寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

仕事のためと割り切って取引先の部長に抱かれたはずが彼氏より大きい巨根に狂ってしまった

2017/10/19 19:06


私はインテリアデザイン事務所を経営する33才の女です。
主にマンション等の内装のデザインを手がけています。
有名な建築家の方にご贔屓にして頂いているので、不景気でも何とか仕事がまわってくる状況です。

私自身、少しだけ有名と言うか、私としては不本意ですが、「美しすぎるインテリアデザイナー」なんて特集で建築雑誌に載ったこともあります。

本来は顔でなくてデザインで特集してほしいところではあります・・・

私は仕事が一番のタイプで、Webデザイナーの彼氏はいますが、まだまだ結婚するつもりはありません。

自慢ではないのですが、スタイルもいいので口説かれる事も多いですが、遊びより仕事を優先してしまうので、彼氏一筋って感じです。
と言うよりも、セックスに興味がありませんでした。

先日、スーパーゼネコンと呼ばれる建設会社の部長さんと食事する機会がありました。


いつもお世話になっている建築家の方のご紹介でした。

なんでも、今建設予定が決まっている5棟の高層マンションの内装のデザイナーを決めかねているので、一度話がしたいと言われました。
そしてビジュアル的に宣伝効果がある私を推薦していただいたようです。

推定の建設費用から算出しても、2、3年でうちの事務所の売り上げが億単位になります。
これは絶対に成功させたい案件でした。
そしてバッチリプレゼンテーションの用意をして部長さんとの会食に向かいました。

向こうは3人でいらして、部長さんはいかにも「土建屋」っていう感じの人でした。
私たちも3人で、部下の男の子2人を連れていきました。

当日の会食は大成功で、かなり上機嫌で話が進みました。
時折、「先生は顔がいいからデザインが駄目でも何とかなるよ!」って言う言葉に不快感はありましたけど、なんとか笑顔でスルーできました。

そして無事に会食を終えて、何とか早く仕事の契約を済ませたいモンモンとした日々を過ごしていると、部長さんからメールがありました。

「今週末あたり二人で食事でもどうです?」

すごく嫌な予感はしました・・・
でも、このご時世、露骨に体を求めてくる人なんていません。
少なくとも私の経験や友達の話でも、そんな話はありませんでした。

でも、もし体を求められたりしたら・・・って考えずにはいられませんでした。
私は色々な事態を想定して、ボイスレコーダーや契約書なんかを用意しておきました。
ハッキリ言って好都合だとも思いました。
仕事のためだったら何でもする覚悟はありましたし、逆に向こうの弱みを握る事ができます。

彼氏には相談せずに、部長さんとの二度目の会食に向かいました。
場所は有楽町のレストランです。
土建屋さんにしてはかなり気の効いたお洒落なレストランです。

仕事の話を交えながら、プライベートな下ネタも話しました。
そしてしばらくすると、
「この前のマンションの話だけど、あれだけの物件になるとデザインやりたいって奴が腐るほどいるね?」と話しだしました。

私は内心ドキッとしながら「とうとう来た・・・」って思いました。
そして念のためボイスレコーダーのスイッチを入れました。

話が進むと、やっぱり恩着せがましく「あなたを推薦したい」って思ってると言い出しました。
そして、「ぶっちゃけて言うと、俺はあんたを抱きたいんだよ。」とハッキリ言われました。
覚悟はしていたものの、いざ言われると正直膝が震えてしまいました。

私は想定していた通りに話を進めました。
少し時間を頂きたいのと、行為の前にデザインの契約を済ませること・・・
部長さんはすんなり了承してくれて、その日はそのまま帰りました。

そして2、3日考えましたが、やはり億単位の仕事をミスミス断るわけにはいきません。
それどころか、そのマンションを切欠に仕事が飛躍する可能性が大きいからです。
私は部長さんに連絡を取りました。

その頃は丁度クリスマス前だったのですが、「彼氏とクリスマスは過ごすの?」と言われて、多少ラブラブな空気を見せたら、気を使って食事だけで終わらせてくれるかも?って甘い考えで、

