寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

3年越しの恋

2017/12/07 16:28


僕の3年越しの片思いの話を聞いて下さい。
大学に入った時に一目ぼれした女性がいました。その時彼女は2年生で
年もひとつ上でした。

たまたま通学で乗り合わせたバスが同じだったことがきっかけでした。
僕はその美しさに一瞬で心を奪われました。他の女性とは比較にならないくらい
キラキラ光り輝いていました。

僕は彼女に夢中になりました。こちらの視線に気づいて欲しくて
来る日も来る日もわざと同じバスに乗り合わせました。
最初はそれだけで満足でした。

貧乏だった僕はハンバーガーショップでバイトをしていました。
そこに彼女が時々現れました。
恥かしさに最初は事務的に注文を取ることしかできなくて、お客とバイトの
ハードルを越えることができませんでした。

彼女には独特の壁のようなものがありました。
物腰はやわらかいのですが、何か男性を寄せ付けないような
独特の雰囲気があるんです。
とても気になったのですが、最初はそれが何なのかわかりませんでした。

ある時、彼女が注文した金額分のお金がサイフに入っていない時があり
僕が立て替えたことがありました。
翌日、彼女はバスの中で丁寧にお礼を言ってくれました。
それがきっかけで少しずつ話をする間柄になって行きました。

それから半年がたったある日。
自分の気持ちを抑えきれなくなった僕は、思い切って彼女に告白をしました。
結果は...ごめんなさい..でした。

じゃあ、これまでのように友達の関係でいて下さいとお願いすると
快くOKしてくれました。僕はこれまで以上に明るく彼女に接しました。
少しずつ彼女もいろいろなことを相談してくれるようになりました。

ある日、彼女がバイトを探しているという話を聞き、僕がバイトしているショップに
募集枠があったため、紹介してあげました。

彼女と同じ店で働ける嬉しさに僕は一生懸命彼女に仕事を教えました。
彼女はとても制服が似合っていました。笑顔がより一層輝いて見えました。
彼女と僕は助け合ってバイトに精を出しました。

少しずつ..本当に少しずつですが、彼女が僕に好意を持ち始めたのを
感じました。

ここであわてて告白し、またふられてしまうのはイヤなので、
今回は自分の気持ちをグッとおさえて慎重に彼女との距離を測りました。

僕と彼女は仲良くなり、いっしょに行動する機会も増えました。
2人で海に行った時は、あまりの彼女の色の白さときれいな肌が
まぶしくてまっすぐに見れませんでした。

僕が2年生、彼女が3年生になりました。
まだ、友達のハードルを越えることができず僕はヤキモキしていました。
その年の彼女の誕生日に僕は思い切って2度目の告白をしました。

結果は...また、ごめんなさいでした。
今度はうまく行く自信があっただけに落ち込みました。
しばらく彼女に顔向けもできませんでした。

なぜダメなんだろう...何がいけないんだろう...
自分を責めても何も答えは出ませんでした。
もう明るくふるまう元気もありませんでした。
バイトや授業もさぼりがちになり、いつしか彼女とも疎遠になりつつありました。

半年後、僕は彼女に呼び出されました。
僕は寝グセのついた頭でノコノコ彼女の前に現れると、
思いっきりひっぱたかれました。

学校中に響き渡るような強烈なビンタでした。
通行人の足が一瞬止まったのがわかりました。

彼女は泣きながら走り去って行きました。
もう何がなんだかわかりませんでした。

しかし、これで何か目が覚めたような気持ちになり、以前の気持ちに少しだけ
戻ることができました。
彼女の愛情に感謝しつつ、またバイトや勉学に励みました。

月日が流れ、僕が3年生、彼女が4年生になりました。
この年に入学してきた女の子に僕は告白されました。

僕は彼女の想いを紛らわせるために、その女の子と2?3度デートをしました。
しかし、紛れることもなく彼女の想いはつのる一方でした。

ある日、彼女が僕とその女の子とデートしてる話を聞きつけたらしく
僕の元に駆け寄ってきました。
何か言いたそうに見えましたが、何も言わずにその場を去って行きました。
目に涙がたまっていたのがとても気になりました。

