寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

Fカップの巨乳人妻と淫語エチエチ

2017/11/18 11:41


私は46才管理職ではあるけれど、部下を持たない「特命次長」で、ある意味フリーな立場で、若い連中の悩みや不満を聞いてガス抜きするようなこともやっている。
 カミサンとははっきり言ってもう2年もしてないセックスレス。性欲旺盛なので、以前は彼女とかセフレみたいな女性もいたけど、最近はいないので、月イチでラブホで人妻デリヘルを呼んで発散してる。

1年前に私の部署に転勤してきた30才の由美は、165くらいの長身のグラマラス系。ボン、キュッ、ボンではないけど、私服の上からでもFカップ以上ありそうなのは判る。


 でも「人妻の色気ムンムン」ではなく、「健康的」なキャラで未婚と言われても十分信じられる。新婚1年半だが、ダンナの金遣いが荒いとか、しょっちゅう喧嘩して実家に帰ってるとか聞いてた。

 ある日、ちょっと落ち込んでる様子だったので「飲みにでも行くか?」と誘ってみた(この時点ではホントにお酒を飲みながら愚痴を聞くだけの目的だった)。
 翌々日、オフィスから離れた渋谷でビールをグイグイ飲み干す由美は、色気のない白いブラウスに紺のタイトスカートで、学校の先生か極く普通の「OLさん」にしか見えない。
 先輩の女子社員の愚痴や、ダンナのキャバクラ通いの話なんかを随分聞かされた。

「でも、そんなこと言ってもダンナさんとはうまくいってるんでしょ?」
「だからぁ、喧嘩ばっかりだって言ってるじゃないですかぁ」
「でも、そろそろ、お子さんだって欲しいんじゃないの?」
「欲しいですよ、私は……。でもダンナはぜ~んぜんその気ないんですぅ」
「え~? そんなことないでしょぉ。こんなキレイな奥さんなのにぃ?」
「またまたぁ。次長。そんなこと言ったって何にもでませんよー」
「俺だったら、放っておかないなぁ、勿体ない……あ、ゴメンねセクハラっぽいね……」
「いえいえ、ぜんぜんそんなことないですよ~。私なんかほったらかしですよ、ホントに」
「ホント?」
「そーですよ。もう半年近くもエッチしてませんもん……」
「ははは、ウチもそう、ウチもぜーんぜんないよ……」
「…………」

 由美の目がウルウル潤んできちゃった。
「ゴメン、こんなオジサンと一緒にしちゃって……そ、そうだね、店変えようか……」
「はい……」

 店を出て、どこの店に行くか考えながら由美の右側を歩いて、角を2,3回曲がると、意図せずラブホテルの並ぶ通りに入ってきてしまった。
 そのとき、向こうから大きな外車が結構なスピードで走ってきたので、由美をかばうように「危ないよ」って言いながら道路の左手の空きスペースに向かって避けようとしたら、そこはラブホの入口だった。

 2人も無言のままだったけど、何も考えてなかった私はそのまま由美の背中を押して入口の自動ドアの方に進んでいったが、由美も拒絶する素振りもなく足を進めた。
 一瞬だけ「あ、彼女としたらW不倫だ」という思いが頭をよぎった。

 ドアを入ってパネルのボタンを押して、そのままエレベーターに乗り込むまで2人とも無言だった。エレベーターが最上階に上がってドアが開くと、目の前の部屋の上のランプが点滅していた。




 ドアを開けて由美から先に入った。入ったら私も覚悟が決まったので、後ろから抱きしめた。
 驚いた由美が振り向いたので、何も言わせず飢えた高校生みたいに唇にむしゃぶりついた。次第に体の向きを変えて私の方を向いた由美の腕が私の背中に回り、ガッチリと抱きしめ合った。

「いいね……」
「はい……」
「じゃ。おもいっきり楽しもう……」

 返事の代わりに、由美が私の唇にむしゃぶりついて来たので、私は左手で背中を抱きながら右手でスーツの上から豊かそうな胸を揉み始めた。
 やはり大きい。そして柔らかい。
 ブラウスとブラを通しても判るくらい固くなってきた乳首は相当な大きさと固さがあるのがよくわかる。

