寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

高慢な女の上司(15)

2017/12/07 16:49


僕は鏡を指差して言います。
「この方がずっと女らしくて、素的じゃないか、なんでいつもこうしていないんだ?」
正直な感想でした。
いつものキャリアな雰囲気とは違う、鏡に映る姿に、はじめて少しだけ良心がチクリと痛みました。
「うん、メガネをはずしてるとよく見えないの、ごめんね」
彼女は恥かしそうに言うと、謝らなくてもよいことを謝ります。
まるで別人のようでした。
僕は弱気の虫を振り払うように、タオルで荒々しく全身の水滴をぬぐうと、バスローブを着込んでいいました。
「髪を乾かしたらベッドに来なさい、冷えているうちにシャンパンでも飲もう」 彼女はバスタオルで髪をぬぐいながらうなづきました。
「はい、ご主人様」
テーブルの上を片付けて、タオルできれいに拭いていると、思ったよりも早く、Sリーダーがバスルームから出てきました。
バスローブをはおい、タオルで襟足のあたりを拭くようにしながら歩いてきます。
細淵メガネはバスルームにおいてきたのか、はずしたままでした。
「ずいぶん早いじゃないか、髪を乾かしてから来なさいと言ったのに」
僕は怒っているわけではなく、無意識に彼女を気遣っているのを、声を出した瞬間に意識して後悔しました。
「ごめんなさい、ご主人様をお待たせしてはいけないと思って・・」
「まあいい、そこに掛けなさい」
髪をおろしてメガネをはずした、いつもと雰囲気の違う相手ではやりにくいのですが、心を鬼にしてシナリオ通りの行動を続けます。
「Sが奴隷になつた記念にシャンパンで乾杯と思ったけれど、ちょっとその前に済ませておかなければならないことがあるんだ」
「それから、まず、そのバスローブは脱ぎなさい。 僕と二人でいる時には奴隷には服は必要ないからね」
「はい、すみません、ご主人様、今脱ぎますから・・」
なんの文句も言わずに、言われたとおりにバスローブを脱ぎ、元通りの素っ裸に戻ります。
従順すぎて気味が悪いくらいです。
「よし、それじゃあ口約束ではなくて、Sが奴隷になったことの契約をきちんと結ぼう」
そう言って、僕は先程のマン拓の和紙の巻いてあった部分をクルクルと開いてテーブルに広げました。
和紙にはあらかじめ契約文が記載してあります。
奴隷契約書
私、○○○○(Sのフルネーム)は今この時より××××(私のフルネーム)の性奴隷となり、下記の事項を生涯、
遵守することを誓います。

1. 性奴隷として、××××をご主人として尊敬し、いつ何時も「ご主人様」とお呼びすること。
2. いついかなる時でも、ご主人様の命あるときは脱衣、口唇奉仕、本番セックスほかご主人様の命令に従いご奉仕すること。
3. ご主人様の命あるときは、例え公衆の面前であっても、拘束具その他、ご主人様の望む服装または全裸などの姿でお仕えすること。
4. 奴隷としての身分をわきまえ、ご主人様への口の利き方、態度に注意し、どのような命令にも即刻喜んで従うこと。
平成××年××月××日
年月日の後には空白があり、その後ろに朱々としたSリーダーの女性器のマン拓が押されていました。
子供だましですが、愛液混じりの墨汁で記されたマン拓がついていることで、契約者にとっては法的な効力以上
の圧迫感を与える契約書であるかもしれません。
「ここの年月日と、君の愛液混じりの朱色のマン拓との間の空間に直筆でサインをして欲しいんだ」
「これで君と僕の奴隷契約が確定するということだね」
Sリーダーはネガネがないせいか、顔を近づけるようにして、文面を読んでいましたが、左端に赤々と押された自分の肉の印にいきつくと、
ごくりとツバを飲んで、深く息を吸いこんでから、はっきりと言いました。
「はい、サインさせていただきます。 ご主人様」
気丈に言った後で数秒の沈黙があり、それでも堪えきれないのか閉じた口の奥で呻きました。「・・あああ」

