寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

高慢な女の上司(15)

2017/12/07 16:49


僕は鏡を指差して言います。
「この方がずっと女らしくて、素的じゃないか、なんでいつもこうしていないんだ?」
正直な感想でした。
いつものキャリアな雰囲気とは違う、鏡に映る姿に、はじめて少しだけ良心がチクリと痛みました。
「うん、メガネをはずしてるとよく見えないの、ごめんね」
彼女は恥かしそうに言うと、謝らなくてもよいことを謝ります。
まるで別人のようでした。
僕は弱気の虫を振り払うように、タオルで荒々しく全身の水滴をぬぐうと、バスローブを着込んでいいました。
「髪を乾かしたらベッドに来なさい、冷えているうちにシャンパンでも飲もう」 彼女はバスタオルで髪をぬぐいながらうなづきました。
「はい、ご主人様」
テーブルの上を片付けて、タオルできれいに拭いていると、思ったよりも早く、Sリーダーがバスルームから出てきました。
バスローブをはおい、タオルで襟足のあたりを拭くようにしながら歩いてきます。
細淵メガネはバスルームにおいてきたのか、はずしたままでした。
「ずいぶん早いじゃないか、髪を乾かしてから来なさいと言ったのに」
僕は怒っているわけではなく、無意識に彼女を気遣っているのを、声を出した瞬間に意識して後悔しました。
「ごめんなさい、ご主人様をお待たせしてはいけないと思って・・」
「まあいい、そこに掛けなさい」
髪をおろしてメガネをはずした、いつもと雰囲気の違う相手ではやりにくいのですが、心を鬼にしてシナリオ通りの行動を続けます。
「Sが奴隷になつた記念にシャンパンで乾杯と思ったけれど、ちょっとその前に済ませておかなければならないことがあるんだ」
「それから、まず、そのバスローブは脱ぎなさい。 僕と二人でいる時には奴隷には服は必要ないからね」
「はい、すみません、ご主人様、今脱ぎますから・・」
なんの文句も言わずに、言われたとおりにバスローブを脱ぎ、元通りの素っ裸に戻ります。
従順すぎて気味が悪いくらいです。
「よし、それじゃあ口約束ではなくて、Sが奴隷になったことの契約をきちんと結ぼう」
そう言って、僕は先程のマン拓の和紙の巻いてあった部分をクルクルと開いてテーブルに広げました。
和紙にはあらかじめ契約文が記載してあります。
奴隷契約書
私、○○○○(Sのフルネーム)は今この時より××××(私のフルネーム)の性奴隷となり、下記の事項を生涯、
遵守することを誓います。

1. 性奴隷として、××××をご主人として尊敬し、いつ何時も「ご主人様」とお呼びすること。
2. いついかなる時でも、ご主人様の命あるときは脱衣、口唇奉仕、本番セックスほかご主人様の命令に従いご奉仕すること。
3. ご主人様の命あるときは、例え公衆の面前であっても、拘束具その他、ご主人様の望む服装または全裸などの姿でお仕えすること。
4. 奴隷としての身分をわきまえ、ご主人様への口の利き方、態度に注意し、どのような命令にも即刻喜んで従うこと。
平成××年××月××日
年月日の後には空白があり、その後ろに朱々としたSリーダーの女性器のマン拓が押されていました。
子供だましですが、愛液混じりの墨汁で記されたマン拓がついていることで、契約者にとっては法的な効力以上
の圧迫感を与える契約書であるかもしれません。
「ここの年月日と、君の愛液混じりの朱色のマン拓との間の空間に直筆でサインをして欲しいんだ」
「これで君と僕の奴隷契約が確定するということだね」
Sリーダーはネガネがないせいか、顔を近づけるようにして、文面を読んでいましたが、左端に赤々と押された自分の肉の印にいきつくと、
ごくりとツバを飲んで、深く息を吸いこんでから、はっきりと言いました。
「はい、サインさせていただきます。 ご主人様」
気丈に言った後で数秒の沈黙があり、それでも堪えきれないのか閉じた口の奥で呻きました。「・・あああ」

