寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

特急電車

2017/11/29 11:19


好きな女の子が大阪に住んでいる遠距離恋愛中の彼氏に久しぶりに会うために、
特急に乗って行こうとしてたんだが、その特急の車内でヤクザっぽい男に、
いきなり隣に座られて凄まれたんだって。

彼女怖くて通報したかったんだけど、万が一そのDQN親父に逆上されて、
刃物なんかで傷つけられたら彼氏に申し訳ないと思って必死に耐えてた。
数ヶ月ぶりに会う彼氏に見せたくて着ていた春らしいふんわりしたスカートの中に、
ごつごつした日に焼けた手を無造作に突っ込まれて、
下着の脇から、何の思いやりもない手つきで性器をまさぐられ続けた。
でも彼女は黙って耐 えてた。

乗客や車掌が気づいて、男に静止を促してくれるのを待っていた。
しかし、そんなわずかな望みは、男の怒号のような威嚇の前に消え去ってしまった。
彼女は泣きながら数十分も乱暴な指による暴行を受けた上に、男の一言でさらに地獄を見た。
「ワシもう我慢できへん、トイレでもっとええことしてやるから立てや」
そう言われ、彼女は血の気が引くのを感じた。
恐怖でひざがガクガク震え、乱暴に開かれた膣の痛みをこらえながら。

無理やり抱えられながらトイレに連れて行かれる間にも、周囲の目は冷たかった。
スカートは捲り上げられ、下着は膝まで下ろされた状態のままお尻を抱えられていた。
誰が見ても異常なその状況に、男の荒い息遣いと、彼女のすすり泣く声だけが不自然に響いていた。

トイレの前で順番待ちしていた婦人を威嚇して追い払った男は、
彼女の白いお尻を乱暴に揉みながら、トイレに彼女を押し込んだ。
そして狭いトイレの中に体を滑り込ませ、彼女を和式の便座に無理やり座らせた。
小さく嗚咽を漏らしながら顔をそむけていた彼女の前で、すばやくベルトをはずした男は、
薄汚れた作業着のズボンを下ろすと黒々とした陰茎を取り出した。
20センチ近いその黒光りした竿は、まるで彼女を威嚇するように反り返っていた。
男は彼女の少し栗色がかった髪をなでたかと思うと、しっかりと両手で頭をつかんだ。
そして自分のいきりたった陰茎に彼女のやわらかい唇をあてがい、強引にねじ込んだ。
一気に硬い竿を突っ込まれ、彼女はうっとえづいた。
陰茎を口からはずし、咳き込んだ彼女の白い頬に、にやにやしながら陰茎を持って叩きつける。
ぱちんぱちんと、白い頬をたたく肉の音がトイレの中で無常に響いていた。

「しっかりしゃぶらんかい、ぶっ殺されたいんか」
男のドスのきいた声で、彼女は再び生命の危機を感じた。
いま殺されたら、顔に傷つけられたら一生彼氏に申し訳が立たない。
これから会いに行く彼氏に、どんなことがあっても元気を見せたい。
その一心で、彼女はその状況を乗り切ることを考えた。
涙をこらえながら、目の前に差し出された陰茎を咥えた。
この悪夢が終われば、彼氏の元に行けると信じながら。

彼女が覚悟を決めてしゃぶり始めたのをいいことに、男は彼女のフェラチオを楽しみながら、
彼女のブラウスのボタンを右手ではずした。
ほっそりした体に、柔らかく突出した胸を隠すようなブラジャーを見た男はさらに興奮した。
無理やりブラジャーをたくし上げると、彼女の胸を無造作に揉みはじめた。
左手で彼女の頭を抱えて前後に動かしながら、右手で乳房を鷲づかみにし、
乳首をつまんだり乳房全体の重みを確かめたりしながら揉みまくった。

男の陰茎は彼女の口のなかでさらに膨張し、硬さを増しているようだった。
無理やり押し込んでくるために、喉の奥を時折強く刺激し、吐きそうになる。
しかしその度に髪の毛を強くつかまれるため、彼女はその苦しさを何とか我慢していた。
「ワシもう我慢できへん。おい、立って後ろ向けや」
男のその言葉の意味を、彼女はすぐに理解した。
これから男がしようとしている行為は、さらに彼女を絶望させるものだということを。

「もう、やめてください・・・」
彼女は振り絞った声で、男を見上げながら言った。
すると男は陰茎を握り、彼女の頬に強くたたきつけた。
「おいこら、ワシの言うこときけんのか。ワシに逆らおういうんか!」
ぱちんぱちんと、何度も何度も竿で両頬を叩かれた。
屈辱的なその状況の中で彼女は、もう一度言った。
「もう許してください・・・今から彼氏に会いに行くんです」
彼女を見下ろしていた男の、、さっきまでの無表情がおぞましい笑顔に変わった。