私から渡された筆ペンで、契約文と肉印のあいだの空間に達筆なサインをゆっくりと書き上げました。
○○○○(Sのフルネーム)
自分の女性器の肉印の横に自筆のサインを書き込む気持ちはどんなものなのでしょう。
「ようし、いい覚悟だ。 よく出来たな」
見るまでもないそれを、もう一度わざとらしく読み返すように眺めてから僕は、それをサイドテーブルへと片付けました。
「次に、奴隷になった証というか記念に、アクセサリーをお前にやろう」
そう言って僕がテーブルの上に置いたのは、赤い革のリングに銀色の金属の鋲を打ったようなものです。
デパートのペットコーナーで買ってきた、犬用の首輪でした。
ベルトで留めるようになっており、首輪の端についた小さなフックから散歩用の細い皮のロープがついています。
僕はロープのはしをもって、赤い首輪のほうは彼女に手渡します。
「似合いそうだな、嬉しいだろう? 自分でつけてごらん」
奴隷になると気持ちの中で整理をつけていても、実際に目の前に差し出されたペット用の首輪は彼女の心を動揺させるものだつたのでしょう。
無意識にでしょうが、目の端に涙をため、唇を噛んでいます。
それでも意を決したように、自らの首にその赤い奴隷の証を巻きつけていきました。
「ありがとうございます。ご主人様。・・・うううっ」
「ごめんなさい、泣いたりして」
涙に鼻をつまらせた声で謝りました。
「よしっ、今度こそ口先だけではなく、本当に俺の奴隷になるというお前の決意がよくわかった」
「それでは二人の新しい関係にシャンパンで乾杯しよう」
僕はルームサービスのワゴンから、ワインクーラーにはいったシャンパンと、二つのシャンパングラス、
サンドイッチにかけられたラップを外して、テーブルの上にうつしました。
グラスにシャンパンをついでやり
「それじゃあ乾杯しよう」といいグラスを持ち上げると、彼女がポッと頬を染めているのがわかりました。
「どうした、頬が赤いぞ、どうかしたのか?」
「ごめんなさい。 もうご主人様の前で裸でいることには慣れたのですが、裸のままでシャンパンを飲むのが、
なんだかとても恥かしくなってしまって・・・」
そんなものなのでしょうか?
まあ、彼女の恥らう様子は僕にとっては、楽しい酒の肴というものなので、よしとすることにしました。
サンドイッチをつまんで彼女にもすすめます。
また真っ赤になり恥かしそうにサンドイッチを食べる彼女を見ながら話しかけました。
「しかし不思議なものだな、僕のほうもSのオールヌードに慣れてきたようだよ」
「ついさっきまではオフィスでお高くとまっていたSが、こうやってオールヌードで一緒にサンドイッチを食べてるってのも不思議な感じだけどな」
「今日こそ自分でわかったけど、俺は本物のサドらしいな、最初はお前をこらしめてやろうと思っただけだったんだけどな」
「上司であるお前を服従させて、普段のお前なら絶対にしないような恥かしいことをさせるってのがいいんだよな」
「心の底からゾクゾクするよ、俺のを突っ込んでピストンして出たり入ったりしてるのを見ながら、普段の偉そうなお前と、
目の前、腹の下で素っ裸で股を開ききっているお前の姿をだぶらせているんだ」
「たった半日前とはこんなにも違うことになってしまったが、お前のほうはどんな気持ちなんだ」
「怒らないから正直なところを言ってみろ」
「口惜しくて殺してやりたいと思っているのか? それとも恥かしくて死にたい?  本当はもっとかわいがって欲しいとか?」
「 まあプライドの高いお前のことだろうから、無能な俺にこんな風に扱われるのはよっぽど口惜しいんだろうな」
首輪につながるロープをゆすり、返事をうながすと、彼女がポツリ、ポツリと話しはじめました。
「正直なところ、今でもすごく口惜しいし、もちろん恥かしいんだけど、さっきあそこ剃られて変な薬ぬられたときになんだか、
「もういいかあ、ここまでされちゃったら、もうどうでもいいや」みたいな気持ちになっちゃって・・・」
「そこに、あの・・・墨のやつでしょ、なんだかどこかの線が切れたのかな、どうでもよくなっちゃったみたい」
一瞬、つまるような感じでしたが、なにかを決心したように目をあげ、僕の目を見ながら話しを続けました。
「あのバイブ・・、あれひどいよね、なんていうんだろう、もうイク寸前までいかされるんだけど、なんていうか
そのままじゃイケないのよね・・・、なに言ってるんだろう私・・」
「イキたいのにイケなくておかしくなっちゃうかと思った。 ひどいとか言ったけど、あの後いれてもらったとき
最高にかんじちゃって、もうウワーンて飛んでいっちゃうっていうのかな、あんなの今までで初めて」
「本当はもっといつまででも突いてて欲しかったの、窓際でされたときも嫌だっていってたけど、本当はすごい感じてた。
エッチなやつだと思ってるでしょ、エッチだよねえ私、貴方のいうとおり淫乱かも」
「本当は前から、私ってすごくエッチかもって思ってたんだ」
「今まで誰にもバレないようにって思ってたんだけど、・・・あのバイブ、あれでなんかはじけちゃったかも」
「さっき、あの誓約書の墨のやつとられながら、ああもういいか、この人には私が淫乱かもって、みんなバレてるって、
なんだか、そんな風に思って・・・、いいよご主人さまって呼ばせてって」
「私エッチなの、今も、もっとセックスしてほしいの、貴方になら正直にそう言えるし」
「何言ってるんだろう私・・・、おかしいよね」
「縛られるの嫌だし、廊下や、窓際とかあんなの酷い、毛を剃られたりとか、変態!! って思ってるんだけど、なんていうか
これで抱いてもらえる・・みたいな、っていうかな、これを耐えなければ抱いてもらえないんなら耐えられる…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
ショッピングモールで元カノを見かけて思い出した昔話【体験談】
2017/11/10 13:10
2017/11/10 13:10
女房と婚約中にブライダルフェアに行った。
何組もの婚約したカップルがいて、間もなく新婦となる女達がウェディングドレスを試着していた。

