寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

Fカップの巨乳人妻と淫語エチエチ

2017/11/18 11:41


私は46才管理職ではあるけれど、部下を持たない「特命次長」で、ある意味フリーな立場で、若い連中の悩みや不満を聞いてガス抜きするようなこともやっている。
 カミサンとははっきり言ってもう2年もしてないセックスレス。性欲旺盛なので、以前は彼女とかセフレみたいな女性もいたけど、最近はいないので、月イチでラブホで人妻デリヘルを呼んで発散してる。

1年前に私の部署に転勤してきた30才の由美は、165くらいの長身のグラマラス系。ボン、キュッ、ボンではないけど、私服の上からでもFカップ以上ありそうなのは判る。


 でも「人妻の色気ムンムン」ではなく、「健康的」なキャラで未婚と言われても十分信じられる。新婚1年半だが、ダンナの金遣いが荒いとか、しょっちゅう喧嘩して実家に帰ってるとか聞いてた。

 ある日、ちょっと落ち込んでる様子だったので「飲みにでも行くか?」と誘ってみた(この時点ではホントにお酒を飲みながら愚痴を聞くだけの目的だった)。
 翌々日、オフィスから離れた渋谷でビールをグイグイ飲み干す由美は、色気のない白いブラウスに紺のタイトスカートで、学校の先生か極く普通の「OLさん」にしか見えない。
 先輩の女子社員の愚痴や、ダンナのキャバクラ通いの話なんかを随分聞かされた。

「でも、そんなこと言ってもダンナさんとはうまくいってるんでしょ?」
「だからぁ、喧嘩ばっかりだって言ってるじゃないですかぁ」
「でも、そろそろ、お子さんだって欲しいんじゃないの?」
「欲しいですよ、私は……。でもダンナはぜ~んぜんその気ないんですぅ」
「え~? そんなことないでしょぉ。こんなキレイな奥さんなのにぃ?」
「またまたぁ。次長。そんなこと言ったって何にもでませんよー」
「俺だったら、放っておかないなぁ、勿体ない……あ、ゴメンねセクハラっぽいね……」
「いえいえ、ぜんぜんそんなことないですよ~。私なんかほったらかしですよ、ホントに」
「ホント?」
「そーですよ。もう半年近くもエッチしてませんもん……」
「ははは、ウチもそう、ウチもぜーんぜんないよ……」
「…………」

 由美の目がウルウル潤んできちゃった。
「ゴメン、こんなオジサンと一緒にしちゃって……そ、そうだね、店変えようか……」
「はい……」

 店を出て、どこの店に行くか考えながら由美の右側を歩いて、角を2,3回曲がると、意図せずラブホテルの並ぶ通りに入ってきてしまった。
 そのとき、向こうから大きな外車が結構なスピードで走ってきたので、由美をかばうように「危ないよ」って言いながら道路の左手の空きスペースに向かって避けようとしたら、そこはラブホの入口だった。

 2人も無言のままだったけど、何も考えてなかった私はそのまま由美の背中を押して入口の自動ドアの方に進んでいったが、由美も拒絶する素振りもなく足を進めた。
 一瞬だけ「あ、彼女としたらW不倫だ」という思いが頭をよぎった。

 ドアを入ってパネルのボタンを押して、そのままエレベーターに乗り込むまで2人とも無言だった。エレベーターが最上階に上がってドアが開くと、目の前の部屋の上のランプが点滅していた。




 ドアを開けて由美から先に入った。入ったら私も覚悟が決まったので、後ろから抱きしめた。
 驚いた由美が振り向いたので、何も言わせず飢えた高校生みたいに唇にむしゃぶりついた。次第に体の向きを変えて私の方を向いた由美の腕が私の背中に回り、ガッチリと抱きしめ合った。

「いいね……」
「はい……」
「じゃ。おもいっきり楽しもう……」

 返事の代わりに、由美が私の唇にむしゃぶりついて来たので、私は左手で背中を抱きながら右手でスーツの上から豊かそうな胸を揉み始めた。
 やはり大きい。そして柔らかい。
 ブラウスとブラを通しても判るくらい固くなってきた乳首は相当な大きさと固さがあるのがよくわかる。

