寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

高慢な女の上司(14)

2017/12/07 16:19


ふいに、彼女がふっと目をとじました。 閉じた目じりから涙があふれます。
そして、搾り出すように言いました。
「わかったわ、好きにして。 だからもう部屋にいれて」
僕の胸に安堵の波が広がりますが、彼女は気づかないようでした。
「本当に奴隷になるんだな」
僕は念を押すように押しかぶせるように尋ねます。
Sリーダーはそれには答えず、黙って、こくりと首を縦に振りました。
僕は公共の場であるホテルの通路に、オールヌードに革の拘束具をつけて大股開きで座っている変態女の写真をデジカメに数枚収めると、
満足して彼女を抱えて部屋の中のベッドまで運び いれました。
「本当に奴隷になると約束するんだな」
「わかったわ、好きにしてって言ったでしょ、で、どうすればいいの」
彼女は吐き捨てるように言いました。
彼女にとっては無意識の言葉使いなのでしょうが、無意識に僕を見下していることをあらわしている、その口調が僕を苛立たせます。
「なんだその口の利き方は、奴隷がご主人様に使う言葉じゃないな」
「奴隷になることを認めた褒美に、今、その拘束具をはずしてやろうと思ったんだが、まだちょっと早かったようだな」
僕のその言葉に彼女が慌てて詫びます。
「ごめんなさい、そんなつもりじゃ・・・つい」
「つい・・何だ? つい契約社員を見下して・・か?」
「奴隷は何でも言うことをきくし、何されても文句言わないんだよ、拘束具を外す前に、おしおきして教育しておく必要がありそうだな」
「ごめんなさい、気をつけますから、おしおきなんて許して、お願いもう許して」
また部屋の外に出されるとでも思ったのか、リーダーは必死に謝ります。
「だめだな、ご主人様がおしおきだと言ったら、おしおきなんだ、それじゃあ行こうか」
何度も彼女を運んで棒のようになってきつつある腕の痛みをこらえて、またバスルームへと運びます。
トイレや洗面所とバスタブを隔てているガラスドアを開け、彼女を抱えたままバスタブの中に入って立ちました。
また廊下に晒されると思ったのか、体を揺すって抵抗していた彼女は、部屋の外ではなくバスルームだとわかって、
不安そうにしながらも少しは大人しくなりました。
「ちょっと狭いな」
そう言いながら、彼女をお湯のはいっていないバスタブの中にM字開脚固定のまま置きました。
彼女をそこに残したまま、。洗面所に戻り、用意の道具を取って戻ります。
バスルームの明るい照明の下で股間をさらけだしている彼女の前に、僕も服を脱ぎ全裸になって座りました。
「何なの?」
不安そうに聞く彼女の質問には答えず、僕はシャワーの蛇口をひねりました。
冷たいままでもよかったのですが、一応はジェントルシップを発揮して湯温を調節してから、彼女の股間に向けてシャワーします。
「ねえ何なの?どうするつもり」
もちろん僕は答えません。
黙ってスプレー缶を取り出すと、彼女の股間に向けてスプレーをしました。
青白いクリーム状のシェービングクリームの泡が、彼女の陰毛に山のように吹き付けられます。
ミント系のひんやりとした刺激におののく彼女の前で、僕は髭剃り用の2枚刃のカミソリをとりだしました。
シック・インジェクターとかいうやつです。
それを見て、僕の意図を察した彼女が、もう聞き飽きてきた悲鳴をまたあげます。
「いや~~~っ、何考えてるの変態!」
「変なことしないで、やめて~~、ううううう・・・」
例によって最後は泣き声まじりです。
そんなことには僕は全くお構いなしに、おもむろに彼女のこんもりとした土手に密生する陰毛の生え際あたりに、カミソリの刃をあてました。
この瞬間を楽しみにしていたのです。
いつも偉そうにしている高慢女に赤っ恥をかかせてやる。
「奴隷になると言ったくせに、その時だけの口先女なんだからな」
「そうやっていつまでも口の利き方が直らないのも、俺を見下した態度が直らないのも、偉そうにモシャモシャとマン毛をはやしているからにちがいないんだ」
「赤ん坊みたいなツルツルま○こに戻って、謙虚さをとりもどすんだな」
真ん中から一直線にカミソリを滑らせました。
おろしたての2枚刃の切れ味はさすがで、密生した陰毛をものともせずに、抵抗もほとんど感じさせない
