寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

高慢な女の上司(15)

2017/12/07 16:49


僕は鏡を指差して言います。
「この方がずっと女らしくて、素的じゃないか、なんでいつもこうしていないんだ?」
正直な感想でした。
いつものキャリアな雰囲気とは違う、鏡に映る姿に、はじめて少しだけ良心がチクリと痛みました。
「うん、メガネをはずしてるとよく見えないの、ごめんね」
彼女は恥かしそうに言うと、謝らなくてもよいことを謝ります。
まるで別人のようでした。
僕は弱気の虫を振り払うように、タオルで荒々しく全身の水滴をぬぐうと、バスローブを着込んでいいました。
「髪を乾かしたらベッドに来なさい、冷えているうちにシャンパンでも飲もう」 彼女はバスタオルで髪をぬぐいながらうなづきました。
「はい、ご主人様」
テーブルの上を片付けて、タオルできれいに拭いていると、思ったよりも早く、Sリーダーがバスルームから出てきました。
バスローブをはおい、タオルで襟足のあたりを拭くようにしながら歩いてきます。
細淵メガネはバスルームにおいてきたのか、はずしたままでした。
「ずいぶん早いじゃないか、髪を乾かしてから来なさいと言ったのに」
僕は怒っているわけではなく、無意識に彼女を気遣っているのを、声を出した瞬間に意識して後悔しました。
「ごめんなさい、ご主人様をお待たせしてはいけないと思って・・」
「まあいい、そこに掛けなさい」
髪をおろしてメガネをはずした、いつもと雰囲気の違う相手ではやりにくいのですが、心を鬼にしてシナリオ通りの行動を続けます。
「Sが奴隷になつた記念にシャンパンで乾杯と思ったけれど、ちょっとその前に済ませておかなければならないことがあるんだ」
「それから、まず、そのバスローブは脱ぎなさい。 僕と二人でいる時には奴隷には服は必要ないからね」
「はい、すみません、ご主人様、今脱ぎますから・・」
なんの文句も言わずに、言われたとおりにバスローブを脱ぎ、元通りの素っ裸に戻ります。
従順すぎて気味が悪いくらいです。
「よし、それじゃあ口約束ではなくて、Sが奴隷になったことの契約をきちんと結ぼう」
そう言って、僕は先程のマン拓の和紙の巻いてあった部分をクルクルと開いてテーブルに広げました。
和紙にはあらかじめ契約文が記載してあります。
奴隷契約書
私、○○○○(Sのフルネーム)は今この時より××××(私のフルネーム)の性奴隷となり、下記の事項を生涯、
遵守することを誓います。

1. 性奴隷として、××××をご主人として尊敬し、いつ何時も「ご主人様」とお呼びすること。
2. いついかなる時でも、ご主人様の命あるときは脱衣、口唇奉仕、本番セックスほかご主人様の命令に従いご奉仕すること。
3. ご主人様の命あるときは、例え公衆の面前であっても、拘束具その他、ご主人様の望む服装または全裸などの姿でお仕えすること。
4. 奴隷としての身分をわきまえ、ご主人様への口の利き方、態度に注意し、どのような命令にも即刻喜んで従うこと。
平成××年××月××日
年月日の後には空白があり、その後ろに朱々としたSリーダーの女性器のマン拓が押されていました。
子供だましですが、愛液混じりの墨汁で記されたマン拓がついていることで、契約者にとっては法的な効力以上
の圧迫感を与える契約書であるかもしれません。
「ここの年月日と、君の愛液混じりの朱色のマン拓との間の空間に直筆でサインをして欲しいんだ」
「これで君と僕の奴隷契約が確定するということだね」
Sリーダーはネガネがないせいか、顔を近づけるようにして、文面を読んでいましたが、左端に赤々と押された自分の肉の印にいきつくと、
ごくりとツバを飲んで、深く息を吸いこんでから、はっきりと言いました。
「はい、サインさせていただきます。 ご主人様」
気丈に言った後で数秒の沈黙があり、それでも堪えきれないのか閉じた口の奥で呻きました。「・・あああ」