僕は彼女がわからなくなりました。
絶対に普通じゃない...そう思う方が納得できるほど不思議な気持ちでした。

何がいけない?なぜ告白するとふられる?なぜ他のコデートすると怒る?
頭の中が????でいっぱいになりました。

ある日僕は学校の中で彼女を見つけ、こらえきれず後ろから思い切り抱きしめて
キスをしました。もう人が見ていようが関係ありませんでした。

また、学校中に響き渡るような音で思いっきりひっぱたかれました。
でも僕は自分の気持ちに納得ができました。

これで嫌われるなら本望...何もしないでビクビクしてふられ続けるくらいなら
思いっきりキスして他人になってやる。
そんな気持ちでした。

彼女の目からは大粒の涙があふれ出ました。
彼女は走ってその場を去って行きました。

僕はとてもスッキリした気持ちでいっぱいでした。
もう、これであきらめがつく...そう思っていました。
しかし、この行動が思わぬ方向へ行くきっかけになりました。

バイト先で彼女に話があると言われ、僕は指定された喫茶店に行きました。
彼女は先に来て僕を待っていました。

そこで彼女が僕に好意を持っていることを告げました。
僕のあの行動がきっかけで想いを打ち明ける決心がついたと言いました。

僕は嬉しさのあまり天に向かってガッツポーズしました。
やっと3年間の想いが報われた。そう思いました。

少しずつ僕たちにも恋人のような空気が流れ始めました。
彼女は21年間、誰とも付き合ったことがなかったことを告げました。
僕が初めての彼氏だそうです。
こんなキレイな人が...僕は信じられませんでした。

ちなみにあの時のキスが彼女のファーストキスだったそうです。
僕は自分の取った軽率な行動に責任を感じました。

ある日、彼女が僕のアパートに遊びに来てくれました。
僕はその日はちょっとムラムラしていました。その時のキスがきっかけになり
僕は彼女をベッドに押し倒しました。

彼女は目に涙をためて、抵抗しました。
どうして...付き合ってるのにどうして拒むの?...
彼女は帰って行きました。

翌日、僕は一応彼女にあやまりました。
彼女は許してくれました。そして胸だけなら触ってもいいと言ってくれました。
僕はキスをして、彼女の服をやさしく脱がせました。

ぎこちない手つきでブラをはずすと、彼女の胸があらわになりました。
白くて、大きくて、やわらかくて、手のひらに吸い付くようなオッパイでした。
青い静脈が透けているのが印象的でした。

乳輪も乳首も、肌の色とそれほど変わらず、色の白さを再確認しました。
彼女のオッパイを揉んでみました。とても手触りのいいオッパイに僕は夢中に
なりました。

どんどん彼女の息が荒くなって行くのを見ると、前回はセックスが嫌いで
拒んだのではないことがわかりました。
指先で乳首に触ると、彼女の口からあえぎ声が漏れます。
とても気持ちよさそうです。

僕は彼女のパンツの上からアソコを刺激してみました。
驚いたことにしっとりと濡れていました。

もうここまでくれば大丈夫だろう...

僕は彼女の最後の一枚に手をかけました。
彼女は泣きながら抵抗しました。
また、彼女は帰って行きました。

なぜ?...
僕はわからなくなりました。
もう彼女に体を求めることができなくなりました。

一週間くらい彼女と会わずにいると、電話がかかってきました。
彼女はあやまっていました。もう一度会いたいというので会うことにしました。

彼女は僕が健康な男性だから体を求めるのはわかると言いました。
しかし、最後の一枚はどうしてもダメ言います。
僕はどんなことでも受け入れるからセックスしたいと懇願しました。
彼女はしばらく考えさせてと言ってその場を去りました。

厳格な家庭に育ったばっかりに結婚するまで処女を貫く...
じゃあ、結婚するなら許してくれるのだろうか...
他に理由も思い浮かばず、そんな考えばかりが僕の頭をよぎりました。

ある夜、僕のアパートに彼女が来ました。彼女が真剣な顔になり
今日は電気を消してくれるなら最後まで行ってもいいと言ってくれました。

真っ暗でよく見えませんでしたが、何とか彼女の服を脱がせ、
最後の一枚だけにし、僕も服を脱ぎました。
いつもより濃厚に愛撫し、手探りでパンツがしっとりしてきたのを確認して
僕は最後の一枚に手をかけました。

最初ちょっとだけ抵抗したものの、彼女は最後の一枚を脱がせてくれました。
手探りでその辺りをまさぐりました。

何か違和感を感じました。
あるはずのものがないという感じでした。
何かが違うんです。

「電気つけていい?」
僕は彼女に聞いてみました。
それだけは絶対ダメと彼女は拒みます。

僕は彼女が「うん」というまでお願いし続けました。
どうしてもアソコがどうなっているか見たかったのです。
しばらくの間、お願い...ダメ...のやり取りが続き、
彼女はようやく電気をつけることをOKしました。

僕は電気をつけて彼女を見ました。
手でアソコを見られないようにしっかりとガードしているので、
とりあえず彼女の足を広げさせて、M字開脚のポーズにして
手をどけさせようとしました。

なかなか彼女は手をどけようとしません。
どんなことでも受け入れるから...僕がそう言うとやっと彼女はゆっくりと
手をどけました。

彼女…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
ソープで働く同級生と生ハメした後、口を開けて…【風俗体験談】
2017/01/04 10:10
2017/01/04 10:10
今日!日付が変わったから昨日!