その様子を遠巻きに眺めている男達の中に俺はいた。
我が女房となる女と他の女を見比べて、一喜一憂していたのは俺だけではなかったはずだ。

そのウェディングドレス姿の女の中に、見覚えのある女を見つけた。
それは紛れも無く元カノの紗希だった。


俺23歳、紗希19歳、キャピキャピ元気な紗希とは、なんとなく惹かれあっていつしか寄り添い、男と女の関係に…

高校を出たばかりの紗希は、俺が初めての男だった。
ムチッとした体を火照らせ、初めて異性に女陰を見られ…
親指しゃぶりの癖が抜けない妹のヌルヌルのお口
2017/11/15 00:44
2017/11/15 00:44
僕には年の離れた妹がいます。
妹はいくつになっても親指しゃぶりをする癖が抜けませんでした。
小学校に上がる年になっても、まだ親指しゃぶりをしており、「そのうち癖も治るでしょ」と言っていた親もさすがに心配になってきたのか、妹が指しゃぶりしていると、「だめだよー」と口から親指を離すようになった。
それでも癖は治らず、妹の親指いつもふやけていて、爪もちょっと変形していました。

ある時、両親の部屋に行ったら両親は不在で妹だけスヤスヤと寝ていました。
相変わらず親指しゃぶりをしながら眠っており、親から「妹が指しゃぶりしてたら離してあげてね」と言われていたので、言われた通り妹の親指を口から離し…
一緒に暮らしている美人な姉との近親相姦
2017/05/09 03:13
2017/05/09 03:13
姉が大学三年で、俺が一年、同じ大学に入ったのもあって、経済的な理由で二人でこの春から暮らしてる。