私から渡された筆ペンで、契約文と肉印のあいだの空間に達筆なサインをゆっくりと書き上げました。
○○○○(Sのフルネーム)
自分の女性器の肉印の横に自筆のサインを書き込む気持ちはどんなものなのでしょう。
「ようし、いい覚悟だ。 よく出来たな」
見るまでもないそれを、もう一度わざとらしく読み返すように眺めてから僕は、それをサイドテーブルへと片付けました。
「次に、奴隷になった証というか記念に、アクセサリーをお前にやろう」
そう言って僕がテーブルの上に置いたのは、赤い革のリングに銀色の金属の鋲を打ったようなものです。
デパートのペットコーナーで買ってきた、犬用の首輪でした。
ベルトで留めるようになっており、首輪の端についた小さなフックから散歩用の細い皮のロープがついています。
僕はロープのはしをもって、赤い首輪のほうは彼女に手渡します。
「似合いそうだな、嬉しいだろう? 自分でつけてごらん」
奴隷になると気持ちの中で整理をつけていても、実際に目の前に差し出されたペット用の首輪は彼女の心を動揺させるものだつたのでしょう。
無意識にでしょうが、目の端に涙をため、唇を噛んでいます。
それでも意を決したように、自らの首にその赤い奴隷の証を巻きつけていきました。
「ありがとうございます。ご主人様。・・・うううっ」
「ごめんなさい、泣いたりして」
涙に鼻をつまらせた声で謝りました。
「よしっ、今度こそ口先だけではなく、本当に俺の奴隷になるというお前の決意がよくわかった」
「それでは二人の新しい関係にシャンパンで乾杯しよう」
僕はルームサービスのワゴンから、ワインクーラーにはいったシャンパンと、二つのシャンパングラス、
サンドイッチにかけられたラップを外して、テーブルの上にうつしました。
グラスにシャンパンをついでやり
「それじゃあ乾杯しよう」といいグラスを持ち上げると、彼女がポッと頬を染めているのがわかりました。
「どうした、頬が赤いぞ、どうかしたのか?」
「ごめんなさい。 もうご主人様の前で裸でいることには慣れたのですが、裸のままでシャンパンを飲むのが、
なんだかとても恥かしくなってしまって・・・」
そんなものなのでしょうか?
まあ、彼女の恥らう様子は僕にとっては、楽しい酒の肴というものなので、よしとすることにしました。
サンドイッチをつまんで彼女にもすすめます。
また真っ赤になり恥かしそうにサンドイッチを食べる彼女を見ながら話しかけました。
「しかし不思議なものだな、僕のほうもSのオールヌードに慣れてきたようだよ」
「ついさっきまではオフィスでお高くとまっていたSが、こうやってオールヌードで一緒にサンドイッチを食べてるってのも不思議な感じだけどな」
「今日こそ自分でわかったけど、俺は本物のサドらしいな、最初はお前をこらしめてやろうと思っただけだったんだけどな」
「上司であるお前を服従させて、普段のお前なら絶対にしないような恥かしいことをさせるってのがいいんだよな」
「心の底からゾクゾクするよ、俺のを突っ込んでピストンして出たり入ったりしてるのを見ながら、普段の偉そうなお前と、
目の前、腹の下で素っ裸で股を開ききっているお前の姿をだぶらせているんだ」
「たった半日前とはこんなにも違うことになってしまったが、お前のほうはどんな気持ちなんだ」
「怒らないから正直なところを言ってみろ」
「口惜しくて殺してやりたいと思っているのか? それとも恥かしくて死にたい?  本当はもっとかわいがって欲しいとか?」
「 まあプライドの高いお前のことだろうから、無能な俺にこんな風に扱われるのはよっぽど口惜しいんだろうな」
首輪につながるロープをゆすり、返事をうながすと、彼女がポツリ、ポツリと話しはじめました。
「正直なところ、今でもすごく口惜しいし、もちろん恥かしいんだけど、さっきあそこ剃られて変な薬ぬられたときになんだか、
「もういいかあ、ここまでされちゃったら、もうどうでもいいや」みたいな気持ちになっちゃって・・・」
「そこに、あの・・・墨のやつでしょ、なんだかどこかの線が切れたのかな、どうでもよくなっちゃったみたい」
一瞬、つまるような感じでしたが、なにかを決心したように目をあげ、僕の目を見ながら話しを続けました。
「あのバイブ・・、あれひどいよね、なんていうんだろう、もうイク寸前までいかされるんだけど、なんていうか
そのままじゃイケないのよね・・・、なに言ってるんだろう私・・」
「イキたいのにイケなくておかしくなっちゃうかと思った。 ひどいとか言ったけど、あの後いれてもらったとき
最高にかんじちゃって、もうウワーンて飛んでいっちゃうっていうのかな、あんなの今までで初めて」
「本当はもっといつまででも突いてて欲しかったの、窓際でされたときも嫌だっていってたけど、本当はすごい感じてた。
エッチなやつだと思ってるでしょ、エッチだよねえ私、貴方のいうとおり淫乱かも」
「本当は前から、私ってすごくエッチかもって思ってたんだ」
「今まで誰にもバレないようにって思ってたんだけど、・・・あのバイブ、あれでなんかはじけちゃったかも」
「さっき、あの誓約書の墨のやつとられながら、ああもういいか、この人には私が淫乱かもって、みんなバレてるって、
なんだか、そんな風に思って・・・、いいよご主人さまって呼ばせてって」
「私エッチなの、今も、もっとセックスしてほしいの、貴方になら正直にそう言えるし」
「何言ってるんだろう私・・・、おかしいよね」
「縛られるの嫌だし、廊下や、窓際とかあんなの酷い、毛を剃られたりとか、変態!! って思ってるんだけど、なんていうか
これで抱いてもらえる・・みたいな、っていうかな、これを耐えなければ抱いてもらえないんなら耐えられる…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【体験談】職場の上司と不倫関係に、こんなに感じるSEXは初めて
2016/04/07 21:30
2016/04/07 21:30

