようで、
咽に当たるのが苦しいのか、さきほどの涙の名残りのせいなのか目を潤ませて、泣き顔で必死に耐えています。
頭を鷲づかみにして、Sリーダーの丹精な顔立ちに、肉棒をつきたてていくのはレイプにも似た、暴力的な快感で一気に僕のボルテージは高まっていきます。
彼女は犬の体勢から、苦しさに耐え切れないのか、両手を僕の太腿に当てて、引き離そうとするかのように爪をたてますが、
僕の方はそんな彼女の抵抗を無視して、がっしりと頭を押さえつけ、最後のダッシユへと向かいました。
ついには、こみあげる絶頂感に耐えきれずに、彼女の頭をがっしりと押さえつけたまま、咽の奥まで達するのではないかというくらいに
深々と突きいれた瞬間に、どくどくっ という感じで、リーダーの口の中へと白濁したザーメンを発射していきました。
唾液でぬめ光る肉棒をSさんの口から引き抜いた瞬間に、ザーメンはたいした量ではなかったと思うのですが、
彼女がむせかえって、吐き出しそうになるのを制止しました。
「一滴もこぼすなよ! 手で押さえて、全部飲み込むんだ」
私の制止の間にもポカリと開いた口の端から白いザーメンが唾液とないまぜになって、こぼれそうになるのを、慌てて彼女が手の平ですくうようにして、
口を押さえてとどめました。
彼女が命令どおり僕のザーメンを飲み干すか見届けようとしていた僕の瞳と、彼女の瞳が正面からぶつかりあうように一瞬見つめあった後、
こちらをじっと見つめたままゴクゴクと飲み干していきました。
目で僕の意志を確認して、観念して従ったのがわかりました。
「よし、よく飲んだな。 どうだ、僕のザーメンを飲まされた感想は? どんな味がした?」
「はい、ちょっと苦くて、少しだけ塩っぱくて、そしてやっぱり精子の匂い・・、あの・・うがいをしてもいいですか?ご主人様」
素っ裸で床にひれ伏したままのSリーダーが答えました。
「なにっ! うがいだと! ご主人さまのザーメンが気に入らないっていうのか? 言葉つきだけ丁寧なら許されるなんて甘えてるんじゃない! そんなことは許さないぞ」
僕は大袈裟に怒って見せます、もちろんうがいなどさせるわけもありません。
高慢な女リーダーには、しっかりと部下のザーメンの匂いを脳裏にこびりつかせてやらなければならないのですから。
口内に充満するイカ臭いザーメンの香りが、しだいに口内から鼻腔に抜けて、彼女には忘れられない匂いになるでしょう。
「さて、約束だからな、今度はお前のお願いどおりに、お○んこにハメてやらなきゃならないんだけど、お前が無理矢理
フェラチオで発射させるものだから、さすがの僕もすぐには回復しそうもないじゃないか」
「仕方がないから、俺のがもう一度元気になるまでの間、お前の一番好きそうなウォーミングアップをもう一度させてやろう」
彼女にはすっかりお馴染みになった、先程使った手枷用のボンデージテープとバイブレーター固定用ベルトを僕が持ってくると、
表情を変えまいと努力しながらも、怯えた表情は隠しようもありません。
懸命に怯えているのを隠すように彼女が言いました。
「縛らなくても、なんでもご主人様の言うとおりにしますから、普通に愛していただけませんでしょうか・・・」
気持ちの中では、何でも僕の言いなりになろうと心には決めたのでしょうが、当然のことですが調教されつくした
奴隷女ではありませんから、拘束具に対する本能的な拒否感は遺憾ともしがたいようです。
「まあそう遠慮するな、ほら後ろを向いて」
彼女の肩に手をかけて、床にひざまづいたままで後ろを向かせて、背中のあたりで両手首をボンデージテープでとめました。
バイブ固定用の革バンドを取り出すと、彼女の狼狽が頂点に達しているのを感じながら言いました。
「どうやらこれが一番のお気に入りみたいだからね。 さっきは失神するほどに気をやったみたいじゃないか」
「イキそうでイケないのがいいんだろ。 さっきは放ったらかしにして悪かったから、今度は君が「はめて、はめて」とわめきだすまで、
ずっと横についていて見ててあげるよ」
そういいながら、先程の小ぶりのバイブレーターよりは少し大きめのバイブをとりだしました。
その威力は先程いやというほど味わっている彼女です、従順に見せながらも、なんとかやめて欲しいと思っている心のうちは手に取るようにわかりました。
まだまだ彼女にとっては快感へと導いてくれるという感覚よりも、
耐えられないほどに自分をおかしくしてしまう器具の固定に対する恐怖心のほうが強いようでした。
僕のほうは、そんな彼女の様子を観察しながらも、
心の中では「なあに、そのうち病み付きになって、これを自分からねだるようになるさ」などと考えています。
