寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

3年越しの恋

2017/12/07 16:28


僕の3年越しの片思いの話を聞いて下さい。
大学に入った時に一目ぼれした女性がいました。その時彼女は2年生で
年もひとつ上でした。

たまたま通学で乗り合わせたバスが同じだったことがきっかけでした。
僕はその美しさに一瞬で心を奪われました。他の女性とは比較にならないくらい
キラキラ光り輝いていました。

僕は彼女に夢中になりました。こちらの視線に気づいて欲しくて
来る日も来る日もわざと同じバスに乗り合わせました。
最初はそれだけで満足でした。

貧乏だった僕はハンバーガーショップでバイトをしていました。
そこに彼女が時々現れました。
恥かしさに最初は事務的に注文を取ることしかできなくて、お客とバイトの
ハードルを越えることができませんでした。

彼女には独特の壁のようなものがありました。
物腰はやわらかいのですが、何か男性を寄せ付けないような
独特の雰囲気があるんです。
とても気になったのですが、最初はそれが何なのかわかりませんでした。

ある時、彼女が注文した金額分のお金がサイフに入っていない時があり
僕が立て替えたことがありました。
翌日、彼女はバスの中で丁寧にお礼を言ってくれました。
それがきっかけで少しずつ話をする間柄になって行きました。

それから半年がたったある日。
自分の気持ちを抑えきれなくなった僕は、思い切って彼女に告白をしました。
結果は...ごめんなさい..でした。

じゃあ、これまでのように友達の関係でいて下さいとお願いすると
快くOKしてくれました。僕はこれまで以上に明るく彼女に接しました。
少しずつ彼女もいろいろなことを相談してくれるようになりました。

ある日、彼女がバイトを探しているという話を聞き、僕がバイトしているショップに
募集枠があったため、紹介してあげました。

彼女と同じ店で働ける嬉しさに僕は一生懸命彼女に仕事を教えました。
彼女はとても制服が似合っていました。笑顔がより一層輝いて見えました。
彼女と僕は助け合ってバイトに精を出しました。

少しずつ..本当に少しずつですが、彼女が僕に好意を持ち始めたのを
感じました。

ここであわてて告白し、またふられてしまうのはイヤなので、
今回は自分の気持ちをグッとおさえて慎重に彼女との距離を測りました。

僕と彼女は仲良くなり、いっしょに行動する機会も増えました。
2人で海に行った時は、あまりの彼女の色の白さときれいな肌が
まぶしくてまっすぐに見れませんでした。

僕が2年生、彼女が3年生になりました。
まだ、友達のハードルを越えることができず僕はヤキモキしていました。
その年の彼女の誕生日に僕は思い切って2度目の告白をしました。

結果は...また、ごめんなさいでした。
今度はうまく行く自信があっただけに落ち込みました。
しばらく彼女に顔向けもできませんでした。

なぜダメなんだろう...何がいけないんだろう...
自分を責めても何も答えは出ませんでした。
もう明るくふるまう元気もありませんでした。
バイトや授業もさぼりがちになり、いつしか彼女とも疎遠になりつつありました。

半年後、僕は彼女に呼び出されました。
僕は寝グセのついた頭でノコノコ彼女の前に現れると、
思いっきりひっぱたかれました。

学校中に響き渡るような強烈なビンタでした。
通行人の足が一瞬止まったのがわかりました。

彼女は泣きながら走り去って行きました。
もう何がなんだかわかりませんでした。

しかし、これで何か目が覚めたような気持ちになり、以前の気持ちに少しだけ
戻ることができました。
彼女の愛情に感謝しつつ、またバイトや勉学に励みました。

月日が流れ、僕が3年生、彼女が4年生になりました。
この年に入学してきた女の子に僕は告白されました。

僕は彼女の想いを紛らわせるために、その女の子と2?3度デートをしました。
しかし、紛れることもなく彼女の想いはつのる一方でした。

ある日、彼女が僕とその女の子とデートしてる話を聞きつけたらしく
僕の元に駆け寄ってきました。
何か言いたそうに見えましたが、何も言わずにその場を去って行きました。
目に涙がたまっていたのがとても気になりました。

