寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

真夏の夜の浴衣の妻と

2017/10/20 23:31


午後十時三分七月二十五日土曜日 暑い一日だった。
それでも午後十時ともなると、田んぼに囲まれた田舎の家は、涼しい風が窓から部屋に舞い込んでくる。
寝室は、街灯で薄明かりとなっている。
その薄明かりの中に熟した女の色艶い三十八歳の肢体が浮ぶ。
薄く透けて見える夏の浴衣姿で横たわる妻の寝姿に、僕の欲情が芽生えた。
 
「ねぇ、したい…!」
「またぁ…?、今夜はおとなしく寝たら…」
「でも、おさまらないよ…」
「………」
さりげなく妻の躯により添うと、妻は抵抗もなくじっとしている。
今夜も受け入れる用意が出来ているようだ。
僕は、妻の浴衣の裾を拡げ、太腿を擦りながら、パンティの上から膨らみの丘を愛撫し続けた。妻は次第に腰を慎ましやかに捩ってくる。
妻が感じはじめたと知った僕は、パンティの中に手を忍び込ませた。
恥丘の上に手をのせ、揉みながら陰毛を手繰り分けて指を更に下げていくと、そこはもう、濡れていた。妻はもどかしさを感じたのか次第に太腿を絞り込み捩っている。
パンティを刷り下げた。
妻のきめの細やかな弾けるような豊かな躯を横臥に抱きかかえ、
固い肉棒を妻の太腿に挟ませ、妻の陰部を擦り続けた。
妻の陰部が更に潤みはじめた。
肉棒の滑りが良くなり、快感が巡ってくる。「ねぇ、今夜は上にのって?…」
「いやぁ…、恥ずかしい…」
「大丈夫だよ、夫婦だもの…」
「イヤよ…、」
「でも…、」
「まあ、いやね………。じゃぁ、今夜だけよ…、真理子もいないし、いつもはしないよ…」
「うん…、」妻の躯を僕の上に乗るように仕向けた。
妻は拒まずに足を腹の上に乗せ、絡ませて乗ってきた。
いつもの妻は、正常位以外はその求めに応じてこない。しかし今夜は違っていた。
おそらく、真理子が夏休みで妻の実家に泊まりに行っていて、今夜は二人だけの夜だったことから、こどものいない開放感に充ち、夫の誘いを待っていたように思われた。
それは妻が「いつもはしないよ…」と云った言葉でそれを感じたのだった。午後十時二十分妻がまたがってきた。
妻のからだが僕に乗っかかって騎乗位の態勢に入る。
だが妻はまだ僕のモノを入れてはいない。
固い肉棒を自分の肉襞に擦りつけている。
肉棒が擦られている部分は妻のクリトリス辺りだ。
いつもの妻は、羞恥心が強く、潔癖で、性行為にのめり込めない淡泊さ、
性の快感も感じないからだだと思っていた妻が、今夜の変わり様に驚いた。
女はその時の雰囲気…、優しい思いやり…、性欲への緩やかな誘い込み…で変わるものだと感じた。これまで妻は不感症とか、冷感症などではないかと思っていたが、それは普段の僕が妻へのセックスへの誘い込み、愛撫での誘い込みが足りなかったのでは…と反省もした。午後十時二十五分陰茎が跨がった妻の手によって垂直に立てられた。
「今夜はすごく固いね…」妻が囁いた。
掌の暖かみが肉棒に伝わってくる。
妻が腰を浮かし膝を折り曲げ腰を沈めてきた。
太腿に妻の温かい太ももの感触が伝わっくる。
固くそびえ立った陰茎が割れ目に触れた。
そこは凄く濡れている。薄目を開けて妻の表情を伺った。
瞼は閉じていたが整った顔立ちが緩んでいる…。
唇が半開きになって吐息が漏れている…。
先端の笠がヌルリとした感触に覆われた。
割れ目の外側の厚い肉壁が絡みついてきた。妻の指が陰茎から離れ腰がゆっくりと沈んでいく。
妻が腰を振った。
割れ目から外れることがないと思ったようだ。
厚い肉壁が笠を圧迫してくる。
内側の薄い肉壁がぷるぷると震えている。
妻のお尻が僕の太腿にくっついた。午後十時三十五分騎乗位で完全につながった。
妻がゆっくりと抜き差しはじめた。
息遣いが荒くなる。乳房が上下に波打つ。下腹の肉がうねっている。
腰の動きが激しくなった。
快感が全身に巡ってくるのを僕は舌噛んで堪えた。