「あん、それを入れっぱなしにされると、おかしくなっちゃうっていうか、耐えられなくなっちゃうの。苦しくて・・・」
「お願いですから、普通にしてくださいませんかご主人様、好きなだけハメてくださっていいですから」
「別にお前に許可されなくても、奴隷にハメるときは好きなだけハメさせてもらうよ」
「でもまあ本当に遠慮することはない、あんなに感じて乱れまくったんだ、本当はこれが入れてほしいんだろう」
「お前はアマノジャクだからな、本当はバイブでこねくりまわされて、いい気持ちになりたいのに、わざと嫌がったフリをしてるんだろう」
「イケなくて苦しいっていうけど、ピンクローターでクリさすってるだけでも、あんなに何回もイケるんだから、慣れないだけで、慣れれば
ピストンがなくても、振動だけで、すぐに何回もイケるようにそのうちになるよ」
拒否すれば拒否するほど、僕が意地になることをようやっと彼女も理解しはじめていました。
どうあっても、絶頂の手前まで自分を追い込んでおいて頭がへんになるほどにじらされてしまう、
その器具をもう一度受け入れざるを得ないことに気づいて、抵抗をあきらめたようです。
そして恐怖心に支配されながらも、心の奥隅には、その器具の与えてくれる快感への好奇心も兆しはじめていたのかもしれません。
「わかったわ、でも最後はご主人様ので思いっきりイカせて欲しいので、そんなに大きいのではなくて、さっきの小さめのにして
いただけませんか? それから・・・、その前にお手洗いに行かせてほしいのですけど・・」
これでよくグループリーダーが務まるものです、まったく下手くそすぎる交渉術としかいいようがありません。
こんな頼み方で僕が本当に、バイブを替えてくれると思っているのでしょうか。
「よかった、小さいのだとイケそうもないから」くらい言ったほう…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
×1です
2017/09/09 18:49
2017/09/09 18:49
セックスは前によくしてました。 でも、別れてからはしばらく男としてませんでした。私はパートでしたが、小さな会社の事務をしていたんです。 私もすでにに近い歳でしたが、以外と若作りの服装でした。 事務ではもう一人男性がいて、私にいつも素敵な服装で若いよねって言われ、私も悪い気持ちではありませんでした。 そんなある日に夕方仕事が終わり、私は帰り支度をしていたら、ちょっとと呼ばれ畳みの個室に行きました。 ちょっとこれ見てよって書類を出していて、私が見ていたらいきなり押し倒されミニスカートを捲りすぐに下着を取られこん棒を私に入れてきました。 いやぁ何するんですかでもす ぐに全部入り激しいピストンをされま…
【姉との告白体験談】居間でしていた俺が悪い…VS姉の友達
2017/12/19 16:58
2017/12/19 16:58
居間でしていて姉にみられた結果、姉の友達の前でオナニーする事になった俺です。 昨日、姉の友達の前でオナニーしてしまいましたので、結果を報告します。 姉に「オナニー見て」と言ったその日から、見た目には平穏に日々は過ぎていきました。 姉はいままで通りに接してくれて、気まずくなることもありませんでした。 でも、俺だけもう心臓バクバク。 初めて女性とエロいことできると、期待に胸を膨らませオナ禁です。 そしてついに昨日、その日はやってきたのです。 昼ぐらいに起きだした姉と、居間で海外ドラマを見ながら彼女を待ちます。 さすがに姉も意識してしまっているのでしょう、なんだか気まずい…と言うか、ピリピリとし…
吉原のソープで童貞卒業
2017/01/04 18:19
2017/01/04 18:19
昨日、吉原(65,000円)の店で童貞捨てました。 ネット上の情報サイト、風俗雑誌で下調べをすること3ヶ月。 なかなか相手を決めることが出来ず、風俗雑誌で妄想を膨らませてオナニーばかりしていました。 やっと決めた相手の外見は自分好みの可愛い系。 23歳、ショートカットで色白、ホッペが赤らんだ笑顔の写真に惚れこみました。 行くと決めた3日前からオナ禁。 当日の午前中に予約電話を入れる。 自分の携帯を使うのがいやで、公衆電話を使いにわざわざ駅前まで。 知り合いに見られていないか周りを確認しながらダイヤル。 期待と股間を膨らませ、周りを確認しながら電話する姿は怪しかったかも? 予…
バブルの名残を感じさせる美術サークルの先輩達にハーレム手コキされた俺のはなし
2016/03/18 14:02
2016/03/18 14:02
丁度バブル時代がはじけた頃、

