寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

高慢な女の上司(14)

2017/12/07 16:19


ふいに、彼女がふっと目をとじました。 閉じた目じりから涙があふれます。
そして、搾り出すように言いました。
「わかったわ、好きにして。 だからもう部屋にいれて」
僕の胸に安堵の波が広がりますが、彼女は気づかないようでした。
「本当に奴隷になるんだな」
僕は念を押すように押しかぶせるように尋ねます。
Sリーダーはそれには答えず、黙って、こくりと首を縦に振りました。
僕は公共の場であるホテルの通路に、オールヌードに革の拘束具をつけて大股開きで座っている変態女の写真をデジカメに数枚収めると、
満足して彼女を抱えて部屋の中のベッドまで運び いれました。
「本当に奴隷になると約束するんだな」
「わかったわ、好きにしてって言ったでしょ、で、どうすればいいの」
彼女は吐き捨てるように言いました。
彼女にとっては無意識の言葉使いなのでしょうが、無意識に僕を見下していることをあらわしている、その口調が僕を苛立たせます。
「なんだその口の利き方は、奴隷がご主人様に使う言葉じゃないな」
「奴隷になることを認めた褒美に、今、その拘束具をはずしてやろうと思ったんだが、まだちょっと早かったようだな」
僕のその言葉に彼女が慌てて詫びます。
「ごめんなさい、そんなつもりじゃ・・・つい」
「つい・・何だ? つい契約社員を見下して・・か?」
「奴隷は何でも言うことをきくし、何されても文句言わないんだよ、拘束具を外す前に、おしおきして教育しておく必要がありそうだな」
「ごめんなさい、気をつけますから、おしおきなんて許して、お願いもう許して」
また部屋の外に出されるとでも思ったのか、リーダーは必死に謝ります。
「だめだな、ご主人様がおしおきだと言ったら、おしおきなんだ、それじゃあ行こうか」
何度も彼女を運んで棒のようになってきつつある腕の痛みをこらえて、またバスルームへと運びます。
トイレや洗面所とバスタブを隔てているガラスドアを開け、彼女を抱えたままバスタブの中に入って立ちました。
また廊下に晒されると思ったのか、体を揺すって抵抗していた彼女は、部屋の外ではなくバスルームだとわかって、
不安そうにしながらも少しは大人しくなりました。
「ちょっと狭いな」
そう言いながら、彼女をお湯のはいっていないバスタブの中にM字開脚固定のまま置きました。
彼女をそこに残したまま、。洗面所に戻り、用意の道具を取って戻ります。
バスルームの明るい照明の下で股間をさらけだしている彼女の前に、僕も服を脱ぎ全裸になって座りました。
「何なの?」
不安そうに聞く彼女の質問には答えず、僕はシャワーの蛇口をひねりました。
冷たいままでもよかったのですが、一応はジェントルシップを発揮して湯温を調節してから、彼女の股間に向けてシャワーします。
「ねえ何なの?どうするつもり」
もちろん僕は答えません。
黙ってスプレー缶を取り出すと、彼女の股間に向けてスプレーをしました。
青白いクリーム状のシェービングクリームの泡が、彼女の陰毛に山のように吹き付けられます。
ミント系のひんやりとした刺激におののく彼女の前で、僕は髭剃り用の2枚刃のカミソリをとりだしました。
シック・インジェクターとかいうやつです。
それを見て、僕の意図を察した彼女が、もう聞き飽きてきた悲鳴をまたあげます。
「いや~~~っ、何考えてるの変態!」
