寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

高慢な女の上司(16)

2017/12/07 17:19


僕は女の性欲の深さを見たような気がしました。
「恥かしい」という気持ちは性感の裏返しなのでしょう。
性的なものを感じているからこそ恥かしいし、それを口にしたり行動したりすることで、自分がエッチな
女だとバレてしまうのを本能的に恐れて、恥かしいからしない・・そういうことなのかもしれません。
それとは裏腹に、女性の性感は男のそれよりもずっと強いといいます、高慢でキツくて隙などなさそうに見えたリーダーも
心の奥底では思いっきり「おま○こ」とか「チ○ポをはめて」というような卑猥な言葉を叫びながら、淫らな行為にふけることを、
無意識のうちに欲求していたの かもしれませんでした。
彼女も、もうそのつもりでいることが、かえってちょっと物足りない気もしましたが、そろそろ飲んでもらうことにしました。
「よし、それじゃあ、お望みどおり飲ませてやるよ」
「しかし、そうやって首輪もつけたことだし、その前に犬としての躾もさせてもらおうかな」
僕はペットショツプで買っておいた、餌用の白い皿を床に置きました。
犬にエサを与えるときに使う丸いドーナツ状の、プラスチックの皿です。
そこに飲み残しのシャンパンをドボドボと注ぐと、彼女にそれを飲むように命じました。
お皿を持ち上げてあおろうとする彼女を制して、当然の注文をつけます。
「そうじゃなくて、床に皿を置いたまま、手を使わずに、口だけで犬がするように飲むんだよ」
「ご主人様のザーメンを飲んで有頂天になるといけないからな、惨めな犬の立場をちゃんと理解してからにしよう」
もう抗う気力もないSさんですが、やはり一片のプライドはどこかに残っているのか無意識に唇を噛みます。
しかし、反抗しても仕方のないことは、もう十二分にわかっていて、そろそろと頭を下げてエサ皿に顔を近づけていきました。
「ああ、だめ、やっぱり惨めだわ、これでよろしいですか、ご主人様」
慣れないせいか、うまくできないようで「ズズズ」と無作法な音を立てながらすすりますが、ときどき鼻にはいるのかむせかえって止まったりしながら、
なんとかシャンパンを飲み干しました。
「ようし、よくできたな、それでは最後に皿をきれいに舐めて、後片付けをしなさい」
容赦のない要求に、あきらめたように皿をペロペロと舐めて掃除しますが、鼻にはいったシヤンパンのせいか
惨めさの為からなのか、音をたてずにボロボロと涙を流していました。
「ここまでやってきて、いまさら、それくらいのことで涙を流すこともないだろう」
「まあいい、よくできたから、ご褒美にザーメンを飲ませてあげよう、さあもう一度咥えなさい」
おずおずと言葉に従い、顔をあげて、再度それを口に咥えるリーダーの頭を僕は両手で抑えるようにします。
「さあ、それじゃあ、僕のほうも気持ち良くさせてもらおう」
そう言うと、彼女の頭を振っての奉仕を待たず、頭を両手で抑えておいて、ガンガンと腰を振って怒張を出し入れしました。
彼女は全く自由にならず、僕のペースで突き入れられる肉棒の暴挙に対応ができないようで、
咽に当たるのが苦しいのか、さきほどの涙の名残りのせいなのか目を潤ませて、泣き顔で必死に耐えています。
頭を鷲づかみにして、Sリーダーの丹精な顔立ちに、肉棒をつきたてていくのはレイプにも似た、暴力的な快感で一気に僕のボルテージは高まっていきます。
彼女は犬の体勢から、苦しさに耐え切れないのか、両手を僕の太腿に当てて、引き離そうとするかのように爪をたてますが、
僕の方はそんな彼女の抵抗を無視して、がっしりと頭を押さえつけ、最後のダッシユへと向かいました。
ついには、こみあげる絶頂感に耐えきれずに、彼女の頭をがっしりと押さえつけたまま、咽の奥まで達するのではないかというくらいに
深々と突きいれた瞬間に、どくどくっ という感じで、リーダーの口の中へと白濁したザーメンを発射していきました。
唾液でぬめ光る肉棒をSさんの口から引き抜いた瞬間に、ザーメンはたいした量ではなかったと思うのですが、
彼女がむせかえって、吐き出しそうになるのを制止しました。
「一滴もこぼすなよ! 手で押さえて、全部飲み込むんだ」
私の制止の間にもポカリと開いた口の端から白いザーメンが唾液とないまぜになって、こぼれそうになるのを、慌てて彼女が手の平ですくうようにして、
口を押さえてとどめました。
彼女が命令どおり僕のザーメンを飲み干すか見届けようとしていた僕の瞳と、彼女の瞳が正面からぶつかりあうように一瞬見つめあった後、
こちらをじっと見つめたままゴクゴクと飲み干していきました。
目で僕の意志を確認して、観念して従ったのがわかりました。
「よし、よく飲んだな。 どうだ、僕のザーメンを飲まされた感想は? どんな味がした?」
「はい、ちょっと苦くて、少しだけ塩っぱくて、そしてやっぱり精子の匂い・・、あの・・うがいをしてもいいですか?ご主人様」