 親指と人差し指でその乳首を優しくつまみはじめるとキスをしてる唇から「あぁっ」と声が漏れはじめた。
 左手で彼女の手首から先をつかみ、私の股間に導く。
 さすが人妻。スーツの上から私の亀頭を探し出し、指先でなぞりはじめた。

「あぁ、エッチだね。由美さんの指……」
「……次長の指も……あぁ、だめ……」
「だめって何が……?」
「気持ちよくなってきちゃった……」
「いいよ、ガマンしなくって……」
「だってぇ……」
「お互い本気にならなきゃいいんだよ。したいことしてストレス発散するだけだよ……」

 ……由美は無言でうなづくと、股間をサオごと握りしめてきた。
 着たまま後ろからブチ込むのが大好きな俺は、由美をクルリと回転させて壁のほうを向かせた。
 背中から抱きしめながら、左手は左の乳首を人差し指と中指ではさんで乳房全体を握り、右手で膝丈のタイトなスカートをずり上げて、手のひら全体で股間を覆うようにもっていった。
 そこはもう凄い熱を帯びていた。そして何かを期待していたかのようなツルツルしたシルクのパンティーの感触の中央部が濡れているのが判った。

 俺もガマンができなくなり、焦らすのもそこそこに、そのパンティーを横にずらしただけで人差し指と中指を内部に差し入れると、もうそこはニュルニュルグチャグチャになっていた。
「すごいね……」
「……いや……」
 向い側の壁に両手をつきながら、由美はじれったそうに腰をくねらせた。

 完全に理性が吹き飛んだ俺は左手で自分のベルトを外し、スラックスとトランクスを床に落として、もう完全になったそれを、ずらしたパンティの脇からそのグチャグチャの中に一気に押し込んだ。
「あ、あああああぁぁ……」
 由美は廊下まで聞こえるような声を上げた。

 中身はキュウキュウ締めこむほど狭くはないけどガバガバではなく、とっても柔らかい。
 俺は後ろから由美の両方の乳首を指で挟み込みながら、乳房をゆっくり握り締めて揉みはじめた。
 1分もしないうちに由美の尻は前後左右に小さく動きはじめた。

「自分の気持ちいいように動いていいよ」
 耳元で囁くと、返事がない代わりに動きが大きくなった。

 ときどき、上の奥のほうで当たるところがでてきた、そこに当たると声を漏らす。
「あ、あ、あ、だめです……」
「何が……」
「い、い、いっちゃいそ……」
「いいよ、いけいけいけ……」
「あ、あ、あ、あ、あ、いきますぅぅぅ……」

 中がギュッというほどではないがふんわり柔らかく絞まってきたかと思ったら、由美の腰がガクガクブルブル震えだして、前の壁にすがりつくように倒れていった。
 真っ白なブラウスの背中に汗がにじんでいた。
 まだ放出してない俺のモノを抜きながら由美を支え、すぐそこのベッドの上に横たえた。

 次は正常位? よつんばい? あ、風呂が先? 風呂でする? コンドーム? 何個あるのかな?
 あ、でもまた着たまま対面座位でも責めたいな? 今夜どうする? 終電間に合う? いろんなことが1分間くらいの間に頭の中を駆け巡った。

 ベッドの上で横向きにぐったりしてる由美の隣に向かい合うように寄る。  疲れて眠るように目を閉じている顔に近づき、KISSをすると応える。

「すごいね」
「なにが?」
「感じると」
「うん……だってすごかったんだもん……」
「なにが?」
「こんな……着たままするなんて……初めて……」
「だってぐちょぐちょにしてたから……」

 照れ隠しのように唇にむしゃぶりついてくる……。
「さ、乗ってみて……」仰向けになって誘う。
「え?……もうできるの?」
「さわってごらん……」由美の手を取って握らせる。
「ほんとぉ~。。すっごーい。ウチの旦那なんか1回出したら終わりだもん」
「はやくおいで……」

 返事の代わりに俺の腰を跨いで乗ってくる。
「ね、脱いでもいい?」
「だめ。そのままがいいよ」
 頷いて自分の股間に右手を持っていき、俺の物を探り当てると、先端を照準にあわせて腰をゆっくり沈めてきた。