くらいの軽やかさで「ジョリ~~」という感じで真っ直ぐに土手をはっていきました。
これは面白い虎刈りです。
土手の中央部に幅3cm程度の道路が開けて、その沿道にはあいかわらず黒い草むらが茂っています。
「いや~~~っ、やめて~~っ」
下半身を虎刈りにされた姿で、今となっては威厳もへったくれもなくなってしまつたリーダーが妙に女らしい悲鳴をあげ続けますが、
僕のほうはまったく無視して作業を続けます。
「滅多に見られないザマだからな。 奴隷になった証にツルツルになる前の虎刈り姿も写真に残しておいてやろう」
そう言いながらわざわざフラッシユをONにしてパシャパシヤとデジカメで撮影しました。
切れ味のいいカミソリはサクサクと簡単に陰毛を刈り取っていき、扱っている方は全く危険を感じませんが女性のムダ毛手入れのそれとは
比べ物にならないくらいにゴツイくて黒いシックインジェクターは女性としての大事な部分に傷をつけられるのではないかという不安を
彼女に与え続けているようです。
動かすと危険と感じたのか、腰を揺することもなく、僕のなすがままに刈り取られていきました。
「意外と尻のほうまで、びっしりと生やしてますねリーダー」
そう言って揶揄しながら、土手の生え際から菊の蕾のあたりまで一本残らず、ツルツルに剃りあげてやりました。
「尻毛の手入れまでしてもらうと、もう他人の気がしないでしょう」
紳士的な態度を忘れない僕は、カミソリ負けしてヒリヒリしては可哀相と思い、アフターシェーブローションまで塗ってあげます。
我ながら、なんて優しいんだろう。
ローションはわざわざ容易してきていたシャネルの「エゴイスト」という彼女にぴつたりの名前のものです。
少しだけ甘い香りをともなった、爽やかなローションの臭いと揮発性の感触に、Sさんは何を塗られたのかと不安そうに訊きます。
「何? 何を塗ったの?」
彼女のあまりにも不安そうな表情が面白くて、僕は少しからかってやることにしました。
「中国から帰ってきた友達に譲ってもらったんだけど、今向こうで流行ってる超強力な媚薬らしいんだよ」
「膣内に直接塗ると、威力が強すぎて、オナニーのしすぎで腫れたりする女性が続出したんで、中国政府の通達で太腿とかお尻、
恥丘とかにすりこんで使うように説明書に記載させられたんだって」
「まあこの手のものは、たいていは効果なんかないんだけど、口コミでも話題になってるくらいだからもしかしたら本当かもね、
1時間か2時間で効果が出始めるらしいから、Sさん身をもって本当かどうか体験できますよ」
普段の聡明な彼女であれば、そんなヨタ話しのようなことは一笑にふしたのでしょうが、今夜は異様な体験ずくめで弱りきっているのか、
真に受けて心配そうな顔をしています。
「そんなことしなくても好きにさせてあげてるじゃない。 お願いだから変なもの塗らないで」
そう言いながらも、赤ん坊のようにツルツルに剃り上げられた自分の股間を見ながら、怪しげな媚薬まで塗りこまれる屈辱に
がっくりと首をたれて力なく、うなだれるのでした。
僕の方は彼女の言葉など、今となってはほとんど無視して、次へ次へと作業を進めていきます。
あの高慢な鼻っ柱を、二度と立ち直れないくらいにこっぴどく、へし折ってやるための用意はまだまだ終わりではないのです。
部屋に戻り、次なる手順の道具類をとり揃えると、バスルームへと向かいました。
Sリーダーは頭をたれれば赤ん坊のようにツルツルにされた自分の股間と嫌でもご対面してしまうせいか、
横を向くようにしてうつむいて屈辱に耐えています。
僕は用意してきたオレンジ色の液体のはいったコップと、書初めに使うような太目の毛筆の筆を持って彼女のツルツルの股間の前に
座り正対しました。
彼女はもう質問する気力もないようでしたが、またもやの怪しげな液体を目にして、恐ろしそうに小さく質問します。
「それは何? もう変なものは塗らないで」
「さあてね、何だと思いますか? さっきのと二つで効果倍増の媚薬かな?」
僕は薄笑いを浮かべながら陳腐な嘘で、彼女の不安をあおります。
オレンジ色の液体のはいったコップに筆をいれて、たっぷりとしみこませると「びしゃっ」という感じで彼女の恥丘のあたりに筆を置いて、
恥丘から菊の蕾のあたりまで、もう乾いているさっきのローションの上にかぶせるように塗りこんでいきました。