私は今年で四十三歳になるのですが、
それまでは、普通の、そして真面目な妻だったと思います。



しかし、職場の直属の課長と不倫関係を持ち、
何回も情事を重ねてしまいました。



自分でもまさか四十路になって、
そろそろ女性も下り坂の年齢なのに・・・

おばさんって呼ばれてもおかしくない年齢になって、
初めて不倫をするなんて思いもしませんでした。



もちろん夫には内緒ですし、
まだバレてもいません。



今日も私は課長さんに、愛され、そして抱かれ、
男の愛を一心に受けながら、
午後四時には何もなかったよう…
【梅田ゴールデン倶楽部】風俗で人妻をセフレにしてみた実話
2016/02/16 16:00
2016/02/16 16:00
先週思わぬ臨時収入があって、非常に溜っていたこともあり梅田に遊びに行ってきました。 何時もは、梅田では梅田人妻秘密倶楽部のまみさんという31歳の人妻さんをよく指名していたのですが、生憎休みでした。  「じゃぁまたにします」 と電話を切ろうとすると、店の人間が、「今日入ったばかりの娘が居るんですがどうでしょうか?」 と聞くのです。 良く聞くと、何でも26歳の人妻で細身の美人だと云うのです。 まぁ泡銭だし店も「美人ですよ」 と勧めるのでつい、「じゃぁ頼むわ」 と返事をしてしまいました。 ホテルに入って店に連絡して15分位すると、ドアをノックする音、ドアを開けると髪をアップにまと…
フリーターでビッチなごっくんの妹に迫られてセックスしちゃった話
2017/03/05 10:02
2017/03/05 10:02
大学を卒業し、

フリーターをやっている24歳のちょっとオカシイ妹がいる。

兄の俺は3つ上のサラリーマン。

去年の夏に何をトチ狂ったのか

妹が急に話しかけてきて・・・

「お兄ちゃんってさ~デカイよね?」

と言ってくるので

「は?何が?」

と聞き返すと

「チンポの事だよ(笑)」と。

俺の妹は頭がおかしい。

で、親父が5年前に転勤で青森勤務になって、

お袋も一緒について行って横浜の自宅はこんな妹の二人暮らし。

ま、そのうち帰って来ると思っていたのだが、

どうも永転・・・左遷って言った方が合ってるのか?

