寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

高慢な女の上司(14)

2017/12/07 16:19


ふいに、彼女がふっと目をとじました。 閉じた目じりから涙があふれます。
そして、搾り出すように言いました。
「わかったわ、好きにして。 だからもう部屋にいれて」
僕の胸に安堵の波が広がりますが、彼女は気づかないようでした。
「本当に奴隷になるんだな」
僕は念を押すように押しかぶせるように尋ねます。
Sリーダーはそれには答えず、黙って、こくりと首を縦に振りました。
僕は公共の場であるホテルの通路に、オールヌードに革の拘束具をつけて大股開きで座っている変態女の写真をデジカメに数枚収めると、
満足して彼女を抱えて部屋の中のベッドまで運び いれました。
「本当に奴隷になると約束するんだな」
「わかったわ、好きにしてって言ったでしょ、で、どうすればいいの」
彼女は吐き捨てるように言いました。
彼女にとっては無意識の言葉使いなのでしょうが、無意識に僕を見下していることをあらわしている、その口調が僕を苛立たせます。
「なんだその口の利き方は、奴隷がご主人様に使う言葉じゃないな」
「奴隷になることを認めた褒美に、今、その拘束具をはずしてやろうと思ったんだが、まだちょっと早かったようだな」
僕のその言葉に彼女が慌てて詫びます。
「ごめんなさい、そんなつもりじゃ・・・つい」
「つい・・何だ? つい契約社員を見下して・・か?」
「奴隷は何でも言うことをきくし、何されても文句言わないんだよ、拘束具を外す前に、おしおきして教育しておく必要がありそうだな」
「ごめんなさい、気をつけますから、おしおきなんて許して、お願いもう許して」
また部屋の外に出されるとでも思ったのか、リーダーは必死に謝ります。
「だめだな、ご主人様がおしおきだと言ったら、おしおきなんだ、それじゃあ行こうか」
何度も彼女を運んで棒のようになってきつつある腕の痛みをこらえて、またバスルームへと運びます。
トイレや洗面所とバスタブを隔てているガラスドアを開け、彼女を抱えたままバスタブの中に入って立ちました。
また廊下に晒されると思ったのか、体を揺すって抵抗していた彼女は、部屋の外ではなくバスルームだとわかって、
不安そうにしながらも少しは大人しくなりました。
「ちょっと狭いな」
そう言いながら、彼女をお湯のはいっていないバスタブの中にM字開脚固定のまま置きました。
彼女をそこに残したまま、。洗面所に戻り、用意の道具を取って戻ります。
バスルームの明るい照明の下で股間をさらけだしている彼女の前に、僕も服を脱ぎ全裸になって座りました。
「何なの?」
不安そうに聞く彼女の質問には答えず、僕はシャワーの蛇口をひねりました。
冷たいままでもよかったのですが、一応はジェントルシップを発揮して湯温を調節してから、彼女の股間に向けてシャワーします。
「ねえ何なの?どうするつもり」
もちろん僕は答えません。
黙ってスプレー缶を取り出すと、彼女の股間に向けてスプレーをしました。
青白いクリーム状のシェービングクリームの泡が、彼女の陰毛に山のように吹き付けられます。
ミント系のひんやりとした刺激におののく彼女の前で、僕は髭剃り用の2枚刃のカミソリをとりだしました。
シック・インジェクターとかいうやつです。