快楽に任せて妻を勢いよく揺さぶってしまいそうだった。
「あぁ…!、あなた…!」
妻が上づった声を上げてきた。
「すごい…、あぁ、僕、いきそうだ…」
僕は呻いた。
僕は腰を強く突き上げた。
屹立している陰茎の先端が、割れ目の奥の肉の壁にぶつかった。
奥の壁が別々に震えたかと思ったら、今度は束になってうねったりしている。
外側の厚い肉壁は膨張していて、締め付ける力も強まっている。 「あぁ、わたし…、すごく感じる…」
 「おぉ、すごい…。このようにして欲しかったよ…」
 「わたし…、今夜…、体が火照って眠れなかったの…。今日は一日中あなたが帰ってくるのをずっと待っていたのよ…。」
 「どうして…?」
 「それはね、今朝…、起きる前にあなたと交わったからよ…。それが中途半端に終わったからょ…」
 「そうだったのか…それはごめん…」
 「わたし、セックスに目覚めてきたんだゎ…」
 「それはうれしいね…」
 「そう…?」
 「君はセックスがイヤだと思い、してみたいことも我慢していたんだよ…」
 「どんなこと…?」
妻が腰を前後に動かしながら聞いてきた。午後十時四十分薄明かりに妻の乱れる姿態を下から眺望する
陰毛の茂み同士が擦れ合う。
肉襞が捩れ、そこからクチャクチャと云う粘っこい音がでる。
僕は両手を上げ乳房を揉みはじめた。
乳輪を荒々しく撫でると尖った乳首を掴んでみた。
腰を突き上げる。騎乗位で交わっている妻の躯が浮き上がった。
僕は、もう一度、勢いよく腰を突き上げた。
妻の上体が激しく揺れた。妻が苦しげな呻き声を上げた。
妻は「ウ!…」とかすかに声を洩らしたようだった。
僕は下から妻のくびれた彼女の胴を両手で掴み、
連続して下から突き上げ激しく上へ送り込んだ。妻の口から喘ぎ声をださまいとする激しい吐息が喘ぎ声となって洩れてきた。
化粧のとれた顔をくしゃくしゃにして仰け反っている。
悲鳴にも似たなかに
「もうダメ…、すませて!…」と呻いた。
だが僕は妻の胴を掴んだ手を離さないし動きも止めない。
一層激しく下から突き上げ、抽送を送り続けた。
ついに妻は全身を震わせ、僕の上に倒れ込んできた。
しっかりと僕に抱きつき、息絶え絶えの声を発し、やがて動かなくなった。午後十時四十五分僕の胸に倒れ込んでいる妻を抱きしめ、繋いだまま、ゆっくりと腰を突きあげた。
妻は動こうともしない。
ゆっくりと腰を突き上げ抽送を繰り返す。
何回もやっている内に妻は意識を取り戻したようだ。
微かに腰を捩ってきた。
次第に回復してきたのだと思った。
両手を伸ばし妻の肩に手を当て
妻の体を起こしにかかった。
妻は気怠さの中にも体を起こしかけた。
再び騎乗位に戻った。
妻の額に汗が浮かび長い髪がくっついている。
唇が半開きになっている。
妻が手を離し、前屈みになって胸板に両手を付けた。
腰を前後に動かしはじめた。
円錐形の美しい形をした乳房が捩れながら揺れる。
妻の喉の奥でうっと呻くような声がした。
絶頂に向かっている。
騎乗位で交わっている妻の表情が苦しげに歪むのが見えてとれた。 午後十時四十八分妻の腰の動きの激しさが増した。乳房を突き出すようにのけ反った。
 「あっ…!、もうダメ…」
妻が呻くように声を放った。
もう少しだ。
僕は腰を突き上げた。
妻の眉間に縦皺がよっている。
顔は汗で滲んでいる。
割れ目の外側の肉襞が捲れ返った。
内側の薄い肉襞が波打った。
先端の笠が膨張した。
腰を突き上げるたびに割れ目の奥の肉の壁に笠がぶつかる。
そのたびに妻の口元から、ううっ…、といううわづった喘ぎ声が漏れ出てくる。
その時、妻が太腿を硬直させた。全身が緊張した。半開きの薄い唇から
 「あぁっ…!、う、うっ…!」
と細い声を放った。
荒い息遣いだけが寝室に響いた。
何度も妻は痙攣して倒れかかった。
そのつど、新しい快楽に突き起こされて仰け反り、揺れ動いて髪を乱した。
ついに妻は全身を震わせ、再び僕の上に倒れ込んできた。