素っ裸で床にひれ伏したままのSリーダーが答えました。
「なにっ! うがいだと! ご主人さまのザーメンが気に入らないっていうのか? 言葉つきだけ丁寧なら許されるなんて甘えてるんじゃない! そんなことは許さないぞ」
僕は大袈裟に怒って見せます、もちろんうがいなどさせるわけもありません。
高慢な女リーダーには、しっかりと部下のザーメンの匂いを脳裏にこびりつかせてやらなければならないのですから。
口内に充満するイカ臭いザーメンの香りが、しだいに口内から鼻腔に抜けて、彼女には忘れられない匂いになるでしょう。
「さて、約束だからな、今度はお前のお願いどおりに、お○んこにハメてやらなきゃならないんだけど、お前が無理矢理
フェラチオで発射させるものだから、さすがの僕もすぐには回復しそうもないじゃないか」
「仕方がないから、俺のがもう一度元気になるまでの間、お前の一番好きそうなウォーミングアップをもう一度させてやろう」
彼女にはすっかりお馴染みになった、先程使った手枷用のボンデージテープとバイブレーター固定用ベルトを僕が持ってくると、
表情を変えまいと努力しながらも、怯えた表情は隠しようもありません。
懸命に怯えているのを隠すように彼女が言いました。
「縛らなくても、なんでもご主人様の言うとおりにしますから、普通に愛していただけませんでしょうか・・・」
気持ちの中では、何でも僕の言いなりになろうと心には決めたのでしょうが、当然のことですが調教されつくした
奴隷女ではありませんから、拘束具に対する本能的な拒否感は遺憾ともしがたいようです。
「まあそう遠慮するな、ほら後ろを向いて」
彼女の肩に手をかけて、床にひざまづいたままで後ろを向かせて、背中のあたりで両手首をボンデージテープでとめました。
バイブ固定用の革バンドを取り出すと、彼女の狼狽が頂点に達しているのを感じながら言いました。
「どうやらこれが一番のお気に入りみたいだからね。 さっきは失神するほどに気をやったみたいじゃないか」
「イキそうでイケないのがいいんだろ。 さっきは放ったらかしにして悪かったから、今度は君が「はめて、はめて」とわめきだすまで、
ずっと横についていて見ててあげるよ」
そういいながら、先程の小ぶりのバイブレーターよりは少し大きめのバイブをとりだしました。
その威力は先程いやというほど味わっている彼女です、従順に見せながらも、なんとかやめて欲しいと思っている心のうちは手に取るようにわかりました。
まだまだ彼女にとっては快感へと導いてくれるという感覚よりも、
耐えられないほどに自分をおかしくしてしまう器具の固定に対する恐怖心のほうが強いようでした。
僕のほうは、そんな彼女の様子を観察しながらも、
心の中では「なあに、そのうち病み付きになって、これを自分からねだるようになるさ」などと考えています。
「あん、それを入れっぱなしにされると、おかしくなっちゃうっていうか、耐えられなくなっちゃうの。苦しくて・・・」
「お願いですから、普通にしてくださいませんかご主人様、好きなだけハメてくださっていいですから」
「別にお前に許可されなくても、奴隷にハメるときは好きなだけハメさせてもらうよ」
「でもまあ本当に遠慮することはない、あんなに感じて乱れまくったんだ、本当はこれが入れてほしいんだろう」
「お前はアマノジャクだからな、本当はバイブでこねくりまわされて、いい気持ちになりたいのに、わざと嫌がったフリをしてるんだろう」
「イケなくて苦しいっていうけど、ピンクローターでクリさすってるだけでも、あんなに何回もイケるんだから、慣れないだけで、慣れれば
ピストンがなくても、振動だけで、すぐに何回もイケるようにそのうちになるよ」
拒否すれば拒否するほど、僕が意地になることをようやっと彼女も理解しはじめていました。
どうあっても、絶頂の手前まで自分を追い込んでおいて頭がへんになるほどにじらされてしまう、
その器具をもう一度受け入れざるを得ないことに気づいて、抵抗をあきらめたようです。
そして恐怖心に支配されながらも、心の奥隅には、その器具の与えてくれる快感への好奇心も兆しはじめていたのかもしれません。
「わかったわ、でも最後はご主人様ので思いっきりイカせて欲しいので、そんなに大きいのではなくて、さっきの小さめのにして
いただけませんか? それから・・・、その前にお手洗いに行かせてほしいのですけど・・」
これでよくグループリーダーが務まるものです、まったく下手くそすぎる交渉術としかいいようがありません。
こんな頼み方で僕が本当に、バイブを替えてくれると思っているのでしょうか。
「よかった、小さいのだとイケそうもないから」くらい言ったほう…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
強気でクールな姉さん女房が、巨根の後輩にご褒美をあげた完【ブロマガ】
2017/02/01 09:54
2017/02/01 09:54


