寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

嫁は高校時代の英語教師・・・僕が犯し処女を奪った教師【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

2017/10/20 09:21


僕の嫁は、5歳上の高校の教員です。
僕が高校時代の英語の先生です。
そう、嫁は教え子と結婚したんです。
妻の杏子と付き合うきっかけは、僕が高校3年のとき、半ば強引に杏子とやってしまったのが発端です。
まあ、ほとんどレイプって言われれば、そうかもしれません。
それに杏子は初めてだった。
僕が初めての男でした。
杏子のことが好きだったし、憧れだったから、結果的には幸せな家庭がもてて良かったとは思います。
今は、僕が36歳。
杏子が41歳。
子どもが二人。
娘が二人です。
あれは高校3年の夏のことだった。
文化祭の実行委員長を僕はやっていた。
顧問は杏子だった。
まだ、大学出て2年目の新米教師。英語は留学していたからペラペラ。
杏子が高校に来て、僕は一発で杏子に惚れてしまった。
先生なのにね。
初々しくて、清楚で美人。
スタイル抜群。
「片倉君、準備の進み具合はどうなのかな?なんか困ってることある?」 「あ!先生。うーん、困ってますよ。各クラスからの要望が多すぎて・・・」 そんな感じで、ほとんど毎日放課後は、杏子先生と実行委員メンバでバタバタやっていた。
土曜日なんかは、放課後夕方までメンバでワイワイやっていたので、杏子が自分の家に連れて行って、夕食を御馳走してくれた。
まあ、全員ってわけではなく、行ける男女3、4人だったけど。
杏子は学校から徒歩30分のところに住んでいたので、気楽に遊びに行っていた。
大好きだった杏子のお手製の夕食は、量も多くて、しかもとっても美味かった。
「さあ、みんなお腹ペコペコでしょ。たくさん食べてね!」 杏子の料理が食べれるのが、毎回楽しみだった。
そんなこんなで文化祭の1か月前だった。
どうしても決まらないことがあって、先生に相談に乗ってもらっていた。
気が付いたら日が暮れて、7時になっていた。
「片倉君、もう6時だわ。ちょとさ先生のうちで続きしましょう。食事作ってあげるから。」 「ラッキー!腹ペコだったんだ。」 「さ!じゃあ、さっさと行きましょう。」 資料や原稿やら、全部持って杏子の家に行った。
まさか、この日が杏子とのエッチの日になるなんてお互いに思っていなかった。
杏子の家に着いて、杏子は早速冷蔵庫から食材を出して料理を始めた。
僕はエプロン姿の杏子の後姿をボケーっと見てました。
何気に外の景色を見ようとしてベランダに視線を向けた。
夕やけがとっても綺麗だった。
マンションの5Fだから景色もいい。
ふと洗濯物に目が行ってしまった。
ブラとショーツがほかの洗濯物と一緒に干してあった。
先生、こんなデザインの下着つけるんだ。
ちょっと興奮した。
「片倉君、何見てるのかな?」 「え?ああ、先生、夕焼けがきれいですよ。やっぱ5Fだと眺めがいいですね。」 「そうお?慣れちゃえばたいした風景じゃないわよ?さ、まずは食べちゃいましょう。お待たせ。」 「いただきまっす!ごちになります!」 文化祭のこととか、この間の体育祭のこととか話した。
うちの学校は文化祭が終わると、しめくくりに夕方から夜8時ぐらいまでキャンプファイヤーをして、ダンス会をする。
まあ、フォークダンスがメインだった。
そして、女の子を選んでチークダンスとかも。
「片倉君、チークの相手決まったの?」 「いや、決まんないんだなぁ、困ったことに。」 「そっか。じゃあ、先生が相手してあげてもいいわよ?」 「え!ラッキー!中村先生とチークか!やったね!!」 食後、文化祭の打ち合わせの続きをやった。
ここでコクらねば男じゃないと考えてた。
唐突にコクった。
「先生・・・あのさ、俺、先生が来た時から惚れちゃってさ。先生のこと好きなんだよ。知ってた?」 「え?」いきなりコクられて杏子は戸惑ってた。