「あ、あっ、はいっちゃうぅ」
「そりゃそうだ、入るよ……チンポがおまんこに……」
「やっだー、エッチ……。あぁ、奥まではいっちゃう……」

 どうやら一番奥まで達したようだ、先が何かに当たる。
 由美は動かずに下唇を噛みしめてる。

「ほらほら、好きに動いていいんだよ……」
 俺が下から軽く突き上げるような動きをすると突然大声を上げる。
「あ、あぁだめぇ……すぐいっちゃいそうなんですぅ……」
 泣きそうな顔で訴える。
「よぉし、じゃあ、こうしよう……」

 俺は上半身を起こして大好きな対面座位の体制を取る。その間も由美は声をあげる。
「あぁ、すごいぃ、あたってるぅう……」
 スカートを腰まで手繰り上げて繋がってるところが見えるようにして、由美の耳元にささやく。
「ほら、見てごらん……」

 視線が向いたときを狙って腰を振って動いてみる
「ほら、由美ちゃんのオマンコに入ってるよ……」
「あ、あぁ、こんなにおっきいのが……」
「ほら、うごいてごらん……」
 ゆっくり由美の腰が上下する。

 俺もイキそうになったので気を紛らわすようにむさぼりあうようなエロいKISSで、唇の周りが唾液まみれになる。わざとジュルジュル音を立てて吸い合う。
 今度はブラウスの上から揉みつづけてた乳首にブラウスごと含む。軽く歯を当てるとブラウスとブラ越しでも乳首がカチカチ……。

「あぁ、らめなの、それ……それだけで……」
 しばらく続けると由美の腰の動きは止まり、中が少し締まってきた。
「ね、俺のも……」
 実は俺も乳首を刺激されるとさらにビンビンになる。由美は細い指でアンダ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【レイプ・痴漢】【レイプ体験談】ごめんね、香織【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/03/28 22:25
2017/03/28 22:25
244ごめんね、香織・・・削除依頼投稿者:香織の母 2005/09/12 13:52:17(f0OrRAl7)投稿削除私は42歳の主婦です。私には高校2年生の娘香織がいます。香織の彼氏と8月の末に男女の関係になってしまいました。ごめんね、香織、でもお母さんもU君の事好きだったの。U君は香織より3つ年上の大学生です。中学三年の時近所の人から紹介されて香織の家庭教師をしてもらいました。おかげで難関と呼ばれた志望校に入ることができてその後二人は付き合いはじめました。U君が家庭教師だったこともあり家に遊びに来ても自然な感じで二年が過ぎようとしてました。8月の末、香織が友達と出掛けてる時のことでした。…
泥酔して目の前でコケたOLを送り狼
2017/01/17 21:16
2017/01/17 21:16
終電で地元の駅に帰ってきて歩き始めたら、目の前を歩いてたおねーちゃんがコケた。

「大丈夫ですか?」と声を掛けたら、たまに朝の通勤電車で会うOLさんだった。

結構酒臭く、真っ赤な顔。
コケたのは酒のせい+ヒールが折れたからだった。

起き上がるのに手を貸したあたりで、あっちも俺の事を思い出してくれた。
少し歩いてみたが、どうやら足首を捻ったらしく痛がる。
冗談で「おんぶする?」と聞いたら、嬉しそうに「お願いします!」と俺の首に腕を回してきた。
たいへん結構な肉まんが背中に当たる。
両脇から差し出された大根は俺の冷えた両手にほかほかと温かく、腰の後ろにも温かいアワビを感じる。 …
勘違い女が家に押し入ってきて隣人たちが修羅場に・・
2018/06/18 16:10
2018/06/18 16:10
兄とは二つ違いで二人とも都内の大学生。