僕は彼女がわからなくなりました。
絶対に普通じゃない...そう思う方が納得できるほど不思議な気持ちでした。

何がいけない?なぜ告白するとふられる?なぜ他のコデートすると怒る?
頭の中が????でいっぱいになりました。

ある日僕は学校の中で彼女を見つけ、こらえきれず後ろから思い切り抱きしめて
キスをしました。もう人が見ていようが関係ありませんでした。

また、学校中に響き渡るような音で思いっきりひっぱたかれました。
でも僕は自分の気持ちに納得ができました。

これで嫌われるなら本望...何もしないでビクビクしてふられ続けるくらいなら
思いっきりキスして他人になってやる。
そんな気持ちでした。

彼女の目からは大粒の涙があふれ出ました。
彼女は走ってその場を去って行きました。

僕はとてもスッキリした気持ちでいっぱいでした。
もう、これであきらめがつく...そう思っていました。
しかし、この行動が思わぬ方向へ行くきっかけになりました。

バイト先で彼女に話があると言われ、僕は指定された喫茶店に行きました。
彼女は先に来て僕を待っていました。

そこで彼女が僕に好意を持っていることを告げました。
僕のあの行動がきっかけで想いを打ち明ける決心がついたと言いました。

僕は嬉しさのあまり天に向かってガッツポーズしました。
やっと3年間の想いが報われた。そう思いました。

少しずつ僕たちにも恋人のような空気が流れ始めました。
彼女は21年間、誰とも付き合ったことがなかったことを告げました。
僕が初めての彼氏だそうです。
こんなキレイな人が...僕は信じられませんでした。

ちなみにあの時のキスが彼女のファーストキスだったそうです。
僕は自分の取った軽率な行動に責任を感じました。

ある日、彼女が僕のアパートに遊びに来てくれました。
僕はその日はちょっとムラムラしていました。その時のキスがきっかけになり
僕は彼女をベッドに押し倒しました。

彼女は目に涙をためて、抵抗しました。
どうして...付き合ってるのにどうして拒むの?...
彼女は帰って行きました。

翌日、僕は一応彼女にあやまりました。
彼女は許してくれました。そして胸だけなら触ってもいいと言ってくれました。
僕はキスをして、彼女の服をやさしく脱がせました。

ぎこちない手つきでブラをはずすと、彼女の胸があらわになりました。
白くて、大きくて、やわらかくて、手のひらに吸い付くようなオッパイでした。
青い静脈が透けているのが印象的でした。

乳輪も乳首も、肌の色とそれほど変わらず、色の白さを再確認しました。
彼女のオッパイを揉んでみました。とても手触りのいいオッパイに僕は夢中に
なりました。

どんどん彼女の息が荒くなって行くのを見ると、前回はセックスが嫌いで
拒んだのではないことがわかりました。
指先で乳首に触ると、彼女の口からあえぎ声が漏れます。
とても気持ちよさそうです。

僕は彼女のパンツの上からアソコを刺激してみました。
驚いたことにしっとりと濡れていました。

もうここまでくれば大丈夫だろう...

僕は彼女の最後の一枚に手をかけました。
彼女は泣きながら抵抗しました。
また、彼女は帰って行きました。

なぜ?...
僕はわからなくなりました。
もう彼女に体を求めることができなくなりました。

一週間くらい彼女と会わずにいると、電話がかかってきました。
彼女はあやまっていました。もう一度会いたいというので会うことにしました。

彼女は僕が健康な男性だから体を求めるのはわかると言いました。
しかし、最後の一枚はどうしてもダメ言います。
僕はどんなことでも受け入れるからセックスしたいと懇願しました。
彼女はしばらく考えさせてと言ってその場を去りました。

