寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

Fカップの巨乳人妻と淫語エチエチ

2017/11/18 11:41


私は46才管理職ではあるけれど、部下を持たない「特命次長」で、ある意味フリーな立場で、若い連中の悩みや不満を聞いてガス抜きするようなこともやっている。
 カミサンとははっきり言ってもう2年もしてないセックスレス。性欲旺盛なので、以前は彼女とかセフレみたいな女性もいたけど、最近はいないので、月イチでラブホで人妻デリヘルを呼んで発散してる。

1年前に私の部署に転勤してきた30才の由美は、165くらいの長身のグラマラス系。ボン、キュッ、ボンではないけど、私服の上からでもFカップ以上ありそうなのは判る。


 でも「人妻の色気ムンムン」ではなく、「健康的」なキャラで未婚と言われても十分信じられる。新婚1年半だが、ダンナの金遣いが荒いとか、しょっちゅう喧嘩して実家に帰ってるとか聞いてた。

 ある日、ちょっと落ち込んでる様子だったので「飲みにでも行くか?」と誘ってみた(この時点ではホントにお酒を飲みながら愚痴を聞くだけの目的だった)。
 翌々日、オフィスから離れた渋谷でビールをグイグイ飲み干す由美は、色気のない白いブラウスに紺のタイトスカートで、学校の先生か極く普通の「OLさん」にしか見えない。
 先輩の女子社員の愚痴や、ダンナのキャバクラ通いの話なんかを随分聞かされた。

「でも、そんなこと言ってもダンナさんとはうまくいってるんでしょ?」
「だからぁ、喧嘩ばっかりだって言ってるじゃないですかぁ」
「でも、そろそろ、お子さんだって欲しいんじゃないの?」
「欲しいですよ、私は……。でもダンナはぜ~んぜんその気ないんですぅ」
「え~? そんなことないでしょぉ。こんなキレイな奥さんなのにぃ?」
「またまたぁ。次長。そんなこと言ったって何にもでませんよー」
「俺だったら、放っておかないなぁ、勿体ない……あ、ゴメンねセクハラっぽいね……」
「いえいえ、ぜんぜんそんなことないですよ~。私なんかほったらかしですよ、ホントに」
「ホント?」
「そーですよ。もう半年近くもエッチしてませんもん……」
「ははは、ウチもそう、ウチもぜーんぜんないよ……」
「…………」

 由美の目がウルウル潤んできちゃった。
「ゴメン、こんなオジサンと一緒にしちゃって……そ、そうだね、店変えようか……」
「はい……」

 店を出て、どこの店に行くか考えながら由美の右側を歩いて、角を2,3回曲がると、意図せずラブホテルの並ぶ通りに入ってきてしまった。
 そのとき、向こうから大きな外車が結構なスピードで走ってきたので、由美をかばうように「危ないよ」って言いながら道路の左手の空きスペースに向かって避けようとしたら、そこはラブホの入口だった。

 2人も無言のままだったけど、何も考えてなかった私はそのまま由美の背中を押して入口の自動ドアの方に進んでいったが、由美も拒絶する素振りもなく足を進めた。
 一瞬だけ「あ、彼女としたらW不倫だ」という思いが頭をよぎった。

 ドアを入ってパネルのボタンを押して、そのままエレベーターに乗り込むまで2人とも無言だった。エレベーターが最上階に上がってドアが開くと、目の前の部屋の上のランプが点滅していた。




 ドアを開けて由美から先に入った。入ったら私も覚悟が決まったので、後ろから抱きしめた。
 驚いた由美が振り向いたので、何も言わせず飢えた高校生みたいに唇にむしゃぶりついた。次第に体の向きを変えて私の方を向いた由美の腕が私の背中に回り、ガッチリと抱きしめ合った。

「いいね……」
「はい……」
「じゃ。おもいっきり楽しもう……」

 返事の代わりに、由美が私の唇にむしゃぶりついて来たので、私は左手で背中を抱きながら右手でスーツの上から豊かそうな胸を揉み始めた。
 やはり大きい。そして柔らかい。
 ブラウスとブラを通しても判るくらい固くなってきた乳首は相当な大きさと固さがあるのがよくわかる。