「変なことしないで、やめて~~、ううううう・・・」
例によって最後は泣き声まじりです。
そんなことには僕は全くお構いなしに、おもむろに彼女のこんもりとした土手に密生する陰毛の生え際あたりに、カミソリの刃をあてました。
この瞬間を楽しみにしていたのです。
いつも偉そうにしている高慢女に赤っ恥をかかせてやる。
「奴隷になると言ったくせに、その時だけの口先女なんだからな」
「そうやっていつまでも口の利き方が直らないのも、俺を見下した態度が直らないのも、偉そうにモシャモシャとマン毛をはやしているからにちがいないんだ」
「赤ん坊みたいなツルツルま○こに戻って、謙虚さをとりもどすんだな」
真ん中から一直線にカミソリを滑らせました。
おろしたての2枚刃の切れ味はさすがで、密生した陰毛をものともせずに、抵抗もほとんど感じさせない
くらいの軽やかさで「ジョリ~~」という感じで真っ直ぐに土手をはっていきました。
これは面白い虎刈りです。
土手の中央部に幅3cm程度の道路が開けて、その沿道にはあいかわらず黒い草むらが茂っています。
「いや~~~っ、やめて~~っ」
下半身を虎刈りにされた姿で、今となっては威厳もへったくれもなくなってしまつたリーダーが妙に女らしい悲鳴をあげ続けますが、
僕のほうはまったく無視して作業を続けます。
「滅多に見られないザマだからな。 奴隷になった証にツルツルになる前の虎刈り姿も写真に残しておいてやろう」
そう言いながらわざわざフラッシユをONにしてパシャパシヤとデジカメで撮影しました。
切れ味のいいカミソリはサクサクと簡単に陰毛を刈り取っていき、扱っている方は全く危険を感じませんが女性のムダ毛手入れのそれとは
比べ物にならないくらいにゴツイくて黒いシックインジェクターは女性としての大事な部分に傷をつけられるのではないかという不安を
彼女に与え続けているようです。
動かすと危険と感じたのか、腰を揺することもなく、僕のなすがままに刈り取られていきました。
「意外と尻のほうまで、びっしりと生やしてますねリーダー」
そう言って揶揄しながら、土手の生え際から菊の蕾のあたりまで一本残らず、ツルツルに剃りあげてやりました。
「尻毛の手入れまでしてもらうと、もう他人の気がしないでしょう」
紳士的な態度を忘れない僕は、カミソリ負けしてヒリヒリしては可哀相と思い、アフターシェーブローションまで塗ってあげます。
我ながら、なんて優しいんだろう。
ローションはわざわざ容易してきていたシャネルの「エゴイスト」という彼女にぴつたりの名前のものです。
少しだけ甘い香りをともなった、爽やかなローションの臭いと揮発性の感触に、Sさんは何を塗られたのかと不安そうに訊きます。
「何? 何を塗ったの?」
彼女のあまりにも不安そうな表情が面白くて、僕は少しからかってやることにしました。
「中国から帰ってきた友達に譲ってもらったんだけど、今向こうで流行ってる超強力な媚薬らしいんだよ」
「膣内に直接塗ると、威力が強すぎて、オナニーのしすぎで腫れたりする女性が続出したんで、中国政府の通達で太腿とかお尻、
恥丘とかにすりこんで使うように説明書に記載させられたんだって」
「まあこの手のものは、たいていは効果なんかないんだけど、口コミでも話題になってるくらいだからもしかしたら本当かもね、
1時間か2時間で効果が出始めるらしいから、Sさん身をもって本当かどうか体験できますよ」