またしてもしっかりと僕に抱きつき、息絶え絶えの声を発し、やがて動かなくなった。
再びイッタようだ。
硬直していた妻の太腿から力がゆっくりと抜けていった。僕の胸に倒れ込んでいる妻を抱きしめ、繋いだまま、ゆっくりと妻のからだを横に倒し、そして仰向けにさせ、僕はその上にのった。いわゆる正常位になった。
妻は動こうともしない。
ゆっくりと腰を突き抽送を繰り返す。
何回もやっている内に妻はまたも意識を取り戻したようだ。
微かに腰を捩ってきた。
次第に回復してきたのだと思った。抽送を繰り返す僕ももう限界だった。
絶頂の兆しだ。
今夜、帰宅する前の午後八時には人妻の涼子に白い液を放っているのに、
今、再び、兆しが強まってきた。
もう我慢できない。
僕も力を振り絞って、白い液を妻の奥に放った。妻を優しく抱き締め軽いキスをした。
今し方までの熱気に満ちた空気が、穏やかで満ち足りたものに代わっていた。
妻が気怠そうに体を動かした。
割れ目の外側の肉襞が一瞬緩んだ後、僅かに僕の幹を絞り込んだ。
妻のそこが数秒おきに収縮を繰り返しうごめいていた。
妻の躰も、大きな吐息の中に、暫く仰臥の放心状態にあった。午後十時五十五分放心状態だった妻が快楽の彷徨いから覚めた。
 「今夜の敏美、凄かったよ…」
 「イヤぁ…」 恥ずかしそうに妻は微笑みを浮かべていた。
 「僕もうれしかった…」
妻に心から感謝し賞賛の意を伝えた。
僕は、妻との交わりに満足し、薄闇の天井をぼんやりと見つめていた。
不倫相手の涼子と肌を合わせた後の満足感より、今夜、妻と味わった満足感がより精神的にも充実感があった。それは何故なんだろう。戸惑いめいたもので胸がいっぱいだった。薄闇の中に、先ほどの快楽に顔を歪ませていた妻の表情や…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
「あれが!‥子宮の初夜だった」
2018/03/30 01:53
2018/03/30 01:53
初夜シリーズを書き終えて 何と無くネットをサーフしていたら、今まで漫然と認識してたことを 再認識させられる記事にぶつかって、改めて‥ 身体の記憶がアリアリと甦り、 あぁ‥アレはそう云うことだったのかと 腑に落ちて納得している。 私は 女房と結婚以来‥数十年、 媾合(まぐわい)の回数は ザッと数千回に及んでいる。 それも‥ヤルときは一生懸命で 手を抜かずに営々と励んだのだから、思い浮かべると‥ 人間の本性を絵に描いたような、涙ぐましい 裸形の精進であった。 実は前から 気にはなっていたのだが、その女房との数千回の媾合の中には ときどき〝あれは一体‥ 何だったのか?‥〟と感じる媾合があった…
【最高に気持ちいいエッチ体験】女子大生の姉
2015/11/06 16:00
2015/11/06 16:00
俺が東京の大学に入り、女子大に通っていた姉と一緒に暮らし始めてから間もなく、俺が酒によって、姉をヤッチャたんだ。 部屋を出ようとした時、姉がうめいた。 俺が驚いて振り返ると、姉は片足を折り曲げていた。 スカートが捲れ、白いパンティが覗き、レースの刺繍から恥毛が見えた。 俺は慌てて目を逸らすと、部屋を出た。 まだ、その時は理性があった。 ただ、眼が冴えて眠れないので、一人でウィスキーを飲んだ。 すると、先程見えた姉の恥毛が目に浮かんだ。 姉と男のことが気になった。 姉は別れた男と今夜、寝たのだろうか、それとも寝る前に別れたのか。 淫らな妄想が次々と浮かび、隣の部屋で寝ている姉…
ランチ合コンで淫乱妻に気に入られて愛人生活スタート
2017/12/07 12:15
2017/12/07 12:15
その頃、若い女に飽きた俺達の間では人妻や熟女が流行ってて、熟女系のサイトを総動員して人妻や熟女を漁りまくってた。
で、その日は友達3人と人妻3人とのランチ合コン。
俺は支度に手間取ってしまい、車で行くより電車の方が早いと判断。
電車に飛び乗り、会場のカフェへ。