それを見て、僕の意図を察した彼女が、もう聞き飽きてきた悲鳴をまたあげます。
「いや~~~っ、何考えてるの変態!」
「変なことしないで、やめて~~、ううううう・・・」
例によって最後は泣き声まじりです。
そんなことには僕は全くお構いなしに、おもむろに彼女のこんもりとした土手に密生する陰毛の生え際あたりに、カミソリの刃をあてました。
この瞬間を楽しみにしていたのです。
いつも偉そうにしている高慢女に赤っ恥をかかせてやる。
「奴隷になると言ったくせに、その時だけの口先女なんだからな」
「そうやっていつまでも口の利き方が直らないのも、俺を見下した態度が直らないのも、偉そうにモシャモシャとマン毛をはやしているからにちがいないんだ」
「赤ん坊みたいなツルツルま○こに戻って、謙虚さをとりもどすんだな」
真ん中から一直線にカミソリを滑らせました。
おろしたての2枚刃の切れ味はさすがで、密生した陰毛をものともせずに、抵抗もほとんど感じさせない
くらいの軽やかさで「ジョリ~~」という感じで真っ直ぐに土手をはっていきました。
これは面白い虎刈りです。
土手の中央部に幅3cm程度の道路が開けて、その沿道にはあいかわらず黒い草むらが茂っています。
「いや~~~っ、やめて~~っ」
下半身を虎刈りにされた姿で、今となっては威厳もへったくれもなくなってしまつたリーダーが妙に女らしい悲鳴をあげ続けますが、
僕のほうはまったく無視して作業を続けます。
「滅多に見られないザマだからな。 奴隷になった証にツルツルになる前の虎刈り姿も写真に残しておいてやろう」
そう言いながらわざわざフラッシユをONにしてパシャパシヤとデジカメで撮影しました。
切れ味のいいカミソリはサクサクと簡単に陰毛を刈り取っていき、扱っている方は全く危険を感じませんが女性のムダ毛手入れのそれとは
比べ物にならないくらいにゴツイくて黒いシックインジェクターは女性としての大事な部分に傷をつけられるのではないかという不安を
彼女に与え続けているようです。
動かすと危険と感じたのか、腰を揺することもなく、僕のなすがままに刈り取られていきました。
「意外と尻のほうまで、びっしりと生やしてますねリーダー」
そう言って揶揄しながら、土手の生え際から菊の蕾のあたりまで一本残らず、ツルツルに剃りあげてやりました。
「尻毛の手入れまでしてもらうと、もう他人の気がしないでしょう」
紳士的な態度を忘れない僕は、カミソリ負けしてヒリヒリしては可哀相と思い、アフターシェーブローションまで塗ってあげます。
我ながら、なんて優しいんだろう。
ローションはわざわざ容易してきていたシャネルの「エゴイスト」という彼女にぴつたりの名前のものです。
少しだけ甘い香りをともなった、爽やかなローションの臭いと揮発性の感触に、Sさんは何を塗られたのかと不安そうに訊きます。
「何? 何を塗ったの?」
彼女のあまりにも不安そうな表情が面白くて、僕は少しからかってやることにしました。
「中国から帰ってきた友達に譲ってもらったんだけど、今向こうで流行ってる超強力な媚薬らしいんだよ」
「膣内に直接塗ると、威力が強すぎて、オナニーのしすぎで腫れたりする女性が続出したんで、中国政府の通達で太腿とかお尻、
恥丘とかにすりこんで使うように説明書に記載させられたんだって」
