寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

真夏の夜の浴衣の妻と

2017/10/20 23:31


午後十時三分七月二十五日土曜日 暑い一日だった。
それでも午後十時ともなると、田んぼに囲まれた田舎の家は、涼しい風が窓から部屋に舞い込んでくる。
寝室は、街灯で薄明かりとなっている。
その薄明かりの中に熟した女の色艶い三十八歳の肢体が浮ぶ。
薄く透けて見える夏の浴衣姿で横たわる妻の寝姿に、僕の欲情が芽生えた。
 
「ねぇ、したい…!」
「またぁ…?、今夜はおとなしく寝たら…」
「でも、おさまらないよ…」
「………」
さりげなく妻の躯により添うと、妻は抵抗もなくじっとしている。
今夜も受け入れる用意が出来ているようだ。
僕は、妻の浴衣の裾を拡げ、太腿を擦りながら、パンティの上から膨らみの丘を愛撫し続けた。妻は次第に腰を慎ましやかに捩ってくる。
妻が感じはじめたと知った僕は、パンティの中に手を忍び込ませた。
恥丘の上に手をのせ、揉みながら陰毛を手繰り分けて指を更に下げていくと、そこはもう、濡れていた。妻はもどかしさを感じたのか次第に太腿を絞り込み捩っている。
パンティを刷り下げた。
妻のきめの細やかな弾けるような豊かな躯を横臥に抱きかかえ、
固い肉棒を妻の太腿に挟ませ、妻の陰部を擦り続けた。
妻の陰部が更に潤みはじめた。
肉棒の滑りが良くなり、快感が巡ってくる。「ねぇ、今夜は上にのって?…」
「いやぁ…、恥ずかしい…」
「大丈夫だよ、夫婦だもの…」
「イヤよ…、」
「でも…、」
「まあ、いやね………。じゃぁ、今夜だけよ…、真理子もいないし、いつもはしないよ…」
「うん…、」妻の躯を僕の上に乗るように仕向けた。
妻は拒まずに足を腹の上に乗せ、絡ませて乗ってきた。
いつもの妻は、正常位以外はその求めに応じてこない。しかし今夜は違っていた。
おそらく、真理子が夏休みで妻の実家に泊まりに行っていて、今夜は二人だけの夜だったことから、こどものいない開放感に充ち、夫の誘いを待っていたように思われた。
それは妻が「いつもはしないよ…」と云った言葉でそれを感じたのだった。午後十時二十分妻がまたがってきた。
妻のからだが僕に乗っかかって騎乗位の態勢に入る。
だが妻はまだ僕のモノを入れてはいない。
固い肉棒を自分の肉襞に擦りつけている。
肉棒が擦られている部分は妻のクリトリス辺りだ。
いつもの妻は、羞恥心が強く、潔癖で、性行為にのめり込めない淡泊さ、
性の快感も感じないからだだと思っていた妻が、今夜の変わり様に驚いた。
女はその時の雰囲気…、優しい思いやり…、性欲への緩やかな誘い込み…で変わるものだと感じた。これまで妻は不感症とか、冷感症などではないかと思っていたが、それは普段の僕が妻へのセックスへの誘い込み、愛撫での誘い込みが足りなかったのでは…と反省もした。午後十時二十五分陰茎が跨がった妻の手によって垂直に立てられた。
「今夜はすごく固いね…」妻が囁いた。
掌の暖かみが肉棒に伝わってくる。
妻が腰を浮かし膝を折り曲げ腰を沈めてきた。
太腿に妻の温かい太ももの感触が伝わっくる。
固くそびえ立った陰茎が割れ目に触れた。
そこは凄く濡れている。薄目を開けて妻の表情を伺った。
瞼は閉じていたが整った顔立ちが緩んでいる…。
唇が半開きになって吐息が漏れている…。
先端の笠がヌルリとした感触に覆われた。
割れ目の外側の厚い肉壁が絡みついてきた。妻の指が陰茎から離れ腰がゆっくりと沈んでいく。
妻が腰を振った。
割れ目から外れることがないと思ったようだ。