私から渡された筆ペンで、契約文と肉印のあいだの空間に達筆なサインをゆっくりと書き上げました。
○○○○(Sのフルネーム)
自分の女性器の肉印の横に自筆のサインを書き込む気持ちはどんなものなのでしょう。
「ようし、いい覚悟だ。 よく出来たな」
見るまでもないそれを、もう一度わざとらしく読み返すように眺めてから僕は、それをサイドテーブルへと片付けました。
「次に、奴隷になった証というか記念に、アクセサリーをお前にやろう」
そう言って僕がテーブルの上に置いたのは、赤い革のリングに銀色の金属の鋲を打ったようなものです。
デパートのペットコーナーで買ってきた、犬用の首輪でした。
ベルトで留めるようになっており、首輪の端についた小さなフックから散歩用の細い皮のロープがついています。
僕はロープのはしをもって、赤い首輪のほうは彼女に手渡します。
「似合いそうだな、嬉しいだろう? 自分でつけてごらん」
奴隷になると気持ちの中で整理をつけていても、実際に目の前に差し出されたペット用の首輪は彼女の心を動揺させるものだつたのでしょう。
無意識にでしょうが、目の端に涙をため、唇を噛んでいます。
それでも意を決したように、自らの首にその赤い奴隷の証を巻きつけていきました。
「ありがとうございます。ご主人様。・・・うううっ」
「ごめんなさい、泣いたりして」
涙に鼻をつまらせた声で謝りました。
「よしっ、今度こそ口先だけではなく、本当に俺の奴隷になるというお前の決意がよくわかった」
「それでは二人の新しい関係にシャンパンで乾杯しよう」
僕はルームサービスのワゴンから、ワインクーラーにはいったシャンパンと、二つのシャンパングラス、
サンドイッチにかけられたラップを外して、テーブルの上にうつしました。
グラスにシャンパンをついでやり
「それじゃあ乾杯しよう」といいグラスを持ち上げると、彼女がポッと頬を染めているのがわかりました。
「どうした、頬が赤いぞ、どうかしたのか?」
「ごめんなさい。 もうご主人様の前で裸でいることには慣れたのですが、裸のままでシャンパンを飲むのが、
なんだかとても恥かしくなってしまって・・・」
そんなものなのでしょうか?
まあ、彼女の恥らう様子は僕にとっては、楽しい酒の肴というものなので、よしとすることにしました。
サンドイッチをつまんで彼女にもすすめます。
また真っ赤になり恥かしそうにサンドイッチを食べる彼女を見ながら話しかけました。
「しかし不思議なものだな、僕のほうもSのオールヌードに慣れてきたようだよ」
「ついさっきまではオフィスでお高くとまっていたSが、こうやってオールヌードで一緒にサンドイッチを食べてるってのも不思議な感じだけどな」
「今日こそ自分でわかったけど、俺は本物のサドらしいな、最初はお前をこらしめてやろうと思っただけだったんだけどな」
「上司であるお前を服従させて、普段のお前なら絶対にしないような恥かしいことをさせるってのがいいんだよな」
「心の底からゾクゾクするよ、俺のを突っ込んでピストンして出たり入ったりしてるのを見ながら、普段の偉そうなお前と、
目の前、腹の下で素っ裸で股を開ききっているお前の姿をだぶらせているんだ」
「たった半日前とはこんなにも違うことになってしまったが、お前のほうはどんな気持ちなんだ」
「怒らないから正直なところを言ってみろ」
「口惜しくて殺してやりたいと思っているのか? それとも恥かしくて死にたい?  本当はもっとかわいがって欲しいとか?」
「 まあプライドの高いお前のことだろうから、無能な俺にこんな風に扱われるのはよっぽど口惜しいんだろうな」
首輪につながるロープをゆすり、返事をうながすと、彼女がポツリ、ポツリと話しはじめました。
「正直なところ、今でもすごく口惜しいし、もちろん恥かしいんだけど、さっきあそこ剃られて変な薬ぬられたときになんだか、
「もういいかあ、ここまでされちゃったら、もうどうでもいいや」みたいな気持ちになっちゃって・・・」