普段の聡明な彼女であれば、そんなヨタ話しのようなことは一笑にふしたのでしょうが、今夜は異様な体験ずくめで弱りきっているのか、
真に受けて心配そうな顔をしています。
「そんなことしなくても好きにさせてあげてるじゃない。 お願いだから変なもの塗らないで」
そう言いながらも、赤ん坊のようにツルツルに剃り上げられた自分の股間を見ながら、怪しげな媚薬まで塗りこまれる屈辱に
がっくりと首をたれて力なく、うなだれるのでした。
僕の方は彼女の言葉など、今となってはほとんど無視して、次へ次へと作業を進めていきます。
あの高慢な鼻っ柱を、二度と立ち直れないくらいにこっぴどく、へし折ってやるための用意はまだまだ終わりではないのです。
部屋に戻り、次なる手順の道具類をとり揃えると、バスルームへと向かいました。
Sリーダーは頭をたれれば赤ん坊のようにツルツルにされた自分の股間と嫌でもご対面してしまうせいか、
横を向くようにしてうつむいて屈辱に耐えています。
僕は用意してきたオレンジ色の液体のはいったコップと、書初めに使うような太目の毛筆の筆を持って彼女のツルツルの股間の前に
座り正対しました。
彼女はもう質問する気力もないようでしたが、またもやの怪しげな液体を目にして、恐ろしそうに小さく質問します。
「それは何? もう変なものは塗らないで」
「さあてね、何だと思いますか? さっきのと二つで効果倍増の媚薬かな?」
僕は薄笑いを浮かべながら陳腐な嘘で、彼女の不安をあおります。
オレンジ色の液体のはいったコップに筆をいれて、たっぷりとしみこませると「びしゃっ」という感じで彼女の恥丘のあたりに筆を置いて、
恥丘から菊の蕾のあたりまで、もう乾いているさっきのローションの上にかぶせるように塗りこんでいきました。
手早く全体に塗り終えると、彼女の悲鳴を無視して陰唇のヒダを押し広げ、クリトリスも含めて陰部全体にも塗りこんでいきました。
性奴となることを受け入れさせられたSリーダーは、今夜のたび重なる責めで敏感になっている陰部を筆のやわらかい毛の感触で刺激を与えられて、
嫌がりながらも快感を隠すことができないでいました。
特にクリトリスを筆がはっている間は、目の前に僕がいるのも忘れたかのように薄く目をつぶり、切ないア行の喘ぎ声を
「アアン、イヤン」と間断なく上げ続けていました。
その淫らな様子は媚薬を塗られたという暗示効果も手伝っていたのかもしれませんでした。
すっかりと陰部を塗り上げると、僕は用意していた和紙の巻紙を彼女の開ききった陰部に押し当て、その上を丸めたハンドタオルで押さえるようにして、
和紙にオレンジの液を吸い取らせていきます。
すっかりと作業を終えて、和紙を引き剥がすと、朱色の書道用墨汁によって、クリトリスの形も陰唇の形状…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
息子の友人に輪姦される母親
2015/10/06 21:00
2015/10/06 21:00
私は43歳の主婦です。主人とは3年前に離婚しました。
我が家には21歳の息子がいます。出来が悪くて高校も中退し、仕事は一応しているけど、柄の悪い友達とばかりお付き合いするようになりほとほと困ってるんです。
我が家は六畳と四畳半しか部屋がなく、息子の四畳半の部屋に入るには、私のいる六畳の部屋を通らなければなりません。しかも!息子は合鍵を友達に渡しているみたいで、その合鍵を持った友達らは、息子が仕事や用事で出掛けている時にも平気で上がりこんでくるんです!
 