厚い肉壁が笠を圧迫してくる。
内側の薄い肉壁がぷるぷると震えている。
妻のお尻が僕の太腿にくっついた。午後十時三十五分騎乗位で完全につながった。
妻がゆっくりと抜き差しはじめた。
息遣いが荒くなる。乳房が上下に波打つ。下腹の肉がうねっている。
腰の動きが激しくなった。
快感が全身に巡ってくるのを僕は舌噛んで堪えた。
快楽に任せて妻を勢いよく揺さぶってしまいそうだった。
「あぁ…!、あなた…!」
妻が上づった声を上げてきた。
「すごい…、あぁ、僕、いきそうだ…」
僕は呻いた。
僕は腰を強く突き上げた。
屹立している陰茎の先端が、割れ目の奥の肉の壁にぶつかった。
奥の壁が別々に震えたかと思ったら、今度は束になってうねったりしている。
外側の厚い肉壁は膨張していて、締め付ける力も強まっている。 「あぁ、わたし…、すごく感じる…」
 「おぉ、すごい…。このようにして欲しかったよ…」
 「わたし…、今夜…、体が火照って眠れなかったの…。今日は一日中あなたが帰ってくるのをずっと待っていたのよ…。」
 「どうして…?」
 「それはね、今朝…、起きる前にあなたと交わったからよ…。それが中途半端に終わったからょ…」
 「そうだったのか…それはごめん…」
 「わたし、セックスに目覚めてきたんだゎ…」
 「それはうれしいね…」
 「そう…?」
 「君はセックスがイヤだと思い、してみたいことも我慢していたんだよ…」
 「どんなこと…?」
妻が腰を前後に動かしながら聞いてきた。午後十時四十分薄明かりに妻の乱れる姿態を下から眺望する
陰毛の茂み同士が擦れ合う。
肉襞が捩れ、そこからクチャクチャと云う粘っこい音がでる。
僕は両手を上げ乳房を揉みはじめた。
乳輪を荒々しく撫でると尖った乳首を掴んでみた。
腰を突き上げる。騎乗位で交わっている妻の躯が浮き上がった。
僕は、もう一度、勢いよく腰を突き上げた。
妻の上体が激しく揺れた。妻が苦しげな呻き声を上げた。
妻は「ウ!…」とかすかに声を洩らしたようだった。
僕は下から妻のくびれた彼女の胴を両手で掴み、
連続して下から突き上げ激しく上へ送り込んだ。妻の口から喘ぎ声をださまいとする激しい吐息が喘ぎ声となって洩れてきた。
化粧のとれた顔をくしゃくしゃにして仰け反っている。
悲鳴にも似たなかに
「もうダメ…、すませて!…」と呻いた。
だが僕は妻の胴を掴んだ手を離さないし動きも止めない。
一層激しく下から突き上げ、抽送を送り続けた。
ついに妻は全身を震わせ、僕の上に倒れ込んできた。
しっかりと僕に抱きつき、息絶え絶えの声を発し、やがて動かなくなった。午後十時四十五分僕の胸に倒れ込んでいる妻を抱きしめ、繋いだまま、ゆっくりと腰を突きあげた。
妻は動こうともしない。
ゆっくりと腰を突き上げ抽送を繰り返す。
何回もやっている内に妻は意識を取り戻したようだ。
微かに腰を捩ってきた。
次第に回復してきたのだと思った。
両手を伸ばし妻の肩に手を当て
妻の体を起こしにかかった。
妻は気怠さの中にも体を起こしかけた。
再び騎乗位に戻った。
妻の額に汗が浮かび長い髪がくっついている。
唇が半開きになっている。
妻が手を離し、前屈みになって胸板に両手を付けた。
腰を前後に動かしはじめた。
円錐形の美しい形をした乳房が捩れながら揺れる。
妻の喉の奥でうっと呻くような声がした。
絶頂に向かっている。
騎乗位で交わっている妻の表情が苦しげに歪むのが見えてとれた。 午後十時四十八分妻の腰の動きの激しさが増した。乳房を突き出すようにのけ反った。
 「あっ…!、もうダメ…」
妻が呻くように声を放った。