 親指と人差し指でその乳首を優しくつまみはじめるとキスをしてる唇から「あぁっ」と声が漏れはじめた。
 左手で彼女の手首から先をつかみ、私の股間に導く。
 さすが人妻。スーツの上から私の亀頭を探し出し、指先でなぞりはじめた。

「あぁ、エッチだね。由美さんの指……」
「……次長の指も……あぁ、だめ……」
「だめって何が……?」
「気持ちよくなってきちゃった……」
「いいよ、ガマンしなくって……」
「だってぇ……」
「お互い本気にならなきゃいいんだよ。したいことしてストレス発散するだけだよ……」

 ……由美は無言でうなづくと、股間をサオごと握りしめてきた。
 着たまま後ろからブチ込むのが大好きな俺は、由美をクルリと回転させて壁のほうを向かせた。
 背中から抱きしめながら、左手は左の乳首を人差し指と中指ではさんで乳房全体を握り、右手で膝丈のタイトなスカートをずり上げて、手のひら全体で股間を覆うようにもっていった。
 そこはもう凄い熱を帯びていた。そして何かを期待していたかのようなツルツルしたシルクのパンティーの感触の中央部が濡れているのが判った。

 俺もガマンができなくなり、焦らすのもそこそこに、そのパンティーを横にずらしただけで人差し指と中指を内部に差し入れると、もうそこはニュルニュルグチャグチャになっていた。
「すごいね……」
「……いや……」
 向い側の壁に両手をつきながら、由美はじれったそうに腰をくねらせた。

 完全に理性が吹き飛んだ俺は左手で自分のベルトを外し、スラックスとトランクスを床に落として、もう完全になったそれを、ずらしたパンティの脇からそのグチャグチャの中に一気に押し込んだ。
「あ、あああああぁぁ……」
 由美は廊下まで聞こえるような声を上げた。

 中身はキュウキュウ締めこむほど狭くはないけどガバガバではなく、とっても柔らかい。
 俺は後ろから由美の両方の乳首を指で挟み込みながら、乳房をゆっくり握り締めて揉みはじめた。
 1分もしないうちに由美の尻は前後左右に小さく動きはじめた。

「自分の気持ちいいように動いていいよ」
 耳元で囁くと、返事がない代わりに動きが大きくなった。

 ときどき、上の奥のほうで当たるところがでてきた、そこに当たると声を漏らす。
「あ、あ、あ、だめです……」
「何が……」
「い、い、いっちゃいそ……」
「いいよ、いけいけいけ……」
「あ、あ、あ、あ、あ、いきますぅぅぅ……」

 中がギュッというほどではないがふんわり柔らかく絞まってきたかと思ったら、由美の腰がガクガクブルブル震えだして、前の壁にすがりつくように倒れていった。
 真っ白なブラウスの背中に汗がにじんでいた。
 まだ放出してない俺のモノを抜きながら由美を支え、すぐそこのベッドの上に横たえた。

 次は正常位? よつんばい? あ、風呂が先? 風呂でする? コンドーム? 何個あるのかな?
 あ、でもまた着たまま対面座位でも責めたいな? 今夜どうする? 終電間に合う? いろんなことが1分間くらいの間に頭の中を駆け巡った。

 ベッドの上で横向きにぐったりしてる由美の隣に向かい合うように寄る。  疲れて眠るように目を閉じている顔に近づき、KISSをすると応える。

「すごいね」
「なにが?」
「感じると」
「うん……だってすごかったんだもん……」
「なにが?」
「こんな……着たままするなんて……初めて……」
「だってぐちょぐちょにしてたから……」

 照れ隠しのように唇にむしゃぶりついてくる……。
「さ、乗ってみて……」仰向けになって誘う。
「え?……もうできるの?」
「さわってごらん……」由美の手を取って握らせる。
「ほんとぉ~。。すっごーい。ウチの旦那なんか1回出したら終わりだもん」
「はやくおいで……」