実家はそこまで金持ちじゃないので、
兄と私は少し広めで二部屋ある賃貸に二人暮らし。


ある日、家に帰ると事件が起きた。

帰宅して家の鍵を開けた途端、通りかかった女にいきなり耳をひねりあげられて、そのまま家の中へ押し込まれた。


強盗?何よ。一体何?ってパニックになってしまう。

殺されるかもしれない恐怖で、
走馬灯のようなものが頭を駆け巡った。

今までの楽しかった事とかどんどん思い浮かぶ。

そして、あぁ私殺されて死ぬんだって恐怖心だけじゃなく不安感とも違う変な感じで、変に冷静になってしまい、
貧乏なうちから盗っていくものなんて何もないのにと思…
性教育者【人妻体験談】
2016/07/04 23:10
2016/07/04 23:10

地方都市の中学教師50のバツ1で10年間勤務した学校から転出し、新任中学に教頭として赴任しました。
10年間の美味しい思い出をお話しします。


子供の成績が生きがいの教育ママは教師のセックスフレンドとして足を大きく開き生中出しを楽しませてくれる。
そして教員間ではW不倫しているカップルもいて、みなさん楽しんでいるようです。

2年生担任となり保護者面談で由紀37に会った。
好みの美人人妻由紀のひとり息子の成績は中の上で進学校に進めたいと話していた。

仕事柄旦那は地元大手に勤務し現在単身赴任していることを知った。
夏休みにス-パ-で買物していると由紀親子とバッタリ出会い少し立ち話をした。…
※いつもより早く帰宅すると、嫁が元カレにリベンジポルノで脅されていた3(転載禁止)
2018/05/02 16:01
2018/05/02 16:01


私は、見なければよかったと後悔していた。自分の妻が、彼氏とセックスをしている姿……。いくら付き合い始める前の事であったとしても、ショックは大きい。
動画の中のひな子は、私の知らないひな子だった。セックスに積極的で、卑猥なランジェリーまで身につけていた。私とのセックスでは、一度も無い行為だ。

私は、ショックを受けながらも、自分の盛り上がった股間を見つめていた。どうしてこんなに興奮してしまったのだろう?私は、次の動画を再生してしまった。見なければよかったと後悔しているのに、どうしても気になってしまい、見ないで終わらせるという選択肢を選ぶことが出来なかった。

2本目の動画は…
近所にいるエロガキ 8.【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/09/19 23:53
2017/09/19 23:53
その10歳にも満たない子供は私達夫婦の寝室に入るやいなや、私をベッドに押し倒し、 キスをしながら、私の服を強引に脱がしていきました。。。 「はぁはぁはぁ 美紀ぃ。。。”ふりん”しようよぉ。。 ”だんな”さんに隠れて僕と”ふりん”しようよぉ!!」 その子は私達夫婦の寝室にいるということで、いつも以上に興奮しているようでした。。。 服を脱がしながらも私のおっぱいを揉み、唇を近づけ、首といわず、頬といわず、舐め始めました。。。 「いゃぁ。。。いや。。」 私は事前に抵抗するなと脅迫されており、その子のなすがままにされるしかありませんでした。 その子は私の服をすべて剥ぎ取り、全裸になった私を見下ろ…
憧れの先輩と残業で2人っきりになった時の出来事
2017/05/19 03:11
2017/05/19 03:11
夢にまで見て夢精した、あこがれの先輩とえっち出来ました。


僕はエリートになりきれない社会人3年生、25歳。


高橋と呼ばれている、普通に彼女みたいなガールフレンドはいる。


22歳、会社の取引先の子。

まゆみ。


あこがれの先輩は、27歳。

僕の実質的な直属の上司。

あゆみさん。


あゆみさんは頭が切れます、その上、経験があるので仕事をバリバリにこなしています。


何より美人です。


よくもまあ、こんな美人が街中にいたなぁ~と思うほど。


初めて見た時は言葉も忘れてしまい、見つめたまま硬直しました。


僕は能力不足で残業、あゆみさんは次の企画の準備で残業、と…
出会い系で知り合った、ぽっちゃり25歳の垂れパイ女に中出しした話
2018/08/06 16:02
2018/08/06 16:02
出会い系で知り合った、ぽっちゃり25歳の女「ルミ」。

バスト95(Fカップ)ちょっと垂れパイ・・・。

風俗で働きたいとの事で、面接した。

色々な質問をするが、

何でも「大丈夫です!」と話すルミ。

本当にッ?と思いつつも、

「実際に実演してみようか?」と話すと、

「はい!」とやる気満々です。

ルミから服を脱いでいく!