厳格な家庭に育ったばっかりに結婚するまで処女を貫く...
じゃあ、結婚するなら許してくれるのだろうか...
他に理由も思い浮かばず、そんな考えばかりが僕の頭をよぎりました。

ある夜、僕のアパートに彼女が来ました。彼女が真剣な顔になり
今日は電気を消してくれるなら最後まで行ってもいいと言ってくれました。

真っ暗でよく見えませんでしたが、何とか彼女の服を脱がせ、
最後の一枚だけにし、僕も服を脱ぎました。
いつもより濃厚に愛撫し、手探りでパンツがしっとりしてきたのを確認して
僕は最後の一枚に手をかけました。

最初ちょっとだけ抵抗したものの、彼女は最後の一枚を脱がせてくれました。
手探りでその辺りをまさぐりました。

何か違和感を感じました。
あるはずのものがないという感じでした。
何かが違うんです。

「電気つけていい?」
僕は彼女に聞いてみました。
それだけは絶対ダメと彼女は拒みます。

僕は彼女が「うん」というまでお願いし続けました。
どうしてもアソコがどうなっているか見たかったのです。
しばらくの間、お願い...ダメ...のやり取りが続き、
彼女はようやく電気をつけることをOKしました。

僕は電気をつけて彼女を見ました。
手でアソコを見られないようにしっかりとガードしているので、
とりあえず彼女の足を広げさせて、M字開脚のポーズにして
手をどけさせようとしました。

なかなか彼女は手をどけようとしません。
どんなことでも受け入れるから...僕がそう言うとやっと彼女はゆっくりと
手をどけました。

彼女…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
同僚の奴隷?
2017/12/02 17:49
2017/12/02 17:49
酔った私は、もう平衡感覚を失っていた。 「こっちにこいよ」 同僚の岡崎に引っ張られるまま、 店の外のビルの隙間につれていかれた。 「やだっ、放してよぉ。ねぇっ」 岡崎は無言のままズボンを脱ぎ「しゃぶれ」と命じた。 「いやだっねぇっ。んっもごっ」 嫌がる私の口に、岡崎は無理矢理自分の肉棒を差し込む。 「んっー、あっんっ」私が抵抗すればするほど岡崎の力が強まる。 「ほら、私舐めるんだよ」そう言って私の乳首を思い切りつまんだ。 「ああっ」 「痛いだろ?じゃあ舐めろ丁寧にだ」 私は手 と口で丁寧にさわり始めた。 舌先で筋を舐め、唾液で濡れた手で玉を刺激した。 「はあっ……おまえうまいじゃない…
無理やり【エッチ体験談】
2015/11/13 02:13
2015/11/13 02:13
 高1の夏、友達二人と伊豆の海に行った。浜で女の子3人と知り合った。さえないやつらだった(中学卒業して、どっかの工場で働いてるって言ってた)けど、男だけじゃつまんなかったし、3対3だったし、まあ、胸とかけっこうあったし、そんな感じだった。  偶然、民宿が同じだったんで、やけに盛り上がって、夜、花火やろう、飲もうってことになって。  オレ達もお酒とかあんまり飲んだことなかったし、女の子もそんな感じで、そのうち、女の子二人は頭イターとかなんとか言って部屋に帰っていった。  一番飲んでなかった子は、残ってギター弾いてたんだけど、あんまりにも下手くそで、オレがコ…
【痴女との体験談】俺が小5の時に女子大生2人とエッチした話
2018/07/11 09:29
2018/07/11 09:29
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2010/08/19(木)21:18:24.59ID:Q3bhrt1bP 需要ある? 10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2010/08/19(木)21:20:39.32ID:Q3bhrt1bP まあ5年も前の話なんだが 最近トラウマも薄れてきたから語ってみようかななんて思ってスレ立てた 16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2010/08/19(木)21:22:41.81ID:Q3bhrt1bP やっぱ叩かれるか 書かないほ…
主人とケンカした夜に行きずりの男性と
2016/05/18 21:00
2016/05/18 21:00
私は29歳の主婦です。去年の出来事を書かせて貰います。
ある日、些細なことで主人と喧嘩をして、家を飛び出した。
私は一件のショットバーでお酒を飲んで頭を冷やしていました。
すると、ちょっと離れた席に座っていた男性と目が合ったので、軽く会釈すると、その男性は自分のグラスを持って私の方へ来ました。
「お隣良いですか?」「ええ、どうぞ」彼は私の隣の席に着きました。