 親指と人差し指でその乳首を優しくつまみはじめるとキスをしてる唇から「あぁっ」と声が漏れはじめた。
 左手で彼女の手首から先をつかみ、私の股間に導く。
 さすが人妻。スーツの上から私の亀頭を探し出し、指先でなぞりはじめた。

「あぁ、エッチだね。由美さんの指……」
「……次長の指も……あぁ、だめ……」
「だめって何が……?」
「気持ちよくなってきちゃった……」
「いいよ、ガマンしなくって……」
「だってぇ……」
「お互い本気にならなきゃいいんだよ。したいことしてストレス発散するだけだよ……」

 ……由美は無言でうなづくと、股間をサオごと握りしめてきた。
 着たまま後ろからブチ込むのが大好きな俺は、由美をクルリと回転させて壁のほうを向かせた。
 背中から抱きしめながら、左手は左の乳首を人差し指と中指ではさんで乳房全体を握り、右手で膝丈のタイトなスカートをずり上げて、手のひら全体で股間を覆うようにもっていった。
 そこはもう凄い熱を帯びていた。そして何かを期待していたかのようなツルツルしたシルクのパンティーの感触の中央部が濡れているのが判った。

 俺もガマンができなくなり、焦らすのもそこそこに、そのパンティーを横にずらしただけで人差し指と中指を内部に差し入れると、もうそこはニュルニュルグチャグチャになっていた。
「すごいね……」
「……いや……」
 向い側の壁に両手をつきながら、由美はじれったそうに腰をくねらせた。

 完全に理性が吹き飛んだ俺は左手で自分のベルトを外し、スラックスとトランクスを床に落として、もう完全になったそれを、ずらしたパンティの脇からそのグチャグチャの中に一気に押し込んだ。
「あ、あああああぁぁ……」
 由美は廊下まで聞こえるような声を上げた。

 中身はキュウキュウ締めこむほど狭くはないけどガバガバではなく、とっても柔らかい。
 俺は後ろから由美の両方の乳首を指で挟み込みながら、乳房をゆっくり握り締めて揉みはじめた。
 1分もしないうちに由美の尻は前後左右に小さく動きはじめた。

「自分の気持ちいいように動いていいよ」
 耳元で囁くと、返事がない代わりに動きが大きくなった。

 ときどき、上の奥のほうで当たるところがでてきた、そこに当たると声を漏らす。
「あ、あ、あ、だめです……」
「何が……」
「い、い、いっちゃいそ……」
「いいよ、いけいけいけ……」
「あ、あ、あ、あ、あ、いきますぅぅぅ……」

 中がギュッというほどではないがふんわり柔らかく絞まってきたかと思ったら、由美の腰がガクガクブルブル震えだして、前の壁にすがりつくように倒れていった。
 真っ白なブラウスの背中に汗がにじんでいた。
 まだ放出してない俺のモノを抜きながら由美を支え、すぐそこのベッドの上に横たえた。

 次は正常位? よつんばい? あ、風呂が先? 風呂でする? コンドーム? 何個あるのかな?
 あ、でもまた着たまま対面座位でも責めたいな? 今夜どうする? 終電間に合う? いろんなことが1分間くらいの間に頭の中を駆け巡った。

 ベッドの上で横向きにぐったりしてる由美の隣に向かい合うように寄る。  疲れて眠るように目を閉じている顔に近づき、KISSをすると応える。

「すごいね」
「なにが?」
「感じると」
「うん……だってすごかったんだもん……」
「なにが?」
「こんな……着たままするなんて……初めて……」
「だってぐちょぐちょにしてたから……」

 照れ隠しのように唇にむしゃぶりついてくる……。
「さ、乗ってみて……」仰向けになって誘う。
「え?……もうできるの?」
「さわってごらん……」由美の手を取って握らせる。
「ほんとぉ~。。すっごーい。ウチの旦那なんか1回出したら終わりだもん」
「はやくおいで……」

 返事の代わりに俺の腰を跨いで乗ってくる。
「ね、脱いでもいい?」
「だめ。そのままがいいよ」
 頷いて自分の股間に右手を持っていき、俺の物を探り当てると、先端を照準にあわせて腰をゆっくり沈めてきた。