男は彼女の両脇に手を差し込み、彼女の体を無理やり起こした。
そして自分に背を向けるように半回転させ、背中を強く押し倒した。
彼女は便器に手をつき、お尻を突き出す格好になった。
膝まで下ろされていた下着を、男は乱暴に足で剥ぎ取った。
「そうかそうか、ほな彼氏にぶち込まれる前にワシので綺麗にほじったるわ」
そう言うと、男は自分の唾液を陰茎にたらし、亀頭の周りに塗りたくった。

そして、彼女の白いお尻を鷲づかみにすると、その柔らかさを確かめるように揉みながら、
ゆっくりと薄い茂みの中に割って入っていった。
彼女は背を向けながら、硬く膨張した男の竿が性器に押し入ってくるのを、
絶望的な思いで感じていた。
本当に犯されてしまった。
もう後戻りできないところまで来ている。
男の性器は彼女の中に半分ほど挿入された。
じらすようにゆっくりと、お尻をさすったり叩いたりしながら、じわじわと犯されてゆく。

長さもさることながら、太く硬いその竿のほとんどが彼女の膣におさまった。
今までに感じたことのない、内部からの圧迫感を感じていた彼女は、すすり泣いていた。
「気持ちよすぎて泣いとるんか?そやろな、彼氏のちんぽよりワシのがずっといいはずや」
男はそんなことをぶつぶつ言いながら、醜い動きで彼女の中で前後運動し始めた。
まるで内臓を突き上げてくるかのような激しい動きに、彼女は思わず声をもらす。
動きに合わせて、感じているかのような声が出てしまうことで、彼女は自己嫌悪に陥っていた。

しかしその声は、さらに男の欲情をそそり、ピストン運動の強さを増すことになった。
時々電車の横揺れでバランスを崩す以外には、一向に止まる気配もない男の腰。
彼女はこの悪夢の時間が早く過ぎ去ることだけを願いながら、突き上げてくる痛みに耐えた。
15分くらい同じ格好で突き上げてきた男は、彼女の肩をつかみ上半身を起こしながら、
後ろから胸をつかみこう言った。
「もうこれで許したる。最後や」

彼女は最後の力を振り絞るように、男に懇願した。
「お願いします、絶対に中に出さないでください・・・」
振り向いた彼女は、男と目が合った。
男は不自然なくらい微笑みながら、彼女を見ている。
ピストン運動は続けながら、胸を揉みしだきながら、にやにや笑っている。
「何言うんねん、ワシの精子は全部マンコにぶっ放すために作られてるんじゃ!」
男はさらに腰の動きを早めていく。

再び絶望的な思いに突き落とされた彼女は、もう何も言うことができなくなっていた。
「さあ、ぶっ放したる!ああっ、出る!出る!」
男は絶叫しながら再び彼女の背中を押してお尻だけをつかむと、
絶頂に達した。
どくんどくんと脈打つ、大きな竿の先から、精液が放出され、
彼女の奥で勢いよく果てた。
彼女が今までに感じたことのないような、おそろしい射精だった。

その後、男は彼女を再び座らせ、お掃除フェラを強制させた上で携帯で写真を撮った。
脱がしたパンティを自分のポケットに戦利品のように入れ、
このことを誰かに言ったら本気で殺すと言い残しトイレを出た。
彼女は膣からあふれ出る精液をトイレットペーパーでふき取ると、
車掌に経緯を説明し、男の容姿を伝えた。
男は次の停車駅で逮捕され、彼女は保護された。

大阪駅で待っていた彼氏は笑顔で迎えてくれた。
その笑顔を見た瞬間、彼女は泣き崩れた。
鉄道警察から事情説明を受けた彼氏は、青ざめた。
その後の状況は語るに及ばないが、
彼女の心の傷、体に刻まれた感触は、一生消えることはないのである。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【中出し体験】付き合いの長い同期の事務員に種付セックスした話
2017/07/03 02:02
2017/07/03 02:02
誰かに聞いてもらいたくて投稿。