私はお酒を飲みながら、彼に主人の愚痴を聞いて貰いました。
愚痴から、普通の会話になり、彼との会話が楽しくなってきました。
自然にお酒のペースが速くなって、少し酔いが回り始めた頃、時折、彼の膝と私の膝がぶつか…
姉はカウンセラー 僕の属性診断 (姉との体験談)
2015/10/26 07:30
2015/10/26 07:30
郊外の私鉄駅前の商店街を 俺は肩をすぼめて一人歩いていた。 (…………  な、何でダメだったんだ。  チクショウ………) 俺は今年大学に入学した18歳。 何とか滑り止めの2流私大に合格した。 旅行研究会なるサークルに入り その新歓コンパの席で、同じ新入生の女の子と仲良くなった。実は18になるまでまともに女の子と付き合ったこともなく 何を喋ったらいいか解らないというオクテの俺だった。 だが、その娘とは何故か打ち解けて、それが縁で付き合うようになった。 何度かデートを重ねてキスもした。 そして今日、渋谷でデートをした。 代々木公園でしばらく過ご…
混浴で見られて?
2015/11/04 15:01
2015/11/04 15:01
初めて露天混浴風呂と言う所に行った時には、一体誰がこんな所に入るのだろうか? とさえ思いました、回りにも何も壁も塀も無く、川原の開けた所に岩風呂が三つほどあり 一応女性用には外から見えないように脱衣室があるけれど、そこから湯船まで10メーターもあるし? それでも好奇心と言うか助平心で、その後、数回もそこへ様子を見に行き、一度は入ってみようか、と言う事になり 皆がやってるように妻はバスタオルで体を巻いて入り、そもそも、温泉と言うものは二人とも好きだったので 「気持ち良いね~」と言った感じで入っていましたが、湯船を移動しようとお湯から上がるとタオルは体に張り付き 妻の胸は体の線がはっきり出ますし、…
大学4年の卒業旅行にハワイへ行った話 【エッチ体験談】 
2016/04/14 22:21
2016/04/14 22:21
大学4年の卒業旅行にハワイへ行った話です。
本当は男6人で行く予定でしたが、ゼミやらサークルなんかの関係で18人行く事になりました。
とはいっても18人が同じ飛行機、同じコンドミニアムではありませんけど。
18人中女の子は7人いました。
全員見た事はあっても、仲が良い子達ではありません。
中にはカップルで参加しているヤツもいたぐらいでした。
実はその7人の中に、密かに思いを寄せていた女の子がいました。
名前はユカリ。スラッとした170cmちかい身長と、均等の取れたスタイルの子です。
メイク次第では安室奈美恵に似ていて、素人モデルみたいな事もしていると言っていました。
確実…
義母のフェラ攻撃に我慢できず中出しSEXに発展
2017/02/10 17:00
2017/02/10 17:00
先日、嫁のお母さんとしてしまいました。俺は29歳、嫁は24歳、義母は42歳です。
義母は、童顔でスタイルが良くて嫁さんと姉妹に間違えられる感じです。義父は俺と嫁が出会う前にに他界してます。
俺と嫁はアパートに二人で暮らしており、嫁の実家はアパートから車で15分くらいの場所にあります。嫁は看護師で病院で働いており嫁が夜勤で夜いない時などは、義母がアパートに来て夕飯を作ってくれたりしていました。