もう少しだ。
僕は腰を突き上げた。
妻の眉間に縦皺がよっている。
顔は汗で滲んでいる。
割れ目の外側の肉襞が捲れ返った。
内側の薄い肉襞が波打った。
先端の笠が膨張した。
腰を突き上げるたびに割れ目の奥の肉の壁に笠がぶつかる。
そのたびに妻の口元から、ううっ…、といううわづった喘ぎ声が漏れ出てくる。
その時、妻が太腿を硬直させた。全身が緊張した。半開きの薄い唇から
 「あぁっ…!、う、うっ…!」
と細い声を放った。
荒い息遣いだけが寝室に響いた。
何度も妻は痙攣して倒れかかった。
そのつど、新しい快楽に突き起こされて仰け反り、揺れ動いて髪を乱した。
ついに妻は全身を震わせ、再び僕の上に倒れ込んできた。
またしてもしっかりと僕に抱きつき、息絶え絶えの声を発し、やがて動かなくなった。
再びイッタようだ。
硬直していた妻の太腿から力がゆっくりと抜けていった。僕の胸に倒れ込んでいる妻を抱きしめ、繋いだまま、ゆっくりと妻のからだを横に倒し、そして仰向けにさせ、僕はその上にのった。いわゆる正常位になった。
妻は動こうともしない。
ゆっくりと腰を突き抽送を繰り返す。
何回もやっている内に妻はまたも意識を取り戻したようだ。
微かに腰を捩ってきた。
次第に回復してきたのだと思った。抽送を繰り返す僕ももう限界だった。
絶頂の兆しだ。
今夜、帰宅する前の午後八時には人妻の涼子に白い液を放っているのに、
今、再び、兆しが強まってきた。
もう我慢できない。
僕も力を振り絞って、白い液を妻の奥に放った。妻を優しく抱き締め軽いキスをした。
今し方までの熱気に満ちた空気が、穏やかで満ち足りたものに代わっていた。
妻が気怠そうに体を動かした。
割れ目の外側の肉襞が一瞬緩んだ後、僅かに僕の幹を絞り込んだ。
妻のそこが数秒おきに収縮を繰り返しうごめいていた。
妻の躰も、大きな吐息の中に、暫く仰臥の放心状態にあった。午後十時五十五分放心状態だった妻が快楽の彷徨いから覚めた。
 「今夜の敏美、凄かったよ…」
 「イヤぁ…」 恥ずかしそうに妻は微笑みを浮かべていた。
 「僕もうれしかった…」
妻に心から感謝し賞賛の意を伝えた。
僕は、妻との交わりに満足し、薄闇の天井をぼんやりと見つめていた。
不倫相手の涼子と肌を合わせた後の満足感より、今夜、妻と味わった満足感がより精神的にも充実感があった。それは何故なんだろう。戸惑いめいたもので胸がいっぱいだった。薄闇の中に、先ほどの快楽に顔を歪ませていた妻の表情や…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
精神的暴力
2017/11/18 05:19
2017/11/18 05:19
主人から離婚を通告されました。 理由は私の金銭問題。 といっても昔の友達に約30万貸して返ってこなくなったから。 私は主人に謝り仕事を初めてお金は作りました。 主人にも渡しました。 離婚はとりあえず取り下げてくれましたが冷え切ってしまいました。 朝、無言で会社に行って夜遅く帰ってきてSEXだけして寝てしまいます。 ひどい時は口で中出しさせて終わってしまいます。 本当は離婚をしたいようです。 毎日嫌がらせをしてきます。 主人に代わって女性たぶんスナックの女性から今日は遅くなるという電話、風俗系の雑誌を買ってきたり、職場の女性の事を私に向かって褒めていたり。 慰謝料もらって分かれても良いと思ってい…
【体験談】自分がブスフェチなのは、遠慮しないで好きなことができるから
2016/05/24 11:30
2016/05/24 11:30