 返事の代わりに俺の腰を跨いで乗ってくる。
「ね、脱いでもいい?」
「だめ。そのままがいいよ」
 頷いて自分の股間に右手を持っていき、俺の物を探り当てると、先端を照準にあわせて腰をゆっくり沈めてきた。

「あ、あっ、はいっちゃうぅ」
「そりゃそうだ、入るよ……チンポがおまんこに……」
「やっだー、エッチ……。あぁ、奥まではいっちゃう……」

 どうやら一番奥まで達したようだ、先が何かに当たる。
 由美は動かずに下唇を噛みしめてる。

「ほらほら、好きに動いていいんだよ……」
 俺が下から軽く突き上げるような動きをすると突然大声を上げる。
「あ、あぁだめぇ……すぐいっちゃいそうなんですぅ……」
 泣きそうな顔で訴える。
「よぉし、じゃあ、こうしよう……」

 俺は上半身を起こして大好きな対面座位の体制を取る。その間も由美は声をあげる。
「あぁ、すごいぃ、あたってるぅう……」
 スカートを腰まで手繰り上げて繋がってるところが見えるようにして、由美の耳元にささやく。
「ほら、見てごらん……」

 視線が向いたときを狙って腰を振って動いてみる
「ほら、由美ちゃんのオマンコに入ってるよ……」
「あ、あぁ、こんなにおっきいのが……」
「ほら、うごいてごらん……」
 ゆっくり由美の腰が上下する。

 俺もイキそうになったので気を紛らわすようにむさぼりあうようなエロいKISSで、唇の周りが唾液まみれになる。わざとジュルジュル音を立てて吸い合う。
 今度はブラウスの上から揉みつづけてた乳首にブラウスごと含む。軽く歯を当てるとブラウスとブラ越しでも乳首がカチカチ……。

「あぁ、らめなの、それ……それだけで……」
 しばらく続けると由美の腰の動きは止まり、中が少し締まってきた。
「ね、俺のも……」
 実は俺も乳首を刺激されるとさらにビンビンになる。由美は細い指でアンダ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
後輩の童貞2人に性的指導をした3P体験談
2015/09/16 16:10
2015/09/16 16:10