県内で有数の風俗スポット(ソープ街)に友達と2人で車で3時間かけて行って来た!

そこで中学と高校が同じだった美幸がいたのだ!

普通、県外でそういうことをすると聞いていたのであるが、同じ県内の遠いところにいた!!!


俺が部屋で待っていると美幸が入って来た。

俺は一瞬で美幸だと判った!

かなり気まずかった…。

美幸もオレだとすぐ判ったみたいだったが、凄く嫌な顔をされた。

俺が「久し振りだね(汗)?」と言うと、シカトされて「歯ァ磨いて下さーい。」

と機械的なことを言われた。

俺が「美幸でしょ?」と言ってもシカトで目も合わせてくれない。

もう一方…
★新聞代の集金の熟女との話
2016/02/06 17:23
2016/02/06 17:23
 その日は夏風邪をひき寝ていました。昼頃でしょうか、新聞代の集金の為に渡辺さん(50歳を少し過ぎた位)というおばさんが来ました。そのおばさんとは集金の際に軽く冗談を言ったり、ちょっとしたおすそ分けをしたり、してもらったりするような間柄です。

「田中さん、新聞代の集金で〜す。あら、どうしたの?何だか具合が悪そうだけど」
「うん、ちょっと風邪引いちゃったみたいで」
「ちゃんとご飯とか食べてる?」
「うん、でもあんまり食欲ないし」
「だめよ、少しでも何か食べないと。後で何か持ってきてあげるね」
 2,3時間後、いろいろと惣菜やら飲み物を持っておばさんがやってきました。「田中さん、お台所借りるね…
夏休み2
2017/09/15 05:19
2017/09/15 05:19
字数オーバーで書けなくなりました。 あの日図書館に行ってなかったら今の私は違ってたかもしれないです。 私は小で罪悪感より先に性の快楽を教えられてしまいました。 小さい子を性の対象として見る人には分かるのでしょうか。 私はあの日からずっとせくすの道具です。
母親とキッチンSEXで、孕ませたくなりそのまま中出し
2015/09/03 12:07
2015/09/03 12:07
一回パコッた女は、俺の女だ

口には出さないけど、
みんなそんな風に考えてると思う。

それに俺はついに、母子相姦をやった!

向こう側の世界へ飛び出した!!

色気のある美人ママじゃなくても、
パンティに腹が少し乗るようなおばさんであってに、
血の繋がり以上の結合を果たしたというのは、
ついニヤニヤしてしまう。

と、そう思っていたし、
正直、コメントみてニヤニヤしてました。

翌日も母親とセックスすることばかり考えてましたが、近
親相姦の大変な問題にまったく気づいてなかった。

うちは母子家庭とか、そういう理想的な環境ではなく
、普通に父親がいて仕事で俺よりも
帰宅は遅いものの大体…
働く女性の告白~女社長との激しいキス~【レズ・同性愛】
2016/06/10 15:05
2016/06/10 15:05
私は26歳の独身の女です。 仕事は小さな会社で事務をしています。 私の貴重な体験をレズ告白します。 従業員は私と社長の2人だけで、1年中2人で 仕事をしています。 社長はまだ38歳なので姉妹のような関係です。 だから悩み事があれば相談するし、飲みにも よく行きます。 ある日の夜、大きな仕事があり2人で残業をしていた 時のことですが、私がお茶を入れに行くと、社長が 後ろからお尻を触ってきたんです。面白い人なので いつものことか、と思っていましたが、触り方が いつもと違うんです。ねちっこくお尻を揉みあげるように 触ってくるんです。 「今日はどうしたんですか?」 すると社長はニヤっとして、 …
簡単にセックスできそうなので・・・
2015/08/01 08:01
2015/08/01 08:01
彼女はゆりさん(仮名)といって私の7つ上の人妻でした。

私が当時まだ大学生でしたので歳は27、8歳といったところではないでしょうか。

彼女とはとあるサイトで知り合ってから一ヶ月以上メールしていました。

一ヶ月経った頃に電話で話して、会うことになりました。

そのとき彼女から自分が人妻であることを告げられましたが私は別段普通に接していました。

簡単にセックスできそうなのでむしろ楽だろうと思いました。

彼女と仲良くなるために私は彼女の音楽的趣味やその他についてある程度自分で調べて話題に備えました。

また相変わらずメールは長文で返信もマメですし、たまに甘えたようなメ…
酔っぱらった後輩を迎えにきた奥さんにフェラしてもらったwww
2018/02/12 16:02
2018/02/12 16:02
会社の仲間と居酒屋へ行きました