自分は大学生をしていました。

通っていた大学は、男子学生よりも

女子大生の方が多い大学で、

更に文学部だったので、周囲は女子大生だらけでした。

漫研と美術系のサークルに入りましたが

女子率85%以上、美術部は先輩全員女子でした。

男子校だった私にとって

最初は緊張の連続でした。

彼女いない暦18年、もちろん童貞、

ファーストキスの経験もなく

兄弟は弟1人ですから女性免疫はゼロでした。

漫研に入ることは決めていたのですが

美術部には無理やりに入れられました。

新入生歓迎コンパが合同であり

酔っ払った先輩にからまれました
【熟女体験談】新婦の親友夫婦の関係
2016/09/30 12:02
2016/09/30 12:02
2016/09/30 (Fri) 新郎の友人として行った式。

新郎新婦は五年の遠距離恋愛の末、やっと結婚にこぎつけた二人だった。

新婦の親友夫婦というのが来てて、その夫婦の旦那さんのほうがスピーチし終わった後に

奥さんが「私も追加で」とマイクを受け取った。

それで追加した内容が

「新婦のA子さんは、私達の新婚当初からしょっちゅう新居に

泊まりに来て夫婦の寝室で勝手に寝たり、休日に私抜きでうちの夫と二人きりで

遊びに行ったり、真夜中まで二人きりでお酒を飲みに行くこともたびたびです。

二人は親友だからそういう付き合いは当たり前で、なんの心配もいらないものだそうですから

Bさん…
【熟女体験談】中学生で両親を亡くした私は引き取られた叔母とセックスする関係になった
2015/11/14 00:02
2015/11/14 00:02
2015/11/14 (Sat) この話は私が中2の時、今からまだ10年にも満たない最近とは言えないが、