手早く全体に塗り終えると、彼女の悲鳴を無視して陰唇のヒダを押し広げ、クリトリスも含めて陰部全体にも塗りこんでいきました。
性奴となることを受け入れさせられたSリーダーは、今夜のたび重なる責めで敏感になっている陰部を筆のやわらかい毛の感触で刺激を与えられて、
嫌がりながらも快感を隠すことができないでいました。
特にクリトリスを筆がはっている間は、目の前に僕がいるのも忘れたかのように薄く目をつぶり、切ないア行の喘ぎ声を
「アアン、イヤン」と間断なく上げ続けていました。
その淫らな様子は媚薬を塗られたという暗示効果も手伝っていたのかもしれませんでした。
すっかりと陰部を塗り上げると、僕は用意していた和紙の巻紙を彼女の開ききった陰部に押し当て、その上を丸めたハンドタオルで押さえるようにして、
和紙にオレンジの液を吸い取らせていきます。
すっかりと作業を終えて、和紙を引き剥がすと、朱色の書道用墨汁によって、クリトリスの形も陰唇の形状…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【不倫】同じ保育園の美人ママとラブホで生エッチ
2018/02/13 06:00
2018/02/13 06:00
まさかでした。合コンの相手が同じ保育園のお母さんでした。PTAの役員で一緒でしたから、お互いすぐにわかりました。 旦那は俺の中学時代の一つ先輩。俺が34歳で彼女が31歳です。彼女の名前は『I』と言います。短大の頃にミスになったほど可愛いし、今もとても主婦だとはわからないくらいです。男は俺以外独身、女は彼女ともう1人だけが既婚者でした。 ダイニングバーでの1次会の次にショットバー。3次会はカラオケに行くという。かなり遅い時間だったので帰ろうとしたら、Iも帰る方向が同じだから一緒に帰ると言う。 「何で?残ればいいのに」 「私だけ残ってたらなんか後ろめたさがあるし、口説かれて…
【人妻】「仕事ができる男は浮気をする」
2015/12/03 03:58
2015/12/03 03:58
「仕事ができる男は浮気をする」 皆さんはどう思われますか? 私は関西在住の主婦44歳、娘2人、主人との4人暮し、 彼は49歳既婚で地方都市で会社を経営しています。 私と彼との出会いからお話したいと思います。 私は、少し特殊技能がありその技能を生かして呼ばれたときだけ 仕事をしています。 今回、ある地方都市に呼ばれ、そのとき彼と知り合いました。 彼は、49歳には見えない若々しい感じの方で、私はとっても 好印象で仕事をご一緒させていただきました。 仕事は奥さんやスタッフの方も一緒で楽しく仕事をさせていただき 打ち上げにもとっても美味しいお店に連れてっていただきました。 本当に良くしていただいて…
【近親相姦】【義実家】私が風呂から上がったら舅姑義姉の三人がかりで2歳の娘の髪を坊主にする途中だ
2016/12/17 18:35
2016/12/17 18:35
324:おさかなくわえた名無しさん2012/04/19 01:03:29ID:vXa0Oetg 落ち着かなくて眠れそうにないので投下。旦那の休みが取れて、前から孫が見たいから来い来い言われていた 遠距離の義実家に泊まりの予定で(一応2泊)来た。 自分の方が長距離運転平気なので、私の車で。 妊娠出産あたりで一悶着あったので私からは歩み寄る気はないのだが、 普段会えないのだから孫を弄りたいだろうなと思い、泣かない限りは 向こう主導で遊ばせていた。 旦那がちょっと仮眠をとっているとき(帰省直前まで激務)、風呂を勧め られ、短時間で風呂からあがったらさ。子供(2歳ちょうど)の髪、坊主にする途中だった。…
取引先の人妻事務員から「スーツの男性に抱かれたい」とお誘いが
2016/08/19 06:00
2016/08/19 06:00
先日取引先の方から飲み会に誘われた。
飲み会は取引先の男性3人と女性4人と俺の計8人居酒屋→カラオケとお決まりで終わった。帰ろうしてると人妻30歳事務員裕美さんがもう一軒飲みに行こうと誘われた。
裕美さんはスタイル抜群でしかも巨乳、顔も綺麗。一度はチャンスがあればと思っていたが、取引先&人妻ということもありチャンスを伺っていた。その矢先裕美さんの方からお誘い