X7歳の後輩にエッチの仕方を教えて欲しいって頼まれてOKして3Pしちゃいました。

早速性の指導をしました。
二人の男の子におっぱいを犯されて、おまんこがジ~ンとしてしまいました。
二人とも赤ちゃんみたいにおっぱいに夢中で吸い付いて可愛かった。

A君のおちんちんをフェラチオしている間、B君の顔に乗っておまんこを舐めてもらった。

すぐにA君が射精してしまったので、B君と69をしました。
B君もすぐに射精してしまい、おまんこが切なくなったので生でやっちゃいました。

A君と始めにやりました。
A君に
「好きな体位でやって良いよ」
と言うと
「後ろから……良い?」
と言われ挿入されました。…
【女子高生の痴漢エッチ体験】電車でバイブ挿入されちゃった
2016/01/17 11:07
2016/01/17 11:07
高校生のとき、電車で痴漢されたときのはなし。学校から帰る途中の電車で痴漢にあいました。 いつも放課後はお友達とおしゃべりして遅くまで残っているんだけどその日はなぜか「疲れたなぁ…」と思い帰宅する事にしました。 電車に乗ると帰宅ラッシュで満員。嫌だな〜と思いながらなんとかドアのところで入れてもらいました。 その日は両手に荷物を持っていて電車に乗ると人の間に荷物が挟まり全く動けない状態に。 あまりにギュウギュウで最初は気づかなかったんだけど数分後、誰かがお尻を触ってる!びっくりしてよけようと思ったけど荷物のせいで全然身動きが取れない。 それを良い事に痴漢はパンチュの上からお尻を触り始め…
漁業が盛んな街に単身赴任で来て
2017/09/03 11:31
2017/09/03 11:31
(1)地雷を踏みそうに、可愛い方の奴。 借り上げマンションのエントランスのベンチで、 JCが数学の問題何とか何とかと 女の子同士で議論しているから、 エレベーターがなかなか下りて来なくて、 「どれどれ、小父さんが・・」と輪に入って教えたら、 もの凄く尊敬の目つきで見られた。 外のその子のお父さんが遠洋に乗っているらしい。 母親が美人で巨乳、 「お魚好きですか?今度帰ったら届けますね」って。 (2)その子がうちの風呂場のミストサウナを気に入って、 友達と一緒に入りに来るようになった。 母親に確かめたら自分ちは古い五右衛門風呂で、 喜んでいたよ、と逆に勉強も見て下さいねと頼まれてしまった。 …
【痴漢】今まで誰にも言えなかった事
2015/12/24 03:13
2015/12/24 03:13
683名前:メタリカ音頭◆7xbmk.wU6I[sage]投稿日:2007/11/17(土)09:46:05 そうにょろか。 じゃぁまとめ終わったら投下しますんで、しばしお待ちを。 716名前:メタリカ音頭◆7xbmk.wU6I[sage]投稿日:2007/11/17(土)11:37:39 もう少し待ってくださいww 733名前:メタリカ音頭◆7xbmk.wU6I[sage]投稿日:2007/11/17(土)12:43:17 そんじゃ投下するぜwwwww 登場人物 メタリカ(俺) 26歳  技術屋  メタル大好き  結婚4年 メタ嫁    33歳  茄子 152cm…
【父】姉と親父がヤってた 【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/06/26 05:35
2017/06/26 05:35
2013/09/05 (Thu) 1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金)21:39:24.63ID:JyBn+YrG0 姉「ん?なに?」 俺「いやあ、言いにくいことなんだけど・・・」 姉「・・・なに?」 俺「いや、その・・・」 姉「早く言えよ気持ち悪い」 俺「・・・父さんとセックスしてたよね、昨日」 4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金)21:43:55.64ID:JyBn+YrG0 姉「え?なに言ってんの?意味わかんないw」 俺「いや、見ちゃったんだよね、昨日帰ってきた時」 俺「7…
プールで人妻と 1
2017/03/07 09:01
2017/03/07 09:01
かなり昔の話になるが、俺がまだ大学生の頃の話だ。当時、小6の女の子の家庭教師のアルバイトをしていた。かなり大きな豪邸だった。母親は30代後半らしいが、見た目は20代後半に見える。なぜか、いつもタイトな服を身につけている。体つきも、出る所は出て、腰のくびれも素晴らしい。金持ちの奥様だから、体にはお金をかけているのだろう。ジムにも通っているらしい。ある日、「T君、あなた、泳ぎは得意?」と母親に聞かれた。俺は、「日本海育ちなので、海、プールでよく泳いでいたし、高校の時も水泳部だった」と答えた。「じゃあ、教えてくれる?」と言われたので、家庭教師で教える日とは別の日に教えてあげることにした。まずは、水着…
セフレが中々別れてくれないので3Pを思いついた
2017/04/13 07:16
2017/04/13 07:16
428 :えっちな18禁さん :2014/07/31(木) 18:15:24.48 ブスがなかなか別れてくれない 155cm、普通体系、Cカップ、タヌキ顔系ブス 体は良いが、顔がダメ 彼女バレしないうちに、はじめから3月ぐらいでリリース予定 食事2回のデート後、ドライブに連れ出しそのままホテルイン。 2か月は週1でホテルSEX 3月目は別れるために青姦 雑に扱いだすと自然に別れ話になって、女から別れを切り出して来るけど、 今度のブスはしぶとい。 夜家の近くに呼び出して、カーSEX&すぐ帰らせるをやっても文句言わない。 どうしたら別れられる? 432 :えっちな18禁さん…
結婚前からの知り合いの人妻とカーセックス【体験談】
2016/01/27 10:10
2016/01/27 10:10