「片倉君・・・。なんとなく感じてたけど。そっかあ。」 「うん。先生美人だし、スタイルいいし。マジに好きだな。」 「あはは。ありがとう。でも私は先生。あなたは生徒。わかった?」 しばらくまた打ち合わせの続きになった。
「先生、頼みがあるんだ。俺、先生とキスだけでもいいからしたいな。チークの時に。」 「・・・・・・」杏子はポカーンとしてた。
「お願い!お願いしまっす!」僕は手を合わせて拝む感じでお願いした。
「・・・もう!いきなり! じゃあ、ちょっと目をつぶって?」 「へ?」俺は目をつぶった。
唇に柔らかいものがくっついた。
思わず目を開けた。
杏子の顔が目の前に!杏子はキスしてた。
目をつぶってた。
「はい!終わり!満足したでしょ?片倉君?秘密だよ。」 「先生・・・。うぉお!キスしちゃった!!ラッキー!先生、サンキュー!」 嬉しさのあまり杏子を無意識に抱きしめてた。
「ちょっと!ちょっと!何すんの!コラコラ~。やめなさいって。」杏子と目があった。
お互いに黙ってしまった。
俺はもう一度唇を押し付けた。
「ん!ん!んーーー!」杏子が声を上げた。
そのまま杏子を抱きしめたまま床に押し倒してた。
倒れた瞬間、杏子の右のおっぱいに手が乗ってしまった。
柔らかいおっぱい! 先生のおっぱい!もう完全に俺の頭はぶっ飛んでた。
「先生!俺、好きだ!」 そのまま杏子のおっぱいを服の上から揉んでいた。
「ちょ!やめなさい!片倉君!何してるの!やめてっ!」 「先生!だめだ!我慢できない!」 そのまま杏子のブラウスをまくり上げた。
バタバタ杏子は暴れた。
「ダメー!片倉・・・君、止めて!止めて!私は先生よ!」 白いブラジャー! 強引に上に押し上げた。
おっぱいが目の前に飛び出した。
「先生!俺!俺!・・・好きだぁ!!」 おっぱいにしゃぶりついた。
「きゃあ!やめてぇぇぇ!やめてぇぇぇ!・・・いやあ!いやよぉ!」 俺は杏子の両腕を押さえて、左右の乳首を吸いまくった。
片手でグレーのスカートをまくりあげて、無理やり股間に手を割り込ませた。
パンティの上から杏子のアソコを触った。
もう、頭の中は真っ白!ただ杏子とやりたくて・・・。
パンティの上から触るアソコは温かくて柔らかかった。
「片倉・・・君、お願いだからやめてぇ!お願い!そんなとこ・・・やめてぇ!」 「先生!先生!好きなんだ!先生が欲しい!」 「嫌ぁぁぁ!だめぇぇぇ!」 俺はパンティに手をかけて引きづり下した。
杏子の両手を押さえながら、スカートの中に顔を潜らせた。
目の前に杏子のオおま○こが見えた。
反射的に舐めてた。
「あああ!いやあ!だめ!だめ!止めて~!片倉君!やめて!」 思い切り杏子の両足を抱えて、オおま○こを舐めてた。
酸っぱさを感じたが夢中で舐めてた。
「やめてぇ・・・やめ・・・ん!ん!」 「先生!感じる?」 「やめなさい!ほんとにやめて!今なら黙ってるから!!」 「先生・・・無理だって!ここまで来たら抑えられないよ!好きだ!まじに!」 俺は右手でズボンのベルトを外して、チャックを下げて、ズボンとパンツを急いで下げた。
そのまま、杏子の上を這い上がって、スカートをまくり上げながら杏子の両足の間に下半身を割り込ませた。
勃起したおち○こが陰毛に振れた。
「きゃああ!だめ!だめ!だめ!止めなさい!・・・お願いだから止めて!」 「先生!俺!!だめだ・・・許してくれ!」 なんせ俺も初めてだったから、どこが入口かわからなかった。
5、6回オおま○こに先端を押し付けて腰を振ってた。
ヌルヌルしていた。
杏子は泣き出してた。
「やめて・・・・お願い・・・お願い・・・だめ・・・いや・・・お願い・・・入れないで・・・」 もう杏子はぐったりしていた。
抵抗する力も弱って、観念した感じだった。
「片倉君・・・お願い・・・やめて・・・入れないで・・・ほんとにやめて・・・」 そうはいっても18歳の俺には抑えるなんできない。
必死におち○こをオおま○こにあてて入口探ってた。
おち○こを押し付けること8回目、ヌルッ!とした感触で亀頭が潜った。
「ああーーーーー!」と杏子が声を上げた。
入った!中に入った!そう感じた俺は、そのまま腰を強引に入れた。
おち○こ全体が柔らかい物に包まれた感じがした。
ヌルヌルでグニャリとした感触。