ツインテールにスクール水着の美里が、必死で腰を振っている。悠斗は、バックの体勢で繋がったまま微動だにしない。そんな悠斗の下腹部に、お尻を音がするほど強くぶつける美里。

『当るっ! 奥まで来てるっ! 気持ち良いぃ、全然違うっ! このチンポ、ホントにすごいぃっ!』
美里は卑猥な言葉を叫びながら、腰を振り続ける。私は、目の前で狂ったように腰を振る美里を見ながら、ひたすらペニスをしごき続けていた。

後輩の悠斗が、妻の膣中に生で入れているのに、夫の私がそれを見てオナニーしているのは、あまりにもみじめな状況だ。でも、私は今までしてきたオナニーの中で、一番の快感を味わっていた。
兄妹近親相姦、車の故障で思いがけずホテルで初セックス
2016/07/29 23:00
2016/07/29 23:00
 

  その日は親戚の結婚式に家族で招待された帰りの事だった。クリスマスの近い12月の半ばの週末、俺たち家族は高速道路で2時間、一般道を更に1時間ほど行った場所の親戚の結婚式に呼ばれ俺の運転する車で行った。式は淡々と進み無事に大団円のうちにお開きになった。時間は夜の7時頃だった。両親はそのまま親戚の家に泊まって翌日、電車で帰ってくると言った。俺たちも泊まっていけと誘われたが、酔っ払いの相手をするのは嫌だったし、妹の相手になる同年代の親戚が居なかったので、俺は妹を連れて先に帰ることにした。俺は21歳。車が好きで高校卒業と同時に免許を取得し車を買う為、今の会社に就…
JKの姉が風邪を引いて学校を休んでいた時の話
2017/05/15 07:33
2017/05/15 07:33
私立高校に通う2つ年上の姉が、風邪を引いて2日程学校を休んで寝ていた時の事でした。