早期退職を蹴った親父に対する会社からの嫌がらせだな・・・。

女の告白、私は娘の彼氏から離れられません
2016/09/12 12:00
2016/09/12 12:00
 

  何もかもが嫌になるほどもめて、やっと主人と離婚をしたのが一昨年の暮れでした。ひとり娘の志穂(23歳会社員)と共に家を出て部屋を移り、私(48歳)も仕事を始めました。去年の秋頃、娘とお茶をしていて、「お母さんもまだ女で現役バリバリだから、好きな男性ができたら幸せになって欲しいし、その前に紹介して欲しい」と話してくれました。話したいけれど・・・口が裂けても言えない素敵な彼がいるのでした。それは、氏の和也(26歳会社員)さんでした。和也さんとはその時すでに、三ヶ月ほどの秘密の関係がありました。もちろん、和也さんに愛される体になっていました。あまり会えない淋し…
神待ち釣るなら20通くらいのメールのやり取りでOK
2017/11/05 18:31
2017/11/05 18:31
半年前に一人暮らして彼女もいなかったけど、最近掲示板で神待ち女を釣ったww  神待ちの女って最近もう家出とかじゃなくなってるの知ってる? 前は、家出とか、家に帰りたくないとかだったけど最近もうそんなの通りこして、 一緒に住みたいとか、終電逃したとかで、家に泊めてくれる女が多いでもサクラも多い・・ 俺はもともと出会い系とか使うタイプの人間じゃなかったし、 出会い系とかそういうのうさん臭くてきらいだったのね。 でもひとり暮らしで暇だろ?しかも外ではクリスマスで盛り上がってるしさww これは俺も何かしなくちゃなってことで、なんとなく出会い系使った。 そこから結構登録している女にメール送って、 返…
夫婦生活に不満はなかったが、新しい刺激を求め3Pをしたんだが・・・
2016/05/27 22:02
2016/05/27 22:02
その男とは今日が初めて。

夫婦生活に不満はなかったが、

新しい刺激を求め3Pに興味を持ち、

ついに実行する事となった。

男とは事前に電話で打ち合わせをしていて、

あくまでも私たち夫婦のサポート的な役割をお願いしていた。

車中で軽い話の中、とうとうホテルへ到着。

ドアを開けて室内へ。

その時、男が急変した。

男「奥さんイイ女だよね」

と妻に抱き着き、いきなり唇を奪った。

唖然として私は何も出来なかった。

男は私の事など気にせず、

そのまま妻を後ろ向きにして

壁に手をつかせてお尻を突き出させた。

男「いいケツしてるよ・・たまんないね」

そ…
【レイプ・痴漢】【逆レイプ】夏休みの思い出【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/03/06 21:28
2017/03/06 21:28
2005/08/01 00:00┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者329 :えっちな21禁さん :2005/07/25(月) 08:03:44 ID:TbO+/PW40小三の夏休み 当時団地に住んでいた俺は団地内の公園で一人で遊んでいた。 もう帰ろうと思っていた時、同じ団地に住む女の子が声をかけて来た。 その子とはよく二人で遊んだりしていたが名前は知らない。 年上で優しくしてくれるその子の事を俺はお姉ちゃんと呼んでいた。 この時公園で何をして遊んだか記憶は無いが、しばらくしてお姉ちゃんが&…
故郷の村の幼馴染
2015/12/05 00:21
2015/12/05 00:21
随分昔の事ですが僕と嫁さんの話をします。今から10数年前、大学に進学して故郷の田舎から上京して4年 就職を控えて久しぶりに故郷である寂れた村に帰郷した時の事です。故郷である村の田舎ぷりにウンザリしてた僕は大学合格して上京したあと 正月も夏休みも4年間一度も故郷に帰らなかった。 主な理由は上京して直ぐ彼女が出来たり都会での遊びが楽しかったのもあるし あとは父親が僕に家業の農業を継がせようとしていたのに都会の大学に行きたいと 僕が無理を言ったのを父親が一旗上げるまでは帰ってくるなと条件のような事をいって 送り出してくれた事がある     父親が何処まで本気で言ったかは知らないけれど僕は4年間一人暮…
貧乳デリヘル嬢に素股と偽って生挿入
2017/06/09 19:44
2017/06/09 19:44
出張先のホテルでデリヘルを呼んでみた。
来た娘は、スレンダーで小柄な元ヤンって感じの20代前半の娘だった。
明るい茶髪で、顔はちょっと夏菜に似てた。

