寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

超可愛い彼女の腰使いやフェラテクが凄かった理由が・・・

2017/12/07 16:02


バイト先で5歳年下の19歳の彼女ができたんです

上戸彩に似ていて色白で

胸はCカップでしたがくびれがきれいな体をしていました。

自分にとってはすごくかわいい彼女でした。

彼女は性格的にすごくM気が強くとにかく彼氏についていき、

彼氏の言う事は何でも聞いてくれるというタイプのコでした。

かなり素直で世間や社会のことなどはあまり知らない、

まだ子供っぽさの残るそんなイメージでした。

本当に心がキレイで思いやりのある優しいコだったと思っています。

しかし付き合って最初のセックス、

彼女のイメージが変わります。

自分の部屋のベットの上で彼女を寝かせ、

胸やマンコを弄ると普段から

想像出来ないような声で喘ぎだしました。

Y佳菜「あーん、気持ちいぃ、おかしくなっちゃう」

マンコはかなり濡れてシーツにも垂れているようでした。

自分はその変わりように驚きましたがすごく興奮をしました。

そしてさらに彼女が自分の上になりこう言います。

Y佳菜「おちんちん舐めてあげる」

そういうと彼女は自分の服を脱がし乳首を舐めながら

自分のチンコを手で擦り始めました。

チンコを触る手つきが異常なほどいやらしく、

手でさわられただけでビンビンに勃っていました。

この日まで彼女のことは本当に子供っぽい印象で、

フェラをする姿も想像出来ないくらいでした。

しかし彼女がチンコを舐め始めます。

サオを根元から先まで丁寧に往復していき、タマまで舐め回します。

驚きながらも気持ちよさでさらに興奮しました。

そして、彼女がチンコ咥えると驚きが最高潮に達しました。

「ジュルジュル、チュパ、チュパ」

いやらしい音をたて、彼女は奥まで咥えこみ

ディープスロートを始めたのです。

あまりの衝撃と気持ちよさで我を忘れそうになりました。

あれほどの気持ちいいフェラはあじわったことありません。

Y佳菜「もう我慢出来なくなっちゃった、もう入れていい?」

自分はもう完全におされていました。何とか我に返り、

最初のセックスという事もあったのでコンドームが無いことを伝えました。

自分「入れてもいいけど今日ゴムないよ」

Y佳菜「うん、私はなくても全然いいよ」

この反応にも少し驚きましたが、迷うことなくすることにしました。

正常位からチンコを入れると彼女が気持ちよさそうな声をあげます。

Y佳菜「あぁーん、気持ちいぃ」

いやらしい表情と喘ぎ声にさらに興奮し自分は腰を振り続けます。

すると彼女は自ら正常位のまま自分の足を抱え大きく広げて喘ぎます。

Y佳菜「あんっあんっ、気持ちいぃ気持ちいぃ、おかしくなっちゃう」

自分はさらに夢中でY佳菜をつきます。

しばらくすると彼女が上になるといい自分の上を跨ぎます。

彼女は慣れたてつきで自らマンコに向かい入れ、

いやらしく腰を前後に振り出します。

Y佳菜「ねぇ気持ちいい?アソコ気持ちいい?」

自分「あー気持ちいいよ、すごくいい」

彼女は自分の乳首を両手で触りながらさらに腰を振ります。

Y佳菜「あぁーん、気持ちいぃ、あ?ん、イキそう、あっイク、イッてもいい?」

彼女は夢中で腰を振っているようでそのままイッてしまいます。

その後、もう一度正常位に戻って自分も彼女の胸に射精しました。

自分は驚いていました。ここまで普段とのギャップのあるコに出会ったことはなく、

それほど普段のY佳菜は純粋そうでとてもとてもあんな姿は想像出来ませんでした。

自分はどうしても気になり彼女に聞きました。

自分「Y佳菜、フェラかなり上手くない?」

Y佳菜「そうなの?そんなことないよ、でも良かった」

自分「どこで覚えるの?あんなテク、初めて味わったよ」

Y佳菜「え?、別に覚えるとかじゃないよー」

自分「Y佳菜って今まで何人経験あるの?もしかしてかなり多いとか」

Y佳菜「そんなことないよ、2~3人かな」

こんなやりとりが最初のセックスの日にありました。