食事も始まり、気が付くとワインボトルが4、5本空いている。
人妻という響きに色んなことを想像して挑んだ合コンも、いいお友達のできあがり。
みんなで仲良くLINE交換して解散。

駅に向かうために来た道を戻る。
そこを1台の車が通りすぎて停車。
横を通り過ぎようとした時・・・。 「アキラ君!」

赤いプジョー…
妻は27歳の女盛り、部長夫婦と温泉旅行に行った時のエロ体験談
2017/04/17 15:10
2017/04/17 15:10
35歳の会社員です。

妻は27歳の女盛り・・・夜のほうも盛んな年頃です。私はそろそろ弱くなり2.3ヶ月に一度しか妻を抱けなくなってきました。

そんなある日・・・部長夫婦と温泉旅行に行きました。
部長の行きつけの旅館を安く世話してもらい、2泊3日でくつろぐ予定でした。部長と露天風呂に入りくつろいでいると

「この風呂は、女湯がのぞけるんだよ・・・ちょっくら見に行くかな・・・へへへ」

と言って部長は岩影に消えて行きました。私は少しためらいましたが、スケベ心を出して後を追いかけました。

すると、部長が女湯をのぞきながら自分のペニスをしごいているのです。まずいところに来てしまったと思いながら私…
【エッチ大好きな女子高生】弟に覗かれながら潮吹きセックス
2016/07/02 20:00
2016/07/02 20:00
これは私が中学生の時の話。 家庭の事情で私は都内のマンションに姉と2人暮らしをしていた。 姉の外見は身長145cmでDカップあり、清楚で優しくて、私にとっては自慢の姉だった。 2人暮らしを始めた年の夏の日、姉がマンションに男を連れてきた。 男の外見は身長は高く、イケメンでありコワモテだった。 当時いじめられっ子だった私にとっては抵抗があったのだが、話をすると見た目とは反対に大変楽しく、私はすぐに馴染む事が出来た。 3人で姉が作った晩御飯を食べて、ゲームをして談笑をして…気がつくと夜中の22時だった。 「もう遅いから、今日は泊まっていったら?」 姉の一言で急遽、男は泊まる事にな…
娘とのセックスを近親相姦の姉に告白
2017/08/24 21:00
2017/08/24 21:00
 

  姉と私、今、興奮状態が終わり、全裸で秘所にテッシュペーパーを挟んだ姉が横になり、「ねぇ俊ちゃんさ、あなた美鈴ちゃんとは、何もないでしょうね、どうなの」美鈴は、私の娘です、私が黙っていると「えっーあるのもしかして、あなた何人と、マーちゃん、美鈴ちゃん、当然佐知代さんは奥さんだからいいわよね、  でもね、自分の娘と、大問題よ呆れたわ」娘とは、訳があり、妻も知っていることなんです、娘は最初妻に相談したそうです、高校二年生の時です、女のこ同士で集まると、あの娘と三年生のイケメンのあの人と出来たそうよとか、私も体験したの、最初少し痛か…
タバコをくわえながら
2017/12/09 10:28
2017/12/09 10:28
ついこの間O型の女性に出会いました。 結構礼儀正しい、大人の女性なんですよ、彼女は私よりも4つも上でしたからね。 会う前日に電話でも話しをしたんですけど 電話でも礼儀正しくて、静かな感じでしたよ。 そんな彼女と会ったんですけど・・・・ 少し様子が変だったんですよ、 お酒を飲んでたってこともあったからとも思いますけど メールや電話の相手とは別人のような感じで、 大人しいと言うよりは、無口で変な重圧感を感じました。 会っていたのは居酒屋だったんですけど、 私もかなり飲んでいて、タクシー代ももったいない・・・ あわよくば、そう思い、酔いにまかせて言ったんです。 「○○さんの家に行きたいな?」 そう言…
【Hな体験】初フェラなのにごっくんしてくれたメル友
2017/11/16 10:00
2017/11/16 10:00
メル友と初めて会ったときの話です。サイトを訪れたA子(学生)と親しくなった頃、俺の地元で有名なイベントに是非参加したいということで初めて会うことになりました。まあ恋愛感情はお互いになかったのでA子はホテルをとっており、俺はイベント、その他観光名所の案内役という予定でした。これまで顔写真しか見たことがなかったので、想像してたよりも出ているところが出ていてるスタイルに感動しました。 それでその日は初めて会ったということもあり居酒屋で盛り上がりました。主に初めて会った感想とかそういった感じの話でした。盛り上がりすぎて、お互い結構深酒。明日に差し支えるということでお開きに。千…
俺の目の前で美人な彼女がSM調教された寝取られ体験談
2016/02/05 11:24
2016/02/05 11:24
俺にはYっていう一緒に住んでいた彼女がいた。