「そこに、あの・・・墨のやつでしょ、なんだかどこかの線が切れたのかな、どうでもよくなっちゃったみたい」
一瞬、つまるような感じでしたが、なにかを決心したように目をあげ、僕の目を見ながら話しを続けました。
「あのバイブ・・、あれひどいよね、なんていうんだろう、もうイク寸前までいかされるんだけど、なんていうか
そのままじゃイケないのよね・・・、なに言ってるんだろう私・・」
「イキたいのにイケなくておかしくなっちゃうかと思った。 ひどいとか言ったけど、あの後いれてもらったとき
最高にかんじちゃって、もうウワーンて飛んでいっちゃうっていうのかな、あんなの今までで初めて」
「本当はもっといつまででも突いてて欲しかったの、窓際でされたときも嫌だっていってたけど、本当はすごい感じてた。
エッチなやつだと思ってるでしょ、エッチだよねえ私、貴方のいうとおり淫乱かも」
「本当は前から、私ってすごくエッチかもって思ってたんだ」
「今まで誰にもバレないようにって思ってたんだけど、・・・あのバイブ、あれでなんかはじけちゃったかも」
「さっき、あの誓約書の墨のやつとられながら、ああもういいか、この人には私が淫乱かもって、みんなバレてるって、
なんだか、そんな風に思って・・・、いいよご主人さまって呼ばせてって」
「私エッチなの、今も、もっとセックスしてほしいの、貴方になら正直にそう言えるし」
「何言ってるんだろう私・・・、おかしいよね」
「縛られるの嫌だし、廊下や、窓際とかあんなの酷い、毛を剃られたりとか、変態!! って思ってるんだけど、なんていうか
これで抱いてもらえる・・みたいな、っていうかな、これを耐えなければ抱いてもらえないんなら耐えられる…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
混浴温泉からの 4
2017/03/17 22:01
2017/03/17 22:01
「スゴくベチョベチョになってるよ」と言い恥ずかしめながら彼女の愛液を全部飲んであげて「お尻の方はどうする?」と聞いたら「わかんない」と言ったから肛門をペロペロと始めたら急に「アァ~ン」と狂ったように声を大きく荒らげてきて フェラチオどころじゃなくなったのか 「ア~ン…ア~ン…」と悶えて喜んで感じて ついに彼女がガマン出来なくなったのか「もう…早く!」と言ってきたので ボクは落ち着いて「ゴムはどうすんの?」とクンニしながら聞いたら 「ゴム付けないで」と言われ 正常位?それともバックからにする?「じゃあ…このままバックで!」と彼女が答えた しかし初めての挿入でバックは何となく顔が見えず、失礼な感じ…
中1の娘
2015/10/29 22:05
2015/10/29 22:05
俺には中一の娘がいます。娘は昔から俺にべったりで俺にとっても自慢の娘です。娘は昔からキスが大好きでよく未だにしてくれますあくまでも可愛いキスです。しかし、先日俺が冗談で大人のちゅーしようかっていうと、娘は「いいよ」っていってくれました。娘も意味はわかってる。。。そして俺は娘に舌を入れてしまった。すると娘の鼻息が荒くなっているのがわかりました。娘はキスをやめると「これってきもちいい」って再び娘から次は娘から舌をからませてきました。子供とはいえ、完全に女の反応ですすっかり興奮してしまった俺は娘を全裸にして股間に顔をうずめてしまいました。中1とはいえ、すでに毛もはえており、俺を興奮させるには十分でし…
エッチな彼女に目覚めさせられた寝取られ癖
2017/11/06 22:59
2017/11/06 22:59
【熟女体験談】喪女なんだけどバイト先の責任者を調教してやった話をきいてくれ
2015/08/12 12:02
2015/08/12 12:02
2015/08/12 (Wed) 翌々月から仕事が決まっていたが、喪女でぼっちで金欠だったから