「クリスマスは彼氏とフォーシーズンで過ごすんですよ!」って言ったら、
「じゃあその日、彼氏と会う前にしようか?同じホテルで予約入れとくから、ギリギリまで楽しめるな?」って言われてしまいました・・・

かなり想定外でしたけど、向こうのペースに合わせるしかなくて、クリスマスイブの午後3時から部長さんと会う予定になりました。
ちなみに彼氏とは大体8時位に会う予定でした。

いざ当日になると、朝から何も食べれないし考えられません。
とにかく重要な契約書だけは何度も確認して用意しました。

そして時間になったのでホテルに向かい、部長さんと顔を合わせて、食事をとりながらお酒を飲みました。
いつもは酔わないはずなのに、その日はすぐに顔が赤くなり、熱くなってきました。

後から聞いた話だと、その時に「媚薬」をドリンクに混ぜられていたらしいです。
私はいつになくいい気分になってしまい、とにかく先に契約を済ませたいと思って、何とか判子だけは頂きました。

そして、契約が済むと急に気が抜けてしまい、一気に酔いがまわってきました。
私も「酔わないと逆に辛いから、この際飲んじゃおう!」と気持ちを切り替えました。

そして1時間ほどして、ついに「部屋に行こうか?」と言われました。
彼氏と予約した部屋よりも恐らく高い部屋に向かいました。
そして部屋に入ると、「じゃあ時間も無いからな」と言うと、部長さんはズボンとパンツを一気に脱ぎだしました。

私はビックリして反対を向いていると、「ほら、早くこっち来い!」と言われました。
そして部長さんのアソコを見るように言われました。

ブラーンと毛むくじゃらのアレが垂れ下がっていました。
ただ、固くなっていないのに、明らかに彼氏のモノより大きいです。
電話の子機みたいなのがぶら下がってるように見えました。

近くに行くと少し臭かったんですが、「しゃぶれよ」と言われて、しょうがなく少しずつ舐めました。
彼氏にもこんな事はほとんどしません。

「なんだよ全然下手くそじゃねーかよ」と言われながらも一生懸命舐めました。
玉や裏筋を舐めさせられてると、部長さんのがドンドン大きくなっていきました。

気がつくと500mlのペットボトルを少し長くしたようなサイズになっていて、普通じゃありませんでした。
とても口には入らないので、まわりを舐めているだけでした。
でも、アソコがすごく熱くなっているのが分かりました。
ジワジワとアソコを中心に体中に蟻がはってるような感覚です・・・
今まで感じたことの無い感覚でした。

でも、こんな人には絶対に興奮してるのはバレたくありません。
早く終わらせて、楽しいクリスマスを過ごしたい気持ちでいっぱいでした。

すると部長さんは、「お前もズボン脱げよ」と言いました。
私は「シャワーを使わせて」と頼みましたが無理でした・・・
仕方なくズボンを脱いで、一番地味な下着を見せました。

部長さんは床に四つんばいになるように言いました。
私は部長にお尻を向けて四つんばいになりました。
出来るだけ背中を丸めて、恥ずかしいところが見えないようにしました。

こんな格好をさせられてるだけで、段々悔しくなってきました。
部長さんは「ケツ突き出せや」と言って背中をグイグイ押しました。
私はお尻だけを高く上げた恥ずかしい格好をしました。

すると、「おっ、濡れてんな、いいね、お前スケベだな?」とヘラヘラしながら聞いてきました。
私は悔しくて無視していました。
すると部長さんは自分の鞄を取り出して、中から何かを出して、ゴロゴロとテーブルに並べました。

私は恐る恐るテーブルを見ると、バイブみたいなのがいっぱいテーブルに並べてありました。
そして部長さんが、「最初はこれか?」とニヤニヤしながらピンク色した小さい繭みたいな形の物を取り出しました。