「あ、あっ、はいっちゃうぅ」
「そりゃそうだ、入るよ……チンポがおまんこに……」
「やっだー、エッチ……。あぁ、奥まではいっちゃう……」

 どうやら一番奥まで達したようだ、先が何かに当たる。
 由美は動かずに下唇を噛みしめてる。

「ほらほら、好きに動いていいんだよ……」
 俺が下から軽く突き上げるような動きをすると突然大声を上げる。
「あ、あぁだめぇ……すぐいっちゃいそうなんですぅ……」
 泣きそうな顔で訴える。
「よぉし、じゃあ、こうしよう……」

 俺は上半身を起こして大好きな対面座位の体制を取る。その間も由美は声をあげる。
「あぁ、すごいぃ、あたってるぅう……」
 スカートを腰まで手繰り上げて繋がってるところが見えるようにして、由美の耳元にささやく。
「ほら、見てごらん……」

 視線が向いたときを狙って腰を振って動いてみる
「ほら、由美ちゃんのオマンコに入ってるよ……」
「あ、あぁ、こんなにおっきいのが……」
「ほら、うごいてごらん……」
 ゆっくり由美の腰が上下する。

 俺もイキそうになったので気を紛らわすようにむさぼりあうようなエロいKISSで、唇の周りが唾液まみれになる。わざとジュルジュル音を立てて吸い合う。
 今度はブラウスの上から揉みつづけてた乳首にブラウスごと含む。軽く歯を当てるとブラウスとブラ越しでも乳首がカチカチ……。

「あぁ、らめなの、それ……それだけで……」
 しばらく続けると由美の腰の動きは止まり、中が少し締まってきた。
「ね、俺のも……」
 実は俺も乳首を刺激されるとさらにビンビンになる。由美は細い指でアンダ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【近親相姦】脚フェチ【体験談】
2016/10/17 06:12
2016/10/17 06:12
飲み仲間の友達から飲みに誘われてエッチな話になってところでフェチなの・・・しつこくきかれて脚だと答えた。いつも視線感じるから分かってたらしいどこが良いのと聞いてきたから匂いと答えたら物凄く笑われたしばらくして勇気を出して匂いを嗅がせて欲しいと頼んだら朝から履いているから臭いからダメと言われたけどしつこく頼んだら少しだけならいいいよと言ってくれたすかさずクンクンしたら蒸れ蒸れで1分位かいでいた凄く云いにおいだと言ったら少し興奮したと言われ指なめたいって言ったらへ良いのへーなめたいのと聞かれてお願いしますと頼んだら良いよと答えてくれたパンスト脱いでくれてなめたら気持ち良いと答えてまだなめたかったけ…
嫁がスポーツジムに通うようになり、マッチョのオナホになってしまいました
2017/06/01 17:00
2017/06/01 17:00
私達夫婦(私36歳・妻34歳)は、結婚15年を迎えます。
子供も中学生になり、最近ようやく自由な時間が取れる様になりました。

そんなある日、妻が「太っちゃったかな?この辺に肉が付いてる?」と、鏡の前で腹肉を摘まんでいました。
「あっ本当だ!前はウェストのクビレも良かったのに・・・」
「子供の事が忙しかったから、気にする暇なかったのよ!」

「確かにそうだな!休みは殆ど子供の送迎と応援で終わったからなぁ」
「ちょっと、ダイエットでもしてみようかな?」

「だったら、近くの体育館に安く使えるトレーニングマシーンがあったと思うよ」
「そうなんだ!ちょっと行ってみようかな?」

家から5…
女の子のイキ方って本当に十人十色で面白い
2017/04/10 02:00
2017/04/10 02:00
私は高校2年生の時からレズです。
初めて女の子のオマンコを味わって、もう10年になります。
これまでのレズの相手は、とうに二桁になりましたが、その経験の中で女性のエクスタシーの個人差についての興味が深まりました。
皆同じと言えばそうとも言えますが、同じようでも本当に十人十色で一人一人違います。
ごく大人しいのから猛烈に激しいのまで、声や身体の動きや、そして愛液まで千差万別です。