短期のバイトで少しでも稼ぐことにした

選んでる余裕なかったから大量募集で面接不要の仕事

配送業、期間は2か月弱、即採用

出勤初日、社員と一緒に担当箇所を車でまわる

翌日から一人立ち

初日の夜、責任者から電話が来た



集合場所の変更かと思いながら「もしもし・・・」

責「1さんですか?」

1「はい。お疲れ様です」

責「あの」

1「?」

責「あの」

1「はい?」

責「明日、来てくれるよね」

いいともかよwwwwwwwwwwww

次の日曜までがっちりシフト入ってた…
【体験談】SNSでナンパした娘は原宿系でのエッチ大好きなメンヘラ女子
2016/06/01 23:30
2016/06/01 23:30

SNSでナンパした女は
原宿系の女子大生でエッチ大好きなメンヘラでした

最初はファッション関係の話をしていて、
徐々に私生活の事とか話すように

どうやら彼氏持ちらしいんだが、
最近彼氏と上手くいってないと

それで、だんだんと経験人数や
Hな方向の話題を話すようになって、
向こうから会ってみたいと言ってくるようになった



ここまで大体3か月

昔の出会い系や避難所があったころは、

こんなに時間かかったりはしなかったのに

まぁこれはこれで釣り上げるのが面白いが。



それで出会い系の待ち…
友人の美人母は淫乱だった【熟女体験談】
2016/02/08 21:10
2016/02/08 21:10

ソファに浅く座り男根を突き出すと目を輝かせ微笑みながら淫靡なフェラを始める。

「美味しい 硬くていいわ」

陰唇で亀頭をゆったりと舐め回し上目遣いのまま頭を上下させるフェラを見下ろしながら楽しむ。極めつけは男根をしごきながらのバキュ-ムフェラである。
友人のバツ1美人母親裕子である。