私は四つん這いの恥ずかしい格好で、部長さんの前にお尻を突出していました。
部長さんはピンク色の小さいバイブみたいなのを私のお尻に近付けてきて、わざとアソコに当たらないようにギリギリのところで弄んでいました。

私は普段なら絶対そんな事では性欲なんか高まらないのに、媚薬のせいなのか、アソコがドンドン熱く感じてきました。
湯気でも出てるんじゃ無いかって思っちゃうほど熱くなりました。

部長さんはアソコのフチの部分とかをじわじわ攻めてきます。
でもそこは何とか我慢出来たのですが、お尻の穴にパンツ越しに当たった時、体が「ビクッ」て動いて、電気が走りました。
正直気持ち良くて、呼吸がドンドン荒くなってしまいます。

それからたまにしか来ないお尻の穴の刺激が、もっと欲しくなって、少し自分でお尻を動かしてしまいました。
たぶん部長さんにも気付かれていたんだと思います。

そして、ほんの一瞬クリちゃんにバイブが当たった時は、思わず「はうっ」って声が漏れました。
たぶんもうパンツがビッチョリなのは分かっていました。

何分かそんな状態が続いて、私はいつの間にかバイブを追い掛けてお尻を振っていました。
恥ずかしいとか考えられなくて、早くアソコに押し付けて欲しかったんです。

そしていよいよ部長さんがバイブをアソコに押し当てた時には、一瞬で言葉も出ないままイッてしまいました・・・
すっっっっごい気持ちよかったんです。
今までの彼氏なんかとはぜっんぜん違う!

その後はバイブがドンドン大きくなって、最後には男性器の形をしたバイブが何かの機械に付いていて、すごい早さで前…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
妻は私が知らないと思っているようで・・・
2015/08/26 20:01
2015/08/26 20:01
化粧も下着も派手になって来た妻をちょっと好奇心で私なりに調べてみました。
妻(40歳)子供にも手がかからなくなりゴルフや飲み会など盛んに外出をするように・・・
もしやと思い妻を尾行してみました。

「今夜はゴルフ仲間と○○で飲み会ね!」と言って出て行き少し後に私は居酒屋○○の前で妻が出てくるのを待っていました。
すると、妻が一人で居酒屋を出てタクシーを拾うではありませんか!