自分は多少の不安を感じつつも特に本気で心配はしていませんでした、

あの日までは・・・

Y佳菜とは週4?5日は会ってお互い一人暮しだった為、

どちらかの家に泊まり会う度にセックスしている状況でした。

何の疑う要素もなくY佳菜と付き合っていましたが、

決まって毎週土曜の夜から日曜にかけては

実家(車で15分)に帰ると言っていたので会うことはありませんでした。

付き合い始めて5ヶ月が経ったある日の夜、

彼女が自分の家からコンビニに買い物にいきました。

ふとテーブルを見ると携帯を忘れて行っていました。

自分は見たいという衝動に負けて、おもむろに携帯を開きました。

着信や発信履歴を見ても特に怪しいものはありませんでしたが、

メールを見ると目を疑うような内容が飛び込んできました。

相手は自分達のバイト先のS店長(38歳)でした。

「今週またよろしくね、今度は友達連れてくから待っててね」

何故かドキッとしました。

まだはっきりと決まったわけじゃないのに、

何も証拠があるわけじゃないのに。

ドキドキしていると彼女が帰って来ました。試しに聞いてみました。

自分「今週も実家帰るの?」

Y佳菜「うん帰るよー何で聞くの?」

少し探りをいれます。

自分「夜電話していい?」

Y佳菜「あーいいけど、出れなかったらごめんね、親も一緒だから」

何の動揺も見せずY佳菜は答えました。

自分はどうしても気になり土曜日Y佳菜の部屋に行く事にしました。

しかし合鍵は持っていなかったので

金曜の夜はY佳菜の家に泊まり当然のようにセックスをして、

危険かと思いましたが合鍵を持ち出すことに成功しました。

撮れる自信はありませんでしたが、一応デジカメも用意しました。

そして土曜の夜9時、自分は彼女のマンションの近くから

彼女が帰って来ないことを祈りながら待っていました。

彼女は土曜の8時半にバイトを上がりそのまま実家に帰っているはずでした。

しかし9時を15分くらい過ぎた頃、Y佳菜が帰って来ました。

自分の心臓は喉から飛び出しそうになるくらいバクバクしていました。

もしかしたら忘れ物を取りに来てそのまま

実家に行くかもしれないとまだ祈っている自分がいました。

恐る恐るドアの近くに行くと彼女はシャワーを浴びているようでした。

ますます嫌な予感がしました。

10時半過ぎ、確信的な人物がY佳菜の部屋のチャイムを鳴らしました。

自分は非常階段に隠れていました。S店長と見知らぬ男(30代後半?)です。

S店長「Y佳菜ちゃんSですけどー」

Y佳菜「はーい」

明るい声でY佳菜が出迎えます。自分の鼓動は最高潮に高鳴っていました。

10分くらい入ろうか考え込み、意を決してドアをそーっと開けました。

あまり撮れていませんでしたがここからデジカメをONにしました。

それを参照した物を報告します。

Y佳菜「ハハハ、そうなんだー」

緊張している様子はないY佳菜の声が聞こえて来ました。

部屋は2DKで自分の場所からはガラス越に見える程度でしたが

声はよく聞こえました。

しばらくすると覚悟は決めていましたが、

部屋の電気が消え本当に始まってしまいました。

テレビはついたまま。「ヌチャ、ピチャ、ピチャ」

S店長とY佳菜がディープキスをしているようでした。

G「たまんね?、おれはおっぱいもらおうかな」

服は着ているようで、GがY佳菜を触りながら脱がしているようでした。

Y佳菜「あん、Gさん気持ちいぃ」

あっという間にY佳菜は裸にされ2人に責められているようでした。

Y佳菜「あ?気持ちいぃよぉ、舐められるとおかしくなっちゃう」

S店長「Y佳菜はほんと濡れやすいなー」

Y佳菜「だって、あっあん、気持ち、いぃ、はぁはぁ」

G「マジエロ過ぎ、ダラダラ垂れてるじゃん」

Y佳菜「いや!恥ずかしい、言わないで」

Y佳菜はソファーに座らされ足をM字に開かれているようでした。

自分は悲しい気持ちはもちろんありましたが、

かつて味わったことのない興奮を覚えていました。

あのY佳菜があんなに普段いいコなのに、

自分とセックスしている場所で2人の男に体を許しています。