自分は中間試験の最終日だったので半日で下校して、道草もせずに家に帰ってみると、家の一番奥の両親の寝室で寝ていた姉が、

「お腹が空いたから何か作ってくれない?」

と甘えてきました。


残り御飯をおかゆに作り替えてお盆で運んで行くと、両親の寝室はかなり温度が高くなっており、毛布と布団を掛けていた姉は寝間着の裾をパタパタさせながら「暑い暑い」と言いつつ、布団から起き上がりました。


その時僕の目は姉の太腿がチラリと見えた事をしっかりと記憶しながら、熱いおかゆを食べる姿を姉の傍らで見守っていました…
悪友のレイプショー
2017/12/27 15:17
2017/12/27 15:17
俺のダチには、何人かあまり付き合いたくない奴がいる。 その日も、そんな奴から携帯に電話があり、予定していた奴が来られなくなり、代わりに今晩つき合えってくれと。いいことあるからと。理由は詳しく言わないが承知した。夜、ダチが車で迎えに来たので乗り込む。何があるのか聞いてみる。相変わらず口を濁すが、「いいか、これから会う奴らに言われたとおりにしろよ。 でないとお前ただでは帰れなくなるから」なんかやばい話みたいだが、喧嘩とかそういうものではないらしい。 1時間くらいで郊外の一軒家に着いた。すでに何台か車があった。ダチはそこのメンバーと話していた。「あいつ、初めての奴だけど大丈夫か?」「小さ い頃…
H体験談。。パート美女とSEX
2016/06/03 16:38
2016/06/03 16:38
俺28歳 パート(理沙)30歳

製造会社に転職して、およそ三週間経過。図面書きと品質管理が
仕事だったので、製造現場に出る事もしばしば有った。

製造現場の方々が、歓迎会を開いてくれた。
改めて、自己紹介の後、飲み、食べた。

職場の方々と飲むのは、初めてだったので、酒は控え目に飲んだ。
隣に座ったパートさん、大皿から料理を取り分けたり、
何かと世話を焼いてくれた。

隣に座っていれば当然、話をする事になる。
彼女は、30歳でバツイチ、子ナシだった。
子供がいなかったので、離婚も簡単に決まったらしい。

二次会でも、彼女が隣に座った。カラオケ等で盛り上がったが、
彼女がトイレから戻ったら、顔…
【近親相姦】ひろみ 【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/07/07 16:28
2017/07/07 16:28
76ひろみ◆Q.2cUxs/FEsageNew!04/03/1614:09ID:nvWmPoMk んー。では、簡潔に。 上に書いたように、兄貴と話をしてて、お互い、なんか無理して 彼女・彼氏を作ってる気になってきてたので、で、そういう話に なって、兄貴はきっぱり言ったらしいんですよね。 私は、まだ迷いもあって、でも、お兄ちゃんと一緒にいると同じ くらい兄貴のことが気になるようになってきてて・・・。 それで、浮気・・・っていう考えも確かに後ろめたい感じが してたので・・・ちょっと冷却期間じゃないけど、まぁ、一旦冷静に 考える時間が欲しいと思って。 77ひろみ◆Q.…
【痴漢・レイプ】彼女(妻)と痴漢のおじさん【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/08/01 17:33
2017/08/01 17:33
妻(ひとみ、51才)若い頃は、隣の県で働いていて、寮生活をしていました。休みで帰る時は電車か、私が車で迎えに行っていました。ある金曜日に、明日帰るからと、電話がありまして、 私もたまたま翌日、翌々日と連休でした。私は、たまには電車で迎えに行き、話しでもしながら帰ろうと思い、○○駅まで迎えに行く事にしました。早く着いた私は、暫く駅で時間を潰していると、妻が来るのがわかりました。すると、妻の後から、足首くらいまでの、長いコートに帽子をかぶり、黒縁の眼鏡をしたおじさんが、何となく怪しげに歩いて来ます。??何か変です。私は暫く様子を見る事にしました。妻は私が迎えに来る事を知りません。直ぐに列車が到着…
【人妻体験談】元上司
2017/03/24 05:45
2017/03/24 05:45
私の会社で課長だったKさんは、 去年引き抜かれて取引先の会社へ転職しました。 入社してからいろいろ面倒をみてくれてたので、やはり寂しかったんですが、 退社記念飲み会では「スパイになってやるよ!」と冗談をいってました。 ちなみに私もKさんも既婚です。 私の旦那も同じ会社(別の部署)で、Kさんとは草野球仲間でした。 転職先にはチームがないので、Kさんは残念がってましたが・・・ 転職したKさんは、営業担当としていろんなところを回っていました。 その会社にとって大手~中堅のへんを担当していたようです。 当時(今も)私の会社は中堅くらいのポジションでしたが、 転職してから3、4…
襲った女の子が実は自分のことを好きだった話
2017/11/17 11:55
2017/11/17 11:55
高二の頃の話。