みんな仲良くて、色々なバカな話や仕事の事

どんどん盛り上がり、みんな酔っ払ってました。

その中で、20の後輩が、

もうフラフラで、あまり呂律が、まわってなかった。

「そろそろ」

と後輩が嫁に電話をして、

「迎えにきて」

と電話をしました。

私は、この嫁を初めてみた時から、

気になってしょうがなかった。

正直、電話をしている時には、あの娘が来るんだと思うと、

ドキドキして酔いが覚めるほどでした。

後輩の携帯に

「着いたよ」

と連絡が入り、

「そろそろ帰ります」

と言うと、悪酔いした…
【寝取られ】冴えない中年男にクラブのオキニを横取りされた
2016/05/04 15:00
2016/05/04 15:00
ちょうど今から10年ぐらい前の夏かな?僕は広告代理店に勤務するエリートサラリーマンで、週末になると都内にあるクラブに通っていました。その当時、クラブの常連の女の子で狙っている子がいました。 沢尻エリカ似の美人だったので、エリカと呼ぶことにします。 エリカはいつもマサコという友達と一緒にクラブに来ていました。マサコも割りと可愛かったのですが、エリカとは比べものになりませんでした。 エリカは24歳で、身長は170cm近くある長身美人。健康的な小麦色の肌が整った美貌によく似合っていました。僕は背が高い方なので違和感はありませんが、普通の男だとエリカは近寄り難いタイプだったと思い…
子持ちの人妻と浮気して修羅場
2016/02/27 10:00
2016/02/27 10:00
サラリーマンである俺が、外回り営業の際に公園でサボっていると、
26歳というイケテルヤンママあけみが1歳児を連れて遊びに来た。
すぐ目の隣のベンチに座り込んだ為、ちょっくらナンパ
俺「お子さんかわいいですね~」
あけみ『ありがとうございます』
と世間話がはじまる
しばらくして、ベンチを移動して隣に座る。


俺  「こんなかわいいお子さんだとだんなもイケメンなんでしょ?」
あけみ『イケメンすぎて、女遊びが激しくて困ってるんでです」
俺  「そっか、じゃああけみちゃんもしちゃえば?」
あけみ『なかなか相手がいないよ~』
俺  「そんなにかわいいなら…
やっと子供が寝付いて【エッチ体験談】
2018/01/01 08:44
2018/01/01 08:44
                                子供の夜泣きが止んで、やっと寝付いてくれて 時計はもう午前を指してて、主人は今日も遅い 音を立てないように、そっとトイレに行きました 帰りに風呂の脱衣場の前を通ったら、人がいた 主人の従兄弟、Tさん、今年が成人式です ズボン下ろしてる、どうしたの? やだー、私のショーツ手に持って、広げて嗅いでる 洗濯物から取り出したんです 股間に手を入れて、オナニーしてんの? ふっふふ、こんなところで何やってんですか 私に気が付いてない さ、子供のとこに戻んなきゃ もうちょっと見ちゃおう、よせばいいのに、覗…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・義姉がエッチすぎる 続続続編

・迷子と偽って近づいてきた少年が豹変して僕の母親をレイプした

・私の体を知り尽くした彼の、乱暴で緻密な愛撫で・・・

・濡れた添乗員のお姉さんと正常位でセックスした話

・■セフレは信金の営業担当

・社員旅行でキモイ奴に弱みを握られてレイプされてしまいました…

・本屋で出会った不倫願望の人妻

・淫乱人妻が寝取られ・中出し不倫

・義姉がエッチすぎる 続続編

・レイプされて・・・

・【人妻体験談】オチンチンを勃起させながら土下座してSEXさせてくれと頼んでくる息子

・「どこで何をしててもいつか必ず会えるってわかってるから、全然つらくない。その日が来るまでがんばる」

・妻の出産に立ち上がったらドン引きしてインポに・・・

・【熟女体験談】女性に対してコンプレックスを持つ童貞が美熟女ソープ嬢に非日常的な体験をさせてもらい超感謝

・義妹に強引にキスから始まり・・・

・義姉がエッチすぎる 続編

・【男×男】美しい僕に嫉妬した女友達の報復

・中学時代の女友達を泥酔レイプ

・奥さんの裸にエプロン

・30代の義姉に堪らなくなって犯してしまったレイプ体験談

・ネカフェで手コキフェラしてくれる先輩OLとの話

・会社の色んな場所でエッチなことしまくった

・■心電図の測定で脱がされた体験談

・二人の姉と妹。そして・・・。 続続編

・残業中上司にレイプ気味に襲われたけど断れなかった

・【裏山】アイドルと付き合ってたことあるけど質問ある?

・7歳上の同僚女性職員とセフレのつもりが妊娠して結婚することに

・出会い系で銀行員の奥さんつかまえて中出しwww

・★嫌だった看護師の妹に介抱された俺

・姉のマッサージ 1