タクシーは自宅ではなく、反対方向の公園へ・・・そこでタクシーを降りた妻は近くに停まっていた車の助手席に!そしていきなり運転席の男にこちらにも聞こえるくらい大きな声で「ただいま〜!逢いたかったわ〜」…
【寝取られ体験談】清楚な妻を(前編)
2015/11/26 00:48
2015/11/26 00:48
2006/09/29 17:56┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者 私はあるサークルで妻と知り合った。 妻は凄い美人と言う訳でも無く、特に目立つ存在では無かったが、笑顔が可愛くて清潔 感があり、いつも皆よりも一歩下がって微笑んでいる様な大人しい性格に惹かれて交際 を申し込んだ。 妻は既に29歳だったが、いざ付き合ってみると半年経ってもキスすら許さず、どこか 性的に問題があるのかとさえ思った事もある。 その問題が、過去に酷い性的虐待を受けたか、以前付き合っていた男に暴力的なセックス を強いられて、精神的に受け付けない様になっているとすれば上手くやって行く自信 など無かった…
【近親相姦体験告白】豊満な義妹に夜這い  ▲近親相姦体験▲
2016/01/12 19:59
2016/01/12 19:59
夏休み、義妹は旦那を残し、姉である妻の住む家に来ていた。 わんぱく盛りの×歳の甥は幼い頃から自分たちに懐いており、○歳年上の娘のことも大好きなのだ。 夏休みに入る直前、運悪く怪我をした旦那は、動けない身体では息子の相手はできないと義妹に姉の家に行くことをすすめたらしい。 俺はこの義弟の判断に感謝していた。 炎天下、活発な甥の相手は楽ではないが、その傍を離れない義妹の姿が視界の端にあるだけで、俺は幾らでも甥の相手を引き受けた。 まだ小さい甥に手を焼く義妹、その身体を屈めるとき、大きく開いた胸元から望む豊満な乳房の谷間が俺の目を楽しませるのだ。 3?歳、背は低く、スレンダーな義…
女房を友人に抱かせる事
2015/10/14 15:01
2015/10/14 15:01
まあ昔、私も大人になる頃同級生等と助平な写真やらビデオなど回し見て楽しんでいたが、それぞれ相手を見つけ結婚して行き 自分も何とか相手を見つけ普通の歳で普通の結婚をした。 処女だった(?と言う??シーツに血が付いてた訳でもない?)女房に別に不満があった訳でも何でもないが、 結婚する前の自分以外との男との事はやはり気になるので聞いては見たが、あやふやな答えしか返っては来なかったがまあ、別にそれは気にはしていない。 そしてそれこそハネムーンベイビーと言うのか結婚して1年で子供が生まれ、その頃から出始めたビデオカメラを買い、 子供の成長記録を撮ると言うのもそれは口実程でそれ程熱心でもなく? それより女…
お兄ちゃんに襲われた!!
2016/07/19 22:05
2016/07/19 22:05
私は中2ですがこの前私がお風呂に入ってた時のことです 脱衣場でごそごそ音がしてたのですが 「ママかな?」と気にはとめず湯船につかっていました いつもは4,50分は入るのですがその日は見たいテレビがあったので早く出ました 20分ぐらい経ち湯船から出てタオルを巻き扉をあけるとお兄ちゃんが脱衣所にいました 「お、お兄ちゃんなにしてるのよ?覗いてたの?」と私はとっさにタオルを抑えました 「覗いてはないよそれにA(私)今日は出るの早いな」 「今日見たいテレビあるから」 よくお兄ちゃんを見ると下半身裸で何か持っていた 「!!?お兄ちゃんそれ私のパンツじゃんなんで持ってるのよ」 「こ、これは」 「それに下半…
【眠り】眠っている母の体に…(2)
2016/02/03 04:41
2016/02/03 04:41
母は相変わらず力のない呻き声を漏らしていたが、人差し指を根本まで入れることができた。 ヌルヌルしているが、生暖かくて何とも言えないえない心地良い感じに、これが母の温もりってヤツか?と、バカなことを思ったりした。 俺はその指を何度か抜き差ししてみた。 クチャクチャという音がして粘り気のある汁が漏れ出してきた。 すると母は眠ったまま「あぁっ…」っと言うような声を漏らして腰を迫り上げるようにした。 俺が指を抜いてオマンコを舐め回すと、母は眠ったまま「はぁっはぁっはぁっ」という荒い息を吐き始めた。 俺は我慢できなくなり、母のオマンコを舐めながら勃起したチンポを手でしごいた。 興奮しきっていたせい…
バイト先の女
2018/02/01 02:53
2018/02/01 02:53
バイト先で店長に呼ばれ事務所に行くと、バイト仲間A君、B君、C君がいた。店長が小声で「いいもの見せたろか?」ともったいぶって俺らに見せてくれたのは青い粉で、「これ、かなりキツイ眠剤なんや。」と教えてくれた。俺らはテレビや、雑誌ではよく聞くが本物の睡眠薬をはじめて見て、あらぬ妄想を膨らまし、わいわいと盛り上がった。「これ飲んだら、本当に寝るん?」とか、「どうやって手に入れたんですか?」とか色々質問して、最後に「これどうするんですか?」と質問すると、店長は、「そりゃ、女に飲ませて遊びたいのゥ!」と言った。まさに期待通りの答えで、「誰にですか?」「いつですか?」「俺も呼んでください!」とまた質問攻…
小麦色の可愛いお姉さん
2016/01/16 10:40
2016/01/16 10:40
ザーメンが良く似合う小麦色のお姉さんが今、旬だ(笑) ギャルではない。航空会社で働く立派なお姉さん(笑) 空港勤務の日、待合せしてホテルへ行く。(笑) 彼女は俺に『この前はありがとう。』とニヤけながら言う。 俺も彼女に『こちらこそ、ありがとう。』と返した(笑) 少…
【レイプ・痴漢】巨根セックス(2) 【エッチな体験談・レイプ、強姦】【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2016/12/30 02:29
2016/12/30 02:29
…グチュリ…。私は信じられない程に濡れていました。『よし、こんだけ濡れてりゃ大丈夫だな…』『香織さん、ぐちゃぐちゃっスよ…へっへっへ…やらしい女』『一番手は俺でいいな?』『おう』『もちろんス』『どうぞ?』武史くんが大きな肉棒を掴み、私の陰部に宛がいました。『ん゛!!ん???ん!!!』『ハイハイ…そんなに焦んないの!…今入れてやっから!』ググッと陰部に押し付けられた亀頭は、テニスボール程あるのではないかと思う位でした。…スブリ…。入り口を押し広げて、武史くんの巨根が私の中にめり込んできます。『おお…こないだの女子大生より、イイじゃん』『まじっすか!?』『ああ、これならすぐにイキっぱなしだな!』…
俺を一人前の男にしてくれた母子家庭の母
2017/07/10 21:49
2017/07/10 21:49
優しかった母が他界してしまった・・・。 母にはひどく迷惑をかけた・・・。 俺は父を早くに亡くし、母子家庭として育てられた。 母は半ば駆け落ちで父と結婚したため祖父母には甘えられなかった。 小学校と中学校は鍵っ子で寂しい生活だった。 しかし中3になると受験勉強放棄の落第組で仲良くなり、学校をサボり、家でたむろすることが増えた。 中3で酒もタバコもやった。 しかしみんな女っ気は全くなく、エロ本やAVでしか女を知らなかった。 そんなある日、酒を飲みながらAVを見ているとムラムラしたのか、ひとりがみんなの前なのにオナニーを始めた! すると連鎖反応のようにみんな我慢していた欲が解放され…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・飲み会でお持ち帰りしたら僚の彼女って打ち明けられ仰天した話1