地元の祭りも終わり、友達の家で飲んでたんだ。

俺、友達の孝史、孝史の彼女の美和、んで、直美。

うちらの仲は、中学の同級生・・・と言っても、俺と孝史は同じクラスだったけど、美和と直美は別クラスって事もあり、あんま仲良しと言う関係じゃなかった。

そんな四人が飲んでたんだけど、いつの間にか、孝史と美和がいないのよ。

孝史の家は古いけどデカい家で和室が無駄に多い部屋だったんで俺はピンときた。


あいつら・・・やってる・・・。


そう考えてたらなんか、俺一人勝手に盛り上がって、興奮して、隣に直美がいたのも気にせず、「あー、セックスしてー」とか言ってた。


直美が…
鍋パーティで男3女1の乱交で翌日夕方までやり放題
2017/10/03 23:00
2017/10/03 23:00
 
 合コンで一度会った女の子23歳を誘って、家で鍋パーティを開いたんです。広末に似たかんじで、スリムだけど胸が大きいのは服の上でもよくわかりました。結構ノリがいい子で、ほんとは友達の女の子と二人で来る予定が、その友達が風邪で熱出して来れなくなったけど無事鍋開始となりました。

 お酒が入ってきて、だんだんエッチな話が多くなって、男たちがオナニーの話なんかしてても「あたしも結構するよ」とかなかなかいい雰囲気で盛り上がってきてました。

みんなが変わったエッチ体験とか話し始めて、友人の一人がパーティ行った話からさらに盛り上がって、女性は複数の男性としたくなるの?なんて質問までし始めて…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・迷子と偽って近づいてきた少年が豹変して僕の母親をレイプした

・私の体を知り尽くした彼の、乱暴で緻密な愛撫で・・・

・濡れた添乗員のお姉さんと正常位でセックスした話

・【衝撃】ヤリマン女子大生だが質問ある?

・■セフレは信金の営業担当

・二人の姉と妹。そして・・・。 続続続編

・本屋で出会った不倫願望の人妻

・社員旅行で夜這いされて、浮かれて何回もした私

・淫乱人妻が寝取られ・中出し不倫

・義姉がエッチすぎる 続続編

・レイプされて・・・

・【人妻体験談】オチンチンを勃起させながら土下座してSEXさせてくれと頼んでくる息子

・【熟女体験談】女性に対してコンプレックスを持つ童貞が美熟女ソープ嬢に非日常的な体験をさせてもらい超感謝

・義妹に強引にキスから始まり・・・

・義姉がエッチすぎる 続編

・【男×男】美しい僕に嫉妬した女友達の報復

・中学時代の女友達を泥酔レイプ

・奥さんの裸にエプロン

・性格もよくて色気のある美人系のホステスと友達と俺

・義姉がエッチすぎる

・TBD(The Brush Down)

・会社の色んな場所でエッチなことしまくった

・■心電図の測定で脱がされた体験談

・二人の姉と妹。そして・・・。 続続編

・残業中上司にレイプ気味に襲われたけど断れなかった

・【裏山】アイドルと付き合ってたことあるけど質問ある?

・姉のマッサージ 2

・泊まりがけの懇親会で酔い潰れて全く起きない先輩美人社員をこっそりレイプ

・出会い系で銀行員の奥さんつかまえて中出しwww

・★嫌だった看護師の妹に介抱された俺