2人で飲みに行くと、裕美さんは旦那の愚痴や仕事の愚痴をこぼしていた。

旦那の愚痴がメインでなんでそんな事俺に言うのだろうと思っていた。

すると裕美さんは大胆発言をした。

「旦那は運転手だから、一度でい…
姉が24、私が23の時に姉の彼氏に強姦されました
2018/10/23 21:15
2018/10/23 21:15
 私が大学を卒業して就職先が姉のアパートから近くて姉も生活費半分になるし、両親も二人暮らしなら安心して実家からだしてくれました。姉と彼氏は会社の上司と部下だったので、姉が休日出勤の日に知らない振りしてアパートにきました。 

 私は生理的に受け付け無いタイプで、会話も姉がいなければしたくもなかったので素っ気なくあしらうと、トイレを貸して欲しいと良いだすので嫌でも一応は姉の彼氏ですから渋々部屋に入れると・・ 
韓国式アカスリに行って来ましたが
2018/04/26 10:04
2018/04/26 10:04
        韓国式アカスリに行って来ましたがビックリしました。・・・昨日、某スーパー銭湯へ行って、たまたま目にして体験してみました。10畳くらいの部屋に入ると誰もいなくて、日本人ではないオバサンが出てきました。2人だけの状態でした。 ?浴場から入る部屋なので当然わたしは全裸。オバサンは肌の露出が多いTシャツにホットパンツ。診察台のようなところに寝そべるように言われ、全裸のまま仰向けに寝ました。私は風俗店の経験はないのですが、何だか変な気持ちになりました。オバサンは私の全身にローションのようなものを塗りたくり、マッサージを始めたのですが、これがねぇ、いやらしくて気持ち良くなってしまって。全…
隣に住む大学生に浮気現場を目撃されて
2016/01/30 23:19
2016/01/30 23:19
32才になる主婦です。
同じマンションの隣に住む大学生と肉体関係になってしまいました。
毎週土曜日の昼過ぎに呼び出され、抱かれています。

きっかけは、伝言ダイヤル遊び。
私の夫は海外勤務で単身赴任1年目、残り3年の任期を一人寂しく待つ身でした。
いつしか私は、一回きりの後腐れのない相手を見つけては秘密の火遊びをしていました。 その時も、私は見ず知らずの男と一時の情事を楽しんでいました。
帰り際、傘を差してホテルから出てきた私は、一瞬息が止まってしまいました。
なんとそこには、いつも回覧板を廻しているお隣の大学生。
偶然にも出会ってしまったのです。
情事を楽しんだ男は、すぐ…
【近親相姦体験告白】美人な姉とエッチした思い出
2015/09/28 02:23
2015/09/28 02:23
340 :なまえを挿れて。:2012/07/06(金) 14:25:13.22 ID:3Z8l3qVS0 姉が大学三年で、俺が一年 同じ大学に入ったのもあって、経済的な理由で二人でこの春から暮らしてる いわゆる普通の姉弟で、一緒に暮らすのが楽しいと思えるぐらいには仲がいい 自分で言うのも嫌だけど、母親の遺伝子のおかげで正直俺も姉も相当モテる方で、お互い今まで彼氏彼女作ってたし、お互い当たり前のことだから気にしてなかった 春に一緒に暮らし始めた時点で姉には彼氏がいて、俺は地元の彼女と円満別れしてきてフリーの状態だったけど五月に彼女できて今も付き合ってる それで普通に二人で暮…
職場の勘違い女にお仕置き中出ししたったw【エロ体験談】
2016/06/06 00:30
2016/06/06 00:30