「まあこの手のものは、たいていは効果なんかないんだけど、口コミでも話題になってるくらいだからもしかしたら本当かもね、
1時間か2時間で効果が出始めるらしいから、Sさん身をもって本当かどうか体験できますよ」
普段の聡明な彼女であれば、そんなヨタ話しのようなことは一笑にふしたのでしょうが、今夜は異様な体験ずくめで弱りきっているのか、
真に受けて心配そうな顔をしています。
「そんなことしなくても好きにさせてあげてるじゃない。 お願いだから変なもの塗らないで」
そう言いながらも、赤ん坊のようにツルツルに剃り上げられた自分の股間を見ながら、怪しげな媚薬まで塗りこまれる屈辱に
がっくりと首をたれて力なく、うなだれるのでした。
僕の方は彼女の言葉など、今となってはほとんど無視して、次へ次へと作業を進めていきます。
あの高慢な鼻っ柱を、二度と立ち直れないくらいにこっぴどく、へし折ってやるための用意はまだまだ終わりではないのです。
部屋に戻り、次なる手順の道具類をとり揃えると、バスルームへと向かいました。
Sリーダーは頭をたれれば赤ん坊のようにツルツルにされた自分の股間と嫌でもご対面してしまうせいか、
横を向くようにしてうつむいて屈辱に耐えています。
僕は用意してきたオレンジ色の液体のはいったコップと、書初めに使うような太目の毛筆の筆を持って彼女のツルツルの股間の前に
座り正対しました。
彼女はもう質問する気力もないようでしたが、またもやの怪しげな液体を目にして、恐ろしそうに小さく質問します。
「それは何? もう変なものは塗らないで」
「さあてね、何だと思いますか? さっきのと二つで効果倍増の媚薬かな?」
僕は薄笑いを浮かべながら陳腐な嘘で、彼女の不安をあおります。
オレンジ色の液体のはいったコップに筆をいれて、たっぷりとしみこませると「びしゃっ」という感じで彼女の恥丘のあたりに筆を置いて、
恥丘から菊の蕾のあたりまで、もう乾いているさっきのローションの上にかぶせるように塗りこんでいきました。
手早く全体に塗り終えると、彼女の悲鳴を無視して陰唇のヒダを押し広げ、クリトリスも含めて陰部全体にも塗りこんでいきました。
性奴となることを受け入れさせられたSリーダーは、今夜のたび重なる責めで敏感になっている陰部を筆のやわらかい毛の感触で刺激を与えられて、
嫌がりながらも快感を隠すことができないでいました。
特にクリトリスを筆がはっている間は、目の前に僕がいるのも忘れたかのように薄く目をつぶり、切ないア行の喘ぎ声を
「アアン、イヤン」と間断なく上げ続けていました。
その淫らな様子は媚薬を塗られたという暗示効果も手伝っていたのかもしれませんでした。
すっかりと陰部を塗り上げると、僕は用意していた和紙の巻紙を彼女の開ききった陰部に押し当て、その上を丸めたハンドタオルで押さえるようにして、
和紙にオレンジの液を吸い取らせていきます。
すっかりと作業を終えて、和紙を引き剥がすと、朱色の書道用墨汁によって、クリトリスの形も陰唇の形状…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
ピル服用中のヤリマンは中出し専用のお嬢様
2017/05/29 18:32
2017/05/29 18:32
元カノと別れた後、色々と励ましてくれた女の子にアキコ(21才)に、今、中出ししました。