ある程度本当の事を言った方がスッキリするので言うつもりだが、

どこでバレるか分からないからその辺はお察しください。

高卒18で同期入社したナオミ。

お互い今年で40歳。

俺は技術系、ナオミは事務で、

最初は気にもしてなかった。

25歳の時に俺が結婚。

27歳の時に俺の後輩とナオミが社内結婚。

29歳で出産して産休。

30歳で復帰して打ち上げと歓迎会を兼ねて飲み会。

俺には子供がいたので、

子育てのコツとか愚痴とか聞いてあげてた。

ナオミとこんなに話したのは入社して初めてで、

これを期にメールが始まった。

❤公衆トイレを間違って入った後悔
2017/07/27 14:51
2017/07/27 14:51
 都内パート勤めの主婦で大きな子供が二人います。去年、友達と居酒屋で飲んで別れた時のことです。酔いが廻ってきて気持ち悪くなり帰り道の近所の公衆トイレに駆け込みました。

 ところが間違えて男性用のトイレに入ってしまい。体調不良のため意識も薄く、カギを掛け忘れていました。そこへ若い男性が入ってきてしまい。暫く私を見つめて。そして中へ入ってきてカギを掛けられました。

 私は恐怖よりも悪酔いで気持ち悪さを堪えるのが精一杯。20代中頃くらいの大柄な青年でした。無言で便器に座っている私に襲いかかってきました。抵抗する力も気力も失っていた私。

 パンティを下ろしたまま便器に座っている私は、そのまま…
仕事で精神的に辛かったとき出会ったのはニューハーフとのセックスだった
2015/12/13 19:00
2015/12/13 19:00


六年ぐらい前かな、今でいうブラック企業みたいな会社勤めしてて、


欝の初期症状みたいな感じで体や気分が全体的に重かった。




このままじゃ潰れるって思って、


普段一人じゃ酒飲まないし、アルコール自体も強くなのに、


一人で居酒屋に行ってみた。




当時の自分は、全然飲み屋の事とか知らなくて、


キャバクラとスナックの違いも判らないしニューハーフとか、


おかまバーとか料金体系も誰が居るかもまったく判らなかった。




悪い意味で堅物で真面目な性格で、


融通が利かずに苦しんでたなぁーと当…
【レイプ】口の臭いキモい男に山の中で犯された
2018/12/03 02:00
2018/12/03 02:00
私は19歳(短大1年)の時に出会い系サイトを利用していました。別に本気で出会いを求めていたわけではないのですが、高校時代の同級生だった彼氏が遠くの大学に進学して遠距離恋愛になってしまった為、寂しさしのぎ・・・みたいな感じでした。 噂には聞いていましたが、物凄い数のメールが来ました。何人かの人とメールのやり取りをして会ったりもしましたが、普通に食事に行ったり、ドライブに行ったりしただけで、特に危ないこともありませんでした。そのせいで、私の危機感も緩んでしまったんでしょうね・・・。 その日も、ある1人の男性と待ち合わせをしていました。その人は自分の写メを載せていたんですが、…
既婚者の俺が女友達に誘われて抜かずの連発セックスしちゃった話
2018/05/02 14:02
2018/05/02 14:02
俺は36歳の会社役員。今年1月に7歳離れた妻と結婚して、

現在妻の身体には新たな生命が宿っている。至って普通の夫婦だ。

しかし3月11日に起こった東日本大震災の影響で心がナーバスになっていた妻が

10日間くらい実家に帰りたいと言うので、5日前に里帰りした。

俺としてはこれからお腹の子供も早く成長するだろうし、

なかなかすぐに行ける所ではないし(妻の実家は九州の温泉街)、

何よりも義父母や親戚が凄く心配していたので帰郷する事を許可したのだ。

本当の事を言うと俺も付いて行きたかったのだが、

仕事の関係もあって断念した。

そろそろ本題に入る。

3日前の午前中に1通のメールが入…
美しき叔母
2016/10/12 00:05
2016/10/12 00:05
昔話を聞いて下さい。 当時、私は北陸のある県の普通高校に通学する真面目な一高校生だった。 あるとき、勉強に疲れたので一休みしようと自分の部屋を出て、台所に入った。お菓子でもつまもうと思ったのである。 台所のテーブルの上に週刊誌があったので、お菓子と一緒にその雑誌を手に自分の部屋に戻った。 週刊誌のページをくくると、そこには「私が落ちた快感地獄」というタイトルでいくつかの投稿記事が載っていた。「よくこんな記事書くよな!」と馬鹿にしながら読み始めたのだが、そのなかの一つの記事に釘付けになった。若い甥に犯され、若さに蹂躙され、ついにはそのセックスの虜になってしまった人妻の物語が書かれていたのだ。いま…
変態な僕よりぶっ飛んでるドMの妻
2017/09/03 01:38
2017/09/03 01:38
僕は40歳、普通のサラリーマン。
妻は25歳、身長160cm、バストは85のDカップ、体重45㎏。
結婚前はモーターショーなどでキャンギャルをしていた程の美人。
友人にはめっぽう評判がいい。
妻の顔とキュッと引き締まったお尻が大好きなんです。
そして、なんと言っても嬉しいのが超ドMってこと。