俺はブスフェチだ

何故なら不細工女だと「どうでもいいや」と思い、
何でも出来るしなんでもやっちゃう

精飲、唾液飲まし、アナルセックス、小便かけ、排尿見物

なんと思われようと関係ないので
ブスだとやり放題

美人だとチョットかしこまっちゃうけどね

ブスを車で送って行く事になり、
信号で止まった時に「キスしようぜ」

と言って顔を近づけると目をつむりOKサイン

まぁいいや、と思いながらいきなり
ベロチュウすると積極的に反応

港方面の静かな場所で止めキス
パイモミ・マンモミ・チン出し・生尺

そ…
【不倫】コケシ狂いの社長夫人のせいで熟女好きがやめられない
2016/05/30 12:00
2016/05/30 12:00
20年近く前の話。大学4年になる直前の春休みに、バイトした先の社長に気に入られて、家に呼ばれてご馳走になった。60歳過ぎてる社長の40歳くらいだと思われる奥様は、女優さんのように淑やかな美人だった。 「どうだ、いい女だろう。再婚するはずだった女の連れ子でな、コレが中学2年の時に押し倒して以来、20数年間俺のチンポで可愛がってきたが、最近俺もアッチの方があんまり役に立たなくなってきてなぁ。最近はアレよ」 そう言って社長が指差した先には大量のコケシが並んでいた。恥ずかしそうに俯く奥様に・・・。 「どうだ、青年にやってもらうか?」 かくして奥様は、美しいその裸身を紅いロープで…
【人妻体験談】堅物な義理の姉(由美子)
2016/02/15 03:26
2016/02/15 03:26
私の体験というか、現在進行形のお話です。 私、幹雄42歳。 二人兄弟の私には、5歳離れた兄がいますが、その兄夫婦とのお話です。 兄は47歳で市役所勤めで、義姉由美子は45歳薬剤師で、現在総合病院で午前中だけのパートをしています。 兄夫婦の一人っ子長男は、昨年の春大学に入学し家を出ています。 義姉は、美人で、スタイルも良く夏場のTシャツを着ている時などは、その胸の盛り上がりに義弟としてはあるまじき思いを幾度となく持ったことがあります。 難を言えば、少し堅物で、無口。 美人なだけに少し冷たく見えること。 見た目も若く、患者さんから30代だと思っていたとよく言われるそうです。 義姉は一人っ子…
【人妻体験談】美魔女で淫乱な女社長との中出しセックス体験談
2015/10/15 22:02
2015/10/15 22:02
21世紀になる直前、20世紀も後数年で終わるという時。 僕は高校生で、ある日の放課後 ホストしてる先輩から呼び出され、店の常連のお客さんが僕に興味を持っているとの事なので来てほしいと言われました。 待ち合わせの喫茶店に行くと、先輩と年配の熟女の方が待っていました。 熟女は 「葉子です。キミが直樹くんね。よろしくね」 葉子さんは年齢が47妻の子持ちの人妻さんで、ブティックを経営してる女社長。 若い男の子とエッチするのが趣味なおばさんだそうです。 その後、先輩が先に帰り葉子さんと喫茶店に二人っきりになりました。 「直樹くんってまだ高2なんだ。彼女はいるの?」 僕がいますと言うと 「私みたいなオバ…
女の子達に人気のあるゲームソフト
2016/10/10 03:05
2016/10/10 03:05
昔のTVゲーム(ファミコンソフト)でプールか海だかで水遊びをしてる男の子達に女の子集団が襲い掛かり海パンを脱がすゲーム(海パン脱がし)が女の子達に大人気でした。ゲームの操作は自分自身で女の子をパワーアップさせ仲間を増やし女の子達を自由自在に操作して男の子達に襲い掛かり海パンを脱がすスリルのあるゲームでした。女の子達を上手く操作して男の子全員の海パンを脱がしたら100点です。小学生の女の子達は、このゲームがストレスの解消になるのでした。ゲームの画面に女の子が男の子の脱がした海パン手に持ってニコニコしてるのとか男の子が恥ずかしがって必死におちんちんを両手で隠してるシーン面白いですね!
彼女の怖い妹【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/10/23 15:19
2017/10/23 15:19
僕が高校一年生の時の話です。 僕に人生初めての彼女ができました。 彼女の名前はあみとします。 彼女は背が小さく、かわいい感じの子でした。 僕も身長が低く(155位)回りからはお似合いだと言われていました。 付き合って半年になる頃、僕はまだ一度も彼女とセックスをしたことがありませんでした。 もともと、奥手なのでセックスはしたかったのですが、どうしても切り出せなかったのです。 ある日、彼女の両親が仕事で2人とも留守にすることになり、僕は彼女の家に泊まることになりました。 僕は今日こそ!という思いで彼女の家に行きました。しかし、それは悪夢の始まりでした。 僕はその日、彼女とたわいもない話をし…
可愛い女子大生の剛毛とアナルで我慢汁発生
2016/02/21 08:07
2016/02/21 08:07
サークルで打ち上げがあり2次会、3次会と盛り上がり、俺は終電に乗れなくなっていた時間だったので、先輩の部屋に泊りにいくことになった。 先輩の彼女も一緒だ。この彼女(先輩)がめっちゃ清楚な雰囲気で綺麗だった。 大学時代はファンクラブ?みたいなものまであり、俺もすげえ羨ましかった。上戸を清楚に整えたような感じです。 部屋に着き、また飲み直そうぜ、ということになりポン酒やカクテルのちゃんぽんで3人ともグテングテンになった。 先輩の彼女がベッドに横になり寝てしまった。 俺の場所からは微妙な感じでスカートの奥の太ももが覗きそうだった。 先輩がいる手前見るわけにもいかない。俺も酔っているので…
下半身裸四つん這い妻7
2018/08/19 14:04
2018/08/19 14:04
妻のお尻を舐め回すように眺めながら、夕食にありついていたその夜、妻は無意識に産卵を始めた。お尻から突然、白い卵が出て来たのである。5で述べた怪獣ごっこの時の怪獣の卵だ。どうやら生理用品を球状にしたものらしい。幸い食べ物には当たらなかったものの、妻は大笑いするだけで反省の色全く無し。なんでこんなものが今入っているんだと聞くと、これから怪獣ごっこの予定だったとのこと。いつものようにやっているのかと私が頭を抱えているのも全く気にも止めず、妻は怪獣のお尻?とかなんとか言いながら、お尻フリフリを始めた。もうとっくに見飽きてもおかしくない位に、妻のノーパン生活は長引いているというのにも関わらず、本当に艶め…
【レイプ体験談】赤い眼
2015/10/11 22:57
2015/10/11 22:57
赤い眼 第1章 彬は平凡な高校生だった。小学生の時に母をなくしてはいたが、父、大学生の姉、そして中学生の双子の弟と妹といっしょに比較的幸せに暮らしていた。2年前から付き合っている彼女のもいた。彼女の名前はさやかといった。まだ体の関係はないが、すごく仲の良い心の通じ合える彼女だった。 そう、思っていた。 その日の放課後、彬はさやかとデートをしていた。夜の塾までの空いてる短い時間に、二人はよくこうやってデートをしていた。ウインドウショッピングをしたり、喫茶店に入ってたわいもないをしたりと、初々しいデートだった。 そのとき、さやかの携帯にメールが入った。さやかは何気なく携帯を開き、メー…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【レイプ】昼寝をしていたら知らない男にクンニされていました