「今日は (中に出して) いいわよ」

跨ぎながら硬く濡れ輝く男根を女陰にあてがうとゆっくりと腰を沈めてくる。
メリメリッと締まる裕子の女陰に男根がゆっくりと納まっていく。

艶声を出しながら男根すべてを女陰に咥えこみ

「アッアアッ イッイイッ きっきついっ」
とより大きな艶声を出し始める。

ゆっくり…
お前が俺をスキな理由 1
2017/08/19 10:28
2017/08/19 10:28
今から1年前のことだ 俺は告白された大親友の妹に まぁ はっきり言って 好意をもたれてるのはわかってたんだ まぁ さらにハッキリ言っちゃうと俺もスキだったわけだ そりゃぁな スキなやつに告白されたら 嬉しいだろ?嬉しいよな? 舞い上がっちゃうだろ? 舞い上がっちゃうよな? でも俺の場合違うんだよな 俺の大親友けんとって言うんだけど けんとがそりゃぁもう 妹のこと溺愛してるから大変なんだよ しかも今まで妹ちゃんが付き合ってきた人はボッコボコって感じだし 普段から男を寄せ付けないように一緒に行動したりしてるんだよ もーハッキリ言ってさぁ ウザイくらいに妹ちゃん…
恐怖の昏睡レイプ(4)【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/11/16 09:26
2017/11/16 09:26
未来の席は僕の斜め前だったので、ずっと後ろ姿に見入っていた・・・昨日あんな事されたと思うと勃起が収まらない・・・悔しいし、身を焦がす程の嫉妬を感じるのにどうする事も出来ない自分が情けない・・・未来は恥ずかしがり屋なのか、制服のスカートを決して短くしない。風の強い日などは、スカートが捲れない様に用心深くしているくらいだった。昨日の出来事を知っただけで死んでしまうんじゃないか?と思える・・来週は体育祭の為、未来は体育の練習に頑張っていた。彼女はリレーの選手だったので、放課後も残って練習していた。昨日犯された事も-----しらず、練習に一生懸命頑張る姿は実にけなげであり、哀れにも見える・・・後で判…
【性的虐待体験】二人のお兄さんに【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/07/30 18:23
2017/07/30 18:23
私は今才です。小学校年のときに結構かげきなイタズラをされました。人でコンビニにいったかえりに声をかけられました。二人のお兄さんは当時の私から見ればとても格好が良く面白いので結構長い時間遊んでもらいました。私がとてものりがいいので、二人は大丈夫だと思ったのでしょう。こっちで遊ぼうと言われ倉庫のようなところに連れて行かれました。二人は最初、私の体を服の上から触りはじめ、私はくすぐったくてキャア、キャア声をあけました。私もお返しにお兄さんたちの体をくすぐりました。するとお兄さんの人が、おちんちんを出しさわってごらんといいました。私は言われるまま触りました。よし、今度は優奈ちゃんのも見せてと言われま…
親戚の友達の妹ちゃん②
2015/12/19 01:01
2015/12/19 01:01
 その日の夜は喋ってないかどうかで気になって眠れませんでした。 しかし次の日、また兄妹で遊びに来たので大丈夫だと思いました。親戚と兄がまた遊びに行ったので妹ちゃんに「昨日の事誰にも言ってない?」 「うん!言ってないよ」 「そっか、じゃあ遊ぼっか……」と内心かなりビクビクしてましたが、妹ちゃんは昨日の事を誰にも喋ってはいませんでした。 さすがに僕もまだ17だったので昨日7回も妹ちゃんで射精したとはいえ、性欲は納まる事は無く、幼い女の子に悪戯が出来る、という現実に僕の頭の中は妹ちゃんに対する欲望だけで一杯になってました。「今日も昨日の所で遊ぼうっか」 となかば強引に妹ちゃんを昨日の納屋に連れて行き…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【不倫】夫とセックスして初めて元カレの大きさを知った私

・高級ソープ行ったら2時間で4回搾り取られた

・【熟女体験談】垂れ乳爆乳な義母と公衆トイレで青姦SEXしていたら男がやってきたので、義母を犯してもらった

・妹のパンツを見た友人

・ウブなイケメン君を攻略しました

・内定を餌に父親より年上の一流企業の部長に中出しされた

・【SM・調教】年上のOLを釣りに誘ってハメ撮り調教[後編]

・彼女の友達にいたずら

・彼氏とのSEXは相性が良くてエロエロ三昧

・清楚な後輩の部屋の前で聞き耳をたててたら

・#結婚を考えてる彼女をトルコ人に抱かせてみたら

・夫が不倫してHIV感染

・OLのメンズエステのバイト体験談

・【人妻体験談】人妻デリヘル嬢の面接に行ったら、店長にレイプされた

・【熟女体験談】魔女っ子ヒロインのコスプレをした妻に逆レイプされた

・【SM・調教】年上のOLを釣りに誘ってハメ撮り調教[前編]

・巨乳の先輩の乳首

・サイトで出会った人妻とナマでやるために考えた作戦

・婚活クソババアにならないよう正直に生きる

・私の男とのSEX歴をお話しします

・【不倫】熟女な私がナンパされちゃって・・・。

・清純顔して彼氏がいるのに同じサークルの奴に色目を使うヤリマン女

・【人妻体験談】娘の彼氏だけでなく、夫まで寝取る物凄いヤリマン母

・【熟女体験談】平凡な主婦が初めて「イク」という快感を体験した結果、常にSEXしたいという淫乱になった

・誰かに言いたいので投書いちゃいました

・高2の冬、ナースと実際にあったガチのエロ体験

・【不倫】フェラのことを「キス」と言う微乳の元ヤン妻

・夫と別居中の人妻と激しすぎる不倫SEXしました

・大好きだから精液もゴックンしちゃう彼との甘い夜の生活

・【浮気】バイト先で知り合ったフェラ上手な短大生