先日、そんな妻と僕と、友人4人との飲み会をしました。

妻「ねぇ、今日はあたし何着てったらいい?」
その日の夕方、妻が聞いてきた。
そもそも今回の飲み会は、妻にエロい格好をさせて、友人連中を楽しませてやろうっていうのが目的。
それは妻も承知の上(妻もかなりの変態だな)なので、グリー…
【レイプ・痴漢】意外なところで 【エッチな体験談・レイプ、強姦】【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2016/12/31 11:49
2016/12/31 11:49
先週末、仕事の失敗から上司に怒鳴られて落ち込んでいたので、悪友を誘い呑みに出かけました。上司の愚痴を肴にテンションも上がり久しぶりに酔っ払ってしまった夜でした。3人千鳥足で裏道を歩いてると、ラブホテルから1人の男性が出てきた、女でも買ったのかなとすれ違いざまに顔を見るとどこかで見た事がある男性でしたが、思い出せず足早に暗闇に消えていきました。誰だったかな?と考えながら歩き出すと、今度は女性が1人で出てきて横道に俯きかげんに歩いていきました。彼女が出てきたとき車のライトに照らされた女性の顔には見覚えがあった。あっ、今度は瞬間的に思い出した。1ヶ月ほど前の日曜日、○○ヶ丘駅で上司にばったり会った…
俺が出会い系であったブスに中出しした話
2017/12/21 22:00
2017/12/21 22:00
アジャとの遭遇編【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/11/09 19:32
2017/11/09 19:32
2008/07/21 18:50┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:ジョン氏前回の撮影会後約1ヶ月ほどBを放置していた。理由はバイトが忙しく休みがほとんど無かったから。前回と同様Bに電話で呼び出しをした。俺「もっしもーし俺だけど覚えてる?」B「覚えてるよ。何?また呼び出し?」俺「そうそう。今週の土曜日朝10時くらいなんだけど、また道の駅で待ち合わせね。」B「えっ?土曜日は先輩と買い物行く予定なんだけど・・・」俺「んなもんキャンセルしろよ」B「だって先輩の予定キャンセルしたらボコられるんだもん」俺「俺の誘い断ったほうが怖いと思わない?」B「うん・・・そうかもしれないけど・・・」俺「じゃあ待って…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】馬鹿な人妻を騙してセックスする塾講師

・塾生の相談に乗り流れでラブホへIN

・ショッキングな愛妻の動画DVD

・おいしいかった社員旅行のハプニング

・【オナニー】ジャクジー風呂で男子高校生に露出しながら

・【人妻体験談】妻が浮気をしているようで、友人に監視してもらったら金持ちの男に寝取られていた

・人妻美人課長のスーツの中

・内妻の友達を旦那の前で

・【不倫】バスケサークルで知り合った若い男の子に告白されて

・【熟女体験談】本屋で不倫物を立ち読みしている熟女を痴漢したら簡単に中出しさせてくれた

・【人妻体験談】会社に出入している浮気したことのない人妻生保レディーが家にきたので、初めての浮気を経験させてやった

・交際初日に初SEX。そして・・・。

・あんなイイ思いは何だったのか不思議

・スロベニアから来たシビルとのセックス

・亭主が寝ている横で、バックからつきまくった・・・

・手マンから結局最後までいっちゃった

・【人妻体験談】痴漢にアナルまで弄られて感じる妻に興奮する夫

・【熟女体験談】還暦を迎えた母の黒の下着に興奮し、夜這いしてしまった

・【不倫】巨尻が魅力のエロOL[中編]

・スイミングスクールに妹を迎えに行ったら

・お祭りに参加していやらし事されぱなしでした

・【不倫】巨尻が魅力のエロOL[前編]

・【人妻体験談】ちんぽが大好きで手コキマニアな変態女上司

・【熟女体験談】同じ介護職場の熟女の薄く透けてたブラに興奮し、フェラしてもらった

・職場で集団レイプを見せられた。

・【Hな体験】有名なエロレイヤーの処女をいただいた話

・【浮気】修学旅行の夜、先生に隠れて潜った布団の中で

・妻しか知らない私~初体験は非処女妻~

・【近親相姦】義父から性的暴行を受けていた実の娘と

・認知症の母と・・・