今日は私の経験の中から、大人しいのと、標準的な子、激しい子をリポートしてみようと思います。 まず大人しい子。
おしとやか派、抑制型とでも言えばよいのかな。

和美は私より三つ年下ですが、見かけ通り…
【人妻体験談】色目を使ってくる若い友人のお母さんと・・・
2017/06/12 18:02
2017/06/12 18:02
自分は学生時代からゲーム好きのゲームオタクでして、大学に入学をしてから、ゲーム研究会と言うサークルに入りました。 そのサークルの中の一人と、私は友人となったのです。 友人も当然ゲーオタで、私に色々とゲームに付いて教えてくれました。 そしてその友人は、家にもっとゲームがたくさんあるからと、私を自宅へと呼んでくれたのです。 私が友人の家を訪ねると、一人のきれいな女性が出迎えてくれました。 最初私は、友人のお姉さんかと思ってしまったのです。 しかし後で友人に聞いてみると、お母さんだと言う事が分かりました。 随分若いお母さんだねと友人に訪ねると、お父さんが再婚をして、今のお母さんは後妻だと言うのです…
母の巨尻が狂わせる。
2018/02/24 13:48
2018/02/24 13:48
私が中学の時、ラジオの深夜放送を聴いていると、「あん、あーん、うん、いいっ、あん、」となかなか強烈な喘ぎ声がする。 両親がセックスしていたのだ。 最初は嫌で堪らなく、ヘッドホンに切り替え、ヴォリュームをあげて聞こえないようにしたが、聞きなれると少しムラムラして、試しに喘ぎ声に合わせてオナニーをすると、胸の鼓動が、異様に早まり、今までで最高のオナニーができてから、一線を越えてしまった。 母は若い人は知らないと思うが、石〇えりのような感じで、今まで意識してなかったけれど、その一件があってから凄い魅力的に感じてしまい、風呂に入ったときに母の使用済みの、パンティを風呂に持ち込んで、チンポを挟んでし…
エロブログを毎日更新してたエロ妻とのH体験談
2017/03/22 03:12
2017/03/22 03:12
1年前、何気なくエロブログを見ていると、