アキコとは、元カノを通して知り合い、何度か3人で遊んだりした程度の仲だったんですが、何故か元カノと別れた後、頻繁に電話をくれたり、飲みに行ったりと遊んでくれました。


私としては、元カノと別れた事は全然ショックでもなんでもなく、次に付き合う子も既にいたので正直、少々ウザイ女だな、と思ってました。


が、元カノと付き合っていた時に
「アキコは実家がかなりの金持ち。

一緒にお風呂に入ったけど、下半身の太さを除けばかなりのナイスボディー。

今までに2回妊娠し、2回ともおろしたので今はピル服用…
大好きな女の子のおっぱいを吸いながらオナニー
2015/12/04 08:09
2015/12/04 08:09
799 :えっちな18禁さん:2010/02/15(月) 16:53:03俺が中学3年の頃の話。 今からもう20年も前の話だ。   A子とは中学からの同級生で、入学後間もなく席も近かった事もあって、 すぐに仲良くなった。   彼女は先輩達が休み時間に見学に来るくらい美少女で、性格も明るく、 あっけらかんとしててネチネチしたところもなくて、男女とも人気があった。   そんな彼女だから俺が彼女の事を好きになるのに時間はかからなかった。  お互いに彼氏、彼女も出来ることなく、もちろんウチらも付き合う事もなく、 いい男女関係のまま中3になった。&n…
W不倫の果て?
2016/09/17 20:05
2016/09/17 20:05
祥子と待ち合せたシティホテルは、私が伝言ダイヤルで女性との待ち合わせに良く使うホテルでした。その都市一番の高級ホテルで、予め部屋はリザーブしておき、会った女が気に入ったらそのまま部屋で・・・が大体のパターン。私は既に祥子に夢中で、部屋も予約したし絶対自分のモノにしよう・・・と決めていました。翌日の約束の時間、私はロビーではなくホテルの部屋で祥子からの連絡を待ちました。 私は美しいだけではなく頭の良い女性を求めていました。これは一つの賭けです。待ち合わせ時間を20分ほど過ぎると私のポケベルが鳴りました。 表示された番号はホテルの代表番号、私は賭けに勝った!と思いました。部屋の内線からフロントに電…
娘の家庭教師が童貞だったので、しっかり筆下ろししてあげました
2016/08/28 09:00
2016/08/28 09:00
私、綾子は45才で専業主婦です。娘をある大学の付属中学へ編入させるために大学生の河口君を家庭教師にお願いしています。彼は工学部2年の学生です。
夏休みは特に集中的に指導していただいて、9時から17時までの特訓でした。
ある日、勉強が終わってから彼のマンションまでお送りしました。主人が遠隔地へ研修で出かけていましたので・・・。


先生が部屋に上がられませんかと言いますので紅茶をいただくことにしました。
彼はブランデーをたらしましたが、私は車の運転がありますからアルコールはいただけません。

4月から教えていただいていますから誠実な人柄と判断していました。
私たち…
私と上司の関係を知ってる後輩【社内不倫体験談】
2016/05/09 23:10
2016/05/09 23:10

上司と不倫しています。

でも、最近忙しいのでなかなか会えません。
何回か会議室でしたこともあるくらいエロい関係だったのにメールは来るものの、エッチする時間もないみたい。
だからさみしくて毎日うずいていました。

先日、会社で飲み会があって、そのときは絶対エッチできると思ってたら、上司は他の上司の人の誘いを断れなくて、また連絡するといって、別の店に行ってしまいました。

つまんないなと思っていたら、社員の裕太がもう1軒と誘ってくれました。
5人くらいで飲み直しているとそのうちの女性を含む2人が帰ってしまいました。
私は上司から連絡が来るかもしれないので、残りました。


裕太ともう一人の…
【レイプ・痴漢】元クラスメート(2)【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/05/29 00:39
2017/05/29 00:39
「少し静かにして」俺は麻衣の耳元で囁いた。 「いや!離して!もう嫌だ!」麻衣は聞く耳を持たなかった。しょうがない。それでも麻衣の右の乳房を攻め続けた。 「お願い!もうやめて!」麻衣の叫び声を聞きながら罪悪感がなかったと言えば嘘になる。しかし、それ以上に麻衣は可愛いかった。麻衣の身体は魅力的だった。 麻衣に高校時代彼氏がいなければ、好きになっていたかもしれない。もうすぐ麻衣の全てが手に入る、そう思ったら止まらなかった。 麻衣の服から手を出した。そして、少しだけ自分の上体を起こして麻衣のキャミソールを捲り上げた。逃げられないように我ながら素早い行動だった。 「きゃあああ!」麻衣のお腹、そしてブラ…
【レイプ・痴漢】元同級生に 【エッチな体験談・レイプ、強姦】【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/01/02 13:41
2017/01/02 13:41
元同級生に犯されました。中学、高校と仲のいい友達だったんです。A君もB君も・・・ それなのにすごくショックです。昔からよく3人で遊んでました。 大学生になった今も週に1回は集まって遊んでた仲だったのに。 ある日、3人でAの部屋で飲んでたんです。 それこそしょっちゅうこ?ゆ?事はありました。 その日はAが彼女とケンカしたらしく荒れてました。 慰めながら3人で飲んで飲んで・・・酔いつぶれてそのまま雑魚寝です。 何か息苦しくなって目を覚ましました。 するとAが私のブラジャーを押し上げで乳首を吸っていたのです。 びっくりして 「何してるのよ」 といいながら押しのけようとしました。「ホントはお前が好き…
目が覚めたら、妻が僕の先輩達にまわされてた…
2016/06/26 09:00
2016/06/26 09:00
こんにちは、僕は27歳の男です。
大学を卒業し、大手のチェーンストアDに入社した僕が、妻と知り合ったのは4年前です。初の職場として都市部の巨大店舗に配属された僕、幹部候補生扱いでした。
が、まずは、売り場での研修から始まります。そして1階フロアでレジ主任として働いていたのが妻です。