俺が言うのも何だけど、いい女で、

みんなに羨ましがられていた。

顔は真鍋かをり似、服屋の店員でお洒落、

身長167センチ色白で手足は細く長く、

胸は形のいいEカップ。

男なら誰でもやりたいと思うタイプで、

他の男から守るのに気を使っていた。

ある時、俺が仕事でトラブっちゃって、

怖い人たちと揉めたんだよ。 そこで、Oって先輩に話をつけてもらった。

それがケチの付き始めで、謝礼で話をつけようと思ったんだけど、

Oは「K(俺)の女を一晩貸せ」って言い出したんだ。

もちろん、「それはできません、無理です」って言…
たぶんM。でも・・・[前編]
2017/02/22 10:19
2017/02/22 10:19
仕事が退けたあと、食事に誘われて、帰りに車で送ってもらう途中の出来事。 生まれて初めて好きな人を裏切りました。 浮気です。 可能な限り思い出して書くつもりなので長いです。 相手は、Kさん。 当時30歳で、私より7つ上。 取引先の担当で、すごく仕事できる人。 独身でした。 以前から、たまに食事に誘われたり、お酒の席に呼ばれたりというのはあったのですが、二人っきりはなかったし、この日もそうでした。 車で送ってもらうのも何度かあったけど、いつも別に何もなく。 こっちに彼氏が居るのは向こうも知ってたので、いつも遅くなる前に帰してくれたし。 そんな感じだったので、少し油断してました…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【近親相姦】高校生の娘の白い太ももに興奮して

・【熟女体験談】雑魚寝中に従姉から逆レイプ手コキをされた

・先輩の彼女が突然フェラしてきて筆下ろしまでしてもらった

・【人妻体験談】息子の体育祭でレイプされた妻は肛門まで犯された

・夫の横でセクハラされるなんて

・【Hな体験】お化け屋敷の待機中に巨乳娘とこっそりエッチ

・ずっと好きだった君へ最後のラブレター(※)

・友達の爆乳彼女寝とって童貞卒業したった

・PTAの地区大会のお泊まりでマッサージ師2人に犯された人妻を目撃

・人妻のブラをずらして綺麗な乳首を

・【人妻体験談】近所の不良少年たちに二度も無理やりレイプされた

・【熟女体験談】韓国からの留学生に妻を寝取らせた後、妻に魂まで抜けるほどの長く大量な射精をした

・【近親相姦】男って飲んであげると喜ぶよね!

・愛した女性は学友の母

・夫婦の旅行先で起こった出来事の話

・女装した状態でJK助けたら懐かれてしまった

・電車の中で刃物で脅され・・・高2の悲しい初体験

・CFNMプールで同級生の男の子が、すっぽんぽん

・人妻とのSEXを叶えたくて

・【熟女体験談】部下の人妻OLにいきなり即尺フェラされ快楽の虜になって中出し不倫SEX

・飲み会の帰りに

・イキたくてイキたくてお願いしました

・昔のつけ

・メル友の麻衣子

・【Hな体験】濃霧が教えてくれた野外エッチの醍醐味

・博多の久美子

・【Hな体験】ギャルゲーのイベントを再現したら異常に興奮して

・運動神経抜群のS子(※)

・彼氏と彼氏の友達とヤッた気持ちよかったエッチ体験談

・【熟女体験談】突然辞めてしまったつり目美人な熟女風俗嬢の代わりに殺人犯みたいなおばさんがやってきて本番SEX