『奈津(仮名)』は、脱ぐとよりほっそりしてた。
胸はCカップって言ってたけど、どう見てもAカップの貧乳だった。
お尻がちょっと大きい。
カラダはアッキーナって感じ。
ヘアは手入れしてあり、土手に申し訳程度に。
浅黒く日焼けした肌に残る真っ白なビキニの跡がエロかった。
乳首とマンコは、程良く使い込んだ感じで茶色がかった感じ。
貧乳は感度抜群みたいで・・・、吸ったり噛んだり揉んだりしてたら、「あんあん・・・だめだめ・・・ああん…
銀行の合併で
2017/10/28 17:49
2017/10/28 17:49
私は地方の銀行に勤務する24才です。 短大を卒業して地元の地方銀行に就職して4年目です。 この秋、うちの銀行と大手の銀行が合併するのですが、規模が違うのでうちの銀行が吸収合併される形になります。 それにともないも行われます。 支店長とかも、相手先の方がなるらしいです。 女子社員もの対象になるとの事で同僚達もこの先のどうなるのか悩んでいます。 田舎なので転職も難しいので…。 そして、今週からの説明を兼ねて女子社員の面接が始まりました。 うちの銀行の女子社員が相手銀行の会議室に集められ面接が始まりました。 しかし面接と言ってもそれは職権乱用のそのものでした。 20人程の女子社員が待合室で待ってると…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・義姉がエッチすぎる 続続続編

・私の体を知り尽くした彼の、乱暴で緻密な愛撫で・・・

・濡れた添乗員のお姉さんと正常位でセックスした話

・思春期の頃、互いにオカズにしてた姉と

・■セフレは信金の営業担当

・二人の姉と妹。そして・・・。 続続続編

・社員旅行でキモイ奴に弱みを握られてレイプされてしまいました…

・本屋で出会った不倫願望の人妻

・淫乱人妻が寝取られ・中出し不倫

・義姉がエッチすぎる 続続編

・【人妻体験談】オチンチンを勃起させながら土下座してSEXさせてくれと頼んでくる息子

・「どこで何をしててもいつか必ず会えるってわかってるから、全然つらくない。その日が来るまでがんばる」

・妻の出産に立ち上がったらドン引きしてインポに・・・

・【熟女体験談】女性に対してコンプレックスを持つ童貞が美熟女ソープ嬢に非日常的な体験をさせてもらい超感謝

・義姉がエッチすぎる 続編

・【男×男】美しい僕に嫉妬した女友達の報復

・中学時代の女友達を泥酔レイプ

・奥さんの裸にエプロン

・性格もよくて色気のある美人系のホステスと友達と俺

・義姉がエッチすぎる

・TBD(The Brush Down)

・会社の色んな場所でエッチなことしまくった

・■心電図の測定で脱がされた体験談

・帰国前の留学生に子種がないと嘘をついて中出し【SEX体験談】

・二人の姉と妹。そして・・・。 続続編

・残業中上司にレイプ気味に襲われたけど断れなかった

・7歳上の同僚女性職員とセフレのつもりが妊娠して結婚することに

・姉のマッサージ 2

・泊まりがけの懇親会で酔い潰れて全く起きない先輩美人社員をこっそりレイプ

・★嫌だった看護師の妹に介抱された俺