そして、私がいる六畳の部屋を通って息子の部屋に入っていきます。信じられませんよね!

それでも私は、彼らが別…
寝とり好きな金持ちが所有する使用人たちと生ハメ
2017/11/11 07:15
2017/11/11 07:15
GWの初日を使い、『痴女牧場』に行ってきました。
痴女牧場とは、私の風俗仲間の宮間さんが開催しているパーティーの名称です。

寝取り大好きな宮間さんは、表の仕事とは別に性に関するイベントを行うのが趣味です。
宮間さんは大変な資産家であり、郊外に立派な豪邸を持っています。
周囲を高い塀で囲まれた庭園では時々仲間を呼んでパーティーをしたりします。

現在、宮間さんには6人の中心的な使用人がおり、彼女達のことを『コレクション』と呼んでカテゴライズしています。
ルックス、性癖共に宮間さんの超お気に入りの女性で構成しています。
以前、私と関係を持っていた由奈という女性が、先…
豊田くんと本田くん【エッチ体験談】
2016/01/31 00:35
2016/01/31 00:35
最初に会った人(仮名・豊田くん)はメル友募集してエロ話で盛り上がったw 隣の県だったけど電車で一時間で来れる距離だったけど、最初は会うつもり全然なかった ところがある日、何かの弾みで「遊びにきなよ」って言ってしまい、来ることになっちゃった。うぜぇ(゚゚) 怖かったけど、逃げ足は速いからw いざ待ち合わせの場所に行ってみると、長身のイケメンw ニヤニヤが止まらない私w 見た目とメールのはっちゃけぶりとは裏腹に物静かな彼と行ったのは「白○屋」。 だってあんまりお店開いてなかったんだもん。 やたらと焼酎などを勧められ、気付くと一時。 店を出て豊…
【近親相姦】再婚相手の連れ子の処女を奪ってアナル調教
2017/06/25 14:00
2017/06/25 14:00
28歳の私には37の妻と、14歳と4歳の二人の娘がいます。姉の方は妻の連れ子で、妹の方は私の子です。 姉は最初、私と話をしようともしませんでした。どうやら前の父親から軽いDVを受けていたらしく、それで私のことを警戒していたみたいです。 ですが誠意的に接していくうちに、上の娘も徐々に心を開いていってくれて、一年経った頃には、妻も嫉妬するくらいに私にべったりのファザコンになってしまいました。少し困りましたが、血の繋がらない私に甘えてくれているので嬉しかったりもしました。 その後、妻は妊娠し、下の娘を出産、一年程したら妻は仕事に復帰しました。妻は元々仕事ではかなり優秀な人で収入…
看護婦さんも見せると扱きたくなるみたい
2016/05/19 18:00
2016/05/19 18:00
僕が、スキーで靭帯をきって入院した時にした悪戯を話します。
たぶん、誰でも簡単にやれる悪戯です。
数年前に入院した時、僕は大部屋の入り口のベッドでした。
みんな入院中は暇だということで、向かい斎藤さんとその隣の小林さんがすごくよくしてくれて、いつも三人で一緒にいました。


その二人は僕より前から入院していて、すごくスケベでいろんな看護師さん達の情報を知っていて、名前はもちろん年齢、既婚者か未婚かとか彼氏はいるかとか私服はどんな感じとか。

あの子は、ミニスカートで出勤してくることが多くて脚がめちゃくちゃ綺麗だ!とか、あの子は見かけによらず胸が大きいとか。

どうや…
お姉ちゃんに悪戯された思い出
2017/01/19 20:49
2017/01/19 20:49
小六の時、お隣のお姉ちゃん(高校生くらいだったはず)の家に預けられた。 (よく覚えてないが、何か用事で遅くなるからだったかな) お姉ちゃんの親は母親しかおらず、しかも仕事で家に帰るのはいつも10時くらいだった。 ご飯を一緒に食べて、テレビゲームをして遊んでいたが、お姉ちゃんが「お風呂に入りなさい」と言うので、自分の家から着替えをとってきた。 何だか不自然な気がしたが、断るのも何なので言われるままに入ることにした。 ・・・で、当たり前のようにお姉ちゃんも一緒に入ることに。 やはり恥ずかしいので、前を隠しながら早く済ませようとしたが、お姉ちゃんが黙って後ろから俺の体を洗い始めた。 な…
【近親相姦体験告白】 2/2)泥酔して襲ってしまったことから始まった優しい兄との近親相姦のエッチ体験談
2016/04/18 02:52
2016/04/18 02:52
1/2)泥酔して襲ってしまったことから始まった優しい兄との近親相姦のエッチ体験談の続き。私は兄の話を聞いてる時から、下腹部がじわっと熱くなるのを感じていた。冷静に考えれば兄妹でするなんて、おかしいに決まってる。でも、この時の私の体は兄を欲していたし、兄もそれに応えるかのように大きくなっていた。その欲求に反する方が、よほど不健全なような気さえした。してって…お前、自分の言ってる事分かってるのか?いつになく真顔で兄が私に問いかけてきた。 …分かってる。今日だけはわがまま聞いて?…お願い。この時私はどうかしてたんだと思う。色々な感情が混ざって、頭の中ではじけて、吐き出して空っぽになってそしたら何…
【人妻体験談】家庭教師先の母親と初めて飲みに誘われた夜にそのままホテルへ
2015/11/06 18:02
2015/11/06 18:02
家庭教師先の40代の母親と初めて飲みに誘われた夜にそのままホテルに行きました。子供の勉強を見た後、妙に玄関先で余所行きの格好をし、そわそわしている母親がいて、飲みに誘われた時は母親の緊張が伝わってきました。飲んでいるときに教えてもらったのが、旦那さんが浮気しているという事。だから、飲みに行くくらい・・・と思っていたらしいのですが、帰ろうとして、徒歩で送りました。 その途中にちょっと暗い公園があり、酔い覚ましと言って、俺が誘ってベンチに座りました。隣り合って座っているうちに、母親の隙を付いてキスをすると、初めは引き離そうとされましたが、俺ががっちりと背中にも手を回し、抑えていました。キスくらい…
初めてデリヘルを呼んだ結果を告白します【体験談】
2016/03/13 20:10
2016/03/13 20:10