先日、嫁が夜勤の日、俺が仕事から帰宅するといつも通り義母が、夕飯を作って待ってくれていました。

一緒に食事をし、いつもなら食器を洗い終えると帰る義母がその日は「一緒に、お…
今思うと、なんであんなに必死だったのか・・
2018/06/29 10:10
2018/06/29 10:10
出会い系サイトに登録したきっかけはかなり単純、とにかく童貞を捨てたかった。

当時なんか色々自暴自棄になってた俺は、とにかくセックスがしたかった。

サイトに登録した最初は怖くてメールも中々できなかったが、掲示板から「経験ない男の子いろいろ教えてあげる」みないな書き込みを見てその女の子にメールをした。

名前はたしか由美とかそんな感じだったと思う。当然仮名だろうけど由美は21歳で当時の俺より一つ上のアパレル店員だった。

メールを何通か続けてるうちに「えー俺くんって経験ないんだー私がいろいろ教えてあげるよ」みないな展開になり由美に会うことになった。


結果から言うと由美はドブスだった。しかも…
処女を奪ったらいつでも中出しOKのセフレになった
2018/02/27 12:10
2018/02/27 12:10
リエと知り合ったのは、私が結婚して間もなくの頃だった。
活動的な彼女の行動が楽しくて、仲間同士として付き合いを深めていった。

ある日、親元から独立したいという相談を彼女から持ちかけられた。
善は急げとばかりに2人で不動産屋巡りをし、マンションの一室を借りることになった。
彼女の実家に近いが最寄駅は違う、という微妙な位置関係だった。


正式に契約を交わし、家主から鍵を受け取った。
一人でゆっくり見てみたいというリエに付き合って、家具も照明器具も何もない部屋に、夕方から夜にかけて、何をするでもなくぼーっといた。

彼女は家具の配置を懸命に考えているようだったが、私はひと仕事終えた開放感に浸って…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【不倫】夫とセックスして初めて元カレの大きさを知った私

・妹のパンツを見た友人

・【人妻体験談】悪魔の義弟がレイプするように罠を張ったら・・・

・後輩の奧さんに欲情して生挿入してしまったが・・・

・内定を餌に父親より年上の一流企業の部長に中出しされた

・【SM・調教】年上のOLを釣りに誘ってハメ撮り調教[後編]

・彼女の友達にいたずら

・彼氏とのSEXは相性が良くてエロエロ三昧

・妻が他の男性とセックスをする場面を・・・

・人妻の先輩に誘惑されて種付けしました

・OLのメンズエステのバイト体験談

・【人妻体験談】人妻デリヘル嬢の面接に行ったら、店長にレイプされた

・【熟女体験談】魔女っ子ヒロインのコスプレをした妻に逆レイプされた

・【SM・調教】年上のOLを釣りに誘ってハメ撮り調教[前編]

・巨乳の先輩の乳首

・カラオケに行って、後輩の奧さんとキメセクした

・サイトで出会った人妻とナマでやるために考えた作戦

・婚活クソババアにならないよう正直に生きる

・私の男とのSEX歴をお話しします

・【不倫】熟女な私がナンパされちゃって・・・。

・清純顔して彼氏がいるのに同じサークルの奴に色目を使うヤリマン女

・【人妻体験談】娘の彼氏だけでなく、夫まで寝取る物凄いヤリマン母

・【熟女体験談】平凡な主婦が初めて「イク」という快感を体験した結果、常にSEXしたいという淫乱になった

・誰かに言いたいので投書いちゃいました

・高2の冬、ナースと実際にあったガチのエロ体験

・【不倫】フェラのことを「キス」と言う微乳の元ヤン妻

・礼二の寝取られ実験 パート3(完結)

・夫と別居中の人妻と激しすぎる不倫SEXしました

・旦那さんと別れて俺と・・・

・【浮気】バイト先で知り合ったフェラ上手な短大生