恥ずかしそうに胸と股間は隠す。

「じゃあ、シャワー浴びますか?」と、

一緒に風呂場に行くとルミから洗ってくれる。

緊張しながら丁寧に

ペニス・アナル・全身を洗ってくれた。

ワザと、ルミの顔の前にペニスを出…
眠っていた熟女【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/12/02 17:58
2017/12/02 17:58
 俺は一度、覗きを通り越し侵入した事が一度あるぞ。 お気に入りの女子中の家は春先から晩秋まで1週間に3日は覗きに行った。 もちろん浴室がターゲット、たまにトイレも。 窓は閉まってるので、音だけ聞いてはオナおかずしてた。 2ヶ月くらいで誰が何時に風呂にはいるかだいたいわかつてきた。 8時前後は親爺、9時?11時は娘と姉、深夜12時?2時は母親だ。 俺の出動は9時からの2時間。ある日誰も入ってない時に窓を小刻みに上下に 振動させてみた。なんとロックがはずれて開いた。まじ、これで拝める。 高鳴る心臓を押えきれずにいると、風呂の電気がついた。 娘たちはほとんど夏場はシャワー、そっと2センチくらい…
衛ちゃんツー
2016/05/17 21:01
2016/05/17 21:01
「衛ちゃあ〜んっ。」 がばぁ。。 「おっとー!」 ぎゅぎゅ。。 「うふー。。。ねえ、撫でて?」 「喜んで!。。さて、どこをナデナデ、されたいのかな?」 「もう。頭だヨ。エッチ。。」今日は、衛ちゃんのお部屋で、まったりデート。遠距離だから、 会いたいトキ、会えたりしない。だけど、あなたがこうして彼氏でいてくれて、 私って、実は、幸せものっぽい?のかもって、 最近、思いマス。今は、ごく普通のバカップル(?)な私たち。。 出逢ったコロは、こんな風になれるなんて、 夢にも〜…な、感じでした。妙な冗談言ったりしてるけど、 真面目でひたむき系な彼。 容姿もストライク〜! 体つき(みてました…)も。。ストラ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・ 寝取られ動画サイトに影響されて、嫁を単独男性宅へ

・【人妻体験談】出会い系で知り合った子持ちママをイカせたら、中出しの許可が出た

・妻に淫らな体験をさせ興奮する私。

・下着好きな俺が若い子の脱ぎたて下着を撮影した話をする。

・無防備な妻 改 4

・もう私もとっくに我慢の限界を超えていた。この年になっても下半身は元気・・・

・まぁ~義父さんたらHは元気ねぇーー

・【熟女体験談】母が寝た深夜、セクシーランジェリーで待つ兄嫁と母に気づかれないように正常位SEX

・大きいのが好き

・精子、気力、体力を根こそぎ吸い取る人妻

・女だけど出会い系のアプリでヤリ捨てした話

・もうすぐ

・手取り足取り教えてくれる出会い系の人妻

・【人妻体験談】セックスレスな友人の奥さんに誘惑され、ヨガる奥さんに高速ピストンで中出し

・マンションの2階から人妻の手招き誘い

・妻と二人目の不倫相手

・【初体験】キスもしないで別れた元カノに卒業式の後で告白して

・授乳期のギャルママにこっそり中出し

・【初体験】ストリップ小屋でオバチャンと生板ショー

・私のメス猫ちゃん

・【不倫】6年続いたセフレを切った話

・自分の彼女が自分以外の人にされたHな話

・ヤクザのおもちゃにされた母

・【熟女体験談】エッチ話にも寛容な人妻に激しいバキュームでフェラをされ、思いっきり中出し

・※意地っ張りな俺は、嫁が昔のバイト仲間と会うのを許してしまった(転載禁止)

・【人妻体験談】夫に内緒で元メル友相手に心も身体も捧げ、性奴隷となっている

・連れが・・・

・妹の友達の誘惑

・寝ぼけて不倫エロを失言してしまいました

・ローラ父、20年前から日本で犯罪