・40歳のヌード

・【人妻体験談】息子の同級生に調教されて雌犬奴隷になった下品な母

・【熟女体験談】同級生の家に性奴隷家政婦として働いていた母に目隠しして近親相姦SEXをした息子

・大塚愛似のかなり可愛い女友達

・超美人のOLを鬼のように口説いて中出しさせてもらった

・男のオモチャの様に扱われた日々

・【Hな体験】防音の放送室に呼び出されて[前編]

・酒を利用して寝取った

・泥酔女の話しを一つ

・【男×男】玉無しニューハーフに開かれた禁断の世界

・完熟?女子中学生と…

・嫁を寝取っていたのは俺だった?終

・フィギャアスケート部員で男は俺一人

・【人妻体験談】インポになった夫のせいで、痴漢レイプされた相手に再度レイプを望む欲求不満な妻

・凌辱犯罪被害者の貧乳恥辱ロリ女と結婚した経緯

・ウブな女の子から大人の女に

・【Hな体験】やることなすことすべてがエロい人、みーつけた!

・嫁を寝取っていたのは俺だった?完

・オヤジの愛人とデキて孕ませた子供は・・・

・軽いエロ遊びをSNSに書き込みしてみた

・【人妻体験談】変態で下品なプレイを妄想し、実現させたくなるムッツリスケベな専業主婦

・【熟女体験談】超爆乳のホルスタイン熟女のナンパに成功し、パイズリやおっぱいビンタなど色んな超爆乳プレイを楽しんだ

・親友の息子と愛し合う日々

・□妻からの昇進のお祝いは、元カレとのセックスでした3(転載禁止)

・36歳の巨乳処女OL(再修正版)

・会社の会議室はラブホ替わり

・【不倫】初めての不倫セックスで初めての潮吹き

・【人妻体験談】同居している息子の嫁のパンチラや乳首チラに我慢出来ずに禁断の寝取りをしてしまった父

・【熟女体験談】年下社員と下品な淫語を叫びながら本能のままにSEXをするパート主婦