手マンをされているのかクチュクチュクチュと音が聞こえてきます。

Y佳菜「あ?ん、ダメェ、イクッイクッ」

G「ほらイケイケ我慢しないで」

Y佳菜「ヤダッ、イクッイクッ、もうイクッ、あーん」

彼女は自分としている時よりも何倍も喘いでいました。

S店長「Y佳菜イッたの?相変わらずいやらしいなー」

Y佳菜「だって、ハァハァ、気持ちいい」

G「Y佳菜ちゃんたまんないね、おれのもしゃぶってよ」

Y佳菜「うん」

そういうとY佳菜はGのチンコをしゃぶり始めたようでした。

ジュルチュパジュルルといやらしい音が聞こえます。

G「おーマジ気持ちいい、Sさんの言ってた通り、こりゃいいや」

S店長「Y佳菜いつもやつは?」

Y佳菜「Gさん反対向いて立って」

G「こう?」

Y佳菜「もう少し足広げて」

Y佳菜は自分の目の前にいるGのケツに顔を埋め、

アナルを舐め始めました。

舐めながらチンコをしごいているのがはっきり分かりました。

G「うわあ、あーマジ気持ちいい、こんなことまで出来んのかよー」

Y佳菜「Gさん気持ちいい?」

G「あーマジ気持ちいいよ、もうちょっと我慢出来ないから一回抜いてよ」

Y佳菜…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
中学時代の浣腸
2017/11/05 21:31
2017/11/05 21:31
「そのままで動かないでね」浣腸の管をお尻の穴にあてがうママ。お薬を少しだけピュッと出して、管を滑りやすくする。冷たい液が、太ももから足首の方へ、スーーっとつたっていくのが分かった。ママは、そのまま浣腸の管でボクのお尻の穴を何度も、何度も突っつく。液がたっぷりついたお尻の穴の肉で、浣腸の管の穴がふさがれては、また引き離されていく。その度に、チュパッ、チュパッという小さな音がする。「さあー、もっとやわらかーく、なぁーれ。ヒロくんのお尻、もっともっと、やわらかくなーれ」と、独りごとのように言い続けるママ。「液を少しずつ出しながら、お尻の穴を柔らかくしてるからね。お尻の穴、にゅるにゅるにしないと、痛く…
11歳の妹に精子を見られた
2017/05/21 11:16
2017/05/21 11:16
22 :えっちな21禁さん:04/10/17 02:08:06 おれが中3(15歳)のときエロ本で尾何して新聞紙のチラシに発射して、 そのままトイレで休憩してたら妹(4つ下だから11歳)が帰ってきて おれはトイレを出てそのまま自分の部屋へ。 (このときおれは、「精液 オン ザ チラシ」がそのままだったことなど忘れてたw) しばらくして、部屋をでたら、妹がチラシ上の液体を見て(ry 26 :22:04/10/17 02:27:56 しばらくして、部屋をでたら、妹がチラシ上の液体を見て 「おにいちゃん、これって(ry」 28 :22:04/10/17 03:06…
小学生の時、何故か幼馴染の幼女と一緒に裸で遊んでいた
2016/03/20 16:15
2016/03/20 16:15
よく近所の女の子と裸の見せっこしてました、小学生の時から。 親の目を盗んでは家で、服を脱いでお互いを見せあいっこして。 あそこの部分とか、おしりとかを見せたり触ってもらったり。 最初のうちは、そんなかわいらしいことしかしてなかったんですが、おっぱいが大きくなってきたころ、もっとエッチなこととかし始めました。 お互いのおっぱいを吸って、キスして抱きあって、膝を股に押し付けあって。 中学生になると、お芝居みたいになってました。 友達か私かのどちらかが、突然服を脱ぎたくなるんです。 それを「だめよ、脱いじゃだめ!」なんて止めるんだけど、やっぱり脱いじゃって、 それで裸になって一人で踊り出すんです、エ…
★エレクトーンの教え子で60歳の人
2016/06/23 17:00
2016/06/23 17:00
 41歳のみちこです。夫と中学の男の子が2人います。私は自宅でピアノとエレクトーンを教えてます。幼稚園から年配の人までで、土曜日は忙しいです。平日は夕方からが多いです。この春に定年退職した60才の男性が習いに来たのです。