いわゆる普通の姉弟で、一緒に暮らすのが楽しいと思えるぐらいには仲がいい。


自分で言うのも嫌だけど、母親の遺伝子のおかげで正直俺も姉も相当モテる方で、お互い今まで彼氏彼女作ってたし、お互い当たり前のことだから気にしてなかった。


春に一緒に暮らし始めた時点で姉には彼氏がいて、俺は地元の彼女と円満別れしてきてフリーの状態だったけど五月に彼女できて今も付き合ってる。


それで普通に二人で暮らしつつ楽しく大学生活を送ってたんだ。


姉といるのは楽しいし、お互い予定があんまり合わない…
【悲惨】35歳の主婦が自宅でバイブオナニーしていたら、とんでもないことに
2016/10/19 23:00
2016/10/19 23:00
私は専業主婦で35歳です。 夫は商社勤めで、おかげさまで多少裕福な生活をしていますが、夫が出張がちで夫婦としての営みが結構遠ざかり気味で正直、欲求不満な身体を持て余していました。 家に私だけになった時にネット通販で買った、バイブを相手にオナニーをすることで欲求不満の身体を何とか癒していましたが、人工のペニスと本物では違いすぎます。 そして1年ほど前の事でした、私はいつものようにベッドルームで全裸になりヴァギナにバイブを激しく出し入れしながら、思いっきり喘ぎ声を上げてオナニーに没頭していると、ベッドルームのドアが静かに開き、ドアの前に唖然とした表情の息子の章夫が立っていました。 …
病気になった時、母がアレに薬を塗ってくれた
2016/05/12 12:00
2016/05/12 12:00
皮膚が弱い体質の僕は、小さい頃からアトピー皮膚炎や湿疹などに悩まされ、皮膚科によく通院していました。
そんな僕も中1になり、皮膚炎になることもなくなり快適な生活を送っていたのですが、ある朝起きると下腹部に湿疹ができており、寝ながら無意識に掻いたのか、赤く炎症を起こしていました。
その湿疹はものすごく痒くて、日を追う毎に患部は広がり、太ももの付け根からお腹の下辺りまでが赤くなり、おちんちんも例外なく発疹ができていました。
あまりの痒さに、血が出るくらいまで掻き毟ってしまうのですが、出来た場所が恥ずかしくて病院にも行けず、親にも黙っていました。




発病から5日経った夜のことです…
未亡人だった幼なじみの母親に中出し
2016/12/23 08:00
2016/12/23 08:00
10年前まで僕は風俗以外での経験はなかったが、それがおばさんのおかげで卒業できた。花火大会に新調した浴衣を着て、あわよくば高校時代の同級生や近所の女の子を物色していた。しかしカップルばかり、一人でいる女の子はまずいなかった。
あきらめて、一人で花火が打ちあがるのを見ていると、横から声をかけて来る中年女性がいた。よく見ると、幼馴染の女の母親だった。


僕と同じ浴衣姿のおばさんは、大柄でお尻の大きい女性だった。

昔から知っている仲だけに会話が弾み、終わりまで彼女と一緒にいた。

彼女は年齢の割には巨乳の持ち主で、襟の隙間から胸の谷間を覗くことができた。

中学・高校…
H体験談。。23歳一流大卒で処女の膣内に中出し
2015/11/17 17:58
2015/11/17 17:58
今夏から通い始めた語学教室で知り合った九州出身、
東京の一流大学卒の23歳。

自分に好意を持っているのは分かっていたので
後はセックスまで持っていくタイミング
(当時は婚約者、今の嫁が不在の時)だけだった。

嫁の帰省に合わせて早速誘ってみると
あっさりと応じ、南京町で食事をとって、
三宮のラブホに直行。

タイプは高島礼子をそのまま若くしたような
落ち着いた感じの勝気で気が強そうな
(自分にとって)ドストライクな美人で、

もう経験済みと思ったし、端から遊び目的なので、
過去の彼女たちのようなサプライズ演出もなく、
シャワーを浴びてから、即ベッドイン。

170cmくらいの長身で…
【レイプ】暴走族に輪姦されて尻の穴でも感じる淫乱になりました
2016/09/21 15:00
2016/09/21 15:00
携帯のベルが鳴った。朝、夫と子供を見送ると、決まってこの時間に呼び出しベル。私は急いで携帯電話を取った。そして着替えると、指定された場所に向かうんです。 私:29歳、専業主婦、子供は6歳。夫:35歳、外資系の営業マン。 私は8年前に夫と営業先で知り合い、夫の猛烈アタックで結婚した。夫は外資系の営業マンで収入も良く、3年前に念願のマイホームを購入した。夫婦仲も良く、SEXも程よくする何不自由ない毎日を送っていました。 ある日、私は暇を持て余し、街が一望できる丘に車で出掛けた。駐車場に車を停め、散歩コースを歩いていました。天気も良く気持ちのいい日とか、暇を見つけては息抜き…
体のラインが素晴らしい人妻のマンコに子種汁を大量放出した話
2016/03/02 14:02
2016/03/02 14:02
私は自営業を営んでいる者です。