スペック

174cm 80kg
昔、スポーツ(柔道)やってたので、太ってはいない
フツメン


160cm
Gカップ(サイトではそう書いてあったけど、お腹がHPの写真よりでてた)
芸能人詳しくないから森三中の黒沢を若干可愛くした感じってことで

90分22000円です

今日、俺は仕事中にあんまりにもムラムラきてしまい、どうしても自分の手では収まりがつきそうになかった。

明日は休みだけど、社会人になって2年目で知らない土地に1人暮らしなので、暇も潰しづらい。
なので、人生で初めてデリヘルを呼ぶことにした。

携帯で色んなデリヘルを見て、ホテル借りるお金ももったいないので、自宅呼べる…
【熟女体験談】レイプで無理やり犯され陵辱される妻が見たくて、甥達に妻を貸し出した
2017/10/08 00:02
2017/10/08 00:02
2017/10/08 (Sun) 五十路の高齢夫婦ですが、私にはNTR願望ありました

それもレイプで無理やり犯され陵辱される
妻の見たいんです

鬼畜系のNTRとでもいうのでしょか

子供もすでに社会人、そして結婚して家庭を築いています

再び夫婦2人の生活になったので
この鬼畜な計画を実行しました

そこまでには、いろいろあったのですが
長くなるので書きません。

相手に選んだのは甥のT君、大学生です。

甥ですので身元はしっかりしていますし、
あとくされもないでしょう。

最初は私との3Pだったのですが、
やがて私を除いて妻と2人でするようになりました。

私も妻を貸し出すだけで興奮…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・学校の教室で元教え子を筆おろし

・★ゴルフも美人人妻のエロも順調

・友達の彼女の信じられない性癖…

・愛する人のものなら何でも欲しいと思っていました

・【痴漢・レイプ】私って変・・・?

・もう戻れないあの頃

・花見

・揺れ動く妻の心を思うと・・・

・出会い系で知り合った女の子とハメ撮りしましたwww

・女装円光してるのが親バレしたおかまだけど質問ある?

・進学校のまじめな女子高生と

・【痴漢・レイプ】叔父さんとの秘め事

・【Hな体験】中出しエッチで体の相性を確認

・【痴漢・レイプ】嫁にヤバい水着を着せてプールに行ったらナンパされた

・【人妻体験談】母が高校生たちに集団痴漢レイプされているところを目撃した息子

・【熟女体験談】出会い系サイトで見つけた豊満おばさんと援交したら893絡みのヤバい人達を呼ばれた怖い体験

・【痴漢・レイプ】俺も嫁さんをヤクザに犯られた

・分からずの発展場

・★派遣社員との不倫SEX場所は書庫室

・出会い系の人妻が、「今日はダンナが夜勤で、送り出してからは時間がある」と言ってきた

・田舎の海にあるHスポットでギャルママの生着替えと授乳を覗き見

・友人の可愛い妹がバスタオル一枚で出てきたwww

・処女の従妹に誘われて風呂場で童貞喪失

・【痴漢・レイプ】セックスレスの嫁がエロビデオを隠してた

・ソープ嬢「ねぇ?違ったらゴメンだけど爆サイで私の悪口書いてない?」ワイ「えっ…?」  →結果wwwwwwwwww

・エビちゃん似巨乳の後輩の彼女はとってもエロかった

・DKがJCのパンツを盗撮! ~実際はJSからはたちくらいまで撮ったけど~

・授乳期の妹のおっぱいに興奮して・・・

・俺が潮吹きをさせられた

・【人妻体験談】シングルマザーとなった母にフェラチオされて大量顔射