そして温かい。
完全に杏子の中に潜り込んだ瞬間だった。
「あうーーーーーーーー!」杏子が眉間に皺をよせて思い切りのけぞった。
「先生!先生!」俺は先生と連呼しながら、腰を振っていた。
ピストン運動するたびに杏子の目から涙がこぼれた。
「グッ!」っと押し殺したうめき声が漏れた。
「先生!気持ちいいの?」 苦痛ではなく快感と俺は勘違いしてしまった。
無意識に杏子の両足を抱えてた。
奥までおち○こを入れたかったからだろうけど。
嬉しくてガンガン腰を打ち付けた。
杏子の膣内の擦れる感触、襞が絡みつく感触、突き刺すたびに亀頭に感じるヌメヌメ感。
童貞には刺激が強すぎた。
「先生!おれいきそうだ!」 そういった瞬間杏子は目を見開き「だめ!だめ!中には出さないで!だめぇー!出しちゃ!」とひきつった顔で叫んだ。
「出る!ウック!」・・・全身に快感が走った。
杏子に最後の突き上げをすると、一気に射精した! 杏子の膣内へと大量に射精した。
射精している間、杏子は目を見開いたまま固まってた。
射精が止まらない・・・強烈な快感だった。
俺は終わって、杏子のおっぱいを握ったまま杏子の上に崩れた。
ゼーゼー息が切れた。
言葉が出ないくらい興奮と快感でぐったりだった。
杏子は嗚咽を漏らしながら泣いていた。
「先生・・・・俺・・・俺・・・ごめ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【人妻体験談】妻はパートに出てから間も無く、職場の上司に犯され寝取られてしまった
2018/11/28 18:02
2018/11/28 18:02
私は44歳・妻は39歳の中年夫婦です。そして小1の娘が1人おります。子供が小学校に入学を切っ掛けに妻はパートに出ました。妻はパートに出てから間も無く、職場の上司に喰われてしまいました。 条件も良く、かなりの競争率だったようで、最初は採用は無理だと思い、面接に行きました。すると、数日後に採用の連絡が入り妻の就職が決まりました。結局、上司は私的な考えで妻をに気に入っていた様です。初出勤の日から、妻は特別待遇だったそうです、秘書的な部署へ配置替えされての採用でした。 更に、正社員の話しもされました。妻はその上司を信じて慕ってしまうのです。間も無く、妻は出張に出掛ける事になりましたが、勿論、上司の同…
変態上司にザーメンを飲まされていた超可愛い彼女
2017/07/18 13:13
2017/07/18 13:13
31歳のサラリーマンですが、7歳も年下で、堀北真希似の超可愛いS級な彼女がいるんです。
付き合って5年になりますが、この超可愛い彼女はとても清楚で性格も人懐こく、他の男にちょっかい出されることが多いです。
そんな彼女がいることはある意味非常に幸せなことなのかもしれませんが、その反動からか、私には妙な性癖ができてしまいました。
彼女が他の男にいやらしい視線で見られることに、異常に興奮してしまうのです。
だから彼女とエッチする時は、「最近、ナンパされたか?」とか「下着を見られたりしなかったか」などを聞き出して、盛り上がったりします。
大抵は「特に何にもないよ」という返事なので…
僕と太郎と姉(4)
2017/11/30 16:19
2017/11/30 16:19
 僕はまず、姉の乳房の生揉み感触を久しぶりに堪能、そしてプクッと突き 出た小さな乳首を摘み、コリコリをねじって遊ぶ、右の乳首をいじりなが ら、左の乳首を口の中で舐め回す。 柔らかく、ぷにぷにした舌触りは最高の感触で、舐めても舐めても舐めたり ないほど。 最初から姉が起きる心配もせず、大胆に、激しく、やりたい様に乳房を凌辱 した。 太郎も遠慮する事無く、僕の姉という事など関係ないとばかりに、姉の両 足を大きく広げ、その間に入り込み、両手でマンコを大胆に広げ、ジロジロ と観察した後、姉の股間一帯から内太ももまで、大きく 舐め回していた。 しばらくは我慢してきた欲望を姉の体にぶつけるのに必死…
同窓会で不倫の彼と早く会いたい【人妻体験談】
2018/07/12 22:10
2018/07/12 22:10
私の不倫告白を聞いてください。