 手を添えて教えてました。60歳には見えない男性で素敵な人です。私が逆に緊張してしまう人です。少し習いも進み、後ろから手を添えて教えてるとき顔と顔が近づき、息も荒く感じた時、顔を見合わせたら口と口が合ってしまいました。
 すぐ離れたのですが、男性が引き寄せ、抱きつきキスされてしまいました。頭ではダメと思いつつ、行為に答えていた私です。毎週水曜日の昼彼が来ると玄関のカギを…
会社の同僚に抱かれてから毎日胸が苦しいです・・[エッチな体験談] 
2015/10/14 09:27
2015/10/14 09:27
この間、飲み会の後同僚とホテルに行ってしまった。

それからずっとあの夜の事が頭から離れない。胸が苦しい。

会社の同僚達と飲んで皆を駅まで送った後に、帰りの方向が

一緒だった同僚にタクシーでうちの近くの駅まで送って貰う事に。

飲むと寒気を覚える私が震えてたら肩を抱いてくれて、

その勢いで彼の胸に頬をうずめる形になりました。

なんだかその感触が気持ちよくて強くほっぺたを押し付けたら

肩を抱く力が強くなったので顔を見ると、困った顔をしていた。

少しの間見つめ合った後、私から目を逸らすと

「まったくもう…」って何度も呟いて、それから私の顔を

持ち上げ、優しくキスしたあと、「あった…
茶髪ヤンキーギャルとの恋愛
2017/11/19 00:07
2017/11/19 00:07
高校卒業後すぐに3年間付き合った彼女(初体験相手・非ヤン)と別れ落ち込んでた俺
そんな俺を見かねて悪友が彼女の後輩を紹介してくれることになった。
まぁ、その彼女ってのが1個下でかわいい顔してるがピアスに茶髪な標準的ヤンキーw
でもって、その紹介された女の子も・・・そこまではいかないが結構やんちゃ系な娘だった
ちなみに当時高2.おれの2個下。身長160で体重は教えてもらえなかったw
俺はごく普通なやつ。ただ、高校卒業と同時にまっ茶色にしていたw
車とバイクの免許を同時に取得。車は家のに乗っていたが、バイクは必死でバイトして買ったGB250クラブマン

元々馬鹿な俺が進学できるわけも無くw…
先生と保護者の飲み会後、送ってくれた先生を…2【エロ体験談】
2017/12/11 22:10
2017/12/11 22:10
所詮不倫なんて紆余曲折。基本は結構「神経戦」ですよね。
だんなを愛してるし子供もいる。金銭的にもゆとりあるしそれなりの地位もある。
元々、こんな彼女に不倫をしなけりゃならない理由なんてこれっぽっちもないんですよ。
思えば、そんな先生をこの道に入り込ませ、どっぷりつけ込む作業になんか妙にはまってしまった1年間でした。