・初めてピンサロ行ったったっwwww

・部下の人妻社員とエレベーターの中でハメました

・年上好きな男の初体験

・膣内射精を叶えてくれた熟女

・恋人達

・【人妻体験談】寝取られ願望に取り憑かれて貞淑な妻に性感マッサージを頼んだら、この世のものとは思えない程の快感を感じながら射精した

・人妻になった元ヤンキーと初体験

・【Hな体験】体育館の裏で告白したらそのままイカされた

・視察団物語

・お尻むっちりの53歳の熟女と中出しセックスを楽しんでいます

・幼馴染でセフレとの思い出を語る

・レ〇プの妄想でオナってしまう私

・【人妻体験談】病的なレベルでSEX大好きな人妻がご主人様と出会い、中出しSEXされまくり

・【浮気】ネトゲで知り合った三十路の黒髪処女と

・一回り年下の子供の水泳教室の先生と浮気しようとした私への天罰

・【熟女体験談】給食のおばさんとお餅のように太った少年と買い物に出かけた帰り道に偶然出会って自宅でSEX

・お泊まりに来た嫁のママ友に息を殺して中出し姦

・育児ノイローゼになった主婦がEDのカウンセラーで悩み解決

・取引先の女性にペニスバンドで

・【痴漢】満員電車でクラスメイトに擬似手コキ

・痴漢さんからセフレさんに

・【人妻体験談】旦那公認で目の前で寝取りアナルSEXをしたら、旦那がノーハンド射精していた

・【熟女体験談】息子に妻を奪われて、やり場のない怒りを何の罪もない女子大生に向け中出しレイプ

・元風俗嬢の嫁と寝取られ生活39

・旦那と彼から人妻を奪い調教する 2

・【混浴】混浴で男性全員にアソコを視姦された彼女

・私が墓場まで持って行く秘密の告白

・【初体験】こっそり筆下ろししてくれた友達の彼女

・友達にレズられたこと