それは今年1月の同窓会でのことです。
35才にもなると、女性の出席者は4人、後は全員男性でした。

昔を懐かしみながら皆と会話していると、当時交際していたK君が二次会に誘ってきました。
もちろん、懐かしさもあり二次会に参加しました。

二次会は10人ほどの集まりで、小さなお店でありました。
私はK君の隣で飲んでいました。
K君とは中○生の時付き合っていたけれども、キスまでの関係でした。

K君は私たち二人の昔の関係を私に話しながら
「俺、凄くHしたかったのに~」と
悔しそうに呟いていました。

当時中○3年生で高校受験の真最中、別れを告げる事無く自然消滅的に二…
妻を寝取ってもらう2
2017/01/15 23:05
2017/01/15 23:05
彼にその後何回か妻を犯してもらい私は最高の興奮を覚えるようになっておりました。今日も夜彼が来ると妻に伝えると、下着から洋服までオシャレして待っておりました。妻も私のこの趣味を理解してくれ、また妻も彼に興味がありお互いに納得の上行っております。妻は今日はレースの綺麗なスリップを着用しておりますが、私もこんな綺麗な妻のスリップ姿を見たことはありませんでした。以前に彼がスリップフェチだと言うことを聞いておりわざわざ買ったそうです。  彼が何時ものようにやってきてソファーでお酒をみんなで飲んでおりました。やや短い目の妻のタイトスカートから動きにより時々スリップのレースが覗き、彼は意識して見ているようで…
カーセックスの上手さで他の男に調教させられてたのを実感
2016/07/18 06:08
2016/07/18 06:08
前回の話 73 :66:2011/01/28(金) 07:08:47彼女と不要かも知れないが俺のスペック  俺 27歳 ブラックなサービス業従事者 身長170、体重57と顔も何もかも全てが普通  彼女 22歳 大学4年 強いて言えば声優の寿美菜子に似てる 身長158㎝ 体重48 腰のくびれは良いんだけどひんぬー  元彼 22歳 大学4年 彼女と同じ大学。他は知らね  学生時代に付き合ってた彼女に浮気された事があるんだけどもう要らないかな? 需要があれば夜、仕事から帰ったら書きます  76 :えっち…
【人妻体験談】保険外交員との最初で最後のセックス
2015/09/24 18:02
2015/09/24 18:02
保険の外交をしていた彼女は四十八歳。十年前に離婚し、女の子を引き取って育てていた。小柄なタイプで贅肉もなく笑顔の可愛い女性だった。 その彼女とは十年前に彼女が勧めてくれた養老保険に加入してから、時々ホテルのレストランで昼食をしたり、ある時は会社に「胡蝶蘭」を持ってきて飾ってくれたりもした。 保険外交で出入りする彼女に心を惹かれて既に十年密かに慕いもしたが不思議に彼女を独占してたにしようと云う気は起こらなかった。 が、「下心がなかった」といえば嘘になる。自分の方に気を向かせようと思った事は事実だ。 そんな時、彼女の生命保険会社が倒産するという噂が拡がった。その噂に惑わされ、預けた養老保険を解…
彼氏と一緒にいる間、ずっとイチャラブセックス!最近、おちんちんがマンコにフィットしてきたwww
2017/03/25 10:02
2017/03/25 10:02
3日間半同棲しました。

もう幸せで溶けてしまいそうです!!