彼女の名は友美恵、私とは彼女が結婚する前からの知り合い、ラブホテルとかへも幾度かいった仲で、私と寝ていた。

偶然近くに住み、連絡も取り合い、ラブホテルへ誘っても二つ返事でOKをして、不倫の関係になり約3年位になる。

待ち合わせの場所は家から当然離れた場所、その日は私の車の後部座席を倒しカーセックスをできる様に準備をしていた。

『待った?』
『私も10分位前なの・・・・』
彼女が後ろを見た。

『なあに、もしかして・・・車の中?・・・ウフフ・・・
ねえ奥さんともしてるんでしょう?』

彼女はその日もワンピースで、脱ぎやすい服装にしている。幾つかワンピースを持っている様で、私とデートの時…
めちゃ巨乳でグラマー令嬢とした最高なH体験談語ります
2016/05/09 12:15
2016/05/09 12:15
私の20年ほど前の経験。




相手は日本で指折りの食品会社の副社長の娘でした。




かなり短期で終わってしまったんだが、いつも「です」「ます」で喋る、まさに育ちの良いお金持ちのお嬢さんだった。




彼女とは、俺の友人の夕食会で知り合った。




俺は彼女とは面識がなかったが、俺の友達が彼女を良く知っており、それで話をする事が出来た。




何でも、彼女の親父さんが退職してリゾート地に引っ越すとかで、彼女はまだ両親と一緒に暮らしていたので、一緒に行くのか1人で残るのかの選択を迫られていた。




彼女は身長約165cm、サイズは上から、85、60、90ぐらいで物凄くグ…
【レイプ】管理人のおじさんの性奴隷にさせられました
2019/02/19 22:00
2019/02/19 22:00
私は近々結婚します。結婚する前に誰かに聞いて欲しくて。 私が40代まで独身でいたのは、子供の頃から思春期にかけて散々男性に酷い仕打ちをされたからです。初めて男性に性的悪戯をされたのは、小年生の夏休みでした。相手は顔見知りの高校生。 廃墟のような誰も使用しない公衆トイレに連れて行かれ、強引に個室に入れられました。高校生は、「声を出したら、直子ちゃんを殺すよ」と言いながら私のワンピースを脱がせました。夏ですから、2枚脱がされるだけでパンツ一つの姿にされてしまいます。全裸にされるのは、あっと言う間でした。どのくらいの時間を触られていたのかわかりません。トイレの異常な暑さと初めて…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】後輩の妻がいい女すぎてノックアウトされてしまい、寝取りレイプをする鬼畜

・義父に恥ずかしい行為を見られて

・▲初めてできた恋人は、黒髪巨乳で後ろまで調教済みだった2(転載禁止)

・主婦としての貞操を最低限、守り抜こうと・・・

・【レイプ】公園のトイレで1万円札を握らされて

・中学2年の時に祖母にセックスを教えてもらった

・【盗撮・覗き】夜の公園で大学生の彼氏にフェラしてた純情JK

・「私の計画実行2」の続編が見たいです。

・【人妻体験談】セックスに興味なかったウブな人妻がレイプされ、セックスの虜になった

・息子夫婦の新婚旅行で、息子の巨根に牝堕ちした私

・【Hな体験】美大を目指す生徒のためにヌードモデルを引き受けた

・制服姿の女の子のきつい女穴に挿入

・浮気とは違うと思っています・・・

・【人妻体験談】PTA行事で知り合った息子の友だちの父に公園でSEXを強要された

・妹の手コキ(オナホール使用)から始まった兄妹相姦 (妹の生ホール体験)

・ご近所の付き合いは大切です勿論エロも

・興味本位で出会い系に登録した体験談

・【露出】露出マゾの母娘って変ですか?

・#子育てを終えた妻の衝撃的な願い(転載禁止)

・パイパンが主人にバレてしまいました

・マセガキの俺が女子高生にやったイタズラ

・【SM・調教】変態女とホモマッチョに囲まれて・・・。

・【SM・調教】捕らわれて縛られるヒロインに感じてSMの世界へ

・身体の芯に火がつき始めていた妻は・・・

・学校のPC室のエロ

・【不倫】逞しい彼の体に夢中です

・タイでの事

・【熟女体験談】熟年夫婦の初めてのスワッピング体験

・【人妻体験談】新妻幼なじみにアナルプラグをつけさせたらドヘンタイに進化した

・妻が愛していた俺の親友