18年前大学卒業して大手の会社に就職したは良かったのだが、最初の勤務地がど田舎・南国高知でがっくり。

夏が来て、暑くて湿気が多いは、方言で女どもがシユー(している)・チューチューとうるさいこと。
早くこんなど田舎から東京へ帰りたいとイライラしていた頃、会社の事務所に地元の資産家長女・百代(ももよ:1つ年上)がバイトに来ていた。

大阪の三流大学を卒業して地元へ帰ってフータロウーしてるらしい。
百代は顔は10人並なのに態度はでかいが仕事はしないという女営業所長もため口というとんでもない女だったので、いつかお仕置きしてやろうと思っていた。


ある日、
俺「暑いな都会育ちのお坊ちゃまの僕には…
近所に越して来た姪と肉体関係になって中出ししちゃったwwwwwww
2017/06/29 12:02
2017/06/29 12:02
10歳下の姪が就職することになり、近くに越してきた。

おじさん(俺)が近くにいるからいざというときは頼りになるから、

という理由で兄夫婦もOKしたのだが、

実は、俺と姪は兄夫婦も知らない秘密があった。

15離れた兄よりも姪の方が年は近い。

兄は昔から第2の親的な感覚で、兄弟と言う感じがしない。

俺が小学校低学年の内に兄は結婚して家にいたので、

兄嫁も母親のような感覚だ。

小学校高学年の時に姪が生まれ、

どちらかというとそちらの方が妹のような感じだ。

そういう家庭なので、

俺が大学に進学した時に実家を離れた。

そのまま都会で就職してから、

時々姪が遊びに来るようにな…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・ごめんな玲子

・娘との狂おしい日々

・大人のオモチャで攻め続けられ歓びを

・【露出】銭湯で働いている男性と飲み屋で会うと興奮する[前編]

・【人妻体験談】おばさんになる前にメールで逆ナンパをし、SEXしまくる主婦

・【熟女体験談】得意先でかなり年上の年配のおばさんとSEXした

・姉は無防備

・いまも体が忘れていないあんなSEX

・姉とセックス

・【Hな体験】セックスの名人キャラが幸いして同僚OLとやれた

・フルチンでレイプ動画鑑賞中、後ろ見たら姉がいた2 (姉との体験談)

・【レイプ】女3人旅の混浴で労働者たちに代わる代わる犯された

・ダイエット中に調教された妻 その2

・【Hな体験】気持ちいいけど怖かった初めてのピンサロ体験

・生まれ変わったら『道』になりたい

・【熟女体験談】推定六十路の老婆に逆レイプをされたのがきっかけで熟女に興味を持った

・無職夫のため同級生達に体を開く妻

・女友達とwww俺氏www3Pしてきたwww

・SMパートナー探し専門の掲示板での事

・企画物AVに出まくることになった妻 4(ビーチでおっぱい盗撮編2)

・義姉の乳首を唇に含み、おっぱいを・・・

・妹夫婦が泊まりに来てエッチを始めた

・日本の行為は「侵略」だったのか?

・【人妻体験談】バツイチのシングルマザーが勃起したチンポを觀て擦ってきたので、そのまま汗だくセックス

・【熟女体験談】ディルドで腰を振るバツイチ熟女の頭を掴んで思い切りイマラチオ

・人間万事塞翁が馬

・元妻の姉とエロ仲になり重宝している

・【乱交】会社の男達に輪姦されてる現実が余計に私を高ぶらせる

・【人妻体験談】金に困ってる女を紹介してもらい、スレンダーな援交マダムと種付けSEXモードで子宮責め

・【熟女体験談】名器な独身OLの機関銃の様な早打ち振りのエロさに超興奮