最近はノーマルセックスばかりです。

初めはお医者さんごっことかやらされてたのに…

ぇ一回目に又尽くされまくって、

体中舐めまくられたり弄られたりで大変でした。

あたしはいつも声我慢出来ません…アーァ。

クソォ~と思って無理矢理フェラしまくりました。

駄目だって云われたけど(苦笑

そしたら挿入して5分足らずで彼はイッちゃいました(爆

彼はオナニー嫌いで、次に逢うまで抜かないので

一週間ぶりで耐えられんかったそうです。

一杯フェラしてごめんね…笑

お返しにと、

次のエッチ(朝方)には本格的に攻められました。…
( ^ω^)とξ゚?゚)ξが愛のあるセクロスをするようです。5
2018/04/02 00:01
2018/04/02 00:01
梅雨に入る前に太陽を惜しむかのように、この時期は日が空から地面に消えるのが遅い。 少し前まで、5時ともなればすっかり暗かったのに、今は7時でも薄暗い程度だ。 夕闇に委ねる公園の脇の小道に、ブーンとツンの姿があった。 ξ゚?゚)ξ「すっかり日が落ちるのが遅くなったねー」 夜へと移り変わる時の独特の匂いと気温の変化を感じながら、二人は湿った地面の感触を確かめるようにゆっくりと歩いていた。 付き合い始めて一ヶ月が過ぎた。 今のところ二人の関係は順調といったところか。 うまく時間を調整してなるべく会うようにしているし、手も自然につなげるようになった。 お互いの存在が、日に日に大切になっている。…
兄との変態的なセックスが気持ちよすぎて中出しの快感に溺れましたwww
2017/09/27 00:00
2017/09/27 00:00
私は都内の某企業のOLをしていて

この不況の中、うちの会社は業績を伸ばし

毎日多忙な日々を送っていました

んな中、先月のとある週末・・・

日ごろから頑張っている私たち社員に

ささやかな御褒美として、会社もちの飲み会がありました。

みんな飲んで食べて大いに騒いでいました。

私も同僚の女の子達とワイワイやっていました。

時間も忘れ騒いでいたら

いつの間にか終電の時間になっていました。

私は慌てて帰り支度をして、

みんなより一足先に帰宅しました。

私は家族と同居していて、

郊外のちょっと田舎に住んでいるので、

余り遅い時間になると電車が無くなってしまうのです。

「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・エッチの為に遠征してきたメル友

・【人妻体験談】切ない両親のセックスを目撃し、泣いてしまった息子

・【熟女体験談】農家に婿に入り、老婆な義母とほぼ毎日SEX

・スイミングクラブの夜

・疲れたのでホテルでマッサージを頼んだ体験

・【初体験】3人の処女との体験を語る[前編]

・【熟女体験談】アダルトチャットで、レイプっぽく襲われたい願望のあるおばさんと知り合い、レイプされるストーリーのなかセックスした

・セフレに頼まれて中出し放置プレイ

・単身赴任の夫を裏切り続けています

・人妻社員京子とのエッチ?

・【オナニー】「生で触ってみたい」と妹に頼まれて

・かなり昔の話だけど全裸の女を拾った事が有る。

・屈辱!レイプおっさんに従順な彼女

・マンションで朝から夜まで 最後の営み

・【不倫】小太りなオヤジの絶倫セックスにハマってしまった

・姉のPC修理してたら元彼とのメール発見ww

・【人妻体験談】金切り声を上げ続ける母にイラつき、罵倒しながらレイプする鬼畜な社長

・家族でクリスマスを楽しんでいると後輩が訪れて来た

・義弟に強いピストンを促すいけない私

・【Hな体験】大雪の夜に成り行きで相部屋になった美人OLと

・ようこそ川越達也のレストランへ

・「平均13センチ」という都市伝説

・腰ロックされ何もできず奥にぶちまけた。

・妻と他人のセックスまで持ち込むのは難しいですね・・・

・出会い系の人妻女性で苦手意識を克服

・嫁の実家で失敗したかもしれない…

・【人妻体験談】引っ越した先で出会った夫婦にスワッピングをしないかと誘われた

・【熟女体験談】中途採用のツンデレな女課長をラブホでハメたら、ポルチオ性感に目覚めてハメ潮を吹きだすようになった

・泊まり宿の無い女の子達との交流

・【不倫】甲子園のマドンナと10年越しの中出しセックス