欲求不満なのかドスケベっぷりを

カミングアウトしているブログを発見した。

結婚して3年目に突入し、

まだ子供はいない30才の人妻。

むっちりしたやらしい体つきの巨乳で、

その体を惜しみなくネット上に漏らしてた。
過去のブログを読んでみたら、

ほぼ毎回がオナニー報告で笑えた。

旦那を誘ってみたけど断られたので

今日もバイブでオナニーしましたとか。

バイブやローターは充実しているようで、

時限でオナニー動画も

ブログに漏らしているようだった。

俺好みの体だったしエロかったので、

それから毎晩のようにチェック…
複数プレイ?
2016/09/23 15:04
2016/09/23 15:04
以前付き合ってた方の願望で、このサイトで複数の人に犯されました。ふたりでホテルに入って、シャワー浴びたら目隠し、M字開脚にされ全身縛られました。しばらくすると何人か入ってきて、色々話しているのが聞こえます。後から6人くらい来ていたと聞きました。全身触られてすぐに濡れてしまいました。でもデンマをあそこに押し付けられて今までにないくらい叫んでしまいました。いってはいないけれど、刺激が強すぎて…。でもすごく感じて気持ちよかったです。それから代わる代わる入れられましたが、皆さん早かった。入れる前に出してしまった人もいたみたいです。女からしたら、痛くなるからありがたいけれど。このときは…
【痴漢・レイプ】OLさん2人が、部屋に遊びに来て【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/06/20 12:35
2017/06/20 12:35
仕事を終えて、夜12時過ぎに、部屋でくつろいでいると、突然インターホンが鳴り、外に出ると、取引先のOLさん2人がほろ酔い気味に立っていた。「遊びに来ていいっていってたよね?」とKさんが有無を言わせず部屋に上がり込んできた。OLさん2人のスペックを簡単に書くと、Kさん(25歳・マナカナ似のぽっちゃり系。彼氏あり)Jさん(26歳・山田優似のスレンダー。スゲー美人なのに、2年前の大失恋の後、彼氏無し)。ちなみに俺(S)は、23歳。某社の飛脚をやっていて、無駄にイケメン? の素人童貞でした。OLさん達は、俺のコースのお客さんで、普段からよく2人には、からかわたり、いじられていて、うちのDJブースを見…
【姉との告白体験談】ねぇちゃん!出ちゃうよ!3
2015/11/08 09:37
2015/11/08 09:37
前編:ねぇちゃん!出ちゃうよ!2 ねぇちゃんと酒を飲みに行ってから一ヵ月後が過ぎた。相変わらずねぇちゃんは仕事で忙しく親族の法事にも顔を出さない。見かねたお袋が電話するがまったく出ないらしい… そこで俺に役がまわってきた。「おねぇちゃんに電話しなさい」とお袋のご命令。 「もしもし?ねぇちゃん?」 「あっ?モシモシ?サトシ?」 「そうだよ!なんでお袋の電話でねぇんだよ!」 「えっ?だって今空港だもん、仕方ないじゃん!」 どうやら支店長が社員5人引き連れて海外視察。 秘書?のねぇちゃんも同行って話らしい。 「おぃ!ばあちゃんの13回忌だぞ!」 「えぇ!う?んと、明日実家帰るって伝えと…
【妹】連れ子の妹と(1)【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2016/12/14 11:27
2016/12/14 11:27
俺は一人っ子。俺が小学校3年の時に両親は離婚した。というか、母が消えた。 今だから分かるが、まぁ、母はどっか別の男と逃げたんだろう。 それからは親父と俺との生活。 初めのころは親父も仕事休んだり早退したりで早く帰ってきてくれてたんだけど、 いつまでもそんなのが出来るわけもなく帰りが遅くなることも度々あった。 まぁ母が男とどっか行ってたからか鍵っ子状態が結構長かったからそんなに苦にはならなかったんだけど、 料理だけが覚えるまで時間かかった。 で、俺が小学校6年ぐらいのとき、学校が休みの日に親父が、 「今日は外でご飯食べよう」ってことで外食したわけよ。 そこにいたのが俺の後々のおか…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】ハミケツTバックの人妻を公衆トイレに拉致って中出しレイプ

・【熟女体験談】レントゲン撮影の時にビキニパンツに興奮して逆痴漢してきた熟女ナース

・自分でも知らなかったスケベな私の体

・【SM・調教】終わらない絶頂地獄

・色黒で爆乳、男勝りの勝気な幼馴染 小学生編(補足と修正)

・人妻の男あさりが止められません

・飲み会でお持ち帰りしたら僚の彼女って打ち明けられ仰天した話1

・【Hな体験】防音の放送室に呼び出されて[後編]

・大塚愛似のかなり可愛い女友達

・超美人のOLを鬼のように口説いて中出しさせてもらった

・36歳の巨乳処女OL(再々修正版)

・【Hな体験】防音の放送室に呼び出されて[前編]

・泥酔女の話しを一つ

・【男×男】玉無しニューハーフに開かれた禁断の世界

・嫁を寝取っていたのは俺だった?終り

・完熟?女子中学生と…

・嫁を寝取っていたのは俺だった?終

・フィギャアスケート部員で男は俺一人

・【人妻体験談】インポになった夫のせいで、痴漢レイプされた相手に再度レイプを望む欲求不満な妻

・凌辱犯罪被害者の貧乳恥辱ロリ女と結婚した経緯

・ウブな女の子から大人の女に

・【Hな体験】やることなすことすべてがエロい人、みーつけた!

・嫁を寝取っていたのは俺だった?完

・ロリコンな幼馴染との奇妙な関係

・オヤジの愛人とデキて孕ませた子供は・・・

・【人妻体験談】変態で下品なプレイを妄想し、実現させたくなるムッツリスケベな専業主婦

・【熟女体験談】超爆乳のホルスタイン熟女のナンパに成功し、パイズリやおっぱいビンタなど色んな超爆乳プレイを楽しんだ

・【不倫】とろけるようなキスが私の貞操観念を狂わせた

・親友の息子と愛し合う日々

・□妻からの昇進のお祝いは、元カレとのセックスでした3(転載禁止)