彼女は僕より3歳年上、スレンダーで化粧っ気も無い、物静かなのにお客さんへは大きくハッキリした声でキビキビ応対、いつも売り場の人気者でした、
僕にしてみたらとても大人っぽい憧れの女性でした。

でも彼女には夫がいました。
ですが2年後、僕たちは結婚していました。

同じ職場で自然と親し…
裸の妻に、夫のより大きなサイズの性器を・・・
2017/05/04 20:01
2017/05/04 20:01
隣の湯船にいたワニ男。
しばらくは妻を眺めているだけでした。

しかし。

「よいしょっと」
男はそう言いながら、隣の湯船から体を出すと…何と我々の湯船に、
入って来ました。
「えっ…?」
思わず、自分も妻も、目が点です。

妻はあまりのことに、つい笑ってしまいました。あまりの状況を前にすると、
人間、こうなってしまうものなのかもしれません。

「はぁぁ…」
男はそう言いながら、同じ湯船でくつろぎます。

行ったことは分かるかもしれませんが、この一つ一つの湯船は、そんなに
広くありません。普通の家の湯船と、そこまで大差もありません。

ある意味、家の風呂に、一緒に入っているような…。
【熟女体験談】人に縛られるのは初めてです
2016/10/13 00:02
2016/10/13 00:02
2016/10/13 (Thu) とうとう昨日、家内にチンポを縛られてしまいました。

今まで自分で縛った事はあったのですが、人に縛られるのは初めてです。

事の経緯は以下の通りです。

家内に手淫されていたのですが、どうして勃起しませんでした。

そこで、つい縛れば・・・と言ってしまったのです。

家内も縛るのは初めてで、なかなか上手くいきませんでしたが。

私がチンポに手を添えながら何とかしばりました。

そしたら見る見る勃起してくるではないですか。

家内の驚きの様子が嬉しくもあり、また刺激となって勃起度は急上昇でした。

縛られてパンパンになったタマタマの扱いも慣れ、亀頭との一緒に…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【妹との告白体験談】ずごいSEX2

・ツーリングクラブで知り合ったナースとのH体験談【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・【妹との告白体験談】さくら2

・酔った女を【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・高校2年生での強烈な思い出・・・

・職場で後輩の人妻OLとスカートめくりごっこした結果www

・【妹との告白体験談】気を許した友人に

・【露出】大学の同級生と旅行した時に起きたエロいハプニング

・彼女の友達と協力して【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・I先輩「まぁまぁまぁまぁ、大丈夫だよ」

・主人と主人の友達・・・1

・歌姫をレイプ

・【熟女体験談】パチンコ売春おばさんと一万円中出し射精

・職場の先輩に誘われてエッチしたのですが。。。

・夫が包茎過ぎて義父にしてもらっている私

・女は職場でいかに立ち回るか【体験談】

・ミキの成長【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・憧れの真里ちゃん 2

・黒人スタッフと彼女

・ゲイではないが同性の恋人がいて69でチンコをしゃぶりあっている

・友達の家にエロDVDを取りに行ったら家出した妹がいたw

・従姉妹のお姉さん(続編)  ~近親相姦体験~

・10歳上の従姉妹とセクロスしたエッチ体験【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・童貞、女子高生に手コキされる。

・黒人に犯された女

・空手家

・【人妻体験談】引いてしまうくらいのヤリマン若奥様を自分専用に調教

・❤男の子に女を教えてあげました

・先生と保護者の飲み会後、送ってくれた先生を…2【エロ体験談】

・叔母との思い出  =近親相姦体験告白=