私の店のパートは35歳の主婦ですが、

ものすごく綺麗で接客も明るく

男女問わずお客様にも大好評です。

彼女は小学生の子供が1人いますが

体のラインは素晴らしいの一言です。

私より、年は10歳近く違いますが、

年の差を感じないくらい肉体的にも精神的にも若いです。

私たちの関係は約1年前くらいから続いています。

仕事が終わり、月2回ぐらいのペースで会ってます。

彼女は私の言うことは何でも聞き入れてくれますので、

コスプレ、ハメ撮り、何でもあり!

SEXはいつも生、一応人妻なので排卵日は計算して外に出してますが、

それ以外はいつも中出してま…
【人妻】やめられない。
2015/12/20 20:18
2015/12/20 20:18
8月2日火曜日叔母のパンチラ 「あら遅かったね、のんちゃん」 朝起きるともう十時で、下には叔母だけしかいなかった。 叔母は自分に遅い朝食を用意してくれた。朝から叔母を見てドキッとする。 今日も色違いだがワンピース。今日は昨日と違いブラジャーを着用していて残念だったが、ワンピースが薄手のものだったため、ブラジャーの模様がはっきり透けていました。 朝から勃起します。 気さく叔母は、自分によく話しかけてきた。どうやら叔父は仕事、亮太くん(息子さん)はお寺(保育園的な感じらしい)に行っているらしい。 ビックリしたのは叔父のこと。叔父は海側の所で働…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・もう戻れないあの頃

・花見

・揺れ動く妻の心を思うと・・・

・出会い系で知り合った女の子とハメ撮りしましたwww

・女装円光してるのが親バレしたおかまだけど質問ある?

・【痴漢・レイプ】叔父さんとの秘め事

・【Hな体験】中出しエッチで体の相性を確認

・【痴漢・レイプ】嫁にヤバい水着を着せてプールに行ったらナンパされた

・【人妻体験談】母が高校生たちに集団痴漢レイプされているところを目撃した息子

・主人との性生活がご無沙汰なので出会い系サイトに登録しました

・【熟女体験談】出会い系サイトで見つけた豊満おばさんと援交したら893絡みのヤバい人達を呼ばれた怖い体験

・包茎手術のついでにナースとの妄想プレイに挑戦

・男前な先輩に迫られて会社なのにビチョビチョ

・★派遣社員との不倫SEX場所は書庫室

・出会い系の人妻が、「今日はダンナが夜勤で、送り出してからは時間がある」と言ってきた

・友人の可愛い妹がバスタオル一枚で出てきたwww

・処女の従妹に誘われて風呂場で童貞喪失

・この前、泥酔しているところを拾ったお堅い公務員さんともう一度

・【痴漢・レイプ】セックスレスの嫁がエロビデオを隠してた

・ソープ嬢「ねぇ?違ったらゴメンだけど爆サイで私の悪口書いてない?」ワイ「えっ…?」  →結果wwwwwwwwww

・エビちゃん似巨乳の後輩の彼女はとってもエロかった

・DKがJCのパンツを盗撮! ~実際はJSからはたちくらいまで撮ったけど~

・授乳期の妹のおっぱいに興奮して・・・

・【痴漢・レイプ】千春

・俺が潮吹きをさせられた

・【痴漢・レイプ】母親交姦

・中学の同窓会で再会した人妻とやっちゃったwwwwwwwwww

・【熟女体験談】祖母の口紅をペニスに塗りセンズリするキチガイな孫が祖母に見られ近親相姦筆下ろし

・私がしたかったのは、こんな中出しじゃない!

・【痴漢・レイプ】嫁は短大の先生のセックスドールだった