つきあい始めたものの・・・
最初の数ヶ月は本当に先生が不安定で、ことあるごとに「立ち直ろう」としてました。
会った時も「セックスが終わって」冷静になってから「もうこれっきりに・・・。」なーんて言うのが決まり文句でしたし、土日を過ごすたびに(だんなや子供との家族の時間を…
【痴漢・レイプ】脅迫写真【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/01/06 20:51
2017/01/06 20:51
 ”これ貴方ですよね!” ”家族にバレたら大変な事になりますね” ”内緒にしてあげても良いんですよ?条件をのんでくれれば”差出人:不明添付:写真2枚経った一度の過ち、あの時全て終わったと思っていました。今から3年前、私は1人息子の友達の父と不倫関係にありました。PTA行事!で知り合い、”打ち合わせしませんか?”と誘われホイホイ付いて行ったのが始まりでした。5人程で、居酒屋に入り酒を飲みながらアイディアを出しあっていたんです。何時しか、話は仕事・家族と普段のストレスを晴らすかの様に語り出していました。酒は進み、私もヘロヘロになった頃、1人の男性に”送って行きますよ”と声を掛けられたんです。1人…
【人妻体験談】べったりの認知症の父と嫁
2017/01/08 12:02
2017/01/08 12:02
私の父は62歳で認知症になった。 母(55歳)は病気で亡くなり、父は1人になりました。 それでも、仕事をしている時は元気でバリバリ働いていたんですが、60歳で定年を迎えると1人淋しさの影響なのか?1日ボ~っとする事が多くなった様です。 その頃からでしょうか? 父の言葉に”んっ”と言う事が度々起きて(ごはん食べたのに、まだか?と聞いて来る) 孫(12歳)と同レベルの事を始める始末。 病院へ連れて行くと、認知症の初期と言われました。 そんな訳で妻(美沙35歳)に父の面倒をお願いする事にしたんです。 認知症と言われ、数週間が過ぎた頃には父と妻の仲は良くなり、いつも2人で行動するようになっていました…
酔うと露出狂になる淫乱彼女と、温泉旅行でアヘ顔になって野外SEX
2016/02/09 00:29
2016/02/09 00:29
九州の温泉地に旅行に行きました

その温泉地は、少し寂れた場所にあったが
ただ、オレと彼女のマヤはその、のんびりした感じが好きだ。


ホテルに着くといつもの様に居酒屋を探す。

ここは既に2度目なのである程度はわかってる。

今回は前回行った居酒屋が良かったのでもう一度そこへ。


某筋肉芸人に似た店主と雑談をしながら、地元ではない、誰も自分達を知らない環境に開放的になり、自然とお酒が進む。


お互いに結構酔っ払ってお店を出る。

マヤは酔っ払うと、可愛いエロエロ淫乱女になるので、すっかりオレの腕にしがみついて、時折、キスをせがんでくる。


いつものチュッって感じじゃない。

一…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【妹との告白体験談】さくら2

・酔った女を【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・高校2年生での強烈な思い出・・・

・職場で後輩の人妻OLとスカートめくりごっこした結果www

・【妹との告白体験談】気を許した友人に

・【露出】大学の同級生と旅行した時に起きたエロいハプニング

・彼女の友達と協力して【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・I先輩「まぁまぁまぁまぁ、大丈夫だよ」

・主人と主人の友達・・・1

・妻を酔わせて同僚とエッチさせたのですが・・・

・中2の頃、同級生の姉ちゃんとセッ●スしまくってた話【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・六条麦茶の匂いで思い出すバイト

・ホームレスにオナニーを見せる変態熟女

・職場の先輩に誘われてエッチしたのですが。。。

・夫が包茎過ぎて義父にしてもらっている私

・女は職場でいかに立ち回るか【体験談】

・憧れの真里ちゃん 2

・黒人スタッフと彼女

・ゲイではないが同性の恋人がいて69でチンコをしゃぶりあっている

・友達の家にエロDVDを取りに行ったら家出した妹がいたw

・従姉妹のお姉さん(続編)  ~近親相姦体験~

・10歳上の従姉妹とセクロスしたエッチ体験【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・黒人に犯された女

・【人妻体験談】引いてしまうくらいのヤリマン若奥様を自分専用に調教

・❤男の子に女を教えてあげました

・先生と保護者の飲み会後、送ってくれた先生を…2【エロ体験談】

・叔母との思い出  =近親相姦体験告白=

・やってしまった

・彼女の妹と友達

・パート先の社長にハメ撮りされました