昔とも言えない時のことである。


私は早くに母親を亡くし、父親と二人で暮らしていた。


しかしその父も私が2年に進級する直前に事故で亡くなってしまった。


男2人の生活だったため、私はとりあえず同年代の人間よりは生活能力は高かったが、


問題も多かった。


金銭面に関しては、問題は無かったが、最悪の場合の頼れる人がいないことだった。


両祖父母は既に亡くなっていたし、父は一人っ子、母も妹がいたが連絡は取っていなったらしい。

母の妹が唯一の親族だったが、見たこ…
強姦で変貌した恐妻
2015/11/15 01:05
2015/11/15 01:05
俺は41歳でトラックの運転手をしている。 15年前に妻(34歳)と結婚し、子供も2人いる。 昔は俺もヤンチャで地元の暴走族リーダーをしていて、夜な夜な国道を駆け巡っては 仲間と青春を送っていた。高校卒業後、家業の土木業を手伝いトラック運転手を始めたが 20歳位までは仲間とつるんで、暴走族を続けていました。 24歳の時、当時高校生だった妻と知り合い、会ったその日に肉体関係になり、何ヵ月後には 妻が妊娠し、結婚する事になった。 当時は妻も優しく弱々しい感じだったが、子供を出産し月日が経つに連れ立場は逆転、 俺は妻の尻に敷かれる生活へと変わって行った。 こんな俺の愚痴を後輩のハヤトは聞いてくれていま…
生意気な巨乳ヤンキーがいちゃもんつけてきたから無理やり犯した
2015/09/20 15:30
2015/09/20 15:30


出張先での出来事。




晩ご飯を食べてホテルへの帰り道。




地方の小さな商店街はほとんどシャッターが締まってって


ガランとしており、人気もなかった。




しばらく歩くと、向こうから大声で喚く


酔っ払ってるらしい男女2対1の3人組が歩いてきた。




シャッターを蹴ったり、看板を蹴ったりして何か喚いている。




いかにも…って感じの頭の悪そうなヤンキー男2人。




ヤンキー娘は、ふらふらしてケタケタ笑っている。





関わらないようにしようと道路の反対を歩いていると、


性の異常体験
2017/09/25 08:49
2017/09/25 08:49
大阪万博のあった時代ですから相当昔です。 小学四年の九歳か十歳の時でした。 母に連れられて、ある漁業の街に里帰りしました。 肉親の家を何軒かご機嫌伺いにまわり、母の実弟が一人で借りている家にも立ち寄りました。 弟は二十五歳のお兄さんで私はそのとき初めて会ったのでした。 自分の姉に久しぶりにあっても碌に話もしない人で、母と、同行していた私の祖母とでまったく、ΟΟちゃんは無口もすぎるんだからと苦笑していました。 私はといえば、この時、お兄さんの赤銅色で筋金の浮き出た腕に魅せられ、母の背後からじっと見入っていました。 そして、つい、その腕を触ってしまいました。 なぜ突然そんな気になったのか、どちらか…
絶対に逝かないと断言してた女の子を逝かせまくったらwwwwwwwww
2018/03/10 20:19
2018/03/10 20:19
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【不倫】夫とセックスして初めて元カレの大きさを知った私

・高級ソープ行ったら2時間で4回搾り取られた

・妹のパンツを見た友人

・ウブなイケメン君を攻略しました

・ショートパンツを見ると

・【人妻体験談】悪魔の義弟がレイプするように罠を張ったら・・・

・【SM・調教】年上のOLを釣りに誘ってハメ撮り調教[後編]

・彼女の友達にいたずら

・彼氏とのSEXは相性が良くてエロエロ三昧

・妻の妹と偶然飲み屋で会って盛り上がって・・

・清楚な後輩の部屋の前で聞き耳をたててたら

・妻が他の男性とセックスをする場面を・・・

・#結婚を考えてる彼女をトルコ人に抱かせてみたら

・人妻の先輩に誘惑されて種付けしました

・OLのメンズエステのバイト体験談

・【人妻体験談】人妻デリヘル嬢の面接に行ったら、店長にレイプされた

・【熟女体験談】魔女っ子ヒロインのコスプレをした妻に逆レイプされた

・【SM・調教】年上のOLを釣りに誘ってハメ撮り調教[前編]

・巨乳の先輩の乳首

・カラオケに行って、後輩の奧さんとキメセクした

・サイトで出会った人妻とナマでやるために考えた作戦

・職場の人妻にととろけるような初体験しました

・私の男とのSEX歴をお話しします

・【不倫】熟女な私がナンパされちゃって・・・。

・【人妻体験談】娘の彼氏だけでなく、夫まで寝取る物凄いヤリマン母

・誰かに言いたいので投書いちゃいました

・高2の冬、ナースと実際にあったガチのエロ体験

・礼二の寝取られ実験 パート3(完結)

・夫と別居中の人妻と激しすぎる不倫SEXしました

・大好きだから精液もゴックンしちゃう彼との甘い夜の生活